岩槻 市。 岩槻市

【一番当たる】さいたま市岩槻区の最新天気(1時間・今日明日・週間)

岩槻 市

地理 [ ] さいたま市の東部に位置する。 市街地は区の北寄りにある周辺となっている。 区南部では周辺の大規模区画整理事業であるの区域内となっており、宅地や商業施設の造成が進んでいる。 旧町名 [ ] 岩槻はの城下町時代()からを経て多くの町名が残っていたが、実施の流れにより頃から順次した。 現在では本町・東町・西町・仲町・府内などの町名となっている。 渋江は名、名、市宿は名、大工町は名といったように一部名を留めているものもある。 他に、城下町時代からの町名ではないが、通称名として富士見町や栄町といった町名も存在した。 旧町名の持つ文化価値が見直され、などで失われてしまった町名を復活させようとする動きがあり、旧町名や通り名を記した、の設置を進めている。 主な町名、通り名は下記の通り。 住居表示 [ ] 一部の区域でに基づくが実施されている。 これまでに7度に分けて行われている。 町名 町名の読み 設置年月日 住居表示実施年月日 住居表示実施直前の町名 備考 一丁目 - 六丁目 ほんちょう 1965年12月1日(一丁目・三丁目・五丁目) 1965年12月1日 大字岩槻、大字太田の各一部 1966年10月1日(二丁目・四丁目・六丁目) 1966年10月1日 大字岩槻、大字太田の各一部 一丁目 - 五丁目 にしまち 1965年12月1日(一丁目・二丁目・五丁目) 1965年12月1日 大字岩槻の一部 1966年10月1日(三丁目・四丁目) 1966年10月1日 大字岩槻の一部 あたごちょう 1965年12月1日 1965年12月1日 大字岩槻の一部 ひのでちょう 1965年12月1日 1965年12月1日 大字岩槻の一部 一丁目・二丁目 みやちょう 1965年12月1日 1965年12月1日 大字岩槻、大字太田の各一部 宮町二丁目は1番から16番まで 一丁目・二丁目 なかちょう 1966年10月1日 1966年10月1日 大字岩槻、大字太田の各一部 一丁目・二丁目 ひがしちょう 1966年10月1日 1966年10月1日 大字岩槻の一部 みゆきちょう 1966年10月1日 1966年10月1日 大字岩槻の一部 二丁目 みやちょう 1965年12月1日 1988年10月3日 大字岩槻、大字太田の各一部 17番街区から27番街区まで 一丁目・四丁目 ほんまる 1988年10月3日 1988年10月3日 大字太田、大字岩槻の各一部 一丁目 - 三丁目 おおた 1988年10月3日 1988年10月3日 大字太田、大字岩槻の各一部 一丁目・二丁目 しろまち 1988年10月3日 1988年10月3日 大字太田、大字岩槻の各一部 一丁目 - 五丁目 じょうなん 1989年11月6日 1989年11月6日 大字柏崎、大字真福寺、大字飯塚の各一部 一丁目 - 四丁目 ふない 1989年11月6日 1989年11月6日 大字木曽良の全域、大字岩槻、大字村国、大字飯塚の各一部 一丁目 - 四丁目 かくら 1990年10月1日 1990年10月1日 大字加倉の一部 五丁目 かくら 1991年10月7日 1991年10月7日 大字加倉の一部 一丁目・二丁目 なみき 1991年10月7日 1991年10月7日 大字岩槻、大字加倉の各一部 はらまち 1991年10月7日 1991年10月7日 大字加倉、大字柏崎の各一部 にしはら 2000年2月7日 2000年2月7日 大字岩槻、大字加倉の各一部 一丁目・二丁目 にしはらだい 2000年2月7日 2000年2月7日 大字岩槻、大字加倉の各一部 河川 [ ]• (千間堀) - 当区の東側をかすめている• (古隅田川の)• 旧古隅田川()• - からに至る。 (の西縁)• (旧黒沼の東縁)• (五才川用水路)• (黒谷川)• 大谷川• (大橋第1用水路・大橋第2用水路)• (上院川)• 池沼 [ ]• (おっぽり沼)• 歴史 [ ] 年表 [ ]• 1382年(2年) - 岩付(岩槻)の名称が初めて資料に記される。 1457年(元年) - によって岩付城()が築城される。 には道灌の・は名将として名をとどろかせた。 1587年(15年) - 岩槻城新曲輪および大溝が整備される。 1590年(天正18年) - 岩槻城がし、が滅亡する。 岩槻城主としての家臣、が入城する。 、大岡家2万2千石のとして、またのとして栄えた。 なお、岩槻城長屋門などが遺構として移築現存している。 1617年(3年) - ののが始められ、岩槻城が将軍の泊城になる。 1629年(6年) - の流路が変更され、旧流路がとなる。 1671年(11年) - 時の鐘が設けられる。 1720年(5年) - 時の鐘が改鋳される。 1767年(4年) - が起こる。 元岩槻藩士のなどがになる。 1799年(11年) - 岩槻藩士のが私塾としてを開く。 1811年(8年) - のが設けられる。 同年、遷喬館がとなる。 1871年(明治4年) - ・・の3県が合併して埼玉県が誕生。 県庁はに置かれる。 1873年(明治6年) - 岩槻城が廃城となる。 1875年(明治8年) - 現在の岩槻区域に小学校が設けられる。 1879年(明治12年) - 前年に成立したのが岩槻町におかれる。 1891年(明治24年) - 岩槻 - 間にが開通する。 1914年(大正3年) - 岩槻に電気が引かれる。 1921年(大正10年) - 岩槻 - 大宮間にが開通する。 1924年(大正13年)10月19日 - - 岩槻駅間 6. 4km 開業。 なお、この岩槻駅の位置は現在のとは異なる。 1929年(昭和4年)11月17日 - (現在のとは無関係)がのちの東武野田線となる大宮仮停留所(から方331付近) - 東武鉄道粕壁駅(現・)間9. 5 15. 3km の鉄道路線を開通した。 同時に岩槻町駅(現・岩槻駅)開業。 その後大宮駅構内の工事が進み、同年に省線大宮駅まで乗り入れた。 1938年(昭和13年)9月1日 - 武州鉄道廃止。 1944年(昭和19年) - がと合併し、東武野田線となる。 1954年(昭和29年)5月3日 - 岩槻町、、、、、、の1町6村が合併し、新たに 岩槻町となる。 1954年(昭和29年)7月1日 - 市制施行し 岩槻市となる。 1964年(昭和39年) - 岩槻局の電話がダイヤル式となる。 1966年(昭和41年) - 市営球場が完成する。 1969年(昭和44年) - 旧岩槻市のが5万人を数える。 同年、が開業。 1971年(昭和46年) - 岩槻市役所の新庁舎が竣工する。 同年、中央図書館が開館。 1972年(昭和47年)11月13日 - が部分開通( - )。 同年、人口が7万人を数える。 1976年(昭和51年) - 人形の町岩槻まつりが始まる。 1977年(昭和52年) - 市の「」・市の「」が市民公募により選定される。 1980年(昭和55年) - 東北自動車道の - 間が開通。 1981年(昭和56年) - (現:)との調印がなされる。 1982年(昭和57年) - が開館。 1985年(昭和60年) - 旧岩槻市の人口が10万人を数える。 1986年(昭和61年) - コミュニティセンターいわつきが開館。 1987年(昭和62年) - 生涯学習センターが開所。 1988年(昭和63年) - 老人福祉センター「槻寿苑」が開所。 1990年(平成2年) - 市民温水プールが開所。 1991年(平成3年) - 生涯スポーツ都市宣言が行われる。 1994年(平成6年) - 区域にが開学。 1996年(平成8年) - 岩槻駅東口再開発ビル「WATSU(ワッツ)」がオープン。 同年、岩槻駅東口コミュニティセンターおよび岩槻駅東口図書館が開館する。 また、のと国際友好都市の提携がなされる。 1997年(平成9年) - 「槻の木」が開所。 1998年(平成10年) - ふれあいプラザが開館。 2000年(平成12年) - リサイクルプラザが開設。 2002年(平成14年)7月31日 - 改正で、岩槻市の所属するがからとなる。 後に、さいたま市へ編入合併へ至る要因の一つとなる。 2003年(平成15年)1月26日 - 合併に関するを実施。 2004年(平成16年)7月1日 - 市制施行50周年を迎える。 2004年(平成16年)8月24日 - さいたま市との合併協定の調印式が行われる。 2005年(平成17年)4月1日 - 岩槻市がさいたま市に編入され、 さいたま市岩槻区が成立。 2006年(平成18年) - が街びらき。 2012年(平成24年)1月4日 - 旧岩槻市庁舎から岩槻駅前の再開発ビル「ワッツ」に区役所が移転する。 2020年(令和2年)2月22日 - が開館。 人口 [ ] 区成立後から毎年4月1日の人口。 (平成17年) 111,788人• 岩槻支店• 東岩槻支店• 岩槻支店• 岩槻支店• 岩槻支店• 岩槻支店• 東岩槻支店• 岩槻支店• (JA南彩)• 岩槻城南支店• 新和支店• 川通支店• 慈恩寺支店• 河合支店 行政 [ ]• 岩槻区役所 区長:沼尻裕一 警察 [ ]• - 蓮田市も管轄。 岩槻駅前交番• 東岩槻駅前交番• 城南交番• 慈恩寺駐在所 消防 [ ]• 太田出張所• 上野出張所• 笹久保出張所 地域 [ ] 医療機関 [ ]• 岩槻中央病院• 岩槻南病院• カリヨンの杜(旧附属岩槻診療所) 住宅団地 [ ]• 岩槻愛宕住宅(愛宕町)• 岩槻金重住宅(平林寺)• 岩槻慈恩寺住宅(慈恩寺)• 岩槻諏訪山下住宅(諏訪)• 岩槻西原住宅(岩槻)• 岩槻南平野やまぶき住宅(南平野)• 岩槻表慈恩寺住宅(表慈恩寺)• 岩槻府内住宅(府内) 教育 [ ] 小学校• 中学校• 高等学校• 専門学校• 公園 [ ]• (やまぶきスタジアム)• 人形のまち [ ] 岩槻区内の人形店 下にあたる東口を中心として と呼ばれるを専門とする人形店が集積し、「人形のまち」として全国的に知られる。 岩槻の名物としては特に雛人形、などの人形が有名である。 これは造営に関わったが、名水井戸があったためその後岩槻にとどまり、江戸初期に始めたものと言われている。 現在も岩槻駅周辺や人形町通り、市宿通りなどに人形店が軒を連ねる。 電話番号 [ ] は市内全域「048」。 市内局番が「6XX」「7XX」「8XX」の地域との通話は市内通話料金で利用可能(浦和)。 収容局は岩槻局、川通局、和土局、慈恩寺局。 「7xx」から始まる市内局番は岩槻区と同じ岩槻営業所()管内に属するのほか、、、、で使用されている。 郵便 [ ] は、区内全域が「339-00xx」である。 - 区全域の集配を担当• 岩槻西原郵便局• 岩槻本町郵便局• 東岩槻郵便局• 岩槻本丸郵便局• 岩槻西町郵便局• 岩槻和土郵便局• 岩槻上野郵便局• 岩槻仲町郵便局• 慈恩寺郵便局• 交通 [ ] 道路 [ ]• 鉄道 [ ]• - 地下鉄延伸 [ ] (東京7号線)が岩槻市を通ってまで延伸される計画があり、岩槻駅前や区役所には計画の早期実現を訴える垂れ幕が掲げられている。 中心市街地の商業機能衰退や交通空白地帯の存在などの諸問題解決に大きな効果があるとされる。 岩槻-浦和美園駅間の2017年度以後の着工に向けて「さいたま市地下鉄7号線延伸事業化推進期成会」が発足している。 区内に中間駅の設置も予定されている。 かつて通っていた鉄道 [ ]• 未成線 [ ]• が期に通る計画があったが、 のために実現しなかったといわれている [ ]。 その結果、東北本線はでと分岐し、・を通ってへと向かう経路となった。 東京日光電鉄:から途中岩槻駅、栗橋駅、、を経由してまで計画した鉄道 バス・乗合タクシー [ ]• - に運行委託• - 東徳力 - (県営表慈恩寺団地 - ) - 北口 - 岩槻城址公園 - - - 府内一丁目• - 第三交通に運行委託• 槻寿苑 - 岩槻南病院 - 和土住宅南口 - (スーパービバホーム岩槻店) - () -• - さいたま福祉サービス(小原交通)に運行委託• 緑色のルート :エクレール一番館 - 加倉住宅 - 高橋医院前 - 西口• 橙色のルート:エクレール四番館 - 加倉住宅 - 加倉坂下 - 高橋医院前 - ヤオコー岩槻西町店 - 岩槻駅西口 - 観光 [ ] 寺社 [ ]• 名所・史跡・旧跡・保存樹木 [ ]• (・県指定史跡)• (旧岩槻藩)• - 旧中井銀行岩槻支店。 (新和飛行場) 祭事・催事 [ ]• 岩槻の黒奴 - 日本三(日光の赤奴・甲府の白奴、岩槻の黒奴)の一つで、には久伊豆神社のを先導し、岩槻城内、城下を練り歩いていたが、昭和に廃れてしまった。 もうかりやっこ - 岩槻の黒奴を復活させようと、さいたま商工会議所青年部の有志「岩槻黒奴保存会」により作られた、。 「小判の笠」、「金の草履」など人々を幸せにするものを身にまとい、みんなが幸せになるように活動中。 一人称はオラ。 語尾にやんすがつくのが特徴。 ギャラリー [ ].

次の

岩槻図書館 - さいたま市図書館

岩槻 市

ウエルシア岩槻西町店 住所 埼玉県さいたま市岩槻区西町5-1-36 電話番号 0487498530 営業時間 【店舗営業時間】\月曜日24時間営業\火曜日24時間営業\水曜日24時間営業\木曜日24時間営業\金曜日24時間営業\土曜日24時間営業\日曜日24時間営業\【調剤営業時間】\月曜日09:30 - 19:30\火曜日09:30 - 19:30\水曜日09:30 - 19:30\木曜日09:30 - 19:30\金曜日09:30 - 19:30\土曜日09:30 - 19:30\日曜日休業日 アクセス 岩槻駅から徒歩5分 339m サービス 調剤受付\第一類医薬品\24時間営業\深夜営業\その他 銀行ATM\AED\ウエルカフェ\オストメイトトイレ\お酒\公共料金支払\宅配便ロッカー\5円コピー\駐車場 埼玉県さいたま市岩槻区から絞り込み• 相野原 0• 愛宕町 0• 飯塚 0• 浮谷 0• 裏慈恩寺 0• 大口 0• 大戸 0• 大野島 0• 大森 0• 大谷 0• 尾ヶ崎 0• 尾ヶ崎新田 0• 表慈恩寺 0• 釣上 0• 釣上新田 0• 加倉 0• 掛 0• 柏崎 0• 金重 0• 上里 0• 古ヶ場 0• 小溝 0• 笹久保 0• 笹久保新田 0• 城町 0• 真福寺 0• 末田 0• 高曽根 0• 徳力 0• 長宮 0• 新方須賀 0• 西原 0• 西原台 0• 野孫 0• 原町 0• 日の出町 0• 府内 0• 平林寺 0• 馬込 0• 南下新井 0• 南辻 0• 南平野(大字) 0• 箕輪 0• 美幸町 0• 村国 0• 谷下 0• 横根 0• 上野(大字) 0• 加倉(大字) 0• 古ヶ場(大字) 0• 太田(大字) 0• 南平野 0•

次の

岩槻図書館 - さいたま市図書館

岩槻 市

ウエルシア岩槻西町店 住所 埼玉県さいたま市岩槻区西町5-1-36 電話番号 0487498530 営業時間 【店舗営業時間】\月曜日24時間営業\火曜日24時間営業\水曜日24時間営業\木曜日24時間営業\金曜日24時間営業\土曜日24時間営業\日曜日24時間営業\【調剤営業時間】\月曜日09:30 - 19:30\火曜日09:30 - 19:30\水曜日09:30 - 19:30\木曜日09:30 - 19:30\金曜日09:30 - 19:30\土曜日09:30 - 19:30\日曜日休業日 アクセス 岩槻駅から徒歩5分 339m サービス 調剤受付\第一類医薬品\24時間営業\深夜営業\その他 銀行ATM\AED\ウエルカフェ\オストメイトトイレ\お酒\公共料金支払\宅配便ロッカー\5円コピー\駐車場 埼玉県さいたま市岩槻区から絞り込み• 相野原 0• 愛宕町 0• 飯塚 0• 浮谷 0• 裏慈恩寺 0• 大口 0• 大戸 0• 大野島 0• 大森 0• 大谷 0• 尾ヶ崎 0• 尾ヶ崎新田 0• 表慈恩寺 0• 釣上 0• 釣上新田 0• 加倉 0• 掛 0• 柏崎 0• 金重 0• 上里 0• 古ヶ場 0• 小溝 0• 笹久保 0• 笹久保新田 0• 城町 0• 真福寺 0• 末田 0• 高曽根 0• 徳力 0• 長宮 0• 新方須賀 0• 西原 0• 西原台 0• 野孫 0• 原町 0• 日の出町 0• 府内 0• 平林寺 0• 馬込 0• 南下新井 0• 南辻 0• 南平野(大字) 0• 箕輪 0• 美幸町 0• 村国 0• 谷下 0• 横根 0• 上野(大字) 0• 加倉(大字) 0• 古ヶ場(大字) 0• 太田(大字) 0• 南平野 0•

次の