受話器 2 個 公衆 電話。 「ドライブスルー公衆電話」ってなに? 全国2か所のレアスポット、使っている人は…

さまざまな公衆電話が手のひらサイズのガチャとなって発売!電話をかける動きが楽しめる精巧ギミック付きフィギュア!

受話器 2 個 公衆 電話

タカラトミーアーツより、公衆電話の使い方や認知向上に向けたNTT東日本とのプロジェクト商品として、ミニチュアサイズのフィギュア「NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション」が登場! 2019年11月中旬から順次発売されます。 赤色のボディが懐かしい「新形赤電話機」をはじめ、お馴染みの緑やグレーのボディの公衆電話機、日本では数少ない設置の受話器が2個ついている「デュエットホン」や「金色の公衆電話機」など、懐かしいものから珍しいものまで全6種類でのラインナップ! MC-3P(アナログ公衆電話機)1986年(昭和61年) 1982年に登場したテレホンカードを使って通話できる公衆電話機の小型軽量版。 今も設置台数が多くもっとも認知度の高い公衆電話機。 DMC-7(ディジタル公衆電話機)1996年(平成8年) 大型ディスプレイを装備し、操作ガイダンスや通話先の電話番号、音量レベルなどを表示。 MC-D8(ディジタル公衆電話機)2016年(平成28年) 一目で公衆電話とわかるグリーンのカラーリングで、大きく見やすいボタンや凸凹で分かりやすい投入口など、ユニバーサルデザインを採り入れました。 新形赤電話機 1971年(昭和46年) 料金投入は、一度に10円硬貨6枚可能。 3人同時に通話ができる珍しい公衆電話。 1990年の電話開業100年記念に製作。 金色の公衆電話機 1993年(平成5年) 1993年に皇太子さまと雅子さまのご成婚に際し、お祝いの意を込めてパレード沿道にあるすべての公衆電話の色を金色に塗り替えたもの。 公衆電話のかけ方を疑似体験!? 精巧ギミック付き! 本商品は、公衆電話の電話をかける動きが楽しめるギミック付きフィギュアです。 受話器のフックは本物さながらに上下に動くので、受話器を手に取ったり、置いたりすることできます。 ダイヤルボタンは押したり、回す感覚を楽しめます。 またコイン返却口も開閉するので、まさに実物に近い感覚が味わえます。 商品には、各機種の時代に合わせた「公衆電話の使い方ステッカー」が1枚付属しているので、公衆電話にあまり馴染みのないという人も、それを見ながら電話のかけ方を疑似体験できます。 DATA NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション• サイズ:本体約44~53mm• 発売元:タカラトミーアーツ• 価格:1回300円(税込)/全6種• 発売日:2019年11月中旬より順次発売• 関連情報• 関連記事•

次の

川崎市には日本で3台しかない公衆電話「デュエットフォン」がある!

受話器 2 個 公衆 電話

タカラトミーアーツより、公衆電話の使い方や認知向上に向けたNTT東日本とのプロジェクト商品として、ミニチュアサイズのフィギュア「NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション」が登場! 2019年11月中旬から順次発売されます。 赤色のボディが懐かしい「新形赤電話機」をはじめ、お馴染みの緑やグレーのボディの公衆電話機、日本では数少ない設置の受話器が2個ついている「デュエットホン」や「金色の公衆電話機」など、懐かしいものから珍しいものまで全6種類でのラインナップ! MC-3P(アナログ公衆電話機)1986年(昭和61年) 1982年に登場したテレホンカードを使って通話できる公衆電話機の小型軽量版。 今も設置台数が多くもっとも認知度の高い公衆電話機。 DMC-7(ディジタル公衆電話機)1996年(平成8年) 大型ディスプレイを装備し、操作ガイダンスや通話先の電話番号、音量レベルなどを表示。 MC-D8(ディジタル公衆電話機)2016年(平成28年) 一目で公衆電話とわかるグリーンのカラーリングで、大きく見やすいボタンや凸凹で分かりやすい投入口など、ユニバーサルデザインを採り入れました。 新形赤電話機 1971年(昭和46年) 料金投入は、一度に10円硬貨6枚可能。 3人同時に通話ができる珍しい公衆電話。 1990年の電話開業100年記念に製作。 金色の公衆電話機 1993年(平成5年) 1993年に皇太子さまと雅子さまのご成婚に際し、お祝いの意を込めてパレード沿道にあるすべての公衆電話の色を金色に塗り替えたもの。 公衆電話のかけ方を疑似体験!? 精巧ギミック付き! 本商品は、公衆電話の電話をかける動きが楽しめるギミック付きフィギュアです。 受話器のフックは本物さながらに上下に動くので、受話器を手に取ったり、置いたりすることできます。 ダイヤルボタンは押したり、回す感覚を楽しめます。 またコイン返却口も開閉するので、まさに実物に近い感覚が味わえます。 商品には、各機種の時代に合わせた「公衆電話の使い方ステッカー」が1枚付属しているので、公衆電話にあまり馴染みのないという人も、それを見ながら電話のかけ方を疑似体験できます。 DATA NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション• サイズ:本体約44~53mm• 発売元:タカラトミーアーツ• 価格:1回300円(税込)/全6種• 発売日:2019年11月中旬より順次発売• 関連情報• 関連記事•

次の

川崎市には日本で3台しかない公衆電話「デュエットフォン」がある!

受話器 2 個 公衆 電話

弊誌では普段、スマートフォンや携帯関連のことを中心に取材しているのでなかなかこのような機会はないのですが、実は私もガチャ好きで今回の製品は気になっていました。 加藤氏 実は「街角公共物シリーズ」という流れがあって、今回の公衆電話ガチャもそのひとつです。 第1弾は2016年発売の「郵便局 ガチャコレクション」()で、日本郵便様と、郵便ポストや配達員のヘルメットなどのミニチュアを作りました。 ガチャは従来パロディー文化としたところもあるので、オフィシャルライセンスで本物の公共物を再現するのはあまり前例がありませんでしたが、郵便局を皮切りに、第2弾は信号機大手の日本信号様とコラボして「日本信号 ミニチュア灯器コレクション」()を2017年に発売しました。 ガチャって同じ商品は一度きりというわけではないのですか? 加藤氏 生産にかかる時間やトレンドの移り変わりもあるので、基本的にはおっしゃる通り一度きりですが、異例なヒットがあると再生産をすることがあります。 個人的には、信号機も公衆電話もガチャの題材としてはマニアックなのかなと思っていました。 加藤氏 公衆電話を使ったことがないお子さんも増えていますし、ガチャのモチーフにするにはニーズが少ないかなと私も最初は悩みました。 ですが、NTT東日本様から「災害時のインフラとして、公衆電話のかけ方教室など公衆電話に触ったことのないお子さんに啓蒙活動をしている」ということを知り、そういう社会的な役目がガチャにできるかなというちょっとした使命を感じながら作りました。 これが売れるよ、で供給するのではなく、微力ながら社会貢献のお手伝いもできればなという切り口の製品です。 公衆電話に慣れ親しんでいた世代がだいたい30代後半以上で、普段ミニチュアトイを楽しんでいただいている方も30~40代が中心です。 当時使っていた方には懐かしく、若い方には公衆電話に触れるきっかけに。 精巧さやミニチュアならではのかわいさを味わっていただきたいです。 加藤氏 「MC-3P」(1986年)は一番設置台数が多かった機種で、公衆電話が一番使われていた時代の機種。 見覚えがある方も多いでしょう。 赤電話を入れたのはシニア層にも懐かしんでもらい、ガチャを手に取るきっかけにしてもらいたいと思っています。 加藤氏 実は、郵便局のガチャを作った時に、年配の女性の方からご丁寧なお礼の手紙をいただいたんです。 その方のお父様が郵便局職員だったそうで、郵便局員のヘルメットなどが父を思い出して懐かしかったです、と。 学校やお店、病院などで目にする機会が多かった物なので、公衆電話と聞いてピンクの電話を思い出す方が多かったのではないかと思います。 厳密に言うとピンクの電話は一般的な公衆電話とは違うということで(編集部注:特殊簡易公衆電話、店舗向け)、NTT東日本さんと相談して今回のラインアップからは外しました。 弊誌はモバイル専門のニュースサイトということでちょっと特殊かもしれませんが、データ通信機能のあるグレーのデジタル公衆電話の思い出を書き込んでいる読者さんがちらほらいらっしゃいました。 加藤氏 他の4種類と比べると低確率で出てきます。 加藤氏 デュエットホンは全国に数台残っていて、そのうちの1台が川崎の中原区役所にあり、そこでも採寸させていただきました。 設置されている電話ボックスもかわいいんですよ。 郵便局ガチャのときにも、上野のパンダポストで本物とフィギュアを一緒に撮ってくれた方がたくさんいらっしゃいました。 「金色の公衆電話機」は、最初は「へ~、昔そんな公衆電話があったんだ」という感じで、ガチャのシークレット向きだなとラインアップに入れたのですが、ご成婚パレードに合わせたカラーだったと知り、今年は特にタイムリーなアイテムになったと思います。 許可をもらって実際の公衆電話ボックスにこもって採寸したり、史料館に保存されている貴重な物をお借りしたりと苦労した機種もあります。 旧型の方が明るい色に見えます。 加藤氏 そうなんですよ、現行のほうが少し黄味が強いんです。 気付かれないかもしれませんが、こだわっているところです。 細かい文字もしっかり読めます。 加藤氏 8月の発表時点ではまだ完成していなかったのですが、「MC-D8」や「DMC-7」の液晶部分の印刷にはかなりこだわりました。 デジタル表示っぽく見えるように、そして液晶を照らすライトの色合いも再現しています。 郵便ポストが開いたり、信号機が光ったり。 今回の公衆電話ガチャでは、受話器を取ったり、ダイヤルボタンを押したりと操作を疑似体験できます。 受話器のフックやコイン返却口も動きます。 ちなみに、赤電話のダイヤルも実際に回せるんですよ。 ガチャや自動販売機ってまずお金を入れないと始まらないじゃないですか。 でも、公衆電話だけは受話器を上げないとお金を入れられない。 身近な機械と順番が逆なので、触ったことがない世代だと、いざ使おうとしても「(受話器を上げずに)お金を入れても硬貨が返ってきてしまってかけられない!」ということもあるそうです。 「まず受話器を上げる」ということを知ってもらえるだけでもけっこう違うんじゃないかと、最低限のかけ方をシミュレーションできるギミックを入れています。 最後にひとつ、加藤さんのお気に入りを教えてください! 加藤氏 デュエットホンはガチャらしくていいなあと思い、気に入っています。 3人で話せる珍しい公衆電話なので、実物を見に行って会社に電話してみたとき、会社で電話を受けたスタッフの反応も面白かったです。

次の