ミニチュアスイッチ。 リレーの使い方

これがミニチュア!? Mozuがつくるコンセントの向こうの「小さな暮らし」

ミニチュアスイッチ

リレー リレーとはコイルの 電磁石の作用を使ったものです。 オムロン小型リレー 小学生のとき、理科の実験道具で電磁石があったように思います。 小学生のとき、電磁石を知り 「コレで、磁石の力でスイッチを入れることができる!」 と発明を思いつきました。 手でスイッチを押す代わりに、電磁石でスイッチを引き寄せて押すことにすれば、自動的にスイッチを押すことができる・・・・・・と。 しかしそんな小学生の考える程度のことは当然だれかが先に考えています。 すでにリレーという名前の 確立された電子部品の1つでした。 リレーの原理 指でスイッチを押すと配線がつながり、電気が流れる。 これは 回路の基本です。 リレーとは指でスイッチを押す という仕事を、 代わりに電気で 電磁石の力で押す という部品です。 オムロンのリレー リレーの中身と動作のしくみ リレーの中身はこんな感じです。 一次側(スイッチ入力)• 2-9 :コイル スイッチを入れる制御電流 二次側(出力)• 1-5、6: スイッチが接続された状態です。 2-9に入力があると接続が切れる• 10-5、6: 2-9に入力があると接続がつながる• 5-6 : は共通端子 リレーを動作させてみる それでは試しにリレーを作動させてみましょう。 出力側が導通して、抵抗レンジならば 抵抗0になり、つながったのがわかります。 ついでにどのぐらいの電流が流れるか計っておきましょう。 30mA リレーはどう使う? リレーは何が便利かというと スイッチを入れるという操作を回路にさせることができるからです。 そして回路の出す電流、電圧は小さなものでも、大きな電圧の機器をON,OFFして動かせるということです。 自動制御の手始めですね。 たとえば、 回路が出す電流、電圧は小さなものでも、その小さな電流で、大きな電源のスイッチをON,OFFすると大きな電圧の機器をON,OFFできる リレーはこのようなイメージです 小さな電流だけど、 スイッチ ぐらいは動かせる。 そして、その磁力でスイッチの接点をONします。 小さな電流でスイッチを入れるわけですが、これにも電流がある程度必要です。 リレーにはある程度の電流を流す必要があります。 だからデジタル回路の数mAしか流せない力でリレーを駆動するには苦しいのでこのようなときは、リレーを駆動するトランジスタをもう一段入れてリレー駆動したりします。 (リレードライブ回路) リレーでモーターを動かす モーターを回すには、プラモの小さなモーターでも大きな電流が必要なのでリレーを使ってモーターを動かしてみることにします。 インバーターIC 74LS06の信号でリレーを駆動します。

次の

リレーの基礎知識 1

ミニチュアスイッチ

リレー リレーとはコイルの 電磁石の作用を使ったものです。 オムロン小型リレー 小学生のとき、理科の実験道具で電磁石があったように思います。 小学生のとき、電磁石を知り 「コレで、磁石の力でスイッチを入れることができる!」 と発明を思いつきました。 手でスイッチを押す代わりに、電磁石でスイッチを引き寄せて押すことにすれば、自動的にスイッチを押すことができる・・・・・・と。 しかしそんな小学生の考える程度のことは当然だれかが先に考えています。 すでにリレーという名前の 確立された電子部品の1つでした。 リレーの原理 指でスイッチを押すと配線がつながり、電気が流れる。 これは 回路の基本です。 リレーとは指でスイッチを押す という仕事を、 代わりに電気で 電磁石の力で押す という部品です。 オムロンのリレー リレーの中身と動作のしくみ リレーの中身はこんな感じです。 一次側(スイッチ入力)• 2-9 :コイル スイッチを入れる制御電流 二次側(出力)• 1-5、6: スイッチが接続された状態です。 2-9に入力があると接続が切れる• 10-5、6: 2-9に入力があると接続がつながる• 5-6 : は共通端子 リレーを動作させてみる それでは試しにリレーを作動させてみましょう。 出力側が導通して、抵抗レンジならば 抵抗0になり、つながったのがわかります。 ついでにどのぐらいの電流が流れるか計っておきましょう。 30mA リレーはどう使う? リレーは何が便利かというと スイッチを入れるという操作を回路にさせることができるからです。 そして回路の出す電流、電圧は小さなものでも、大きな電圧の機器をON,OFFして動かせるということです。 自動制御の手始めですね。 たとえば、 回路が出す電流、電圧は小さなものでも、その小さな電流で、大きな電源のスイッチをON,OFFすると大きな電圧の機器をON,OFFできる リレーはこのようなイメージです 小さな電流だけど、 スイッチ ぐらいは動かせる。 そして、その磁力でスイッチの接点をONします。 小さな電流でスイッチを入れるわけですが、これにも電流がある程度必要です。 リレーにはある程度の電流を流す必要があります。 だからデジタル回路の数mAしか流せない力でリレーを駆動するには苦しいのでこのようなときは、リレーを駆動するトランジスタをもう一段入れてリレー駆動したりします。 (リレードライブ回路) リレーでモーターを動かす モーターを回すには、プラモの小さなモーターでも大きな電流が必要なのでリレーを使ってモーターを動かしてみることにします。 インバーターIC 74LS06の信号でリレーを駆動します。

次の

リレーの寿命

ミニチュアスイッチ

実務的な面で回答します。 メーカーによって差はありますが考え方だけ・・ 寿命を決定する要素は2つあります。 1 機械的寿命(接点型のみ) 2 電気的寿命 1 は文字通り,メカ的な寿命を表していますが,通常数百万回~数千万回のON/OFFに耐えられる様になっており,カタログにも記載があるはずです。 2はいわゆる電流値に対しての耐久性で,当然接点型のリレーですと,電流値によって寿命が変化します。 これは接点抵抗と電流値によって接点が溶着する事により発生します。 又1,2とも開閉頻度が絡みます。 通常1分間に数十回~数百回と設定) 参考値ですが,私どものターミナルリレーは 1Aで30万回,2Aで10万回の保証をしています。 この数値は特異な数字でなく概ねどこのメーカーでも似たような数値になっていますが,詳しくは各メーカーのホームページの電子カタログなどを参考されるのがよいでしょう。 さて,御質問の内容ですが,多分接点劣化ではないかと思われます。 一度溶着した(しかけた)接点は接点抵抗が増えていきますので,悪化をしていきます。 また,通常リレー内部は窒素充填などで酸化を防止する処置が施されていますがこの気密性がなくなると酸化の影響で同様の症状を起こしやすくなります。 いずれにしても今の状況は改善の見こみが薄い為又信頼性の面からも状況的には交換する事がいちばんてっとりばやい方法でしょう・・ しかし,気になるのは回数的に少なすぎると言う事です。 瞬間的な最大電流値を一度測られた方が良いように思います。 電流値と寿命は比例しますので1A増えただけでかなり寿命は減ります。 リレーの定格と実際のアンペア値を比べてみてください。 使用方法的に問題があるか否かは専門の方にお聞き下さい。 又,無接点型のリレーも種類があるので容量的な問題はありますが,検討の余地があろうかと思います。 参考URL: kuniuniさんこんにちは。 回答しようと書いていたら専門家の方が回答されたので、私の回答は補足程度に お考え下さい。 まずどういう誤動作なのか詳しいことがわからないので、リレー自体の故障なのか どうかもなんともいえませんが、もしお差し支えなければもう少し詳しく回路構成や 誤動作の発生状況をお知らせいただけると何かヒントになるような回答ができるかも 知れません。 リレーの仕様書には耐久性という項目があるはずです。 これは接点の開閉回数で規定されています。 リレーの開閉回数が、その回数に達した 時がおおむねリレーの寿命と考えていいと思います。 耐久性には機械的耐久性と電気的耐久性があります。 機械的耐久性というのは接点に負荷をかけずに開閉した時の回数、 電気的耐久性は定格負荷をかけた時の開閉回数です。 しかし通常の産業用リレーであれば電気的耐久性でも10万回以上は保証されている はずなので、トータルで50回しか開閉していないのに故障するというのはちょっと 考えられません。 仕様上の寿命以外によくあるリレーの故障を挙げておきます。 特に接点を常時オープンにしておき、時々閉じて使うような場合に発生しやすいです。 それは次の理由によります。 リレーがON-OFFする際にどうしても多少は火花が飛びます。 この火花は接点を傷めるので 火花が飛ばないよう接点と並列にコンデンサーなど入れたりするのですが、逆にこの火花によって 接点表面の酸化膜を吹き飛ばすというセルフクリーニングの作用もあります。 大電流用リレーの接点をあまり小さい電流で使うと、この火花によるセルフクリーニングが 起きないため表面が酸化して接触不良になることがあります。 このタイプの故障で私が経験した極端な例では、主回路と制御回路を一つのリレーで同時に開閉 するため30Aの回路と数mAの回路を同じ容量(定格50A)の接点に通していた例がありました。 それも常に非接触状態になるのなら まだ良いのですが、ちょっとした振動で接触不良になったり直った(ように見える)りするので 原因を発見するのは厄介です。 OMRONのホームページからいろいろなリレーの仕様書がダウンロードできます。 (登録が必要ですが無料です) OMRONはいろいろな種類のリレーを扱っているので、お使いのリレーがよほど特殊なもの でない限り似たような品種があるはずです。 似たような品種であれば耐久性の仕様も大体似た ようなものであると思われます。 もちろんお使いのものと同一メーカーの同一品種でなければ 保証はされませんが、参考にはなるかと思います。 (でも下で松下電工のサイトも紹介されているのであまり意味なかったですね。 ) 参考URL: A ベストアンサー もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。 有効電力がPowerから、P となった後 単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。 ・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z 相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。 XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが 既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。 1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。 A ベストアンサー いくつか逆質問になります。 【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。 a 電熱器・電気炉、溶接機など。 b 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。 a のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。 b のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。 【2】 前項の a であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。 また、三つに分割できますか。 【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。 a 動力専用バンクの三角 またはV 結線で一線接地。 たぶん S線が接地されている。 b 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。 たぶん S線とT銭の中間で接地されている。 a のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。 b のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。 【4】 電力会社との契約種別。 a 低圧。 b 高圧または特別高圧。 a の場合は電力会社の、 b の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。 いくつか逆質問になります。 【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。 a 電熱器・電気炉、溶接機など。 b 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。 a のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。 b のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。 【2】 前項の a であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。 また、三つに分割できますか。 【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。 a 動力専用バ... Q 当方 電気はど素人で自力で学ぼうと努力しております。 情けない質問で申し訳ありませんが、どなたか解り易く教えていただけたら幸いです。 電気作業の現場でよく言われる"コモン"、コモン線とは一体どういった役割をしているのですか? ある部品で、部品からは配線が4本出ていますが(茶・白・黒・青)、コネクタを介して配線が5本になっています。 (茶・白・黒・青・灰) 接点構成は"1c"とありましたが、図を見ると"白"がコモン線、"白と黒"がスイッチのマークで離れてる状態をa接点、"白と灰"がくっついた状態がb接点となっています。 接続が"灰"を使わず"茶・白・黒・青"のみとなっている場合、これは何接点で使用している部品なのですか?また、図を見るとa・b・cと3通りの使い方が出来るのか?と思えるのですが、それぞれどの色とどの色を繋げば良いのですか? A ベストアンサー その部品は、たぶんリレーですよね。 茶と青がリレーを動作させるために電圧を加える端子で、リレーコイルにつながっています。 リレーの接点が1cということで、1回路のc接点(コモンがどちらかに接続される)です。 コモン(common)というのは「共通の」という意味です。 この場合で言えば、a接点につながった時もb接点につながった時にも共通に使われる端子ということです。 黒はa接点で、何もしない状態の時に接点が離れている端子です。 通常時に回路が開いているので Normal Open の頭文字をとって NO と表示される場合が多いです。 灰はb接点で、何もしない状態の時に接点がつながっている端子です。 通常時に回路が閉じているので Normal Close の頭文字をとって NC と表示される場合が多いです。 灰を使わない場合は、茶と青に所定の電圧をかけると、白と黒の端子で構成されるスイッチが入り、電圧がかからなくなると白と黒のスイッチが切れるという働きをします。 黒を使わない場合は、リレーに電気を流さない状態では白と灰で構成されるスイッチが入った状態になっていて、リレーに電圧を印加すると、白と灰のスイッチが切れるということになります。 切り換えスイッチとして使う場合は、黒と灰の両方を使います。 リレーに電圧を電圧をかけると、白の端子からの電気の流れが灰から黒に切り替わります。 リレーコイルへの電気を切ると、黒から元の状態の灰の方に切り替わります。 その部品は、たぶんリレーですよね。 茶と青がリレーを動作させるために電圧を加える端子で、リレーコイルにつながっています。 リレーの接点が1cということで、1回路のc接点(コモンがどちらかに接続される)です。 コモン(common)というのは「共通の」という意味です。 この場合で言えば、a接点につながった時もb接点につながった時にも共通に使われる端子ということです。 黒はa接点で、何もしない状態の時に接点が離れている端子です。 通常時に回路が開いているので Normal Open の頭文字をとって... A ベストアンサー ヒューズは、熱に対して非常に敏感に出来ています。 銅線などの一般の線材もそれなりに抵抗があり、電流を流せば発熱します。 ヒューズの場合は、その発熱に反応して(銅などに比べて)著しくやわらかくなり 定格以上の電流を流すと溶けてしまいます。 だからヒューズなのです。 定格以下の電流の場合でも、やわらかくなり、自重によってヒューズが変形して 全長が伸び、断面積が小さくなります。 断面積=定格電流なので、例えば10Aのヒューズは使用している間に徐々に 9A、8A、7A、、、、と切れる電流が低下していきます。 銅線などの配線材はほとんど変形しないので100年もつが、ヒューズは、 定格内の電流でも熱によって変形してしまうので、10年程度しかもたない。 となります。 なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。 電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。 大地に対する電圧です。 単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。 それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。 この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。 このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。 ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。 電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。 何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。 6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。 高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。 事前に十分な技術的検討が必要です。 200V50A 三相 は、17. 3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。 単相の電源盤からとるとしても、同じです。 余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。 どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。 経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。 事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。 なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。 電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。 大地に対する電圧です。 単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。 それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。 この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。 このため、住... A ベストアンサー 電磁弁は極めてシンプルな構造で信頼性が高いです。 リレーや電磁開閉器などでは、接点を持ちますので電気的な寿命も考慮しますが、電磁弁では、電気回路がソレノイドのみしかありませんから、仕様書に従った使用条件(周囲温度、連続なら連続定格、使用流体、圧力差など)の場合、通常は電気的寿命は半永久的または機械的寿命以上と考えられます。 通電時間とのことですが、ソレノイドは、コアの吸引開始は大きな過渡電流が流れますが、吸引完了で安定した定常電流になります。 この状態で長期の寿命が期待できます。 寿命ではなく電気的故障は、無いわけではありません。 電気的故障としては、コイルの短絡や焼損があります。 交流電源の電磁弁では短絡や焼損の原因として、コアの完全吸引を妨げる事象があると過大な過渡電流が流れ続けてソレノイドが温度上昇し絶縁物を焼損するなどして、短絡および断線します。 弁の前後の過大な圧力差、異物の噛込み、電圧低下などが考えられます。 機械的なコアの消耗が原因となることも多いです。 流体の質が故障の原因になることも有ります。 電源は、ACとDCが有りますが、DCの方が振動を生じる可能性がないだけに、信頼性が高いと思います。 電磁弁単体では、信頼性は高いと思われますが、システムとしての信頼性は使い方やメンテナンスしだいということに成ります。 ちなみにノーマリオープンにするかクローズにするかは、やはり電気回路断のときを安全側に選んだ方が良いと思います。 電磁弁は極めてシンプルな構造で信頼性が高いです。 リレーや電磁開閉器などでは、接点を持ちますので電気的な寿命も考慮しますが、電磁弁では、電気回路がソレノイドのみしかありませんから、仕様書に従った使用条件(周囲温度、連続なら連続定格、使用流体、圧力差など)の場合、通常は電気的寿命は半永久的または機械的寿命以上と考えられます。 通電時間とのことですが、ソレノイドは、コアの吸引開始は大きな過渡電流が流れますが、吸引完了で安定した定常電流になります。 この状態で長期の寿命が期待... A ベストアンサー チャッタリングとは接点が1回ONしてもON直後は、接点が入ったり 切れたりすることを数回繰り返す現象のこと言います。 例えば、接点ONにてカウントするような電子回路ですと、ON1回にも 関わらず 2回、3回とカウントしたことになり誤動作の原因となります。 チャッタリングは電磁リレーでは必ず発生する現象で、ONして から数ms程度時間が経過すれば、安定したON状態になりますので、 この対応策として電子回路側に数ms以上の遅れ回路を追加します。 遅れ回路の追加により遅れ時間経過後もONしていれば、ON信号として 次の回路に引き渡すようにします。 今回では「ON信号を受け取れるときと受け取れないときがあります」 との現象ですので、チャッタリングでは無く、接点の接触信頼性の 問題だろうと思います。 このため、メーカでは、リレーの種類 形式 により、最低使用電圧 と最小電流を決めて、"接触の信頼性の試験"を行なって、カタログ等 に記載しています。 詳しくは現在の電子回路の電圧と接触した時に流れる電流の大きさを 調べて、リレーのカタログの詳細仕様を比較することをお勧めします。 特に[故障率の欄を比較します。 [MY2N Ag:銀接点 ]では無く [MY2Z Auグラッド:金接点 ]、[MY4Z Auグラッド:金接点 ] 更に接触信頼性の高い [MY4Z-CBG:Auクロスバーツイン接点] を使用することを検討すると良いでしょう。 次のURLをクリックして参考にして下さい。 omron. pdf チャッタリングとは接点が1回ONしてもON直後は、接点が入ったり 切れたりすることを数回繰り返す現象のこと言います。 例えば、接点ONにてカウントするような電子回路ですと、ON1回にも 関わらず 2回、3回とカウントしたことになり誤動作の原因となります。 チャッタリングは電磁リレーでは必ず発生する現象で、ONして から数ms程度時間が経過すれば、安定したON状態になりますので、 この対応策として電子回路側に数ms以上の遅れ回路を追加します。 遅れ回路の追加により遅れ時間経過後もONしていれば、ON信号... Q 最近までモータを電磁開閉器にて正転、逆転運転していたのですが 急に動かなくなってしまいました。 症状は正転は問題なく動くのですが 逆転するときと、しないときがあります。 逆転しないときはモーターが止まってしまったような感じです。 また逆転時間を長くするとモーターが止まったまま動かなくなり電磁開閉器が落ちる(?)ことがあります。 回路等は調べたのですが特におかしな点は見当たりません。 何か原因の検討が付く方は教えていただけないでしょうか? ちなみに モータ G3LM-22-15-T040(AC200V 0. 4kw 電磁開閉器 SW-03RM AC200V 0. 4KW です。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 電磁開閉器の主接点には寿命があり、長年使用していますと接点が消耗します ので、定期的に点検して、モータなどに不具合で出ない前に主接点を交換します。 更に消耗の程度がひどくなりますと、最悪モータが回転しない場合やモータが 焼損することもありますので、注意が必要です。 なお、主接点を点検して、主接点が消耗している場合は主接点を交換しますと、 再び使用することができます。 主接点の点検箇所は下のURLにある[電磁開閉器用部品の詳細]の項目をクリック して参考にして下さい。 主接点の購入先が不明の場合は、次のURLの会社から購入することができます。 fe-technica. fe-technica. html 1 右端の[電磁開閉器用部品の取扱商品一覧]を見ます。 2 一番上の[電磁開閉器用主接点キット SZ-MC形]をクリック。 3 [電磁開閉器用主接点キットの詳細]が表示されますので、 4 [電磁開閉器用主接点キット]の右にある[概要]をクリックします。 5 [電磁開閉器の接点の保守点検]の[PDF]をクリックして内容を参考にします。 なお、交換方法が良く判らない。 或いは面倒だ思う場合は「可逆形電磁開閉器」 を購入し、そっくり交換する方法もあります。 電磁開閉器の主接点には寿命があり、長年使用していますと接点が消耗します ので、定期的に点検して、モータなどに不具合で出ない前に主接点を交換します。 更に消耗の程度がひどくなりますと、最悪モータが回転しない場合やモータが 焼損することもありますので、注意が必要です。 なお、主接点を点検して、主接点が消耗している場合は主接点を交換しますと、 再び使用することができます。 主接点の点検箇所は下のURLにある[電磁開閉器用部品の詳細]の項目をクリック して参考にして下さい。 主接点...

次の