オラ ドール トローチ。 オラドールトローチの効果と副作用

オラドールトローチ0.5mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

オラ ドール トローチ

はじめに オラドール・オラドールSトローチは、 口腔内・咽頭の殺菌目的で用いられるトローチ薬です。 風邪等で喉が痛いとき、抜歯後などに用いられます。 有効成分は、ドミフェン臭化物。 オラドールはハッカ風味、オラドールSはいちご味です。 今回は、オラドール・オラドールSトローチについて、その効果効能、副作用や注意点について紹介します。 目次 オラドール・オラドールSトローチってどんな薬? オラドール・オラドールSトローチは ドミフェン臭化物を有効成分とする殺菌剤です。 咽頭炎、扁桃炎、口内炎、抜歯創を含む口腔創傷の感染予防に用いられます。 オラドール・オラドールSトローチともに、2009年7月に販売開始しました。 効能・効果 咽頭炎、扁桃炎、口内炎、抜歯創を含む口腔創傷の感染予防 引用:オラドールトローチ0. 5mg/オラドールSトローチ0. 5mg オラドール・オラドールSトローチって何の病気に使えるの? のどの痛みや口内炎、抜歯後の感染予防などに用いられます。 オラドール・オラドールSトローチってどうやって効くの? オラドール・オラドールSの有効成分であるドミフェン臭化物は、陽イオン界面活性剤です。 界面活性剤は、脂肪を変性させる効果があり、細菌の細胞壁および細胞膜を機能させなくさせることで、死に至らせます。 オラドール・オラドールSトローチの一般的な使う量と回数 用法・用量 ドミフェン臭化物として、通常1回0. 5mg(本剤1錠)を1日3~6回投与し、口中で徐々に溶解させる。 なお、症状により適宜増減する。 引用:オラドールトローチ0. 5mg/オラドールSトローチ0. 5mg トローチ剤なので、なめて使用します。 回数は症状によりけりなので、医師の指示に従ってください。 医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。 オラドール・オラドールSトローチの副作用 副作用として主に報告されているのは 、胃が重たい・お腹が重たい・悪心・下痢といった消化器症状、舌のしびれなどです。 違和感を感じたら、使用を中止して医師に相談してください。 オラドール・オラドールSトローチで気を付けることは? のみこまないこと トローチなので、なめてゆっくり溶かすことで、口腔内・咽頭に持続的に効果を発揮します。 のみこむと効果が失われるので、注意してください。 オラドール・オラドールSトローチのジェネリック(GE)ってあるの? ジェネリックは2018年6月現在販売されていません。 オラドール・オラドールSトローチの市販薬(OTC)ってあるの? OTCは2018年6月現在販売されていません。 まとめ オラドール・オラドールSトローチは有効成分ドミフェン臭化物の、咽頭炎、扁桃炎、口内炎、抜歯創を含む口腔創傷の感染予防に用いられるトローチ薬です。 細菌の細胞膜及び細胞壁を破壊することで、殺菌作用をもたらします。 使用に際しては、医師の指示に従うようにしてください。 関連する薬•

次の

喉に効く市販のおすすめトローチ厳選4種類を紹介!|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

オラ ドール トローチ

1.コンビニで買えるトローチは主に「指定医薬部外品」 コンビニには通常、普通の店員さんはいますが、医薬品登録販売者や薬剤師がいることはまだまだ少ない状況です。 医薬品登録販売者や薬剤師がいない店舗で販売できるのは医薬部外品に限られます。 つまりコンビニで扱っているトローチも基本的には医薬部外品ということになるのです。 ただし例外として医薬品登録販売者や薬剤師がいる場合は、医薬部外品だけでなく第三類医薬品や第二類医薬品などの医薬品もコンビニで扱っていることがあるでしょう。 現状、コンビニに登録販売者や薬剤師がいることはまだまだ少ないので、ここではコンビニにあるトローチは指定医薬部外品がほとんどであるという体で話を進めていきます。 1-1. 「指定医薬部外品」は「医薬品」よりも効果がマイルド コンビニで取り扱いの多い指定医薬品とはそもそも何なのか、まずはそこからご説明していきましょう。 指定医薬部外品とは、効能効果が認められている成分が入っているものの、作用がおだやかで安全性が高いものです。 2.コンビニと薬局のトローチを比較 トローチはどこで買っても同じような見た目をしていて、箱を見ても違いがわかりにくいです。 そのためかトローチならどれを選んでも効果が同じだと思われている方も結構多くいます。 トローチはどれでも同じなのかという点について、コンビニで手に入る指定医薬部外品のトローチと、薬局やドラッグストアで手に入る第二類医薬品を例に見ていきましょう。 2-1. ルルトローチ(指定医薬部外品) こちらは登録販売者や薬剤師のいないコンビニでも手に入る指定医薬部外品のトローチです。 〈成分〉 ・デカリニウム塩化物 ・キキョウエキス ・カンゾウ抽出粉末 〈効能効果〉 ・のどの炎症による痛み、腫れ、荒れ、声がれ、不快感 ・口腔内の殺菌、消毒 ・口臭の除去 デカリニウム塩化物は殺菌成分ですね。 口腔内の細菌をやっつける目的で配合されています。 キキョウエキスは痰を出しやすくする成分、カンゾウ抽出粉末は炎症を抑える目的で配合されている成分です。 つまりルルトローチに配合されている成分には、以下の3つの効果があると言えます。 ・殺菌作用 ・去痰作用 ・抗炎症作用 喉がイガイガする方はもちろん、痰が少しからむ方でも使える処方です。 2-2. ベンザブロックトローチ 24錠(第二類医薬品) では次に第二類医薬品に分類されるベンザブロックトローチの詳細を見てみましょう。 これはルルトローチにはなかった効能効果ですね。 デキストロメトルファンフェノールフタリン塩は咳を抑える成分、グアヤコールスルホン酸カリウムは痰を出しやすくする成分、セチルピリジニウム塩化物水和物は殺菌成分です。 グアヤコールスルホン酸カリウムにも弱い殺菌作用があります。 つまりベンザブロックトローチに配合されている成分には以下の効果があることになります。 ・鎮咳作用 ・去痰作用 ・殺菌作用 喉も痛くて痰や咳も気になる方に向いている処方ですね。 デキストロメトルファンフェノールフタリン塩もグアヤコールスルホン酸カリウムも、医薬品区分は第二類です。 この他の鎮咳成分や去痰成分も多くは第二類として区分されているため、咳や痰が気になる場合はコンビニではなく薬局でトローチを探した方が合うものを見つけやすいでしょう。 3.症状に合ったトローチが欲しいなら薬局で買うのをおすすめ ルルトローチとベンザブロックトローチを見てみると、効能効果に違いがあることがわかりました。 一見するとトローチはどれも同じ形をしているので、トローチを購入する際に入っている成分を気にすることはあまりないかと思います。 ですがよく見てみると咳に効く成分が入っていたり炎症を抑える成分が入っていたりと若干ではありますが効能効果に差があるのです。 とりあえず喉がイガイガするからトローチが欲しいという場合であれば、コンビニで売っているものでも事足りるでしょう。 しかし喉も痛いし、咳もある、痰も気になるといったように、複数の症状が出ている場合は薬局で買うのがおすすめです。 薬局の方がトローチの選択肢が多いというのもありますが、必ず登録販売者や薬剤師がいるのでお薬について相談しやすいのもあります。 また薬局であればトローチ以外のお薬も充実しているため、より症状に合わせたお薬を手に入れやすいのです。 症状次第では病院の受診をすすめてくれることもあるでしょう。 ただの風邪だと思っていたら胃腸の病気だったり、薬の副作用だったりすることもまれにあります。 4.病院で処方されるトローチとの違い トローチといえば、病院で処方されることもありますよね。 では病院のトローチとコンビニや薬局のトローチに差はあるのでしょうか。 トローチを貰った患者さんの反応を見ていると、「病院で貰うトローチはよく効く」という反応が多いような気がします。 よく見かけるのは水色や緑色をしたSPトローチでしょう。 主成分はデカリニウム塩化物です。 他の成分は入っていません。 これはルルトローチにも殺菌作用を目的として配合されていましたね。 驚くことにコンビニでも買える指定医薬部外品のルルトローチと、病院でしか貰えないSPトローチを比べると、同じ成分が使われているだけでなく、コンビニのトローチの方が去痰剤や抗炎症剤などいろいろと配合されているのですね。 ルルトローチは6錠中にデカリニウム塩化物が0. 75mg、SPトローチは3錠中に0. 75mg含まれています。 どちらも1日最大6錠まで服用可能なので、病院で貰うSPトローチの方が1日に摂取する成分量としてはちょうど倍量になります。 これを見てどう思うでしょうか。 たしかに病院のトローチの方がデカリニウム塩化物の量は多いですが、それ以外の特徴はありません。 コンビニや薬局で買えるトローチの方が鎮咳成分や去痰成分、抗炎症成分が配合されているので、より細かな症状に合わせて選ぶことが可能です。 もちろん病院に行けば症状に合わせてトローチ以外に咳止め薬や痰を薄めるお薬が処方されるでしょう。 しかし単純にトローチだけで比較した場合は、病院のトローチもコンビニや薬局のものも大きな差はないのです。 まずは市販薬で様子を見て、1週間以上症状が続く場合は病院に行って詳しく検査してもらうといった選択でもよいでしょう。 5.おわりに コンビニに売っているトローチは、主に指定医薬部外品と呼ばれるものです。 作用が緩やかで副作用が少ないものが該当します。 コンビニでも登録販売者や薬剤師がいれば第三類医薬品や第二類医薬品なども購入できますが、品数が多くいつでも薬の相談相手がいる薬局で買う方がより自分の症状に合ったお薬を見つけることができるでしょう。

次の

オラドールトローチ味・妊娠・授乳中の使用

オラ ドール トローチ

トローチ剤を患者様へお渡しする際は「噛まずに舐めて使用してくださいね」という程度の説明をすることが多いのですが、以下にSPトローチの働きについてまとめてみました。 また、カンジタ菌というカビ(真菌)に対しても抗真菌作用(静菌作用)があることがインタビューフォームには記されていますが、実際の臨床ではもっと優れた薬がありますのでSPトローチがメインで使用されることがないかと思われます。 また、溶血性連鎖球菌に対しても、試験管内(in vitro)のデータでは最小発育阻止濃度6. また、SPトローチは「噛まずに舐めて使用する」製剤ですが、実際に唾液中では抗菌力が若干低下するものの、十分な静菌作用が確認されています。 SPトローチ噛み砕いて飲み込んでしまっては、口腔内の殺菌作用がなくなってしまいますので、SPトローチは舐めて溶かして溶けた液を口腔内に広めるようお伝えすることが有益です。 また、SPトローチは陽イオン界面活性剤としての性質で静菌効果を示しますので、食後すぐ(食べ物のカスが口の中に残っている状態)よりは歯を磨いてからSPトローチを使用するほうが、しっかりとした効果が発揮されるかと思います。 日本国内では使用歴はありませんが、海外ではSPトローチの成分10mgを含む膣錠剤が細菌性腟炎の治療剤として使用されていますので、グラム陽性菌に対する十分な効果が確認されています。 さらにアメリカではデカリニウム塩(SPトローチの成分)を含む抗寄生虫剤としてマラリアを治療するとしても使用されています。 sp-troche 尚、SPトローチほどの処方頻度はないかもしれませんが、同様のトローチ剤であるオラドロールトローチ(ドミフェン臭化物)についても調べてみたところ、オラドールトローチもSPトローチ同様に陽イオン界面活性剤による殺菌作用を薬理作用とするトローチ剤ですが、細菌に対するはたらきは、細胞壁外膜及び細胞膜を急激に破壊することによる殺菌作用と記されています。 さらに、オラドールトローチはグラム陽性菌・グラム陰性菌・真菌・ウイルスに対しても強い殺菌作用を示すことが記されています。 急性感染性歯科疾患において、オラドールトローチを2日間使用すると、口腔内の疼痛および炎症の有意な減少が報告されております。 SPトローチもオラドールトローチも咽頭炎・扁桃炎・咽頭乾燥などの疾患に対する効果は60~80%程度とされています。

次の