シンキング pe。 次世代型【シンキングPE】オードラゴンが弱点を克服した!?

【特集】噂のシンキングPE!!オードラゴンについて!!│FISHING BASE

シンキング pe

今やソルトウォーターゲームのみならず使用頻度が高くなっている PEラインは、高い感度と強度を兼ね備え、特にディープ攻略や軽量リグを扱うライトゲームでは欠かせない存在となっている。 ただ、PEラインを扱う上で、どうしても厄介なのが 風に煽られてフケてしまったり、ボトムまで沈める最中に余計なラインスラックが出てしまったりと、ライン放出後の処理に気を使わなければならないということだ。 慣れてしまえばどうということはないが、爆風のナイトゲームなど特定のシチュエーションではストレスを感じるというアングラーも少ないないだろう。 そんなPEラインの弱点を克服した次世代のPEラインがから発売されている「」だ。 出典: 一般的なPEラインの比重はだいたい 0. 97~1. 05であることが多いが、Gソウル・オードラゴンの比重は、フロロカーボン(1. 78)までとはいかないものの 1. 40とかなり高比重に設計されている。 また、0. 4~2. 5号までラインアップされた全8モデルすべてにおいて、比重1. 40を実現しているため、号数による使用感も統一されている。 これを実現したのが、特殊マイクロフッ素繊維と超高強度PEを高密度に編み込んむ WX組工法と呼ばれる技術だ。 これにより、風による影響を受けにくくなることはもちろん、強度と耐摩耗性もUPしている。 番手は 0. 4号、0. 6号、0. 8号、1号、1. 2号、1. 5号、2号、2. 5号の8種。 すべて150m巻き。 実売価格も2000~2500円前後と非常にリーズナブル。 PEラインの扱いがチョット苦手だな…という方はもちろん、強風下での釣りを行うアングラーにはゼヒ試してほしい次世代シンキングPEラインだ。

次の

【シンキングPEライン】オードラゴンをアジングに使ってみた感想、インプレ!

シンキング pe

エギング用PEラインは視認性重視の色になっている シーバス用やジギング用のPEラインと比較し、エギング用のPEラインは 「ラインの視認性」を重視したラインナップになっていることが多い。 特に日中のデイエギングや常夜灯周辺のエギングでは、ラインの動きの変化で着底を把握したり、イカのアタリをキャッチ出来ると釣果がUPする。 だからエギング専用のPEラインは、人間から見やすい色で設計されているアイテムが多いんだよね。 カラーマーキング PEライン自体が白やピンク、オレンジなどとった見やすい色のエギング用ライン。 もう1つの特徴として、等間隔ごとにマーキングが入っているものも多く見かける。 例えば、白いラインだった場合は1mや2mの感覚毎に赤や青などのマーキングが20cm程入っていたり・・・・。 このマーキング部分の動きをチェックしながら釣りをする事で、 単色のラインでは分かりにくい 微妙なラインの変化を察知しやすくなるってわけだ。 その位、エギングでは微妙なラインに掛かるテンションの変化を感じ取ることが大切ってわけだね! 比重の違い 一般的なPEラインは比重が軽く、水面に浮く フロート 性質を持つものが殆どである。 しかし、エギングに使用するエギは比重が比較的軽く、ラインが風や潮の影響を受けてしまうと釣りの快適性を大きく損ねやすい。 そこで、風や潮などに流されにくい様に比重が大きい素材をハイブリッドしたPEラインもラインナップされている。 高比重なPEラインは、ポリエチレン素材にエステルやフロロカーボン素材を合わせて作られているものが多い。 エギング用のPEラインの場合、• フロート 一般的な純粋なPEライン• サスペンド 海水とおぼ同じ比重設定• シンキング 比重が大きく、水に沈みやすい このように3種類ほどの比重別のアイテムがラインナップされている。 サスペンドやシンキングPEを使うメリット 比重が大きいPEラインは、上手く使えばメリットになる。 たとえば、足場が高い堤防や水深が深い場所でエギをしっかりと沈めたい時。 こういう時は少しでも風が吹いたり、潮の流れが速くなると比重が軽い一般的なPEラインは使い難い。 メインラインの比重が大きくなることで、エギまでのラインが直線状態を保ちやすくなり、エギの着底やイカのアタリ等を察知しやすくなる。 また、糸フケが少なくなるのでエギの操作感がダイレクトになる特徴もある 人によってデメリットに感じることもある。 高比重PEラインはデメリットもある 高比重なハイブリッドPEラインだが、 エギングではそれが逆にデメリットになる場面もある。 例えば、駆け上がりがかなりきつい場所でエギングをする場合だ。 私の住む静岡の釣り場もこれに該当することが多い。 急深な静岡のサーフでアオリイカを狙った場合、比重が大きいエギング用のPEラインを使用すると駆け上がりや波打ち際でラインが擦れやすい。 これによってフロート素材のPEラインよりもダメージの蓄積が早く、すぐにボロボロになりやすい。 また、駆け上がり周辺でエギをしっかり持ち上げてアピールするのが難しく、海底をズルズル引くような感じになるので使い難い。 ハイブリッド系のPEラインは、同じ号数で比較すると明らかに強度落ちるという結果が出ている。 また、実釣を繰り返した時に劣化が早く、特に根ズレをしていなくても細かく毛羽立ちやすい弱点がある。 釣り場によってはサスペンドやシンキングのエギング用PEラインは効果を発揮するが、純粋なPEラインよりも弱い事は頭に入れて釣りをした方が良い。 関連記事• 使い易ければ専用ラインでなくてもOK! ざっとこんな感じで、エギング用のラインと他のラインとの違いの紹介はおしまい。 とりあえずどんなラインを選んだらいいのか分からないなら、専用アイテムを選ぶのが無難。 しかし、私の場合は真っ暗なサーフでエギングをする事が多いし、糸フケを出してラインの変化を見るような釣り方はあまりしない。 そうなってくると、細かいマーキングが必要ないのでジギング用のPEラインや汎用アイテムでも十分使えるって感じだ。 このあたりは最終的には好みになるので、専用アイテムのこだわる必要は特にない。 使い易いPEラインが既にあるなら、それを流用すれば全く問題なし! それでは、今回はこの辺で。 また明日会いましょう!.

次の

【TICTスタッフブログ】 ★NEW★ライム(シンキングPE)

シンキング pe

カテゴリー• 152• 107• 198• 242• 110• 177• 13 アーカイブ• 2 PEラインでフカセ釣り・グレ釣りするメリット【よつあみ OH ドラゴン】 Post written by at Categories: , , , フカセ釣りはラインが重要! 誤解を恐れずにいうと、グレのフカセ釣りで使われる道具の中で、ラインは最もシビアにその性能が問われるツールである。 (と思う) ロッドやリールが最新モデルであろうが、10年前の中古品であろうが釣果には直接的な影響は少ない。 (と思う) しかし、ラインは違う。 ラインは全てのツールをつなぐという極めて重要な役割を担っている。 グレ釣りの細いラインなど、傷ついたらすぐに切れる。 クルクルと巻き癖がついてしまうと、当たりもとれず釣りにならない。 他の全てのパーツが最新の最高級のものでもラインが弱かったり、扱いにくければ、全てが台無しとなってしまう(と思う) ラインの性能の差は直接的に釣果の差となってあらわれるというくらい重要なツールなのだ。 (と思う) とまあ、前置きはさておき、 PEラインでのグレ釣り・フカセ釣りのレポート&考察である。 高比重1. 4のPEライン よつあみ OH ドラゴン 従来のPEラインは比重が軽い。 そのため風に弱い。 これが、軽い仕掛けをコントロールするグレのフカセ釣りにとっては致命的な弱点だった。 しかし、最近は高比重のPEラインの開発が進んでいて、フカセ用のもいくつか発売されている。 ということで、早速、今回、使ってみることにした。 使用したのは、フカセ用ではないが、よつあみのPEライン OH ドラゴン0. 6号という品。 このラインの比重が1. 4! 一般的な各ラインの比重などの違い 素材 ナイロン ポリエステル フロロカーボン PE 比重 1. 14 1. 38 1. 78 0. 97 吸水性(%) 4. 5 0. 4 0. 4は、ナイロンとフロロカーボンの中間くらいの比重でポリエステルに近い。 特徴は、 吸水性が0!伸び率が3-5%と他の素材からすると桁違いの差がある。 で、先日のグレ釣り釣行 比重1. 4のPEライン OHドラゴンを使った感想 めっちゃ良い! 予想以上によかった! 使ってない人には 「うだうだ言わずに、とにかく使ってみて!」 と言いたくなるレベル。 ラインメンディングのやりやすさ 2. 感度の良さ の2点である。 ラインメンディングのやりやすさ ラインメンディングはナイロンと比べると格段に楽にできた。 フカセ釣りでは、道糸が潮下に膨らんでいると、潮上に打ち返すという作業を行う。 この作業がとてもやりやすい。 比重1. 4なので、仕掛けを流しているときには、海中にPEラインがある。 シンキングのラインはメンディングしづらいように思いきや、 手首を返す感じで竿をあげると、海中からスッと軽くラインが持ち上がった。 「あれ、軽い!」という感じ。 ナイロンだったら腕を大きくあおるような動作で道糸の修正を行うことがあるが、それをするとウキの位置がずれることも多くてイライラするところ、PEラインの場合はそうなり難い。 軽くて細いから、ウキを支点にラインのみをコントロールしやすい! =ラインメンディングが苦手な人にもおすすめ 結果、釣果はマジで変わると思う。 感度の良さ 感度の良さは、言うまでもない。 ナイロンとは比べ物にならない。 ナイロンなら、ツンツンというラインに伝わる当たりが、 PEラインなら、ガンガンという感じでより明確に伝わってくる。 視覚的にも当たりの時にラインに鮮明に出ていたように思う。 ストレスなくすっとラインが伸びるのが視認できたのだ。 もしかしたら、水流抵抗が少ないゆえに、魚にとっても違和感があまりない(=食い込みが良い)のではないか。 とにかく、当たりがとりやすくなったと感じた。 結果、シンキングPEラインを使ったこの日は外道を含めて魚を掛けまくることができた。 (外道ばかりだっが・・・当たりのとりやすさは実感できた。 ) 他にもメリットはある。 ・飛距離がでる 軽く放り投げる感じでないと遠くまで飛び過ぎてしまうくらい(笑 ワンランク小さなウキを使っても今までと同じところまで飛ばせる感じ。 近年の遠投主体のグレ釣りでは、この飛距離が伸びるメリットは大きいだろう。 ナイロンに比べて劣化が少ないと言われている。 (ナイロンの1. 5号の道糸だったら、2回使ったら劣化を感じる) 実際の判断は、使い続けてみてからになる。 ちなみに僕は夜の大物狙いのフカセ釣りでもPEラインを使っているが もう3年くらい道糸を替えていない。 と言っても6号の極太ラインなのであまり比較にならないが。 PEラインはトラブルが多い? PEラインはライントラブルが多いと思う人もいるかもしれないけど、 今回、一日釣りをして一度もライントラブルはなかった。 ・リールはハイパーフォース1700番 ・ロッドはエリネス1. 25号 5m ・ハリスを4~6ヒロとってPEラインに直結 これでガイド絡みもなく快適に釣りをすることができた。 むしろ、ナイロンラインの方が糸グセによるガイド絡みは多いのではないか。 最近のIMガイドがついている竿だったらまず問題ないと思う。 PEラインは風に弱いか? 釣行の日は北東の風、右からの横風が吹く時間もあったが、 ラインコントロールの問題は感じなかった。 PEラインと言っても、シンキングラインなので投入後、ラインはすっと海面下に沈む。 少々の風は問題なかった。 ただし、さらに、強風で横風となると、どうなるか。 潮上にラインを打ち返すことが難しくなるかもしれない。 だとすると、重いナイロンの方が有利かもしれない。 しかし、そういう状況ならナイロンラインでも厳しいのでどうなのか・・・ 伸びがないので魚とやりとりしづらい? 感度が良いということ=PEラインは伸びないということ。 魚とのやりとりは、ほとんど 竿だけで魚のパワーを吸収しなくてはならない。 ダイレクトに力が伝わる分、いつもよりも、ガンガンと手元に衝撃がくる(特にサンノジとか)。 ラインで衝撃を吸収できないので、より強い力で引くように感じる。 口太グレ40cmくらいの感覚だけど、実際釣れたのは35cmくらいだったとか、そういうこともあるかもしれない。 それと、伸びがないので結束部に負荷がまともにかかる。 なので、ノットなどはFGノットとか強い結び方が必要になると思う。 または、サルカンを使うとかね。 ショックリーダーなども要検討だと思う。 結論 最初は、今まで浸かっていたナイロンに比べると細すぎて、頼りない気がしたんだけど、使っているうちにメリットを実感できた。 特にメンディングのやりやすさ、感度の良さは釣果に大きく影響するところなので、使ってみることをおススメする。 僕は、今回からレギュラーの道糸としてPEラインを採用することにした。 今回は0. 6号を使ったが、もう少し太いものでも十分、メリットはあると思うので、次回は0. 8号を使ってみる予定。 そんなに強く合わせてない・・・ で、OHドラゴンを使っていた友人も初回の使用で高切れしたと聞いた。 で、気になって後から家でフロロと結束して強く引っ張ってみると、PE部分で切れることが何度かあった。 再検討要かも。

次の