三菱 ufj ニコス 株式 会社。 各委員会の概要|三菱UFJフィナンシャル・グループ

三菱UFJリース

三菱 ufj ニコス 株式 会社

略称 MUL 本社所在地 〒100-6525 一丁目5番1号 () 設立 (46年) その他金融業 事業内容 機械、器具等のリース、割賦販売取引、金銭の貸付。 代表者 (代表取締役会長) (代表取締役社長) (代表取締役副社長) 資本金 331億9,600万円 (2019年3月31日現在) 発行済株式総数 8億9,583万4,160株 (2019年3月31日現在) 売上高 連結:8,642億24百万円 単体:4,740億81百万円 (2019年3月31日現在) 純利益 連結:687億96百万円 単体:462億79百万円 (2019年3月31日現在) 純資産 連結:7,785億82百万円 単体:4,973億24百万円 (2019年3月31日現在) 総資産 連結:5兆7,909億29百万円 単体:4兆2,368億14百万円 (2019年3月31日現在) 従業員数 連結:3,217人 単体:1,317人 (2019年3月31日現在) 決算期 会計監査人 主要株主 20. の中核リース会社である。 市場第一部。 コーポレートスローガンは「 Value Integrator」。 概要 [ ] 2007年4月にダイヤモンドリース株式会社とUFJセントラルリース株式会社が、リース業界大型再編の先陣をきって 合併し、三菱UFJリースが誕生した。 合併により規模が国内トップクラスのリース会社となっている。 、との密な連携と土地建物リースやPFI事業の取扱いに強みを有する。 また、近年欧米の関連企業を相次いで買収し、海外収益が高いのも強みである。 合併と同時期に、本社所在地を、直結のに置き、社員の大半が同ビルで勤務している。 2016年現在、、、、と共に、を構成する主要中核5社であるが、他の4社は傘下の非上場連結子会社であるのに対し、当社は上場を維持し、かつ子会社ではない。 そして株式会社、株式会社の適用関連会社である。 当社は、会社発足時からの経緯で及びの会員企業である。 なお、旧系列のは2016年現在もそのまま別会社として存在し業界10位の規模、旧系の日本ビジネスリース(現:日立キャピタルNBL株式会社)はにより子会社化している。 2016年5月13日、日立キャピタルとの資本業務提携を行うことを合意し、、、、日立キャピタルとの間で、金融プラットフォーム構築を目的とした業務提携への合意に至ったことを発表した。 沿革 [ ] 旧ダイヤモンドリース [ ]• - 、、、、を中心とする三菱グループ11社並びに、、関連会社3社合計16社を株主として、ダイヤモンドリース株式会社設立。 - 2部上場。 - 東京証券取引所1部上場。 1998年 - 南九州ダイヤモンドリース株式会社を吸収合併。 - 菱信リース株式会社を吸収合併。 3月 - 株式会社とともに、株式会社(当時ダイヤモンドリース株式会社の子会社)と株式会社のリース事業(ファイナンス事業をし株式会社に変更)とを傘下に収めるの株式会社を設立して、オートリース事業を経営統合。 旧UFJセントラルリース [ ]• - の関連リース会社として、セントラルリース株式会社設立。 - 2部上場。 - UFJグループの企業再編の一環として、旧系の株式会社UFJビジネスファイナンスのにより、同社のリース事業部門を承継し「ユーエフジェイセントラルリース株式会社」に商号変更(英語表記はUFJ Central Leasing Co. , Ltd. あわせて、東京証券取引所、名古屋証券取引所各1部上場。 三菱UFJリース [ ]• 2007年4月 - ダイヤモンドリース株式会社がUFJセントラルリース株式会社と経営統合し、商号(社名)を三菱UFJリース株式会社に変更。 あわせて名古屋証券取引所1部上場。 2007年10月 - 完全子会社・三菱オートリース・ホールディング株式会社傘下の三菱オートリース株式会社が、ダイヤモンドオートリース株式会社を。 2013年1月 - 米サンフランシスコに拠点を置くJSAInternational Holdings, L. P の全出費持分を取得し連結子会社化。 2013年11月 -インドネシアの PT. Takari Kokoh Sejahteraを連結子会社化。 2014年11月 - アイルランドのEngine Lease Finance Corporationの全株式及び米ボストンに拠点を置くBeacon Intermodal Leasing, LLCの全出費持分を取得し、連結子会社化。 2016年5月 - との間で資本業務提携を行うことに合意。 2018年12月-米シカゴ郊外に拠点を置くENGS全株式を取得し、連結子会社化。 主な連結子会社 [ ] 国内 [ ] リース・ファイナンス事業 [ ]• ダイヤモンドレンタルシステム株式会社• ダイヤモンドアセットファイナンス株式会社• ディー・エフ・エル・リース株式会社• 株式会社• 株式会社• カシオリース株式会社• ひろぎんリース株式会社• 株式会社• 中京総合リース株式会社• 株式会社 オートリース・オートファイナンス事業 [ ]• 株式会社• ひろぎんオートリース株式会社• 三菱オートリース・ホールディング株式会社• 三菱オートリース株式会社• 株式会社ジャストオートリーシング その他 [ ]• ダイヤモンドレンタルシステム株式会社• テクノレント株式会社• MULプロパティ株式会社• ダイヤモンドアセットファイナンス株式会社• ダイヤモンドアセットサービス株式会社• 株式会社御幸ビルディング• MULインシュアランス株式会社• MULエコビジネス株式会社• ダイヤモンドイクイップメント株式会社• 株式会社ユーマシン• エム・キャスト株式会社• MULビジネス株式会社• シーエルソリューションマネジメント株式会社• MULプリンシパル・インベストメンツ株式会社• ヘルスケアマネジメントパートナーズ株式会社• MULエナジーインベストメント株式会社• MUL不動産投資顧問株式会社• ジャパン・インフラストラクチャー・イニシアティブ株式会社 海外 [ ]• Inc. Bangkok Mitsubishi UFJ Lease Co. , Ltd. Ltd. Mitsubishi UFJ Lease Singapore Pte. Ltd. Kobelco Lease Singapore Pte. Ltd. DMC Energy Management Services Shenzhen Co. , Ltd. Jackson Square Aviation, LLC U. Beacon Intermodal Leasing, LLC U. Engine Lease Finance Corporation Ireland 脚注・出典 [ ] [].

次の

三菱UFJニコス|20年卒 基幹職の志望動機と選考の感想|就活サイト【ONE CAREER】

三菱 ufj ニコス 株式 会社

, Ltd. )は、株式会社(MUFG)ので、国内最大の会社である。 MUFG内略称はNICOS。 年間取扱高は 9兆6,398億67百万円(2016年3月期連結)。 前身のがのクレジットカード会社であったことからの会員である一方 、同じく前身のUFJニコスがのクレジットカード会社であったことからの会員でもある。 概要 [ ] 6月7日に、最大手の企業である日本信用販売(後に商号を日本信販に変更)として設立され、10月1日に(現・)の子会社となり、UFJカードを合併。 同時にUFJニコスに商号を変更した。 また翌年10月1日にJA系列のを合併した。 4月1日にディーシーカードを合併し 、商号を「三菱UFJニコス」に変更した。 また、にをへした。 その後、MUFGが直接出資する子会社となっている。 MUFGが2005年11月にと提携を結び、2008年には三菱UFJニコス株の一部を農林中金に譲渡している。 2011年3月には、返還に備えてを積み増し、財務基盤を強化するため、MUFGと農林中金を引受先とする1千億円のを実施した。 10月1日に、MUFGが農林中金の保有する三菱UFJニコス株のすべてを取得し、三菱UFJニコスを完全子会社化すると発表した。 MUFGは、によるや関連の事業が広がる中、三菱UFJニコスを完全子会社化し、決済事業の中核を担う会社としたい考えと報じられている。 また、、のシステムを約1500億円かけて21年度までに統合するとも伝えられている。 さらに事業に関しては、向けの決済ソリューションにかかる企画業務等を担う新会社であるJAカード株式会社を農林中金と三菱UFJニコスの共同出資によって、2017年10月1日に設立し、翌年1月から営業を開始した。 株式会社フィナンシャルワンカードから始まったの運営も引き継いでいる。 グループスローガンは、MUFG共通の『 Quality for You』である。 シンボルマークやコーポレートカラーもMUFGと共通である。 沿革 [ ] 日本信販株式会社 [ ]• - 創業者山田光成によって日本百貨サービス株式会社設立。 - 日本百貨サービスから発展し、前身の日本信用販売設立準備事務所を開設。 6月7日 - 東京都文京区に日本信用販売株式会社設立。 クーポン券による割賦購入斡旋事業を開始。 1月25日 - (現:)、日本信販、(現:)が共同で出資し、「日本クレジットビューロー」(現:)を設立。 10月 - 東証2部。 - 商号を「日本信販株式会社」に変更。 同時に業を開始。 - 東証1部に指定変更。 - 創業者の長男・山田洋二が社長就任。 - ・の発行・開拓権を獲得し、「日本信販国際カード」発行。 - 日本信販が発起人となりを設立。 - クレジットカードのブランドを「Nippon Shinpan」から「」に変更。 - 「日本信販ギフトカード」を発行。 - 社長に鈴木公久が就任し、山田洋二が職となる。 - ギフトカード()に名前やメッセージが印字できる「メッセージ入りNICOSギフトカード」を発行。 - 経営再建のため山田会長が社長に復帰、鈴木社長が取締役に就任。 11月 - 2月 - ()への長期の利益供与が発覚し、元専務ら8人の幹部社員が逮捕。 創業者一族による経営から刷新(山田洋二社長が引責辞任)し、大森一廣が社長就任(三菱UFJニコスとなるまで在任。 後任は出身者)。 1月 - ・が、日本信販を化。 日本信販・UFJカード・ビザと共同開発のがサービス開始。 株式会社UFJカード [ ]• - (現:)系のクレジットカード会社として「株式会社ミリオンカード・サービス」(mc)設立。 - 三和銀行、JCBのフランチャイジーとして「株式会社三和カードサービス」を設立。 - 株式会社三和カードサービスがカードサービス株式会社と株式会社カードサービスを合併。 商号を「株式会社カード」に変更。 1月15日 - 発足と合わせて、株式会社ミリオンカード・サービスが株式会社フィナンシャルワンカードを合併し、株式会社UFJカード(登記上は株式会社ユーエフジェイカード)に商号変更。 ブランド名をミリオンカードから、に変更。 - 日本信販・UFJカード・ビザと共同開発のがサービス開始。 株式会社ディーシーカード [ ]• - (現:三菱UFJ銀行)系のクレジットカード会社として「ダイヤモンドクレジット株式会社」設立。 - 発行• - カード発行。 業界初のビザ、マスターカードのデュアル発行。 商号を「株式会社ディーシーカード」に変更• - 専用カード発行• - 業界初 ホームページから利用明細ダウンロードサービス開始• - 業界初 翌月の請求金額をEメール送付• - 会員情報誌「GRAN」発行。 10月 - 日本信販株式会社が株式会社UFJカードを合併し、「UFJニコス株式会社」に商号変更。 3月 - 本社機能をへ移転(登記上の本店はそのまま)。 10月1日 - 「株式会社」を吸収合併。 4月1日 - 「株式会社」を合併し、商号を「三菱UFJニコス株式会社」に変更。 1月1日 - ニコス地域会社6社を吸収合併。 4月1日 - 子会社のJNS管理サービス株式会社に個品割賦事業を会社分割後、全株式をジャックスに譲渡。 7月16日 - 新ブランド「MUFGカード」発行。 7月28日 - 上場廃止。 8月1日 - 株式交換により、三菱UFJフィナンシャルグループの完全子会社となる。 8月8日 - 株式譲渡(2億4400万株)により、農林中央金庫の持分法適用関連会社となる。 10月1日 - 三菱UFJフィナンシャル・グループによる完全子会社化。 本社等の所在地 [ ]• 本社:外神田4-14-1• 北海道営業部• 東北営業部• 中部営業部• 西日本営業部• 九州営業部 主要子会社 [ ] 連結子会社 [ ]• MUニコス・ビジネスサービス株式会社• カードビジネスサービス株式会社• MUニコス・クレジット株式会社 持分法適用関連会社 [ ]• 株式会社ジェイエムエス• U Finance Indonesia など。 グループ会社 [ ] 三菱UFJニコスが発行するクレジットカードの内、DCカード及びMUFGカード(旧UFJカード)は、グループ会社も発行している。 グループ及びグループのいずれか又は両方に属する会社は、次表の通りである。 (、スーパーICカード コンビタイプ・セキュリティタイプを発行) - 銀行本体発行第一号カード。 当初発行を開始したカードは、スーパーICカードゴールドカードのセキュリティタイプのみだったが、その後セキュリティタイプとコンビタイプのゴールドカードと一般カードを発行。 (ちばぎんスーパーカード)• (バリューワン)• (JOYO CARD Plus)• (しずぎんjoyca)• (clover)• (京都カードネオ)• (ワイエムカード )• (105BESTIO)• (HaLuCa)• (IYOCA)• (STIO)• (GOODYカード) 加盟する信用情報機関 [ ]• CIC• JICC 主なサービス [ ] クレジットカード [ ] 加盟店についてはを参照 非接触決済 [ ] JCBカード(UFJ JCBカード)や一部提携カード は 、VISAブランドのクレジットカードは 、その他のクレジットカード(MasterCardブランドのDCカードを除く)はにそれぞれ対応している(一部を除く)。 ローンカード [ ] 三菱UFJニコスローンカードを、から取り扱っている。 尚、MUFGカードは、同年から募集を開始している。 ギフトカード [ ] として、「三菱UFJニコスギフトカード」を発行している。 2016年現在発行されている額面金額は次の通り。 500円券• 1,000円券• 5,000円券 なお、過去にはニコスギフトカードなどで10,000円券が発行されていた。 過去にダイヤモンドクレジット・DC・日本信販・NICOS・ミリオン・UFJ・UFJNICOSの各会社およびブランド名で発行されていたギフトカード(以下本節内において旧券と記述)も、2016年現在の三菱UFJニコスギフトカード取扱加盟店であれば、DC・UFJ・ギフトカード取扱店規約(以下本節内において取扱店規約と記述)第2条により2016年現在発行されている三菱UFJニコスギフトカードと同様に利用できる。 ただし、旧ニコスギフトカードの旧デザイン券のうち、1995年10月~1998年8月に発行された額面金額が5,000円のものと10,000円のものについては2016年現在加盟店での利用は不可となっており、三菱UFJニコスが2016年現在発行している三菱UFJニコスギフトカードとの交換を行っている(同時期発行されていた額面金額が1,000円の旧券については2016年現在も利用が可能である )。 また、ダイヤモンドクレジットギフトカードやミリオンギフトカードなどは加盟店側が使用可否のみならずその存在自体を知らず、使用を断られることがある。 本来上記の旧券の使用を正当な理由(ミシン目で切り取られている、著しく汚損しており有効性の判断が不可など)が無いにもかかわらず店側の周知不足を理由に使用を拒否することは取扱店規約第7条に違反する行為であり、その場合三菱UFJニコスは取扱店規約第12条に基づき加盟店との契約を解除することが可能である。 なお、誤ってギフトカードのミシン目を切り取ってしまうと無効となり、加盟店での利用は不可能となるが、切り取り片が残っている場合は三菱UFJニコスギフトカードセンターへ連絡すれば有効なギフトカードと交換が可能な場合もある。 クレジットカードのサービス [ ] ここでは、三菱UFJニコスが発行するクレジットカード(JCBカードを除く)に共通するサービスについて記述する。 共通でないサービスについては、MUFGカードについてはを、DCカードについてはを、UFJカードについてはを、NICOSカードについてはを参照 POINT名人. com [ ] 約400の通販サイトへのポータルサイトとなっており、同サイトから通販サイトにアクセスすれば、対象カード 利用によるショッピングで通常の2~20倍のポイントが付与される仕組みとなっている。 海外アシスタンスサービス ハローデスク [ ] 株式会社JTBグローバルアシスタンスに業務を委託し、海外アシスタントサービス「ハローデスク」を開設している。 会員専用WEBサービス [ ] 三菱UFJニコスが発行する、MUFGカード(MUFG CARD WEBサービス) 、DCカード(DC Webサービス)、NICOSカード(Net Branch)のカードブランド毎に会員専用WEBサービスがあり、請求額・利用明細照会、利用可能額照会、ポイントの照会・応募、キャンペーンの参加登録、住所等の変更、支払方法の変更や各種申込みがインターネット上で可能である。 加盟店 [ ]• MUFGカードのAmerican Express提携タイプはAMEX、加えてJCBの一部加盟店で利用する事が出来る(三菱UFJニコスの加盟店で利用する事は出来ない)。 UFJ-JCBカード及びMUFG-JCBカードは、JCBの加盟店で利用する事が出来る(三菱UFJニコスの加盟店で利用する事は出来ない)。 不正利用検知システム [ ] 三菱UFJニコスでは、悪意のある第三者による不正使用を未然に食い止めるため、米国 Nestor Inc. が開発したPrism Creditを導入し常時モニタリングしている。 CMキャラクター [ ] MUFGカード [ ] 「次の豊かさへ、ご一緒に。 」 2011年11月より出演。 MUFGカードゴールド、2012年7月7日から。 MUFGカード」 2009年7月より出演。 MUFGカードの2,000円から持てるゴールドカードの発行CM 2008年8月より出演。 DCカード [ ] カッパ、タヌキ、中井の3人の珍道中を描いたシリーズは10年以上続く長寿CMだった(一時期「カッパとタヌキのDCカード」というCMキャッチを使っており、カッパとタヌキは中井よりもメインだった)。 2007年に中井が一旦降板し、2009年4月から2012年5月までなどとカッパ・タヌキのコンビでCMが放送された。 2012年より中井がCMに復帰、新たに本田も加わる。 2016年5月より出演。 企業CM [ ] 2007年11月より出演。 ミリオンカード創立30周年の1998年からUFJカードとなった後の2003年までのおよそ5年間出演していた。 2005年10月の合併後より出演。 NICOS [ ] NICOSブランド制定前の1987年に出演。 NICOSブランド制定前の1989年から2年間出演。 1990年、柴田と共演。 NICOSブランド制定前の1991年に出演。 1991年のNICOSブランド導入開始時に出演。 CM用に制作されたGO-BANG'Sの楽曲(未発売)を挿入曲として採用。 1992年から合併前の2005年9月迄、およそ13年間の長期出演だった。 1998年から2年間出演。 田村との共演との他、単独出演もあり。 2001年、田村と共演。 2005年10月の合併後より出演。 提供スポンサー [ ] MUFGカード [ ]• partner 次の豊かさへ、ご一緒に。 ( 毎月第3日曜22:00 - 22:54)• 三菱UFJニコス presents 松任谷正隆 DEAR PARTNER (・ 毎週日曜21:00 - 21:55)• 毎週月曜22:00 -22:54(・)DCカードから継続〜2009年3月30日期末ドラマスペシャル(フジテレビマストバイ)を以って番組降板。 (系毎週月曜21:00 - 21:54)• DCカード [ ]• 毎週月曜19:00 - 19:54(フジテレビ、東京ローカルのみ)• 毎週火曜5:55 - 8:00(フジテレビ、東京ローカルのみ)• (日本テレビ系)• UFJカード [ ]• (日本テレビ系、2003年? を以て降板)• (日本テレビ系、2009年4月 - 2010年3月) NICOS [ ]• (系)• (日本テレビ系)• (、2006年3月を以て降板)• (第17回)(日本テレビ系) 関連項目 [ ]• (非接触ICカード)• (非接触ICカード)• (非接触ICカード)• (非接触ICカード)• (非接触ICカード)• (前:日本信販株式会社が発起人として設立した。 1993年-は下半期の2回戦(通算3・4回戦目)を「 日本信販・NICOSシリーズ」として提供した。 - オフィシャルパートナーを務める。 - 三菱UFJニコスから割賦販売事業を継承。 - 旧東京銀行系。 三菱UFJフィナンシャルグループ成立後も独立経営を維持し、およびオムニカード協会に加盟。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• プラチナカードを個人・法人向けに発行。 旧を吸収した直後の時期に、旧がの取り扱いを開始したが、現在は一時中止している。 また4月にに吸収合併されたため、荘銀カードから改称した当社が継承。 北都カードサービスが提供していたMUFGカードとしては募集停止中。 これとは別に募集されていた旧UFJカードは、利用停止され、DCブランドか本体発行のカード(への銀行本体加盟による、「BrightOne」)の何れかに切り替え。 プラチナカードを法人向けに発行。 プラチナカードを法人向けに発行。 プラチナカードを法人向けに発行。 プラチナカードを法人向けに発行。 同社に合併された旧和歌山銀カードが発行したが、合併後は募集を停止しDCカードへの切り替えを進めている。 法人向けと個人向けの内フリーパス・マロニエカード(Mastercard)は引き続き募集している。 2016年現在は九州カードが西京銀行提携カードを発行している。 プラチナカードを法人向けに発行。 旧・、旧・を継承。 同じくに属するの同名カードはJCBのみ。 「」(新規募集終了)や「」等。 日本国内で発行されている『アメリカンエキスプレス』の「プロパー(非提携)カード」においてはQUICPayの利用は可能であるが、『MUFGカード ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード』においてはQUICPayの利用は出来ない。 UFJ-JCBカードは除く、それに相当するサービスとして「Oki Doki ランド」を利用する形となる。 UFJ-JCBカードについては「My JCB」を利用する形となる。 出典 [ ]• 共同通信. 2006年1月26日. 2014年6月30日閲覧。 [ ]• 共同通信. 2007年6月20日. 2014年6月30日閲覧。 [ ]• 共同通信. 2011年2月23日. 2014年6月30日閲覧。 [ ]• 日本経済新聞. 2011年2月24日. 2014年6月30日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2017年5月11日. 2017年6月24日閲覧。 [ ]• 日本経済新聞. 2017年5月10日. 2017年6月24日閲覧。 日本経済新聞. 2017年12月26日 2017-12-26発行. 共同通信. 2002年11月21日. [ ]• 三菱UFJニコス株式会社(2013年1月10日)• 2009年5月4日閲覧。 [ ]• 2009年5月4日閲覧。 [ ]• 2009年5月4日閲覧。 [ ]• 2011年7月16日閲覧。 [ ]• 2011年7月16日閲覧。 2011年7月16日閲覧。 [ ]• 2011年7月16日閲覧。 [ ]• [ ] 外部リンク [ ]• - チャンネル.

次の

三菱UFJニコス、自社の決済基盤とノウハウ活かしクレジットやデビットの発行業務を受託

三菱 ufj ニコス 株式 会社

略称 MUL 本社所在地 〒100-6525 一丁目5番1号 () 設立 (46年) その他金融業 事業内容 機械、器具等のリース、割賦販売取引、金銭の貸付。 代表者 (代表取締役会長) (代表取締役社長) (代表取締役副社長) 資本金 331億9,600万円 (2019年3月31日現在) 発行済株式総数 8億9,583万4,160株 (2019年3月31日現在) 売上高 連結:8,642億24百万円 単体:4,740億81百万円 (2019年3月31日現在) 純利益 連結:687億96百万円 単体:462億79百万円 (2019年3月31日現在) 純資産 連結:7,785億82百万円 単体:4,973億24百万円 (2019年3月31日現在) 総資産 連結:5兆7,909億29百万円 単体:4兆2,368億14百万円 (2019年3月31日現在) 従業員数 連結:3,217人 単体:1,317人 (2019年3月31日現在) 決算期 会計監査人 主要株主 20. の中核リース会社である。 市場第一部。 コーポレートスローガンは「 Value Integrator」。 概要 [ ] 2007年4月にダイヤモンドリース株式会社とUFJセントラルリース株式会社が、リース業界大型再編の先陣をきって 合併し、三菱UFJリースが誕生した。 合併により規模が国内トップクラスのリース会社となっている。 、との密な連携と土地建物リースやPFI事業の取扱いに強みを有する。 また、近年欧米の関連企業を相次いで買収し、海外収益が高いのも強みである。 合併と同時期に、本社所在地を、直結のに置き、社員の大半が同ビルで勤務している。 2016年現在、、、、と共に、を構成する主要中核5社であるが、他の4社は傘下の非上場連結子会社であるのに対し、当社は上場を維持し、かつ子会社ではない。 そして株式会社、株式会社の適用関連会社である。 当社は、会社発足時からの経緯で及びの会員企業である。 なお、旧系列のは2016年現在もそのまま別会社として存在し業界10位の規模、旧系の日本ビジネスリース(現:日立キャピタルNBL株式会社)はにより子会社化している。 2016年5月13日、日立キャピタルとの資本業務提携を行うことを合意し、、、、日立キャピタルとの間で、金融プラットフォーム構築を目的とした業務提携への合意に至ったことを発表した。 沿革 [ ] 旧ダイヤモンドリース [ ]• - 、、、、を中心とする三菱グループ11社並びに、、関連会社3社合計16社を株主として、ダイヤモンドリース株式会社設立。 - 2部上場。 - 東京証券取引所1部上場。 1998年 - 南九州ダイヤモンドリース株式会社を吸収合併。 - 菱信リース株式会社を吸収合併。 3月 - 株式会社とともに、株式会社(当時ダイヤモンドリース株式会社の子会社)と株式会社のリース事業(ファイナンス事業をし株式会社に変更)とを傘下に収めるの株式会社を設立して、オートリース事業を経営統合。 旧UFJセントラルリース [ ]• - の関連リース会社として、セントラルリース株式会社設立。 - 2部上場。 - UFJグループの企業再編の一環として、旧系の株式会社UFJビジネスファイナンスのにより、同社のリース事業部門を承継し「ユーエフジェイセントラルリース株式会社」に商号変更(英語表記はUFJ Central Leasing Co. , Ltd. あわせて、東京証券取引所、名古屋証券取引所各1部上場。 三菱UFJリース [ ]• 2007年4月 - ダイヤモンドリース株式会社がUFJセントラルリース株式会社と経営統合し、商号(社名)を三菱UFJリース株式会社に変更。 あわせて名古屋証券取引所1部上場。 2007年10月 - 完全子会社・三菱オートリース・ホールディング株式会社傘下の三菱オートリース株式会社が、ダイヤモンドオートリース株式会社を。 2013年1月 - 米サンフランシスコに拠点を置くJSAInternational Holdings, L. P の全出費持分を取得し連結子会社化。 2013年11月 -インドネシアの PT. Takari Kokoh Sejahteraを連結子会社化。 2014年11月 - アイルランドのEngine Lease Finance Corporationの全株式及び米ボストンに拠点を置くBeacon Intermodal Leasing, LLCの全出費持分を取得し、連結子会社化。 2016年5月 - との間で資本業務提携を行うことに合意。 2018年12月-米シカゴ郊外に拠点を置くENGS全株式を取得し、連結子会社化。 主な連結子会社 [ ] 国内 [ ] リース・ファイナンス事業 [ ]• ダイヤモンドレンタルシステム株式会社• ダイヤモンドアセットファイナンス株式会社• ディー・エフ・エル・リース株式会社• 株式会社• 株式会社• カシオリース株式会社• ひろぎんリース株式会社• 株式会社• 中京総合リース株式会社• 株式会社 オートリース・オートファイナンス事業 [ ]• 株式会社• ひろぎんオートリース株式会社• 三菱オートリース・ホールディング株式会社• 三菱オートリース株式会社• 株式会社ジャストオートリーシング その他 [ ]• ダイヤモンドレンタルシステム株式会社• テクノレント株式会社• MULプロパティ株式会社• ダイヤモンドアセットファイナンス株式会社• ダイヤモンドアセットサービス株式会社• 株式会社御幸ビルディング• MULインシュアランス株式会社• MULエコビジネス株式会社• ダイヤモンドイクイップメント株式会社• 株式会社ユーマシン• エム・キャスト株式会社• MULビジネス株式会社• シーエルソリューションマネジメント株式会社• MULプリンシパル・インベストメンツ株式会社• ヘルスケアマネジメントパートナーズ株式会社• MULエナジーインベストメント株式会社• MUL不動産投資顧問株式会社• ジャパン・インフラストラクチャー・イニシアティブ株式会社 海外 [ ]• Inc. Bangkok Mitsubishi UFJ Lease Co. , Ltd. Ltd. Mitsubishi UFJ Lease Singapore Pte. Ltd. Kobelco Lease Singapore Pte. Ltd. DMC Energy Management Services Shenzhen Co. , Ltd. Jackson Square Aviation, LLC U. Beacon Intermodal Leasing, LLC U. Engine Lease Finance Corporation Ireland 脚注・出典 [ ] [].

次の