楓 ギター コード。 【楓/スピッツ】無料ギターコード/【初心者向け】カポあり簡単アレンジVer.

楓(スピッツ) / コード譜 / ギター

楓 ギター コード

ギター初心者が、まずはじめにやる練習が コード練習ではないでしょうか。 ギターを始めた ばかりの 初心者のうちは特に、ギターの練習方法が分からず、なんとなく コード練習からはじめてしまう ギター初心者の方も多いと思います。 しかし!! この コード練習が ジャンルによっては必要がない場合も数多くあるんです! 「まずはCコードの練習から」 「慣れてきたらFコードを練習しましょう」 など、多くの教則本にそういったことが書いてあることが多いので、 ほとんどの ギター初心者の方は コード練習から始めるんですよね。 コード練習から始める練習方法も、あながち間違いではないんです。 ただ、その練習法が「 あなたに合っていない」場合も多く考えられます。 そのため 、 ギター初心者 が効率的に上達するためには、自分の演奏したいギターのプレイ・スタイルによって必要となるギター・テクニックを取捨選択することが大切 になります。 自分のなりたいギタリスト像を描き、それを目指す上で 必要な練習のみを集中的に行っていくことが ギター初心者が 効率よく上達するための近道であり、 早く上達するコツということになります。 コード練習が必要なギター初心者 では、 「コードから練習する」という練習法が合っている ギター初心者とはどのような方でしょうか。 ずばり、 コードを使った弾き語りをしたり、バンドを組んで ギターボーカルをやりたい!という ギター初心者です。 また、アコースティックギター1本でメロディ・伴奏を奏でる 「ソロギター」をやりたいという ギター初心者の方も、まずはコードを押さえられるように練習していきましょう。 そして、 ブルースや ジャズといったジャンルを志す 初心者の方も、 コードを理解することは大変重要です。 コード弾きをメインでやっていきたい ギター初心者の方は、このままコード練習をして構いません。 コードが必要なギター初心者におすすめの練習法としては、モチベーションの維持のために 自分の好きな曲の練習を 今すぐに始めることです。 「え!!Cコードの練習はしなくていいの!?」 そう思った方、大丈夫です。 ギターを続けていくと分かってくるのですが、 ギターのコード進行にはいくつかのパターンがあります。 コードのパターンや理論についてまとめた記事もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 まずは 自分の好きな曲でモチベーションを保ちながら、 ギターのコード弾きに慣れていくことを優先してください! ギター初心者のうちはカポ 正式名称:カポタスト…キーに合わせて弾きやすいように押さえておく道具 は使わず、自分の人差し指で全ての弦を押さえる セーハコードに慣れる練習をしていくことをおすすめします。 好きな曲を弾くためならば、少し難しい コードでも頑張れるでしょう。 ソロギターや、複雑なアコギの伴奏をやってみたい!という方は、 コードを押さえた状態での アルペジオを練習していきましょう。 コード練習が不要なギター初心者 では、ここからが特に本記事のメインとなるのですが、 コードの練習が必要ないギター初心者とは、どのような ギター初心者の方に当てはまるのでしょうか。 ザックリ言うと、 「激しいジャンルの曲をやりたい ギター初心者」です。 たとえば、 ヘヴィメタルや ビジュアル系のコピーをしたい人ですね。 このようなジャンルの場合、バッキング サイドギター・伴奏 の場合でも、低音弦2本のみで弾く「パワーコード」しか弾かないことが多いです。 また、 ギターソロを担当するリードギターは、単音弾きがメインになるため、5,6本の弦を一度に掻き鳴らす コード弾きがあまり出てきません。 コードが出てきたとしても、曲のほんの一部です。 そうなると、「最初はCコードをマスターして、慣れてきたらF…」という練習は、 あまり効果的ではないと言えます。 これは、最近人気の邦ロックと呼ばれるジャンルの リードギターにも共通して言えることです。 たとえば、RADWIMPSの洋二郎パートを歌いながら弾く場合には、コード練習が適切です。 一方で、 リードギターの桑原さんのパートであれば、コードよりもピロピロと鳴る華やかな単音弾きが多いアレンジなので、 コード練習は必要なさそうですよね? では、メタル系の音楽や、ビジュアル系、その他ロック音楽のリードギターを練習したい ギター初心者は、何をやるべきなのでしょうか。 最も有効である練習は、 好きな曲の中で簡単そうなものからコピーしてみることです。 特に、 バラード曲などはリードギターもしっとり・ゆっくりとしていて、コピーしやすいフレーズであることが多いのではないでしょうか。 私はJanne Da Arcというビジュアル系バンドが好きですが、ギターを始めたばかりで ギター初心者だった当時に一番好きだった「 ヴァンパイア」という曲はあまりに超絶ギターソロすぎてコピーできそうになかったので、2,3番目に好きだったバラード曲「 DOLLS」をコピーしました。 そのギターソロがこちら。 ジャンルは問わず、 はじめに取りかかる曲は 自分の好きな曲にしましょう。 なんでもOKです! 自分が心から「弾けるようになりたい!」という曲であれば、多少難しくてもモチベーションが上がります。 ギター初心者の方が弾ける範囲のギターソロの目安としては、 「3回くらい聴いたら歌えるくらい」のギターソロ が、もっともわかりやすい指標になるかと思います。 超絶ギターソロと呼ばれるフレーズのほとんどは、速すぎて数回聴いただけでは口に出して歌うことは難しいですよね。 歌のメロディーのように美しく、なめらかなギターソロであれば、 ギター初心者でもコピーしやすいです。 先ほど動画のリンクを貼ったJanne Da Arcの「DOLLS」のギターソロは、後半部分が少々速めですが、 歌える範囲の速さなので、 ギター初心者の方でもコピーできそうかな!と判断できますね。 ギター初心者脱却には、いずれコード練習も必要 ここまで読んでくださった方に、念のためお伝えしておきたいのは、 ギターで音楽を奏でる上で、そして、真の意味で音楽を理解する上で、 コードを勉強することは大変意義のあるものであるということです。 ギター初心者を脱却するまでに挫折してしまう方がかなりの数いらっしゃるので、あなたには挫折せずに楽しんでいただきたくて、 「まずは音を鳴らすことを楽しもう」というお話をしました。 しかし、 コードを勉強することで、音楽的な理論や仕組みというものが視覚的・感覚的いろいろな方面から理解できるようになります。 これができるようになると、真の意味で音楽を楽しめるようになります。 真の意味で音楽を楽しむとはどのようなことでしょうか。 曲の構成・コードの流れが分かるようになれば 作曲もできます。 コードにあったフレーズを即興で奏でることができるようになれば、 ジャムセッションにも参加できます。 既存の曲をコピーするだけではなく、 より創造的な音楽を ギターで表現できるようになるのです。 ギター初心者であるあなたが取り組みたいギターのジャンルが、 コード練習のいらないジャンルなのであれば、今はコードを練習する必要はないと、私は考えます。 私自身、そうやってギターを楽しみながら上達してきました。 あなたが ギター初心者を脱却して、本当に音楽を極めたい!もっと楽しみたい!と思ったときには、きっと コードを勉強しようと思うようになるでしょう。 ギターコードの練習は必要ないと思ったあなたにも、 いつかはぜひコードという音楽理論の勉強に取り組んでみてほしいということです。 ギター初心者にコード練習は必要か【まとめ】 さて、ここまで説明してきましたように、同じ「 ギター初心者」であっても、 コピーしたい曲によって コードの練習をする必要性が変わってきます。 あなたのやりたい・弾きたい音楽やギターのジャンルは、どちらに当てはまるでしょうか。 弾き語りでしっとりエレガントに弾きたい方、エレキギターのソロをキュイーンと鳴らしたい方、どちらも上手にこなしたい欲張りタイプの方 笑 ぜひ、ご自身のスタイルに合った練習方法で、 より効率の良いギター上達を目指してください。 一刻も早く、 ギター初心者を脱却したと思える日が来ることを祈っています。 コード理論を簡単に説明している記事がありますので、興味がある ギター初心者の方は下の記事もぜひ。 最後までお読みいただきありがとうございました。 犬顔犬太.

次の

【楓/スピッツ】無料ギターコード/【初心者向け】カポあり簡単アレンジVer.

楓 ギター コード

黒ではなく白いギター メイプルのギターを使っていて一番の特徴は何といっても 見た目です。 クラシックギターによく使われるのはローズウッド系の木 ローズウッド、ハカランダ、ココボロ、マダガスカルローズウッド等 ですが、これらはどれも黒、あるいは焦げ茶色の見た目をしています。 世の中に出回っているクラシックギターのほとんどはこれらの木で作られた楽器なので、我々はギターといえば横と裏は黒い!と刷り込まれています。 でも、メイプルは白あるいはクリーム色の見た目をしているので、普通のギターとは見た目が異なります。 人前に出ると、「フラメンコっぽい」とかいわれます。 フラメンコギターによく使われるシープレスといわれる木も同じような色なので、確かにぱっと見はフラメンコギターに見えます。 でも、よくあるシープレスが木目が少なくすっきりしているのに対し、メイプルには独特の杢が現れます。 私のギターはカーリーメイプルと言われる、縞々模様の入った木です。 写真にとるとあまりきれいに見えないのですが、実際にはこの縞々が光の当たり具合によってキラキラとして非常に美しいです。 板目のハカランダの複雑な模様もかっこいいのですが、 カーリーメイプルの杢も実物はかっこいいですよ。 カーリーメイプルは非常にレアなのだとか。 メイプルにはほかにも、バーズアイメイプルとかキルティッドメイプルとか、様々な模様があらわれることで有名です。。 バーズアイメイプルは特に貴重だそうです。 このクラシックギターも見たことあるのですが、私的には正直ちょっと気持ち悪い見た目と感じました。 この辺りは個人の嗜好もあるので一概には言えません。 メイプルの見た目の悪い点として、あまりほかの人が使っていないので、すごい弾ける人だと思われてしまう点があります。 弾く前にハードルが上がるのでちょっと困ります 笑。 メイプルの音は柔らかい? 楽器は見た目も大事ですが、やはり一番大事なのは音でしょう。 よく言われるのは「メイプルを使ったギターの音は柔らかい」という話です。 その根拠として、木材の比重が挙げられます。 比重とは、同じ大きさ 体積 に対する重さのことで、大きいほど重い木であるということが言えます。 また、中身が詰まっているということなので、硬い木であるといえるかもしれません。 が、確かにメイプルの比重はローズウッド系の木よりも小さいです。 ハカランダの比重が0. 85、ローズウッドが0. 75~0. 85なのに対し、ハードメープルは0. 72、ソフトメープルは0. 61となっています。 ちなみに、時々ギターに使われるジリコテ シャム柿 は0. 88、ココボロに至っては0. 98~1. 20となっています。 ちなみに、比重は水の重さを1とした比率なので、ココボロは水に沈むということになりますね。 確かに比重の面ではメイプルはローズウッド系の木に比べて軽いということが言えますが、では比重が重ければ硬い音に、比重が軽ければ柔らかい音になるのか?という疑問が生まれます。 直感的には重ければ振動しづらいので、弦の振動に対して裏板と横板が振動せず、表面版の振動がよりダイレクトに音になるような気はします。 むしろ、メイプルを使ったギターの方がくっきりした音が出ています。 また、このギターを買ったときにいろいろなギターと弾き比べましたが、ローズウッドを使っているギターでこのギターよりも柔らかい音がする楽器はたくさんありました。 黒澤哲郎の前はアストリアスの杉 シダー 表面版のギターを使っていましたが、表面版の松と杉の違いはすぐわかりました。 よく言われるように杉の方が明らかにならしやすくて甘い音がします。 ではなぜ裏横板の素材の違いは明らかに出ないのでしょうか。 裏横板の素材が音に直接影響しない理由として、まず、そもそも ギターの音は主に表面版から出ているということがあげられるかもしれません。 表面版に対して裏横板の振動は小さいので、音に与える影響も小さく、いわば音のエッセンス的な影響しかないもかもしれません。 裏板の材料についてはこちらの記事も参照ください: また、 作り手によって素材の厚さや力木の構造が異なるのも大きいのでしょう。 比重が違うといっても、ぺらっぺらに薄く切ったローズウッドに比べてぶ厚いメイプルは振動しづらいと思います。 また、裏横板を支える力木の構成によっても振動の程度は変わりそうです。 作り手が同じで構造も厚さもまったく同じなら、という疑問も生まれますが、今度は 木の個体差という問題が出てきそうです。 上記のページでそれぞれの木の比重が書かれていますが、あくまで一般的な値であって、天然の材料である木はそれぞれ個性がありそうです。 そんなわけで、私の実体験からは、 メイプルのクラシックギターの音は柔らかいとは限らないと思います。 材料よりも音 と見た目 で選ぶべき そんなわけで、私の結論としては、 柔らかい音のギターが欲しいからといってメイプルを選んではいけない、ということになります。 ローズウッド系の木でも、よく低質なハカランダよりも高質なハカランダの方がいい音がするといわれています。 この材料だからこう、と先入観を持たずに、それぞれの楽器の音の個性を見て選びたいものです。 もちろん、柔らかい音のメイプルを使ったギターもあると思いますので、そこははき違えないように。。。 一方、見た目という点では裏横板の材料は非常に重要だと思います。 見た目が汚らしいギターよりも、自分が見て美しいと思えるギターの方が弾くときのテンションも上がるし満足度が高いと思います。 音と同じでここも個人の趣味が大きく出るところですので、どんなギターを選んでもまったく問題ないと思います。 私はメイプルのギターを気に入って使っていますが、皆様にメイプルのギターをイチオシするつもりはありません。 ただ、仲間が増えるといいなぁとは思いますが。。。 昔はトーレスをはじめギターでもよく使われていた材料ですし、バイオリンでは今も使われていて、楽器に合う木であることは間違いないんですけどね。。。 そういう意味では、バイオリンにローズウッドってどうなんだろう?と思ったら一応あるみたいですね。。。

次の

【超初心者向け】無料ギタースコア|簡単コードで弾ける曲ランキングTOP10【※セーハなし!】

楓 ギター コード

このページの目次• ギターコードとは コードとは、日本語で「和音」のことだ。 複数の音がきれいに調和するように、それぞれの弦を押さえ、いっぺんに音を鳴らす。 すると音が重なって美しい伴奏になる。 コードがあることで演奏に深みが生まれ、曲に色が付く。 「和音」というと難しく聞こえるかもしれないが、ギターコードは手の形さえ覚えてしまえば簡単にできるので、難しいことは考えなくて構わない。 この記事でも、複雑な説明は一切抜きにして、できるだけ分かりやすく解説している。 ここでは、まず初心者が覚えておきたい5つのギターコードを紹介する。 それから、それぞれのギターコードをひとつずつ具体的に説明する。 注:ここで取り上げる「コードダイアグラム」の見方がわからないという場合は、別の記事に解説をする予定なので、そちらを参考にしてほしい。 初心者が最初に覚えたい5つのギターコード では、初心者が最初に覚えておきたい5つのギターコードを紹介する。 以下の5つだ。 ・Cコード(シー・コード) ・Amコード(エイ・マイナー・コード) ・Dmコード(ディー・マイナー・コード) ・Gコード(ジー・コード) ・Em(イー・マイナー・コード) 読み方は通常のアルファベットと同じだ。 ただし、「m」は「マイナー」と読む。 「Am」なら「エイ・マイナー」だ。 では、1つずつ詳しく見ていこう。 Cコード(シー・コード) Cコードの押さえ方は以下の図の通りだ。 左側の数字は「弦の番号」、横の数字は「フレットの番号」、〇(丸)が「押さえる場所」で、〇(丸)の中の文字は「使用する指」を示している。 細かいことなので、あまり気にしなくても良い。 一度この通りに押さえてみて欲しい。 はじめは難しいかもしれない。 ポイントは 指先を使って、できるだけフレットの近くを押さえることだ。 押さえられたら、右手で6弦から順に弦を1本ずつ弾いてみて欲しい。 それですべての弦が鳴れば、Cコードはクリアだ。 Amコード(エイ・マイナー・コード) 次はAmコードだ。 Amコードの押さえ方は以下の図の通り。 この図をみて一度この通りに押さえてみて欲しい。 初めてでもそれほど難しくないかと思う。 実はこれ、 Cコードの薬指を3弦2フレットに移動するだけでできるのだ。 CコードからAmコード、AmコードからCコードへのコードチェンジ(押さえ変え)のときには人差し指と中指はそのままで、薬指だけを移動するとスムーズにつながるので覚えておくと良い。 point:CコードとAmコードの違いは薬指だけ!! ここまで問題ないだろうか。 どれも単純なコードばかりなので解説は短いが、もし難しい部分があれば急がずにゆっくり練習を重ねて欲しい。 Dmコード(ディー・マイナー・コード) 次はDmコードだ。 押さえ方は以下の図の通り。 これもAmコードと同じマイナーコードだ。 マイナーコードは一般的に「暗い響き」と言われる。 AmもDmも、やや暗い印象があるのを感じられるだろうか。 Dmは1・2・3弦だけを押さえるので、押さえにくく感じる方もいるかもしれない。 ポイントとしては、 親指をネック裏にしっかり回して、親指で6弦を掴むようにすると人・中・薬の三本の指が下方に下がり、押さえやすくなる。 Gコード(ジー・コード) 続いてGコードだ。 押さえ方は以下の図の通り。 今回取り上げている5つのギターコードの中では一番押さえにくいかもしれない。 1弦と6弦の間隔が広いので、指を大きく開く必要がある。 もし、上記の指の配置で難しいときは、自分のやり易いように、使用する指を変えてもよい。 筆者は「Cコードへのコードチェンジがスムーズにできる」という理由で上記の押さえ方をオススメしている。 薬指と中指の位置関係がCコードと同じだからだ。 この形のまま、押さえる弦だけ変えれば、Cコードへ簡単に押さえ変えられる。 Emコード(イー・マイナー・コード) 最後はEmコードだ。 押さえ方は以下の図の通り。 これは今回取り上げた中で一番簡単なギターコードだ。 たったの2本指でできてしまう(実はEmの系統で1本で押さえられるコードもある!)。 使用する指は自分のやり易いように変えても構わない。 これができれば、5つのギターコードはすべて完成だ! 初心者向けギターコードのまとめ 5つのギターコードをすべて弾いてみてどうだっただろうか。 中には弾きづらいものもあったかもしれないが、じっくり気長に取り組んで欲しい。 最初は誰でも難しく感じるが、時間をおいて挑戦すると、簡単にクリアできたりするものだ。 また、5つのギターコードが全て弾けたら、今度はこれら以外のギターコードを覚える必要も出てくる。 そのときはできるだけ、 お気に入りの曲の中で演奏しながら、繰り返し弾いて覚えると手っ取り早い。 とにかく楽しんで、楽な気持ちで練習することが上達への近道だ。 もっと他のコードも知りたいという方はを参考にしよう。

次の