まどマギ2 憧れるほどのもの。 魔法少女まどかマギカ2 穢れシステム解析・恩恵振り分け【スロット・パチスロ】

まどマギ2 穢れ【朝一穢れ・恩恵・獲得演出・黒セリフ・穢れ蓄積セリフ】まとめ!

まどマギ2 憧れるほどのもの

巴マミとは 出典: マミるという言葉を説明するためにはまず巴マミの説明をしなくては始まりません! 巴マミとは、本作に登場する魔法少女の1人で、主人公の要目まどかと同じ中学に通う3年生。 年齢離れしたグラマラスな容姿と、後輩思いの優しい性格で、まどか達から厚い信頼を受けている。 一見頼れるお姉さんキャラだが、その心は意外と脆く、ずっと1人で戦ってきたことを魔法少女の中でも人一倍孤独に感じていました。 マミるとは 出典: 巴マミの簡単な紹介が終わったところで、次は今回のテーマである マミるについてご紹介していきます。 マミるとは簡単に言うと、巴マミが魔女との戦いで敗れて死んでしまったシーンから来ています。 バトルアニメでは登場人物が敗れて死んでしまうというシーンはあまり珍しくないかも知れませんが、マミるという言葉が生まれたシーンはそれはそれは衝撃的なものでした。 魔法少女という一見可愛らしくて子供向けに近い作品で、そのシーンがある本作第三話の前半パートまでは全く死を連想させないいつもの魔法少女ものだったのに、 まさか、 首がもげて死んでしまうなんて……。 魔法少女の死に方とはとても思えない無残な死に、視聴者は衝撃を受けざるを得ませんでした。 その衝撃的すぎる死にざまから、マミるという言葉が生まれました。 マミさんがマミる過程 出典: マミるという言葉のご紹介が終わったところで、次はその例のシーンに至る過程を説明していきたいと思います。 まず、マミさんがマミるシーンがあるのは本編の第三話です。 魔法少女の才能をキュゥベエに見込まれた主人公のまどかと、友人さやかは魔法少女と言う活動に興味を持ち、先輩である巴マミの魔女退治を見学させてもらえることとなりました。 出典: まどかとさやかは、入院しているさやかの幼なじみの元へお見舞いに行った帰り道、病院の外壁に刺さった魔女の卵を見つけます。 このままでは卵から魔女が生まれてしまうということで、まどかはマミさんの所へ伝えに走り、さやかはキュゥべエと共に結界の中へ入って行きます。 出典: まどかはマミさんを連れ、さやかが入った結界の中へ入る。 結界の中でキュゥベエから状況を聞いた。 すぐに孵化する気配はないから急がなくてもいいと言われ、二人は会話をしながらさやか達の元へ向かっていきます。 道中でまどかは、「何も出来ない自分が嫌だから、魔法少女になってマミさんのようになりたい。 」という思いを打ち明ける。 それを聞いたマミさんも、「そんなに憧れるほどのものじゃない。 無理してかっこつけてるだけで、辛くても怖くても、誰にも相談できないから一人ぼっちで泣いてばかり。 」 続けて、「良いものじゃないわよ。 魔法少女なんて」とマミさんは魔法少女特有の孤独と、自分の本心を明かす。 出典: まどかは、「マミさんは一人ぼっちなんかじゃない」と元気づけ、まどかはここで魔法少女になる決心をする。 それを聞いたマミさんは、「本当にこれから一緒に戦ってくれるの?そばに居てくれるの?」と涙を浮かべながら話す。 「まだまだ私は先輩ぶってなきゃいけないのに、ダメな子だ……。 」自分の孤独と不安を癒してくれるまどかの言葉に心を開いた瞬間だった。 出典: ここで状況は動きます。 「 グリーフシードが動き出したからすぐに来てくれ!」とキュゥベエから情報が入り、急いで二人の元へ向かいます。 まどかの言葉に元気づけられた彼女は、立ちふさがる敵を次々に倒していき、「体が軽い、こんなに幸せな気持ちで戦うのは初めて。 」 「もう何も怖くない。 」 と彼女の心は孤独から開放され幸せに満ちていました。 そしてついに結界の主「シャルロッテ」の登場です。 出典: 一気にカタをつけると意気込み、自身の必殺技。 「 ティロ・フィナーレ」を打ち込む。 出典: 出典: トドメを指したかと思いきや、シャルロッテの口から巨大な本体が現れ、不意を突かれたマミさんはそのままあっけなく倒されてしまう。 出典:.

次の

『まどマギ2』穢れ演出まとめ

まどマギ2 憧れるほどのもの

成立役… 押し順ベル 8枚・こぼしは1枚 ・チャンス目B スイカテンパイハズレ ・リプレイ• 成立役…押し順ベル こぼし ・RT状態突入リプレイ・RT状態転落リプレイ• 右リール中段に紫7停止時は、左リール枠上~上段に紫7狙い… チャンス目A 目押しが成功すれば1枚役を取得 右リール下段に紫7停止時は、左リールに黒BAR狙い… 中段チェリー• 成立役… スイカ• まどマギに関してですが、40Gくらい回してヤメる方がセリフ示唆などを確認している可能性が低い。 という考え方があります。 なので、モード不問でOK!! というわけにはいきませんが、前回の当選が天国などであれば打つ価値はありますね。 ただ、通常Aなどであれば見送った方が良いでしょう。 次に絆です。 0スルーという条件だけでなく、前回のAT当選が何スルーしていたかに注目したいですね。 7スルー・8スルーなどを繰り返している台なら、打たない方が良いでしょう。 もちろん、もう少しG数がハマれば別ですが 前回のAT当選が1スルーや0スルーなら、220Gからでも打って良いかと。 単体で考えるのではなく、その前のシチュエーションなどを複合的に考えると精度はかなり上がると思います。 鴨つけぜんりゅうめんさん 天国当選後であれば、私は天国はとりあえず回しますね。 「AT当選後の打ち始め」この場合はテーブル移行率を見ることとなります。 通常・地獄テーブルと呼ばれるテーブルからの高テーブルの移行率は低め。 ということは、早めのAT当選期待度が下がってしまう。 前回高テーブルの可能性が高ければ、早めのAT当選に期待できる AT終了0スルー後、やや浅めから狙っても価値がある という感じですね。 初打ちしてきました。 以下、個人的な感想です。 クエストは夢がありますが5~30とかが多い。 そこそこ継続して75とかでした。 それとなぜか使い魔でリプレイ引いて終了のはずが裏マギカクエストに入りました。 135乗せ終了。 トータル200Gくらい。 ボナが絡んでくれたけど560枚終了。 この一連で1時間くらいはかかってるんですが、それでやっと500枚超えるって・・・ とりあえず粘って2700枚。 8時間。 ボーナス出現率に関しては偏りはもちろんあります。 全然引けない時もあれば、かなり引ける時もありますよね? 確率論的に偏ることは当然というか、起きても不思議ではないかと。

次の

まどマギ2 天井解析|天井狙い目 天井恩恵 天井期待値 ゾーン 穢れ やめどき 高確示唆

まどマギ2 憧れるほどのもの

この記事に書かれている内容は…• 穢れポイントが貯まる契機は、主に以下の通りです。 ・連続演出失敗時 ・CZ失敗時 ・ART準備中にハマる ・ボーナス間ハマリ中の、強チェリーやチャンス目成立 ・ボーナス成立後の、強チェリーやチャンス目成立 など まどマギ2 穢れポイントの恩恵は? 穢れポイントをMAXまで溜めると、次回ボーナス当選時に、以下のような恩恵があります。 穢れ開放時の恩恵の振り分けは、以下の通りです。 ほとんどの場合は、ART当選のみとなりますが、高設定ほど、裏ボーナスに当選しやすくなっています。 詳細は、以下の通りです。 【次回ボーナス当選時に穢れ放出を示唆】 ・さやか「あんた、何で・・・何でそんなに優しいかなぁ・・・」 ・杏子「ちょっとさあ、やめてくれない?」 【穢れが溜まっていることを示唆】 ・まどか「あんな戦い方、ないよ・・・」 ・まどか「ほむらちゃん・・・」 ・さやか「うう・・・仁美に恭介を取られちゃうよ・・・」 ・さやか「そ、そうなんだ・・・あ、ハハ・・・まさか仁美がねぇ」 ・マミ「憧れるほどのものじゃないわよ。 私」 ・杏子「食い物を粗末にするんじゃねぇ」 ・杏子「ちょいと面貸しな。 話がある」 ・ほむら「もう、まどかには戦わせない」 ・ほむら「ば、馬鹿ッ・・・こんな事やってる場合じゃ・・・」 ・ほむら「ただでさえ余裕がないのだから、魔女だけを狙いなさい」 さやか「あんた、何で・・・何でそんなに優しいかなぁ・・・」、杏子「ちょっとさあ、やめてくれない?」が確認できた場合は、次回ボーナスまで全ツッパということでよいと思います また、穢れが溜まっていることを示唆する、10パターンのセリフが頻出する場合も、次回ボーナス当選まで粘った方がよさそうです。 ヤメ時に関わる要素なので、確実にチェックしておきましょう! まどマギ2 ミニキャラタッチ時のセリフ 穢れポイントの判定は? 通常時、 きゅうべえorミニキャラをタッチして、黒のセリフが出現すれば、穢れ満タンが濃厚となります。 穢れ演出を知っておけば、ヤメ時に活用できるので、ヤメる時は必ずミニキャラにタッチしておきましょう。 以下の画像ように、小・中・大の3種類あります。 まどマギ2は、MAX非到達でも、穢れの解放の可能性があるため、モヤが中以上なら、解放まで続行した方がよさそうですね。 発生タイミングは、第三停止かつ他の演出と絡む可能性もあるため、見逃さないよう、注意が必要です。 また、タッチの有無で、最低蓄積量が変化し、タッチ発生時点で、20%以上の蓄積が確定します。 【タッチ無し時 穢れ蓄積 法則】 【タッチあり時 穢れ蓄積 法則】 穢れポイントは、ARTに直結する重要な要素なので、穢れポイントの貯まり具合は、常に意識しておく必要がありますね。 穢れポイントを示唆する演出も多いので、周りの台も含めて、注視していきましょう。

次の