クレジットカード マイル。 税金のクレジットカード払いでポイントやマイルを貯める方法【メリット・デメリットの比較】

クレジットカードで貯めるならマイルとポイントどちらがお得?|クレジットカードの三井住友VISAカード

クレジットカード マイル

JALマイルを貯める方法• JAL航空券を購入した時に、マイル還元率が高いクレジットカード。 JALの飛行機に乗った時に、追加でマイルが貰えるクレジットカード。 この3つを抑えておけば、良いわけ。 ショッピングでマイルが貯まるカードが欲しいなら、 クレジットカード決済時のマイル還元率だけ気にすればよい。 搭乗ボーナスマイルは、JALカードで決済する必要も有りませんからね。 ショッピング利用時のJALマイル還元率を比較 JALマイルに交換できるクレジットカードは意外と少なく、 ANAマイルに比べ、還元率が高いクレジットカードも限られてます。 JALカードだから、JALマイル還元率が高いわけでもなく、 他社クレジットカードの方が、JALマイル還元率も高くなってます。 5%なので、還元率を高くする場合、 マイル倍付けの「ショッピングマイル・プレミアム(年会費2,000円)」への加入も必須。 還元率は2倍となったところで、 最高1. 0%が限界です。 マイル還元率と言ったら、ダイナースカードプレミアムも有名ですが・・・ JALダイナースカードには、上位のJALダイナースカードプレミアムも存在しません。 JALカードを超える、JALマイル還元率の高いクレジットカードはというと、 と、 の2択となります。 他社クレジットカードのJALマイル還元率比較 年会費 還元率 年間移行上限 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 20,000円 1. 5万マイル ラグジュアリーカード(Black) 100,000円 0. 5万マイル ラグジュアリーカード(Titanium) 50,000円 0. 5万マイル リクルートカード 無料 0. 一般的な高還元率クレジットカードは、マイル交換しない方が良い。 マイルへの交換すると、ポイント価値は半減するし、 そもそも、JALマイルへ交換できるカードが少ないから。 アメックスカードやダイナースクラブカードも、 JALマイルへの交換は不可能です。 強いて上げるなら、ポイント還元率1. 2%のリクルートカード。 Pontaポイントは、 1ポンタ=0. 5JALマイルで交換できるので、 頑張って0. 6%のJALマイル還元率・・・ だったら、JALカード使った方が良いんじゃないかと。 JALマイルが貯まるビジネスカードは、更に限られており、 JAL法人カードでは、 ショッピングマイルは一切貯まりません。 JALドリームキャンペーンで、 80%の還元レートで交換可能となってます。 JAL航空券購入時のJALマイル還元を比較 JALマイルを貯める人は、JAL航空券も購入する事が多いハズ。 JAL航空券を購入した際の還元率は、また話が違います。 JALカードは、JAL航空券を購入時は、JAL特約店扱いで 還元率2倍となるので、 ショッピングマイル・プレミアムと併用で、 還元率2. 0%まで上がります。 JAL航空券を購入するなら、JALカードの還元率が高いです。 JAL航空券購入時の還元率比較(JAL特約店利用時) 年会費 ショッピングマイル ・プレミアム年会費 還元率 獲得上限 JALカード navi 無料 無料 2. JALプラチナカードだと、 アドオンマイルで 100円=2マイル追加なので、 マイル還元率4%へ。 アドオンマイル対象商品でのマイル付与率• JAL アメックス CLUB-Aゴールドカード: 100円=3マイル(マイル付与率2%)• JAL アメックス プラチナ: 100円=4マイル(マイル付与率4%)• アメックススカイトラベラープレミアカードは、 提携航空会社の航空券購入で ポイント5倍となるので、 ANAを含む27社で、マイル還元率5%となってます。 ただ、あくまで 航空券を購入した場合の話ですので、勘違いしないように。 JALカードの搭乗ボーナスマイル比較 JALカードは、JAL便に乗る場合にマイルが加算される。 JALカードで決済する必要は無く、所持するだけで特典適応。 JALカード会員になってしまえばOKという事です。 いずれの特典も、JALカード会員であればOKなので、 JALカードで航空券を購入する必要は有りません。 JALマイル還元率の高いクレジットカードまとめ JALカードを所持しているからといって、 JALで決済すると、ショッピング還元率で損します。 私は、JALカードは決済利用しないので、 マイル還元率2倍( 還元率1. 0%)のショッピングマイルプレミアム( 年会費2,000円)にも加入していません。 JAL航空券を購入する場合、JALカード特約店や、 プラチナカードのアドオンマイルは魅力的なのですが、 私の場合、JALの航空券を購入するのは、ほぼ仕事なので・・・ 事業費決済可能なにて航空券を購入。 プライベート決済の時はSPGアメックスカード。 私は、JALのJGCカードも持っていますが、これはステータス維持の為ですね。

次の

クレジットカードでマイルをためる

クレジットカード マイル

【クレジットカードでショッピングマイルが貯まる】 ・コンビニやスーパーでの買物 ・ネットショップの支払い ・電気料金など公共料金の支払い ・プロバイダや電話料金の支払い このような日常的な支払いにマイルが貯まるカードを使用すれば、不足しがちなフライトマイルを手軽に補うことができるのです。 現金決済派のマイラーの方は、これからは絶対にカード払いに切り替えた方がお得ですよ。 なぜなら特典航空券と交換すれば、1マイル当たりの価値は3倍以上にもなると言われているからです。 ショッピングマイル獲得は、クレジットカードの最もお得な利用法なんですね。 同じアライアンスのマイレージは相互乗り入れ可能 次に航空連合=アライアンスについても少しご説明しておきましょう。 以下が世界の3大アライアンスの名称です。 主な航空会社はこのいずれかに属しています。 スターアライアンス• ワンワールド• スカイチーム 各航空会社はそれぞれ独自のマイレージプログラムを持っていますが、同じ航空連合(アライアンス)同士であれば相互乗り入れできます。 例えば同じスターアライアンスに所属するユナイテッド航空とANAのマイレージ間では、このような交換が可能なのです。 通常カードでのマイル移行にメリットはない ところで普段使われている共通ポイントも、交換によってANAやJALのマイルに移行できることはどなたもご存知でしょう。 はJALマイルと相互交換できますし、はANAマイルに移行できます。 つまりマイルが貯まるクレジットカードを持っていなくても、交換によってマイルを手に入れることは可能なんですね。 しかし一般的なカードはマイル交換レートも低いですし、マイル獲得や旅行に役立つ特典もありません。 ただ交換できるというだけで、取り立ててお得な方法ではないのです。 でもこれからご紹介するマイルが貯まるクレジットカードなら、よりマイルが貯めやすいのはもちろんですし、旅行に役立つ特典など豊富なメリットがありますよ。 本格的にマイルを貯めたいのなら、やっぱりマイルが貯まるクレジットカードを持つ方がずっと効率的だよ。 フライトだけでなく日々のお買い物でもマイルが貯まるからね。 ANAマイルが貯まるおすすめのクレジットカード ではこれから実際にマイルが貯まるクレジットカードを順に見ていくことにしましょう。 最初にANAマイルが貯まるクレジットカードを3枚続けてご紹介します。 国内の航空会社ANAのマイルが直接貯まるので、初心者の方でも使いやすいですよ。 ショッピングで貯めたマイルは、特典航空券や座席のアップグレード、またANA SKYコインなどにに有効活用してくださいね。 コスパ最強!ANA VISA Suicaカード 最初にご紹介するのは、ANA VISA Suicaカードです。 このカードはフライトでANAマイルが、ショッピングではポイント(ワールドプレゼント)が貯まるマルチタイプです。 利用で効率よくポイントを貯めることができて、貯まったポイントはマイルに移行することができますよ。 ポイントをANAマイルに移行するには、以下2通りの方法があります。 手数料の6,000円は、移行した後ですぐに解約すれば毎年払う必要はありません。 5マイルコースなら手数料無料で交換が可能な点も魅力ですね。 また本体カードの年会費も免除条件で千円以下にできるので、カード維持費はかなり節約できますよ。 総合的に見て、ANA VISA Suicaカードのコストパフォーマンスは最高レベルです。 以下がその交換レートです。 9:1• また、ソラチカカードは陸マイラー必携のカードで、する事ができるカードでもあるのです。 電子マネーPASMOも標準搭載されてますから、空と陸両方からマイルを貯めやすいおすすめの1枚ですよ。 JRをよく利用する方ならSuicaチャージでマイルを貯められるANA VISA Suicaカード、PASMOを利用する方ならソラチカカード、リーズナブルな年会費で充実のサービスを希望ならANAアメックスがおすすめだね。 JALマイルが貯まるおすすめのクレジットカード 次にJALマイルを貯めている方におすすめのクレジットカードをご紹介しましょう。 JALマイルが貯まるクレジットカードはバリエーションが多く、交通系電子マネーとの相性が良いのが特徴です。 特定の沿線や地域にお住まいの方にお得なカードもありますので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。 マイルとJRE POINTが貯まる!JALカード Suica JALカード Suicaは陸も空もお得なクレジットカードとして大人気!利用に応じてJALマイルとJRE POINTがそれぞれ貯まります。 Suica一体型なので電車でのお出かけにもとても便利ですよ。 なおこれは全てのJALカードに共通することですが、年に3,000円(税別)追加してショッピングマイル・プレミアムに登録すれば、マイル付与率が2倍になります。 これは加盟店でJALマイルとTOKYU POINTが2重取りできる、大変お得なクレジットカードです。 貯めたマイルやポイントは相互交換可能ですから、使い方は正に自由自在。 と2枚持ちすればオートチャージでTOKYU POINTを2重取りできますし、貯めたマイルで電車やバスに乗ることも可能ですよ。 さらにのクレジットチャージでマイル2重取りできることもお見逃しなく。 このカードをJMB WAONに紐づけすれば、電子マネー利用200円ごとに3マイル(付与率1. 5%)獲得できます。 また搭乗時のボーナスマイルが割高なのも嬉しいですね。 これはJALマイルの他に小田急ポイントも貯まるお得なクレジットカードです。 このカードもPASMOオートチャージできるので、PASMOとの2枚持ちでしっかりマイルを貯めてください。 小田急百貨店ではポイント最大10%と高い付与率で、カード決済すればこれに加えてショッピングマイルも貯まります。 もちろんポイントとマイルは相互交換が可能ですよ。 海外旅行保険は補償内容はやや貧弱ですが、国内も自動付帯なのは珍しいですね。 また海外のみですがショッピングガード保険が付帯します。 お得な6つのオプションサービスがついています。 年会費は5,400円かかりますが、JAL CLUB ESTにはマイルが2倍になるショッピングマイル・プレミアムが含まれているほか、マイル有効期限の延長やボーナスポイント加算もあってコスパは最高です。 特にJALの特別ラウンジを年5回使えるのは、若い方には貴重な機会でしょう。 このカードの会員期限は、30歳になった最初のカード有効期限月の末日まで。 20代の方はお急ぎくださいね。

次の

クレジットカードでマイルを貯めるのはNG?【JAL・ANAマイルをドカンと稼ぐ裏技】

クレジットカード マイル

【クレジットカードでショッピングマイルが貯まる】 ・コンビニやスーパーでの買物 ・ネットショップの支払い ・電気料金など公共料金の支払い ・プロバイダや電話料金の支払い このような日常的な支払いにマイルが貯まるカードを使用すれば、不足しがちなフライトマイルを手軽に補うことができるのです。 現金決済派のマイラーの方は、これからは絶対にカード払いに切り替えた方がお得ですよ。 なぜなら特典航空券と交換すれば、1マイル当たりの価値は3倍以上にもなると言われているからです。 ショッピングマイル獲得は、クレジットカードの最もお得な利用法なんですね。 同じアライアンスのマイレージは相互乗り入れ可能 次に航空連合=アライアンスについても少しご説明しておきましょう。 以下が世界の3大アライアンスの名称です。 主な航空会社はこのいずれかに属しています。 スターアライアンス• ワンワールド• スカイチーム 各航空会社はそれぞれ独自のマイレージプログラムを持っていますが、同じ航空連合(アライアンス)同士であれば相互乗り入れできます。 例えば同じスターアライアンスに所属するユナイテッド航空とANAのマイレージ間では、このような交換が可能なのです。 通常カードでのマイル移行にメリットはない ところで普段使われている共通ポイントも、交換によってANAやJALのマイルに移行できることはどなたもご存知でしょう。 はJALマイルと相互交換できますし、はANAマイルに移行できます。 つまりマイルが貯まるクレジットカードを持っていなくても、交換によってマイルを手に入れることは可能なんですね。 しかし一般的なカードはマイル交換レートも低いですし、マイル獲得や旅行に役立つ特典もありません。 ただ交換できるというだけで、取り立ててお得な方法ではないのです。 でもこれからご紹介するマイルが貯まるクレジットカードなら、よりマイルが貯めやすいのはもちろんですし、旅行に役立つ特典など豊富なメリットがありますよ。 本格的にマイルを貯めたいのなら、やっぱりマイルが貯まるクレジットカードを持つ方がずっと効率的だよ。 フライトだけでなく日々のお買い物でもマイルが貯まるからね。 ANAマイルが貯まるおすすめのクレジットカード ではこれから実際にマイルが貯まるクレジットカードを順に見ていくことにしましょう。 最初にANAマイルが貯まるクレジットカードを3枚続けてご紹介します。 国内の航空会社ANAのマイルが直接貯まるので、初心者の方でも使いやすいですよ。 ショッピングで貯めたマイルは、特典航空券や座席のアップグレード、またANA SKYコインなどにに有効活用してくださいね。 コスパ最強!ANA VISA Suicaカード 最初にご紹介するのは、ANA VISA Suicaカードです。 このカードはフライトでANAマイルが、ショッピングではポイント(ワールドプレゼント)が貯まるマルチタイプです。 利用で効率よくポイントを貯めることができて、貯まったポイントはマイルに移行することができますよ。 ポイントをANAマイルに移行するには、以下2通りの方法があります。 手数料の6,000円は、移行した後ですぐに解約すれば毎年払う必要はありません。 5マイルコースなら手数料無料で交換が可能な点も魅力ですね。 また本体カードの年会費も免除条件で千円以下にできるので、カード維持費はかなり節約できますよ。 総合的に見て、ANA VISA Suicaカードのコストパフォーマンスは最高レベルです。 以下がその交換レートです。 9:1• また、ソラチカカードは陸マイラー必携のカードで、する事ができるカードでもあるのです。 電子マネーPASMOも標準搭載されてますから、空と陸両方からマイルを貯めやすいおすすめの1枚ですよ。 JRをよく利用する方ならSuicaチャージでマイルを貯められるANA VISA Suicaカード、PASMOを利用する方ならソラチカカード、リーズナブルな年会費で充実のサービスを希望ならANAアメックスがおすすめだね。 JALマイルが貯まるおすすめのクレジットカード 次にJALマイルを貯めている方におすすめのクレジットカードをご紹介しましょう。 JALマイルが貯まるクレジットカードはバリエーションが多く、交通系電子マネーとの相性が良いのが特徴です。 特定の沿線や地域にお住まいの方にお得なカードもありますので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。 マイルとJRE POINTが貯まる!JALカード Suica JALカード Suicaは陸も空もお得なクレジットカードとして大人気!利用に応じてJALマイルとJRE POINTがそれぞれ貯まります。 Suica一体型なので電車でのお出かけにもとても便利ですよ。 なおこれは全てのJALカードに共通することですが、年に3,000円(税別)追加してショッピングマイル・プレミアムに登録すれば、マイル付与率が2倍になります。 これは加盟店でJALマイルとTOKYU POINTが2重取りできる、大変お得なクレジットカードです。 貯めたマイルやポイントは相互交換可能ですから、使い方は正に自由自在。 と2枚持ちすればオートチャージでTOKYU POINTを2重取りできますし、貯めたマイルで電車やバスに乗ることも可能ですよ。 さらにのクレジットチャージでマイル2重取りできることもお見逃しなく。 このカードをJMB WAONに紐づけすれば、電子マネー利用200円ごとに3マイル(付与率1. 5%)獲得できます。 また搭乗時のボーナスマイルが割高なのも嬉しいですね。 これはJALマイルの他に小田急ポイントも貯まるお得なクレジットカードです。 このカードもPASMOオートチャージできるので、PASMOとの2枚持ちでしっかりマイルを貯めてください。 小田急百貨店ではポイント最大10%と高い付与率で、カード決済すればこれに加えてショッピングマイルも貯まります。 もちろんポイントとマイルは相互交換が可能ですよ。 海外旅行保険は補償内容はやや貧弱ですが、国内も自動付帯なのは珍しいですね。 また海外のみですがショッピングガード保険が付帯します。 お得な6つのオプションサービスがついています。 年会費は5,400円かかりますが、JAL CLUB ESTにはマイルが2倍になるショッピングマイル・プレミアムが含まれているほか、マイル有効期限の延長やボーナスポイント加算もあってコスパは最高です。 特にJALの特別ラウンジを年5回使えるのは、若い方には貴重な機会でしょう。 このカードの会員期限は、30歳になった最初のカード有効期限月の末日まで。 20代の方はお急ぎくださいね。

次の