アドレノクロム 子供。 『国際児童性人身売買』世界中で起きている真実

誘拐されていた子供たちが救出!( ;∀;)

アドレノクロム 子供

【注意】今回は非常にショッキングな内容となっております。 精神的にそう言う内容に耐性のない方はこの記事を読まれない事をおすすめします。 私、ヤフーブログが閉鎖する事になってアメブロに引っ越してきたのですが、その当初は自分のブログをいじる程度にしか使っていませんでした。 で、つい先日検索窓を使って『大日月地神示』と入れてみたんです。 すると出るわ出るわ素敵な記事が。 今後、アメブロはそう言う使い方をする事にしましたw とは言え、自身でブログ記事としてスピな事は書かないですけどね。 書いたところで3次情報くらいになっちゃいますし、そうなると当然新鮮味も薄いですから。 前置きはこのくらいにして、早速本題に移りたいと思います。 今回のネタはアメブロで見つけた記事を元に書きますね。 所謂陰謀論系の話です。 その記事を読んで初めて知ったのですが、アドレナクロームと言うものがあるのだそうです。 ちょっとググって調べてみたのですけど、これがまたとんでもない代物なんですよ。 ググって調べた記事から要約して紹介しますね。 アドレナクロームは、血中のアドレナリンの酸化によって形成される化合物。 最も一般的には幼児の松果体から収穫されます。 抽出が難しい為、結果として非常に独占的な物となっているのだとか。 幼児の松果体から収穫と言っていますが、それだけではありません。 例えば、機能性低血糖症の人は、体内でエネルギーショックを和らげるためにアドレナリンを分泌して血糖レベルを正常値に引き上げようとするのですが、このアドレナリンが過剰分泌され、酸化したものがアドレナクロームになる事でも知られているそうです。 ちなみに、砂糖の過剰摂取は低血糖症になりやすいのだとか。 アドレナクロームはその性質上、拷問や犠牲によって収穫される必要があるのだそうです。 何故なら、この物質は大きな強迫観念や危険の時に血流に放出されるアドレナリンに由来しているからなのだとか。 このアドレナクロームは摂取した者に麻薬のような恍惚感を与えて興奮させるのだそうです。 それもそのはずで、アドレナクロームは麻薬のメスカリンの薬効成分と同じ物質だと言われているのだとか アドレナクロームは神経毒性、精神分裂性物質及び、統合失調症など他の精神疾患の原因になっているとも言われています。 ここまで読むと分かると思いますが、アドレナクロームとは脳内で形成される脳内麻薬の一種、と考えていいと思います。 しかも厄介なのは、抽出するには幼児や子供達に虐待や拷問を行わねば発生しないと言う事と、松果体で作られるため、抽出するためには対象となった子供達は犠牲にならなければいけないと言う事。 とても残虐で信じられないので、ただのホラーな妄想であって欲しいと願うばかりです。 陰謀論のひとつに、世界の特権階級のエリート達が秘密裏に子供達を誘拐して生贄に捧げ、その血肉を食らっているのだと言うものがありました。 その理由こそがこのアドレナクロームの摂取だとされているのです。 彼らの寿命を伸ばすためだけに、罪のない大勢の子供達が犠牲になっている。 本当だとしたらとても恐ろしい話です。 で、このアドレナクロームについて、とあるお金持ちがフェイスブックに堂々と記載していたとの事。 その人物こそ、フェイスブックの創始者、マーク・ザッカーバーグ氏その人だったのです。 しかし、アドレナクロームの接種は私がこれまでにしたどんな行為よりも楽しい」 と、書かれているそうです。 小さな参加者からのアドレナクロームの抽出を観察するのは中々挑戦的だと……戦慄が走りますよね。 性的な会合と言うのも暗示的です。 普通、こう言う闇の儀式とか口外厳禁だと思うのですけどね。 そう考えると、何か裏があるような気がしないでもないのですが……(汗)。 今回はショッキングな内容になってしまい申し訳ありません。 読んで気分を害した人がいたらごめんなさい。

次の

セレブたちの危険なドラッグ「アドレノクロム」世界で一斉取り締まりか

アドレノクロム 子供

ついに、ペドフェリア (小児性愛者)でとらわれていた子供たちが救出された模様です! このコロナウィルス騒動の舞台裏では、全く別の掃討作戦が繰り広げられていたのです!! いくつかの情報で、そういう動きがあり子供たちが囚われている場所に軍隊が入り救出したと聞きました。 そして、子供たちは死んでいたり重症だったり、ひどい状態の子供もいたと。 お待ちかねの「新型コロナウイルス」の水面下で進んでる、本当の真相についての話です。 これは、先日書いた記事、「赤い靴」の続編になるので、まだ読んでいない方は、先に、そこから読んでください。 そうでないと、今回の記事の意味は、わからないかもしれません。 情報が混乱している方が多いので、もう一度、まとめますね。 まず、何度も書いているように、「新型コロナウイルス」の報道は、ほとんどが、ダミー情報です。 核心から、目を逸らすための大本営発表です。 これが、世界中で行われています。 ただし、これは、善意の嘘なので、このままでいいのです。 本当の真相を知ったら、世界中が、ウルトラ級の超大パニックになります。 まず、頭の中にある、単語の定義を、次のように変換してください。 この本当ことを報道すると、パニックになるので、表向きは、「新型コロナウイルス感染拡大」という話に、すり替えているのです。 だいたい、もしも、世界的にウイルス性の病気が拡大しているならば、アフリカ諸国が、人口過密で不潔だから、ここから広がるはずです。 先月くらいまで、このエリアが、全く騒いでいませんでした。 今月になってから、ようやく騒ぎ始めています。 それらも、ほとんどがフェイク情報です。 最近、ネット上で、病院で運ばれたり、寝かされている患者たちの画像を、詳しく解析したら、マネキン人形だったことも、暴かれていますね。 あと、インタビューに応じて、苦しそうな表情で演技をしていた人たちも、役者ばかりだということが、だんだん、バレてきています。 日本のメディアでも、大病院やクラブでの感染が報道されますが、あれの大半は、実際には、悪魔教の人身売買の拠点だった所だと思います。 いつの時代でも、99%の人たちは、ダミー情報に、引っかかります。 冷静になって、客観的な視点をもうようにしないと、これからの新しい時代には、生きていけません。 (…中略… この数字から推察すると、世界中の死亡者の数、つまり、「悪魔教の信者の処刑数」が、50万人を超えたあたりで、 「新型コロナウイルスの感染拡大は、終焉しました」 こういう発表があり、世界は落ち着くのだと思います。 日本には、69人の10倍、690人くらい、本当の悪魔教の信者がいるということです。 処刑予定者が、この人数であり、この人たちの処刑が終わったら、一件落着だということです。 どうですか? これが、「底なし沼」の「どん底」です。 こういう具体的な数字がわかれば、少し不安が半減するのではないですか? こうやって、真実がわかると、精神も安定すると思います。 先日の「赤い靴」の記事では、あれでも、オブラードに包んで表現したのですが、あまりぼかして書くと、誤解されたり、湾曲されて解釈する人がいるので、今回から、わりとハッキリ書こうと思います。 中国の武漢のあたりから、この騒動が始まり、イタリアやアメリカのニューヨークで、凄いことになったのは、「悪魔教」の拠点が、これらのエリアにあったからです。 つまり、誘拐してきた子供たちの死体処理工場が、ここにあったのです。 武漢では、その子供たちの肉を、近くの市場で、売っていたのだと思います。 イタリアにも、そういう工場と市場があったと思います。 だから、ここに、愛と平和の軍隊が、突撃して、悪魔教の信者たちを、射殺したのだと思います。 表向きは、 「感染して死亡」 ということにして、実際には射殺して、感染予防という名目で、その場で遺体を焼き払ったみたいです。 ちなみに、この子供たちの肉は、どこにいったと思いますか? やけに安い肉を、世界中で売っている店がありますよね。 そのイメージキャラクターの履いている靴に、注目してください。 「赤い靴」ですね。 ここから先は、想像に任せます。 各自で、調べてくださいね。 最近、嬉しいニュースも、沢山飛び込んできます。 すでに、ご存じの方も多いと思いますが、ニューヨークで、誘拐された子供たちの劇的な救出劇があったようです。 この救出劇の前日の夜には、ニューヨークのエンパイアステートビルの上が、赤いランプで光るという珍しい光景が、目撃されています。 その翌日に、病院船と呼ばれる、表向きは医療施設のような軍艦が、ニューヨークに突撃して、子供たちの救出が行われたそうです。 場所は、セントラルパークです。 この地下に、軍隊が、突撃したそうです。 地下には、大量の子供たちが監禁されていたそうです。 地下通路入口の近くには、なんと、「不思議の国のアリス」の像が建っていたそうです! 現在、公園内の仮説テントの中で、子供たちは治療を受けているそうです。 よかったですね~! アメリカでは他にも、子供の誘拐の本拠地だった、「ディズニーランド」にも捜査が入り、現在は、無期限休園の状態になっているそうですね。 だんだん、核心の話に突入していきます。 「赤い靴」の記事で、「アドレノクロム」について書きましたね。 「アドレノクロム」です。 まるで、赤ワインみたいですね。 私は、あの記事を書いた時点では、 「人類 VS 悪魔教」 という構図の第三次世界大戦が、始まっていると思っていました。 しかし、あれから、さらにいろいろ調べると、事態は、それどころではないということに、気が付きました。 もっと悪い、地球史上、最悪の事態だったのです。 もういちど、おさらいしますね。 「アドレノクロム」とは、子供の松果体から、抽出されるもので、これを摂取すれば、スポーツの競技能力が、劇的に上がったり、異次元世界から、アイデアやインスピレーションをもらったり、老化しない肉体になったりと、凄い効果があることは、前回書きましたね。 特に、ハリウッド女優たちの間で、広く使われているそうです。 ここまで聞くと、魔法の薬のように思えますが、しょせんは人間が作った薬です。 副作用があります。 やめると、大変なことになるそうです。 ネットで検索すると、科学者たちが、いろいろな説を述べていますが、ここでは、私の推論を書いておきます。 なんと、やめると、その時点から、身体の老化が、いっきに進むようです。 しかも、生きたまま、肉体の一部だけが、死体のようになっていくようです。 最初は、目の周りから、腐っていくようです。 それが、全身に広がっていくそうなのです。 見てください、やめた人たちの顔です。 目のまわりが、腐っていますね。 女性の場合は、化粧で誤魔化せますが、男性の場合は、眼帯などで、誤魔化す人も多いようです。 日本の総理大臣にも、いましたね このように、誘拐されいた子供たちの解放が続いているのですが、一方では、悪魔教の信者たちにとっては、「アドレノクロム」が、購入できなくなっているのです。 つまり、彼らは、この供給をとめられると、死活問題なのです。 「生きたまま、死体になる」 という、最悪の結末が待っているのです。 「ゾンビ」の話は、昔から、世界中にありますが、日本の神話でも、黄泉の国に行った、イザナミが、「ゾンビ」になり、イザナギを襲ってくる話がありますね。 だとしたら、「ゾンビ」になる彼らが、次にどういう行動を始めるか、もうわかりましたね? そうなのです! まさに、ホラー映画、「ゾンビ」のように、人を襲い始めるのです! 売人が、どんどん大量逮捕されて、いなくなっているので、自分自身で、獲物を狩るようになるのです。 これが、一番危険なのです。 だから今、世界中で、 「夜には外出するな!」 「子供を学校に通わせるな!」 政府から、こういう非常事態宣言が、出ているのです。 この宣言は、そういうことなのです。 前回も書きましたが、ここでも、もう一度書いておきます。 悪魔教の儀式に参加した人は、世界中で、たくさんいると思います。 本当に悪い連中もいるでしょうが、多くは、興味半分で、怖いもの見たさで、1度だけ参加したような、一般人ばかりだと思います。 だから、悪魔教に関わったからといって、かならずしも、悪人とは限らないのです。 そして、中には、その「悪魔教」の実態を知り、遠回しで、その真実を、世界中に広めようとした人々もいたと思います。 さらに、監禁されていた子供たちを救うための活動を、やっていた人々もいたと思うのです。 その中の一人が、マイケル・ジャクソンだったと思います。 1980年台に、歌もプロモーションビデオも、世界的に大ヒットした、「スリラー」は、このゾンビたちのことを、告発して警告したものだったと思います。 「世界には、狂った悪魔教の人々がいる。 特に、彼らの薬が切れた時には、本当のゾンビになって、半狂乱になって、人々を襲うから、気をつけろ!」 こう警告していたのです。 特に、このビデオの中の最後のシーンでは、 「あなたの周囲の普通に見える人々の中にも、ゾンビがいるから、気を付けてね!」 こういうメッセージを入れていたのだと思います。 マイケルは、こうやって、「悪魔教」の信者たちが嫌がることばかりやっていたので、彼らに暗殺されたのだろうと、私は思っています。 日本でも、マイケルのようなことをやっていた人々は、たくさんいたと思います。 その中の一人が、最近亡くなった、志村けんさんだったかもしれません。 最初、私は、志村さんも、悪魔教の信者かと疑ったのですが、いろいろ調べているうちに、違うような気がしてきました。 おそらく、マイケルのように、その存在には、気が付いたのですが、なんとか、その悪魔たちから、日本中の子供たちを、守ろうとしていた痕跡があるのです。 「髭ダンス」は、悪魔教の信者たちの欲望が、滑稽なくらい肥大していく様子を、コミカルに伝えていたのだと思います。 そして、有名なこれです。 「志村、うしろ~! うしろ~!」 これは、子供たちに、 「人さらいに気をつけなさい! 彼らは、つねに後ろから、近づいてくるから、後ろから来る人に、気を付けなさい!」 こう伝えていたのです。 不安を煽るようなことばかり、書きましたが、これは、すでに峠を越えたから、書いているのです。 すでに決着はついたのです。 結論から言うと、現在の静かな戦争は、実際には、 「人類 VS ゾンビ」 だったのです。 まさに、ホラー映画よりも怖い出来事が、現実に起こっていたのです。 しかし、戦いも概ね終わっています。 決着がついたのです。 「悪魔教」の側が、白旗を揚げて降伏したのです。 それが、最近の安倍首相の発言、 「2枚のマスク」 だったようです。 これの裏の意味は、 「一枚は、普通のマスクで、もう一枚目は、降伏の白旗です」 こういう意味だったそうです。 すでに、「悪魔教」のメンバーは、「白旗」を揚げて降伏したのです。 「第三次世界大戦」は、人類の勝利で終わったのです。 まだまだ、チンピラクラスの悪魔たちは、世界中にいますが、すでに終わった戦です。 彼らの親分である、エリザベス女王が逮捕された時点で、すでに終わっている戦いです。 大まかでは、もう大丈夫だと思います。 エリザベス女王の本当の顔です。 ニューヨークに向かう病院船、つまり、愛と平和の軍艦に、本物のレインボーの橋が、架かったそうです。 神様も、この戦いを応援していたみたいです。 でも、「現実は小説より奇なり」って、本当ですね。 地球上での文明が始まって以来の支配している存在について考えてみると、 あながち、在り得ないことではないと理解されることでしょう。 また、日本の閉鎖のタイミングが遅すぎることに関して、もしコロナ騒動がフェイクなら普通のインフルエンザと同様にそのうち落ち着くからと分かっているから? 逆に本当に殺人ウィルスだったなら、いつまでも検査をうけさせず、あえてウィルスを広めているように見えるのは、日本人絶滅を狙っているから? と、うがった見方をしてしまいます。 何はともあれ、子供たちの救出が世界的になされていて、多くの子供たちが助けられている事を喜びたいです。 ただ、地獄を見た彼らの心のケアこれから必要ですね😿 参考までにこちらの動画も貼っておきます。

次の

アドレノクロム抽出方法がエグい!?日本やハリウッドで飲んでる芸能人は?副作用でどうなる!?

アドレノクロム 子供

今、世界では何が起きているのか? 未知の感染症か、原油戦争か、たしかにそれらも重要な問題でもある。 しかし、今世界ではハリウッドをはじめ大富豪やエリートたちの一斉逮捕が行われようとしている。 エリートたちの大量逮捕とアドレノクロムの関係 事の発端は、アメリカの金融界の富豪でも有名なジェフリー・エプスタインの逮捕から始まった。 エプスタインは、性的人身売買や児童買春などの罪で告発され収容されていた独房で首つり自殺で亡くなった。 この独房での首つりは不可解な点が多く首の骨も折れていたりと自殺とは断定することが難しいにもかかわらず自殺として発表されている。 公開された遺体の耳や鼻が別人だったといった噂や実はいきているなどといった陰謀論などがひろまっているが、 この事件を発端にさらに衝撃な事実が次々と出てきたのだ。 エプスタインが所有していた島があり通称、乱交島や小児性愛島と呼ばれている、 この島から子供と思われる大量の骨が確認されている。 さらにこの島へは専用のプライベートジェット 通称、ロリータエクスプレス が年間400時間以上も飛行していた記録があり、 その搭乗記録の名簿からはFacebook創設者マークザッカーバーグやオバマ前大統領、レディーガガ、ヒラリークリントン、ビルゲイツ、 さらにはイギリス王室の名前までも並んでおり世界の中心ともいわれるエリートたちの名簿が確認されておりこの飛行記録は米政府が押収しているという情報がある。 このエプスタイン島では子供を奴隷にしてレイプや拷問をし最後には殺すという残虐なことが実際に行われていた、 子供の血液からつくられるアドレノクロム 子供の血液が原料になるアドレノクロムの抽出方法は、目に針を突き刺し生きたまま脳の中心部にある松果体 しょうかたい から直接血液を採る、 その際、恐怖や拷問によって痛みを与えるほどアドレナリンが分泌されそのアドレナリンが多いほど純度が高くなる、 つまり子供が苦しむほど純度の高いアドレノクロムが製造されるということでもある、 信じがたいことだがこれが実際に現代で行われておりそのためにアメリカで毎年80万人の子供が行方不明になっている。 日本でも1万人以上の子供が毎年いなくなっておりその事実について大きく報道はされない。 それだけの多くの子供がいなくなっていることが何よりの裏づけではないだろうか。 古代から生贄や人間を食べるなどといった話があるが、これは作り話ではなく実際に今でも行われている、 脳の中心部にある松果体 しょうかたい は第三の目とも言われており、 ここが大きと霊的な能力が備わると言われておりオーラが見えたり未来が見えるとも言われている。 ある研究では、松果体は肉体と精神を繋ぐ場所で魂の在りかではないかと言われていますが現代科学ではまだ解明されてはいませんが、 古代文明やマヤなどの歴史をさかのぼってもこの松果体は別名サードアイやプロビデンスの目、 ホルスの目、第三の目、と言われるほど重要な部分であり生命が出すエネルギーの源と言われている場所でもある、 その松果体を直接食べたり、そこからの分泌物を飲むと未知なるパワーがみなぎるともいわれている。 このエプスタイン島では子供を生贄にし食べていたと言われている。 アドレノクロムは100グラム2000万円という市場価値がありセレブのスーパードラッグとして利用されていると言われている。 この島で実際に子供が生贄にされていたとすれば高級な飲みものが飲み放題のパーティーとして悪魔の儀式が行われていたのかも知れない。

次の