宙船 歌詞。 「宙船(そらふね)」: 全くの初心者による中島みゆき全曲解説

TOKIO 宙船(そらふね) 歌詞

宙船 歌詞

『宙船』は、本当は中島みゆきが歌うはずだった? 看板番組である「ザ!鉄腕!ダッシュ」の印象が強いTOKIO。 しかし、一度ステージへ上がればやはりジャニーズ!男気溢れ、ジャニーズには珍しいバンドグループという形態でオーディエンスを沸かせている。 そんな彼らの代表曲の1つである『宙船』が、実はシンガーソングライターの中島みゆきが歌うはずだった曲である事を知る人は少ないのではないだろうか。 この楽曲は最初、中島みゆきのオリジナルアルバム『ララバイSINGER』のメインとなる楽曲として収録される予定だった。 中島もそのつもりでレコーディングしようとしていたのだが、そこへジャニーズ事務所から依頼が入る。 「TOKIOに合う曲はないか」ピンときた楽曲が、『宙船』だった。 後にこの事を中島は、「 TOKIOに委ねることで 派手な柱になって帰って来るにも悪くないと思った」と語っている。 そんな不思議な経緯を経てTOKIOに譲られた『宙船』は、オリコンチャート初登場で首位を獲得。 ボーカル・ギター担当の長瀬主演ドラマ「マイボスマイヒーロー」の主題歌として使用され、TOKIOのシングルの中では上位2位まで売り上げを伸ばす事になる。 オールは自分の進路を決め、漕ぎ進める為に大切な道具。 それを、自分が「消えて喜ぶ者」に任せてしまうわけにはいかない。 海のように穏やかな時もあれば、荒波の時もある。 そんな中を前進していくのだから船は傷んで当たり前だ。 それでも、船を下りずに漕ぎ続けることを『宙船』は教えてくれている。 たとえ、1人になってしまったとしても。 出航してから9年経つが、今もどこかで航海を続けている。 TEXT:空屋まひろ.

次の

宙船(そらふね)の歌詞

宙船 歌詞

『宙船』は、本当は中島みゆきが歌うはずだった? 看板番組である「ザ!鉄腕!ダッシュ」の印象が強いTOKIO。 しかし、一度ステージへ上がればやはりジャニーズ!男気溢れ、ジャニーズには珍しいバンドグループという形態でオーディエンスを沸かせている。 そんな彼らの代表曲の1つである『宙船』が、実はシンガーソングライターの中島みゆきが歌うはずだった曲である事を知る人は少ないのではないだろうか。 この楽曲は最初、中島みゆきのオリジナルアルバム『ララバイSINGER』のメインとなる楽曲として収録される予定だった。 中島もそのつもりでレコーディングしようとしていたのだが、そこへジャニーズ事務所から依頼が入る。 「TOKIOに合う曲はないか」ピンときた楽曲が、『宙船』だった。 後にこの事を中島は、「 TOKIOに委ねることで 派手な柱になって帰って来るにも悪くないと思った」と語っている。 そんな不思議な経緯を経てTOKIOに譲られた『宙船』は、オリコンチャート初登場で首位を獲得。 ボーカル・ギター担当の長瀬主演ドラマ「マイボスマイヒーロー」の主題歌として使用され、TOKIOのシングルの中では上位2位まで売り上げを伸ばす事になる。 オールは自分の進路を決め、漕ぎ進める為に大切な道具。 それを、自分が「消えて喜ぶ者」に任せてしまうわけにはいかない。 海のように穏やかな時もあれば、荒波の時もある。 そんな中を前進していくのだから船は傷んで当たり前だ。 それでも、船を下りずに漕ぎ続けることを『宙船』は教えてくれている。 たとえ、1人になってしまったとしても。 出航してから9年経つが、今もどこかで航海を続けている。 TEXT:空屋まひろ.

次の

TOKIOの「宙船」という歌の歌詞の意味が分かりづらいです。船って何の船ですか...

宙船 歌詞

『宙船』は、本当は中島みゆきが歌うはずだった? 看板番組である「ザ!鉄腕!ダッシュ」の印象が強いTOKIO。 しかし、一度ステージへ上がればやはりジャニーズ!男気溢れ、ジャニーズには珍しいバンドグループという形態でオーディエンスを沸かせている。 そんな彼らの代表曲の1つである『宙船』が、実はシンガーソングライターの中島みゆきが歌うはずだった曲である事を知る人は少ないのではないだろうか。 この楽曲は最初、中島みゆきのオリジナルアルバム『ララバイSINGER』のメインとなる楽曲として収録される予定だった。 中島もそのつもりでレコーディングしようとしていたのだが、そこへジャニーズ事務所から依頼が入る。 「TOKIOに合う曲はないか」ピンときた楽曲が、『宙船』だった。 後にこの事を中島は、「 TOKIOに委ねることで 派手な柱になって帰って来るにも悪くないと思った」と語っている。 そんな不思議な経緯を経てTOKIOに譲られた『宙船』は、オリコンチャート初登場で首位を獲得。 ボーカル・ギター担当の長瀬主演ドラマ「マイボスマイヒーロー」の主題歌として使用され、TOKIOのシングルの中では上位2位まで売り上げを伸ばす事になる。 オールは自分の進路を決め、漕ぎ進める為に大切な道具。 それを、自分が「消えて喜ぶ者」に任せてしまうわけにはいかない。 海のように穏やかな時もあれば、荒波の時もある。 そんな中を前進していくのだから船は傷んで当たり前だ。 それでも、船を下りずに漕ぎ続けることを『宙船』は教えてくれている。 たとえ、1人になってしまったとしても。 出航してから9年経つが、今もどこかで航海を続けている。 TEXT:空屋まひろ.

次の