大人ニキビ 化粧水。 【ニキビケア】化粧水のおすすめ人気ランキング20選【ドラッグストア薬局の市販プチプラ】|LALA MAGAZINE [ララマガジン]

大人ニキビに効く化粧水おすすめ6選|口コミで人気の化粧水の選び方・使い方

大人ニキビ 化粧水

Contents• 大人ニキビに効くデパコス化粧水3選 デパートでは、専属の販売員と相談をしながら、様々な化粧品を試す事が出来ます。 お肌の水分量などを計測し、その肌質に合った化粧水を販売員が紹介をしてくれるので、とても便利です。 化粧水をテストする時は、手や一部メイクを落とした顔に塗る事が多くあります。 このため、化粧直しの道具などは持って行った方が良いでしょう。 気になる化粧水が見つかったら、販売員に言えば試供品を貰う事が出来ます。 自分のお肌に合うかを試し、しっかり検討をしましょう。 下記では、大人ニキビに効くデパコス化粧水を3つご紹介します。 イプサ ザ・タイムRアクア イプサのザ・タイムRアクアは、保湿に特化したデパコスです。 潤い成分を抱えた水の層をお肌の表面に作る事で、キメを整えみずみずしい素肌を目指します。 お肌の乾燥による大人ニキビの改善に良いでしょう。 さらに、角質の水分を抱え込んで逃がさない様にするので、乾燥しやすい大人のお肌も、潤いを持続できます。 イプサ タイムRアクアは浸透力も高いため、お肌にどんどん浸透していく実感が分かるでしょう。 ニキビの有効成分であるグリチルリチン酸やトラネキサム酸も配合されているので、大人ニキビの炎症を抑える事も可能です。 また、アルコールを使っていないので、お肌が弱い方でも安心して使えます。 アルビオン薬用スキンコンディショナーエッセンシャルは、大人ニキビや毛穴の開きの改善に特化したデパコス化粧水です。 「スキコン」の愛称で親しまれ、1974年から多くの方に愛用されています。 季節や環境の変化で崩れやすいお肌をみずみずしく整え、肌荒れの無い素肌を目指します。 定期的に出来る大人ニキビの改善に良いでしょう。 グリチルリチン酸配合で、大人ニキビの炎症を抑える事が可能です。 しかし、薬用スキンコンディショナーにはメントールや合成界面活性剤などが配合されているため、お肌が弱い方は刺激を感じる事があります。 また、保湿力が少し低いため、乾燥肌の方には物足りなく感じる事があるでしょう。 このため、他の化粧水や乳液で保湿を行う事が必要になりそうです。 クリニークのクラリファイングローションは、肌荒れ改善や毛穴の引き締めに特化したデパコス化粧水です。 ふき取りタイプの化粧水は、古い角質や毛穴の詰まりを優しく取り除き、くすんだお肌をキレイにします。 「スキンケアの質をもっと上げたい!」と言う方に、クラリファイングローションがオススメです。 配合されたハマメリエキスが大人ニキビの炎症を抑え、毛穴をキュッと引き締めます。 ただし、アルコールやメントール、着色料が配合されているので、お肌に刺激を感じる方もいるでしょう。 クラリファイングローションは、肌質に合わせて4つの種類から選べます。 初めて使う方は、お肌に刺激が無いかなどを販売員が考慮してくれるので、まずは相談をしてみると良いでしょう。 大人ニキビを治すには、スキンケアが最も重要です。 しかし、いくらデパコス化粧水でスキンケアを行っていても、生活習慣が乱れていれば大人ニキビは何度でも再発します。 このため、デパコスだけに頼らず、身体の中から大人ニキビが出来にくくする事も大切なのです。 そこで、下記では「デパコス化粧品以外で大人ニキビを治す方法」をご紹介します。 大人ニキビの改善に良い栄養を摂ろう 食品の価格高騰や食べ物の好き嫌いなど、様々な理由で偏った食事を続けている方は多いと思います。 しかし、栄養バランスが偏ると、お肌のハリやバリア機能が失われ、大人ニキビが出来やすい肌質に変わってしまうのです。 デパコスを使わずとも大人ニキビを改善するために、以下の栄養素を積極的に摂取するよう心がけましょう。 ビタミンは皮脂の分泌を抑え、皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。 また、タンパク質は新しいお肌を作るために必要な栄養素です。 1日1品、上記の栄養を含んだおかずを増やすだけでも、お肌の調子は変わります。 大人ニキビを治すため、ぜひ積極的に取り入れてみて下さい。 しっかり寝て大人ニキビを治そう 睡眠は、お肌や体のダメージを修復する大切な時間です。 つい夜更かしが続いてしまうと、ダメージの修復が間に合わないため、大人ニキビの治りが遅くなってしまいます。 デパコスを使う事も良いのですが、しっかりと寝る事が大人ニキビを早く治すカギと言えるのです。 仕事や家事、育児などで忙しいとは思いますが、6時間以上は睡眠をとる様に心がけましょう。 「寝ようと思っても、寝つきが悪い」、「睡眠が浅くて困っている」 こんな方は、以下の方法を試すと良いでしょう。 これらの方法は睡眠の質を上げ、短時間でもぐっすり寝る事が出来ます。 寝起きの良さにも違いが出てくるので、ぜひ試してみて下さい。 ストレス発散で大人ニキビを予防しよう ストレスは溜まり過ぎると、ホルモンバランスを乱れさせ、大人ニキビの原因になります。 また、大人ニキビ以外にも生理不順や婦人病、うつ病などのリスクも高まるので、心身共に良い事がありません。 旅行や買い物、趣味を楽しむなどで、たまにはストレスを発散させましょう。 デパコスのクリームなどには、ストレスが解消できるオイルが配合された商品もあります。 スキンケアでマッサージを行いながら、香りで癒される事も出来るでしょう。 その他、ストレスの発散に効果的な方法として、以下のことが挙げられます。 大人ニキビに効くデパコスは、今回ご紹介した商品の他にも沢山の種類があります。 販売員とコミュニケーションを取りながら、自分に合ったデパコスを選びましょう。 しかし、デパコスで全てのシリーズを揃えると、かなりの費用が掛かるもの。 キレイなお肌になるためとは言え、毎月の出費が気になります。 デパコス化粧水を検討している方は、まずは「大人ニキビ専用の基礎化粧品」を使う事をオススメします。 保湿や大人ニキビの改善に特化しながら、デパコスよりも優しい価格設定の商品が多くあるのです。 1週間~1か月分のトライアルセットを販売しているメーカーも多くあるので、自分のお肌に合った化粧品が見つかるでしょう。 ただし、デパコスや専用の基礎化粧品を使っても、生活習慣が乱れていては、大人ニキビは何度でも出来ます。 スキンケアと生活習慣を見直して、大人ニキビの無い素肌に近づけましょう。

次の

大人ニキビに効くデパコス化粧水3選!

大人ニキビ 化粧水

さっと読める目次• 大人ニキビに効果的な化粧水の選び方 いつの間にかできて治りにくい大人ニキビは有効成分が配合された化粧水でケアするのがおすすめ。 ここでは大人ニキビに効果的な化粧水の選び方について調べてまとめました。 ニキビに有効な成分が入っているか まずはニキビに有効な成分が入っていることが第一条件。 主に・グリチルリチン酸・サリチル酸などになります。 これらの有効成分がどのように作用するのかは以下の通り。 ご自身のニキビの症状に合わせて選ぶための参考にしていただければと思います。 また、 これらの成分が配合された化粧水は「医薬部外品」や「薬用化粧水」と記載されているので見分ける際の参考にしてください。 ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導は、ニキビの炎症を鎮める、皮脂分泌を抑制するなどニキビケアに適した作用があります。 また、 ニキビ跡の黒ずみの原因となるメラニン色素の働きを阻害する作用もあり、ニキビ跡の予防にも用いられる成分です。 グリチルリチン酸 グリチルリチン酸は、抗炎症作用があり、赤みやかゆみなどニキビの炎症を抑える効果があります。 サリチル酸 サリチル酸は、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌して予防。 ピーリング作用もあるため、毛穴の汚れや古い角質を取り除き、肌を柔らかくする効果もあります。 低刺激で肌にやさしいか 次に気をつけるポイントは、配合成分の中にニキビを刺激する成分が配合されていないかどうかをチェックすることです。 低刺激処方とはノンコメドジェニック化粧品やオイルフリー、アルコール エタノール フリーと記載されているもの。 ノンコメドジェニック化粧品とは、ニキビの原因のを作ったり、悪化させる可能性のある成分を使用していない化粧品を指します。 アクネ菌の養分が含まれていないので、ニキビができにくなります。 保湿成分が配合されているか 大人ニキビの対策には、に優れた化粧水を使うことが重要ポイントです。 なぜならば、 ニキビは脂質肌にできるイメージがありますが、実は、肌の乾燥も原因のひとつだからです。 乾燥肌になると肌を保護しようと皮脂の分泌が増えて、毛穴に詰まりやすくなります。 ですから、肌をしっかり保湿して潤わせることが大切。 セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、など保湿や保水に優れた成分が配合されている化粧水を選びましょう。 大人ニキビにおすすめの人気化粧水12選 多くの女性が悩まされる大人ニキビにはそれに適した化粧水が数多く販売されています。 ここでは大人ニキビ用の人気化粧水を12種類ピックアップしました。 どんな成分が配合されているか、またどんな特徴があるかなど、化粧水選びの参考にしていただければと思います。 ファンケル 【医薬部外品】FDRアクネケア化粧液 ファンケルが販売する【医薬部外品】FDRアクネケア化粧液は水分と油分のバランスを整えてくれる化粧水。 ニキビの原因である皮脂を抑えつつ、乾燥しないように潤いも与えてベタつかない柔らか肌にする効果があります。 無添加の低刺激処方でノンコメドジェニックテスト済み、敏感肌や大人ニキビを予防したい人におすすめです。 オルビス【医薬部外品】薬用クリアローション オルビスが販売する【医薬部外品】薬用クリアローションは、大人ニキビに絶大なる効果のある化粧水。 顎や口周りに繰り返しできやすい大人ニキビを、肌のコンディションを整えながら原因を断ってニキビを予防します。 富士フイルム ルナメアAC 【医薬部外品】スキンコンディショナー 富士フイルム ルナメアAC【医薬部外品】スキンコンディショナーは、ニキビを予防する独自の有効成分が配合されている化粧水。 グリチルレチン酸ステアリルに、独自技術で3種の保湿成分をミックスさせたアクネシューター R が配合されています。 毛穴に集中して浸透し、肌を健やかにしてニキビをしっかりケアできる化粧水です。 花王キュレル 【医薬部外品】皮脂トラブルケア化粧水 花王キュレル【医薬部外品】皮脂トラブルケア化粧水は、セラミドケアと皮脂対策でニキビ予防のできる化粧水。 皮脂のベタつきを抑える成分とユーカリの保湿成分が、化粧水後の美容液などが浸透しやすい肌に整えます。 肌に近い弱酸性をキープできるので、乾燥性の敏感肌の人で悩んでいる人にもおすすめです。 アルビオン 【医薬部外品】薬用スキンコンディショナーエッセンシャル アルビオン 【医薬部外品】薬用スキンコンディショナーエッセンシャルは、肌のコンディションを整え続ける化粧水。 潤いを与えるハトムギエキス成分を配合し、季節の変わり目など肌のコンディションが崩れやすい時期もしっかり保湿してサポートします。 紫外線の影響を受けやすい人や、乾燥に悩んでいる人の肌を明るく透明感のある肌に導きます。 小林製薬 オードムーゲ 薬用ローション【医薬部外品】 小林製薬 オードムーゲ 薬用ローション【医薬部外品】は、繰り返すニキビや肌荒れなどの肌トラブルをサポートする化粧水。 発売から50年以上とロングセラーとなっていて、ニキビに悩む人々から長く愛され続けているスキンケアアイテムです。 拭き取りの洗浄効果、有効成分による殺菌・抗炎効果、保湿成分による水分保持効果で健やかな肌にします。 ビーグレン クレイローション ビーグレンが販売するクレイローションは、ニキビや肌荒れでスキンケアが十分にできず悩んでいる人に優しい化粧水。 天然クレイが潤いの膜を作り、肌荒れを予防するグリチルリチン酸ジカリウムなどでダメージ肌を安定させます。 さらに、カミツレエキス・ヒアルロン酸・納豆エキス・オウゴンエキスの4つの美容成分で美肌を目指すことができます。 資生堂 【医薬部外品】dプログラム アクネケアローションW 資生堂が販売する【医薬部外品】dプログラム アクネケアローションWは、大人のニキビを予防して美肌へ導く化粧水です。 有効成分が肌のすみずみまで浸透してバリア機能をサポート、使うたびに透明感のあるすべすべの肌にしてくれます。 厳選された成分、アルコール・香料・パラベン無添加の低刺激処方なので、ニキビなどの肌トラブルや敏感肌などデリケートな肌質の人におすすめです。 グリチルリチン酸塩で何度も繰り返す大人ニキビやシミに対して、有効成分を浸透させてツルツルでなめらかな透明感のある肌に。 さらに、持続安定型ビタミンCがメラニン生成の働きを阻害するので、シミやソバカスを防ぎます。 クリニーク 【医薬部外品】アクネクラリファイリングローション クリニーク【医薬部外品】アクネクラリファイリングローションは、すべての肌タイプのニキビを予防できる化粧水です。 ニキビの原因となる古い角質を穏やかに除去して、沈殿するパウダー成分が皮脂を吸収して過剰な皮脂を拭き取ります。 洗顔後にコットンで優しく皮脂をふき取りながら保湿することで、ニキビのできにくい健やかな肌にしてくれます。 桃谷順天堂 【医薬部外品】明色美顔水 薬用化粧水 桃谷順天堂の【医薬部外品】明色美顔水 薬用化粧水は、明治18年発売の日本で1番長く愛されてるニキビ予防の化粧水です。 毛穴の汚れや古い角質を除去するサリチル酸とニキビケア有効成分のホモスルファミン配合で繰り返すニキビを徹底ケア。 皮脂によるテカリを予防してスッキリさらすべの肌にしてくれます。 スーッとした清涼感が魅力的な化粧水ですが、アルコールが入っているので「他のニキビ用化粧水では満足できない」「もっとさっぱり感が欲しい」という人におすすめです。 プチプラがうれしいナチュリエ ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー ナチュリエが販売するハトムギ化粧水 スキンコンディショナーは、肌に潤いを与えてコンディションを整える化粧水です。 浸透力に優れた天然保湿成分ハトムギエキスで角質層までしっかり水分補給、しかもたっぷりつけてもベタつかないのが特徴。 プチプラなのに大容量だから、毎日たっぷり使えてコスパ良し!シンプルケアが可能な化粧水で、海外でも大注目を浴びています。 大人ニキビの原因とは? しつこくて治ってもまたすぐにできてしまう大人ニキビの原因は主に3つ「肌の乾燥」「生活習慣」「ストレス」。 大人ニキビを徹底ケアするには、この3つの原因を知ることが重要ポイントです。 ここでは大人ニキビの原因と、思春期ニキビとの違いについて調べてまとめました。 大人ニキビの原因は主に3つ 大人ニキビの原因は、「肌の乾燥」「生活習慣」「ストレス」に深く関係があります。 この3つの原因によって肌の状態が悪くなり、肌のターンオーバーが乱れて毛穴を詰まらせてしまうからです。 (ターンオーバーはこちらの記事 で詳しく書きました) アクネ菌は日和見菌なので悪さはしないのですが、肌の状態が悪くなると悪玉菌の方に傾いて増殖してしまいます。 ターンオーバーの乱れにより古い角質や皮脂が詰まった毛穴の中は、アクネ菌が増えやすい環境となり、特に口元、アゴに大人ニキビを発生させます。 思春期ニキビとの違い 思春期ニキビは、過剰分泌する皮脂が原因でおでこや鼻にできるのが特徴です。 乾燥が主な原因の大人ニキビとは全く異なるもので、当然ケアの考え方も変わってきます。 思春期ニキビの場合は、ホルモンバランスの変化で過剰分泌しているアクネ菌を抑えるケアが必要です。 ただし、思春期ニキビでも大切なことは肌の保湿ケア。 肌は乾燥するとバリアしようと皮脂を多く分泌するので、さっぱりさせても乾燥させるのはNGです。 ついやりがちな間違ったニキビケア ニキビのために良いと思ってするケアも、実は間違っているというケースも少なくありません。 今はネットで簡単にニキビに関する情報を調べられますが、中には間違った情報も。 もしかしたらニキビに良かれと思って欠かさずやっていたケアもあるかもしれません。 ぜひ、この機会に自身のケアが間違っていないかを確認してみてください。 ・念入りに洗顔して洗いすぎている ・皮脂を流そうと熱めのお湯で洗顔している ・油分を避けるためクリーム等は使わない、またはスキンケアしない ・何も塗りたくないし早く治すためにすっぴんで過ごしている 間違ったニキビケアとは、洗顔し過ぎや皮脂の取り過ぎによる皮膚常在菌のバランスを崩すことにあります。 結果的に肌のターンオーバーが乱れて、ニキビができやすくまた悪化の原因となるからです。 ニキビが治らないと、つい肌をさっぱりさせようと考えますが、1番大切なは保湿してコンディションを整えること。 大人ニキビを繰り返して悩んでいる人は、ぜひこれまでのスキンケアを見直してみてください。 大人ニキビを繰り返さないために 大人ニキビを繰り返さないためには、肌のバリア機能を高めて、肌のターンオーバーを正常に戻すことが重要です。 肌のターンオーバーが正しくされていれば、毛穴の汚れや古い角質は溜まることがなくなるためニキビができにくくなります。 ここでは大人ニキビを繰り返さないために、方法や生活習慣の改善などについて調べてまとめました。 大人ニキビを元からしっかり治したい人に、1日でも早く正しいケアができるよう参考にしていただければと思います。 正しいニキビ肌のスキンケア方法 ニキビ肌を治すためには正しいスキンケアをすることが大切です。 大人ニキビに悩む人は、まず正しいスキンケアの方法や注意点についてよく知っておきましょう。 正しいスキンケア方法 ニキビ肌は洗顔でしっかり肌の汚れを落とすのが第1ポイント。 そして洗顔後はすぐに化粧水で肌を保湿して肌を整えるのが第2ポイントです。 この洗顔と化粧水のセットがニキビ肌のスキンケアには欠かせません。 正しいスキンケアでニキビに対する有効成分や美容成分が浸透しやすくなり、ニキビなどの肌トラブルを集中的にケアしやすくなります。 美容液の後は、乳液、クリームをつけるのが正しいスキンケアの手順です。 スキンケアの注意点 ニキビ肌のスキンケアで注意すべき点は「汚れをきちんと落とすこと」と「保湿を十分に行う」の2つ。 肌にやさしい無添加で低刺激処方の洗顔料を選び、泡をしっかり立てて肌にダメージを与えないように優しく洗います。 すすぎは洗い残しのないように丁寧にし、洗顔後はややツッパリ感がある程度、ツッパリ感がずっと続くようだと洗い過ぎになりますので注意しましょう。 乾燥肌の人はクレンジングして、は朝の洗顔を省いて夜だけの使用でもOK。 肌の状態をみながら行ってくださいね。 どの肌タイプでも洗顔後はできるだけ早く化粧水で肌を保湿しましょう。 特に乾燥しやすい箇所は重ねづけしたり、美容液などで十分に保湿することが大切です。 ニキビ治療薬を使うタイミング ニキビ治療薬を使うタイミングは、「洗顔後のきれいなの状態」が好ましいので化粧水の前に使いましょう。 顔がクリームなどの保湿剤でコーティングされた状態だと、せっかくのニキビ治療薬の有効成分の効力が落ちて十分な効果が得られないからです。 もちろん薬を塗る手も、しっかり洗って雑菌が混じらないようにすることも忘れずに。 使用する治療薬の適量を守り、指定回数をニキビができている箇所に塗るようにしましょう。 ニキビを予防したいからといって、ニキビではないところに使用するのは肌にダメージを与えるのでNGです。 メイク時にも工夫を 大人ニキビがあるとメイクをしていいのかな?と不安になりますが、これは工夫をすればOK! 4つのポイントを押さえて、大人ニキビをカバーしましょう。 メイク前のしっかり保湿 大人ニキビがあるときはメイク前にしっかり保湿をすること。 乾燥している状態は肌のバリア機能が悪くなっているため、保湿を怠ったままメイクをすると肌ダメージにつながります。 メイクの成分が汚れとなって入り込んだり、肌を守ろうと皮脂を過剰分泌するので注意が必要。 ノンコメドジェニックアイテムを使う 大人ニキビの原因となるコメド(白ニキビ)ができにくいノンコメドジェニックアイテムを使うのがおすすめ。 すでにテスト済みのアイテムなので、メイクによってニキビができるのを予防できる可能性があります。 清潔な手やパフでメイクする 大人ニキビの原因は、毛穴に詰まった汚れに雑菌が繁殖することも挙げられます。 メイクをする際には清潔な状態の手やパフを使用したり、雑菌予防に清潔なスパチュラを使うことがおすすめです。 帰宅後はすぐにメイク落とし 長時間のメイクは大人ニキビの原因となるので、帰宅後はすぐにメイクを落としましょう。 最近のメイクアイテムは微粒子のものが多く、毛穴に入り込みやすいため、メイクの成分や皮脂が溜まって詰まりやすくなります。 特にメイクを落とさずに寝るなんてもってのほか!毛穴の詰まりによりアクネ菌を増殖させないためにも、きちんとメイクを落とすようにしましょう。 ニキビ改善におすすめの食生活 大人ニキビを改善するために食生活を見直すことも有効的です。 大人ニキビに良いのはビタミンB1、B2。 皮脂分泌を抑制する作用があり、さらに血流を促進するビタミンEを一緒に摂取すると、肌のターンオーバーの促進につながり、ニキビ跡の予防になることがあります。 ビタミンB1を含む食材は豚ヒレやうなぎ、ピーナッツなど、ビタミンB2は鶏レバーや納豆、ヨーグルトなど。 ビタミンEはアーモンドやかぼちゃ、アボカドなどです。 また、ビタミンエースといわれるビタミンACEを積極的に摂るのも大切。 ビタミンAは人参やかぼちゃ、Bはキャベツやブロッコリー、Eはナッツ類やうなぎなど。 これらの栄養素には抗酸化作用が強く、肌の酸化を防いでニキビ跡の原因を取り除きます。 また、腸内環境を整える食物繊維もバランスよく取り入れるのがポイントです。 生活習慣を正す 大人ニキビの予防やケアをするには生活習慣を正すことも大切です。 生活習慣の中でぜひ見直すべきことは睡眠について。 肌の状態を整えるためにはゴールデンタイムといわれる肌の修復時間がとても大切です。 寝始めて3時間後が最も大切な時間で、良質な睡眠を摂るためには最低6時間以上確保しましょう。 そのためには睡眠前のコーヒーやスマホはNG、眠りになかなかつけない人はストレッチなど軽い運動を取り入れるのがおすすめ。 ストレスを溜めないことも良い睡眠のためには不可欠です。 セルフケアで改善しないニキビは皮膚科へ 大人ニキビのためのセルフケアをしてもなかなか改善しないニキビは皮膚科へ行きましょう。 ニキビの原因を元から断つことが基本ですが、あまりにもひどい場合はまずはニキビを治すこをが優先。 セルフケアでなかなか改善できない場合は、まずはニキビを治す薬が必要です。 塗り薬や内服薬を用いて悪化したニキビを治療し、並行してニキビのできにくい肌環境を整えて行きましょう。 ここではニキビ治療の受診の目安や治療内容について調べてまとめました。 受診の目安 大人ニキビで受診しようと判断する目安は、ニキビが増えている、痛みや赤みがひどい、繰り返している時など。 ニキビとは毛穴で炎症が起きている状態のため、改善するには皮膚科の治療が有効的です。 悪化状態のニキビは見た目にも悪く気分が落ち込むし、そのままにしておくとニキビ跡に色素沈着することも。 心理的にも肌のためにも悪化したニキビは皮膚科での治療がおすすめです。 ニキビ治療の内容 ニキビ治療には、外用薬、内服薬、レーザー治療、ピーリング、面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)などの治療があります。 基本的には外用薬と内服薬での治療です。 皮脂が毛穴に溜まっている場合は針で穴を開ける面皰圧出の処置もあります。 美容皮膚科では、古い角質やアクネ菌を除去するピーリングや、毛穴の奥までスッキリさせるレーザー治療も受けられます。 まとめ なかなか治らず繰り返すやっかいな大人ニキビのケアについて、おすすめの化粧水を調べてまとめました。 化粧水でニキビの原因である乾燥を防ぎ、生活習慣やストレスなどを取り除きながら、自分の症状にあったスキンケアで正しくケアしましょう。 ニキビがポツンとできているだけで、人目も気になるし、気分は憂鬱になるものです。 普段から正しいケアを行って、ニキビのできにくい健やかな肌を作りましょう。 Lacy編集部:桜井香織 ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。 美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。 時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。

次の

【大人ニキビ化粧水/おすすめ】効く・乾燥に人気の化粧水

大人ニキビ 化粧水

大人ニキビだけに限定してしまうとそれ以外の人に売なくなり、お店の売上が伸びないからです。 また薬局のプチプラ化粧水は商品開発予算も価格とともに少なくなるので、大人ニキビ改善に必要な成分と予防の成分の両立が難しくなります。 薬局にはほとんどないですが、大人ニキビ専用ブランドから選ぶと費用対効果が高いです。 しっかり実感しながら大人ニキビを改善・予防したい方におすすめです^^ ドラッグストアのニキビ化粧水の選び方 大人ニキビ化粧水を薬局やドラッグストアなどで購入するときの選び方は、大人ニキビに効果的な成分が含まれているかで判断してみてください。 大人ニキビを改善するためには抗炎症成分が効果的です。 予防には持続しやすい保湿成分を含むニキビ化粧水が効果的です。 ニキビ化粧水は1種類で複数の役割をもつ成分があります。 ニキビ改善と肌の健康状態を高めるなど相乗効果がある成分を選ぶのがポイントです。 保湿力があるかどうかは、より肌の奥に浸透する成分かどうかがポイントです。 いつもの化粧水では乾燥しやすい方は重視してみてください。 具体的な選び方は以下になります。 薬局のニキビ化粧水の選び方1:抗炎症成分 プチプラ化粧水でも含まれていることが多い代表的な抗炎症成分は、グリチルリチン酸、アセチルヒドロプロリン、トラネキサム酸などが挙げられます。 その中でも重視すべきはグリチルリチン酸です。 グリチルリチン酸は抗炎症成分以外に4つの働きがある成分です。 1種類で5つの役割があるのでグリチルリチン酸配合のプチプラの化粧水を選ぶほうがコスパが良いと言えます。 他の抗炎症成分だと効果の範囲が2~4種類なので相乗効果は弱いと思います。 このように、薬局の化粧水で大人のニキビをすぐ治したい場合はグリチルリチン酸を選ぶようにしてみてください。 薬局のニキビ化粧水の選び方2:保湿力 薬局の大人ニキビ化粧水選びのもう一つのポイントは保湿力です。 予防には保湿力が求められるので、保湿成分が重要になります。 一般的にコラーゲンやヒアルロン酸・セラミドなどが良いとされていますね。 保湿力のポイントは保湿成分が低分子化されているかです。 低分子化というのは画像にあるように分子構造を細かくした状態をいいます。 低分子化されていないお手頃のものをたくさん塗っても、浸透しないので結局無駄金になってしまいます。 この2つ軸で薬局の化粧水を選ぶことが大人ニキビ改善・予防のために大切です。 大人ニキビに効果的と言われているものを中心に、プライスと成分の視点から厳し目でみていきます。 ドラッグストアの大人ニキビ化粧水・プチプラランキング ドラッグストアでランキングされているプチプラ大人ニキビ化粧水を調べました。 評価の基準は大人ニキビの沈静化に求められる「グリチルリチン酸」の有無と予防のための「保湿成分」です。 化粧水裏の表示書きをやパッケージを調査しました。 すると他でニキビに良いとおすすめされている化粧水は、「大人ニキビ」には向いていないものも多くありました。 プチプラ順にご紹介します。 ナチュリエ・ハトムギ化粧水 1つ目のドラッグストアのプチプラニキビ化粧水はナチュリエ・ハトムギ化粧水です。 税込702円で容量が500mlというニキビ化粧水の中でも値段に対して量が多い化粧水です。 引用: 表示書きを見るとグリチルリチン酸が書かれています。 成分表示書きだけをみれば大人ニキビに効きそうな感じがしますね。 しかしハトムギ化粧水は厚生省が特定の症状の改善するとして販売を許可する「薬用化粧水」ではありません。 過度な効果を期待するべきではありません。 ニキビがなくなってからの美観維持程度にとどめておいたほうががっかりしないと思います。 また、量をつけないと保湿力がない商品です。 500円玉大を3回以上使うのでかなり減りが早いです。 つまりそれだけ保湿力がないことの裏返しなので大人ニキビ予防にも向いてないです。 何度も何度もつける面倒さもあるのでわざわざ選ぶ必要もないと思います。 成分自体も保湿力は最低の部類に入る化粧水です。 というのも一般的な保湿成分である「ハトムギエキス」1種類しか含まれていないからです。 パッケージにさっぱりタイプと表現されていることからも、保湿をメインに作っているわけではなさそうです。 優れた保湿成分を入れることが予算的に難しいのかもしれません。 大人ニキビを改善・予防するためにこのような化粧水は間違っても選びたくないですね。 を選ぶべきです。 小林製薬 オードムーゲ ローション 2つ目のドラッグストアのプチプラニキビ化粧水はオードムーゲです。 オードムーゲは160mlが970円、500mlが2600円で販売されているニキビ化粧水です。 引用: グリチルリチン酸を配合しているので治す働きがあるといえます。 ですがオードムーゲには保湿に特化した成分が含まれていません。 表示が気にグリセリンがありますがベース成分といって化粧水をなすために必要な成分なだけで保湿できるわけではないです。 浸透力を高める処方や製法がされていません。 つまりオードムーゲは大人ニキビの予防に向いていないということです。 普段から肌の乾燥を感じている場合は選ぶべきではありませんね。 今ある大人ニキビを改善するためならメリットはあるかもしれません。 しかし予防には向いていないので割り切って使うのが良いと思います。 肌美精 大人のニキビ対策 美白化粧水 3つ目のドラッグストアのプチプラニキビ化粧水は肌美精です。 ドラッグストアでは1035円(税込)です。 引用: 肌美精にもグリチルリチン酸が配合されています。 美白化粧水なのでシミ・ソバカスに向いているビタミンCが配合されています。 同時進行でこれらの悩みを対策したい方に向いていると思います。 肌美精には保湿成分のコラーゲンが含まれているのがわかりますね。 コラーゲンはお肌の真皮層という内側の水分保持に大切な成分。 しかし一時的な乾燥には良いかもしれませんが、普段から乾燥に悩まされている方には物足りなさが残る可能性があります。 というのも、肌美精のコラーゲンは浸透しにくい高分子(分子が大きい)タイプだからです。 一時的な保湿はできますが、時間の経過とともに保湿力が失われていくかもしれません。 なので、普段からザラザラと肌が乾燥しがちな方や、つっぱるようなカラカラ感を感じている肌質の方には向いてないかもしれません。 もし乾燥が悩みの方は なのでおすすめですよ。 資生堂アクアレーベルアクネケア&美白水 4つ目のドラッグストアのプチプラニキビ化粧水はアクアレーベルです。 ドラッグストア価格は1400円です。 引用: 参考: アクアレーベルアクネケアも美白成分を含んでいるので、ニキビ以外にシミソバカスなどが気になる方には良いかもしれません。 保湿成分をみると水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Naの2種が含まれています。 比較的保湿力があるニキビ化粧水と言えます。 コラーゲン・ヒアルロン酸どちらもお肌の角層を潤すために必要な成分です。 乾燥を気にしている人には必要な成分が含まれている部類に入るニキビ化粧水ですね。 しかし持続面で考えると低分子化(より肌に入り込んで保湿する働き)がなされていません。 つけた時は潤うかもしれませんが時間の経過とともに水分が失われるかもしれません。 肌の内部が乾燥している場合は少し物足りなさを感じるかもしれません。 シミやソバカス用途として割り切って使うならアクアレーベルでもよいかもしれませんね。 ファンケルアクネケアローション 5つ目のドラッグストアのプチプラニキビ化粧水はファンケルアクネケアローションです。 ドラッグストア価格は1620円で30mlです。 引用: 参考: グリチルリチン酸を始めとして数種類の草花エキスが配合されているのが特徴です。 今すぐ炎症を食い止めたい方ですぐ薬局で手に入れたいという方におすすめです。 ファンケルアクネケアローションにはスクワランやグリセリンが含まれています。 基本的な保湿成分は配合しているので普通肌や一時的な乾燥にはよいかもしれません。 しかし はないようです。 なので長時間保湿をキープしたい、肌の奥までしっかり保湿したい方にとっては物足りないと思います。 また成分の種類がとてつもなく多いのでつけ心地が想像しにくいですね。 失敗したくない・余計な出費を抑えたい、という方には冒険しない方がよいですよ、と伝えたい化粧水ですね。 ルナメアACスキンコンディショナー 6つ目のドラッグストアのプチプラニキビ化粧水はルナメアです。 引用: ルナメアは大人ニキビに効くと言っても良いと思います。 というのも、グリチルレチン酸ステアリルが配合しているからです。 グリチルレチン酸ステアリルは簡単に言うと大人ニキビに効果的なグリチルリチン酸をさらに低分子にして肌に入り込みやすくしたものです。 より治るちからを助けてくれる大人ニキビ化粧水だと思います。 一方保湿成分は、グリセリンがメインで他には細かい植物エキスが複数含まれているといったところです。 成分名で表示されていないので、あくまで植物エキスの中に含まれる数種類のうちの1つに保湿成分があるといった感じです。 他のニキビ化粧水よりも保湿効果はあると思いますが、乾燥を気にする方には物足りなさを感じることも考えられます。 外出が多い方や乾燥した部屋に長時間お仕事する方などは向いてないと思います。 加えてドラッグストアでの価格は2376円と若干高価な部類に入ると思います。 この価格帯なら保湿力に優れたナノ化保湿成分なども含まれていてほしいです。 選んでいけないことはないので大人ニキビを治すことに着目するならおすすめな化粧水です。 番外編 ノブaアクネローション 番外編のドラッグストア化粧水はノブAです。 引用: あえてノブaを挙げたのは、選んでも無駄になる可能性がある化粧水として知っておくと失敗を避けることができるからです。 グリチルリチン酸の代わりに同様の効果が期待できるアラントインが配合されています。 大人ニキビを治すには良い化粧水なんですが、保湿がよくありません。 ノブaの保湿成分はベース成分(どの化粧水にも含まれている成分)以外有効な保湿成分はみられません。 使い心地はさっぱり系になるので、保湿にすぐれているとは言えません。 浸透力を高める処方もなされていません。 使い心地的には普通からさっぱりタイプだと思います。 大人ニキビの予防に大切なお肌の保湿が不十分になりがちなので、このような化粧水はおすすめできません。 無印クリアケア 引用: 無印のクリアケアはどの化粧水にも含まれている保湿ベース成分に加えてリピジュアという保湿成分を配合しています。 リピジュアは日油株式会社が開発した高保湿成分で、保湿に優れているヒアルロン酸の2倍の保湿力があると言われています。 涙に含まれるリン脂質という体に存在する保湿成分と似ており、より高分子化されているので浸透率があります。 また、普通の保湿成分はスキンケアで洗い落ちてしまいますが、リピジュアは肌に留まって潤いをキープしてくれます。 使い心地はしっとりしているので乾燥が気になる大人ニキビに向いていると思います。 しかし、クリアケアには大人ニキビを治す成分が配合されていません。 はっきりいって治す化粧水ではないので、大人ニキビが改善した後の美観維持として使わないとがっかりすると思います。 大人ニキビは治すと予防を2軸でアプローチしていかないと治っては出来てを繰り返してしまいます。 グリチルリチン酸と保湿成分、できれば浸透力が高い製法・処方がなされている化粧水を選んでくださいね。 まとめ ドラッグストアのプチプラニキビ化粧水を調査しましたがニキビを治すことができても予防に向いていない、またはその逆の化粧水が多い印象でした。 すぐ購入できて手頃なのは薬局・ドラッグストアの化粧水のメリットです。 しかし中身は「大人ニキビに向いている」程度で「大人ニキビ用に設計」されたものではありません。 ドラッグストアの化粧水は大衆向けのものが多いので一部に特化したした製品は好まれない傾向にあります。 手頃を取るか、大人ニキビ特化したものを取るか、人それぞれですが一般的な化粧水との違いを実感したい場合は、大人ニキビに特化した化粧水を選ぶのがおすすめです。 おすすめしたい化粧水 この化粧水はドラッグストアには並んでいない化粧水です。 他のものとの違いは、大人ニキビ改善・予防に設計された専用化粧水です。 引用: 大人ニキビの沈静化に必要なグリチルリチン酸を有効成分として配合しています。 特徴的な保湿成分はヨクイニンエキス、コラーゲンです。 ヨクイニンは角質層を潤す有効成分で、表面をしっかり潤いの膜で覆って乾燥から防いでくれます。 コラーゲンは肌内部の乾燥を予防する有効成分です。 これまで紹介した化粧水との違いは保湿力にあります。 コラーゲンは一般的なものではなく低分子化した浸透力が高いコラーゲン・トリペプチドを使用しています。 コラーゲン・トリペプチドはコラーゲンの分子をより細かくして肌の奥まで届きやすくした成分です。 角質層を潤すだけでなく、より肌の奥まで浸透して肌本来の水分量を高めてくれます。 加齢によって普通の化粧水では乾燥が気になる、一度保湿したらキープできる化粧水がほしいという方でも実感力が高いといえます。 大人ニキビ専用設計なのでニキビの改善と保湿による予防の両立できる成分構成になっているのがわかりますね。 大人ニキビを改善するならこのような化粧水を選ぶのがおすすめです。 大人ニキビを対策・予防するには保湿成分がポイントになります。 化粧水はさっぱりしっとりタイプがありますが基本的に保湿のためにするものです。 なので保湿成分は基本的にどの化粧水にも含まれています。 大事なのはより浸透力がある保湿成分が配合されているかどうかです。 また、できるだけ持ちが良い化粧水のほうがお財布に優しいいですよね。 大容量だからといって実はもちが良くない化粧水もあるので注意したほうが良いです。 薬局のニキビ化粧水の保湿成分を比較 ランキングで紹介した薬局の大人ニキビ化粧水の保湿成分を比較しました。 浸透力がある保湿成分が含まれていなければ効果的に大人ニキビを予防することができません。 浸透力がある保湿成分を一覧で比較してみました。 商品名 ナノ化保湿成分 ハトムギ化粧水 なし オードムーゲ なし 肌美精 なし アクアレーベル なし ファンケルアクネケアローション なし ルナメアACスキンコンディショナー なし オルビスクリアローション 浸透型コラーゲンペプチド 薬局で販売している化粧水はプチプラの低価格化粧水が多いです。 特殊な処方はコストオーバーの関係から配合されないことが多いです。 薬局の化粧水はその場しのぎくらいに考えておくのがよいのではないでしょうか。 薬局のニキビ化粧水には保湿力を求めないほうが良い 保湿力を高める処方にするには資金が必要になるので薬局のニキビ化粧水には期待してはいけません。 薬局に買いに来る人は手頃なものを求めています。 低価格だとコスト面で特別な有効成分を含めることはできなくなります。 薬局の化粧水は手頃なものが中心なので保湿力を高める処方を求めるのは間違っていると思います。 もちがよくないと何回も買い足さなければいけなくなります。 せめて1ヶ月以上は持つものが良いです。 持ちを気にして少ない量で保湿しても効果的ではありません。 保湿力があるものほど少ない容量でも長持ちする傾向にあります。 少量でも保湿力がある化粧水は比較して持ちが良い 保湿力が高ければ何度もつける必要がなくなるので持ちが比較的よくなります。 例えばハトムギ化粧水は500円玉1枚分を3回もつけることを推奨しています。 対してオルビスは1回あたりティースプーン1杯で十分です。 少量でもしっかり保湿できる保湿力がある成分がはいっているからこその持ちですね。 薬局のニキビ化粧水は保湿力が低い成分ばかりなのでもちが比較して悪くなってしまうんです。 大容量でも浸透力が低いと比較的持ちが良くない 大容量だからといって保湿力がないとすぐなくなります。 500mlと250mlの化粧水の2つの化粧水があっても、250mlの容量の化粧水の使う量が500mlに比べて2分の1であれば、持ちは同じになります。 大容量だとなんとなく長持ちしてお得感がでますが、大切なのは何日もつかで化粧水を選ぶことなんです。 そして持ちが良い化粧水のほとんどが浸透力・保湿力に優れた化粧水です。 薬局に売っている量が多い化粧水は実際には有効成分がほぼ含まれてなく、水増しされたような化粧水もあります。 大人ニキビをしっかり改善したいのであれば、大容量を比較項目にして考えないほうがよいですよ。 薬局の大人ニキビ化粧水の価格を比較 商品名 価格 ハトムギ化粧水 702円 オードムーゲ 970円 肌美精 1200円 アクアレーベル 1400円 ファンケルアクネケアローション 1620円 ルナメアACスキンコンディショナー 2376円 オルビスクリアローション 1620円 薬局で売っているニキビ化粧水の比較的プチプラのものだけをピックアップ。 価格だけ言えばハトムギ化粧水はロープライスで手頃といえます。 ニキビに効く薬局で買える化粧水 ニキビには思春期ニキビ、大人ニキビ、白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビなど種類があります。 それぞれによって向いている化粧水が変わります。 値段だけでニキビ化粧水を決めてしまうと効果ないなどの失敗になるので注意しましょう。 おすすめされているニキビ化粧水を中心に注意点を解説します。 大人の顎ニキビを予防するドラッグストアの化粧水 大人の顎ニキビを予防する化粧水はドラッグストアのものはおすすめしません。 薬局の思春期ニキビのプチプラ化粧水 思春期ニキビに薬局のプチプラニキビ化粧水はおすすめしません。 値段や成分に特徴が多いは思春期ニキビだけでなく、思春期という自分でお金を稼いでないときに購入すること自体デメリットが多いです。 思春期ニキビに化粧水がどうしてだめなのかは、経済的な負担、継続性、肌が慣れるの3つがあります。 経済的な負担 化粧水は基本的に高額です。 相場はだいたい5000円以上、2万円未満といった感じです。 13~15歳のお小遣い相場の平均は2000円~4000円といったところです。 16~18歳は少し上がり3000円~約5000円です。 学生は遊びに使うお金も必要だと思います。 そのお金をすべて化粧水に使ってしまうと友達付き合いに支障をきたすことになりかねません。 人間関係トラブルになったりニキビ化粧水のせいで余計ストレスになりかねないので、思春期の方が使うのは注意したほうが良いと思います。 継続できなければ肌質が変わらない 化粧水を使ったからと言って劇的な変化はありません。 化粧水の目的は継続的に使用することで肌質を徐々に変えていくことにあります。 1クール使っただけでは見違えるような効果は望めないので注意が必要です。 化粧水も相場は5000円以上することが多いです。 6ヶ月使ったら最低でも3万円、12ヶ月使ったら6万円の出費になります。 このような化粧水が絶対にだめというわけではありませんが、他に選択肢を考えたほうが良いと思います。 慣れてしまう 若い肌に良い化粧水を使い続けると肌が慣れてしまうことがあるので注意が必要です。 思春期の肌はまだ発育途上です。 肌に良い成分を惜しみなく配合した化粧水を使い続けると肌がそれに慣れてしまう可能性があります。 そうなると手頃なニキビ化粧水に変えたときに逆にニキビが起きたり、乾燥を招いたりすることがあります。 肌を若いうちから甘やかせてしまうと年齢を重ねたときに満足できなくなります。 思春期のうちは高すぎる化粧水を使用せずにできるだけ年代に合った化粧水を使ったほうが良いと思います。 大人ニキビ化粧水薬局:大人ニキビにオードムーゲの注意点 大人ニキビにオードムーゲは注意点が多いです。 オードムーゲはニキビ化粧水ですが拭き取りタイプです。 拭き取り化粧水というのはお肌を保湿する目的として使われるものではありません。 お肌の保湿を重視するべき大人ニキビにオードムーゲを使用すると、保湿に余計なコストがかかったり、乾燥を招いてしまったり、肌質によってはニキビの原因になる可能性があります。 保湿成分が少ないので乾燥を招く オードムーゲの保湿成分はグリセリンのみです。 グリセリンはもともと保湿成分として配合されているものではありません。 ベース成分と言って化粧水を化粧水として成り立たせるためのものです。 保湿成分があると勘違いして使ってしまうと乾燥しやすさにびっくりすると思います。 乾燥が更に大人ニキビを悪化させてしまうことになるので、大人ニキビに合わないオードムーゲは避けたほうが良いと思います。 余計なコストがかかる オードムーゲを大人ニキビにつかってしまうと保湿効果が全く無いので保湿効果のある化粧水を買い足すことになります。 オードムーゲは約1000円するのでその分の金額と買い足すことになってしまった化粧水分コストが余計にかかることになります。 はっきりいって効果がなくて余計なコストがかかるオードムーゲを選ぶ理由はないとおもいます。 薬局のプチプラ大人白ニキビ化粧水 白ニキビに薬局の大人ニキビ化粧水・threeの化粧水はおすすめできません。 threeの化粧水を白ニキビに使っても原因になっている角質に働きかける成分がなく改善することができないからです。 threeの化粧水は化粧水のなかでも効果な部類に入るのでお金をまるまる無駄にするようなものです。 肌に合わなかったときのリスクを考えると注意が必要です。 角質を柔らかくしてくれる成分がない threeの化粧水には角質を柔らかくしてくれる成分は配合されていません。 水、プロパンジオール、BG、リンゴ果実水、エタノール、チシマザサ水、グリセリン、ローズマリー葉油、ニュウコウジュ油、ビャクダン油、ベルガモット果実油、マヨラナ葉油、ゲッケイジュ葉水、ヘチマエキス、ニオイテンジクアオイ水、キュウリ果実エキス、ツルレイシ果実エキス、クエン酸、エチルヘキシルグリセリン、コハク酸ジエトキシエチル、キサンタンガム、イソセテス-30、クエン酸Na、ラウリン酸スクロース、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール 引用: 白ニキビは毛穴を塞いでいる角質を除去することから始めなければいけません。 threeにはこの角質を除去する成分は見当たりません。 成分が豊富ですが白ニキビへの効果的な成分はないのでおすすめできません。 価格が高く量が少ない threeの化粧水は5800円+税で容量は140mlと極めて少量です。 1回あたり2~3プッシュなので1プッシュ1mlだとすると3プッシュで3mlです。 1日あたり2回使うと6mlです。 140mlなのでだいたい23日しかもたない計算になります。 1ヶ月も持たないので多い月で1ヶ月1万1600円の出費になります。 人によると思いますが、白ニキビに効果がないのに1万円以上使うのはどうなのでしょう? オンラインショップでしか買えない threeはオンラインショップのみの購入になるので事前に試せません。 返金保証はないようなので白ニキビに効果がなかった・肌に合わなかったなどの理由では返品ができません。 当然購入代金はすべて自己負担になるので5000円以上損するような計算になります。 threeはサンプルもなく、購入後のリスクが大きいのが注意点です。 薬局の毛穴の黒ニキビへの化粧水 薬局の毛穴の黒ニキビへの化粧水でおすすめしないのはリッツの化粧水です。 黒ニキビをリッツで改善したいと思っているならあまりおすすめできません。 リッツは黒ニキビを始めとして、ニキビ全般を治す化粧水ではありません。 保湿をメインとした「化粧品」に分類されるものなので、見た目の美観を維持するためのものです。 黒ニキビ対策にはならないのでおすすめはできません。 抗酸化成分が配合されていない リッツの化粧水には有効な抗酸化成分が含まれていません。 黒ニキビを改善・予防するには皮脂を酸化させない抗酸化成分が含まれていることが必須です。 しかしリッツの化粧水は抗酸化成分は配合されていません。 皮脂の参加を抗酸化成分で食い止めることができないため、黒ニキビになるのを食い止めたり緩和させることはできません。 黒ニキビを改善したい場合はリッツのような化粧水ではなくビタミンCなどの化粧水が配合されている方が良いと思います。 ピーリング成分が配合されていない 黒ニキビを改善するには毛穴の中で皮脂をつまらせている角質を除去してあげなければいけません。 リッツの化粧水には保湿力を中心とした処方で不要な角質を除去してくれる成分はありません。 黒ニキビを消すための成分がないのでリッツを使っても効果はありません。 できればサリチル酸などの角質除去成分が含まれている化粧水を選んでください。 持たないのでコストが掛かる リッツの化粧水は150mlで、1日あたり5ml使います。 金額は約1500円ですが基本的に持ちは30日くらいの計算になるので持ちが良いとは言えません。 乾燥が気になるところに使えばさらにもちは悪くなります。 そもそもで黒ニキビに効果はないので使う理由はないと言えます。 できればリッツ以外の化粧水で黒ニキビを改善したほうがデメリットにならないと思います。 薬局の大人赤ニキビの化粧水 赤ニキビを対策するにはいち早く炎症を鎮めることができる成分が必要ですが、無印のクリアケア化粧水には炎症を鎮める成分が全く入っていないので選んではいけません。 クリアケア化粧水のメイン成分は保湿成分なので、ニキビを改善するための成分や金額に見合う効果を期待すると失敗します。 無印のクリアケア化粧水で赤ニキビをできるだけ早急に対処したいと思っているのであれば、次のようなデメリットがあることを理解した上で使うのが良いと思います。 赤ニキビを治せる成分がない 無印のクリアケア化粧水の全成分を見ても、赤ニキビを対処できる抗炎症成分が含まれていません。 赤ニキビができているということは肌の免疫力が落ちていると同じことです。 自然治癒力が落ちている状態なので、抗炎症成分で治そうとしている力を補ってあげなければいけません。 しかし無印のクリアケアには炎症の治癒を支える抗炎症成分が足りません。 このような化粧水を選んでも炎症を鎮めることはできません。 また肌を免疫力も上がらないので赤ニキビの再発を食い止めることはできません。 赤ニキビ対策としてクリアケア化粧水を選ぶのは間違っていると思います。 ラインで揃えると価格が… 無印クリアケア化粧水は赤ニキビに効果的ではないのにラインでそろえてしまうと結構な額になります。 クリアケア化粧水は200mlで約1300円です。 乳液は150mlで焼く1300円なので合計2600円の出費になります。 また、化粧水や乳液を出すためのノズルも別売りで190円かかります。 クリアケア薬用アクネ美容液は50mlで約1600円。 無印クリアケアシリーズはラインでそろえると大体5000円くらいかかることになります。 5000円は人によって価値観が違いますが、効果がないのに5000円払うのは無意味だと思います。 5000円あったらもっと赤ニキビに効果的な化粧水がたくさんあるので他を選ぶべきです。 薬局の大人の黄ニキビへの化粧水 大人の黄ニキビに薬局のニキビ化粧水であるshiroはおすすめできません。 shiroの化粧水はラワンという植物を使った植物由来の化粧水です。 ラワンはふたばがき科という植物で、家具や装飾品として使われています。 このラワンから独自製法でエキスを抽出したのがshiroのラワンぶき化粧水です。 しかし黄ニキビというのは最も炎症が進んだニキビなので消炎成分で炎症を取り去ることが重要です。 shiroの化粧水にはこの消炎成分が含まれていません。 天然の植物由来だとしても消炎成分が入っていなければ黄ニキビには効果なしなので選ばないほうが良いと思います。 薬用化粧水ではないので効果なし shiroのラワンぶき化粧水は薬用化粧水ではありません。 薬用化粧水というのは黄ニキビを治す「有効成分」を有している厚生労働省から認可された化粧水です。 「医薬品医療機器等法」での「化粧品」は、美しく見せる、頭皮や毛髪を清浄にする、などを目的としたものです。 「医薬品医療機器等法」での「医薬部外品」に区分される化粧品の多くは「薬用化粧品」と表示されていますが、にきびを防ぐ、美白に効果がある、などの「有効成分」を含有しています。 引用: 薬用化粧水として販売されていて、なおかつ有効成分が含まれていないと黄ニキビを治すことはできません。 shiroのラワンぶき化粧水は公式ホームページを見る限り薬用化粧水という表示書きはありませんでした。 ニキビを治すものではなく美しく見せるための化粧水なので効果なしです。 黄ニキビを治すニキビ化粧水を探している場合は「薬用化粧水」か「医薬部外品」として販売されているかどうかが判断基準になると思います。 成分表示が少なすぎる shiroのラワンぶき化粧水は配合成分が少なすぎます。 フキ液汁、BG、1,2-ヘキサンジオール、メチルパラベン 引用: 主成分がフキ液汁で、そのほかはベース成分といってどの化粧水にもだいたい含まれてい成分です。 成分が圧倒的に少なすぎてこれでは効果を感じる人は少ないと思います。 黄ニキビを治すためなら消炎成分のグリチルリチン酸やサリチル酸のどちらかが入っていれば効果はありますが、shiroのラワンぶき化粧水には入っていません。 配合成分の少なさや黄ニキビを改善できる化粧水が少ないので、黄ニキビには向ていない化粧水の代表的な例と言えます。 原料が植物だけなので品質がまばらになる shiroのラワンぶき化粧水は天然のラワン武器という木を原料にして作られています。 天然の植物を扱っているので原料の産地や時期によって品質がまばらになるというデメリットがあります。 また、天然の白ラワンは木材が腐るという特徴があるみたいです。 加えてshiroのラワンぶき化粧水は水を使用しないでラワンのしぼり汁を100%使用しています。 天然とはいえ肌に合う合わないが別れると思います。 薬局にある大人の紫ニキビへのニキビ化粧水 薬局のニキビ化粧水に大人の紫ニキビ向けの化粧水はありません。 たとえばハトムギ化粧水は使っても意味がないです。 紫ニキビはニキビの中でも一番奥深くまで炎症した状態です。 ハトムギ化粧水は薬用成分や有効成分が一切含まれていないため、紫ニキビを改善することはできません。 不適切なケアで悪化させてしまう恐れもあります。 紫ニキビにハトムギ化粧水が向いていない理由は、ニキビ跡になる可能性があること、コスパがよくないという2つがあります。 ニキビ跡になる可能性 紫ニキビにハトムギ化粧水を使うと、症状の進行を止めることができないためニキビ跡になる可能性があります。 紫ニキビは処置を間違うと皮膚にメラニン色素が皮膚の中に沈着し、ニキビ跡になります。 ニキビ跡になると何か月も改善することは難しくなります。 ハトムギ化粧水には炎症を鎮める効果や色素沈着を予防できる効果はありません。 また根が深い紫ニキビの炎症まで成分が届く処方で作られていません。 化粧水に含まれる成分がしっかり患部に届かなければ含まれる成分はないのと一緒です。 できるだけ紫ニキビの炎症部分の奥まで浸透するニキビ化粧水を選びたいですね。 コスパが問題 ハトムギ化粧水は手頃だけが取り柄で紫ニキビには効果がなく、コスパが最悪な化粧水の代表格です。 ハトムギ化粧水は500mlの容量で世間では大容量でばしゃばしゃ使えるコスパが良い化粧水と言われています。 しかし1回に使う量が500円玉3回分になっていて、もちでいうと大体1か月持つか持たないかくらいです。 大容量なだけで浸透力が少ないため、たくさん使わなければ効果がないんです。 紫ニキビを治すには患部に浸透させることが大切です。 大量に使わないと浸透力がないハトムギ化粧水ははっきりいって紫ニキビ向けのニキビ化粧水ではないです。 間違ったニキビ化粧水を選んで紫ニキビを悪化させないようにしてくださいね。 使い心地が良いことが20代に評価されています。 デパコス大人ニキビ化粧水ランキング デパコス大人ニキビ化粧水ランキング1位:sk-2フェイシャルトリートメントエッセンス デパコスの大人ニキビ化粧水ランキング1位はSK-2フェイシャルトリートメントエッセンスです。 価格は種類によって変わります。 75mlで8500円、160mlで17000円、230mlで22000円です。 デパコス大人ニキビ化粧水ランキング2位:ファーストアユーラ f サインディフェンス バランシングプライマー アクネ デパコス大人ニキビ化粧水ランキング2位はファーストアユーラ f サインディフェンス バランシングプライマー アクネです。 価格は4,200円で容量は100mlです。 メーカーはアユーララポラトリーズです。 デパコス大人ニキビ化粧水ランキング3位:ディオール スノー ブライトニング エッセンスローション デパコス大人ニキビ化粧水ランキング3位はディオールスノーブライトニング エッセンスローションです。 価格は6900円、内容量は200mlです。 メーカーはパルファン・クリスチャン・ディオールです。 デパコス大人ニキビ化粧水ランキング4位:クリニーク アクネ クラリファイングローション デパコス大人ニキビ化粧水ランキング4位はクリニーク・アクネクラリファイングローションです。 価格は4104円で、容量は200mlです。 クリニークラボラトリーズが販売元です。 デパコス大人ニキビ化粧水ランキング5位:ソフィーナ エスト(est)ザ ローション デパコス大人ニキビ化粧水5位はデパコス・ソフィーナエスト(est)ザローションです。 価格は130mlが5500円、140mlで6000円で2タイプあります。 保湿力が欲しい方に支持されているデパコス化粧水です。 販売元は花王株式会社です。 薬局にはないデパコスの大人ニキビ化粧水の成分を比較 薬局にはないデパコスで選ばれている大人ニキビ化粧水の成分を比較してみました。 デパコスの大人ニキビ化粧水は企業独自で研究して作り出した成分が多いです。 薬局の大人ニキビ化粧水ではコスト面などから配合できない成分を惜しみなく使っているという印象ですね。 5ml で何回分かを計算 大人ニキビ化粧水:ソフィーナ エスト ザ ローションの成分 水、DPG、PEG-32、プロパンジオール、エクトイン、ヒバマタエキス、チューベロース多糖体、ユーカリ葉エキス、ショウガ根エキス、アスナロ枝エキス、グリセリン、BG、プルラン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、イソセテス-20、PEG-12ジメチコン、カルボマー、キサンタンガム、PEG-400、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、水酸化K、フェノキシエタノール、EDTA-2Na、香料 引用: ソフィーナエストザローションの成分にはATPスピラルというソフィーナ独自成分が含まれています。 ATPスピラルは月下香培養エッセンス、ヒバマタエキス、グリセリンを合わせた成分です。 それぞれ保湿力のある成分ですが、特に月下香のエッセンス(チューべロース多糖体)はお肌に潤いの皮膜を作り、寒いところや乾燥した環境でも角層のお肌の水分をとどめてくれる作用があります。 保湿を求める方にはおすすめのエストザローションですが、ニキビを治す成分が不足しています。 もともとエストザローションは薬用ではないため、ニキビの予防改善への効果は認められていません。 年齢が進んだ乾燥気味のお肌には保湿力が効いてくれますが、ニキビには効果なしなので買わないほうがよいと思います。 大人ニキビ化粧水:クリニーク アクネ クラリファイングローションの成分 水、ハマメリス水、DPG、ビオサッカリドガム-1、BG、アセチルグルコサミン、グリセリン、スクロース、サリチル酸、カフェイン、ヒアルロン酸Na、ポリソルベート20、トレハロース、カブリロイルグリシン、リン酸2Na、EDTAー3Na、フィノキシエタノール等 引用: クリニークのアクネクラリファイングローションは成分以外にオイル吸着パウダーが配合されています。 毛穴から分泌される余分な皮脂はニキビが炎症する原因になります。 アクネクラリファイングローションのオイル吸着パウダーは過剰に分泌された皮脂を吸着し、ニキビの悪化や原因を防いでくれます。 サリチル酸も含まれているので、乾燥が原因でターンオーバーしても剥がれずに厚くなった角質を剥がし落としてくれます。 また、角質層の水分を高めてくれるグリシンやヒアルロン酸Naなどの保湿成分も含まれているので乾燥気味の肌にも使える拭き取り化粧水です。 グリチルリチン酸などの抗炎症成分が含まれていないので、保湿と角質ケア目的で使うのがおすすめですね。 しかし保湿力は弱めなので加齢したお肌には不向きか物足りなさを感じるかもしれません。 ニキビ化粧水:大人ニキビおすすめされているクリニーク デパコスに分類されるクリニークの化粧水・クラリファイングローションは化粧水タイプの化粧水です。 有効成分でオルビスと比較してみると、かなりコスパが悪く価格に見合わない成分ばかりでした。 オルビスクリアローション クリニーク 価格 1620円 3672円 容量 180ml 200ml 保湿成分 グリセリン・コラーゲン・BG・ソルビット液・POE グリセリン・ヒアルロン酸・BG・トレハロース・アセチルグルコサミン ニキビ改善成分 甘草エキス・紫根エキス・ヨクイニンエキス・ローズマリーエキス ハマメリス 種類はことなるものの、保湿成分はオルビス・クリニークともに同じ数の成分を配合していました。 目立って特徴があるのが、ニキビ改善成分がオルビスクリアローションの方が多いことです。 オルビスはニキビ改善のために作られているので、当たり前といえば当たり前の結果ですね。 大人ニキビ化粧水:ディオールスノーブライトニングエッセンスローションの成分 グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、グリセリン、エタノール、1. グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので毛穴周りが赤くなったニキビや、黄色く芯があるニキビも鎮静してくれます。 エーデルワイスエキスにはクロロゲン酸やイソクロロゲン酸などのポリフェノールが含まれ、抗酸化作用があるので美白やシミ・ソバカス予防に効果的です。 お肌のシミそばかすが気になる方に向いていると思います。 ニキビを治す目的として作られた薬用化粧水なので、デパコスの中でも効果を感るかもしれません。 しかし大人ニキビを予防するシコニンが配合されていないので、繰り返すニキビを予防してくれる効果があるとは言えません。 成分が豊富ですが大人ニキビを治す目的で作られている成分配合ではないので、あくまでトラブル全般用の化粧水として考えていたほうがよいかもしれません。 どちらも抗炎症成分なのでニキビの赤みを沈めてくれる作用があります。 グリチルリチン酸ジカリウム以外にも、当帰エキス、ドクダミエキスには抗菌作用や抗炎症作用を併せ持っており、炎症鎮静効果に効果的な配合成分です。 また、トラネキサム酸には美白作用もあります。 トラネキサム酸には紫外線を受けた細胞が肌内部のメラノサイトにメラニン生成の命令を出すのを抑制してくれるので、シミやくすみが生まれにくくなります。 年齢を重ねたお肌にはうれしい成分配合です。 保湿成分はエリスリトールで、保湿成分の中でもトップクラスに浸透率があるのが特徴です。 角質内に水分を保持することでニキビ菌が増えることを防止する制菌作用もあります。 清涼感がある成分なので、ひんやり感を感じることもあるかもしれませんね。 大人ニキビ化粧水:sk-2フェイシャルトリートメントエッセンスの成分 ガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)、BG、ペンチレングリコール、水、メチルパラベン、ソルビン酸等 引用: SK-IIフェイシャルトリートメントエッセンスには、独自成分のピテラが配合されています。 ピテラにはお肌の天然保湿因子(NMF)と呼ばれる成分を50種類以上配合しているので保湿力に優れていいます。 天然保湿因子(NMF)はお肌の外側にある角質層にある角質細胞の水分を保持する役割を担っています。 この天然保湿因子の成分の約半分はアスパラギン酸やトレオニン、セリン、グルタミンなどのアミノ酸で構成されていて、成分に偏りがあると保湿力が低下してしまいます。 ピテラにはアミノ酸をはじめとしてビタミン、ミネラルが50種類以上配合されています。 お肌が必要とする形で吸収することができるのでお肌の潤いを底上げしてくれます。 お肌の水分不足で乾燥が特に気になるお肌に効果的です。 しかし保湿成分は申し分ないですが肝心の大人ニキビの炎症や予防に効果的な成分は配合されていません。 大人ニキビを克服してから健康な肌をキープする目的で使用するのが効果的と言える化粧水ですね。 ドラッグストアのメンズニキビ化粧水について メンズ混合肌の薬局のニキビ化粧水 テカるメンズ混合肌の薬局のニキビ化粧水はセラミドを配合している化粧水です。 Tゾーンがテカる原因には皮脂の落とし過ぎによるお肌のセラミド減少が原因の一つです。 おでこや鼻は皮脂が多くなりがちなので念入りに洗うことが多いです。 これは逆に皮脂を落としすぎる原因になりお肌の水分を保持しているセラミドが減少する原因になります。 混合肌でニキビに悩んでいる場合は薬局のセラミドが豊富な化粧水でも十分効果的です。 セラミド化粧水なら乾燥する部位も合わせて対策することができます。 セラミドにはヒト型セラミドやナノ化セラミドなどの種類があります。 セラミドの種類で困ったときはナノ化セラミド配合で容量が多いタイプが最もコスパが良いと思います。 メンズのオイリー肌大人ニキビの化粧水 メンズのオイリー肌の大人ニキビ化粧水のおすすめは薬局にありません。 お肌の余分な皮脂や角質を落とすためにはアルカリ性の成分(水酸化ナトリウムなど)が必要です。 表面の不要物を化学反応させて取り除く働きがあります。 マツキヨでの価格は1080円になります。 店舗とオンラインストア・マツキヨ通販サイトの価格の差はありません。 どちらで購入しても値段は一緒です。 しかしオンラインストアでは送料がかかります。 商品の金額が1980円以上が送料無料の対象になります。 それ以下の場合は本州は540円、北海道は756円、沖縄は1080円の送料がかかります。 マツキヨオンラインストアの肌美精の価格は1080円なので本州の場合は1620円、北海道の場合は1836円、沖縄へは2160円の金額になります。 場所によって本体価格の倍の料金になるので、肌美精をマツキヨで購入するのはおすすめしないです。 マツキヨのマツモトキヨシポイント 肌美精をマツキヨで購入するのはポイント還元率も低く、おすすめできません。 1ポイント1円でお買い物できますが、マツモトキヨシポイントは100円に1ポイントなので、還元率がたったの1%。 肌美精などのニキビ化粧水は1080円なのでポイントは10ポイント(10円)にしかなりません。 オルビスの公式オンラインストアの還元率は5%。 お誕生月は無条件で1000円分のポイントがもらえます。 また、年に2回特別ポイントがお買い上げに応じて1000ポイント、また3ヶ月のお買い上げに応じて500ポイントがもらえます。 オルビスクリアはマツモトキヨシでは販売していないので公式オンラインストアでの購入になりますが、トライアルセット(1200円)購入で700円分のポイントがもらえます。 安くお得にオルビスを購入してくださいね。 スギ薬局のラシェリエ化粧水とニキビについて ラシェリエはスギ薬局のs-select・PB商品で、コーセーと共同開発した化粧水です。 コンディショニングリキッド(化粧水)とコンディショニングセラム(乳液)の2つのシリーズ展開があり、大人のトラブル肌改善目的で作られたもののようです。 コンディショニングリキッドは160mlの容量で価格が3800円と比較的高価なリキッド化粧水です。 コンディショニングセラムは詰替120mlが3600円、120mlの本体が3800円です。 PB(プライベート)商品(イオンのトップバリューなどのようにその会社が出している商品)なので利益率が高い分、成分を高めていればいいですね。 ラシェリエのニキビへの成分 成分が公式サイトで公表されていないので不明ですが、スギ薬局のHPを見る限り、オレンジ、レモン、ランバジン、カモミールロマン、コリアンダー、ユーカリ、バジル、タイム、セダーウッドを配合しているようです。 ラシェリエはニキビの改善を目的として作られたものではないのは確かです。 なのでラシェリエを選んで3800円を無駄にするよりは、オルビスクリアなどのニキビに効果的な成分がしっかり配合されたニキビ化粧水を使うのがコスパ的にも良いと思います。 ウエルシアのニキビ化粧水について オードムーゲは低価格なので購入しやすい小林製薬から販売されて化粧水です。 価格は160mlで970円と、安価な分類のニキビ用化粧水です。 しかしこのオードムーゲ、もちが良くてコスパ重視の方にはあまりおすすめできません。 コットンを使用しなければいけない化粧水なのですが、標準的にコットン2枚使うと大体7mlほどの使用量になります。 オードムーゲは160mlなので、朝晩使うと22日しかもちません。 一日あたり44円です。 オルビスクリアシリーズは公式サイトで1200円でトライアルキットも販売しているのでおすすめですよ。 ウエルシアドットコムのオードムーゲ通販の送料 ウエルシアの通販サイトウエルシアドットコムでオードムーゲを購入するときの送料は540円から1540円です。 ウエルシアドットコムの送料無料は合計商品代金2980円以上が対象になります。 また、沖縄の場合は2980円以上購入しても送料無料にはなりません。 1540円が上乗せされます。 沖縄以外の地域は540円の送料がかかります。 オードムーゲは970円なので、送料が540円加わり、合計1510円になります。 近くにウエルシアがある場合はわざわざウエルシアドットコムの通販サイトで購入しなくても良いと思います。 ツルハのニキビ化粧水について ツルハで販売しているカネボウリサージ・スキンメインテナイザーは、180mlで5800円の価格で販売しています。 リサージ・スキンメインテナイザーは化粧水と乳液を一緒にした化粧液タイプで、コラーゲンを配合して保湿力が高いのが特徴で、グリチルリチン酸も配合しているのでニキビにも有効な化粧水です。 しかし、成分で比較するとあまりコスパが良いとは言えません。 カネボウリサージをツルハの通販サイトで購入したときの送料 ツルハの通販サイト(ツルハs-shop)でカネボウリサージを購入した場合の送料は無料です。 ツルハオンラインストアでは税込み2980円以上の購入で送料が無料になります。 カネボウリサージシリーズの化粧水はすべて3000円以上の値段なので、ツルハ通販サイトで購入すれば送料は無料です。 わざわざ近隣の店舗に行って購入すると移動費として車のガソリン代や電車代などがかかります。 送料無料で届けてくれるのでカネボウリサージをツルハで購入するときは、通販サイトで買うのがトータルコストでお得ですね。 安いニキビ化粧水について ニキビ化粧水は安いのが決してコスパが良いものとは限りません。 ニキビを改善できるかどうかは、化粧水に含まれる成分によって左右されます。 つまり、改善する成分の種類や量などがポイントになります。 ドラッグストアには2000円以下の比較的安い化粧水がありますが、陳列されている種類が多いので片っ端から成分を見るのは現実的ではないですよね。 そこで、安いわりに良さそうだからという気持ちで化粧水を購入し、失敗してお金を無駄にしないために、一般の店舗で販売しているニキビ化粧水を比較してみました。 高いニキビ化粧水について ニキビ化粧水のコスパについて 1000円以下のニキビ化粧水について ニキビ化粧水にはナチュリエスキンコンディショナーや美顔水など、ドラッグストアで買える1000円以下の商品も多く、お小遣いの範囲で購入しやすいものもあります。 しかし、何mlのボトルで、1回あたりどれくらいの使用量で、どれくらい持つかは化粧水の浸透力や馴染むかで変わるので、一概に1000円以下の化粧水がコスパ最高!とはならないんです。 ニキビを絶対に治したいと思うのであれば、有効成分が何種類含まれているかでも効果が変わるので、悩みを解消したい人ほど比べてみるのをおすすめします。 1000円ではありませんが、オルビスクリアは1200円で3週間も試せるサンプルを販売しています。 安くて優秀と評判なのでドラッグストアのニキビ化粧水しか試したことがない方におすすめです。 安いニキビ化粧水の口コミ 安いニキビ化粧水もものによっては効果がない場合があるので安さだけで決めては損してしまいます。 だからといって高い化粧水が良いかというとそうではありません。 重要なのは自分が悩んでいるニキビの種類に適した成分が含まれているかが重要です。 1000円のニキビ化粧水でも自分が求める成分が含まれていれば安くてもOKです。 安いからと言って飛びつくと損することが多いです。 口コミでは安くても優秀!と紹介しているものもあります。 しかしそれらは安い部類の化粧水の中では比較的優秀という意味です。 巧みな言葉には踊らされないようにしたいですね。 市販の商品は価格が安くて10代のでも無理せず買えるものが多いですが、値段のわりに効果が低い可能性があります。 市販の店頭に並んでいる商品というのは、販売するお店の利益も上乗せされて値段が決められています。 価格が控えめのプチプラニキビ化粧水は、お店の利益や開発メーカーの利益を抜くと純粋に商品の製造コストは少なくなります。 つまり、ニキビを治すための有効成分をその分配合することができないということになります。 市販の商品全てが当てはまるわけではありませんが、特にプチプラ商品は、ビタミンB2やビタミンB6、ビタミンCなおdの抗炎症成分も比較して少ない可能性が高まりますし、新しく発見された新成分なども配合することはできません。 これはニキビ化粧水だけでなく、乳液など全てに言えます。 一方通販がメインで展開しているメーカーの強みは、販売店の利益や広告費が低く抑えられるため、その分ニキビを治す成分を多く含められることにあります。 例えば、市販のニキビ化粧水だと保湿のために化粧水を重ね付けをする方がいます。 通販の質の良いニキビ化粧水を選べば1本で済むところを2種類必要になるため結果的にコスパが悪いことをしていることになります。 特に、治りにくい大人ニキビをしっかり改善したい場合は、市販以外の商品をおすすめします。

次の