ビートたけし フライデー 襲撃 事件。 生活費3億円支援は大ウソ ビートたけし事務所が激怒した志村けんの「フライデー襲撃事件美談」 (2013年4月28日)

フライデー襲撃事件の真相と記者会見全文の動画!黒幕は身内にいた!

ビートたけし フライデー 襲撃 事件

年の瀬の慌ただしさに人は駆り立てられるのか。 赤穂浪士の討ち入りも、真珠湾攻撃も、奇襲は不思議と師走が多い。 ビートたけし(69)が軍団11名を率いて、講談社の「フライデー」編集部を襲撃したのも、1986年の師走、9日未明だった。 その一員の、いや、尻ごみしながら先頭を切らされた、そのまんま東こと東国原英夫氏(58)が、生々しく回想した。 *** そのまんま東こと東国原英夫氏 日付が変わる前後、自宅で酒を飲んでいた東国原氏のところに、たけしから電話がかかってきたという。 「師匠(たけし)は非常に興奮されていました。 お付き合いしている子が『フライデー』に撮られ、記者と揉み合いになって、カメラかなんかが当たって顔からちょっと血を流して帰ってきた。 もう殴り込みに行くぞ、ってことでした。 であればこそ証言者に適任だが、その前に、なにゆえ消極的だったか語ってもらう。 「12月、1月は芸能界の書き入れ時です。 師匠もレギュラー番組、10本くらいありましたかね。 それに年末年始の特番も組まれている。 暴力沙汰なんか起こしたらエライことじゃないですか。 もう1点は、12月末に師匠抜きの軍団だけの番組が企画されていて、師匠から巣立つチャンスだったんです。 さらにひとつは、僕は推理小説が書きたくて江戸川乱歩賞を狙っていたんですけど、その主催が講談社。 僕はしんがりとして3台目で、10分か20分遅れて行けば、先発隊が先に殴り込むと思ったんです」 しかし、それは誤算で、 「講談社前で待ってるんです、先発8人全員が。 「エレベーターが1機しかなくて、9人乗りで最大積載量600キロって書いてあるから、12人全員は乗れないなと。 で、僕は最後に乗ったから、5階に着いてドアが開いたら一番前なんです。 「消火器や傘を使ったのは僕だという報道があったんですけど、最初に傘を振り回したのは柳ユーレイです。 彼が相手を殴ったら傘が曲がって、針金が出ている傘は凶器だから、元通りまっすぐにして証拠隠滅しようとしてたら、警察に見られた。 編集部員のフリして私服警官が3、4人紛れていたんですね。 有無を言わせず現行犯逮捕です」 刑事が「みんな手錠だ」と叫んだ時のこと。 カッコよかった。 で、師匠が先にエレベーターに乗ってボソボソッと言った。 「僕は師匠には莫大な額を奢ってもらってますが、伊豆のころが中心で、旅館は1泊1万か2万したし、毎日のようにゴルフして飲み歩いていましたからね。 ゴルフ道具も師匠のカードで全部買ってもらった。 そんな師匠は、過密な仕事からの解放感と、みんなに迷惑をかけたという気持ちが半々だったと思います」 軍団の11名は起訴猶予処分になり、たけしには翌年6月、懲役6カ月、執行猶予2年の判決が下された。 その後、「フライデー」と親善草野球大会を開いた、たけしピッチャーの初球はデッドボール。 和解の難しさを物語っていた。 「特別ワイド 吉日凶日60年の証言者」より• あわせて読みたい関連本•

次の

尻込みする「そのまんま東」が「フライデー襲撃」首謀者になるまで

ビートたけし フライデー 襲撃 事件

1980年代の漫才ブームの最中に『ツービート』で人気者になり、その後は映画界でも才能を発揮している北野武(芸名ビートたけし)さんのことは、みなさん良く知っていると思います。 明石家さんまさん、タモリさんと並んで芸人としては「ビッグ3」に位置付けられていて、映画監督としても国内だけでなく、海外でも多くの賞を受賞している、超有名人です。 そんな北野武さんが、1986年にフライデー襲撃事件を起こして、前科持ちであることを知っていますか? 先日放送された「FNS27時間テレビ」(2017年9月9日~10日)では、北野武さんご本人からその事件について、新たな真相が語られ話題になりました。 そこで今回は、1986年に起きたフライデー襲撃事件をまとめ、真相に迫ってみたいと思います。 スポンサーリンク フライデー襲撃事件とは? フライデー襲撃事件とは、1986年12月9日に、北野武をはじめ「たけし軍団」ら合わせて12人が、写真週刊誌『フライデー』(講談社)の編集部を襲撃した事件です。 別名『フライデー事件』、『ビートたけし事件』、『たけし襲撃事件』などと呼ばれることもあります。 1987年6月10日に、北野武に 懲役6ヶ月執行猶予2年の判決が下されました。 当時人気絶頂期であった北野武は、レギュラー番組を抱えていたが、その番組への出演は執行猶予の判決が確定するまでの約8ヶ月間は謹慎することとなりました。 そして、当時北野武と交際していると噂された専門学校生の女性に対しての障害で告訴された記者は、1987年12月12日に、罰金10万円の判決を受けました。 その後、その記者は控訴するも棄却されて判決が確定しています。 フライデー襲撃事件の概要 1986年12月8日、東京都渋谷区の路上で北野武(芸名ビートたけし)当時39歳と、交際していたとされる専門学校生の女性(当時21歳)に対して、フライデーの契約記者が、専門学校の校門付近で北野武との関係を聞こうと声をかけました。 しかしそれに対して、女性が避けて逃げようとしたため、記者が前方に立ちふさがって彼女の顔の前にテープレコーダーを突きつけた上に、手を掴んで引っ張るなどしました。 これにより、記者は女性に 頸部捻挫や腰部捻傷で全治2週間の怪我を負わせました。 女性に対して、これはとても酷いですよね! これに対し北野武は怒って、フライデーの発行元の講談社に電話をかけて、強引な取材を抗議しました。 そして、「今から行ってやろうか」と言い、翌日の12月9日の午前3時過ぎに、北野武は弟子の集団のたけし軍団である11人と手を組んで、タクシー3台を使って講談社本館にあるフライデー編集部に押し掛けました。 その後、それが暴行傷害事件に発展しました。 田中康夫による裁判傍聴記録によると… 北野武はたけし軍団のメンバーに、「手は出さないように」と言っておいたが、当時の編集部の次長による「自分は空手が得意だ」などの挑発的な言動がきっかけで暴行に至ったと記されています。 テレビなどの報道によると… 北野武が「担当者を出せ!」と迫ったら、どちらからともなく一斉にもみ合いになったそうです。 そして、北野武とたけし軍団メンバーが「ブチ殺すぞ、この野郎!おれらは刑務所行きも覚悟している!」など怒鳴りながら立ち向かいました。 その後、粉末消火器を噴射したり、室内にあった拳や雨傘などで、殴ったり蹴ったりして助骨骨折など、相手に全治1週間から1ヶ月の傷害を負わせました。 そして、北野武とたけし軍団メンバーは大塚警察署により、住居侵入や器物損壊、暴行の容疑で現行犯逮捕されました。 事件後 講談社は、「言論、出版の自由を脅かす暴挙に対して、断固たる態度で臨む」とコメントを出しました。 その後、講談社は記者会見を開いて負傷した様子を公開しました。 事件後のフライデーの第一報では「本誌編集部で集団暴行した『一部始終』」と題して、釈放されて車に乗り込む北野武の姿を掲載しました。 フライデーは写真週刊誌ですが、フライデー側はなんと、襲撃の様子を1枚も写真に撮っていませんでした。 当時、偶然編集部にカメラマンが一人もいなくて、編集部員もカメラを持っている人が一人もいなかったからです。 編集部にカメラマンがいなくても、1台ぐらいカメラがあっても良いと思いますが、フライデーはさぞかし残念だったでしょうね。 北野武とたけし軍団のメンバーは、逃亡のおそれが無いとされて、釈放されました。 そして、新聞などがテレビも問題当事者と取り上げたり、北野武が出演する番組がテロップ付きであるが放送されたり、一部番組収録に参加したことなどが、多くの批判をあびました。 これを重く受け止め、所属事務所の太田プロダクションは、北野武とたけし軍団メンバーの半年間芸能活動を自粛させることを発表しました。 北野武は12月22日に、記者会見を開き、それから半年間公式なメディアには登場しませんでした。 裁判 1987年6月10日、東京地方裁判所は北野武に対して、懲役6ヶ月、執行猶予2年の判決を下し、その後控訴しなかったため確定しました。 1987年3月2日、たけし軍団メンバーは、起訴猶予処分となりました。 判決を下した裁判官は、北野武とたけし軍団メンバーの行為を厳しく断罪しましたが、フライデーの過剰な取材にも苦言を呈しました。 その後、北野武とたけし軍団メンバーは芸能活動を再開していったが、しばらくの間はテレビ局や所属事務所などに各種団体が抗議に訪れるなどし、事件の影響はとても大きいものでした。 スポンサーリンク フライデー襲撃事件の背景 フライデー襲撃事件の犯行動機は、北野武の交際女性に対する乱暴な取材でしたが、それ以外にも原因がありました。 当時、フライデーから北野武の家族に対して執拗な取材があったからです。 北野武が裁判で証言したことによると、北野武の妻が子供を私立校の面接に連れていく所を写真に撮られてしまい、「子供の写真を週刊誌に掲載されるようでは、入学させられない」と言われてしまいました。 その後、北野武はフライデー襲撃事件の時に、それまでの鬱憤がたまっていたと話しています。 しかし、子供がいるということは、北野武は既婚者だったんですね。 交際女性とは、今流行りの不倫だったわけです。 専門学校生に怪我を負わせた記者は、『GORO』という雑誌で、北野武の記事を何度か扱っていたことを認められ、フライデーに移籍した記者であることが、後日分かりました。 しかし、記者は移籍したことを北野武に知らせずに取材をしていました。 フライデー側はこのことを隠そうとしたことが、事件の引き金になりました。 ここまでが、今まで語られていたフライデー襲撃事件についてのまとめです。 先日放送された「FNS27時間テレビ」で北野武本人から真相が語られ話題になりました。 フライデー襲撃事件の真相 先日放送された「FNS27時間テレビ」(2017年9月9日~10日)の中の「池上彰が見た!たけしと戦後ニッポン」で、北野武がフライデー襲撃事件についての真相について自ら語りました。 事件の発端は、フリーの記者だと名乗る人が「お金が無いから取材させてくれ。 その記事を売ってお金にする。 悪口は書きません」と言ってきたことが始まりだった。 かわいそうだと思って受けてやったが、確かに最初の記事は大したことなかった。 しかし、どんどん記者と親密になって楽屋にいつもいる関係になっていった。 その時期から、芸能界のスキャンダルがやたらフライデーに出るようになって、その記者がスパイをやっていたんじゃないかと疑い、調べてみたらそうだった。 それから、講談社と話し合いになり、その記者本人が出てこなかったため、暴力事件に発展した。 という内容でした。 私は、北野武本人からなぜ今頃になって、事件の真相が語られたのか疑問に残りました。 スポンサーリンク フライデー襲撃事件の真相 まとめ フライデー襲撃事件のまとめはいかがでしたでしょうか? この事件の後に、北野武は伝説と呼ばれる会見を開きました。 そこでは、暴力を振るったことは悪かったとは言いながら、週刊誌の執拗な取材に対してどう対応すれば良かったのか?と、記者達に疑問を投げかけています。 そこで、たけし軍団メンバーを巻き込んでしまったこと、怪我を負わせてしまったこと、愛人がいたことなどに対しての謝罪をしています。 会見では、男として守るべきものは守るという決意が鋭い眼光から伝わってきます。 暴力は良くありませんが、抗議をしてもムダで自分の子供にまで影響を与える相手だったとしたら…。 週刊誌の在り方など、色々考えさせられる事件ですね。 そしてなぜ今頃になって、事件の真相が語られたのか疑問ですね。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました! スポンサーリンク•

次の

「書かれて困る女じゃない」ビートたけし 久々の「フライデー」にも泰然自若 (2010年4月1日)

ビートたけし フライデー 襲撃 事件

・動機:当時ビートたけしさんが交際していた女性に対する過剰取材。 1986年12月8日、東京都渋谷区の路上で、ビートたけし(以下「たけし」、当時39歳)と親密交際していた専門学校生の女性(当時21歳)に対し、『フライデー』の契約記者が、女性が通う学校の校門付近でたけしとの関係を聞こうと声をかけたが、それを女性が避けて立ち去ろうとしたため、 記者が前方に立ちふさがってテープレコーダーを彼女の顔に突きつけ、手を掴んで引っ張るなどの行為に及び、頸部捻挫、腰部捻傷で全治2週間の怪我を負わせた。 引用: ・事件の流れ。 これに怒ったたけしは、フライデーの発行元である講談社に電話をかけ、強引な取材に抗議した上、「今から行ってやろうか」と通告し、翌12月9日の午前3時過ぎ、たけしは彼の弟子集団たけし軍団メンバー11人と共謀して、タクシー3台にそれぞれ4人ずつ分乗し東京都文京区音羽にある講談社本館のフライデー編集部に押し掛け、その結果、暴行傷害事件へ発展した。 田中康夫による裁判傍聴記においては、当初たけしは手を出さないよう軍団メンバーに言っておいたものの、当時の編集次長による「自分は空手が得意である」旨の発言をはじめとした、編集部員の挑発的言動が原因で暴行に至ったと記されている。 報道によれば、たけしが「担当者を出せ」と迫った後、どちらからともなく一斉にもみ合いになった。 たけしらは「ブチ殺すぞ、この野郎!おれは刑務所行きも覚悟している!」などと怒鳴りながら、粉末消火器を噴射した上、同誌の編集長及び編集部員らに室内にあった雨傘や拳で殴打したり蹴ったりして、肋骨骨折などで1ヶ月から1週間の傷害を負わせた。 たけしらは 住居侵入・器物損壊・暴行の容疑で、大塚警察署によって現行犯逮捕された。 引用: メンバー 東国原英夫の先陣切り、つまみ枝豆の不参加理由 フライデー襲撃メンバー 柳ユーレイ(現:柳憂怜)、大森うたえもん、サード長嶋、ガダルカナル・タカ、グレート義太夫、ふんころがし(現・ダンカン)、キドカラー大道、大阪百万円、そのまんま東(現:東国原英夫)、松尾伴内(23歳)、19歳の少年の11名です。 いわゆる、たけし軍団のメンバーですね。 フライデー襲撃時に先陣を切り、編集部に乗り込んだ東国原英夫 当時そのまんま東 ですが、それには深い事情がありました。 実はいやいや付いていき、結局一番最後にエレベーターに乗ったところ、「先陣切り」の大役に! 編集部を襲撃する前、たけしは東国原氏に電話をかけて、一緒に参加するよう話をしたという。 しかし、東国原氏が「イヤだ」と断ったので、たけしが「あっそう。 じゃあお前、(今後は)縁がねえと思いな」と言い捨てたところ、急いで駆けつけてきたそうだ。 講談社のエレベーターで、たけしは、ためらう東国原氏を最後に引きずり込んだ。 そのため、 東国原氏が自然と暴徒の先頭になってしまったそうだ。 引用: 一方で参加していなかったつまみ枝豆には、ビートたけしさんからの配慮があったようです。 枝豆はたけしを熱狂的に崇拝していたため、何をするか分からないからと、たけしは 「枝豆には連絡するな」と軍団メンバーに命令を下し、枝豆は襲撃の現場に呼ばれなかったという。 さらに枝豆は、たけしが逮捕されたことを受け会見を開いていた講談社に乗り込もうとしたが、その時大塚署からたけしの電話。 「みんなの面倒は見るから、勘弁してくれ。 今は動かないでくれ」と言われて乗り込みも中止したという。 結局、事件に関与することもなかった枝豆。 「殿(たけし)が守ってくれた」と、当時を振り返った。 引用: そのまんま東には来いといいながら、つまみ枝豆にはくるなという。 そんな状況下でも、軍団メンバーの性質を見極めて招集していたのかという感じですね。 たけしは事件後、いったんは1週間足らずで芸能活動を再開したものの、そのことに世間から批判の声も上がり、結果的に半年以上ものあいだ活動を自粛する。 この間、東京地裁では4月より3回にわたり公判が行なわれ、6月10日には、たけしに対し懲役6カ月執行猶予2年の判決が下った。 引用: 実際に復帰となった舞台は、1987年7月18日〜19日にかけて放送された「FNSスーパースペシャル 一億人のテレビ夢列島」にて。 この番組のトーク企画のコーナーにて、総合司会をつとめていたタモリ、明石家さんまに出迎えられ、テレビ復帰となりました。 ちなみに、たけしさんは活動自粛期間中には大橋巨泉さんの家や伊豆にいたそうです。 1986年のフライデー襲撃事件後は、巨泉さんの家で謹慎していたことを明かし、「マイナスなことは言わずに気に掛けてくれました」。 引用: 活動自粛中のたけしは一時、伊豆に逗留している。 そこではゴルフや天体観測をしたり、さらに数学者・広中平祐の著書を読んで「考える持続力」をつける必要を感じ、中学校の教科書の内容をやり直したりしていたという(筑紫哲也監修『たけし事件 怒りと響き』太田出版)。 こうした体験は、 のちの人気番組『たけし・逸見の平成教育委員会』の企画へとつながっていく。 引用: わりと悠々自適に過ごした自粛期間だったのかと思えば、ただでは帰ってこない人ですね。 ビートたけしのフライデー襲撃事件の背景・影響 出典: 1980年代当時、写真週刊誌の報道は行き過ぎが問題視されていたころでもありました。 中でもその先鋒は「フライデーされる」という今でもよく聞く言葉を生み出した週刊誌「FRIDAY」です。 そのため事件後には、ビートたけしさんらに同情的な声がありました。 このような過激なスクープ合戦は負の部分も大きい。 フライデー襲撃事件が起きた頃も、写真週刊誌による行き過ぎた報道が問題視されていた。 そのような背景もあってか、 当時の官房長官・後藤田正晴が「ビート君の気持ちもよくわかる」と発言するなど、たけしへの同情論も目立っていた。 引用: そして、フライデー襲撃事件ではそれまでの過激取材の風潮を変えたとの評も。 車のボンネットに飛び乗ろうがなんだろうが、「決定的瞬間」を撮れさえすれば何でもありの 風潮を変えたのは、この事件だった。 引用: またビートたけしさん個人の状況からいうと、当時の交際相手の女性に対する過剰取材をしたのは、もともと彼と懇意にしていた記者だったそう。 そのためいろいろと事情を知っていた記者が、その情報を利用して過剰取材へ……。 当時、「フライデー」の契約記者だったAは、たけしに取り入って、四谷三丁目にあった居酒屋「北野家」に出入りし、ただ酒を食らいながら、たけしの身辺の情報を入手していた。 ところがAは、たけしを裏切って、専門学校生やその家族にまで、今でいうストーカーまがいの取材をしたのである。 それに対して、たけしは怒ったのだ。 引用: こういった背景・事実もあるフライデー襲撃事件でした。 まとめ ビートたけしさんのフライデー襲撃事件についてまとめました。 現在でもまれに「 自分には 前科があるから」と話すことがありますが、それはこの当時のことですね。 引用:.

次の