こんな村いやだ。 「おら、こんな村いやだ~」で有名な吉幾三を起用した『クリユニ』のキャンペーン第2弾が開始! [ファミ通App]

こんな日本の市区町村は嫌だ

こんな村いやだ

昔から変な人に、好かれる。 好かれるというか、好まれる。 「アタシってぇ〜ぜんぜん好きじゃない人にめちゃくちゃ好かれるですぅ〜困っちゃいますぅ〜」とまんざらでもなさそうにしている人間と一緒にしないでくれ。 わたしはそうじゃない、そうじゃないんだ。 ただ毎日を一生懸命生きているだけなのに、突然目の前に見ず知らずの人間に理解不能な性癖を披露されるんだ。 変質者に遭遇したことなんて何度もある。 見ず知らずの男性に尻を触られたことも、見ず知らずの車に連れ込まれそうになったことも、見ず知らずの男性器を見せつけられたことも、当然ある。 でもそんなことは日常茶飯事すぎて、今更人に話してキャーキャー言うほどのことでもない。 自称ダーザインというおっさんに「あなたは…あなたは僕の女神です…」と言われて『永遠なんてなかった』というタイトルの全7部作の詩集のプレゼントされたこともある。 もらった詩集があまりにも不要だったのでブックオフに売りに行ったが、もちろん値段なんてつくわけもなかったので、今でも実家に保管してる。 膀胱炎になってしまい仕方なしにオムツを履いて複数のバンドが出演するライブイベントに行ったとき、ライブ中に顔の見えない屈強な男性に後ろから抱え込まれてオムツの中に手を突っ込まれ「ハァハァ…もしかして君もそういう趣味なの…?」と具をこねくり回されたこともある。 わたしが屈強な男に具をこねくり回されていたときにステージに立っていたザ50回転ズのことは今でも恨んでいるので、あれから一度も聴いていない。 通学中に全身チェック柄の服を身に纏った芸人のほっしゃんにそっくりのおっさんに長い時間目を見つめられながらものすごい強い力で尻を捻られたこともある。 痛かった、ものすごく痛かった。 あれからほっしゃんのことも嫌いになった。 最近ほっしゃんをテレビで観る機会が減って、わたしの心の平穏は保たれている。 すすきのを歩いていたら「君はドMだろう?僕にはわかるよ」と言われて女性の乳を釘でベニヤ板に打ち付けられ流血している写真を見せられながら「僕の3人目の奴隷にならないか?」と誘われ、恐怖のあまり「申し訳ございませんがわたしにはすでに忠誠を誓ったご主人様がおりますので…」と断って逃げたこともある。 忠誠を誓ったご主人様なんていねぇよバカ!!! 警察にも行った、お祓いにも行った。 なのに変わらない、なぜだ、なぜなんだ。 もうこんな生活いやだ!!! 北海道か?! 北海道という変態すらも全てを受け入れるほど広大な大地が悪いのか?!?! おらこんな村いやだ!!!!! 北海道を離れ、大阪に住み始めて早2ヶ月。 現在、友達がひとりもいないというアラフォーのおっさんから、わたしを口説こうとするメッセージとともに、毎日プロ野球の勝敗報告LINEが送られてきている。

次の

吉幾三さんの、「俺ら東京さ行ぐだ」の歌詞をtournews.biz

こんな村いやだ

今更ですが、なんで東京に出てきたんだろって 振り返ってみました。 もう30年以上もいるんですね。 私の出身地はです。 今となってはという 何となく「アキバ」を感じさせる地名ですが、 (正式には「アキハク」と読みます) のにより、 2005年に誕生した比較的新しい地名です。 私が生まれたのは、1969年。 その頃は、「」という とてつもないど田舎でした。 (ど田舎とは言っても、田舎大好き!) 地平線が見えそうなほど 周りは果てしなく続く田んぼばかり。 国内有数のお米どころです。 両親は共働きで、父は農協の職員 母は町工場のパートで働いていました。 働きながら田畑もやっている働き者。 いわゆるというやつですね。 父は6人兄弟の長男だったので、 祖父母も同居している、比較的大所帯。 そんな家の次男として生を受けました。 忙しい両親からは、かまってもらった記憶がありません。 でも祖父母がいたので、私はおじいちゃん子だったと思います。 おじいちゃんの名前は「良吉」 (私の名前の1文字はここから来ました) 曽祖父(ひいじいちゃん)の残した借金を返すため、 井戸掘りという重労働をして非常に苦労をしたそうです。 で、この良吉じいちゃん、右腕がありませんでした。 井戸掘りで怪我をしたわけではないようですが、 なにかの怪我で、壊疽になり切断したと聞いております。 でも左手一本で何でも器用にこなすんです! 母から聞いた話ですが、私の布おむつも交換してくれたそうです。 すごいですよね!! おじいちゃん、ありがとう! こんなじいいちゃんあっての私ですが、 とても怖い思い出があります。 それはベルトをムチのようにして追い回された記憶です。 幼い頃なので理由は完全に忘れてますが、 兄弟喧嘩をすると仲裁に入るでもなく、 ベルトを持ったじいちゃんに追い回され、 兄弟で泣き叫んで逃げ回った記憶があります。 今それやったらDVとか虐待とか言われるんでしょうけど 昔ってそんな教育だったんですかね? っま田舎ですし、いい家の育ちでもなかったですから。 この話は、お盆に帰郷すると、決まって出てくるネタです(笑) でも、孫のことをいつも思ってくれるじいちゃんは大好きでした。 小さい頃から、特別な才能もなく、 これといって勉強が得意でもありませんでした。 いたって普通。 そう、普通の子。 強いて言えば、図画図工は好きだったかな? あと、音楽。 特に合唱が好きでした。 なぜかと言えば 「いい声してるねぇ~」 って言われたからです(笑) はい、褒めて伸びる子です! 爆) でもそれだけです。 その後に入ったり、合唱部に入ったりしてません。 てか、ありませんでした・・・ リーダー的存在でもなかったですが、 ノリはよかったです。 遊びに誘われれば速攻行きます。 私が育ったところは、小さなもあったので、 小学生の時なんかは、よく山に探検に行ってました。 秘密基地作ったりね(笑) そういえば探検とかいって山に入ってたけど、 方位磁石もなければ、食料や水なども持っていかなかったなぁ~ ずいぶん無謀というか、ワイルドな遊びをしていたものです。 実際迷った事もしょっちゅうでしたけどね。 グランドでは放課後の遊びといえば野球でした。 毎日日が暮れるまでやるんですけど、あまり上手くはなかった。 でも、純粋に楽しかった。 うん、楽しかった。 冬になれば大雪が降るので、登下校がすでに遊びです。 が歩道に大量の雪を積み上げ、そこを歩いてゆくのですが 山あり 谷あり氷あり!! 子供にとって格好の遊び場です。 しかし、この歳になった今、あの道を通りたくはありませんが 笑 あと楽しかったのはミニスキーですね! 長靴にプラスチックの短いスキーを固定して滑るやつ!! あれはめちゃくちゃおもしろい。 雪国ならではの楽しみでした。 そんなこんなで遊びほうけた小学生時代ですが、 友達に遊びに誘われると、ついノリで行っちゃうんです。 が、共働きでということもあり、 両親は猫の手も借りたいくらい忙しかったでしょう。 ですので、家の手伝いを頼まれる事もしばしば。 しかし、しょっちゅう遊びに行っちゃうもんだから、 手伝いを忘れたり、サボったりしてました。 だって、友達みんな家の手伝いする子とかがいなかったんです。 周りの友達は、サラリーマンの家かだったり、 作り酒屋や、材木屋だったりで、手伝いしなくていいな~~とか思ってました。 当然頼まれごとをしなければ怒られます。 そうなると自分の思うようにいかなくなるもんだから、 「こんな家に生まれてこなきゃよかった」 とか平気で言ってました。 なんて勝手なやつでしょう! 小学生の俺!! よく母に 「親になってみればわかる」 と口癖のように言われましたが、 今となっては痛いほどよくわかります。 そんな自分勝手な小学生の良博は、 いつしかテレビの中にある都会に憧れだします。 ここには何もない。 けど東京に行けば何でもある!と.

次の

吉幾三さんの、「俺ら東京さ行ぐだ」の歌詞をtournews.biz

こんな村いやだ

クワを持って走り出した吉幾三率いる東軍の運命はいかに。 そして、吉幾三の涙の理由とは……。 このキャンペーンは、『クリユニ』ののツイート&公式動画視聴で吉幾三率いる東軍のPOWERが増え、増えていけばいくほどゲーム内で使える豪華な報酬が獲得できるようになっている。 毎日ログインすると合計3300Gがもらえる。 期間:4月28日5時~5月8日23時59分まで 第2弾:ゴールデンウィーク限定スペシャルパック登場 大量のスピードアップや装備素材が入ったお得なパックが期間限定で登場。 ゴールデンウィークパックを手に入れてほかの同盟と差をつけよう。 期間:4月28日11時00分~5月8日23時59分まで 第3弾:四天竜降臨 四天竜のカードが手に入るイベントがついに開催。 開催期間をチェックして、仲間と共にどんどん四天竜を倒そう。 ワルキューレを倒すと手に入る素材を集めると専用装備を作ることができる。 新たな武器を手に入れよう。

次の