トゲキッス 育成。 トゲキッス

【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

トゲキッス 育成

Contents• トゲキッス基本情報 トゲキッス 妖 飛 種族値 HP 85 攻撃 50 防御 95 特攻 120 特防 115 素早さ 80 特性 てんのめぐみ 技の追加効果の発生率が2倍になる。 はりきり 『こうげき』が1. 5倍になるが、物理攻撃の命中率が0. 8倍になる。 弱点技をくらって耐えるよう耐久を上げたいため、HPに努力値を252振り、あまりの4を特攻に振っています。 立ち回りとしては、基本的にダイマックス化し耐久を上げ、相手の抜群の攻撃を受け弱点保険により火力アップします。 またダイジェットにより素早さを上げ、全抜きを狙います。 トゲキッスで対処しづらい相手の場合、バトンタッチにより後続に能力変化を託し、バトン先のポケモンで全抜きを狙います。 具体的な立ち回りを以下にまとめていきます。 具体的な立ち回り 対水 その他 ロトム 流行っているウォッシュロトムと対面の場合を考えます。 トゲキッス の行動としては、退いて後続に交代するかダイマックスをするかです。 ダイマックスをすれば、眼鏡ロトムの10万ボルトを2発を76. 相手の読みミスで、トゲキッスの技が通る相手にボルチェンで交代された場合等はトゲキッスの攻撃ごり押しでも良いかもしれません。 ちなみに、ダイジェット+弱点保険発動後のダイフェアリーで、ダイマックスしてきたH4ロトムですら倒すことはできないので、ロトム相手に居座る際は注意しましょう。 対バンギラス バンギラスについて、弱点保険を持った型が流行っているそうなので、弱点保険バンギラスを想定します。 対面の場合、トゲキッスがダイマックス化してマジカルシャインを打ったとしても、6割程度しか入らず、相手がダイマックス化してきた場合は3割程度しかダメージを与えられません。 相手がダイマックスしてこようがしてこまいが、相手の弱点保険が発動し砂ダメ込みでストーンエッジでトゲキッスは一撃で倒れます。 また、相手の弱点保険を発動させないように、ダイジェット又はダイバーンを打ち、相手のダイロック 元ストーンエッジ を受け弱点保険を発動させた後、ダイフェアリーを打っても、ダイマックス化したバンギラスは倒せないので、基本的にバンギラスと対面したらダイマックせずに逃げます。 しかし、相手がすでにダイマックスを使っており、バンギラスがダイマックスできない場合は、ダイジェットorダイバーンからの相手の抜群の攻撃を耐え弱点保険を発動させ、その後のダイフェアリーで落ちるので、その場合は居座るのもありかと。 対面ではなく、相手の後ろにバンギラスがいると予測できて、交代出ししてくると考えられる場合は、ダイマックスしてまずダイジェット 砂ダメがきつい場合はダイバーン を打ちます。 次のターンにもダイジェットを打ち、相手のダイロックを受け ダメージは7割程度 弱点保険を発動させます。 そして、ダイマックス最後のターンにダイウォールを打ち、相手の攻撃を防ぎ、ダイマックス終了後、バトンタッチでバンギラスに強いアタッカーを繰り出します。 バンギラスがいる場合の立ち回りの一例としてはこんな感じですが、選出の時点で相手にバンギラスがいる場合は、トゲキッスは動きづらいため、選出するならバンギラスの対処法はしっかり考えておく必要がありそうです。 対ドリュウズ 対ドリュウズに関しては、耐久を上げていない型 H4A252補正無を想定 と上げている型 H252チョッキを想定A補正無 がよくいそうなので、その2パターンについて考えます。 トゲキッスより早く動くためには、素早さに補正を掛ける必要あり。 後者の場合、能力値上昇を後続に繋ぎたい場合と、トゲキッスが倒れても相手に大ダメージを与えておきたい場合の2通りの選択肢があります。 能力値上昇を後続に繋ぎたい場合は、ダイマックスと同時に、ダイウォールを打ちます。 次のターンに相手のアイアンヘッドを受け弱点保険を発動し、ダイジェットを打ちます。 このダイジェットのダメージの入り具合から、相手が耐久を上げている型か上げていない型かを判断します。 ダイジェットの追加効果で素早さがあがるため、次回からは相手より速く動けます。 耐久を上げていない型ならダイバーンで倒せるのでダイバーンを打ち、 耐久を上げている型の場合なら、ダイバーンでダメージを入れるだけいれて次の相手の攻撃でトゲキッスが倒れるか、ダイウォールを打ち、ダイマックス終了後バトンタッチで後続に繋ぎます。 2 32. 4 64. 7 37. 実際に使用した感想 育てたもののまだまだ実践であまり使えていないので、今後気づくことがあれば随時追加していきます。 Switch動画キャプチャ環境が整えば、いづれ動画も上げていこうかと。 まとめ 弱点保険トゲキッスの育成論について、具体的な立ち回りについて考察してきました。 紹介してきた立ち回りについてはダメージ計算から想定できる仮説で、実際にそういう場面に出会った訳ではないので、抜けてる観点があるかもしれません。 今後、実際に使用する中で気づき次第修正や追記をして行く予定です。 鵜呑みにせずあくまで参考程度に読んでもらえると嬉しいです。

次の

【ポケモン剣盾】トゲキッスの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

トゲキッス 育成

どうも、しんま13です。 ポケモンソードシールドのランクマッチにおいて白い悪魔と呼ばれる「トゲキッス 」。 トゲキッスは常に環境トップに君臨しており、その理由は優秀な種族値に加えて、タイプ一致でダイジェットを放つことができ、なおかつ特性もぶっこわれ性能のためです。 本記事ではそんなトゲキッスの環境に存在する型を全て紹介します。 情報元は、上位勢の構築記事と、筆者が対戦で当たった型を参考にしています。 多分ほとんどの型が網羅できているのではないかと思います。 これからトゲキッスを使いたい人、トゲキッスを対策したい人はぜひとも参考にしてください。 トゲキッスの基本データ(種族値や特性など) まずはトゲキッスの基本的なデータをみていきましょう。 使わない種族値を除けばほぼ600属並の種族値を誇り、素早さもそこそこ高い上にダイジェットで自身の素早さを上げることができるので一度加速すると止めることが困難になる最強のポケモンです。 火力もある上に耐久も並以上あるので、努力値を一切耐久に振らなくてもどんな相手の攻撃も1発は耐える性能を持っています。 しかも特性「てんのめぐみ」と「きょううん」がどちらも強力。 てんのめぐみは追加効果の発生率が2倍になるため、エアスラッシュが60%の確率でひるむ最強技になり、おそらくランクマッチをやってる人はこのエアスラひるみに苦汁を飲まされてきた人は大勢いるでしょう。 一昔前は、電磁波で麻痺させた後にひたすらエアスラでひるませる、通称「まひるみ」戦法が横行したこともありました。 かくいう筆者もつい最近このまひるみトゲキッスに完封されました。 もう一つの特性「きょううん」もチート特性です。 ダイマックスエースとして使うなら特性はきょううんにした方がいいかもしれません。 このように、種族値、特性、技、ダイマックス性能の高さ、どれを取っても最強レベルのポケモンなのです。 それではトゲキッスの型を紹介していきましょう。 そしてトゲキッスの技構成も基本はこの4つがテンプレになります。 基本はダイマックス前提運用で、ダイジェットを積み相手を破壊していくという型。 ダイマックスが切れた後もエアスラひるみで運勝ちを狙いにいけます。 ダイマックスしても強いし、ダイマックスしなくても強いです。 また、持ち物をラムのみではなく弱点保険を持たせる保険加入型も一定数存在します。 珠を持たせることで予想外の火力を出すことができ、一度加速すると止まらなくなります。 凄まじく強いのですが、筆者が使ってて思った欠点としてはフルアタック構成故に、ダイウォールが使えないのが少しばかり痛かったです。 したがって自由枠でもある) スタンダード型と技構成、性格共に一緒ですが、特性をきょううんにしてピントレンズを持たせることにより、50%の確率で急所を狙えるというぶっこわれ性能を持った型です。 筆者が相手してて一番嫌な型なのでかなり強いと思います。 急所は相手の壁や能力ランク上昇を無視できるのが非常に強いポイントですね。 ダイジェット一回で相手のドラパルト抜き調整で、残りは耐久に振るという努力値構成。 耐久に振る理由は、相手の攻撃を1発耐えて悪巧みをするためです。 Cに30しか努力値を振っていないため実数値は144なので、悪巧みを積まないと火力不足感は否めません。 なのでオーロンゲなので壁展開をするなどして、悪巧みを積む猶予を持たせないとダイマックス時の撃ち合いで負けてしまうことが多々あります。 そのため、筆者は悪巧みをしなくても火力を出せるようにラムのみではなくするどいくちばしを持たせて、ダイジェットの火力を上げるようにしています。 いろいろなキッスを試しましたが無難に一番強かったと思います。 【トゲキッスの型5】スカーフorメガネキッス スタンダード型と努力値構成、特性、全て一緒で、持ち物がスカーフかメガネになっただけです。 悪巧みの枠がトリックになっています。 スカーフを持たせることでどんなポケモンに対しても上からエアスラッシュでひるませることができ、耐久ポケや詰みポケに対してはトリックで機能停止に追い込むことができます。 スカーフキッスはダイマックスはあまり切らず、大体初手で投げてきてエアスラッシュを連打してくる人が多いです。 シーズン4あたりから個体数を増やした印象です。 以下は構築記事。 参考記事: シーズン4でも最終295位を達成した方が使っていましたね。 参考記事: 役回りとしては、 ・身代わりで相手のダイマックス枯らし ・自分より遅い相手を電磁波身代わりエアスラでハメる の2つ。 努力値調整意図は、構築記事によれば、 ・食べ残しHP回復最高効率 ・特化ドラパルトの命の珠ダイスチル確定耐え ・A振ってないカビゴンののしかかりを身代わりが耐えることがある ・最速バンギラス・ラプラス抜き とのことです。 冒頭でもちらっと書きましたがつい最近筆者もこのトゲキッスにハメられて負けました。 絶対的に有利な立ち回りができたのに、エアスラと麻痺で一回もギルガルドが動かず敗北。 一回でも動いていればラスターカノンで倒せたのに・・・。 あまりにもむかつきすぎてSwitchを破壊するとこでした。 絶対流行って欲しくない型ですね。 参考記事: 基本的にトゲキッス はカビゴン、ドリュウズ、ミミッキュなどの物理アタッカーを苦手とし、ドラゴンタイプに対して無類の強さを誇るというポケモンです。 そこでアッキのみを持たせてBに努力値を振ることで、役割対象をずらすのがこのアッキのみ型トゲキッス。 ダイバーンで天候を晴れにすることで朝の陽ざし回復量が増えるのもグッド。 HBにここまで厚くするとドリュウズのアイアンヘッドを確定耐えし、A無振りカビゴンのヘビーボンバーはアッキのみ込みで2発耐えます。 Sは4振りロトム抜き、無振り80属抜き調整。 (素早さ種族値が87のポケモンまで抜ける調整) かなりユニークな型故に読まれることはまずなく、実際結果も出ている型なので、変わったトゲキッスを使いたい方にはおすすめです。 トゲキッスは初心者が使っても強い 最強技ダイジェットを放つトゲキッス トゲキッスはよくチンパンポケモンと言われたりしますが、その理由は初心者が使っても強いからでしょう。 一度悪巧みを積んでしまえばダイジェットで全抜きをすることが可能で、ダイマックスを切らずともエアスラひるみ運ゲを仕掛けることができるので、本当何も考えなくても勝ててしまう性能を誇っています。 なので、ランクマッチで勝ちたいのであれば、トゲキッスは一度使ってみてください。 そうすればトゲキッスの強さ、そしてトゲキッスの弱点も知ることができるので対策する側にも回れます。 【トゲキッス対策】どうやってあの白い悪魔を止めるのか トゲキッスは最強のポケモンの一体ではありますが、そんなトゲキッスを止める方法は、 ・タイプ相性で押し切る ・トリックルーム展開 ・チョッキ持ちのポケモンで殴り合う の3つです。 タイプ相性だとドリュウズやドサイドンはトゲキッスに対して圧倒的に有利です。 ドリュウズはそもそもトゲキッスより早いですし、タスキを持たせれば2回の行動保証で確実にトゲキッスを仕留めることができます。 ドサイドンの場合は、そもそもトゲキッス側からの有効打が基本ないので押し切れます。 (ただ相手が命の珠を持っている場合くさむすびを警戒しなくてはいけない) そのほかだとヒートロトムもトゲキッス対策におすすめ。 理由は、トゲキッス側がヒートロトムに通せる技がなく、こっちの電気技が2倍で通るため。 もう一つはトリックルーム展開。 ダイジェットを積まれたトゲキッスを止めるのは至難の技ですが、そこで素早さ関係を逆転させるトリックルームが活きてきます。 代表的なトリル要員はミミッキュ。 化けの皮で相手の攻撃を1発耐えトリルでダイジェットを無効化させ裏のエースにつなげるという立ち回り。 最近自分が考えた対キッス用「耐熱ドータクン」は、耐熱で相手のダイバーンを1発耐えトリルを展開し、てっていこうせんで退場し裏のエースにつなげるという戦法。 (ドータクンに弱点保険を持たせて己自身がアタッカーになるという戦法も強いです) 三つ目はチョッキ持ちのポケモンで殴り合うという対策方法。 おすすめのチョッキ持ちポケモンはカビゴン。 カビゴンは元々D種族値が110あるので、HとD無振りでもチョッキを持たせることで、悪巧みを一回積んだトゲキッスですら受け切ることが可能になります。 以上の3つがトゲキッス対策方法になります。 トゲキッス対策にお悩みの方は参考にしてください。 マイナーポケモンを活躍させたいならまずはメジャーから 筆者は当初マイナーポケモンで勝ちたいと考えマイナーポケモンばかりを使っていました。 しかし、当然勝てない。 マイナーポケモンの活かし方もメジャーポケモンの対策もわかっていなかったからです。 「メジャーポケモンなんて使いたくない!」 そう考える人は多いかと思います。 しかし、マイナーポケモンを活躍させたいならまずはメジャーポケモンを使ってみるべきです。 その理由は、メジャーポケモンを使うことでメジャーポケモンの弱点や対策がわかり、そこで得た知見をマイナーポケモンに活かせるからです。 金銀で登場した四天王の1人「カリン」は言いました。 強いポケモン、弱いポケモン、そんなの人の勝手。 本当に強いトレーナーなら 好きなポケモンで勝てるように頑張るべき この名言をどう解釈するかは人次第ですが、自分はメジャーポケモンを知ることこそが好きなポケモンで勝てるようになるコツだと解釈しています。 ではでは。 以上、【ポケモン剣盾】環境に存在するトゲキッスの型を全て紹介する(多分)... でした。 【育成論】 youkenwoiouka.

次の

【ポケモン剣盾】トゲキッスの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

トゲキッス 育成

トゲキッスの基本データ HP 85 タイプ フェアリー こうげき 50 ひこう ぼうぎょ 95 特性 はりきり とくこう 120 てんのめぐみ とくぼう 115 夢特性 きょううん すばやさ 80 トゲキッスの特徴 高い耐久と豊富な補助技 トゲキッスはHP、防御、特防がすべて高水準であり、 HP振りだけでドリュウズの「アイアンヘッド」やウォッシュロトムの「10まんボルト」などのタイプ一致弱点技を耐えることができるほどです。 加えて補助技も豊富で、 「このゆびとまれ」、「てだすけ」、「しんぴのまもり」などで味方を守ったり強化する技や、「 あくび」、「でんじは」、「アンコール」などの相手を妨害する技を使えるため、サポート役として優秀なポケモンです。 裏をかいたアタッカー型も強力 「このゆびとまれ」などの補助技を使うことで有名なトゲキッスですが、 特攻の種族値が120もあるためアタッカーとして使うのも強力です。 厄介なトゲキッスを処理するために 弱点を突こうとしてきたところに、じゃくてんほけん持ちのトゲキッスをダイマックスさせて反撃することができます。 トゲキッスの技 有用な攻撃技 マジカルシャイン タイプ一致技。 全体技なので削りとして優秀。 エアスラッシュ タイプ一致技。 特性のてんのめぐみと合わせることで相手を6割の確率で怯ませることができます。 かえんほうしゃ 苦手なはがねタイプへの打点。 命中安定なのが強み。 だいもんじ かえんほうしゃでは火力が足りない場合に。 ねっぷう 相手2体を攻撃可能なほのお技。 かえんほうしゃ、だいもんじと選択。 はどうだん かくとう打点が欲しい場合に。 対バンギラスピンポイントになりがちなので優先度は低め。 しんそく 先制技。 火力は低いがきあいのタスキ潰しとして優秀。 あくび ダイマックスポケモンや積み技を使うポケモンなどの交代したくない相手に打つのが強力な技。 てだすけ 味方の火力を上昇させる、汎用性の高い補助技。 しんぴのまもり 「おにび」や「あくび」の対策として。 わるだくみ アタッカー型の選択肢として。 まもる 耐久が高く集中攻撃されやすいため、そこに「まもる」を合わせられると強力です。 「このゆびとまれ」で相手の攻撃を引き寄せている隙にドラパルトの「りゅうのまい」 やドリュウズの「つるぎのまい」 といった強力な積み技を使い、全抜きを狙います。 「あくび」は相手のダイマックスポケモンに打つのが強力で、相手にダイマックスターンが残ったポケモンを引っ込めるか眠らせるかの二択を迫ることができます。 はがねタイプのドリュウズの使用率が高いため、ドリュウズの「ダイスチル」を耐えるために持ち物は リリバのみを持つのが主流になっています。 パーティや好みに合わせて選択しましょう。 そこで刺さるのがこのじゃくてんほけん型トゲキッスです。 相手が弱点を突いて倒しに来たところをダイマックスの耐久上昇によって耐え、じゃくてんほけんを発動させて返り討ちにします。 また、このときに 「ダイジェット」を打って素早さを上げることで、圧倒的な制圧力を誇ります。 無対策だと何もできずに負けてしまうため、 対策必須の並びです。 ドリュウズ 「このゆびとまれ」をしながら「つるぎのまい」を積み、ドリュウズで全抜きを狙う並びです。 トゲキッスが飛行タイプであるため「じしん」が打ちやすいこと、トゲキッスが苦手なはがねタイプに対してドリュウズがじめん技を打てることなどタイプ面でも相性がいいです。 相手のダイマックスポケモンに対してあくびを入れられる他、苦手なかくとうタイプのポケモンに対して打点があるためカビゴンを動かせる隙を作りやすいです。 トゲキッスの対策 ドリュウズ トゲキッスに有利なはがねタイプであり、素早さもドリュウズのほうが上です。 現在のトゲキッスはリリバのみorダイマックスじゃくてんほけん型のどちらかがほとんどであるため、 「つるぎのまい」で攻撃を上げてから「ダイスチル」で確実に1発で倒すのがおすすめです。 ヒヒダルマ いじっぱりヒヒダルマの「つららおとし」はずぶといHBトゲキッスを1発で倒すことができます。 ただし、ダイマックス型には耐えられてしまうため注意が必要です。 トリックルーム役には サマヨールがオススメです。 型がわかりづらい トゲキッスの持ち物を特性の「おみとおし」で確認することができます。 さいごに トゲキッスの育成論と対策について紹介しました! 非常に強力で使用率の高いポケモンなので、より強い使い方や対策の仕方などの考察に役立てば嬉しいです。 ダブルバトルメイン。 ウインディ、ウツロイドが好き。 ポケモンカードもプレイしており各地のチャンピオンズリーグに遠征しているが、毎回敗退しているため「旅行が趣味」という設定にしている。 <ゲーム部門> 全国大会 2017~2019出場 WCS2017 Day2出場 WCS2019 Day1出場 <カード部門> 2019シーズン:住所を登録し忘れてプレイヤーズセレモニーが届かない 関連する記事• 2019. 12 レンタルチームID:0000 0000 1HW3 M3 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…]• 2020. 09 目次 1. ナットレイの基本データ2. ナットレイの特徴2. 優秀なタイプと耐久2. 強力な […][…]• 2020. 21 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成3. ミミッキュ3. ミロカロス3. ナット […][…]• 2020. 01 目次 1. はじめに2. ダブルバトル シーズン4上位30人3. 情報ソース3. 1位 ビエラ3 […][…]• 2020. 02 レンタルチームID:0000 0000 V8XB TY 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 個別 […][…].

次の