フジ アナウンサー フリー。 女子アナ年収ランキング|アナウンサー給料・月給一覧|フリー

女子アナ年収ランキング|アナウンサー給料・月給一覧|フリー

フジ アナウンサー フリー

来歴 [ ] 出身で、に父親の勤務に伴いのに1年間居住後に帰国する。 中学在学時にエクスィード・アルファ・インターナショナルからスカウトされ、モデルを務める。 に『』で「」の一員を務めたのちに『』の専属モデルを務め、のテレビドラマ『』に準レギュラー、のCM、それぞれに出演した。 、、、法律学科、それぞれを卒業後、4月にに入社し、元として耳目を集めた。 4月3日から『』でキャスターを務め、映画『』に出演した。 中学と高校在学時に課外活動でを経験したことから、2007年の情報番組『ワールドカップバレーへの道』に、と出演し、「バレーボール3人娘」として広報活動した。 5月17日から6月8日まで「2008世界最終予選」をフジテレビとが共同中継し、5月30日放送の『の』、『』、『』にとともに出演した。 2月1日、を2時間22分32秒で完走 した。 2009年3月22日開催の「」に『すぽると! 』枠で出場し、5時間1分35秒で完走した。 2009年4月5日から『』でキャスター を務め、後継番組『』も出演した。 「2012バレーボール世界最終予選」の広報活動で、5月20日にTBS『』と『行くぞロンドン! 2012ロンドン五輪バレーボール世界最終予選』、5月19日にフジテレビ『』に、TBSテレビアナウンサーのとともに出演した。 フジテレビ編成制作局バラエティ制作センター勤務のディレクターと結婚し、9月末に『すぽると! 』を降板してフジテレビを退社する、と2012年7月18日に発表 し、7月19日の『すぽると! 』番組冒頭で自身も報告した。 退社後の当初はで活動したが、1月1日に姉の平井真央が代表取締役を務めるマネジメントオフィス「deJaneiro」に所属した。 4月7日から日曜朝の生ワイド番組『』で自身初のラジオ番組レギュラーを務める。 1月2日放送分から同年12月25日放送分まで、の『』の「15」に新メンバーとしてレギュラー出演した。 フリー転身後、フジテレビ以外で初のテレビ番組レギュラー出演で、アイドル時代以来の本格的なタレント活動となる。 2014年4月期の「・」で、アイドル活動以来11年ぶりに女優業を務めた。 2014年11月2日にを6時間1分24秒で完走 し、初のエッセイ本『楽しく、走る。 』()を5月30日に発売した。 6月25日に妊娠を公表 して10月19日に女児を出産した と公表した。 人物 [ ] は163センチメートルで、姉は平井真央、中学・高校時代はバレーボール部に所属した。 音楽鑑賞、映画鑑賞、洋裁、読書、寝つきが良い昼寝などを趣味とし、映画は「」、「」、「」、「」、「」などを好む。 英語、ピアノ、製菓、英語検定2級、Cカード、普通自動車免許証、(ペンは左、箸は右)などを特技としている。 蜜谷との結婚を機にフジテレビを退社した際、当時の社長からは「平井君はフリーになっても、『すぽると! 』をやってくれると信じていた」と結婚退職を惜しまれた。 のは高校の同級生で、平井は"おはガール"として学内で著名だが、平井は中田の存在を知らなかった。 同期入社 [ ]• (付で退社)• 出演(フリーアナウンサー・第2次タレント時代) [ ] テレビ [ ] 報道番組 [ ]• (2020年4月1日 - 、) - 月~木曜日MC スポーツニュース [ ]• ハイライト(2015年9月11日 - 、) - MC バラエティ [ ]• (2013年2月3日、フジテレビ)• (2013年8月30日、)• TOUCH! WOWOW 2013 ひらけ! 9Doors(2013年11月9日 - 10日、WOWOW) - 司会• (2014年1月2日 - 12月25日、日本テレビ) 番組内コーナー「15」にレギュラー出演。 当初からクビレースを独走し、1年で降板となった。 12月に「ピタリを取れば自腹累積記録クリア」がかかった放映での、ピタリに100円差という成績がハイライトであった。 以降、たびたび出演している。 (2014年4月4日、日本テレビ)• 直前スペシャル(2014年4月13日、テレビ朝日)• ここがポイント!! 池上彰解説塾(2014年4月14日、テレビ朝日)• (2014年4月13日、日本テレビ) - 姉(社長)と姉妹出演。 (2014年6月30日、日本テレビ)• ~(2014年10月21日、TBS) - と共に司会• クイズ昔は当たり前!? (2015年9月12日、TBS) - 司会• (2015年11月19日、フジテレビ)• (2016年4月1日・2019年7月12日、)• 「絶景! 春の瀬戸内」(2016年5月6日 - 13日、) ドラマ [ ]• (2014年4月27日 - 6月22日、TBS) - 花房志保(社長秘書) 役• (2015年12月28日、TBS) - テレビ局スタッフ 役• 第3回(2019年6月1日、NHK) - ニュースキャスター 役 ラジオ [ ]• (、2013年4月7日 - 2017年8月27日)• From RIO to TOKYO(「」内、、2019年9月30日 - 2020年6月26日) CM [ ]• 「エナセーブ」「LEMAN・VEURO」(2013年3月 -)• 「野菜一日これ一本」『これイチ 可能性は〜女子アナ』篇(2013年5月)• 「」『夏の予定編』(2015年7月-・と共演)• 「グランクラブハウス」「グランベーコンチーズ」「グランてりやき」(2017年4月)- レポーター役 18年ぶりの出演。 その他 [ ]• 風とロック LIVE福島CARAVAN日本(2013年) - 公式MC 連載 [ ]• BRUTUS「平井理央のあの人に逢いたい」(2013年1月15日発売号~、マガジンハウス)• ROLa「平井理央のラン! シティ! 」(2014年2月1日発売号~、新潮社)• ソトコト Let's search for SOCIAL DESIGN 「WONDER VISION」(木楽舎) 出演(フジテレビアナウンサー時代) [ ] 過去の担当番組 [ ]• (放送、2005年5月25日-8月24日)(ロボットできるかな? 2005年9月7日-2005年12月7日)• (2005年9月27日放送、レポーター)• (2005年10月18日-2006年3月21日)• 芸能界常識王決定戦スペシャル(2005年10月3日、2006年5月1日、12月25日)アナウンサーチーム• (2005年10月18日-2006年3月21日)• (2005年10月-2008年3月)不定期• 女子アナ部屋(2005年12月27日未明-12月30日未明、2006年1月3日未明-1月6日放送)• Vの女神(2005年12月18日、2006年1月15日、2月26日)• (2005年10月29日 - 2006年3月)• 高校バレー密着365日(2006年8月18日)• 新人アナ研修「川遊び」(2005年8月28日)• 第46回(2009年1月1日)- 「シャボン玉」演目• ボウリング対決進行役(2006年6月19日)• アナウンサー大会(2006年7月6日、7月13日)• ヒーコのファッションチェック 進行役(2006年7月31日)• 」(2006年9月24日、BSフジ)来場客• フジテレビバレーボール中継• バレーボール世界最終予選兼アジア大陸予選大会• フジテレビ柔道中継• キャスター• 2007年 サブキャスター、2009年- 総合進行• エンディングテーマ歌唱(2007年4月-2007年9月)• ザ・ゴールデン(2007年6月2日、11月29日)観覧スタジオ進行担当• ワールドカップバレーへの道(後輩の、と共に出演)• (司会、2008年春-2009年春)• (2008年3月4日-2008年8月19日) 第11回-第13回 白組司会• 、、(2008年5月16日)(女子バレーボール世界最終予選のPR、(元TBSアナウンサー)と共に出演)• (2008年2月10日)支度部屋レポーター• (2008年10月21日、2009年2月14日)• (2008年10月14日、2009年3月3日、2009年4月11日、2009年10月15日)2009年10月15日はテレビドラマ『エナミ君の恋人』で本人役。 (総合司会、2009年4月5日 - 2009年9月20日)• (総合アシスタント、2009年10月25日 - 2010年3月28日)• (2006年11月12日 - 2010年3月21日)不定期出演• 2009年12月17日、2010年8月12日、2010年9月2日)ゲスト出演• すぽると! 大賞2009感極まった瞬間100連発(2009年12月30日)インタビュアー• 10年目突入! すぽると! 増刊号春のレディースデーSP(2010年4月25日)MC• 柔人十色(2010年7月6日-2010年9月21日)ナレーション• 幸せの素(2010年10月1日)• (2007年10月5日 - 2010年10月1日)金曜日担当• 2005年10月4日 - 2007年3月27日「火曜日」担当• 2007年4月2日-9月24日「月曜日」担当• 日曜日(2005年10月9日-2010年10月3日)• メインキャスター• 2006年4月3日 -2008年3月28日「平日」担当• 2008年4月2日 - 2009年3月29日「水曜日 - 日曜日」担当• 2009年3月31日 - 2010年3月27日「火曜日 - 土曜日」担当• 2010年3月29日 - 2011年3月27日「火 - 木・土・日曜」担当• 2011年3月29日 - 2012年9月27日「火曜日 - 木曜日」担当• (2009年10月-)• (不定期) ラジオ [ ]• (、2005年12月5日)• (ニッポン放送、2006年2月)• スーパーゴールデンウィーク ハワイプレゼント企画 CM (2006年4月28日-5月7日)先輩のと共に出演。 (2006年12月9日-2007年1月4日開催イベント)• 『』フジテレビ限定CM(2008年)同僚のと共に出演。 キャンペーン(2008年)()、()、()、()と共に出演。 (2010年)(日本テレビ)、武内絵美(テレビ朝日)、(TBS)、大橋未歩(テレビ東京)と共に出演。 『すらっと』フジテレビ限定CM(2009年)同僚のと共に出演。 出演(第1次タレント時代) [ ] テレビ・ラジオ [ ]• 金曜日担当(、1998年7月 - 1999年3月)• 岩男潤子の小コミ・ナイト(、1998年8月30日)• (、1999年7月22日)• 噂のCMガール(、2000年1月2日)• アイドル総研efe(、2000年1月28日)• 素顔のアイドル(750ch、2000年5月25日)• Jドキュメント750(スカイパーフェクTV! 750ch、2000年7月17日【前半】、7月24日【後半】)• 湘南初恋物語 -Tea Cups-村瀬琴乃役(テレビ東京、2001年12月29日)• 夏・ふるさと絶好調! (、2002年8月3日)• 阿波野萌役(テレビ朝日、2003年4月17日 - 6月26日) 映画・舞台 [ ]• スワンズソング 野宮理恵子役(テアトル池袋 2002年11月9日 - 15日、ノーザンライツメディアコンプレックス) CM [ ]• 『二人で食べようね』(1999年) CD [ ]• OHAガールAPPLE ダンダン de OHA! /coupling FUNKY MORNING(1998年9月4日)• グッドモーニングサンタクロース(1998年12月2日) ゲーム関連 [ ]• ゲーム DVD「Swans Song -」中田志穂役(2002年10月25日)• ゲームDVDフォトブック「Teacups 恋愛ゲームDVD+PhotoBook 別冊」村瀬琴乃役(2002年1月22日)• ゲーム「TERRORS 2」() 書籍 [ ] 雑誌 [ ]• 写真集 [ ]• (1998年10月、小学館)• ファースト写真集『うぶごえ』(1999年6月、プランニングハウス)• 好き(2000年5月、テイアイエス、撮影:平田友二)• 恋写DX2002(2002年、東京ニュース通信) 脚注 [ ]• SANSPO. COM 産経デジタル. 2009年2月2日. の2009年2月28日時点におけるアーカイブ。 2017年6月25日閲覧。 2016年5月14日閲覧。 フジテレビアナウンサーがフルマラソンにチャレンジするのは、夏のゴールドコーストマラソンの(当時)・以来14年ぶり3人目である。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2009年3月24日. の2009年3月26日時点におけるアーカイブ。 2017年6月25日閲覧。 eltha oricon ME. 2012年7月18日. 2017年6月25日閲覧。 eltha. オリコン. 2012年7月19日. の2012年9月30日時点におけるアーカイブ。 2012年7月19日閲覧。 オリコンスタイル. オリコン. 2012年9月28日. 2012年9月28日閲覧。 オリコンスタイル. オリコン. 2013年1月21日. 2013年1月21日閲覧。 2013年3月26日. 2016年5月14日閲覧。 2014年1月2日. の2014年1月3日時点におけるアーカイブ。 2016年5月14日閲覧。 2014年4月27日 - (TBSテレビ2014年4月17日 同4月23日閲覧)• 2015年6月30日. 2016年5月14日閲覧。 2016年5月14日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2017年6月25日. 2017年6月25日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年10月19日. 2017年10月19日閲覧。 ナリナリドットコム 2015年1月21日. 2015年8月30日閲覧。 サンケイスポーツ. 2020年3月16日閲覧。 お知らせ. 2015年9月4日. 2015年11月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年12月29日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

三田友梨佳アナがフリー転身か。理由は番組の視聴率低迷? フジテレビの中堅アナが大量離脱説、久代萌美や榎並大二郎も…

フジ アナウンサー フリー

今年で13回を数える、文春恒例の人気アンケート「好きなアナウンサー」「嫌いなアナウンサー」。 近年は実力をつけてフリーになる女性アナウンサーが増えてきました。 元フジテレビのエース加藤綾子をはじめ、「あさイチ」(NHK)の顔だった有働由美子、元テレビ朝日の徳永有美らなど、メインキャスターを務めるフリーアナの活躍が目立ちます。 本アンケートは、2019年2月19日から4月12日までの約2カ月間、文春オンラインのメルマガ読者を対象に実施しました。 回答者の年齢は、下は17歳から上は85歳まで。 回答総数は3100超に上りました。 男性が53%、女性が47%という構成でした。 さっそく結果を見ていきましょう。 まずは「嫌いな女性アナ」部門(19位~16位)。 19位には「FRIDAY」(2019年5月24日号)でプロ野球・ヤクルトの原樹理選手との半同棲がスクープされた久慈暁子アナが前回順位をキープするかたちでランクイン。 原樹理は、同じくヤクルトの小川泰弘選手と熱愛をスクープされた三上真奈アナ(フジテレビ)からの紹介だったそうです(笑)」(テレビ局関係者)。 私生活の充実が目立つからか、「番組に対するやる気を感じない」(49・女)と読者からは厳しい声も寄せられました。 7月1日付の人事で、12年間務めたアナウンス職から離れ、フジテレビオンデマンドなどネット配信を手掛ける総合事業局コンテンツ事業センターに異動することが決定しています。 19位 久慈暁子(24・フジテレビ) 「アナウンスが下手すぎる」(28・女) 「美人だがつまらない。 表情が乏しく、台本読んでいる感が丸出し」(43・女) 「インタビューの内容があまりにも希薄」(52・女) 19位 大下容子(49・テレビ朝日) 「ジャニヲタに媚び売ってるだけ」(29・男) 「八方美人なコメントばかり言っている」(55・男) 19位 川田裕美(36・フリー) 「どこがいいのかさっぱりわからない。 知性、教養があるように見えない」(60・男) 「『アメトーーク!』でのスキップがわざとらしい。 たまに見せるなまりも苦手」(36・男) 「地元・大阪に支えられていたのにその恩を返さず、すぐに東京に出てくるところが嫌い。 そのまま地方で頑張ってほしい」(46・男) 19位 山﨑夕貴(31・フジテレビ) 「女芸人を思わせる下品さ。 テレビ番組で度々プライベートをネタにしており、非常に不愉快」(39・男) 「正直、あまり賢くなさそう。 芸人との結婚は売名行為か?」(29・男) 18位 生野陽子(35・フジテレビ).

次の

元フジテレビ田中大貴アナ、オスカーを去るも新事務所決定

フジ アナウンサー フリー

1985年 - 、• 1988年 -• 1989年 -• 1992年 -• 1993年 -• 1994年 -• 1995年 - 、• 1996年 -• 1998年 -• 2001年 -• 2004年 -• 2005年 -• 2007年 -• 2008年 -• 2009年 - 、(報道局政治部兼務)• 2010年 - 、• 2011年 -• 2012年 -• 2013年 -• 2014年 -• 2015年 -• 2016年 - 、• 2017年 - 、• 2018年 - 、• 2019年 -• 2020年 - 女性 [ ]• 1989年 - アナウンス室長• 1992年 - アナウンス部長• 1996年 - 、• 1998年 -• 2000年 -• 2001年 -• 2003年 - 、• 2004年 - (報道局社会部兼務)• 2005年 -• 2007年 -• 2008年 -• 2009年 - 、• 2010年 -• 2011年 - 、• 2012年 - 、• 2013年 - 、• 2014年 -• 2015年 - 、、• 2016年 - 、、• 2017年 - 、• 2018年 - 、• 2019年 -• 2020年 - 、 アナウンス室の管理職 [ ]• アナウンス室室長 2019年7月1日より室長に昇任。 同年6月までは部長。 アナウンス室部長 2019年7月1日より部長に昇任。 同年6月までは副部長。 元アナウンサー [ ] 入社年順に表記。 部署・役職等は現在判明している最終の類。 他部署へ異動 [ ] 丸かっこ内の数字は編成制作局アナウンス室在籍期間。 (1984年 - 2013年、秘書室社長秘書役)• (1986年 - 1996年、総務局法務室統括担当部長)• (1987年 - 2017年、BSフジ編成局広報担当局長)• (1989年 - 2005年、報道局生活情報部デスク担当部長・)• (1990年 - 2009年、報道局社会部記者)• (1991年 - 1995年、報道局)• (1997年 - 2005年、スポーツ局スポーツ制作プロデューサー)• (1998年 - 2003年、報道局ニュースディレクター)• (2001年 - 2005年、報道局報道センター)• (2001年 - 2009年、報道局取材センター社会部司法クラブ記者)• (2002年 - 2006年、FCIニューヨーク支局)• (元ニッポン放送、2006年 - 2017年、営業局ローカル営業部副部長) 女性• (1984年 - 2012年、総合事業局イベント事業センターライツ事業部シニアプロデューサー)• (1985年、総務局放送文化推進センター局長)• (1986年 - 2015年、報道局マルチデバイスニュースセンターシニアコメンテーター)• (1987年 - 1996年、経理局財務部謝金担当)• (1989年 - 2011年、放送文化推進局CSR推進室部長)• (1989年 - 2014年、ホウドウキョクマルチデバイスニュースセンター)• (1997年 - 2017年、編成局広報センター)• (2006年 - 2019年、総合事業局コンテンツ事業室)• (元ニッポン放送、2006年 - 2012年、報道局)• (元ニッポン放送、2006年 - 2012年、広報局広報室広報部)• (2010年 - 2016年、人事局人事部) 退社・退職者 [ ] 丸かっこ内の数字はフジテレビ在籍期間。 特記事項の無い人物は主にや・・として活動している。 男性 [ ]• (文化放送アナウンサー第2期生 1957年11月フジテレビ開局準備委員、開局後同局アナウンサー兼務)2019年に死去• ) - フジテレビ初代アナウンス室長、1982年に死去• (1958年 - 1964年) - (現テレビ東京)へ移籍• ) - 2006年に死去• (1961年 -? ) - 後に映画部長、社長を経て、現在も映画関連に関わる• (1961年 -? ) - 後にBBC日本語放送に出向後、ロンドン・ベルリンの支局長などを務め2001年に退社。 (1961年 -? (元、1962年 -? ) - 2007年に死去• (1963年 - 1998年) - 他部署を経てへ。 フジテレビ定年退職後もWOWOW専属契約のアナウンサーとして活躍し、2005年9月に同局との契約を終了• (1963年 - 2002年) - フリーアナウンサー・特命・客員教授• (1963年 - 2011年 ) - プロデューサー。 2017年に死去。 (1964年 - 1980年) - 編成局などを経て現・エフシージー総合研究所社長• (1964年 - 2009年) - 後に常務、代表取締役社長、BSフジ代表取締役(2009年まで)を歴任後、朗読者。 (1964年 - 1997年) - 同年へ移籍。 (1965年 - 1989年) - フリーアナウンサー・司会者・朗読者。 (1966年 - 2002年) -• (1968年 - 1987年) - フリーアナウンサー、1993年に死去。 (1968年 - 2002年) -• (1968年 - 1985年) - フリーアナウンサー・フジテレビアナトレ特別講師• (1971年 - 2007年) - フジサンケイ人材センター開発部長(役員待遇)• (1971年 - 2019年) - 解説委員兼務の• (1979年 - 2015年) - フリーアナウンサー• (1979年 - 2012年) - 執行役員を経てフリーアナウンサー• (1981年 - 2006年) - フリーアナウンサー• (1982年 - 2020年)• (1984年 - 2017年) - フリーアナウンサー• (1987年 - 2019年) - フリーアナウンサー• (1989年 - 2016年)• (1990年 - 2015年) - 東部重工業代表取締役社長を経て、フリーアナウンサーに転身• (2003年 - 2018年) - フリーアナウンサーに転身• (2006年) - 同年4月にニッポン放送から転籍するも、7月に再転籍• (元、2006年 - 2012年) - 2011年にアナウンス部を離れ、他部署在籍中の2012年6月に死去• (元ニッポン放送、2006年 - 2015年)• (元ニッポン放送、2006年 - 2017年)• - 後に『』や『』などのプロデューサーを歴任、2019年10月に逝去。 (元NHK) - 後に他部署• (元NHK) 女性 [ ]• (1959年 - 1969年) - ニッポン放送より移籍、1976年度会長。 (1959年 - 1961年)• (1959年 - 1961年)• (1961年 - 1963年) - フリーアナウンサー・• (1961年 - 1964年)• (1965年 -? ) - ・教授• (1965年 -? (1966年 - 1971年) - 司会者・レポーター。 2015年に死去。 (1966年 - 1971年) - ・タレント。 夫は出身の・元アナウンサーの• (1968年 - 1974年)• (1968年 - 1971年) - フリーアナウンサー・など。 (1968年 -? (1971年 - 1976年)• (1971年 -? ) - フリーアナウンサーとして1976年10月から『』のキャスターを4年半務めた後に、2009年に死去。 (1971年 - 1979年) - フリーアナウンサー・フジテレビアナトレ特別講師• (1973年 - 1980年)• (1975年 - 1979年)• (1975年 - 1983年) - 2010年9月まで系『』メインキャスター• (1976年 -? (1977年 - 2014年)• (1977年 - 1997年) - フリーアナウンサー・ナレーター ・フジテレビアナトレ特別講師。 (1977年 - 2015年) - フジテレビの女性アナウンサーとして初の定年退職者。 (1979年 - 1981年)• (1979年 - 1984年)• (1979年 - ?)• (1980年 - 1987年) - ノンストレス代表取締役• (1980年 - 1992年) - 国連難民高等弁務官事務所勤務の他、児童小説の執筆も行う。 (1980年 - 1985年) - 女優• (元アナウンサー、1981年 - 1984年) - フリーアナウンサー・・。 2009年に死去。 夫は元フジテレビ副社長の(1988年に死去)• (1981年 - 2018年)• (1982年 - 1997年) - 証券アナリスト• (1982年 -? (1983年 - 2012年) - 2006年に編成制作局編成部字幕放送担当へ異動• (1983年 - 1989年) - 教授• (1983年 - 2015年)• (1984年 - 1989年)• (1984年 - 1993年) - スピリチュアル・ヒーリングカウンセラー。 (1985年 - 1993年) - 父は・・の。 姉は映画エッセイストの。 長男は俳優の育之介。 (1985年 - 1990年) - テレビ朝日系『』メインキャスター• (1985年 - 1987年)• (1986年 - 1997年)• (1987年 - 1995年) - 夫は元で・キャスターの• (1988年 - 1992年) - 2018年に死去。 (1988年 - 1994年) - タレント・元• (1988年 - 2000年) - フリーアナウンサー・女優• (1990年 - 2005年)• (1990年 - 2006年)• (1991年 - 1998年)• (1991年 - 1999年) - ・在住。 (1992年 - 2002年)• (1993年 - 1997年) - 夫は。 (1993年 - 1997年)• (1994年 - 2003年) - 夫は元プロ野球選手()の• (1994年 - 2017年)• (1994年 - 1998年) - 夫は『』の• (1995年 - 2007年) -• (1995年 - 2011年)• (1997年 - 2001年) -• (1997年 - 2004年) - フリーアナウンサー・・• (1998年 - 2001年) - 夫は元・の(活動休止中)• (1999年 - 2006年)• (1999年 - 2001年) -• (2000年 - 2005年)• (2000年 - 2007年) - 夫はの• (2001年 - 2010年) - 夫は『』の• (2001年 - 2006年) - 夫は元プロ野球選手の• (2002年 - 2012年) - 在住。 (2002年 - 2017年) - 夫はお笑いコンビ『』の• (2003年 - 2011年) - 夫はプロ野球・の(活動休止中)• (2004年 - 2013年) - 父はの• (2005年 - 2012年) - フリーアナウンサー。 (2005年 - 2011年) - フリーアナウンサー。 (元ニッポン放送、2006年 - 2018年)• (2006年 - 2013年) - 夫は男子プロバスケットボール選手の• (2006年 - 2013年) - 夫はの• (2007年 - 2017年) - フリーアナウンサー。 (2008年 - 2016年) - フリーアナウンサー。 - 夫は元アナウンサーの。 - フリーアナウンサー・イヤホンガイド歌舞伎解説員。 - 朗読者。 関連人物 [ ] 局契約 以下の4人はより移籍• (1965年 - 1987年、2016年に死去)• (1988年 - 、記者)• (1994年から数年間、専属解除後も継続出演)• (1994年 - 2003年) 系列局からの出向• (1985年 - 1987年、アナウンサー。 実際は左記の期間に同局東京支社勤務で、『』に出演) 共同テレビジョン所属・フジテレビ専属契約 出向・局契約含む。 相川を除き現在もフリーアナウンサーとして活動• (1993年 - 1996年)• (2000年 - 2006年)• (2000年 - 2008年)• (2000年 - 2008年) デジタルアナウンサー• (2012年 - 2013年) 備考 [ ] ニューヨーク支局にアナウンサーを1名交代で派遣(へ出向)していた。 期間は2年〜4年等と様々である。 業務は、日本に向けて最新情報を伝えたり、ケーブルテレビを通じて「FCIモーニングEYE」で在米日本人向けに日本語でニュースを伝えるのが主である。 2015年にが帰国したのを最後として派遣されたアナウンサーはいない。 のに1993年に入社したと、2000年に入社した・・の3人は、同社にアナウンサー専門職として採用された後、フジテレビアナウンス室へ出向し、「専属契約アナウンサー」という形でアナウンス業務に当たっていた。 2006年4月にが放送事業を承継する新・ニッポン放送を分割設立し、社名変更したニッポン放送ホールディングスが親会社のフジテレビジョンに吸収されたことに伴い、11人のアナウンサーがフジテレビへと転籍した。 転籍直後は一部のラジオ番組に引き続き出演していたが、同年9月末を以て担当番組から外れた。 なお、のみはフジテレビからの出向という形で、10月から3月までニッポン放送のスポーツ中継で実況を担当していた。 また、は転籍3ヶ月後の7月にニッポン放送へ再度転籍(事実上復帰)した。 脚注 [ ] []• nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社. 2020年5月6日. 2020年5月6日閲覧。 キャリア学習サポート21. さいたま市市民活動サポートセンター. 2017年5月22日閲覧。 com. テレビ紹介情報. カカクコム. 2019年4月5日閲覧。 2016年3月5日時点のよりアーカイブ。 2019年4月5日閲覧。 スポーツニッポン. 2017年5月21日. 2019年4月5日閲覧。 2009年7月21日. 思聞のひとりごと. BIGLOBE. 2014年10月4日時点のよりアーカイブ。 2019年4月7日閲覧。 NPO日本朗読文化協会. NPO日本朗読文化協会 2018年7月5日. 2019年4月7日閲覧。 小林大輔 2012年5月6日. 小林大輔のほのぼの朗読. FC2. 2019年4月5日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2019年4月5日閲覧。 デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2012年6月28日. 2020年5月6日閲覧。 入局(同期に・など)。 TVでた蔵. 2017年7月6日閲覧。 スポーツ報知. 2017年11月24日. の2017年12月8日時点におけるアーカイブ。 2017年12月8日閲覧。 yomiDr.. コラム. 讀賣新聞社 2016年12月18日. 2019年4月5日閲覧。 Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2018年2月5日. 2019年4月5日閲覧。 デイリースポーツ デイリースポーツ. 2018年8月10日. 2019年4月7日閲覧。 イヤホンガイド 2015年9月18日. 2017年7月6日閲覧。 アナウンサー番組 [ ]• シリーズ• 男おばさん• ニッポン放送• 関連項目 [ ]• - フジテレビアナウンサー出演の朗読劇• - チーム アナウンサーユニット [ ]• - イメージソング『』を当時のアナウンサーのコーラスで番組で歌った際のグループ名。 レコードでは一般から募集した若年層の男女により編成されたグループが歌唱した。 外部リンク [ ]•

次の