イン マヌエル。 Immanuel Omiya Christ Church インマヌエル大宮キリスト教会

インマヌエル静岡キリスト教会

イン マヌエル

「悲しむ者は幸いです。 その人たちは慰められるからです。 」 (新約聖書・マタイの福音書5章4節) 悲しみと不安に満ちたこの世を生きる私たち 痛ましい事件や事故、地震や台風などの自然災害、猛威を振るうウイルスなどにより、命を落とす人のニュースを目にしない日はありません。 自分の身近な人が突然この世からいなくなることもあります。 この世は何と悲しみに満ちていることでしょうか。 それでも日々を何とか過ごすことができるのは、私たちを慰め、励ましてくれる人がいるからです。 たとえ、そのような人が身近にいなかったとしても、神様はいつも共にいて、慰めて下さっています。 何と幸いなことでしょうか。 一寸先は闇ですから、私たちの行く手には何が待ちかまえているか分かりません。 この世は不安に満ちています。 そんな中でも神様が共にいて下さるなら、私たちは恐れることなく前に進んで行くことができます。 たとえ死の陰の谷を歩むとしても、私は災いを恐れません。 あなたが共におられますから。 (旧約聖書・詩篇23篇4節).

次の

インマヌエル静岡キリスト教会

イン マヌエル

コロナ禍の中で感染予防に配慮しながら、今月から礼拝が再開されて一か月、 通常の営みにはまだ戻れませんが、主の見守りを感謝しましょう。 特に医療や教育などに携わっておられて礼拝出席を控えておられる兄姉のためにも祈りましょう。 〇祈祷会再開のお知らせ。 (礼拝堂にて) 3月からお休みしていました祈祷会を7月から再開いたします。 当面、水曜日午前10時30分〜11時30分のみといたします。 夜はお休みです。 教会での滞在時間を少なくするため、会堂清掃はしばらく牧師たちがいたします。 (浦和教会も祈祷会を再開。 田中進牧師が毎週木曜日午後1時30分から2時30分を担当します。 ) 〇先週は7月6日に持たれる教団運営委員会に備えて、信徒局の運営委員会が木曜日に、 続いて神学院の運営委員会が金曜日にそれぞれ在宅でオンラインで会議がなされました。 新しい形態での会議が少しずつ定着してきました。 〇先週届きました今年度の「祈りのネットワーク」に余分があります。 必要な方はお申し出ください。 200円でお分けいたします。 〇田中牧師の火曜日の本部での奉仕も当分の間、オンラインでなされています。 再掲 〇ウイルス感染予防で教会に出席できない方のために、 礼拝説教の配信は可能な限り録画配信 主牧担当 を継続します。 やむを得ず録画できないこともありますが、その時はご容赦ください。 教会のホームページでご確認ください。 〇5月31日 日 の午後、教会運営委員会を開催し、今後のことについて確認の時を持ちました。 共有したい幾つかを記します。 ・しばらくの間、礼拝を一時間程度とします。 ・礼拝後も滞在時間を短くする。 ・教会での飲食 ランチタイム・聖餐式 もしばらく休止。 ・礼拝中もマスクを着用し讃美歌は口ずさむ程度にする。 ・教会備品のスリッパは、かごのなかに返す(消毒のため)。 ・互いの挨拶も、非接触で距離を保つ ・組会の例会などは7月以降の実施を検討する。 ・礼拝の受付などの奉仕は、当務表を作成せず、しばらく有志が奉仕する。 ・Be-Wise海の日コンサートを延期し、後日実施する。 ・祈祷会は水曜午前の1時間とし、再開時期は検討中。 ・各組会のネットワークを充実させ、今後の緊急連絡網としても機能するようにしたい。

次の

インマヌエル

イン マヌエル

インマヌエル本部事務局からのお知らせ 7~8月の本部業務について 毎週火曜日のみ、午後1時~4時までに限り業務を再開いたします。 総務局職員が1名常駐しております。 緊急の連絡、お問い合わせなどは、下記のインマヌエル板橋教会 寺村秀嗣まで御連絡ください。 jp 7~8月の出版部の業務 出版部は毎週木曜日、午後1時~4時に限り業務を再開します。 職員が1名常駐します。 至急の際や部に職員不在の場合は越谷教会までご連絡ください。 大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。 全国教会 牧師先生・信徒の皆さまへ 「新型コロナウィルス感染拡大への対応について」 内山 勝・代表 主の御名を讃美申し上げます。 「主は彼らとともに働き... 」 マルコ16:20 新型コロナウイルス感染が急激に世界的な広がりを見せており、日本においても、いつ 「緊急事態宣言」が発令されてもおかしくない状況にあります。 そのような中で、先生方 ・信徒の皆さまが心を合わせて、キリストのからだである教会を祈り支えておられますこ とは誠に尊いことです。 さて、今後想定されることについての、おおよそのガイドラインを確認しておくことが 必要と考えました。 以下に記すことを心に留めていただけますと幸いです。 I もしも緊急事態宣言、あるいはそれに近い要請が発令された場合 現在の首都圏 教会として社会的責任を果たすため、良識をもって感染拡大防止への協力をしましょう。 具体的には、教会に集まることを自粛するということです。 不用意に集会を継続したことによって、感染源となった教会の例がいくつもありま す。 これでは良い証しとはなりません。 求道者にもつまずきの原因となります。 しかし、キリスト者にとって礼拝 祈祷会 は、霊的な営みにおいて欠くことので きないものですから、教会に集まれないなら、インターネットライブ配信によって礼拝 を共に捧げたり スマホで無料で配信することができます 、郵送・メールで週報・説 教メモを送り、それぞれの家庭で礼拝をささげられるようにするなど、可能な方法を探 り求めて、礼拝を捧げ続けたいものです。 また、色々な方法で互いの消息を分かち合 い、祈り合って霊の一致を保ち、互いに励まし合う関係を築きましょう。 II 現在のような緩やかな自粛要請に対して 首都圏以外の地域 地域差がありますので一律に扱うことができませんが。 教会が三密 密閉・密集・密接 の環境にならないように、窓を開け換気する、席と席の間を開ける、短時間で行う、 食事を共にしない、アルコール消毒やマスク着用など、感染防止のためのあらゆる努力 をしましょう。 教会には持病を持った方、高齢者、乳幼児など、弱い立場の方々もおられますが、無 症状で元気な方との接触によって弱い方が感染することのないよう、特に配慮して、休 んでいただく措置が必要かもしれません。 その場合、集会を休むことへの罪悪感を払拭 して差し上げましょう。 出席するしないの判断について、互いに裁き合うようなことに ならないよう注意しましょう。 地域差がありますので、教団から細々と個別の要請はいたしません。 教会の決断を尊重します。 判断が難しい場合は教区主事・BAにご相談ください。 また、 教区主事 BA 経由で教団にお知らせください。 感染者には寛容でありましょう。 2千年間の歴史において、教会は様々な攻撃を内外から受け続け、それでもたくましく 生き延びてまいりました。 それは主ご自身が、ご自分のからだである教会を守ってくださ ったからに他なりませんが、からだである教会の一人一人が心を合わせて祈り、主を信頼 して真実に仕えてきたからでもあります。 今、社会は不安と恐れに満ちています。 希望を見出せない人々も多いと思います。 その ような時だからこそ、教会が輝くチャンスでもあります。 教会に集まることができないな ら、他の方法を用いて、いろいろな人と繋がることが可能ではないでしょうか。 手をこま ねいていないで、できることを何でもしてみようではありませんか。 近くに遠くに困っている教会はありませんか。 手を差し伸べることができないでしょう か。 ライブ中継が既にできる教会は、それがまだできない教会の皆さんと一緒に、礼拝を ささげることができるかもしれません。 こうしたことについても、 神さまが、私たちに 気づきを与え、良い知恵をあたえてくださいますように。 すべての事がともに働いて益となることを、私たちは知っているのですから。 愛する皆さまに、限りない主の恵みがありますように。 2020年 4月 1日 代表 内山 勝 75次年会:内山 勝代表メッセージ 年会ができないまま新年度に踏み込むことになりましたので、ささやかながら全国教会に向けてショートメッセージを発信しようと思いました。 名古屋教会での祈り会で急遽、撮影が行われました 画素数が荒いので、教会や大きな画面で皆さんで観るようなものではありません。 小さい画面で見ていただければと思います。 (内山 勝 代表) イムマヌエル綜合伝道団とは? ちょっと不思議な名前?と感じられるかもしれませんが、三年前に創立70周年を迎えた伝統的なキリスト教(プロテスタント)の教団(教会の集まり)です。 「イムマヌエル」とは、インマヌエル(Immanuel の昔の表記で「神はわれらとともにおられる」の意味です。 「綜合伝道団」とあるのは、宣教のみならず、医療、教育、農耕を含む総合的な伝道を目指してて発足したことによりつけられました。 日本全国に113の教会があります。 「Immanuel General Mission」「IGM」と表記されることもあります。 どんな派(グループ)に属しているのでしょうか? キリスト教のプロテスタント諸派の中でも、18世紀に英国国教会の中から真理を求めて生み出されたの流れにつながっています。 らが追求し、確信し、宣布したの体験を重視しています。 神学的にはウェスレアン・アルミニアン主義、あるいはメソジスト主義、一般にはと呼ばれるグループに属しています。 教団本部:お問い合わせ TEL:03-3291-1308 FAX:03-3291-1309 e-mail:honbu immanuel. jp 時間:10:00~16:00:オフィス電話応対受付:火曜日 聖書・讃美歌 聖書はを、讃美歌は、「インマヌエル讃美歌150」、などを用いています。 それぞれの教会には、備え付けの聖書や讃美歌が用意してありますので、はじめて教会へおいでの方は、お持ちにならなくても大丈夫です。 礼拝や集会などでの献金は、自由です。 強制ではありません。 Facebookページは下記、「いいね!」で応援をお願いいたします。

次の