日本 選手権 水球。 日本選手権水泳競技大会

水球

日本 選手権 水球

概要 [ ] 大会は・・・、の5部門からなるが、日程・会場は同時ではなく、それぞれ部門別に行われている。 競泳競技には、第81回大会()より JAPAN SWIM(ジャパンスイム)という呼称が取り入れられている。 アーティスティックスイミング競技は、 JAPAN SYNCHRO CHAMPIONSHIP OPEN(ジャパンオープン)も兼ねており、海外招待選手も交えて実施されている。 2011年よりそれまでの日本短水路選手権水泳競技大会も日本選手権水泳競技大会競泳競技 25m (現在の正式名称は日本選手権 25m 水泳競技大会)と改められ、6部門となった。 以降は競泳競技(50m)について記述。 他の部門はそれぞれ、、、、、を参照。 この大会において、やなどの代表選手を選考する。 五輪開催年では、五輪種目のみ行われ、一部種目を除いて準決勝が行われる。 競泳競技では、決勝レースにおいて日本水泳連盟の定める派遣標準記録を突破し、かつ上位2位以内に入った選手が自動的に代表権を獲得する。 ホスト放送局はであるが、世界水泳選手権との関係でとも協力する。 全種目優勝者は、レース直後にNHKのスポーツによるを受ける。 地上波ではで決勝レースを生中継されるが、などの状況によってはBS1のリレー放送もある。 歴史 [ ] 元々はに開催された全国水泳大会をの選考会を兼ねて開催されたもので、主催者はだった。 になってからの第1回大会は当時の大日本水上競技連盟時代の10月に全日本選手権水上競技大会として開催された。 以降、戦時の中止をはさんで、2014年で第90回目を迎えた。 会場として使用される東京辰巳国際水泳場 会場については、戦前は で開催されていた。 以降は大型のプールが必要となることから、主に首都圏のプール( 、、現在の主会場、、)が会場となっている。 首都圏外での競泳日本選手権の開催はの以来、14年ぶりのことであり、かつ、では初の開催であった。 第87回(2011年)は東京辰巳国際水泳場で開催される予定であったがにより会場が損傷したため中止。 代替としてToBiOで国際大会代表選手選考会兼震災チャリティー大会が開催された。 第87回は欠番として、2012年は第88回大会とする。 2020年(令和2年)3月13日、日本水泳連盟は、の感染を受け、東京五輪代表選考会を兼ねた第96回日本選手権を4月2日から6日間とし、無観客で実施することを発表した。 また、200m以下の全種目は準決勝を省略し、予選と決勝のみに変更した。 しかし、3月25日、日本水泳連盟は、小池百合子・東京都知事の会見により、新型コロナウイルスの爆発的拡大が目前に迫る状況下、やむなく中止の判断に至った。 派遣標準記録 [ ] この項は主に競泳部門に関することであり、他の部門については国際大会における成績が出場資格付与に大きく関わっている。 水泳に限らず、各競技においては、参加者が多くなりすぎることを防ぐため、成績によって大会に参加できる人数に制限を加えている。 競泳日本選手権においても、日本水泳連盟が指定した大会において一定の成績を収めた選手だけに、出場資格を与えている。 これとは別に、 FINA の定めに基づき、日本水泳連盟は国際大会における日本代表選手を選考するための独自基準を設けている。 その基準はFINA規定よりもさらに厳しく、日本選手権時点における世界ランキングを基に決められたものであり、レベルは非常に高い。 カテゴリと設定タイムの目安は以下の通り。 派遣標準記録S…国際大会3位以内(表彰台)• 派遣標準記録I…国際大会8位以内(決勝進出)• 派遣標準記録II…国際大会16位以内(準決勝進出) 国際大会の代表権は派遣標準記録IIを突破し、かつ決勝で2位以内に入った選手に自動的に与えられ、リレー選手の選考を除いてはこれ以外の方法では一切選考されない。 このため、日本記録を樹立しても代表に選考されない場合がある。 リレー選手の選考に関しては、自由形リレーの場合は自由形(400mリレーの場合は100m、800mリレーの場合は200m)の決勝上位4名の合計タイムがリレー派遣標準記録IIを突破した場合、メドレーリレーは各種目(・・・)100mの優勝者の合計タイムが派遣標準記録IIを突破した場合に代表権が与えられる。 リレー派遣標準Iは国際大会6位以内、リレー派遣標準IIは12位以内を参考に設定されている。 派遣標準記録を突破した1位の選手が3名以上または2位が2名以上となった場合は、により代表を決定する。 リレー選考に関しても、同着・同タイムなどが生じた場合はスイムオフを行う。 派遣標準記録が明確に定められるきっかけとなったのは、のの代表選考会である。 女子200m自由形の優勝者と男子100m背泳ぎで勝ったが代表から落選。 これを不服とした千葉が(CAS)に仲裁を申し立て、その結果、CASは日本水泳連盟に対し「選考基準が曖昧だった」として訴訟費用の一部負担を申し渡した(千葉は最終的には代表には選ばれなかった )。 この裁定により、それまでの「日本選手権で2番以内に入れば代表は内定」という暗黙のルールが見直され、記録が重視されるようになった。 ジャーナリストのは、選考会で2位ながらオリンピックで金メダルを獲得したは、もし当時、派遣標準記録が定められていたら代表に選ばれなかっただろうと指摘。 中高校生は数か月で飛躍的に記録を伸ばす可能性がある為、派遣標準記録を重視する姿勢はそういった可能性の芽を摘んでしまっているという考えを示している。 また、のように派遣標準記録の設定がレベルを高める種目もある一方で、男子自由形のように派遣標準記録が日本記録を上回っている場合も少なくなく、最初から「諦めモード」になってしまい、なかなか強化が進まない種目も存在している。 マラソンの選考と比較すると「競泳の選考は分かりやすくていい」という論調があるが、生島は競泳全体の強化という視点から見れば、完璧なシステムには思えないと述べており、もっと柔軟な対応をしてもいいのではないかと語っている。 実施競技 [ ]• 自由形(50m・100m・200m・400m・800m・1500m)• 平泳ぎ(50m・100m・200m)• 背泳ぎ(50m・100m・200m)• バタフライ(50m・100m・200m)• 個人メドレー(200m・400m) 歴代開催地 [ ] 全日本體育協会主催時代 [ ] 回 年度 会場 備考 1 1914 大森海岸 2 1915 芝浦運河 3 1916 赤羽・日本製麻会社溜池 4 1918 鳴尾運動場 5 1920 生麦三笠湾池 6 1921 生麦三笠湾池 7 1922 調布・金子プール 8 1923 芝公園プール 9 1924 芝公園プール 日本水泳連盟主催時代 [ ] 回 年度 会場 備考 1 1925 芝・玉川プール 兼 2 1926 プール 3 1927 玉川プール 4 1928 京都二商プール 5 1929 玉川プール 6 1930 明治神宮水泳場 アメリカ参加 7 1931 兼第6回明治神宮水上競技大会 8 1932 9 1933 10 1934 アメリカ参加 11 1935 兼 12 1936 13 1937 アメリカ参加 14 1938 甲子園プール 15 1939 明治神宮水泳場 16 1940 17 1941 中止 18 1942 明治神宮水泳場 19 1943 (中止) 20 1944 21 1945 22 1946 宝塚プール 兼 23 1947 明治神宮水泳場 24 1948 とが1500メートル自由形で世界新記録(未公認) 25 1949 東伏見・明治神宮水泳場 26 1950 明治神宮水泳場 27 1951 大阪 28 1952 明治神宮水泳場 29 1953 アメリカ・オーストラリア・フィリピン参加 30 1954 アメリカ参加 31 1955 32 1956 33 1957 34 1958 オーストラリア参加 35 1959 36 1960 37 1961 アメリカ・ブラジル・アルゼンチン参加 38 1962 大阪 39 1963 明治神宮水泳場 40 1964 41 1965 代々木オリンピックプール 42 1966 43 1967 明治神宮水泳場 44 1968 代々木オリンピックプール 45 1969 46 1970 47 1971 大阪 48 1972 代々木オリンピックプール 49 1973 愛知・瑞穂 50 1974 代々木オリンピックプール 51 1975 大阪 アメリカ参加 52 1976 代々木オリンピックプール 53 1977 54 1978 55 1979 大阪 56 1980 代々木オリンピックプール 57 1981 58 1982 59 1983 60 1984 61 1985 62 1986 63 1987 64 1988 65 1989 66 1990 屋内プール 67 1991 SC 68 1992 69 1993 70 1994 71 1995 72 1996 東京辰巳国際水泳場 73 1997 74 1998 75 1999 76 2000 77 2001 78 2002 東京辰巳国際水泳場 79 2003 80 2004 81 2005 横浜国際プール 82 2006 東京辰巳国際水泳場 83 2007 84 2008 東京辰巳国際水泳場 85 2009 86 2010 東京辰巳国際水泳場 87 2011 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場 日本選手権としては中止。 ただし国際大会代表選手選考会兼震災チャリティー大会として開催。 88 2012 東京辰巳国際水泳場 89 2013 90 2014 東京辰巳国際水泳場 91 2015 92 2016 93 2017 94 2018 東京辰巳国際水泳場 95 2019 96 2020 感染拡大の影響で中止 脚注 [ ].

次の

行くぜ!産大水球部|新潟産業大学 水球部特設サイト

日本 選手権 水球

なぜ、真の日本一決定戦と言われるのか? 高校・大学・クラブチーム・大学OB混合チームなど、全ての世代が 男女共に予選から参加し ただし、男子は昨年上位2チームはシード 、 8チームだけが出場できる最も権威のある大会だからです。 このトーナメントには、男女の日本代表メンバーが各チームに分かれて出場し激突します。 真の日本一をかけてPJメンバーがぶつかり合う姿は、ここでしか見ることができないでしょう。 また、今年も全試合をUstreamで生配信します。 で視聴できますので、会場へ足を運ぶことが出来ない方は、 Ustreamで今年の水球頂上決戦をお楽しみください。 女子Game No. 1 1P 2P 3P 4P Total 鴨沂水球クラブ 3 2 2 1 8 柏崎アクアクラブ 0 4 2 0 6 得点者 鴨沂水球クラブ:泉亜希4、和多田飛鳥3、小関晴香1 柏崎アクアクラブ:前原みどり1、小出未来3、池田佳寿美1、池田梨菜1 女子Game No. 2 1P 2P 3P 4P Total 日体クラブ 3 4 5 2 14 稲泳会 1 0 2 2 5 得点者 日体クラブ:小川沙希1、柿市衣里奈1、中田萌1、高橋綾佳2、水野会予5、細谷香奈4 稲泳会:田中寧葉1、小路安希2、固城侑美1、齋藤有寿1 女子Game No. 3 1P 2P 3P 4P Total 秀明英光高等学校 2 3 2 2 9 藤村 3 3 2 2 10 得点者 秀明英光:栗原舞1、鈴木琴莉5、稲場朱里3 藤村:長谷川陽子2、志賀美沙4、中野由美4 女子Game No. 4 1P 2P 3P 4P Total 東京女子体育大学 2 2 3 1 8 CNCウォーターポロクラブびわこ 2 3 2 3 10 得点者 東女体:杉山緑3、橋口明希2、今村文香2、田川瑞記1 CNC:有馬福美1、有馬優美3、相良和音2、川口華子1、森翼3 男子Game No. 1 1P 2P 3P 4P Total 桜泳会 1 1 2 3 7 稲泳会 4 7 5 6 22 得点者 桜泳会:宮本直貴1、作田健太朗1、近野洋暉2、江籠大輝3 稲泳会:池水勇太2、吉成弘紀1、小川航1、木村洋平1、武田望1、戸張真寿5、 瀧川峻也4、深田隼輔1、桜井祐太1、深川幹徳5 男子Game No. 2 1P 2P 3P 4P Total ブルボンウォーターポロクラブ柏崎 8 3 4 3 18 日体クラブ 0 2 1 1 4 得点者 ブルボン:筈井翔太1、布目敬悟1、鄭洲和1、保田賢也1、Ivan Rackov1 志水祐介3、青栁勧3、江﨑大地4、Vedran Cirkovic1、下園将士1、永田敏1 日体クラブ:波木利夫1、保崎雅弘1、羽角祥太1、島田元輝1 男子Game No. 3 1P 2P 3P 4P PS Total 秀明英光高等学校 3 4 0 3 0 10 健志台クラブ 3 1 4 2 2 12 得点者 秀明英光:田中要2、濱田周4、佐藤海輝1、松本天斗1、小林健太2 健志台クラブ:近野洋平2、秋月一真1、菅根大樹2、野村卓哉1、荒木健太3、大野佑斗3 男子Game No. 4 1P 2P 3P 4P Total 全日体大 6 8 12 8 34 日本大学 2 1 1 1 5 得点者 全日体大:大川慶悟2、角野友紀1、竹井昂司5、柳瀬彰良3、逸見優太2、荒井陸6 飯田純士2、塩田義法4、足立聖弥6、高田充3 日本大学:一木駿也1、山田精太郎1、増田喬介2、長谷川慎1 女子Game No. 5 1P 2P 3P 4P Total 日体クラブ 1 1 1 1 4 藤村 2 1 1 1 5 得点者 日体クラブ:曲山紫乃2、小川沙希1、水野会予1 藤村:志賀美沙1、安本智恵3、諏訪部早紀1 女子Game No. 6 1P 2P 3P 4P Total CNCウォーターポロクラブびわこ 2 6 2 2 12 鴨沂水球クラブ 0 1 3 2 6 得点者 CNC:有馬福美1、高橋里佳1、有馬優美3、相良和音1、川口華子2、寺方千裕1、森翼3 鴨沂水球クラブ:泉亜希2、治田紫織1、和多田飛鳥2、小関晴香1 男子Game No. 5 1P 2P 3P 4P Total ブルボンウォーターポロクラブ柏崎 4 4 2 1 11 健志台クラブ 0 2 2 1 5 得点者 ブルボン:Ivan Rackov5、志水祐介1、青栁勧2、Vedran Cirkovic1、江﨑大地2 健志台クラブ:菅根大樹1、野村卓哉1、大野佑斗1、坂本洸樹1、橋本祐亮1 男子Game No. 6 1P 2P 3P 4P Total 全日体大 6 5 6 7 24 稲泳会 2 2 3 2 9 得点者 全日体大:大川慶悟3、角野友紀2、志賀光明4、竹井昂司2、柳瀬彰良4、逸見優太1 荒井陸2、塩田義法4、足立聖弥2 稲泳会:戸張真寿5、瀧川峻也1、深田隼輔3 女子Game No. 7 1P 2P 3P 4P Total 鴨沂水球クラブ 1 3 1 1 6 日体クラブ 3 2 4 7 16 得点者 鴨沂水球クラブ:佐々木圭菜1、泉亜希3、和多田飛鳥1、小関晴香1 日体クラブ:曲山紫乃1、小川沙希2、柿市衣里奈1、中田萌1、高橋綾佳3、水野会予2 細谷香奈2、吉里優香2、舟木爽乃1、細川奈央1 女子Game No. 8 1P 2P 3P 4P Total CNCウォーターポロクラブびわこ 1 1 1 2 5 藤村 2 1 5 3 11 得点者 CNC:有馬優美2、川口華子2、森翼1 藤村:羽田瑛子1、長谷川陽子2、志賀美沙1、安本智恵2、中野由美5 上記の結果により、第90回日本選手権水泳競技大会 水球競技・女子の順位は以下の通りです。 優勝:藤村 準優勝:CNCウォーターポロクラブびわこ 3位:日体クラブ 男子Game No. 7 1P 2P 3P 4P Total 稲泳会 2 1 6 1 10 健志台クラブ 2 6 2 3 13 得点者 稲泳会:武田望1、戸張真寿4、瀧川峻也2、深田隼輔3 健志台クラブ:近野洋平3、野村卓哉4、荒木健太1、大野佑斗1、坂本洸樹2、廣江隼斗志1 橋本祐亮1 男子Game No. 8 1P 2P 3P 4P Total 全日体大 5 3 2 4 14 ブルボンウォーターポロクラブ柏崎 2 3 2 3 10 得点者 全日体大:大川慶悟1、角野友紀1、志賀光明1、竹井昂司2、柳瀬彰良4、荒井陸1 塩田義法1、足立聖弥3 ブルボン:筈井翔太2、Ivan Rackov1、青栁勧3、Vedran Cirkovic2、江﨑大地2 上記の結果により、第90回日本選手権水泳競技大会 水球競技・男子の順位は以下の通りです。 優勝:全日体大 準優勝:ブルボンウォーターポロクラブ柏崎 3位:健志台クラブ たくさんの皆様のご来場、ご声援、またUSTREAMのご視聴ありがとうございました。 日本選手権の模様がJ SPORTSで放映されます。

次の

【水球・日本選手権】 男子はブルボンWPC柏崎が6年ぶりV、 女子は秀明大が2連覇

日本 選手権 水球

概要 [ ] 大会は・・・、の5部門からなるが、日程・会場は同時ではなく、それぞれ部門別に行われている。 競泳競技には、第81回大会()より JAPAN SWIM(ジャパンスイム)という呼称が取り入れられている。 アーティスティックスイミング競技は、 JAPAN SYNCHRO CHAMPIONSHIP OPEN(ジャパンオープン)も兼ねており、海外招待選手も交えて実施されている。 2011年よりそれまでの日本短水路選手権水泳競技大会も日本選手権水泳競技大会競泳競技 25m (現在の正式名称は日本選手権 25m 水泳競技大会)と改められ、6部門となった。 以降は競泳競技(50m)について記述。 他の部門はそれぞれ、、、、、を参照。 この大会において、やなどの代表選手を選考する。 五輪開催年では、五輪種目のみ行われ、一部種目を除いて準決勝が行われる。 競泳競技では、決勝レースにおいて日本水泳連盟の定める派遣標準記録を突破し、かつ上位2位以内に入った選手が自動的に代表権を獲得する。 ホスト放送局はであるが、世界水泳選手権との関係でとも協力する。 全種目優勝者は、レース直後にNHKのスポーツによるを受ける。 地上波ではで決勝レースを生中継されるが、などの状況によってはBS1のリレー放送もある。 歴史 [ ] 元々はに開催された全国水泳大会をの選考会を兼ねて開催されたもので、主催者はだった。 になってからの第1回大会は当時の大日本水上競技連盟時代の10月に全日本選手権水上競技大会として開催された。 以降、戦時の中止をはさんで、2014年で第90回目を迎えた。 会場として使用される東京辰巳国際水泳場 会場については、戦前は で開催されていた。 以降は大型のプールが必要となることから、主に首都圏のプール( 、、現在の主会場、、)が会場となっている。 首都圏外での競泳日本選手権の開催はの以来、14年ぶりのことであり、かつ、では初の開催であった。 第87回(2011年)は東京辰巳国際水泳場で開催される予定であったがにより会場が損傷したため中止。 代替としてToBiOで国際大会代表選手選考会兼震災チャリティー大会が開催された。 第87回は欠番として、2012年は第88回大会とする。 2020年(令和2年)3月13日、日本水泳連盟は、の感染を受け、東京五輪代表選考会を兼ねた第96回日本選手権を4月2日から6日間とし、無観客で実施することを発表した。 また、200m以下の全種目は準決勝を省略し、予選と決勝のみに変更した。 しかし、3月25日、日本水泳連盟は、小池百合子・東京都知事の会見により、新型コロナウイルスの爆発的拡大が目前に迫る状況下、やむなく中止の判断に至った。 派遣標準記録 [ ] この項は主に競泳部門に関することであり、他の部門については国際大会における成績が出場資格付与に大きく関わっている。 水泳に限らず、各競技においては、参加者が多くなりすぎることを防ぐため、成績によって大会に参加できる人数に制限を加えている。 競泳日本選手権においても、日本水泳連盟が指定した大会において一定の成績を収めた選手だけに、出場資格を与えている。 これとは別に、 FINA の定めに基づき、日本水泳連盟は国際大会における日本代表選手を選考するための独自基準を設けている。 その基準はFINA規定よりもさらに厳しく、日本選手権時点における世界ランキングを基に決められたものであり、レベルは非常に高い。 カテゴリと設定タイムの目安は以下の通り。 派遣標準記録S…国際大会3位以内(表彰台)• 派遣標準記録I…国際大会8位以内(決勝進出)• 派遣標準記録II…国際大会16位以内(準決勝進出) 国際大会の代表権は派遣標準記録IIを突破し、かつ決勝で2位以内に入った選手に自動的に与えられ、リレー選手の選考を除いてはこれ以外の方法では一切選考されない。 このため、日本記録を樹立しても代表に選考されない場合がある。 リレー選手の選考に関しては、自由形リレーの場合は自由形(400mリレーの場合は100m、800mリレーの場合は200m)の決勝上位4名の合計タイムがリレー派遣標準記録IIを突破した場合、メドレーリレーは各種目(・・・)100mの優勝者の合計タイムが派遣標準記録IIを突破した場合に代表権が与えられる。 リレー派遣標準Iは国際大会6位以内、リレー派遣標準IIは12位以内を参考に設定されている。 派遣標準記録を突破した1位の選手が3名以上または2位が2名以上となった場合は、により代表を決定する。 リレー選考に関しても、同着・同タイムなどが生じた場合はスイムオフを行う。 派遣標準記録が明確に定められるきっかけとなったのは、のの代表選考会である。 女子200m自由形の優勝者と男子100m背泳ぎで勝ったが代表から落選。 これを不服とした千葉が(CAS)に仲裁を申し立て、その結果、CASは日本水泳連盟に対し「選考基準が曖昧だった」として訴訟費用の一部負担を申し渡した(千葉は最終的には代表には選ばれなかった )。 この裁定により、それまでの「日本選手権で2番以内に入れば代表は内定」という暗黙のルールが見直され、記録が重視されるようになった。 ジャーナリストのは、選考会で2位ながらオリンピックで金メダルを獲得したは、もし当時、派遣標準記録が定められていたら代表に選ばれなかっただろうと指摘。 中高校生は数か月で飛躍的に記録を伸ばす可能性がある為、派遣標準記録を重視する姿勢はそういった可能性の芽を摘んでしまっているという考えを示している。 また、のように派遣標準記録の設定がレベルを高める種目もある一方で、男子自由形のように派遣標準記録が日本記録を上回っている場合も少なくなく、最初から「諦めモード」になってしまい、なかなか強化が進まない種目も存在している。 マラソンの選考と比較すると「競泳の選考は分かりやすくていい」という論調があるが、生島は競泳全体の強化という視点から見れば、完璧なシステムには思えないと述べており、もっと柔軟な対応をしてもいいのではないかと語っている。 実施競技 [ ]• 自由形(50m・100m・200m・400m・800m・1500m)• 平泳ぎ(50m・100m・200m)• 背泳ぎ(50m・100m・200m)• バタフライ(50m・100m・200m)• 個人メドレー(200m・400m) 歴代開催地 [ ] 全日本體育協会主催時代 [ ] 回 年度 会場 備考 1 1914 大森海岸 2 1915 芝浦運河 3 1916 赤羽・日本製麻会社溜池 4 1918 鳴尾運動場 5 1920 生麦三笠湾池 6 1921 生麦三笠湾池 7 1922 調布・金子プール 8 1923 芝公園プール 9 1924 芝公園プール 日本水泳連盟主催時代 [ ] 回 年度 会場 備考 1 1925 芝・玉川プール 兼 2 1926 プール 3 1927 玉川プール 4 1928 京都二商プール 5 1929 玉川プール 6 1930 明治神宮水泳場 アメリカ参加 7 1931 兼第6回明治神宮水上競技大会 8 1932 9 1933 10 1934 アメリカ参加 11 1935 兼 12 1936 13 1937 アメリカ参加 14 1938 甲子園プール 15 1939 明治神宮水泳場 16 1940 17 1941 中止 18 1942 明治神宮水泳場 19 1943 (中止) 20 1944 21 1945 22 1946 宝塚プール 兼 23 1947 明治神宮水泳場 24 1948 とが1500メートル自由形で世界新記録(未公認) 25 1949 東伏見・明治神宮水泳場 26 1950 明治神宮水泳場 27 1951 大阪 28 1952 明治神宮水泳場 29 1953 アメリカ・オーストラリア・フィリピン参加 30 1954 アメリカ参加 31 1955 32 1956 33 1957 34 1958 オーストラリア参加 35 1959 36 1960 37 1961 アメリカ・ブラジル・アルゼンチン参加 38 1962 大阪 39 1963 明治神宮水泳場 40 1964 41 1965 代々木オリンピックプール 42 1966 43 1967 明治神宮水泳場 44 1968 代々木オリンピックプール 45 1969 46 1970 47 1971 大阪 48 1972 代々木オリンピックプール 49 1973 愛知・瑞穂 50 1974 代々木オリンピックプール 51 1975 大阪 アメリカ参加 52 1976 代々木オリンピックプール 53 1977 54 1978 55 1979 大阪 56 1980 代々木オリンピックプール 57 1981 58 1982 59 1983 60 1984 61 1985 62 1986 63 1987 64 1988 65 1989 66 1990 屋内プール 67 1991 SC 68 1992 69 1993 70 1994 71 1995 72 1996 東京辰巳国際水泳場 73 1997 74 1998 75 1999 76 2000 77 2001 78 2002 東京辰巳国際水泳場 79 2003 80 2004 81 2005 横浜国際プール 82 2006 東京辰巳国際水泳場 83 2007 84 2008 東京辰巳国際水泳場 85 2009 86 2010 東京辰巳国際水泳場 87 2011 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場 日本選手権としては中止。 ただし国際大会代表選手選考会兼震災チャリティー大会として開催。 88 2012 東京辰巳国際水泳場 89 2013 90 2014 東京辰巳国際水泳場 91 2015 92 2016 93 2017 94 2018 東京辰巳国際水泳場 95 2019 96 2020 感染拡大の影響で中止 脚注 [ ].

次の