フレッツ 光 エリア。 【フレッツ光がエリア外!!】でも安心…光回線の開通予定なしのエリアにおすすめ回線を徹底調査

フレッツ光の特徴と評判※【初心者】にやさしく解説!

フレッツ 光 エリア

同じフレッツ光でもいろいろなサービスタイプがあるのはなぜ? インターネット黎明期は接続を電話回線で行っていました。 いわゆるADSL(アナログ)回線です。 電話線は電信柱と電信柱を結ぶ電線の一つで、インターネットを普及させようとした時代に、すでに日本全国に張り巡らされていました。 そのためインターネットの回線として使うのに都合がよかったのです。 2000年代初頭からこの電信柱の電線網に光ファイバーを新たに設置する工事がNTTによって進められ、現在では光ファイバーの電線は電話線と同様に全国各地に張り巡らされています。 このため光ファイバーを用いた光回線は全国どこでも使える状態です。 NTTが提供するIP電話の【ひかり電話】の提供が始まったのも光回線が提供された時期とほぼ同じです。 現在は光回線の全国的な普及で、固定電話をIP電話にする世帯が急増しています。 固定電話をひかり電話に変更しても電話番号は変わりません。 本稿の冒頭でも簡単に解説しましたが、このようなインターネット回線を新しく設置する場合、日本全国に一斉に設置するのは事実上、不可能です。 契約者の見込みが多い人口密集地から順番に行うことになります。 このため同じ時期でも地域によって最新の回線が使える地域とそうでない地域が同時に発生してしまいます。 現在のフレッツ光の主要な規格は【フレッツ光ネクスト】 現在ではNGN網 Next Generation Network という光回線の規格が主流になっており、NGN網を利用した回線を【フレッツ光ネクスト】と呼びます。 このフレッツ光ネクストが2017年現在、フレッツ光の主要なプランとなっています。 NTTがフレッツ光ネクストのサービス開始したのは2008年です。 上記で解説したように新しい回線規格を導入してもそれが一斉に日本全国に設置されることはありません。 そのためフレッツ光ネクストがスタートした時も利用できるエリアと出来ないエリアがありました。 利用できないエリアの場合はそれ以前の旧式回線を使うことになり、このような事情により、NTTのインターネット契約の申し込みに関して調べると、【フレッツ光】と【フレッツ光ネクスト】が同時にあることになり、混乱する人が多いと思われます。 さらに契約の際は 一戸建ての場合は【ファミリータイプ】、マンション、アパートなどの、 集合住宅の場合は【マンションタイプ】となります。 これも知識に乏しい人は混乱する要員だと思われます。 集合住宅の場合はその建物から各部屋に回線をつなぐ設備があり、その設備の新旧によっても【光配線方式】、【LAN配線方式】などに区別されました。 これらの情報は全て実際に運用されている設備や規格のため、NTTフレッツ光の公式ページにはそれらの全ての情報が掲載されています。 しかし結論を言えば、ユーザーにほとんど選択の余地はなく、契約する際の住まいによってプランはほとんど自動的に決まります。 例えば集合住宅の場合は【マンションタイプ】となり、そこが【フレッツ光ネクスト】の対象エリアであれば自動的にそちらになり、集合住宅に設置されている設備によって、【LAN配線方式】なども自動的に決まります。 もし回線の新旧によって通常料金が異なると不平等感の基となるため、NTTはフレッツ光ネクストのような新しい規格を導入しても基本的に接続料金は据え置きとしています。 そして契約の時は自動的に最も新しい規格の回線になります。 フレッツ光について調べてみると運用されているプランやタイプが多岐にわたる印象を受けますが、それらは回線規格の新旧や住まいの状態などによる違いです。 実際申し込む際に選択する余地があるのは料金コースの違いで、契約料金が月額で定額タイプか、従量制の【フレッツ光ライト】か、くらいです。 フレッツ光【スーパーハイスピードタイプ】と、NTT西日本限定の【ハイスピードタイプ・隼】 ここまで解説したようにフレッツ光は設備の新旧によっていくつもの回線や設備の規格を並行して運用していますが、実際に契約申し込みをするとほとんど自動的に出来るだけ最新規格のプランが適用されます。 規格の新旧による料金サービスの違いはありません。 フレッツ光はまず、一戸建ての場合は【ファミリータイプ】、集合住宅の場合は【マンションタイプ】で大別されます。 ファミリータイプとマンションタイプだと基本料金が違います。 さらにマンションタイプはその集合住宅の規模によって3タイプに分かれ、同じ定額制でも毎月の料金が違います。 同じフレッツ光で料金に差が出るのは主にこの部分のみと考えてOKです。 この部分は引っ越しでもしない限り変えることが出来ない要素なので悩む余地はありません。 一戸建てのファミリータイプでも集合住宅のマンションタイプでも現在、主流となっている回線規格が【ネクストハイスピードタイプ】です。 もし新規契約で対象エリアの場合は自動的に【ネクストハイスピードタイプ】になります。 これらがいわゆる【フレッツ光ネクスト】です。 フレッツ光ネクストが未設置の地域も順次設置されつつあります。 すでに契約している地域が【フレッツ光ネクスト】では無い、旧式規格で、新しくフレッツ光ネクストが設置された場合は無料で変更が可能です。 NTTもそれを推奨しています。 そしてNTT西日本でのみ運用されている最新の超高速通信回線規格が【ネクストハイスピード・隼】です。 現在最速の、フレッツ光ネクスト【ハイスピードタイプ・隼】 現在はフレッツ光ネクストが主流となっており、その中でも最新、したがって最速の回線規格が【ハイスピードタイプ・隼】です。 ここまでの解説でお分かりいただけると思いますが、契約の際、【ハイスピードタイプ・隼】の対応エリアであれば特に回線利用料が割増料金になることなく、【ハイスピードタイプ・隼】が適用されます。 現在、フレッツ光ネクストの主流となっているのは【ハイスピードタイプ】であり、日本全国のほとんどで【ハイスピードタイプ】が運用され、NTT西日本エリアの一部に【ハイスピードタイプ・隼】が運用されている、という感じです。 【ハイスピードタイプ・隼】はNTT西日本地域でしか設置されておらず、NTT東日本地域では利用できません。 しかしNTT東日本ではほぼ同等の通信速度である【ギガネクスト】が利用開始されています。 主流となっている【ハイスピードタイプ】は通信速度が上りも下りも最大通信速度が200Mbpsであることが正式アナウンスされています。 これは簡単に例えるなら200MBの容量を1秒でダウンロード、アップロード出来る通信速度ということです。 しかし実際には通信の混雑具合などで遅れることがあり、あくまで理論値、つまり目安です。 【ハイスピードタイプ】の最大200Mbps、に対し、【ハイスピードタイプ・隼】は最大で1Gbpsつまり1000Mbbsの通信速度であることが正式アナウンスされています。 つまり、【ハイスピードタイプ】の実に5倍の回線速度ということになります。 ちなみに光回線導入前のアナログ回線(ADSL)は40Mbbs程度でした。 【ハイスピードタイプ・隼】とは従来の【ハイスピードタイプ】のおよそ5倍の通信速度を誇る、超高速インターネット通信回線、という認識でOKです。 実際に運用されている【ハイスピードタイプ・隼】は、一戸建ての契約のファミリータイプに対応した【ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼】と、集合住宅の契約のマンションタイプに対応した【マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼】というプラン名で運用されています。 フレッツ光ネクストは企業用の契約プランとして【ビジネスタイプ】がありますが、ビジネスタイプも【ハイスピードタイプ・隼】の対象エリアなら利用可能です。 NTT東日本の場合は【ネクストギガ】 上記でも簡単に解説しましたが、【ハイスピードタイプ・隼】はNTT西日本のみで、NTT東日本の場合、ほぼ同等の回線規格である【ネクストギガ】があります。 こちらも隼と同様で通信速度が1Gbpsであることが正式アナウンスされています。 契約申し込みの際、対象エリアの場合は自動的に【ネクストギガ】になります。 今後の光回線プラン展開 2017年現在、NTTの光回線であるフレッツ光はフレッツ光ネクスト=【ハイスピードタイプ】が主流です。 しかし今後はNTT西日本の【ハイスピードタイプ・隼】、NTT東日本の【ネクストギガ】のサービスエリアが徐々に増えていき、今後は着実にシェアを広げ、主流になっていくと予想されます。 この記事の監修: わたしのネットはインターネットに関する疑問や問題の解決・評判・サービスの基礎知識など、あらゆる情報を紹介し、暮らしに役立つ情報を発信しています!.

次の

三重県|サービス提供エリア|フレッツ 光ネクスト(FTTHアクセスサービス)|フレッツ光公式|NTT西日本

フレッツ 光 エリア

この記事でわかること• サービス提供エリアの確認方法• 今後のサービス提供エリア拡大の予定は?• フレッツ光の提供エリアで終了するサービス• フレッツ光の提供エリアで新規受付が終了するサービス• サービス提供終了の可能性のあるサービス• 提供エリアでの新規受付・サービス提供終了前にやること• サービス提供エリア外の場合の代替回線• フレッツテレビのサービス提供エリアについて• フレッツ・ソフト配信サービスの提供エリアについて• この指標が高いほど、サービス提供エリアが広いといえます。 2017年のNTTの決算補足資料によると、 2017年3月期末の光カバー率として、NTT東日本は95%、NTT西日本は93%を見込んでおります。 とあるので、現時点でNTT東日本は約95%、NTT西日本は約93%のカバー率です。 ただしこの場合のエリアカバー率というのは、対象の市町村の役所で該当の光回線が使えればその地域全体がサービス提供エリア内とみなした数値なので、市街地から少し離れた地域、特に山間部では使えないといったこともあります。 ですのでフレッツ光の契約前には、サービス提供エリアの確認が必須です。 フレッツ光は2つのエリアに分かれる 全国にサービス提供エリアが広がっているフレッツ光ですが、NTT東日本エリアとNTT西日本エリアの2つに管轄が分かれます。 まずはNTT東日本エリアとNTT西日本エリアの境界線を見てみましょう。 出典: フレッツ光 エリア別該当都道府県 フレッツ光東日本エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・東京・埼玉・千葉・神奈川・山梨・新潟・長野 フレッツ光西日本エリア 富山・石川・福井・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄 お住まいの地域がNTT東日本エリアに該当する方は、、NTT西日本エリアに該当する方は、にて契約をすることになります。 サービス提供エリアの確認方法 フレッツ光のサービス提供エリアの確認の方法は3通りあります。 ウェブフォームでの確認• 電話での確認• プロバイダーに問い合わせて確認 これからこの3つのサービス提供エリアの確認方法について、順に見ていきましょう。 【おすすめ】ウェブフォームでのエリアの確認方法 ウェブフォームに入力してサービス提供エリアを確認する方法は最も簡単でおすすめです。 フレッツ光のサービス提供エリア内かどうかを確認したい場所の 郵便番号や 住所または 電話番号、集合住宅の場合は マンション名を入力することで簡単にサービス提供エリアかどうかを知ることができます。 戸建てタイプ、マンションタイプどちらでも調べることができ、利用が可能な契約プランも教えてくれます。 以下のフレッツ光のサービス提供エリア判定ページから確認できます。 下記のようなページに飛びます。 出典 ウェブフォームに必要事項を入力しデータを送信すると、担当オペレーターがサービス提供エリア判定の結果を電話でお知らせしてくれます。 お客様情報を入力したとしても、この時点で申し込みの完了にはならないので、安心してサービス提供エリアの確認をしましょう。 もし、住所入力をして該当住所がない場合はフレッツ光のサポートセンターに電話で問い合わせをしましょう。 ウェブフォームからサービス提供エリア確認をおすすめする理由 ウェブフォームでの確認をおすすめする理由は、サービス提供エリアの確認をしてくれるだけではなく、 担当オペレーターからフレッツ光の最適な契約プランを提案してもらえることです。 下記の関連記事では、ウェブフォーム活用の方法をさらに詳しく解説しています。 電話でエリアを確認する方法 フレッツ光のサービス提供エリアはフレッツ光の担当オペレーターに直接電話をして問い合わせることもできます。 電話での問い合わせだと、パソコンやスマートフォンなどインターネットができる環境がなくてもフレッツ光が利用できるのかどうかを知ることができ、ウェブの問い合わせフォーム画面に入力するのが苦手な方でも簡単に確認できます。 電話でのお問い合わせの注意点としては、問い合わせをする時間帯によっては電話が込み合っているため、担当オペレーターにつながるまで待たされるケースがあることです。 夕方や土日など電話が込み合う時間帯を避けて電話をするとスムーズに電話がつながります。 フレッツ光のサービス提供エリアを電話で確認したい場合の問い合わせ先は下記です。 フレッツ光の提供エリアで終了するサービス フレッツ光ネクストの登場しサービス拡大していることにより、逆に今後サービスエリアを縮小したり、終了するフレッツ光のサービスもあります。 5Mタイプ 1. 5Mタイプ アドバンスドサポート エントリー NTT西日本で2023年1月31(火)に終了するADSLサービス一覧 NTT西日本 モアスペシャル モア40 モア24 モア 8Mプラン 1. 5Mプラン ADSLの特徴 ADSLとは、家庭の電話線のアナログ回線を使ってインターネットに接続する通信サービスのことです。 大容量データの高速通信が行えるブロードバンドと呼ばれる通信サービスの一種で次の特徴があります。 インターネットの接続設定は初回だけ 回線開通後に初期設定を行えば、インターネットにつなぐたびにID・パスワードを入力する必要はありません。 ブラウザを起動すればすぐにインターネットを開くことができます。 利用料金は定額制 利用料金は定額制なので、インターネットにつなぎっぱなしの状態でどんなにインターネットを使っても毎月の利用料金は変わりません。 通信速度が最大50Mbps インターネットの通信速度は最大50Mbps。 ファイルサイズの大きい大容量ファイルのダウンロードや動画の閲覧が問題なく行えます。 利用料金が定額制で高速通信が行えるので光回線が普及するまで多くの家庭で使われていました。 ADSLがサービス終了となった理由 ここ10年で100Mbps~1Gbpsの高速通信が行える光回線やCATVなどのブロードバンド、モバイルルーターなどの無線通信の普及が進んできました。 各通信事業者が提供する光回線、モバイルルーターの利用料金は、3,000円~5,000円と以前と比べて割安になっています。 そのため、より快適な速さでインターネットを行うため、ADSLから光回線やその他通信回線に乗り換える人が増えてきてADSLの利用者は年々減っています。 このような背景からNTT東日本・NTT西日本はフレッツ・ADSLのサービス終了を決めることにしたのです。 ADSLの関連機器もすでに製造終了となり、利用者の新規受付も2016年6月30日で終了しています。 フレッツ光の提供エリアで新規受付が終了するサービス NTT東日本・NTT西日本ではADSLだけでなく、 フレッツ光の提供エリアでISDNの新規受付も2018年11月30(金)に終了することを決めました。 ISDNの特徴 ISDNもADSLと同様に電話線を使ったインターネットサービスですが、以下のような特徴を持っています。 インターネット接続にID・パスワードが必要 ダイヤルアップ接続なのでインターネットを使うたびにID・パスワードの入力が必要です。 インターネットと電話の同時利用が可能 ダイヤルアップ接続であっても利用する電話線がデジタル回線なので、1つの電話番号につき2回線持つことができます。 そのため、電話やインターネット、FAXの同時利用が行えます。 利用料金は従量課金制 ISDNは基本使用料とは別にインターネットを使った分だけ通信費がかかります。 そのため、インターネットを使えば使うほど毎月の利用料金が高くなるのです。 サービス提供終了の可能性のあるサービス ISDNも光回線などのブロードバンド普及に伴い、年々利用者が減ってきています。 今後、ISDNの利用者が増える見込みがないため、NTT東日本・NTT西日本はISDNの利用者の新規申し込みの受付終了を決めました。 近々NTT東日本・NTT西日本から正式にISDNのサービス終了が発表されることが予想されます。 提供エリアでの新規受付・サービス提供終了前にやること フレッツ・ADSLとフレッツ・ISDNはサービス提供が終了するインターネット回線ですので、そのままにしておくとサービス終了の日がきたら、インターネットは使えなくなってしまいます。 サービス終了間近に慌てなくてすむように、今のうちから準備しておくべきことはあるのでしょうか。 新規受付、サービス終了前にやるべきことについてまとめてみました。 フレッツ光へのプラン移行 現在、NTT東日本・NTT西日本ではフレッツ・ADSLとフレッツ・ISDNを使っている利用者にフレッツ光へのプラン移行をすすめています。 フレッツ光はNTT東日本・NTT西日本が提供する光回線で全国の幅広いエリアで1Gbpsの高速インターネットが利用が可能です。 ADSLの約20倍もの通信速度がでるため、大容量ファイルのダウンロードや動画視聴がストレスなく快適に行えます。 フレッツ光ネクストの全サービスタイプ• フレッツ光ネクスト ビジネスタイプ• フレッツ光マイタウン ネクスト NTT東日本・NTT西日本のサービスの継続利用を考えている人は、初期工事費が無料になる今のうちにフレッツ光へ移行した方がよいでしょう。 またNTT東日本では、Bフレッツを利用の方についてもフレッツ光ネクストの開通に伴う工事費を無料とするキャンペーンを現在行っています。 こちらは2018年4月10日~2020年1月31日までのキャンペーンです。 他社回線への乗り換え より安い金額でインターネットを使うのであれば、他社回線への乗り換えについても検討してみてはいかがでしょうか。 多くは通信事業者で新規申し込みユーザーに対してお得なキャンペーンを行っているからです。 高額キャッシュバック• 初期工事費無料• 途中解約違約金の立て替え• 他の光回線のキャンペーンが気になる方はもご覧くださいね。 サービス提供エリア外の場合の代替回線 ここまで、フレッツ光のサービス提供エリアの確認判定方法や、サービス提供エリアの拡大情報、縮小情報を見てきました。 もし、フレッツ光がサービス提供エリア外だった場合はサービス提供エリア拡大のリクエストができます。 NTT東日本の場合、 フレッツ光のご利用意向登録ができます。 ご利用意向登録とは、サービスの意向をNTTの公式サイトにて登録しておくことで、ある一定の数に希望者が達したときにフレッツ光の光回線サービスの提供を検討してくれます。 しかし、サービス提供エリア拡大のリクエストがすぐに反映されるわけではありません。 現在お住まいの地域がフレッツ光の提供エリアになるまで待てない、インターネットをなるべく早く利用したいという方にフレッツ光がサービス提供エリア外だった場合の代替のインターネット回線を紹介します。 auひかり auひかりは、フレッツ光の回線を利用せずに独自回線を利用してサービスを提供しているインターネットサービスです。 最近では、5ギガ、10ギガという超高速のインターネットサービスの提供を開始し、ますます注目を浴びています。 月額の利用料金もフレッツ光よりも安く、フレッツ光がサービス提供エリア外だった場合に一番におすすめしたいインターネット回線です。 auひかりのサービス提供エリアの確認の方法は、下記の関連記事より確認いただけます。 フレッツテレビのサービス提供エリアについて フレッツ光は、光回線のサービス提供エリアの他に、オプションサービスのフレッツテレビにもサービス提供エリアが存在します。 フレッツテレビのサービス提供エリアは下記の通りです。 フレッツテレビ エリア別該当都道府県 フレッツ光東日本エリア 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・新潟県・福島県・北海道の一部 フレッツ光西日本エリア 大阪府・和歌山県・京都府・奈良県・滋賀県・兵庫県・愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・広島県・岡山県・香川県・徳島県、福岡県・佐賀県の一部 上記に該当していても、全域提供している場合と一部地域のみにサービス提供をしている場合があるので注意が必要です。 フレッツテレビのサービス提供エリアは、光回線とはまた違いますので、下記の関連記事を参考にしてください。 フレッツ・ソフト配信サービスの提供エリアについて フレッツ光では企業向けにフレッツ・ソフトという便利なパソコンソフトの配信サービスを行っています。 ソフト一覧 ・まるごとアンチウイルス ・超ホーダイBusiness ・パソコンソフト使い放題onフレッツ ・KINGSOFT Office on フレッツ ・筆ぐるめ on フレッツ このフレッツ・ソフトにも配信が可能なエリアが決まっています。 フレッツ・ソフト配信可能エリア NTT東日本エリア 全域のフレッツ光ネクスト フレッツ光ライト Bフレッツ提供エリア NTT西日本エリア フレッツ光ネクストおよび フレッツ 光プレミアムの提供エリアに準ずる もし、このオプションを利用したい方は、フレッツ光のサービス提供エリアの確認の際に問い合わせをしましょう。 サービス提供エリアについてのまとめ ここまでフレッツ光のサービス提供エリアの確認方法からカバー率について紹介してきましたがいかがだったでしょうか。 フレッツ光の回線は全国的に現在もっとも普及しているインターネット接続サービスだといえます。 もし、フレッツ光がサービス提供エリア外だったとしても、光回線サービスを提供している事業社は他にもありますので、今回提案したインターネット回線の利用も検討してみましょう。 フレッツ光をお考えの方は、まずサービス提供エリア判定をして、フレッツ光が本当に利用できるのかを確認してから、契約に進みましょう。 エリア確認後は、支払い方法や利用手続き方法も確認しておくことをおすすめします。

次の

フレッツ光の【ハイスピードタイプ・隼】とは?なぜフレッツ光はプランが複数あるの?

フレッツ 光 エリア

フレッツ光はNTT西日本とNTT東日本がそれぞれ提供エリアを広げ、日本全国に提供エリアを広げていますが、現在提供エリアに入っていないところや、今後提供エリアになる予定のところなどまだ使えないエリアもあるようです。 当記事ではエリアの確認方法について解説します。 フレッツ光のサービス提供エリアについて NTTのフレッツ光は、西日本エリアはNTT西日本が、東日本エリアはNTT東日本がサービスを展開しており、光ファイバー回線の設備自体は同じものを使っていますが、サービス内容や料金体系が微妙に異なります。 しかし、回線速度や品質に差はありませんので、たとえば既にフレッツ光を使っている人が、引っ越しなどによって利用エリアが変わったとしても、今までどおり快適に利用することが可能です。 では、NTT西日本とNTT東日本がフレッツ光のサービスを提供しているエリアはどこなのでしょうか?それぞれの提供エリアを都道府県で見て行きましょう。 NTT西日本によるエリアの区分によると、北陸、東海、近畿・関西、中国、四国、九州、沖縄の7つの区分に分かれています。 これら7つのエリアに含まれる都道府県は以下をご覧ください。 北陸エリア:石川県、富山県、福井県の北陸3県 東海エリア:愛知県、静岡県、岐阜県の東海3県 近畿・関西エリア:大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、兵庫県、三重県、和歌山県の近畿関西7府県 中国エリア:岡山県、島根県、鳥取県、広島県、山口県の中国5県 四国エリア:愛媛県、香川県、高知県、徳島県の四国4県 九州エリア:大分県、鹿児島県、熊本県、佐賀県、長崎県、福岡県、宮崎県の九州7県 沖縄エリア:沖縄県 合計30府県が提供エリアとなっています。 NTT東日本によるエリアの区分によると、北海道エリア、東北エリア、甲信越エリア、関東エリアの4つの区分に分かれています。 NTT東日本の提供エリアの4つの区分は以下の通りです。 北海道エリア:北海道 東北エリア:青森県、宮城県、岩手県、山形県、秋田県、福島県の東北6県 甲信越エリア:新潟県、長野県、山梨県の甲信越3県 関東エリア:東京都、茨城県、神奈川県、栃木県、千葉県、群馬県、埼玉県の関東7都県 合計17都道県が提供エリアとなっています。 NTT西日本の提供エリアと合わせて、全ての都道府県が提供エリアとなっていることがお分かり頂けたのではないでしょうか。 それだけフレッツ光が普及しているということの表れともいえるでしょう。 また、上記エリアであればフレッツ光回線を利用している ・ドコモ光 ・ソフトバンク光 なども利用できるという事になります。 サービス提供エリアの確認方法 都道府県では全国的に提供エリアとなっていることは分かったけれど、仮に自分の住んでいる都道府県が提供エリアだったとしても、本当に自分の家が提供エリアになっているか分かりませんよね? 実は対応エリア内であってもフレッツ光を契約できない地域も存在します。 ですので契約前に必ずNTT西日本、NTT東日本ともに、公式サイトで確認してください。 それぞれどんな風にエリアを確認すればいいのか、その方法を紹介します。 そのページでは、戸建てかマンションか、お住まいのタイプの選択する項目がありますので、どちらかを選択しましょう。 次に、3つの入力するフォームがあります。 3つの入力フォームとは、郵便番号、府県検索、電話番号です。 そのいずれかを入力すると、判定結果が現れます。 もしも提供エリアである場合は「ご指定の住所でフレッツ光をご利用頂けます」と表示され、たとえば「最短1週間で提供できます」というような工事納期まで現れます。 もしも提供エリアに入っていない場合は「ご指定の住所では現在フレッツ光をご利用いただくことができません。 本エリアでは提供条件が整った場合にご提供いたしますのでご利用希望登録としてうけたまわります」という表示が出て、提供条件が整ったら利用できるように予約をすることができます。 ただし、納期が未定であることが多いので、目安が知りたい場合には0120-116-116へ電話で確認してみましょう。 郵便番号検索の場合はほぼ一発検索で町名まで出てきます。 あとは番地を選び、戸建てか集合住宅かを選ぶと提供エリアかどうかの判別が可能です。 もしも提供エリアである場合は「ご指定の住所はフレッツ光の提供エリアです」という表示が出てきますが、もしもフレッツ光の提供エリアではない場合は、「ご指定の住所には、現在『フレッツ光』を提供しておりません。 提供エリア拡大に向け『ご利用意向登録』にご協力下さい」との表示が出てきます。 利用意向登録をすると、フレッツ光の提供が始まった時に、NTT東日本のオペレーターから電話が入る仕組みとなっていますので、希望する場合は利用意向登録をしておきましょう。 こちらも、時間がかかる場合もありますので、目安などが気になる場合は0120-116-116への問い合わせがおすすめです。 エリアが今後拡大する予定は? 2020年6月現在、フレッツ光のエリア拡大については、沖縄県で拡大の予定があるとNTT西日本のサイトに掲載されています。 それぞれのエリアのマップが表示されており、そのマップに「サービス提供中」「フレッツ光マイタウンネクスト提供中」「サービス提供予定」「サービス未提供」と色分けされており、利用希望者が一目で自分の住んでいるところがどういう状態なのかを確認することができます。 ただし、鹿児島県の西之表市、奄美市(芦良地区)、龍郷町、和泊町、知名町、与論町の市町村は、各自治体が整備した光ファイバーの設備をNTT西日本が借りている形でフレッツ光を提供しているので、提供エリア検索には出てこないので注意が必要です。 NTT東日本のエリア拡大情報は、現在のところ特に情報が出ていませんので、気になる場合は0120-116-116に確認してみましょう。 戸建てとマンションで提供エリアは違う? フレッツ光は戸建てだからとかマンションだからという違いは特にないようです。 実は戸建てやマンションというよりは、個別の住所ごとに利用可能か利用不可能かに分かれるというのが厳密な表現です。 というのも提供エリアであったとしても、電柱や住宅の位置によって光ファイバーの入線工事ができない場合もありますし、入線する時に他所の家の上を光ファイバーが通過する場合には、その家の許可が必要となります。 許可が得られない場合や、その家の持ち主に連絡が付かない場合には入線することができません。 提供エリアであれば大半が問題なく入線することができるのですが、ごくまれに工事ができない環境があります。 ただ、これは116に問い合わせても、実際に工事を依頼してみないと分かりません。 申し込んでから当日の判断となります。 ちなみに、万一工事ができない場合はキャンセルとなりますが、特に費用はかかりませんので費用負担の心配はありません。

次の