ハヴィガースト 老年 期。 【易しめ解説12】ハヴィガーストの発達課題

活動理論

ハヴィガースト 老年 期

スポンサーリンク ハヴィガーストの発達課題とは?[発達心理学] 発達課題の概念を最初に提唱したといわれているのは、ハヴィガースト. 発達課題とは、人間が人格形成と社会適応をしていく上で、それぞれの成長過程の時期に達成しておかなければいけない課題のことを意味します。 ハヴィガーストによると、児童期の6つの発達課題と青年期の8つの発達課題があります。 児童期の6つの発達課題|ハヴィガースト 児童期の発達課題は次の6つがあるとハヴィガーストは提唱しました。 は、自我の成熟の観点から、人間の一生を次の8つの発達段階にわけました。 この自我同一性が確立できないことを「同一性の拡散」と呼びます。 エリクソンの自我同一性について 自我同一性とは、英語で「ego-identity エゴアイデンティティ 」となり、日本語に直訳すると自我同一性となります。 自我同一性という言葉はエリクソンによって心理学用語として使われるようになりました。 フロイトが自我の発達を「心理・性的」視点から捉えたのに対して、エリクソンは「心理・社会的」視点からライフサイクル(人生)における自我の発達段階とそれぞれの時期での発達課題をとらえました。 自我同一性とは「本当の自分」の意味 青年期は「自分とは何者か?」という自我意識が芽生え、本当の自分を探しはじめる時期でもあります。 自我同一性は「本当の自分」ともいえる概念であり、次の3つの概念が含まれます。 そういう意味では、自我同一性とは、社会とのつながり、そして自分の将来への期待を含めた自覚や意思決定を意味する概念であり、これらができたときに「自我同一性が確立できた」とされています。 自我同一性は固定的なものではなく、成人してから以降の発達段階においても変化していくものとされています。 カテゴリー• 250•

次の

活動理論

ハヴィガースト 老年 期

ハヴィガーストの発達課題について 社会的に適応し人格を形成する上で、 各発達段階で達成しておくべき社会的・心理的課題のことを 発達課題といいます。 アメリカの教育学者であったハヴィガーストが最初に発達課題の概念を提唱しました。 人生の発達段階で次の段階にスムーズに移行できるようにするには、それぞれの発達課題をクリアしていくことで達成できます。 但し、各段階の発達課題を避けて通ったりクリアできなかったりした時は、心身の不調が後の段階で表れる恐れがあります。 その場合、クリアできなかった発達課題に取り組み改善しないといけない場合もあります。 ハヴィガーストは、乳児期・児童初期から高齢期までの6つに人生の段階を区分し、社会的役割や習得するべき身体的技量などを各段階ごとに6〜10個ずつ具体的項目として示しました。 この各段階ごとに示された具体的な項目内容は、社会の文化的要請、身体的成熟、個人の価値観や要望の3項目の中のどれかが源泉となっています。 ハヴィガーストが提示した6つの発達段階と課題 発達段階 発達課題の内容 高齢期 退職と収入の変化への適応 成人中期 職業的に満足できる遂行レベルを維持 成人初期 幸福な生活を配偶者と営む 青年期 問題解決や概念に必要な技能・スキルの発達 児童中期 良心の発達、道徳観・価値観、男女の適切な性別による役割 乳児期・ 児童初期 排泄・話すこと・良し悪しについての学習 エリクソンの発達課題について エリクソンは自我の発達段階と発達課題を「 心的・社会的」な観点から捉えようとしました。 この点は、 フロイトが自我の発達段階を「 心理・性的」観点から捉えようとしたのとは異なります。 ハヴィガーストの発達課題と比較すると、エリクソンが考えた発達課題は、内面的な成長により注視した内容になっており、8つの段階に人生を分けて、その段階ごとの発達課題を下記のように定義しています。 また、それぞれの段階で個人が課題を達成することで、次の段階に進めるとエリクソンは、提示しており、発達課題を達成した場合に得れるものと、発達課題を達成できず失敗した際に生じる心理的問題についても示しています。 エリクソンが提示した8つの発達課題と不達成時の心理的問題 発達段階 発達課題の内容 課題不達成時 の心理的問題 老年期 現在までの人生を振り返り受け入れ統合する 絶望 成人期 若い後継者や自分の子どもを育成することを通じて生殖性を達成する 停滞 前成人期 配偶者・家族・友人との親密な関係を得る 孤立 青年期 将来への見通しを立てるために人生観やアイデンティティ(自我同一性)を確立する アイデンティティ の混乱 児童期 勤勉性を学校生活を通じて獲得する 劣等感 遊戯期 自主性を活動範囲が広がることにより持つ 罪責感 幼児初期 自分でコントロールできる自立性を排泄トレーニングを通じて持つ 恥・疑惑 乳児期 基本的な信頼感を母親との関係を通じて獲得する 基本的不信 ハヴィガーストとエリクソンが提示した発達課題の対比 児童期の発達課題を自我の成熟度という視点から、エリクソンは4点示しています。 また、エリクソンは、青年期の発達課題で「自我同一性の確立」を最重視しています。 発達課題 の提唱者 ハヴィガースト エリクソン 児童期の発達課題 就学〜身体の発達• 健全な習慣を身に付ける• 友だち関係を作る• 性役割の理解• 計算・読み・書き能力の発達• 道徳性、良心、価値尺度の発達• 集団に対する態度の発達• 自己管理の習慣• 道徳性、良心の形成• 性役割の理解• 勤勉的な態度の獲得 計算・読み・書きの知能・技能の獲得 青年期の発達課題 身体の成熟〜就職・結婚• 問題解決能力の発達• 成熟した仲間との付き合い• 倫理体系の発達• 責任ある社会的行動• 身体の有効利用• 経済的自立の準備• 親からの情緒的独立• フロイトとユングにより提唱された心理学理論について解説しています。 フロイトとユングが提唱した心理学の理論は、それぞれ考え方や主張がどう違うのか比較してみました。 無意識、パーソナリティ(性格)構造論とは何かについて解説しています。 心の葛藤(3タイプ)や反動形成について解説しています。 欲求不満と防衛機制、コンプレックスについて解説しています。 ストレスとその対処行動(コーピング)、カタルシス効果について解説しています。 人間が持っている性格タイプとその特徴について解説しています。 フロイトの発達論、5つの発達段階について解説しています。

次の

福祉まめ知識|ハヴィガーストの発達段階説

ハヴィガースト 老年 期

ハヴィガーストの発達課題について 社会的に適応し人格を形成する上で、 各発達段階で達成しておくべき社会的・心理的課題のことを 発達課題といいます。 アメリカの教育学者であったハヴィガーストが最初に発達課題の概念を提唱しました。 人生の発達段階で次の段階にスムーズに移行できるようにするには、それぞれの発達課題をクリアしていくことで達成できます。 但し、各段階の発達課題を避けて通ったりクリアできなかったりした時は、心身の不調が後の段階で表れる恐れがあります。 その場合、クリアできなかった発達課題に取り組み改善しないといけない場合もあります。 ハヴィガーストは、乳児期・児童初期から高齢期までの6つに人生の段階を区分し、社会的役割や習得するべき身体的技量などを各段階ごとに6〜10個ずつ具体的項目として示しました。 この各段階ごとに示された具体的な項目内容は、社会の文化的要請、身体的成熟、個人の価値観や要望の3項目の中のどれかが源泉となっています。 ハヴィガーストが提示した6つの発達段階と課題 発達段階 発達課題の内容 高齢期 退職と収入の変化への適応 成人中期 職業的に満足できる遂行レベルを維持 成人初期 幸福な生活を配偶者と営む 青年期 問題解決や概念に必要な技能・スキルの発達 児童中期 良心の発達、道徳観・価値観、男女の適切な性別による役割 乳児期・ 児童初期 排泄・話すこと・良し悪しについての学習 エリクソンの発達課題について エリクソンは自我の発達段階と発達課題を「 心的・社会的」な観点から捉えようとしました。 この点は、 フロイトが自我の発達段階を「 心理・性的」観点から捉えようとしたのとは異なります。 ハヴィガーストの発達課題と比較すると、エリクソンが考えた発達課題は、内面的な成長により注視した内容になっており、8つの段階に人生を分けて、その段階ごとの発達課題を下記のように定義しています。 また、それぞれの段階で個人が課題を達成することで、次の段階に進めるとエリクソンは、提示しており、発達課題を達成した場合に得れるものと、発達課題を達成できず失敗した際に生じる心理的問題についても示しています。 エリクソンが提示した8つの発達課題と不達成時の心理的問題 発達段階 発達課題の内容 課題不達成時 の心理的問題 老年期 現在までの人生を振り返り受け入れ統合する 絶望 成人期 若い後継者や自分の子どもを育成することを通じて生殖性を達成する 停滞 前成人期 配偶者・家族・友人との親密な関係を得る 孤立 青年期 将来への見通しを立てるために人生観やアイデンティティ(自我同一性)を確立する アイデンティティ の混乱 児童期 勤勉性を学校生活を通じて獲得する 劣等感 遊戯期 自主性を活動範囲が広がることにより持つ 罪責感 幼児初期 自分でコントロールできる自立性を排泄トレーニングを通じて持つ 恥・疑惑 乳児期 基本的な信頼感を母親との関係を通じて獲得する 基本的不信 ハヴィガーストとエリクソンが提示した発達課題の対比 児童期の発達課題を自我の成熟度という視点から、エリクソンは4点示しています。 また、エリクソンは、青年期の発達課題で「自我同一性の確立」を最重視しています。 発達課題 の提唱者 ハヴィガースト エリクソン 児童期の発達課題 就学〜身体の発達• 健全な習慣を身に付ける• 友だち関係を作る• 性役割の理解• 計算・読み・書き能力の発達• 道徳性、良心、価値尺度の発達• 集団に対する態度の発達• 自己管理の習慣• 道徳性、良心の形成• 性役割の理解• 勤勉的な態度の獲得 計算・読み・書きの知能・技能の獲得 青年期の発達課題 身体の成熟〜就職・結婚• 問題解決能力の発達• 成熟した仲間との付き合い• 倫理体系の発達• 責任ある社会的行動• 身体の有効利用• 経済的自立の準備• 親からの情緒的独立• フロイトとユングにより提唱された心理学理論について解説しています。 フロイトとユングが提唱した心理学の理論は、それぞれ考え方や主張がどう違うのか比較してみました。 無意識、パーソナリティ(性格)構造論とは何かについて解説しています。 心の葛藤(3タイプ)や反動形成について解説しています。 欲求不満と防衛機制、コンプレックスについて解説しています。 ストレスとその対処行動(コーピング)、カタルシス効果について解説しています。 人間が持っている性格タイプとその特徴について解説しています。 フロイトの発達論、5つの発達段階について解説しています。

次の