為替予想 2020 2021。 ドル円予想 2020、2021、2022

南アフリカランド円予想 2020、2021、2022

為替予想 2020 2021

どうもこんにちは。 マサトです。 僕の記事を選んでくれてありがとうございます。 さて、突然ですが、先日のドル円、ポンド円に引き続きユーロ円の未来予想をしてみました。 今日の予想記事は前回の記事よりも突飛な内容になっているので、心の準備をお願いします。 ということで今回は 【為替】ユーロ円を予想して見ました「2021年と2023年が怪しい」こういったテーマで記事を書いていきます。 ここからはエンターテインメントとして読んでくださいね。 僕の完全な妄想だということを理解しておいてください。 ユーロ円が必ずその通りになるということではないので 【本記事の内容】• ユーロ円を予想して見ました「2021年と2023年が怪しい」• まとめ 上記2つで記事を書いていきます。 ユーロ円を予想して見ました「2021年と2023年が怪しい」 ユーロ円の月足チャートです、 2008年7月の高値を軸として下降型ペナントを形成中と見ます。 注目すべきは、紫四角の箇所になります。 ここは2021年から2022年に当たります。 上下どちらかにブレイクするのが紫四角の箇所になるのですが、僕の場合だともう少し手前でブレイクするのが理想的だと思ってます。 しかし、今回のチャートパターンは下降型ペナント。 このパターンだとトレンドラインの先っぽの方でブレイクすることがあるというのが僕の考えです。 なので、いつもよりブレイク箇所が先だなと違和感を持たれた人もいるかと。 下にブレイクするのが2022年なので、これなら過去記事に書いたドル円・ポンド円とも繋がります。 目標値はいくらか 高値の2008年の170円から2012年の94円を引くと66円となりますね。 ブレイク箇所が2023年の始めと取ると119円から下降トレンド入りになります。 そして、そこから66円を引くと……。 ユーロ円:53円……。 53……。 これはエンターテインメントとして読んでくださいね。 僕の完全な妄想だということを理解しておいてください。 ユーロ円が必ずその通りになるということではないので 僕の感想を正直に言うと、ちょっと現実味がないな……と思います。 2009円のリーマンショックのニュージーランド円でも40円台。 オージー円でも50円台。 今回のユーロ円予想はそれを上回る……。 これからリーマンショック以上の大暴落が来るとよく耳にしますけど、ユーロ円が53円は、正直どうでしょうかね。 いつも自信はないですけど、今回はそれに輪をかけて自信がないですね。 再三言ってますけど、これは僕の完全な妄想、幻ですので信用しないようにお願いします。 もう1つの予想 今回もポンド円予想と同じように、もう1、予想を立てました。 それが下記の画像です。 高値は2008年の7月です。 そこから右肩下がりのトレンドラインを引きました。 次にサポートラインのを引きました。 ここが先ほどのチャートパターンと違うところです。 起点は2020年5月の安値、114円60銭辺りです。 紫四角の印が付いているブレイク箇所が2022年の後半から2023年にかけてになります。 下降型ペナントを完成させると下に大きくブレイクすることになります。 ただし、2012年の安値が待っているので一旦ここで止まるというのが僕の見立てです。 ここからは余談として聞いて下さいね。 では、2012年の安値で反発したとして、そこにサポートラインを引くレートはそう動くか? 下記の画像をどうぞ。 右肩下がりのトレンドラインは変わらず、2012年の安値にサポートラインを引くことになります。 紫四角でブレイクすると仮定するなら日柄予想は2027年後半から2028年中頃にかけて下に大きくブレイクすることに。 目標値をざっくり計算すると、40円。 ユーロ円:40円……。 さすがに、40円はネタ過ぎます。 よってこのプランは「なし」 日柄にしてもドル円、ポンド円とのずれが大きいので駄目ですね。 なので、こちらは破棄しました。 話を戻します。 目標値はいくらか 今回の高値は2014年12月の値を使います。 ここが150円。 サポートラインの起点に使った値、114円を取り、出た数値は36円です。 下にブレイクする数値も114円なので、そこから36円を引きます。 ユーロ円:78円 先ほどの53円にくらべれば78円はありそうな数値です。 今回の2つの予想は、ともに2022年という日柄予想です。 先日のドル円、ポンド円予想も2022年が出てきます。 ちなみに、下記の2は【過去記事】になります。 興味があれば一読を。 【過去記事】 【過去記事】 まとめ ユーロ円予想は以上になります。 ユーロ円は2022年以降の動きに注意• ユーロ円は100円を割る• ユーロ円、目標値は78円 こういった予想です。 これはエンターテインメントとして読んでくださいね。 僕の完全な妄想だということを理解しておいてください。 ということで今回は【為替】ユーロ円を予想して見ました「2021年と2023年が怪しい」というテーマで話してみました。 参考になれば幸いです。 最後まで読んでくれてありがとう。 それでは、素敵なトレードライフを。 これで本記事は以上です。 ちょっと質問。 ちょっと質問。 これまで、ドル円・ポンド円・ユーロ円と予想をしてみましたけど、どうでしたか?参考になりますかね? トレンドラインとかサポートラインの見方だけでも分かったと思うんですけど。 もし、他の通貨とかの予想を見たいという人がいれば、ツイッターの「いいね」ボタンを押してもらえれば嬉しいです。 他通貨も予想してみようと思います。

次の

ドル円予想 2020、2021、2022

為替予想 2020 2021

ドル円為替予想 日別 日 曜日 最低 為替 最高 7月17 金 105. 05 106. 65 108. 25 7月20 月 105. 03 106. 63 108. 23 7月21 火 105. 39 106. 99 108. 59 7月22 水 105. 10 106. 70 108. 30 7月23 木 105. 04 106. 64 108. 24 7月24 金 104. 77 106. 37 107. 97 7月27 月 104. 93 106. 53 108. 13 7月28 火 104. 82 106. 42 108. 02 7月29 水 104. 81 106. 41 108. 01 7月30 木 104. 86 106. 46 108. 06 7月31 金 104. 38 105. 97 107. 56 8月03 月 104. 74 106. 33 107. 92 8月04 火 105. 09 106. 69 108. 29 8月05 水 105. 15 106. 75 108. 35 8月06 木 105. 27 106. 87 108. 47 8月07 金 105. 78 107. 39 109. 00 8月10 月 105. 40 107. 01 108. 62 8月11 火 105. 44 107. 05 108. 66 8月12 水 105. 35 106. 95 108. 55 8月13 木 105. 31 106. 91 108. 51 8月14 金 104. 99 106. 59 108. 19 8月17 月 104. 96 106. 56 108. 16 8月18 火 104. 97 106. 57 108. 17 8月19 水 105. 48 107. 09 108. 70 7月17日 金曜日 のドル円見通し: 為替レート 106. 65、 最高 108. 25、最低 105. 7月20日 月曜日 のドル円予想: 為替レート 106. 63、 最高 108. 23、最低 105. 7月21日 火曜日 のドル円見通し: 為替レート 106. 99、 最高 108. 59、最低 105. 7月22日 水曜日 のドル円予想: 為替レート 106. 70、 最高 108. 30、最低 105. 第一週 7月23日 木曜日 のドル円見通し: 為替レート 106. 64、 最高 108. 24、最低 105. 7月24日 金曜日 のドル円予想: 為替レート 106. 37、 最高 107. 97、最低 104. 7月27日 月曜日 のドル円見通し: 為替レート 106. 53、 最高 108. 13、最低 104. 7月28日 火曜日 のドル円予想: 為替レート 106. 42、 最高 108. 02、最低 104. 7月29日 水曜日 のドル円見通し: 為替レート 106. 41、 最高 108. 01、最低 104. 第2週 7月30日 木曜日 のドル円予想: 為替レート 106. 46、 最高 108. 06、最低 104. 7月31日 金曜日 のドル円見通し: 為替レート 105. 97、 最高 107. 56、最低 104. 8月3日 月曜日 のドル円予想: 為替レート 106. 33、 最高 107. 92、最低 104. 8月4日 火曜日 のドル円見通し: 為替レート 106. 69、 最高 108. 29、最低 105. 8月5日 水曜日 のドル円予想: 為替レート 106. 75、 最高 108. 35、最低 105. 第3週 8月6日 木曜日 のドル円見通し: 為替レート 106. 87、 最高 108. 47、最低 105. 8月7日 金曜日 のドル円予想: 為替レート 107. 39、 最高 109. 00、最低 105. 8月10日 月曜日 のドル円見通し: 為替レート 107. 01、 最高 108. 62、最低 105. 8月11日 火曜日 のドル円予想: 為替レート 107. 05、 最高 108. 66、最低 105. 8月12日 水曜日 のドル円見通し: 為替レート 106. 95、 最高 108. 55、最低 105. 第4週 8月13日 木曜日 のドル円予想: 為替レート 106. 91、 最高 108. 51、最低 105. 8月14日 金曜日 のドル円見通し: 為替レート 106. 59、 最高 108. 19、最低 104. 8月17日 月曜日 のドル円予想: 為替レート 106. 56、 最高 108. 16、最低 104. 38 108. 59 105. 97 -1. 43 109. 00 105. 00 -2. 61 106. 77 105. 19 -2. 25 107. 43 105. 84 -1. 85 107. 01 105. 43 -2. 32 106. 46 104. 89 -2. 03 106. 17 104. 60 -3. 72 105. 84 104. 28 -3. 98 105. 08 103. 53 -4. 36 106. 50 104. 93 -2. 45 106. 61 105. 03 -2. 03 108. 25 106. 65 -1. 65 106. 65 104. 21 -3. 16 106. 30 104. 73 -3. 13 106. 27 104. 70 -3. 20 104. 70 101. 73 -5. 62 103. 68 102. 15 -5. 23 103. 29 101. 76 -5. 76 105. 70 104. 14 -3. 50 104. 14 101. 02 -6. 03 103. 07 101. 55 -5. 35 102. 37 100. 86 -6. 86 104. 86 103. 31 -4. 01 104. 09 102. 55 -5. 08 105. 18 103. 63 -4. 63 107. 02 105. 44 -2. 40 106. 54 104. 97 -2. 97 109. 56 107. 94 0. 94 109. 16 107. 55 -0. 44 107. 55 105. 02 -2. 34 105. 02 101. 87 -5. 38 103. 44 101. 91 -5. 49 102. 53 101. 01 -6. 56 103. 62 102. 09 -5. 09 105. 94 104. 37 -3. 55 105. 67 104. 11 -3. 62 104. 11 102. 15 -5. 03 105. 13 103. 58 -4. 49 104. 59 103. 04 -4. 49 104. 59 103. 04 -4. 14 103. 18 101. 66 -5. 24 103. 30 101. 77 -5. 24 101. 77 98. 72 -8. 72 102. 33 100. 82 -6. 82 105. 40 103. 84 -3. 84 108. 56 106. 96 -0. 23 106. 96 104. 80 -2. 62 107. 80 106. 21 -1. 41 106. 55 104. 98 -2. 30 104. 98 101. 83 -5. 当月始値 107. 94、最低 104. 38、当月最高 108. 平均 106. 月末 105. 変更 -1. 2020年8月のドル円予想。 当月始値 105. 97、最低 103. 43、当月最高 109. 平均 105. 月末 105. 変更 -0. 2020年9月のドル円見通し。 当月始値 105. 00、最低 103. 61、当月最高 106. 平均 105. 月末 105. 変更 0. 2020年10月のドル円予想。 当月始値 105. 19、最低 104. 25、当月最高 107. 平均 105. 月末 105. 変更 0. 2020年11月のドル円見通し。 当月始値 105. 84、最低 103. 85、当月最高 107. 平均 105. 月末 105. 変更 -0. 2020年12月のドル円予想。 当月始値 105. 43、最低 103. 32、当月最高 106. 平均 105. 月末 104. 変更 -0. 2021年1月のドル円見通し。 当月始値 104. 89、最低 103. 03、当月最高 106. 平均 104. 月末 104. 変更 -0. 2021年2月のドル円予想。 当月始値 104. 60、最低 102. 72、当月最高 105. 平均 104. 月末 104. 変更 -0. 2021年3月のドル円見通し。 当月始値 104. 28、最低 101. 98、当月最高 105. 平均 103. 月末 103. 変更 -0. 2021年4月のドル円予想。 当月始値 103. 53、最低 103. 36、当月最高 106. 平均 104. 月末 104. 変更 1. 2021年5月のドル円見通し。 当月始値 104. 93、最低 103. 45、当月最高 106. 平均 105. 月末 105. 変更 0. 2021年6月のドル円予想。 当月始値 105. 03、最低 105. 03、当月最高 108. 平均 106. 月末 106. 変更 1. 2021年7月のドル円見通し。 当月始値 106. 65、最低 102. 65、当月最高 106. 平均 105. 月末 104. 変更 -2. シェア ドル対日本円における為替レートの推移 通貨取引には、様々な要因が複雑に絡みあっています。 各国ごとの数値を比較し、その通貨に影響を与えているとされる、通貨以外の別の要因に目を向ける必要があります。 過去30年間のドル対円相場の動きほど、複雑なものはありませ ん。 金利の変動 金利が高いほど通貨は強くなります。 金利が高いと、外国人投資家は、その国に投資することで高いリターンを得られます。 日本は歴史的にも、金利の低い国です。 1972年から2020年までの日本の金利は平均2. このように米国通貨は常に強いポジションを維持しており、周期的な金利変動が起きるたびに、両国の為替レートにも影響を及ぼしています。 安定性 政治情勢が安定している政府は、多くの投資家を惹きつけるため、その国の通貨は強くなります。 米国と日本は、どちらも政治的に安定しています。 両国にみられる僅かな為替レート変動の違いは、経済の安定性に関係しています。 世界の貿易 は米ドルで取引されており、これが米ドルが日本円よりも優位となる要因です。 その一方で、様々なリスクやマーケット変動に伴い、ドルに対する優劣も変わります。 円はドルよりも安全だと考えられています。 経済成長 より強い経済が、より強い通貨に結びつきます。 自国の通貨を強くしたい政府は、雇用創出、投資拡大、輸出増加などの政策を打ち出します。 先に示した曲線は、両国の定期的な経済成長に伴う、米ドルと日本円の推移を表したものです。 日本経済はかつて、かなり繁栄していました。 1990年に不動産市場と株式市場が崩壊するまで、経済成長は続きました。 過去数年間に、日本で最も高い成長率は2017年の2. 同時期の米国と比較すると、米国は1990年1. インフレ率の変動 インフレ率が高くなると、外国為替市場での通貨は弱くなります。 1990年のインフレ率は、日本は3. その年のドル対円相場は、年末までに1ドル160円から135円にまで下落しています。 2000年のインフ レ率は日本は-0. 8円にまで下がっています。 10年後の2010年、日本のインフレ率は0. 78円まで下落しました。 現在のインフレ率は、日本0. このことから言えることは、インフレ率は為替レートに影響を与えるものの、それ以外の様々な要因も関係していることを明らかにしています。 輸出入の動向 輸出額が輸入額を下回ると、その国の通貨は弱くなります。 これは貿易赤字と呼ばれ、中国のように自国通貨を強くし「仕事を家に持ち帰る」国と米国との間で、近年繰り広げられている貿易戦争の原因となっています。 日本は自動車、工業用 品、その他関連部品など、アメリカへの輸出量を増やしています。 現在、日本の対米貿易収支は685億ドルの黒字、サービス収支は105億ドルの赤字となっています。 78円でした。 対外債務状況の変化 ほとんどの国家は赤字で運営しています。 けれども、対外債務が増えると、投資家に懸念を与えます。 莫大な対外債務と公的債務がインフレを加速させています。 米国は、世界で最も多くの対外債務を抱えています。 2020年には、財政赤字が3. 8兆ドルに達するのではないか、と言われています。 この米国債務のほとんどを所有しているのが、日本と中国です。 日本も自国の対外債務を抱えており、現 在では5. 4兆にまでのぼっています。 結論 過去のチャートは、両国の通貨は、過去20〜30年前まで、ほぼ安定した為替レートだったことを示しています。 僅かにみられる変動は、米国と日本間の金利、経済成長率、貿易収支の変動によるものでした。

次の

トルコリラ円予想 2020、2021、2022

為替予想 2020 2021

1 %、 2020 年度 0. 1 %、 2021 年度 1. 0 %を予想 >• 1%)へと下方修正された。 GDP2次速報の結果を受けて、2月に発表した経済見通しを改定した。 1%、2020年度が0. 1%、2021年度が1. 0%と予想する。 2%下方修正した(2021年度は0. 1%上方修正)。 2%と2四半期連続のマイナス成長になると予想する。 景気は2018年秋頃をピークに後退局面入りしている公算が大きい。 2020年度入り後は、新型コロナウィルスの終息を前提として東京オリンピックが開催される夏場にかけて高成長となるが、年度後半はその反動で景気の停滞色が強まる可能性が高い。

次の