渡辺 美里 小室 哲哉。 渡辺美里「Tokyo」平成の小室哲哉WORKS

渡辺美里が結婚しない理由は?太りすぎ!?結婚歴や子供はいるの?

渡辺 美里 小室 哲哉

渡辺美里の歌唱力がスゴイ!岡村靖幸、小室哲哉ら、楽曲提供をきっかけに飛躍したアーティスト多数 渡辺美里の歌唱力は今も衰えることなくスゴイ! 渡辺美里は、1966年7月生まれで、現在50歳。 数多くのヒット曲でもしられるシンガーです。 1985年にデビューした渡辺美里は、1986年に4枚目のシングルとなる「My Revolution」を発表すると、圧倒的な歌唱力が支持され大ヒットとなりました。 それからすでに30年が経ちましたが、同業のアーティストたちも驚くほどの歌唱力は、いまだ健在です。 2010年に開催された「夢 花火 音楽祭 ~音市音座~」では、小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」をKANとコラボした渡辺美里。 このとき、渡辺美里の歌唱力があまりにもスゴすぎて、自分の声が聞こえなくなってしまったKANが焦る場面があったとか。 この渡辺美里の歌唱力のスゴさを証明するこのエピソードを明かしたのは、スターダストレビューの根本要でした。 素人だけではなく、歌うことを生業とするプロたちも驚くほどの歌唱力なのですから、そのパワーは計り知れないものなのでしょう。 渡辺美里の影響力もスゴイ!岡村靖幸、小室哲哉など、楽曲提供で飛躍した華麗なるアーティストたち! 渡辺美里の初ヒット曲「My Revolution」は、小室哲哉が楽曲提供しています。 「My Revolution」の成功によって、その後も小室哲哉からの楽曲提供は続き、「BELIEVE」「RESISTANCE」は、ドラマの主題歌としても使われ、それぞれヒットを記録しています。 当時、渡辺美里と小室哲哉は「ゴールデンコンビ」と呼ばれていたものです。 渡辺美里の歌唱力によって、実力が認められるようになったのは、小室哲哉だけではありません。 それは、岡村靖幸です。 ちなみに、10代のアーティストで、初めて2枚組のアルバムを出したのが渡辺美里です。 ほかにも、渡辺美里への楽曲提供で人気を獲得できたアーティストには、木根尚登や大江千里、後藤次利、小林武史らも挙げられます。 渡辺美里の醍醐味はスタジアムコンサート!青春を彩るオススメ名曲 渡部美里の醍醐味はスタジアムコンサート!その歴史は20年に及んだ! 渡辺美里は、西武ライオンズ球場で開催されていたスタジアムコンサートでも有名です。 女性ソロシンガーで初となったスタジアムコンサートは、1986年に「kick off」と銘打ってスタートし、毎年恒例となりました。 その後、2005年の第20回公演「NO SIDE」まで続ききます。 このスタジアムコンサートの動員数は、延べ70万人ともいわれており、オリジナルのヘッドマークを掲げた臨時特別列車「MISATO TRAIN」も登場したほどの人気でした。 2005年に、西武ライオンズ球場でのスタジアムコンサートは、惜しまれつつも終了してしまいましたが、2006年からは、「美里祭り」として、各地でコンサートが行われています。 渡辺美里は、テレビで歌うよりも、圧倒的な歌唱力が生きるライブ・コンサートを中心に活動してきました。 それだけ、生で聴く渡辺美里の声や歌は、大きな感動や興奮を呼ぶのでしょう。 渡辺美里の気になる曲!青春を彩るオススメ名曲 渡辺美里の数ある人気曲の中で、青春を彩るオススメ名曲を紹介します。 まずは、なんといっても「My Revolution」です。 渡辺美里といえば、「My Revolution」が真っ先に思い浮かぶ人も多いに違いありません。 10枚目のシングル「恋したっていいじゃない」は、ポップで明るい曲調で、UCCのCMソングになったことで、より広い世代に渡辺美里の名前を知らしめることになりました。 12枚目のシングル「10years」、これもUCCのCMソングとしても知られる名曲です。 これまでの太陽のように明るい曲調とは一転して、しっとりとした部分も感じさせる仕上がりになっています。 切なさが心に響く楽曲になっています。 7枚目のシングル「BELIEVE」は、沢口靖子主演の「痛快!OL通り」の主題歌としても有名な曲で、さまざまなしがらみを乗り越えていくドラマの主人公たちを応援するかのような力強いメッセージソング。 当時、「BELIEVE」に勇気づけられた人たちもたくさんいたはずです。 最後は、16枚目のシングル「サマータイムブルース」。 明治生命のCMソングとして起用された、さわやかなメロディと歌詞が魅力あふれる一曲となっています。 初回生産限定盤は、7インチサイズの特製ジャケット仕様です。 早期予約特典には、生カセット「思い出の美里テープ」が付いているのもうれしいサービス。 カセットを手にすることで、昔懐かしい思い出が、さらに色濃く蘇った人も多くいることでしょう。 懐かしいコンサートの映像や、未公開写真を中心に構成されたカラーフォトブックも付いており、渡辺美里ファンはもちろん、その時代に青春を過ごした人たちにとっては、たまらないアルバムになっています。 持っているだけでも宝物になりそうですね。 また、自分のリクエスト以上に歌ってくれる渡辺美里を尊敬し、自分の楽曲をより魅力的に輝かせる渡辺美里の声に感謝していたとも語りました。 渡辺美里のスゴさは、ファンの心の中だけではなく、一流ミュージシャンたちの心の中でも大きな存在であり続け、50歳になった今も、現役で走り続けているトップアーティストであることです。 30周年記念盤アルバムは、あらためてその存在の大きさを気付かせるものともなっています。

次の

渡辺美里 JUMP 歌詞

渡辺 美里 小室 哲哉

「Tokyo」渡辺美里 作詞:渡辺美里 作曲・編曲:小室哲哉 1990年リリースの渡辺美里の6枚目のアルバム「tokyo」に収録。 アルバムの表題曲である「Tokyo」 中学生の時、本当によく聴いた。 このアルバム自体がすごく好きだったのだ。 Power サマータイムブルース 虹をみたかい POSITIVE DACE Boys Kiss Girl 特に岡村靖幸作曲の「虹をみたかい」 今聴いてもファンキーでカッコ良い。 今回紹介する、 「Tokyo」は、小室さんが美里に提供した曲の中ではめずらしく、 かなりロック調な楽曲である。 まずイントロのディストーションギターがカッコ良い。 そこに小室さんとウツのコーラス。 そしてなんといっても後半の曲調の変化がカッコいい。 シンセとベースのラインがゾクゾクとする。 関連記事はこちら.

次の

渡辺美里の歌唱力がスゴイ!岡村靖幸、小室哲哉ら、楽曲提供をきっかけに飛躍したアーティスト多数

渡辺 美里 小室 哲哉

ゴールド(、) チャート最高順位• 週間1位()• 1986年度年間5位(オリコン)• 4位()• 1986年度上半期3位(ザ・ベストテン)• 1986年度年間5位(ザ・ベストテン) シングル 年表 死んでるみたいに生きたくない () My Revolution (1986年) (1986年) 目次• 解説 [ ] タイトルナンバーは系『』の主題歌で、(昭和61年)放送の『』で5位にランクイン、このときが渡辺美里にとって生放送初出演となる。 で「金賞」を受賞し、作曲者のが授賞式に出たところへ渡辺美里がお祝いに駆けつけたこともあった。 作曲を手がけたは、当時として既にデビューしていたとはいえまだ無名に近く、この曲で作曲者として(大衆に)認められたいという強い信念があり、曲が完成すると渡辺の待つスタジオに自ら足を運んで、ピアノ演奏でメロディーを伝えたという。 同曲の特徴ともいえるは、曲の途中で三度も上がるという、それまでの邦楽には珍しいもので、洋楽、特に系のコード進行に近いといわれる。 そのメロディーを聴いた渡辺は「体中に電気が走るほど『凄い! 』と思った」 といい、レコーディングエンジニアの伊東俊郎も思わず「この曲いいね! 」とトークバックしたという逸話が残っている。 小室はこの曲がコンペで選ばれた事を電話口で聞いた時の感覚は、今でも忘れられないと語っている。 小室自身も、この曲がヒットしたことで後に「ああいう曲でちゃんと歌っていけばいいんだって、ヒット曲作りのコツや方向性みたいなものが見えた」と語っている。 はが担当した。 この曲の最も印象的とされるイントロのコードは大村のアイデアによるもので、同コーラスは渡辺がさりげなく口ずさんだ鼻歌から採用されたもので、「大村さんがスタジオを後にしてからこのコーラスを入れたほうがこの曲がもっと良くなるんじゃないかなとふと思いつき、大村さんの了解を取らないで勝手にレコーディングして入れてしまった(笑)」と『』の歌本のインタビューで語っている。 小室が原曲で指定した転調直前のコード進行「」は不安定な印象が残るため、大村がベースとなる音にを加えた「」というコードにアレンジしたことで曲調が明るくなり、リスナーに伝わりやすくなったといわれる。 大村は1992年に渡辺がセルフカバーした『My Revolution-第2章-』の編曲も担当したが、1999年に同カバーのライブ用アレンジを手がけたは「大村さんの譜面には凄く愛情が溢れてる」と語ったといい、それを聞いた渡辺はこの間に大村と仲違いしたまま死別したことを改めて後悔したという。 はによるもので、渡辺美里本人と直接会話したときの印象から「ひとりでも強く自分でやっていける女の子という像が浮かんできた」「夜の街の中でひとりで走り抜けていくような、少し寂しさを背負った感じがした」とのイメージで作詞された。 後に渡辺はこの歌詞のイメージについて「クールな世界観で、今までにないタッチの詞世界」「『わかり始めた』って歌ってるんだけど、(歌詞の世界観が)全く分かってない」と歌詞の奥深さを語り、「歌い続けていく中で、その瞬間瞬間を突き動かしていく曲になっていった」と述べている。 仮タイトルは「m〜3」。 レーベルプロデューサー(当時)のアイデアによりタイトルは「My Revolution」に決定した。 レコーディングはにあるKRSスタジオ(現・青葉台スタジオ)で行われた。 同シングルは盤のみのリリースだったが、(元年)にシングル化されている。 オリコン週間シングルチャートでは、初登場10位。 その後、2週目8位、3週目10位、4週目6位、5週目・6週目5位、7週目3位と推移し、8週目に1位に辿り着いた。 週間チャートでの1位はこの1週のみであったが、その後もしばらく10位以内を保持し、同年間チャートでは5位を記録した。 累計売上は70万枚。 のように、この曲は多くの他ミュージシャンなどによってカバーされている。 放送の『』(系)で、19年ぶりに渡辺美里と小室哲哉の共演で披露された。 また、放送の『』(系)で、再び共演して披露された。 収録曲 [ ] My Revolution [ ]• 全編曲:• My Revolution• 作詞 : 、作曲 :• みつめていたい Restin' In Your Room• 作詞 : 渡辺美里、作曲 : My Revolution -第2章- [ ]• My Revolution• 作詞 : 川村真澄、作曲 : 小室哲哉、オーケストレーション : 大村雅朗• ロミオとジュリエット篇• 作詞 : 渡辺美里、作曲 : 、編曲 : レコーディングスタッフ [ ] My Revolution [ ] My Revolution• Drums :• Bass :• Keyboards :• Electric Guitar :• Synthesizer Operator :• Chorus : ,• Recording Engineer : 伊東俊郎• Director : みつめていたい Restin' In Your Room• Drums :• Bass : 高水健司• Keyboards : 西本明• Electric Guitar : 松原正樹• Chorus : 楠木勇有行• Recording Engineer : 伊東俊郎• Director : 小坂洋二 My Revolution -第2章- [ ] My Revolution -第2章-• Orchestra :• Conductor : エピソード [ ]• 渡辺がデビュー前からレギュラー出演していた、の「」にて、当時まだヒット曲がなかったため、販売促進の一環として「買ってジャケットを番組に送ってくれたら全てをして送り返す」という企画を開催。 しかしこの曲が思わぬ大ヒットとなったため、想定していた以上の数の応募が殺到してしまった。 のが『』()にゲスト出演した際、「…ここ10数年の間で、こんなにエネルギッシュ・パワフルで斬新な曲を聴いた事はなかった。 なんて素晴らしいんだろう、と思った。 それぐらい衝撃的だった」と、この曲が発売された当時の心境を話している。 ()が一番好きな邦楽曲は「My Revolution」であると『』()で度々コメントしている。 しかし、よく「小室哲哉が最初にプロデュースした」というが、実際には小室哲哉が作曲して初めてオリコン1位になった曲であり、プロデュースはしていない。 (平成20年)、フジテレビの『』の「」コーナーに出演。 「My Revolution」を生で熱唱し、が「中学生の時、皆で歌って励まし合った事を思い出した」と号泣した。 その姿に渡辺も目を潤ませていた。 の芸能事務所「」創業者であるは、雑誌『』2011年10月号でと対談し、『My Revolution』を、中学生の時に聴いたと述べた。 同曲の作品等の利用など [ ]• (昭和61年)1月-3月に系で放映された『』のオープニングテーマとして起用。 (昭和63年)に原作の映画『SO WHAT』(監督:)の主題歌として起用。 (平成4年)に渡辺美里自身が「My Revolution -第2章-」としてセルフカバー。 (平成13年)4月に『』の主題歌として起用。 (平成14年)に「」CMソングとして起用。 (平成17年)にので25位に入選。 紅白で初披露。 2005年(平成17年)以降、東洋水産「麺づくり」CMソングとして起用。 ヘビーメタルやダンスミュージックにアレンジされ、TRFなどがカバーした。 (平成18年)、『』のエンディングテーマ曲として起用。 (平成20年)11月に公開された映画『』の主題歌として起用。 (平成25年)『』「新100人の料理人! レボリューション」のエンディンクテーマとしてオーケストラVer. を使用。 2013年(平成25年)日本テレビ系『』「」のコーナーでが自転車を全力で漕ぐ際に度々使用されている。 (令和2年)「」『』最終回で挿入歌として使用。 同曲のカバーアーティスト [ ]• 「My Revolution」((昭和62年)) アルバム『SONGS』(30CH-266)に収録。 編曲は松井忠重。 「My Revolution」((平成11年)) シングル「My Revolution」、アルバム『1986』に収録。 編曲は元の。 feat. SEXTON「MY REVOLUTION」((平成15年)) アルバム『CROSSOVER』に収録。 「コモンガール」((平成17年)) タワーレコード限定発売シングル「マイレボ」、アルバム『BOY』に収録。 この楽曲は曲である。 「My Revolution」((平成18年)) アルバム『インスピ・復刻盤3』に収録。 「My Revolution」(2006年) シングル「We are all BLOOMIN'」のカップリングに収録。 2006年9月より「麺づくり」CMとしてOA。 「My Revolution」((平成19年)) アルバム『』に収録。 「My Revolution」(2007年) アルバム『』に収録。 「My Revolution」(2007年) シングル「B・BLUE」のカップリングに収録。 映画『』主題歌。 「My Revolution」((平成21年)) シングル「Shine Of Love」のカップリングに収録。 また、『』にも収録されている。 「My Revolution」((平成23年)) アルバム『』に収録。 「My Revolution」((平成23年)) アルバム『サカモト教授の8bit ジュークボックス』に収録。 「My Revolution」() シングル「」のカップリングに収録。 また、『』にも収録されている。 猿岩石のシングル [ ] 『 My Revolution』 の リリース 時間 19 チャート最高順位• 71位() シングル 年表 () My Revolution () 「 My Revolution」は日本の、の10枚目の。 解説 [ ]• 1999年1月1日にヒートウェーブよりリリースされた。 のヒット曲をカバー。 「」主題歌。 実質的に猿岩石の最後のシングルとなった。 収録曲 [ ] 全編曲:• My Revolution 作詞:、作曲:• 最初の夢 最後の夢 作詞:、作曲:M Rie• My Revolution オリジナル・カラオケ• 最初の夢 最後の夢 オリジナル・カラオケ 収録作品 [ ]• M-1 脚注 [ ] []• 1986年12月31日放送TBS『第28回日本レコード大賞』より• hotexpress 2010年8月23日. 2014年8月9日閲覧。 ORICON STYLE. 2015年5月22日. 2015年5月22日閲覧。 『オリコンチャート1位ヒットソング集500〈下〉1986〜1994』(クラブハウス、1998)P14、P16〜P25• 『小室哲哉 深層の美意識』、1996年、154頁。。 真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。 テレビ大阪. 2020年3月29日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の