新電力おすすめ。 電力会社おすすめ比較ランキング|電力自由化でどこが良いのか迷っている方へ!

【2020年7月】新電力おすすめランキング10選!割引額から特典まで徹底比較

新電力おすすめ

もちろん電力会社やプランなどによっても変わってくるのであくまで傾向です。 携帯電話の会社などは旧電力会社とほとんど同じ電気料金体系なのですが、特典として旧電力会社より少し割引される料金体系だったり、独自のポイントが付いたりして少しお得になる場合が多いです。 新電力会社を選ぶうえでの比較ポイント 電気料金・電力使用量 当然まずは電気料金ですね! 1ヵ月とか1年とかだと数百円とか千円程度しか変わらなかったりしますけど、長期的にみるとかなりの料金の違いになってきます。 1ヵ月平均の電気代 1年間の電気代 10年間の電気代 Aの電力会社 6250円 75,000円 750,000円 Bの電力会社 6417円 77,000円 770,000円 料金差 約167円の差 2,000円の差 20,000円の差 月の料金差が約167円程度でも10年で20,000円くらい変わってきます。 短期スパンでなくて長期スパンで見ることも大切です。 あとキャンペーンなどもありますし、料金が変わることもあるので1年などで見直しを検討するのも一つです。 A アンペア数 まず電力供給エリアで料金体系が違います。 例えば関西エリアだとA アンペア数 で料金が変わることはありませんが、東京電力エリアなどはA アンペア数 10A~60Aなどで料金が変わってきます。 関西電力の料金体系 単位 東京電力 従量電灯B 基本料金(1か月あたり) 契約電流 10A 1契約 286円00銭 15A 〃 429円00銭 20A 〃 572円00銭 30A 〃 858円00銭 40A 〃 1,144円00銭 50A 〃 1,430円00銭 60A 〃 1,716円00銭 電力量料金 第1段階料金 120kWhまで 1kWh 19円88銭 第2段階料金 120kWhを超え300kWhまで 〃 26円48銭 第3段階料金 300kWhを超えたもの 〃 30円57銭 東京電力エリアなどの場合は電気使用量もそうですけどA アンペア数 が大事です。 新電力会社で基本料金0円+従量料金 あしたでんき・楽天でんき・looopでんき・親指でんき・TOSMOでんきなど であればA アンペア数 は関係ありませんが、従来の料金体系と同じ料金体系のところであればA アンペア数 はしっかりチェックですね。 ただ、新電力会社のほとんどが30Aとか40Aから契約できるところばかりで10Aや20Aで契約できるところが少ないです。 料金以外の特典 キャンペーンなど 当然電気料金が基準になるかと思いますが、それ以外にも大事なポイントがあります。 ではどこで選ぶのかというとそれぞれの新電力会社はそれぞの独自のサービスを打ち出しています。 例えば楽天だと「楽天ポイントが貯まる」とかですね。 あとは「キャンペーン」です。 新規契約で「2000円分のAmazonギフトプレゼント」みたいなものですね。 こういったオリジナルのサービスでさらにお得になる可能性があるわけです。 ちなみにキャンペーンは条件があって大体〇〇ヵ月継続が条件などになっています。 例でみると Aの電力会社 Bの電力会社 Cの電力会社 1年間の電気代 75,000円 77,000円 79,000円 キャンペーン 0円 5,000円 10,000円 1年間の総額 75,000円 72,000円 69,000円 電気料金自体はAが安いけどCのキャンペーンが魅力的で1年間で見ると実質Cがお得です。 ですがこれが10年以上とか長期的にみるとAがお得になります。 なのでお得にという方はCを選んで1年ほどで乗り換えることを検討されても良いですし、そんなの面倒という方はAにするのも良いかと思います。 当然キャンペーンは時期によってあったりなかったり、内容も違ったりしますし、条件 例10カ月継続条件など もあったりするのでチェックが必要です。 なのでこういった独自の特典をみて選ぶと良いと思います。 なんかはいろいろな電力会社のキャンペーンが掲載されているのでチェックです。 解約違約金がかかるのか 解約違約金がかかるところとかからないところがある 電力会社によっては1年以内の解約には解約違約金がかかるというところがあったりします。 いつ解約しても解約違約金がかからないという電力会社もあるのでそれらもチェックしておくと良いと思います。 長期的に利用する計画という方には解約違約金はあまり関係ないかもしれませんが、半年とか乗り換えも検討している方はしっかりチェックしておくことが大切です。 対応の良さ 連絡がつかないとか対応が良い悪いというのもよく聞くところです。 この対応に関しては個人差があるでしょうし、基本契約したら連絡もほとんどすることがないのでどこが対応悪いとか良いとは判断が難しいところではありますけどね。 このあたりがチェックポイントになるのかなと思います。 それではおすすめの新電力会社をランキングで紹介していきたいと思います。 新電力会社おすすめ比較ランキング まず初めに一人暮らしでほとんど電気を使わないのか、5人家族で電気をとても使うのかでかなりランキングも変わってきます。 ここでは総合的にみておすすめを紹介したいと思います。 あしたでんき まず紹介したいのが「あしたでんき」です。 東京電力の子会社です。 料金プランは「標準プラン」と「たっぷりプラン」の2種類です。 電気料金も他の新電力会社と比べても若干安いので料金的にもおすすめです。 あとは定期的にキャンペーンなども行っていたりするのですがない時もあります。 キャンペーンも含めて1年単位で考えると他の電力会社の方がお得な場合も多いですが電気料金だけならなかなかおすすめです。 標準プラン.

次の

関西のおすすめ新電力会社は?電気代が安い順に比較ランキング(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)

新電力おすすめ

「どこの電力会社が良いかよくわからないから、とりあえずネットのランキング記事で上位のところにしておけばいいか…」 なんて思っていたら 大間違いですよ! というのも、あなたが何人家族でどんな生活スタイルか、つまり どれくらい電気を使うのかによっておすすめな電力会社は変わるからです。 電力会社によって、 月5,000円くらいの人がお得になるところもあれば、 月10,000円を超えないとお得にならないところもあります。 そこでこの記事では、 毎月の電気代から選ぶおすすめな電力会社を紹介します。 毎月のだいたいの電気代から選ぶことで、あなたの電気使用量にぴったりなおすすめの電力会社を見つけることができるはずです。 ぜひ、 自分の生活スタイルに合った電力会社を見つけてくださいね! 記事の内容• 電気代から選ぶおすすめ新電力会社5選 それでは、 毎月の電気代ごとにおすすめな電力会社を紹介します。 「電気代が高かった月と、そうでない月の電気代がどの範囲にあてはまるか」で選んで下さい。 40円 800. 28円 40A 1123. 20円 1010. 88円 50A 1404. 00円 1263. 60円 60A 1684. 80円 1516. 32円 従量料金 ~120kWh 19. 52円 17. 57円 120kWh~300kwh 26. 00円 23. 40円 300kWh~ 30. 02円 27. 一人暮らしでは最安レベルのため大変おすすめですよ。 関西電力からHTBエナジーの"関西たこやき"プランに変更したのでサイト覗いたらこんな感じで確認できた。 確認はしてないけど関西電力のサイトでも登録してれば似たような事ができたかも。 つまり、電気の使用量が少ない方でも確実にお得になるということ。 例えば、新電力でシェアNo. 1の東京ガスには使用量の少ない方向けのプランがありますが、それでも東京電力より 数十円~100円程度しか安くなりません。 一方のHTBエナジーは、例えば月の電気代が3,500円くらいなら東京電力より 350円も安くなります。 こんなに使用量が少ないのにここまで安くなるのは、HTBエナジー以外にありません。 関東以外のエリアでも関西を除くすべてのエリアで一律5%OFFになるので、 どのエリアの方でもかなりお得に利用できますよ。 (関西エリアでは最大6%OFF) 電気をあまり使わないから電力会社を切り替えても意味がない…と思っている方にこそHTBエナジーはおすすめです。 4円 0円 40A 1123. 2円 50A 1404. 0円 60A 1684. 8円 従量料金 ~120kWh 19. 52円 26円 120kWh~300kwh 26. 00円 300kWh~ 30. Looopでんきにしてみる。 なんと基本料金0円。 その結果と4ヶ月間で約1000円安くなっている模様。 なんの苦労もせず申込しただけなので結構費用対効果は大きいと思う。 電気代安いだけじゃなくて、対応も素晴らしい。 Looopでんきの特徴はなんと言っても 「基本料金0円」のシンプルプラン。 基本料金がかからないということは、それだけで 毎月1,000円程度が節約になるということ。 一般的にたくさん使うほど高くなる電気代の単価(従量料金)が一律なので、使えば使うほどお得になっていきます。 使った分だけ電気代を支払えばいいという究極のシンプルプランが人気を博し、 2019年現在最も勢いがある電力会社です。 また、多くの電力会社が電気をあまり使わないとお得にならないのに対して、Looopでんきは使用量が少なくても基本料金がかからない分安くなります。 電気をあまり使わないと月5,000~6,000円程度の電気代になるような方であっても、確実にお得になるのがおすすめポイントです。 契約期間の縛りもないですし、いつ解約しても違約金はかからないので、検討されている方はお試し感覚で申し込むのも全然ありです。 実際に私も軽い気持ちでLooopでんきに切り替えて1年が経ちましたが、 毎月1,000円近く安くなりとても満足しています。 万が一1ヶ月試してみて思ったほど安くならなければ、元の電力会社に戻せばいい話ですしね。 40円 842. 40円 40A 1123. 20円 1123. 20円 50A 1404. 00円 1404. 00円 60A 1684. 80円 1684. 80円 従量料金 ~120kWh 19. 52円 19. 52円 120kWh~300kwh 26. 00円 24. 09円 300kWh~ 30. 02円 25. 82円 279. 82円 従量料金 15kwh~120kWh 19. 95円 19. 94円 120kWh~300kwh 25. 33円 23. 56円 300kWh~ 28. 76円 26. 月では約1,600円。 Looopでんきの「基本料金0円」ほどのインパクトはありませんが、 従量料金(使った量に応じて払う料金)の単価が低く設定されているためかなりの安さを実現しているんです。 特にたくさん使った場合( 月10,000円~)に安くなるのが特徴です。 また、電気代の支払いで TポイントやANAマイルを貯められたり、車を使う方は ガソリン代の割引を選ぶこともできます。 ポイント特典がある電力会社は他にもありますが、しっかりと電気料金も安くなるところは実は少ないんです。 電気料金をしっかり節約して、さらに特典も受けたいという方にピッタリなのがENEOSでんきなんです。 以前は関東でしか利用できませんでしたが、今年の4月から関西でも利用できるようになりました。 さらに、 WEB窓口申し込み限定でもれなく3,000円のキャッシュバックも実施しています。 いつ解約しても無料で解約できるので、気になる方はお早めの申し込みをおすすめします。 これ、結構ポイントだと思う。 電気の使用量が少ない家庭ではこれまでよりも… — 電力会社Hack denryokuhack 遅ればせながら、我が家の電気は本日から「ミツウロコグリーンエネルギー」のクリーンエネルギーを利用することになりました。 さようなら東京電力。 さようなら原発。 教会の電力も遅ればせながら、現在切り替え検討中です。 ちびまる子ちゃんのCMで耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか? 電気をまあり使わないと今までとほとんど変わらないですが、たくさん使う方にはかなりお得な料金設定になっています。 特に、電気を300kwh以上使った場合の従量料金 電気の使用量に応じて払う単価 は25. 300kwh以上使うというと毎月の電気代が10,000円程度になるので、 毎月10,000円を超えるような方はかなりの節約が期待できるということです。 ちなみに電気をあまり使わない方向けのプランもありますが、正直他の電力会社と比べると微妙なので、あくまでたくさん使う方向けと言えます。 (月によって10,000円を大きく下回ることが多いという方は、で紹介した LooopでんきやENEOSでんきを見てみてくださいね!) 電気の使用量をWEBで確認できたり、停電やコンセントの不具合などの 電気トラブルを無料で対応してくれるなどのサービスがあるのも嬉しいポイントです。 ちなみに下記のWEB窓口から申し込めば、 もれなく3,000円のキャッシュバックが受け取れます。 キャッシュバックは4月限定なので、申し込むならお早めをおすすめします。 あしたでんきは東電系列でUQ的なもん。 LooopでんきはIIJ的な格安の雄。 単身者向け新電力なら使った分だけ、しっかり節約|ピタでん — koba0384 東電からF-Powerのピタでんに変えようか考えてる。 年間3万ぐらい電気代さがるっぽい。 デメリットは無いんだろうか? — Whellie Whellie9 毎月20,000円を超えるような方には ピタでんがおすすめです。 ピタでんの料金体系は500kwhまで一律の基本料金と、500kwhを超えた分に支払う超過料金 従量料金 で成り立っています。 仮に300kwhしか使わなかった場合でも500kwh分の定額料金を支払わなければならないので、必ず500kwh以上使う方におすすめの電力会社です。 基本的にこの定額料金は他の電力会社と比べてもかなり安く設定されているんですが、 エリアによってはほとんど安くならないところや逆に割高になるところもあるので注意が必要です。 特に北陸と九州エリアはもともとの電力会社の料金に対してピタでんの料金があまり安くなっていないので、シミュレーションのように場合によっては今までより高くなる可能性もあります。 上記のエリアの方は契約前に自分の電気使用量を確認しましょう。 また、ピタでんは顧客への対応の悪さから2018年に 業務改善勧告を受けています。 電気代は確かに安くなる場合が多いのですが、会社の評判や対応が気がかりな方は上で紹介した ミツウロコでんきも電気をたくさん使う人に向いているので、そちらも検討してみてください。

次の

新電力比較サイト

新電力おすすめ

この記事の目次• 電気料金• 生活スタイル• 対応力 も3つにこだわった選び方をご紹介します。 電気料金は• 基本料金• 従量料金• 電気使用量• 電気プラン によって決まります。 電気料金は、 基本料金と 従量料金を合わせた料金です。 最近では基本料金、0円という料金プランもあります。 電気使用量は家庭によって「このくらい」というのがあるので変えようがありません。 しかし電気使用量によって 電気料金プランを選ぶことはできます。 電気使用量が多いほど安くなるプラン• 電気使用量が安いほどお得になるプラン• 季節や時間帯によって従量料金が異なるプラン など、プランは電力会社によってさまざまです。 そのため電気料金を安くするためには、電気使用量によって電力会社を選ぶことが重要になります。 生活スタイル・電気使用量 こんなプランがおすすめ ほとんど家にいない人• 使用量が少ない場合にお得になるプランの電力会社• 基本料金が安い、または0円のプランの電力会社• 電力量料金が安いプランの電力会社• 家にいる時間帯(夜間・昼間の時間限定)の電力量が安くなるプランの電力会社 平均的に電気を使う人• 基本料金が安い、または0円のプランの電力会社• 電力量料金が安いプランの電力会社 たくさん電気を使う人• 電気使用量が多い場合にお得になるプランの電力会社• 基本料金が安い、または0円のプランの電力会社• 電力量料金が安いプランの電力会社 オール電化住宅の人• オール電化対応プランの電力会社 ポイントを表にまとめましたので、参考にしてみてください。 ガスとセットで割引がある• ガソリンの割引がある• オール電化対応のプランがある など、特典や割引は異なっています。 そのため 自分の生活スタイル によって電力会社を選ぶことで、 生活全体を通してお得になる場合があります。 例えば・・・ 生活スタイル お得になる電力会社 ポイントを貯めている 電気料金でポイントが貯まる電力会社 特定のガソリン スタンドを利用する 特定のスタンドにてガソリンが割引になる ガスを使っている ガスと電気をまとめることで割引が受けられる 光回線を利用している 特定の光回線にて割引が受けられる 普段 有料サービスを利用している 有料サービスが無料で利用できる など、特典やサービスはさまざまです。 これだけでなく、 オール電化住宅の方が オール電化非対応のプランで契約すると 電気料金が高くなってしまう という場合もあります。 自分が利用しているモノに合わせて電力会社を選ぶことで• 電気料金は 少し安くなった• 他のサービスで 割引が受けられた という結果、 生活を通した出費が抑えられた という場合があります。 そのため自分の生活スタイルに合わせて、電力会社を選ぶこともできます。 その際には• 普段貯めている ポイント• 普段利用する ガソリンスタンド• 普段使用する 有料サービス• 使用中の 携帯会社• オール電化 の5つの点で 割引が受けられるかどうか ということが注目すべき ポイントになります。 対応力とは• スタッフ• 停電などの緊急時 などが挙げられます。 電気料金がすこし高くても、 電話やスタッフの対応が良い電力会社がいい という方におすすめの選び方になります。 対応が遅い• 電話がつながらない などの電力会社では、不安になってしまいます。 対応力については 口コミをチェックすることで、確認できます。 実際に電力会社とやりとりをした方の声で、対応力を確認しましょう。 悪い口コミもありますが、良い口コミ数が多ければ多いほど信頼できる電力会社と考えることができます。 また最近は電力自由化により 新電力 が増えています。 「 新電力だから不安」 という訳ではありませんが• 発電力が少ないと電気供給が十分にできない• 再生可能エネルギーで環境配慮をしていても既存の電力会社に頼っている• 倒産のリスクがある といった場合があります。 こだわる場合には、細かい点までしっかりと知っておくことも必要です。 対応力にこだわった電力会社の選び方という点では、 口コミ に注目することが重要です。 電気料金• メリット・デメリット についてもご紹介しますので、チェックしてみてください。 1位:Looopでんき おすすめランキング1位は、 Looopでんきです。 Looop電気は• 電気料金は安いほうがいい• 基本料金は 0円がいい• 2人以上で住んでいる• 解約金は払いたくない という方におすすめです。 まずは最も気になるLooopでんきの• 基本料金• 電力量料金 を 東京電力と比較します。 【基本料金】 契約アンペア 東京電力 Looopでんき 10A 280. 80 円 0 円 -280. 80 円 15A 421. 20 円 -421. 20 円 20A 561. 60 円 -561. 60 円 30A 842. 40 円 -842. 40 円 40A 1,123. 20 円 -1,123. 20 円 50A 1,404. 00 円 -1,404. 00 円 60A 1,684. 80 円 -1,684. 80 円 【電力量料金】 東京電力 Looopでんき 120kWh以下 19. 基本料金は0円• 電力量料金は26. 電力量料金は東京電力の方が安い場合もありますが、基本料金が0円なので 電気料金が安くなる傾向にあります。 次にLooopでんきのメリット・デメリットもご紹介します。 【Looopでんきのメリット・デメリット】 メリット デメリット• 基本料金が0円• シンプルな料金プラン• 解約金0円• 自然エネルギーに力を入れている• WEBやスマホで電気使用量を確認できる• 電気トラブルには駆けつけサービスがある• ブレーカーが落ちにくくなる• 一人暮らしでは割高になる場合がある• 支払い方法はクレジットカード払いのみ 「 2人以上でお暮らし」 「 支払い方法がクレジットカードでも問題ない」 という方には、料金面でもサポート面でも一番オススメできる会社です。 親指でんきは• 電気料金は安いほうがいい• 2人以上で住んでいる という方におすすめです。 まずは最も気になる親指でんきの• 基本料金• 電力量料金 を 東京電力と比較します。 【基本料金】 契約アンペア 東京電力 親指でんき 10A 280. 80 円 0 円 -280. 80 円 15A 421. 20 円 -421. 20 円 20A 561. 60 円 -561. 60 円 30A 842. 40 円 -842. 40 円 40A 1,123. 20 円 -1,123. 20 円 50A 1,404. 00 円 -1,404. 00 円 60A 1,684. 80 円 -1,684. 80 円 【電力量料金】 東京電力 親指でんき 120kWh以下 19. 基本料金は0円• 電力量料金は26. 次に親指でんきのメリット・デメリットもご紹介します。 【親指でんきのメリット・デメリット】 メリット デメリット• 基本料金が0円• シンプルな料金プラン• 解約金0円• 電気プランが豊富である• 地域によって電気料金プランが異なる• 電気使用量が少ないと割高になる場合がある• セット割などの特典はない• キャンペーンなどもない• 24時間対応のアフターサービスがない 電気料金は安く設定されていますが、 デメリットもあるということを押さえておく必要があります。 あしたでんきは• 電気料金は安いほうがいい• 解約金は払いたくない という方におすすめです。 まずは最も気になるあしたでんきの• 基本料金• 電力量料金 を 東京電力と比較します。 【基本料金】 契約アンペア 東京電力 あしたでんき 10A 280. 80 円 0 円 -280. 80 円 15A 421. 20 円 -421. 20 円 20A 561. 60 円 -561. 60 円 30A 842. 40 円 -842. 40 円 40A 1,123. 20 円 -1,123. 20 円 50A 1,404. 00 円 -1,404. 00 円 60A 1,684. 80 円 -1,684. 80 円 【電力量料金】 東京電力 あしたでんき 120kWh以下 19. 基本料金は0円• 電力量料金は25. 基本料金:3000円• 電力量料金:21. 次にあしたでんきのメリット・デメリットもご紹介します。 【あしたでんきのメリット・デメリット】 メリット デメリット• 基本料金が0円• シンプルな料金プラン• 解約金0円• ブレーカーが落ちにくくなる• 一人暮らしでは割高になる場合がある• 支払い方法はカード払いのみ• 全国に対応していない 電気使用量に限らず、 電気料金が安くなるという特徴があります。 東京ガスでんきは• 東京ガスのガスを利用している• セット割や 特典が欲しい という方におすすめです。 まずは最も気になる東京ガスでんきの• 基本料金• 電力量料金 を 東京電力と比較します。 【基本料金】 契約アンペア 東京電力 東京ガスでんき 10A 280. 80 円 280. 20 円 421. 60 円 561. 40 円 842. 20 円 1,123. 00 円 1,404. 80 円 1,684. 次に東京ガスでんきのメリット・デメリットもご紹介します。 【東京ガスでんきのメリット・デメリット】 メリット デメリット• 関東エリアではトップクラスの安さ• 解約金0円• WEBやスマホで電気使用量を確認できる• 電気とガスのセット割がある• プロバイダとセット割がある• 関東エリアのみ• セット割は都市ガスのみ• 電気使用量が少ないと安くならないこともある 関東では• 安さ を誇る電力会社です。 ENEOSでんきは• セット割や 特典が欲しい• 3年以上の継続契約を考えている という方におすすめです。 まずは最も気になるENEOSでんきの• 基本料金• 電力量料金 を 東京電力と比較します。 【基本料金】 契約アンペア 東京電力 ENEOSでんき 10A 280. 80 円 280. 20 円 421. 60 円 561. 40 円 842. 20 円 1,123. 00 円 1,404. 80 円 1,684. 次にENEOSでんきのメリット・デメリットもご紹介します。 【ENEOSでんきのメリット・デメリット】 メリット デメリット• キャンペーンがある• ガソリンの割合がある• 大手の安心感がある• Tポイントがある• 駆けつけサービスがある• 供給エリアは関東・関西のみ• 2年契約は解約金が発生することがある• 電気使用量が少ないと安くならないこともある 2年契約は電気料金が安くなりますが、 解約金が発生する場合があるので注意が必要です。 電気料金が安い• 電気使用量多いとお得になる• セット割でお得になる という3つのタイプのTOP3です。 自分がこだわりたい! というポイントに注目して、チェックしてみてください。 電気料金が安い電力会社ランキングTOP3 電気料金が安くなる という電力会社の特徴は• 基本料金0円• 電力量料金は一定 で、電気料金プランがわかりやすくなっています。 電気料金の比較とともに、ランキングをご紹介します。 ランキング 電力会社 基本料金 電力量料金 電気料金 電気料金 シミュレーション 1位 あしたでんき 0 円 25. 最も安くなる電力会社は、「 あしたでんき」という結果になりました。 どのくらい安くなるのか というのは個人差があるため、 公式ホームページから 電気料金のシミュレーションをしてみてください。 電気使用量が多いとお得になる電力会社ランキングTOP3 電気使用量が多いとお得になる という電力会社の特徴は 電気使用量が多くなるほど 電力量料金が安くなる という電気料金プランがあります。 電気料金の比較とともに、TOP3をご紹介します。 ランキング 電力会社 基本料金 (30A) 電力量料金 (450kWh) 電気料金 電気料金 シミュレーション 1位 ミツウロコでんき 842. 40 円 25. 40 円 25. 13 円 30. 最も安くなる電力会社は、「 ミツウロコでんき」という結果になりました。 「電気使用量が多くて電気料金が高い」 という方は、公式ホームページから電気料金のシミュレーションをしてみてください。 セット割でお得になる電力会社ランキングTOP3 セット割でお得になる 電力会社の特徴は• 光回線• ガソリン などとセットにすることで割引が受けられます。 電気料金を比較しながら、ランキングをご紹介します。 ランキング セット割 割引額 電気料金 電気料金 シミュレーション 1位 eo電気 光回線 5. 最も安くなる電力会社は、「 eo電気」でした。 「 セット割でお得したい」 という方は公式ホームページをチェックしてみてください。 供給エリア• 電気料金• 電力量シェア について一覧表で比較してみます。 特徴 供給エリア 電気料金 シェア• 基本料金0円• 電力量料金 26. 電気トラブルの駆けつけサービス 沖縄以外 すべてのエリア 11,700 円 -729 円 1. 基本料金0円• 電力量料金 26. オール電化対応のプランがある• 電気プランが豊富である 北陸・沖縄以外 すべてのエリア 11,700 円 -729 円• 基本料金0円• 電力量料金 25. セット割がある• 特典がある• 関東トップのシェア 関東エリア 12,240 円 セット割適用 -189 円 19. ガソリンの割引がある• 電気使用量が多い人におすすめ 関東・関西エリア 12,429 円 6. 基本料金0円• 電力量料金 一定 となる電力会社で、電力量シェアが高い電力会社は となりました。 その中でも一番人気の電力会社は、 Looopでんき です。 基本料金:0円• 電気量料金:一定 という料金設定で、 電気料金がとても安くなっています。 電力量シェア:12位• 加入者数が業界トップクラス と人気や実績があり、 とても安心感がある電力会社 という印象があるようです。 契約手数料• 解約金 などの費用が発生しないという点も人気のポイントかもしれません。 まとめ いかがでしたか。 こだわりたいポイントによって、おすすめの電力会社は異なります。 いっぱいあって何を選べばいいかわからない という方は、• おすすめの電力会社• こだわりで選んだ電力会社 の公式ホームページから 電気料金のシミュレーションをしてみてください。 こんなに安くなるんだ! という自分に合った電力会社に出会えるかもしれません。

次の