厳島 神社。 【広島】宮島・厳島神社でおすすめ観光地30選:神様が宿る神秘な島を堪能しよう

厳島神社の結婚式 挙式

厳島 神社

平成8年12月、「嚴島神社」が、ユネスコの世界遺産委員会で正式に世界文化遺産として登録されました。 世界遺産として登録された区域は、社殿を中心とする嚴島神社と、前面の海、及び背後の弥山原始林(天然記念物)を含む森林区域431. 2ヘクタールです。 厳島全域の約14パーセントを占める広い範囲にわたっています。 嚴島神社は、弥山を中心に深々とした緑に覆われた山容を背景として、海上に鮮やかな朱塗りの社殿群を展開するという、世界でも例を見ない大きな構想の下に独特の景観を作り出しています。 登録された遺産のうち、嚴島神社の本社本殿・弊殿・拝殿等17棟・大鳥居・五重塔・多宝塔三基からなる建造物群は、6棟が国宝、11棟・3基が重要文化財に指定されています。 そして、バッファーゾーン(緩衝地帯)は「厳島全島」及び「宮島町長浜小名切り突角より同町大字大西町水晶山北部突角を見通す線内の海面」の範囲から、遺産範囲を除いた地域です。 世界遺産とは 世界遺産条約(世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約)は1972年にユネスコ総会で採択された条約で、日本は1992年に批准しました。 この条約の目的は、世界的に価値の高い文化遺産や自然遺産は人類共有の財産であるとの認識に立って、それらが損壊や滅失の危機にあるとき、各国が協力してその保存を図ろうとするものです。 この目的のために、あらかじめ、条約の締結国の代表21カ国からなる世界遺産委員会は、締約国から推薦のあった遺産を審査し、その遺産が顕著な普遍的価値を有していると認められたときは、人類共有の財産として世界遺産一覧表に記載します。 世界遺産のうち文化遺産に認定されるためには、次の6つの価値基準のどれか1つ以上に当てはまらなくてはなりません。 創造的な才能の生んだ傑作• 建築や芸術、都市の構成や景観の発展において、ある時代や地域における人類の文化的交流の形跡を示すもの• ある文化的な伝統や文明の貴重な証拠となるもの• 歴史的に有意義な時代を示す優れた建造物や建築物群、景観の例• ある文化を代表する伝統的集落や土地利用の典型的な例で、消滅の危機にあるもの• 世界的に著名な事件・伝統・思想・信仰・芸術作品・文化遺産と密接な関係にあるもの 嚴島神社の世界遺産価値 1 嚴島神社は12世紀に時の権力者である平清盛の造営によって現在見られる壮麗な社殿群の基本が形成されました。 この社殿群の構成は、平安時代の寝殿造りの様式を取り入れた優れた建築景観をなしています。 また、海上に立地し、背景の山容と一体のなった景観は他に比類がなく、平清盛の卓越した発想によるものであり、彼の業績を示す平安時代の代表的な資産のひとつです。 価値基準(1) 2 嚴島神社の社殿群は、自然を崇拝して山などをご神体として祀り、遙拝所をその麓に配置した日本における社殿建築の発展の一般的な形式の一つです。 周囲の環境と一環になった建造物群の景観は、その後の日本人の美意識の一基準となった作品であり、日本に現存する社殿群の中でも唯一無二のもので、日本人の精神文化を理解する上で重要な資産となっています。 価値基準(2) 3 日本に現存する社殿建築の中でも造営当時の様式をよく残し、鎌倉時代に建築された数少ない建造物となっています。 度重なる再建にも関わらず、平安時代創建当初の建造物の面影を現在に伝える希有な例です。 また、平安時代の神殿造りの様式を山と海との境界を利用して実現させた点で個性的で、古い形態の社殿群を知る上で重要な見本です。 価値基準(4) 4 嚴島神社は、日本の風土に根ざした宗教である神道の施設であり、仏教との混交と分離の歴史を示す文化遺産として、日本の宗教空間の特質を理解する上で重要な根拠となるものです。 価値基準(6).

次の

厳島神社|京都御苑|京都三珍鳥居の一つ「唐破風鳥居」がある神社。

厳島 神社

は、 厳島神社を深く信仰しており 平清盛によって寝殿造が改築・造営されます。 また、清盛は鎧甲冑や美術工芸品を 厳島神社に奉納しており、特に有名なのが 国宝に指定されている「 平家納経」です。 厳島神社は平清盛によって 名前が広まっていくこととなります。 その後も天皇や多くの豪族などに 崇拝を受けていましたが 1207年と1223年に2回火災に見舞われ 社殿が焼失してしまいます。 他にも土砂災害などの被害も受けますが その都度鎌倉幕府や室町幕府によって再建されていました。 戦国時代に入ると、神様の島である 厳島も「 厳島の戦い」が起こり、 戦場となり、勝利した毛利元就が 後に改築・修復しています。 その後天下人・の 崇敬を受けることとなり、さらに 厳島神社の名前が全国に広まることとなります。 何度か倒壊・焼失などに見舞われますが その都度厳島神社は修復され、 1948年に厳島神社1350年祭が催されています。 厳島神社の見どころとは?観光前に要チェック! ここでは 厳島神社の見どころを 紹介していきます。 観光前に要チェックです! 大鳥居【厳島神社の見どころ】 海の中に建つ漆塗りの大鳥居は 厳島神社のシンボルともいえます。 大柱は樹齢500~600年の クスの自然木で造られています。 大鳥居が海の上にある理由は 昔から宮島全体が神様の宿る 御神体とされており、「神様が宿る 神聖な島の上には建てられない」ので、 海の上に建てられたと伝えられています。 本殿【厳島神社の見どころ】 厳島神社の本殿は、1571年に 毛利元就によって改築され、 現在、 国宝に指定されています。 寝殿造となっており、 日本一大きい社殿群であります。 市杵島姫 (いちきしまひめ)、 湍津姫 (たぎつひめ)、田心姫 (たごりひめ)の 宗像三女神が祀られています。 最後に この記事では 厳島神社とはどんな神社なのか? その歴史だけでなく 観光での見どころについても なるべく分かりやすく解説しました。 厳島神社の歴史に興味のある方や これから厳島神社を観光する予定の方などにとって この記事が少しでも参考になれば幸いです。

次の

【広島】宮島・厳島神社でおすすめ観光地30選:神様が宿る神秘な島を堪能しよう

厳島 神社

1996年に登録された世界遺産(文化遺産)で、広島県廿日市 はつかいち 市宮島町にある。 瀬戸内海に浮かぶ宮島(別名、厳島)は、日本三景の一つに数えられる。 この神社は、平安時代末期、武士による新しい社会体制を築いた権力者、平清盛ゆかりの建物である。 海の上に配置された建造物の多くは、13世紀までに再建されたものであるが、創建時の様式が忠実に復元されており、平安時代のの特徴を顕著に表している。 色鮮やかな朱塗りの社殿が海に向かって鳥が羽を広げるように伸び、本社本殿など37棟の建物が300mに及ぶ回廊で結ばれている。 満潮時には大鳥居とともに海に浮かんで見える、世界でも類を見ない宗教施設であり、日本古来の精神性を伝える特異な建造物と景観が評価され、世界遺産に登録された。 古くは伊都伎嶋 いつきしま 神社とも記し、また厳島大明神 だいみょうじん とも称した。 市杵島姫命 いちきしまひめのみこと 、田心姫命 たごりひめのみこと 、湍津姫命 たぎつひめのみこと を祀 まつ る。 古代には周囲約31キロメートルの宮島そのものが神とされ、人も住むことを許されない神聖な島とされた。 社殿が海水のさしひき(干満)する所に建てられているのもそのためである。 宮島には中世以降人家が建てられたが、耕作をしない、死者を埋葬しない風習は現在も守られている。 創建年代は不詳であるが、社伝では、推古 すいこ 天皇のとき、佐伯郡の住人佐伯鞍職 さへきくらもと が神託を受け、社殿をつくり祀ったことに始まるという。 811年(弘仁2)7月名神 みょうじん 社に列し、四時 しじ の幣帛 へいはく を奉る社とされ、859年(天安3)正五位下より従 じゅ 四位下に、さらに867年(貞観9)従四位上に叙され、延喜 えんぎ の制で名神大社とされた。 その後、さらに朝野の厚い崇敬を受けて、安芸 あき 国(広島県西半部)一宮 いちのみや とされた。 平清盛 きよもり が出てからはその一門がことに崇敬し、1174年(承安4)3月には後白河 ごしらかわ 法皇が建春門院平滋子 しげこ とともに御幸し、1178年(治承2)高倉 たかくら 天皇の中宮建礼門院平徳子 とくこ 懐妊ののちは、清盛は皇子出産を願って月参をした。 翌年、朝廷で二十二社の列に加えられようとしたが、これは果たされなかった。 平家滅亡のあと、源頼朝 よりとも も崇敬して社領を寄進し、修造料を寄せ、以降鎌倉幕府も保護した。 鎌倉時代に火災により多くの建物を焼失したが、室町時代に大内氏、毛利 もうり 氏が維持に努め、ことに毛利元就 もとなり は1572年(元亀3)将軍足利義昭 あしかがよしあき の命を受けて、本社拝殿、回廊、客 まろうど 神社以下を古例のままに造営した。 また毛利輝元 てるもと も社領を寄進、さらに1587年(天正15)豊臣 とよとみ 秀吉の命を受けて大経堂(千畳閣)を造営した。 江戸時代にも徳川将軍や広島藩主浅野氏がよくその維持に努めた。 1871年(明治4)国幣中社、さらに1911年(明治44)官幣中社とされた。 本社(本殿、幣殿 へいでん 、拝殿、祓殿 はらいでん )のほか、天忍穂耳命 あめのおしほみみのみこと 、天穂日命 あめのほひのみこと 、天津彦根命 あまつひこねのみこと 、活津彦根命 いくつひこねのみこと 、熊野 樟日命 くまのくすひのみこと を祀る摂社客神社(本殿、幣殿、拝殿、祓殿)、回廊は国宝建造物で、平清盛造営当時の規模をよく伝えている。 そのほか、大鳥居(1875再建)、五重塔、能舞台など多くの国指定重要文化財がある。 また社宝には、平家納経1具、法華経 ほけきょう 30巻、彩絵檜扇 ひおうぎ などの国宝や、鎧 よろい 、太刀 たち など、国指定重要文化財を多く蔵している。 1996年(平成8)には、厳島神社の建造物群と前面の海、背後の森林とが、世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産)。 例祭は6月17日のほか、4月15日の桃花 とうか 祭、陰暦6月17日中心の管絃 かんげん 祭、陰暦7月18日の玉取 たまとり 祭、12月31日の鎮火祭など豪華な祭礼が多く、舞楽 ぶがく 、能楽が年中行事のなかで行われる。 また、島を一周し、末社を巡る「御島巡り」は、厳粛な祭事である。 [鎌田純一].

次の