ゆうちょ銀行 振込手数料。 手数料一覧

お振り込み・ATM利用手数料|手数料一覧|MONEYKit

ゆうちょ銀行 振込手数料

ゆうちょ銀行の振込手数料 ー 料金(振込手数料)は1件あたりで消費税込。 ゆうちょ銀行のサイトをもとにガイドが作成。 ゆうちょ銀行は、銀行の他、信用金庫、農協などとも相互振込可 ゆうちょ銀行と他の金融機関でお互いに振込ができるようになったのは、全国銀行データ通信システムにつながったからです。 全国銀行データ通信システムには、 都市銀行、地方銀行、信託銀行、第二地銀協加盟銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など、全国の約1400の金融機関が加盟しています。 つまり、銀行に加えて全国の信用金庫などともお互いに振込ができるようになったということです。 ゆうちょ銀行から他行への振込は、窓口・ATM・ネットから ゆうちょ銀行から他行への振込には現金は使えず、口座のお金を、ゆうちょ銀行や郵便局の窓口(簡易郵便局の窓口では取り扱わず)、ゆうちょ銀行ATM、ゆうちょダイレクトから振り込みます。 ゆうちょ銀行では「送金」という言葉を使うため、ATM画面では「 他行口座への送金」ボタンを押して行います。 ATMでは一日あたりの振込限度額があり原則として50万円までとなっています。 ゆうちょダイレクトを使うには、事前に申し込みが必要です。 パソコンやスマートフォンで振込ができます。 わざわざATMまで足を運ばなくても、自宅のパソコンや、外出先ではスマートフォンで振込できるので便利ですね。 ちなみに、ゆうちょ銀行からは、インターネット専業銀行にも振込ができます。 ネット銀行の場合、通常の銀行口座のように「新宿支店」などの地名がついた支店名がなく、独自の支店名をつけていたりします。 ネット銀行に振り込む際は、あらかじめ店番だけではなく店名を確認しておきましょう。 実はややこしいのが、他の金融機関から、ゆうちょ銀行への振込です。 他行からゆうちょ銀行への振込には、専用の店名と口座番号が必要 他の金融機関からゆうちょ銀行へ振り込む際、注意点があります。 それは、ゆうちょ銀行の記号・番号では振り込まれないことです。 一般の銀行とゆうちょ銀行では、口座番号の桁数などが違うため、振込専用の店名や口座番号を使う必要があるのです。 ゆうちょダイレクトを使えば、わざわざ窓口やATMまで足を運ばなくても振込ができる ゆうちょ銀行の口座に振り込む際には、振込専用の店名・口座番号であることを確認しましょう。 自分のゆうちょ銀行の口座に振り込んでもらうこともあるでしょう。 振込専用の店名・口座番号をご存知でしょうか? 最近ゆうちょ銀行に口座を作った人や、新しい通帳に繰り越した人は、振込用の店名や口座番号が通帳に記載されているはずですから、確認しましょう。 しかし、かなり前に口座を作った人は通帳に記載されていないと思われるので、次の方法で確認してください。 ゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口で通帳に記載してもらう• ゆうちょ振込お問合せセンター0120-253811に電話して確認する• ゆうちょ銀行サイト内にある「」のページで記号・番号を入力して確認する ゆうちょ銀行には民営化前から支店はありませんでした。 どこの郵便局でも口座を作ることができ、一度作った口座でどこの郵便局でも出し入れや解約ができるのが郵便貯金の特徴でした。 民営化後も、この仕組みは変わっていません。 ゆうちょ銀行になった後も残る、他の銀行との大きな違いです。 ところが、全国銀行データ通信システムに接続しての振込には支店名が必要であるため、記号・番号をもとに、振込専用の店名・口座番号が設定されました。 店名は、例えば「〇〇八」などで、「ゼロゼロハチ」と読み、銀行ATMで振り込む際は、店名の最初の1文字は「セ」を選択します。 ゆうちょ銀行に口座を持っているなら、振り込んでもらう予定がすぐにはなくても、一度ゆうちょ銀行の窓口に行って、通帳に、振込用の口座番号を記載してもらっておくことをおすすめします。 ゆうちょ銀行の口座に振り込む、あるいは振り込んでもらう際に、特に注意したいのは、店名、口座番号のふたつ。 振込手数料は、振込を行う金融機関により異なります。 【関連記事】•

次の

振込手数料を徹底比較!他行宛てでも無料でお金を振り込む方法|@DIME アットダイム

ゆうちょ銀行 振込手数料

振込手数料• 手数料には、消費税相当分が含まれています。 振込手数料 (一回あたり) ご利用区分 3万円未満 3万円以上 窓口 同一店内宛 330円 550円 当行本支店宛 他行宛 電信扱 660円 880円 文書扱 ATM (現金)• 10万円を超えるお振込みはお取扱いできません。 同一店内宛 220円 440円 当行本支店宛 他行宛 550円 770円 ATM (キャッシュカード)• 別途が必要となる場合があります。 同一店内宛 無料 当行本支店宛 110円 220円 他行宛 330円 550円 ATM (千葉銀行のキャッシュカードによる提携銀行宛振込)• 千葉銀行のキャッシュカードで提携銀行のATMを使ってお引出し・お振込をした際の手数料の割引があります。 提携銀行宛• 常陽銀行• 横浜銀行• きらぼし銀行• 武蔵野銀行• 筑波銀行• 山梨中央銀行 110円 220円• (個人のお客さま向けサービス) インターネットバンキング モバイルバンキング 同一店内宛 無料 当行本支店宛 他行宛 220円 440円• (個人のお客さま向けサービス) テレフォンバンキング(自動音声) 同一店内宛 110円 220円 当行本支店宛 他行宛 220円 440円• (法人のお客さま向けサービス) 同一店内宛 無料 当行本支店宛 110円 330円 他行宛 電信扱 440円 660円• ちばぎんマイアクセスは、個人のお客さまが電話・インターネット・携帯電話で銀行取引をご利用いただけるサービスです。 EBとは、ちばぎんインターネットEBサービス<Web-EB>などの法人向けエレクトロニック・バンキングを指します。 「同一店内宛」とは、お受取人の口座のある当行本支店(窓口及びその支店に所属するATM)からのお振込みを指します。 ただし、ちばぎんマイアクセス、EBをご利用の場合は、振込資金の引落口座とお受取人の口座が同じ場合を指します。 なお、コンビニATM(イーネット・セブン銀行・ローソン銀行)および一部の当行ATMからの当行キャッシュカードによる当行宛のお振込みは、当行本支店扱となります。 店舗内店舗へ移転した支店と、移転先の支店間の振込(例、「中央支店・京成駅前支店間」)における窓口・ATM振込手数料は「同一店内」扱いとなります。 訂正・組戻料 項目 手数料額 振込訂正料 880円 送金・振込組戻料 定額自動送金手数料 取扱手数料 (一回あたり) 1回 110円 振込手数料 ご利用区分 3万円未満 3万円以上 同一店内宛 110円 220円 当行本支店宛 110円 220円 他行宛 440円 660円 2019年12月1日現在.

次の

ゆうちょ銀行を手数料無料で便利に使うには?【動画でわかりやすく解説】 [銀行・郵便局] All About

ゆうちょ銀行 振込手数料

ゆうちょ銀行の振込手数料 ー 料金(振込手数料)は1件あたりで消費税込。 ゆうちょ銀行のサイトをもとにガイドが作成。 ゆうちょ銀行は、銀行の他、信用金庫、農協などとも相互振込可 ゆうちょ銀行と他の金融機関でお互いに振込ができるようになったのは、全国銀行データ通信システムにつながったからです。 全国銀行データ通信システムには、 都市銀行、地方銀行、信託銀行、第二地銀協加盟銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など、全国の約1400の金融機関が加盟しています。 つまり、銀行に加えて全国の信用金庫などともお互いに振込ができるようになったということです。 ゆうちょ銀行から他行への振込は、窓口・ATM・ネットから ゆうちょ銀行から他行への振込には現金は使えず、口座のお金を、ゆうちょ銀行や郵便局の窓口(簡易郵便局の窓口では取り扱わず)、ゆうちょ銀行ATM、ゆうちょダイレクトから振り込みます。 ゆうちょ銀行では「送金」という言葉を使うため、ATM画面では「 他行口座への送金」ボタンを押して行います。 ATMでは一日あたりの振込限度額があり原則として50万円までとなっています。 ゆうちょダイレクトを使うには、事前に申し込みが必要です。 パソコンやスマートフォンで振込ができます。 わざわざATMまで足を運ばなくても、自宅のパソコンや、外出先ではスマートフォンで振込できるので便利ですね。 ちなみに、ゆうちょ銀行からは、インターネット専業銀行にも振込ができます。 ネット銀行の場合、通常の銀行口座のように「新宿支店」などの地名がついた支店名がなく、独自の支店名をつけていたりします。 ネット銀行に振り込む際は、あらかじめ店番だけではなく店名を確認しておきましょう。 実はややこしいのが、他の金融機関から、ゆうちょ銀行への振込です。 他行からゆうちょ銀行への振込には、専用の店名と口座番号が必要 他の金融機関からゆうちょ銀行へ振り込む際、注意点があります。 それは、ゆうちょ銀行の記号・番号では振り込まれないことです。 一般の銀行とゆうちょ銀行では、口座番号の桁数などが違うため、振込専用の店名や口座番号を使う必要があるのです。 ゆうちょダイレクトを使えば、わざわざ窓口やATMまで足を運ばなくても振込ができる ゆうちょ銀行の口座に振り込む際には、振込専用の店名・口座番号であることを確認しましょう。 自分のゆうちょ銀行の口座に振り込んでもらうこともあるでしょう。 振込専用の店名・口座番号をご存知でしょうか? 最近ゆうちょ銀行に口座を作った人や、新しい通帳に繰り越した人は、振込用の店名や口座番号が通帳に記載されているはずですから、確認しましょう。 しかし、かなり前に口座を作った人は通帳に記載されていないと思われるので、次の方法で確認してください。 ゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口で通帳に記載してもらう• ゆうちょ振込お問合せセンター0120-253811に電話して確認する• ゆうちょ銀行サイト内にある「」のページで記号・番号を入力して確認する ゆうちょ銀行には民営化前から支店はありませんでした。 どこの郵便局でも口座を作ることができ、一度作った口座でどこの郵便局でも出し入れや解約ができるのが郵便貯金の特徴でした。 民営化後も、この仕組みは変わっていません。 ゆうちょ銀行になった後も残る、他の銀行との大きな違いです。 ところが、全国銀行データ通信システムに接続しての振込には支店名が必要であるため、記号・番号をもとに、振込専用の店名・口座番号が設定されました。 店名は、例えば「〇〇八」などで、「ゼロゼロハチ」と読み、銀行ATMで振り込む際は、店名の最初の1文字は「セ」を選択します。 ゆうちょ銀行に口座を持っているなら、振り込んでもらう予定がすぐにはなくても、一度ゆうちょ銀行の窓口に行って、通帳に、振込用の口座番号を記載してもらっておくことをおすすめします。 ゆうちょ銀行の口座に振り込む、あるいは振り込んでもらう際に、特に注意したいのは、店名、口座番号のふたつ。 振込手数料は、振込を行う金融機関により異なります。 【関連記事】•

次の