製品評価技術基盤機構。 「次亜塩素酸水」の空間噴霧について(NITE=製品評価技術基盤機構)

経済産業省及び製品評価技術基盤機構(NITE)からの発表、各報道について星光技研の見解

製品評価技術基盤機構

経済産業省及び製品評価技術基盤機構(NITE からの発表、各報道について星光技研の見解• 2020. 経済産業省、製品評価技術基盤機構(NITE)、各報道機関より発表及び報道がありました。 それらにつきまして、弊社の見解をお知らせいたします。 経済産業省、独立行政法人 製品評価技術基盤機構 NITE 発表について (2020年5月29日発表) 本発表では「新型コロナウィルスに対して界面活性剤は有効」「次亜塩素酸については現在も評価中」「次亜塩素酸水の販売実態や空間噴霧の事実関係のまとめ」が公表されました。 また、NITEのまとめにもありますが、市中には目を疑いたくなるような次亜塩素酸の製品が流通してしまっていることは事実です。 ・薬機法(旧薬事法)に抵触する表現 ・成分表示・液性表示がない ・消費者が誤解するような表現 ・使用や保存方法の記載がない ・次亜塩素酸の特性を把握せずに販売(遮光性がない容器で外箱がないなど) 上記に対しては是正すべき問題であり、正しい知識のもと次亜塩素酸を活用していかなくてはなりません。 噴霧器をご使用いただいておりますお客様におかれましては、 いま一度ご使用されている次亜塩素酸水の内容をご確認いただき、信頼できる販売店から液剤をお買い求めください。 先に挙げたような販売方法に問題があるもの、粗悪なものはご購入なさらないよう十分にご注意ください。 報道について NHK並びにネットニュースなどではNITEの発表をもとに、以下のような報道がありました。 NITEの報告ではまだ噴霧実験は行われておらず、「次亜塩素酸水の噴霧は有効ではない」とも一切報告されておりません。 記事のような結論に達するには些か疑問が残ります。 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムを混同させて記事が書かれているものもあります。 記事では噴霧が否定されるような印象を受けますが、しかしながら日本国内の大学などの研究機関において次亜塩素酸の研究が行われており、効果や安全性が認められております。 (以下の資料は二液混合方式と電解方式がありますが、両者は生成方法の違いがありますが、除菌消臭成分である次亜塩素酸は共通のものとなりますため、参考までに資料へのリンクを提示いたします) ・弱酸性次亜塩素酸水溶液の殺菌効果の基礎的検討および食品・畜産分野への適用に関する研究 ・微酸性次亜塩素酸水の衛生工学分野における応用展開 (フルテキストと書かれた項目欄に文献PDFがございますのでそちらをご参照ください。 なお、弊社では次亜塩素酸の権威とされる三重大学 大学院生物資源学研究科 福﨑智司教授より、 次亜塩素酸が菌やウィルスに対して有効であることに加え、 空間噴霧の安全性についてもアカデミックな視点で公平性があるご意見及び研究成果をいただいております。 【公開参考資料】(一般財団法人 食品分析センター 著:三重大学 教授 福崎智司氏) また、何より弊社はこれまで次亜塩素酸専用 超音波噴霧器を15年間、累計20万台超を生産・販売した実績があります。 そして、現在まで健康被害の報告はありませんでした。 最後に、本件は一見逆風にさらされるような事案ではありますが、 それは品質が悪いもの、正しく販売されていないものが市場から退場する良いきっかけであると考えております。 これからも国内各研究機関と連携を取りながら、「安全かつ効果的」な次亜塩素酸の活用を行なっていくと共に、次亜塩素酸の健全なる普及に邁進してまいります。 そして、ユーザーの皆様には安心してお使いいただけるよう、これからもこだわりの製品を提供できるよう全力で努めて参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 今後も新たな情報が入り次第、皆様にご報告をいたします。

次の

経済産業省及び製品評価技術基盤機構(NITE)からの発表、各報道について星光技研の見解

製品評価技術基盤機構

経済産業省及び製品評価技術基盤機構(NITE からの発表、各報道について星光技研の見解• 2020. 経済産業省、製品評価技術基盤機構(NITE)、各報道機関より発表及び報道がありました。 それらにつきまして、弊社の見解をお知らせいたします。 経済産業省、独立行政法人 製品評価技術基盤機構 NITE 発表について (2020年5月29日発表) 本発表では「新型コロナウィルスに対して界面活性剤は有効」「次亜塩素酸については現在も評価中」「次亜塩素酸水の販売実態や空間噴霧の事実関係のまとめ」が公表されました。 また、NITEのまとめにもありますが、市中には目を疑いたくなるような次亜塩素酸の製品が流通してしまっていることは事実です。 ・薬機法(旧薬事法)に抵触する表現 ・成分表示・液性表示がない ・消費者が誤解するような表現 ・使用や保存方法の記載がない ・次亜塩素酸の特性を把握せずに販売(遮光性がない容器で外箱がないなど) 上記に対しては是正すべき問題であり、正しい知識のもと次亜塩素酸を活用していかなくてはなりません。 噴霧器をご使用いただいておりますお客様におかれましては、 いま一度ご使用されている次亜塩素酸水の内容をご確認いただき、信頼できる販売店から液剤をお買い求めください。 先に挙げたような販売方法に問題があるもの、粗悪なものはご購入なさらないよう十分にご注意ください。 報道について NHK並びにネットニュースなどではNITEの発表をもとに、以下のような報道がありました。 NITEの報告ではまだ噴霧実験は行われておらず、「次亜塩素酸水の噴霧は有効ではない」とも一切報告されておりません。 記事のような結論に達するには些か疑問が残ります。 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムを混同させて記事が書かれているものもあります。 記事では噴霧が否定されるような印象を受けますが、しかしながら日本国内の大学などの研究機関において次亜塩素酸の研究が行われており、効果や安全性が認められております。 (以下の資料は二液混合方式と電解方式がありますが、両者は生成方法の違いがありますが、除菌消臭成分である次亜塩素酸は共通のものとなりますため、参考までに資料へのリンクを提示いたします) ・弱酸性次亜塩素酸水溶液の殺菌効果の基礎的検討および食品・畜産分野への適用に関する研究 ・微酸性次亜塩素酸水の衛生工学分野における応用展開 (フルテキストと書かれた項目欄に文献PDFがございますのでそちらをご参照ください。 なお、弊社では次亜塩素酸の権威とされる三重大学 大学院生物資源学研究科 福﨑智司教授より、 次亜塩素酸が菌やウィルスに対して有効であることに加え、 空間噴霧の安全性についてもアカデミックな視点で公平性があるご意見及び研究成果をいただいております。 【公開参考資料】(一般財団法人 食品分析センター 著:三重大学 教授 福崎智司氏) また、何より弊社はこれまで次亜塩素酸専用 超音波噴霧器を15年間、累計20万台超を生産・販売した実績があります。 そして、現在まで健康被害の報告はありませんでした。 最後に、本件は一見逆風にさらされるような事案ではありますが、 それは品質が悪いもの、正しく販売されていないものが市場から退場する良いきっかけであると考えております。 これからも国内各研究機関と連携を取りながら、「安全かつ効果的」な次亜塩素酸の活用を行なっていくと共に、次亜塩素酸の健全なる普及に邁進してまいります。 そして、ユーザーの皆様には安心してお使いいただけるよう、これからもこだわりの製品を提供できるよう全力で努めて参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 今後も新たな情報が入り次第、皆様にご報告をいたします。

次の

経済産業省所管の独立行政法人「製品評価技術基盤機構」に就職するには?│公務員総研

製品評価技術基盤機構

第三条 機構の成立の際現に前条に規定する政令で定める部局又は機関の職員である者のうち、機構の成立の日において引き続き機構の職員となったもの(次条において「引継職員」という。 )であって、機構の成立の日の前日において経済産業大臣又はその委任を受けた者から(昭和四十六年法律第七十三号)(附則第六条第二項、第七条第四項又はにおいて準用する場合を含む。 以下この条において同じ。 )の規定による認定を受けているものが、機構の成立の日において児童手当又は附則第六条第一項、若しくはの給付(以下この条において「特例給付等」という。 )の支給要件に該当するときは、その者に対する児童手当又は特例給付等の支給に関しては、機構の成立の日においての規定による市町村長(特別区の区長を含む。 )の認定があったものとみなす。 この場合において、その認定があったものとみなされた児童手当又は特例給付等の支給は、(附則第六条第二項、第七条第四項又はにおいて準用する場合を含む。 )の規定にかかわらず、機構の成立の日の前日の属する月の翌月から始める。 五 第二条の規定(第三号に掲げる改正規定を除く。 )及び第五条の規定並びに附則第十二条から第十五条まで、第十七条、第二十条、第二十一条、第二十二条(第六項を除く。 )、第二十三条から第二十五条まで、第二十七条(附則第二十四条第一項に係る部分に限る。 )、第二十八条(第五項を除く。 )、第二十九条から第三十一条まで、第三十三条、第三十四条、第三十六条(附則第二十二条第一項及び第二項、第二十三条第一項、第二十四条第一項、第二十五条、第二十八条第一項及び第二項、第二十九条第一項、第三十条第一項及び第三十一条に係る部分に限る。 )、第三十七条、第三十八条、第四十一条(第四項を除く。 )、第四十二条、第四十三条、第四十五条(第四号から第六号までに係る部分に限る。 )、第四十六条(附則第四十三条及び第四十五条(第四号から第六号までに係る部分に限る。 )に係る部分に限る。 )、第四十七条、第四十八条及び第七十五条の規定、附則第七十七条中地方税法(昭和二十五年法律第二百二十六号)第三百四十九条の三第三項及び第七百一条の三十四第三項第十七号の改正規定、附則第七十八条第一項から第六項まで及び第七十九条から第八十二条までの規定、附則第八十三条中法人税法(昭和四十年法律第三十四号)第四十五条第一項の改正規定(同項第二号に係る部分に限る。 )、附則第八十五条中登録免許税法別表第一第百一号の改正規定及び同表第百四号(八)の改正規定、附則第八十七条の規定、附則第八十八条中電源開発促進税法(昭和四十九年法律第七十九号)第二条第三号イの改正規定(「発電量調整供給」を「電力量調整供給」に改める部分に限る。 )並びに附則第九十条から第九十五条まで及び第九十七条の規定 公布の日から起算して二年六月を超えない範囲内において政令で定める日.

次の