ニトロ グリセリン 作用。 知っておきたい心臓病の応急処置は?ニトログリセリンは心筋梗塞に使えない!?

ニトログリセリン(舌下)

ニトロ グリセリン 作用

ニトログリセリンはニトロ化合物? ニトログリセリンの構造は「硝酸エステル」です。 ニトロ化して合成しますが、いわゆる「ニトロ化合物」とは違うものになります。 わずかな衝撃でも爆発するという特徴があり、取り扱いには注意が必要です。 ニトログリセリンのその他の用途 ニトログリセリンは、血管拡張作用があるため狭心症の薬としても使われています。 ニトログリセリン工場で働いていた狭心症患者が、工場では発作が起きなかったことから見つかったものです。 ちょっとした衝撃で爆発する危険で取り扱いが難しい物質だったこともあり、ソブレロは発見してからも中々発表しませんでした。 発表した後も危険性をたびたび警告していました。 成果をアピールするのではなく、危険な物質を見つけてしまったことに負い目を感じていたのかもしれません。 ノーベルの父親も発明家兼事業家で、機械や爆発物の製造をしていました。 そんな父のもと、ノーベルは小さい頃から複数の家庭教師に化学を学び発明家となったのです。 そうして、ノーベルは爆発物の研究に打ち込むようになりました。 ちなみに、ニトログリセリンを発明したソブレロとは、トリノ大学で一緒に化学を学んだ仲でした。 ダイナマイトはニトログリセリンから作られた ダイナマイトは、ニトログリセリンを使ったものです。 ノーベルは、ニトログリセリンの爆発力を利用して新しい爆薬を作ろうとしたのですが、それには大きくふたつの課題を解決する必要がありました。 安全性の確保 ニトログリセリンは、わずかな衝撃で爆発します。 危険すぎて運搬すらできません。 そこで、ノーベルはニトログリセリンを珪藻土に浸み込ませる方法を見つけます。 珪藻土にはごく小さな穴が沢山空いているので、そこにニトログリセリンを浸みこませることで衝撃による爆発を防いだのです。 起爆装置 爆薬は、意図したタイミングで爆破しなければ意味がありません。 ノーベルは、ダイナマイトを意図したタイミングで爆破させるために、雷管を発明します。 導火線の火によって、起爆薬に火をつけて、それによって爆発を誘発させるための導爆薬に点火するというものです。 ダイナマイト以降は、雷管または、それを改良した信管が一般的に使われるようになります。 ダイナマイトの改良 ダイナマイトは、当初はニトログリセリンを珪藻土に浸み込ませていました。 しかし、より爆発力を上げるために珪藻土を使わずに、ニトログリセリンを「 ニトロセルロース」と混合して安全性を高めるという改良がノーベル自身の手で行われました。 ニトロセルロースは、植物繊維であるセルロースを原料にしたもので、セルロイドの原料としても知られる物質です。 このニトロセルロース自身も火薬なので、珪藻土を使うより爆発の威力が大きくなりました。 ダイナマイトの語源 ダイナマイト(dynamite)は、ノーベル自身がつけた名前で、「力」を意味するdunamisに由来すると言われています。 最初にダイナマイトに使われた珪藻土は英語で、ダイアトマイト(diatomite)で、ダイナマイト(dynamite)とよく似ています。 これはただの偶然でしょうか? 珪藻土が語源ではありませんが、ノーベルが少し洒落っ気を出してダイナマイトと名付けたのかも、と想像したくなります。

次の

ニトログリセリンの作用機序と副作用

ニトロ グリセリン 作用

用法・用量 (主なもの)• 005〜0. 本剤は、1分間に体重1kg当たりニトログリセリンとして、効能・効果ごとに次に基づき投与する• 2.手術時の異常高血圧の救急処置:0. 3.急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む):0. 05〜0. 1〜0. 4.不安定狭心症:0. 1〜0. 1〜0. 005〜0. 本剤は、1分間に体重1kg当たりニトログリセリンとして、効能・効果ごとに次に基づき投与する。 2.手術時の異常高血圧の救急処置:0. 3.急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む):0. 05〜0. 1〜0. 4.不安定狭心症:0. 1〜0. 1〜0. なお、静注する場合は1〜3分かけて緩徐に投与する。 <用法・用量に関連する使用上の注意> 1.本剤は塩化ビニル製の輸液容器及び輸液セットに吸着されるので、本剤点滴時にはガラス製、ポリエチレン製又はポリプロピレン製の輸液容器を使用する。 また、輸液セットへの吸着は点滴速度が遅い程及び輸液セットの長さが長くなる程吸着率が大きくなるので注意する。 2.用法及び用量のうち急性心不全及び不安定狭心症については吸着のない輸液セットを使用した場合の用法及び用量であり、従って塩化ビニル製の輸液セットを用いる場合には多量を要することがあるので注意する。 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 1.重大な副作用(頻度不明) 急激な血圧低下、心拍出量低下等:急激な血圧低下、心拍出量低下、心拍数増加、投与終了後の遷延性血圧低下、血圧リバウンド現象等が現れることがあるので、このような副作用が現れた場合には投与を中止する(また、速やかに血圧を回復させたい場合には、ドパミン塩酸塩等の昇圧剤を投与する)。 2.その他の副作用(頻度不明) 1).循環器:頻脈[頻脈は若年者で発現しやすい]、不整脈。 2).血液:メトヘモグロビン血症。 3).呼吸器:PaO2低下(動脈血酸素分圧低下)。 4).精神神経系:頭痛・頭重感。 5).消化器:悪心・嘔吐。 6).その他:乏尿、代謝性アシドーシス、脳浮腫、胸部不快感、倦怠感、口内乾燥感、あくび。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.硝酸・亜硝酸エステル系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者。 2.閉塞隅角緑内障の患者[眼圧を上昇させる恐れがある]。 3.高度貧血の患者[血圧低下により貧血症状(眩暈、立ちくらみ等)を悪化させる恐れがある]。 4.ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤投与中(シルデナフィルクエン酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物、タダラフィル)又はグアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤投与中(リオシグアト)の患者[本剤とこれらの薬剤との併用により降圧作用が増強され、過度に血圧を低下させることがある]。 (慎重投与) 1.新生児及び乳幼児。 2.高齢者。 3.メトヘモグロビン血症の患者[メトヘモグロビン血症を更に悪化させる恐れがある]。 4.頭部外傷又は脳出血のある患者[頭蓋内圧を上昇させる恐れがある]。 5.著しく血圧の低い患者[血圧低下を更に悪化させる恐れがあるので、必要ならばドパミン塩酸塩等の昇圧剤を併用する]。 6.肝障害のある患者[副作用が強く現れる恐れがある]。 (重要な基本的注意) 1.本剤の作用には個人差がみられるので、本剤投与中は並行して必ず血圧のモニターを行う。 また、循環機能検査、動脈血検査、尿量の検査をあわせて行うなど、患者の全身状態を十分に管理しながら投与する。 2.本剤の過剰投与により血圧が低下し過ぎた場合には投与を中止する(また、速やかに血圧を回復させたい場合には昇圧剤を投与する)。 3.手術後は、患者の血圧が完全に回復するまで管理を行う。 4.本剤とホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤(シルデナフィルクエン酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物、タダラフィル)との併用又はグアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤(リオシグアト)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を低下させることがあるので、本剤投与前にホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤又はグアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤を服用していないことを十分確認する。 また、本剤投与中及び投与後においてホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤又はグアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤を服用しないよう十分注意する。 (相互作用) 1.併用禁忌: 1).ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤(シルデナフィルクエン酸塩<バイアグラ、レバチオ>、バルデナフィル塩酸塩水和物<レビトラ>、タダラフィル<シアリス、アドシルカ、ザルティア>)[併用により、降圧作用を増強することがある(本剤はcGMPの産生を促進し、一方、ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤はcGMPの分解を抑制することから、両剤の併用によりcGMPの増大を介する本剤の降圧作用が増強する)]。 2).グアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤(リオシグアト<アデムパス>)[併用により、降圧作用を増強することがある(本剤とグアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤は、ともにcGMPの産生を促進することから、両剤の併用によりcGMPの増大を介する本剤の降圧作用が増強する)]。 2.併用注意: 1).パンクロニウム[パンクロニウムの神経筋遮断効果を延長することがある(機序不明)]。 2).利尿剤、他の血管拡張剤[血圧低下が増強されることがある(ともに血圧低下作用を有する)]。 3).ヘパリン[ヘパリンの作用を減弱するとの報告がある(機序不明)]。 (高齢者への投与) 本剤は、主として肝臓で代謝されるが、高齢者では一般に肝機能が低下していることが多いため、高い血中濃度が持続し、血圧低下等が発現する恐れがあるので、患者の状態を観察しながら慎重に投与する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 2.授乳婦に投与する場合には授乳を中止させる[動物実験(ラット)で、乳汁中への移行が報告されている]。 (小児等への投与) 新生児及び乳幼児には慎重に投与する[メトヘモグロビン還元酵素活性が低いので、メトヘモグロビン血症を起こしやすい]。 (適用上の注意) 1.輸液容器・輸液セット等への吸着:ニトログリセリンは、一般的に使用されている塩化ビニル製の輸液容器及び輸液セット等に吸着し、投与量が正確に静脈内に投与されない。 吸着率は点滴速度が遅く、投与セットが長い程高くなる。 ニトログリセリン濃度は、吸着率の変化に影響を与えない。 また、塩化ビニル管の長さが長くなる程吸着率は高くなるので、本剤の使用にあたっては点滴速度、塩化ビニル管の長さに十分注意する。 2.本剤希釈時:本剤をpH10以上のアルカリ性溶液あるいは還元物質を含む溶液(アスコルビン酸を含む溶液等)で希釈すると、速やかにニトログリセリン含量が低下するので、このような溶液で希釈しないよう注意する。 (取扱い上の注意) 1.本剤は皮膚につけると、動悸、頭痛が起こる場合があるので、直ちに水で洗い流す。 2.本剤は室温で安定であり冷蔵庫に保管する必要はない。 凍結は避ける。 (保管上の注意) 遮光。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

グリセリン

ニトロ グリセリン 作用

ニトログリセリン 外用 :ミリステープ,ニトロダーム,ミオコールスプレー スポンサード リンク 成分(一般名) : ニトログリセリン(外用) 製品例 : ミリステープ5mg、ニトロダームTTS25mg、ミニトロテープ27mg、ミオコールスプレー0. 3mg ・・ 区分 : 血管拡張剤/冠血管拡張剤/虚血性心疾患治療薬 PR 概説 血管を広げ血流をよくするお薬です。 狭心症や心不全に用います。 作用 【働き】 狭心発作は、いわゆる心臓発作の一つです。 心筋に供給される血液が不足するのが原因で、胸に圧迫感を感じたり、しめつけられるように痛みます。 さらに、血管が詰まり血流が止まってしまうと、ついには心筋梗塞に至ります。 このお薬は、冠動脈拡張薬です。 心臓の冠動脈のほか全身の血管を強力に広げます。 そのため、心筋に血液がたくさん届くようになり、心臓の負担も軽くなります。 心筋の血液不足が解消されれば、狭心発作もおさまります。 ただし、狭心症の原因そのものを治すことはできません。 テープ剤は皮膚に貼る予防薬です。 有効成分が皮膚からゆっくり吸収され、持続的に作用します。 予防目的ですので、定期的に用いる必要があります。 一方、ミオコールスプレーは、狭心発作時に舌下スプレーします。 こちらは速効性で、有効成分が口の粘膜からすばやく吸収されます。 【薬理】• 冠循環改善作用..心臓のまわりの心筋を養う血管(冠動脈)を広げます。 これにより、心筋の酸素不足や栄養不足を改善します。• 末梢血管拡張作用..体全体の末梢の血管を広げて、心臓の負担を軽くします。 心不全の症状をとるのに有効です。 いわゆる「ニトロ」と呼ばれる硝酸薬の仲間です。 狭心症の治療に古くから使われています。• 当面の狭心症状にとてもよく効きます。 長期的な予後改善効果(長生き効果)についてはよく分かっていません。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は、医師に伝えておきましょう。• 服用中の薬は、医師に伝えてください。 【注意する人】 低血圧や緑内障、脳卒中のある人は、その病状により使用できないことがあります。 適さないケース..重い低血圧、閉塞隅角緑内障、脳出血、重い貧血のある人など。• 注意が必要なケース..低血圧、肺高血圧症、心筋症、高齢の人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 飲み合わせに注意する薬があります。 飲み合わせによっては、副作用がでやすくなります。 服用中の薬は、医師に報告しておいてください。 勃起障害や肺高血圧症の治療に用いるシルデナフィル(バイアグラ、レバチオ)やバルデナフィル(レビトラ)、タダラフィル(シアリス、アドシルカ、ザルティア)、あるいはリオシグアト(アデムパス)との併用は禁止です。 併用により血圧が急激に下がるおそれがあり危険です。• 他の降圧薬や利尿薬と併用するときは、血圧の下がりすぎに注意します。• アスピリンなど解熱・鎮痛薬との併用により、この薬の作用が弱まる可能性があります。• 飲酒は控えましょう。 アルコールは、めまいや立ちくらみの副作用を強めます。 【使用にあたり(テープ剤)】• 予防的に定期に用います。 症状により使用回数が異なりますので、説明書をよく読み、指示どおりに使用してください。• 貼りつける部位は、胸や背中、おなかの上部、上腕部など皮膚のやわらかい所です。 動きの激しい部分や、汗をかきやすい所は避けたほうがよいでしょう。 また、傷や湿疹がある部位もやめてください。 汗をよく拭きとり、清潔にしてから貼るようにしましょう。• 皮膚の刺激を避けるため、毎回少しずつ貼る位置を変えてください。• 発作止めにはなりません。 発作時には、他の速効性の舌下錠や舌下スプレーを用います。• 自分だけの判断でやめてはいけません。 急に中止すると、狭心発作など反発的な症状を起こすおそれがあります。 中止するときは、医師の判断で徐々に減量するようにします。• テープ剤を24時間貼り続けていると、体が薬に慣れて効き目が悪くなといわれます。 このような「慣れ」を生じないよう、数時間〜半日はずしておくよう指示されることがあるかもしれません。 【使用にあたり(スプレー剤)】• 狭心発作時に用います。 説明書をよく読み、決められた用法用量を厳守してください。 過剰に使用すると低血圧を起こし危険です。• 初回使用時は容器を立てた状態で6〜7回空噴霧してから使用しましょう。 また、しばらく(約1ヵ月)使用していない場合、あるいは横にしたり逆さまの状態で保管・携帯した場合は、使用前に容器を立てた状態で数回空噴霧をして、十分な薬液が出ることを確認の上、使用してください。• 発作予感時、もしくは胸痛や胸の圧迫感などがあられたらすぐに使用してください。• できるだけ、座るか腰掛けた状態で使用します(強いめまいや、転倒を予防します)。• まず、噴霧口をできるだけ口に近づけます。 舌を上げ、上あごにつけてから口を開け、息を止めた状態で舌下(舌の裏側)に向けて確実に1噴霧します。 噴霧後、すぐに口を閉じてください。 このとき息を深く吸い込まないようにしましょう。 1〜5分で効果があらわれますが、もし症状が続くようでしたら、もう1噴霧だけ追加噴霧します。• 1回の発作で2噴霧までとし、それでもおさまらない場合は、直ちに担当医に連絡してください。 必要であれば救急車を呼びます。 がまんをしてはいけません。• 使用後は、しばらく安静にしていましょう。 急に立ち上がるなど、急激な動作をしないように。 また、車の運転など危険な作業は控えましょう。• 効果の持続時間は30分くらいです。 【食生活】• とくに使用開始時は、めまいや立ちくらみを起こしやすいです。 急に立ち上がらないで、ゆっくり動作するようにしましょう。 また、車の運転や高所での危険な作業には十分注意してください。 効能 【テープ 5mg 】• 狭心症• 急性心不全 慢性心不全の急性増悪期を含む 【テープ 25mg、27mg 】 狭心症 【ミオコールスプレー】 狭心症発作の寛解 用法 【テープ 5mg 】 通常、成人は1回1枚 ニトログリセリンとして5mg を1日2回、12時間ごとに胸部、上腹部、背部、上腕部又は大腿部のいずれかに貼付する。 なお、症状により適宜増減する。 【テープ 25mg、27mg 】 通常、成人に対し1日1回1枚(ニトログリセリンとして25mg,27mg含有)を胸部、腰部、上腕部のいずれかに貼付する。 なお、効果不十分の場合は2枚に増量する。 【ミオコールスプレー】 通常、成人、1回1噴霧(ニトログリセリンとして0. 3mg)を舌下に噴霧する。 なお、効果不十分の場合は1噴霧を追加する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 この系統は安全性が高く、重い副作用はほとんどありません。 ただ、「頭痛」を起こすことがよくあります。 また、低血圧による「めまい」や「立ちくらみ」にも注意しましょう。 頭痛は、続けているうちにたいてい軽くなりますが、ひどいときは医師に相談してください。 スプレー剤を何度も噴霧すると、急激な低血圧から気を失ったり、転倒するおそれがあります。 決められた範囲内で使用することが大切です(ふつう2噴霧まで)。 頭痛や顔のほてりは一過性ですので心配いりません。 1〜2時間ほどでなくなります。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 過度の血圧低下..めまい・ふらつき、立ちくらみ、冷感、吐き気、嘔吐、気を失う。 【その他】• 頭痛、顔のほてり、潮紅• めまい・ふらつき、立ちくらみ、動悸、血圧低下• 吐き気、吐く• テープ剤:貼付部位のかぶれ・発赤・かゆみ• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の