ランチョン マット ハンドメイド。 ランチマットの作り方 サイズ次第で大人も子供も使える! [ハンドメイド・手芸] All About

【ハンドメイドレシピ】箸入れ付きランチョンマット

ランチョン マット ハンドメイド

続いて、できあがりサイズの周囲に2センチずつ縫い代の線を引きます。 ここまでできたら縫い代の線にそって生地を裁ちます。 【ステップ2】 さっそく縫っていきたいところですが、その前に裁断した生地にアイロンをかけます。 アイロンをかけるかかけないかで、仕上がりのキレイさが変わってきますので、とても大事なポイントです。 縫い代の端から0. 7センチ幅のところで折り、アイロンをかけます。 ここでしっかり折り目をつけてくださいね。 さらにそのまま1. 3センチ幅のところで折り、アイロンをかけます。 こちらもしっかり折り目をつけましょう。 【ステップ3】 ここまでできたら、いよいよ縫っていきます。 折り曲げた縫い代の外側から1センチ幅(内側から0. 3センチ幅)のところを縫います。 縫い代部分は、三つ折り(0. 7センチ+1. 3センチ)になっていますが、幅をズラすことによって厚みができず縫いやすいです。 角はできれば少し角度をつけて折ってから縫うとキレイになります(難しければそのままでもOK!)。 完成です! 中級者向け「裏地つきランチョンマット」の作り方ランチョンマットは、1枚で仕上げてもキレイですが、もう少し頑張りたい!という方のために裏地つきの作り方も紹介します。 【ステップ1】 今回は、裏地もつけるので「表地」と「裏地」の2枚を準備します。 洗って片面だけ縮んだりしないよう、同じ生地(もしくは似ている生地)を準備します。 先程の裏地なしと同じように、それぞれの生地の裏側に指定サイズの線を引きます。

次の

食事を楽しく♪ハンドメイドのランチョンマットで食卓演出

ランチョン マット ハンドメイド

幼稚園や保育園の入園準備、あるいは小学校の入学準備品にランチョンマット(ランチマット)やランチクロスは欠かせないですね。 たった1枚の布でできるので簡単に見えますが、実はコツがあります。 今回は、額縁仕上げやバイアステープを使った美しい仕上がりになる作り方や、リバーシブルで使える作り方、糸や針を使わない作り方をご紹介します。 この作り方をマスターしたらハンカチ・コースターなど四角いものがきれいに作れますよ。 布のカットの仕方、返し縫いや額縁部分の縫い方などおさえたいポイントにもふれます。 同じ布で給食袋やお弁当袋を作るのもよし、男の子・女の子それぞれが好きなキャラクターで作るのもいいですね。 おすすめの資材・道具も合わせて見ていきましょう。 作り方・ポイント 1、バイアステープを縫い合わせる部分をあけて、生地を重ねて1周縫います。 (中表にしない) 2、バイアステープを裏布の端に合わせて、まち針で固定します。 3、バイアステープの先を1cm折り曲げて、裏からバイアステープを縫い始めます。 角に切れ込みを入れて、少し引っ張りながら1周を縫い合わせていきます。 4、縫い始めと終わりの部分が重なったら、余分な箇所はカットし縫います。 5、表を縫う前に、アイロンで生地を整えます。 6、ミシンを端に合わせ、表を縫い合わせたら完成です。 バイアステープは角を丁寧に仕上げることがポイントです。 慣れてしまえばとても便利で手軽にアレンジ可能なので、ハンドメイドの幅も広がりますよ。 ギンガムチェックをアクセントに!仕立ても簡単 出典: ランチョンマットの周りを、バイアステープでふちどりするだけでもかわいく仕上がります。 バイアステープのふちどりがあることで、より丁寧な印象に仕上がります。 手芸上級者ならバイアステープを使った上で、角を額縁仕上げにするのもおすすめですよ。 どちらにしても切りっぱなしを縫っただけというランチョンマットと比べて、ふちどりがあるかないかでは印象も変わりますよ。 この綿バイアステープは、ギンガムチェック柄が色違いで12色あります。 お好みで子どもと一緒に選んでみてはいかがでしょうか。 毎日洗濯して、たくさん洗い替えが必要なランチョンマットです。 バイアステープでふちどりをしておけば、強度もアップするのでおすすめです。 もしもバイアステープが余ってしまったときには体操服の袖やスモックの裾、ポケットなどをふちどりしてあげても自分の持ち物の目印になるのでいいですね。 裏布にも使える!接着芯などで裏地をつけてもOK 出典: シンプルな布地でランチョンマットを作るのもいいですね。 男女問わず使える定番のドット柄です。 白い小さなドットなので上品な印象です。 この生地で、兄弟姉妹の分も一緒に作ることができますね。 ワッペンや刺繍・バイアステープ・リボンなどでワンポイントの飾りをつけると、よりオリジナルの雰囲気に仕上がります。 少し薄手の生地なので、接着芯などで裏地をつけてあげると、さらに強度が増し、毎日の洗濯でもよれにくくなります。 裏地を違った柄に変えてあげれば、リバーシブルのランチョンマットとしても使えますね。 面倒かもしれませんが裏地をつけて、しっかり仕立ててあげるとランチョンマットも長持ちしますよ。

次の

パッチワーク ランチョンマット ハンドメイドレシピ

ランチョン マット ハンドメイド

4辺ともしっかりアイロンをかけました。 表からみるとこうなっています。 角を半分に折った辺と2つ目の折り目(布端)が交わっているところから直角にチャコペンで線をひきます。 チャコペンで印をつけたところを縫います。 しっかりと返し縫いをして、ほつれないようにしましょう。 縫い目から3mm程度残してぬいしろをカットします。 残ったぬいしろを開き、角も開きます。 2.ランチョンマットを縫う 周囲を最初につけた折り目に合わせて表に返し、ていねいにアイロンをかけます。 三つ折りした部分の内側の際をぐるっと一周ステッチをかけます。 一枚仕立てのランチョンマット(額縁仕立て)が完成! さあ、これで一枚仕立てのランチョンマットの完成です!! 美しく、けれど簡単に仕上がりました! シンプルながらも使いやすいランチョンマットです。 さて、次はリバーシブルのランチョンマットの作り方を紹介します。 ぬいしろ1cmで周囲をぐるりと縫い合わせます。 この時返し口を作るのですが、後でタグをつけたい方は、メインの布を裏にした状態の左側(表に返したときに右側)に返し口をつけて下さいね。 角を縫い目から3mm程度のこしてカットします。 2.表に返す 返し口から表に返します。 目打ちで角をしっかり出します。 アイロンをかけて整えます。 タグをつけたい方は、返し口にタグをさしこんでまち針でとめます。 縫い合わせた布を開き、ぬいしろをアイロンで割ります。 2.両面の布を縫い合わせる ここからの作り方は、と同じです。 縫い合わせた布と、もう1枚の布Bを中表で合わせ、ぬいしろ1cmで周囲を縫います。 返し口も忘れずに作っておきます。 切り替えタイプのランチョンマットが完成! 表に返して目打ちで角を出し、アイロンで整えてぐるっと一周押さえミシンをかけたら、切り替えタイプのランチョンマットの完成です!! もちろん、このランチョンマットも両面使えます。 色違いの。 水彩画のような大きめの草花をモチーフにしたデザインのテキスタイル、。

次の