ポジティブ リスト 制度。 食品用器具・容器包装のポジティブリスト制度

ポジティブリスト制度について|農家の皆様へ|JAハイナン

ポジティブ リスト 制度

概要 [ ] に制定された第11条第3項およびの関係により規定され、に施行された。 ポジティブリスト本体すなわち指定農薬の一覧は、の第1 食品の部 A 食品一般の成分規格に掲載されている。 残留基準 により、食品の成分に係る規格が定められている799種の農薬等については、国際基準などを元に設定された「残留基準」を超えて残留する食品の流通を禁止。 一律基準 いずれの食品にも残留基準が定められていないもの、および一部の食品に残留基準が定められている農薬等が残留基準の定めのない食品に残留する場合については、「一律基準」として設定された0. 01を超えて残留する食品の流通を禁止。 対象外物質 農薬として使用され、食品に残留した場合であっても、摂取したことにより人体に影響を及ぼすおそれのないものについては本規定の対象外とすることとし、、など65種の農薬等が対象外物質として設定されている。 従前の制度 [ ] 従来の規制の考え方は「ネガティブリスト制度」である。 すなわち、様々な農薬の内、人体や環境等への影響危険度が懸念されるものを禁止もしくは規制すること。 一方、それら以外の農薬は自由使用とされた。 つまり、残留基準が設定されていた250種の農薬と33種の動物用医薬品以外の農薬等が残留していても、基本的に販売禁止などの規制はなかった。 しかし、化学工学とともに様々な新しい農薬が開発されてきたこと。 それらに対する生物学的な安全性の知見は必ずしも追いついていない現状があること。 ネガティブリスト制度である限り、規制は後追いにならざるを得ないこと。 加えて、食の安全性に関する意識の高まりの機運の中、従来の制度が時代遅れであることが叫ばれていた。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

ポジティブリスト制度について|農家の皆様へ|JAハイナン

ポジティブ リスト 制度

度について 本日のテーマ 「 度」について深掘り(2)。 対象:基ポリマー及び添加剤・ 塗布剤• 合成樹脂の製造中、 最終製品に残存することを意図して使用される物質はとして管理する必要がある。 一方、合成樹脂の製造に使用されるものの、 残存することを意図して使用されない物質は、での個別物質管理ではなく、これまでの管理方法で管理することになる。 合成樹脂の度の対象だが、これまでの方法 (指定添加物以外の化学合成着色料は溶出又は浸出して食品に混和しないように加工されている)と同等の考え方で管理されている場合における着色料という形で、包括的に管理(指定)することとされる。 合成樹脂以外の材質が主成分であれば、合成樹脂が含まれている場合であっても当該器具・容器包装の材質は「 合成樹脂とはならない」とされる。 原則、物質がに収載されているか否かは、物質名とCAS登録番号で確認するが、最終的には物質名で判断することとなる。 1つの物質名に対して複数のCAS登録番号が存在する場合もあり、CAS登録番号がないことだけをもって、収載されていないことにはならない。 通常使用する場合で、食品にすることを前提としない部分は、の対象外とされる。 度の施行日より前に製造又は輸入等されている器具・容器包装と同様のものを、施行日から5年を経過する日 (令和7年5月31日)までの間に販売の用に供するために製造又 は輸入する場合には、当該器具・容器包装の原材料に含まれる物質は、別表第1に収載されているものとみなすことができる、とするもの。 kxxr.

次の

ポジティブリストとネガティブリストの違いとは?

ポジティブ リスト 制度

残留農薬や食品添加物の規制の仕方には、基本的にポジティブリスト制度とネガティブリスト制度という二つの考え方があります。 ポジティブリスト制度は、原則すべてを禁止し、「残留を認めるもの」のみをリスト化 一覧表 して示すという方式です。 ネガティブリスト制度は原則規制が無く、規制するものをリスト化し、リストに記載された農薬のみ残留基準を定めたものです。 日本の残留農薬の規制は、残留基準が設定された農薬についてのみ、その基準を超えた食品の販売等を禁止するというネガティブリスト制度に則った方式でした。 しかし、この方式では残留基準が設定されていない農薬については、いくら残留があっても規制できず、輸入農産物の激増のなかで問題となっていました。 そのため、2003年の食品衛生法改正によりポジティブリスト制度の導入が決まり、2006年5月29日から施行されました。 ポジティブリスト制度では、すべての農薬等 農薬、飼料添加物、動物用医薬品 を対象としており、その対象を次の3つのカテゴリーに分けています。 基準以内での作物への残留は認めていますが、残留基準を超えて農薬等が残留する食品の販売等は禁止されます。 ポジティブリスト制度の導入に当たり、食品衛生法第11条第1項の規定に基づき、残留基準を設定しましたが、導入時に残留基準が設定されていない農薬は、国際基準であるコーデックス基準や外国基準などを参考にして暫定的な基準 暫定基準 を設定しました。 2006年5月に758物質の暫定基準を設定しましたが、順次、食品安全委員会へ食品健康影響評価の依頼を行い、2016年3月22日時点では、このうち384物質が評価を終了しています 第600回食品安全委員会 会議詳細資料1:平成28年度食品健康影響評価依頼について。 01ppmが設定されています。 国内の農薬登録がなく 当該作物に登録がない場合も含む 、コーデックス基準や外国基準がない農薬が該当します。 一定量を超えて農薬等が残留する食品の販売等は禁止されます。 無登録農薬は残留基準が設定されていないため、この一定量で規制されます。 また、特定農薬である天敵 微生物を含む は、それぞれ残留しないことが明らかであるため、対象外物質の選定対象から除外されていますが、ポジティブリスト制度の対象外に相当します。 国内で基準がない作物は、CODEXや欧米・カナダ・5カ国などの基準を参考に暫定基準が設定されました。 暫定基準は厚労省が設定したものです。

次の