ピョンヒョク の 恋 ost。 韓国ドラマ【ピョンヒョクの恋】の相関図とキャスト情報

「恋する泥棒」40話まで。

ピョンヒョク の 恋 ost

Sponsored Link 【パーフェクトカップル~恋は試行錯誤~】OSTはある? 収録されている曲をご紹介します。 1.그래 그랬어 02. 어쩌다 우리가 03. 보이나요 04. 돌아서지 말아요 05. 다가오지 말아요 06. Love Love Love With 노르웨이 숲 07. You Are My Dream 08. Like a Star 09. 만약에 우리 10. 그냥 돌아서면 돼 11. 오늘부터 시작 12. 사랑해도 될까요 13. Hello 14. 맞구요 15. 꼭 한 번만 16. You Mean Everything 17. 한 사람이 있었다 18. 너만 보면 歌詞が、胸に響くものばかりで本当にすごくいい曲ばかりが収録されています。

次の

韓国・中国・台湾ドラマ ピョン・ヒョクの恋 | BS11(イレブン)

ピョンヒョク の 恋 ost

コンミョン君、なんでこの役を受けたかな? と、思ったけれど・・・後半は少し見所あって良かった。 初回視聴率が2. 5%、最高視聴率は、3. 8%だったようです。 SUPER JUNIORのシウォンの除隊後初出演ドラマ。 私はMnetで毎週視聴しました。 でも、 シウォン君と同級生っぽい設定、 ちょっと無理じゃね? 歳が、違うものぉ~。 (コンミョン23歳 シウォン31歳) 大人に魅せようと 髪型やメガネで、頑張ってたけどぉ・・・ パッカリの横分けヘアーより 普通に前髪あるほうが格好いいし! 後半、おろしてるシーンが増えて・・・ こっちのが絶対イイ!と思いました もともと2番手だとわかってるし、 シウォン&カン・ソラの濃い濃いカップルは まぁ、雰囲気的に似合ってるんで、どうぞくっ付いちゃって! ・・・って思ってたから、全然OKです。 (笑) シウォン君は、ビジュアル的にもキャラ的にも なかなか良かったのではと思いました。 が、濃いんで、特に思い入れはなく(^^;) カン・ソラも昔から苦手なんで気持ち入らず コンミョン君、無理な同級生キャラ、頑張ったね ・・・というドラマだったのでした。 (^^;) あ、あと、イ・ジェユンも、似合わない悪役、 頑張ってました。 役者としては、いろんな役をやったほうが 演技の幅が広がって良いのだろうけど イ・ジェユンは優しい役のほうが活きるなぁ 以上です。 たいした感想じゃなく・・・すみません。 (>0<) コンミョン君、次は何のドラマに出るんだろう? 良いキャラで逢いたい!!! 顔の輪郭が綺麗なベース型!(^^;) 今のところ・・・コンミョン君視聴ドラマ的には、 ひとり酒男女 > ハベクの新婦 > ピョン・ヒョクの恋 だな。

次の

韓国ドラマ ピョン・ヒョクの恋 キャスト 相関図

ピョンヒョク の 恋 ost

大好き! アモーレ! サランヘ! 君の運命はきっと僕! ガンス財閥一族の御曹司ピョン・ヒョク(シウォン)は、純粋な性格がゆえに騒ぎばかり起こす問題児。 ある日、客室乗務員へのセクハラ騒動で拘束され、ついに父親から勘当されてしまう。 家を追い出されたヒョクは、ホテルに身を寄せることに。 一方、自ら非正規雇用を望む掛け持ちアルバイターのペク・ジュン(カン・ソラ)は、清掃を担当していたホテルでアクセサリーの紛失騒動に巻き込まれる。 理不尽な謝罪を要求されるも、猛反発するジュン。 その場に居合わせたヒョクは、ジュンのたくましい姿に惹かれ、助け舟を出す。 ジュンは見事汚名をはらして横暴な客に一泡ふかせるも、訳あってホテルの従業員の制服を着ていたヒョクと共に、ホテルから追い出されてしまう。 ヒョクが御曹司だとは知らないジュンは、ヒョクが仕事も行く当ても失ったと勘違いし、自宅に連れ帰るのだった。 その夜、ホテルから消えたヒョクを探すお目付け役のクォン・ジェフン(コンミョン)は、同じアパートで暮らすジュンの家でヒョクを発見する。 さらにヒョクが騒動を起こした客室乗務員がジュンの友達だったことで、ヒョクの正体がジュンにバレてしまうのだった。 日本語字幕放送・全24話 成功を夢見るピョン・ヒョクのお世話係。 ヒョクの小中学校からの友達であり、国内最高スペックのエリート。 アメリカにさえ一度も行ったことがないが、ネイティブのような語学力を努力と才能で手に入れた。 ピョン・ガンス会長の運転手として真面目に働いた父親のおかげで不自由のない生活をしてきたが、いつも友達であるヒョクの影に隠れてコンプレックスを抱えていた。 ヒョクが帰国し、会長の秘書からヒョクのお世話係へと転身。 どうせ世の中は弱肉強食、力のある者の横にいるおかげで今の生活があるということをちゃんとわきまえている超現実主義者。 恋などしている暇はないと考えるうちに女性に対する興味すらなくなり、恋愛経験ゼロ。

次の