ラン ページ ガトリング。 BW M(ビーストウォーズメタルス) Transmetals メタルス ランページ

仮面ライダー★ゼロワン★DXランページガトリングプログライズキー★全1種★バンダイ★予約★新品★20年3月〜随時発送予定★※同梱不可&同時注文不可 :962159878654123:LabyrinthLLC

ラン ページ ガトリング

1865年型ガトリング砲 種類 速射砲 原開発国 運用史 配備期間 1862年-1911年 配備先 関連戦争・紛争 , , , 開発史 開発者 諸元 重量 77. 2 kg 砲架、弾倉、弾薬を除く 全長 107. 9cm 長 67. 3cm 要員数 4人 ガトリング砲(ガトリングほう)、 ガトリング銃(ガトリングじゅう)または ガトリングガンは、にのによって製品化された最初期の。 外部動力・多銃身式に分類される構造を持ち、複数の銃身を外部動力(人力やモーターなど)で回転させながら給弾・装填・発射・排莢のサイクルを繰り返して連続的に発射する。 固有名詞としての「ガトリング砲」はガトリングが発明してアメリカで製造され、20世紀初頭まで使用された機関銃を、広義には同時代に他国でそのレプリカとして製作された多銃身の機関銃を指す。 また、より広義にはそれと同様の連射構造を持ったガトリング形式の機関砲(機関銃) Gatling type gun の総称として「ガトリング砲」という呼称が用いられている。 英語ではrotary cannon、rotary autocannonとも呼ばれる。 以降は機関銃(砲)の形式としての「ガトリング砲」についても記述する。 ガトリング砲が発明された当時の米国は、に比して軍事的後進国だったため、依然として式の歩兵運用が続いており、敵兵は密集した陣形を組んで向かってくる存在と認識されていた。 こうした密集した敵兵に対しては、からなどの対人弾を浴びせる攻撃が昔から行われていた。 ガトリング砲には複数の砲身が環状に配置され、人力でクランクを回転させると、連続して給弾・装填・発射・排莢のサイクルが進行する構造であり、射撃は斉射ではなく連続して行われた。 型では固定式弾倉に、紙で包んだ鉛弾を内蔵する製のをバラで投入する給弾方式であったが、型からは口径0. 58インチの製薬莢の実包をバネを用いずその自重で落とし給弾する箱型弾倉式に代わり、これ以外にも必要に応じて上部から実包を次々に継ぎ足す装弾クリップ式もあった。 所蔵品 初期のガトリング砲は射撃中、射手が一定速度でクランクを回さないと弾丸詰まりを起こしやすく、また射撃に夢中になって回転速度を上げすぎると、過熱による部品の破損の危険があった。 このためにはにより一定のペースを保って射撃できるタイプが開発されたが、当時のモーターやバッテリーはまだ重量過大で信頼性が低く、さらに重量が増し、扱いが難しくなってしまった。 後の時代に用として生まれ変わったガトリング砲では部品の精度や材質も改善され、外部動力のため不発が発生しても強制排莢して射撃が持続できるという利点がある。 また銃身1本当たりの発射頻度は低くて済むため、後に開発された単砲身の機関砲・機関銃が悩まされた、加熱によって生じる様々な問題(の急速な磨耗や弾頭周囲からのガス漏れによる作動不良など)が発生しにくい構造になっている。 一方で、多砲身のため重く設置・操作には複数の兵士が必要で、小型砲並みのサイズとなり軽便さに欠けるという欠点があった。 初期のガトリング砲は、真鍮製の薬莢を用いる弾薬が普及していなかったため、紙に包んだ鉛玉を鉄製の薬莢に収めた専用弾薬と一緒に販売されていたが、各種の金属薬莢式弾薬が普及し始めると、これを使用するタイプが製造されるようになり、各国へ輸出されるようになった。 しかし、南北戦争で双方が使用したに代表される小銃の強力な殺傷力が、式の歩兵運用を廃れさせると、歩兵は密集して真っ直ぐ向かってくる存在から、散開しながら接近してくる存在へ変わってしまい、機動性と軽便さに欠けるガトリング砲は野戦では役に立たない兵器となってしまった。 また、射手はクランクを回して操作する必要性上伏射が難しいために射撃姿勢が高く、狙撃を受けやすいという問題もあった。 ガトリング砲が威力を発揮できたのは、敵兵が突撃を仕掛けてきた際の拠点防衛用や海戦においてであり、敵艦の甲板を掃射して乗組員を殺傷したり、接舷攻撃を仕掛けてきた敵を迎え撃つのに大変適しており、やはの盗賊撃退用にこれを活用した。 機動性と射手の防御の問題を解決するため、イギリスのエジプト駐留軍では四方をで覆ったに載せて使用していた。 やがて・といった単銃身で軽量なが出現すると、大型で重いガトリング砲は一挙に旧式化した存在となった。 これには燃焼カスが大量に発生し銃身あたりの連射数の限界が低い・から、清掃無しでも連射数の比較的多い実包への切り替えも大きく寄与している。 これらのは、発射時の反動やガス圧といった内部動力を利用しているため、ガトリング砲よりも小型・軽量でありながら、ベルト給弾機構によって長時間の持続射撃が可能であり、特にマキシムの機関銃は水タンクで銃身を覆って冷却する構造となっており、の水準で作られたガトリング砲よりも高い部品精度で製造され信頼性も高く、・・で高い戦果を挙げた(そして、なお重量過大であった重機関銃に対し、一人で携行射撃が可能なやまでもが登場した)。 ガトリング砲はに(後述)として復活したほか、手回し式のガトリング砲は州によっては法的に規制される自動火器には該当しないため、を用いたミニチュアのガトリング砲が、手軽にフルオート射撃を楽しみたい人々に向けて市販されている。 日本におけるガトリング砲 [ ] 日本ではにおいてのが率いたが、ガトリング砲を実戦で使用した記録がある。 河井継之助は戊辰戦争における獨立特行を目指し、先進的な軍備の整備に努めて軍制改革を行い、のアメリカ人の武器商人のスミスからガトリング砲を入手した。 特にガトリングガンは当時の日本には3門しか存在せずそのうち2門を長岡藩が所持していた。 戦場では河井継之助自身もガトリング砲を撃って応戦したと伝えられており、攻撃を受けた当初の新政府軍部隊は大きな損害を出したとされるが、その効果は局地的なもので終わり、野戦においてガトリング砲を使用した河井継之助の目論見は、の悪い結果で終わった。 幕府が米国から購入し新政府が引き継いだ軍艦「」に搭載されていたガトリング砲は、に同艦に対し榎本軍の軍艦・の乗員が接舷斬り込み攻撃をかけた際の反撃に用いられたとされているが、『薩藩海軍史』には甲鉄の乗組員であった山県小太郎の「『ガトリング砲』にあらず、小銃をもって射撃せり」という発言が記載されており、実際に使われたかどうかは不明である。 また4月、がアメリカから2挺を購入、8月にはからに対し1挺が贈呈されている。 その後発足したでは、 や でガトリング砲が実戦投入された事が記録されている。 西南戦争の後は記録は途絶え、が反乱鎮圧用に常備 していた事や、・で清軍・露軍が使用していたものを日本軍が鹵獲 した記録などが散見される。 にがに占領され日本人居留民、駐留日本軍がロシア人とともに殺戮されたの際には、から日本軍砲撃のためにパルチザンに貸与されたガトリング砲が日本領事館攻撃に貢献した。 航空機用火器としての復活 [ ] の主武装は、最初期から単銃身の機関銃・機関砲が主流であった。 高速で飛行する物体が同じく高速で飛行する物体を正確に射撃することは極めて困難であり、多数の弾丸をばらまくことで命中率を高めるのが必然の選択であった。 戦闘機の黎明期当時は、既にガトリング砲は陳腐化した兵器であり、戦闘機への搭載など考えられもしなかった。 しかし、から全金属製の軍用機が普及すると、防弾能力の付与が行われるようになり、戦闘機搭載の機関銃砲はこれに対応することが求められた。 これに対して、主に英米は小口径機関銃を多数搭載することで対処したが、搭載位置が離れた機関銃の射線を、目標物に集中させるには、その射程が限られるという問題があった。 主には機関砲の大口径化で対応したが、弾丸の速度や軌道の面で、ひいては命中率で小口径銃に劣るという欠点があった。 同時に軍用機の速度は高速化し、その点でも命中率の低下は問題であった。 の半ばからが実用化されると、プロペラの干渉の問題が無くなったため、戦闘機においては胴体部分に多数の機銃を集中配備するようになり、射線の問題についてある程度は解決がなされたが、まだ不十分であった。 同時に軍用機の高速化と構造強化も一層進展したため、新たな対処を迫られた。 末期にドイツで開発されたは、有効な解決手段と思われた。 砲身は単一であるが発射速度が従来の機関砲の数倍に向上し、小口径機関砲を多数装備するのと同等の効果を、命中率の低下なしで達成するものである。 戦後、欧米諸国に広く普及した。 に搭載された・30mmガトリング砲、アヴェンジャー(対地用) この趨勢の中、は、リヴォルヴァーカノンより高い発射速度を求めて、ガトリング方式に着目し、陸軍博物館倉庫にあった骨董品のガトリング砲に電動モーターを取り付けたものを作成、実験を行い、期待以上の大きな発射速度と弾丸の集中的着弾による強力な破壊効果を確認した。 他の単銃身機関銃に採用されているリンクベルトはガトリング砲では弾薬消費のスピードが速すぎるため、張力に耐えられず使用できないことから「レール給弾」(砲と弾倉をで繋ぎ、その中に弾倉内のを電動モーターで送り出す)方式が用いられる。 反面、ガトリング砲の根本的な欠陥である重量過大と構造の複雑さによる信頼性の低さ、またM61が使用する20mm弾の一発あたりの破壊力の低さ、そして「超高速のジェット機同士の空戦では、ガトリング砲が回転作動し始めてから給弾・発射されるまでのほんの一瞬の間でさえ、後れをとって勝敗を分けてしまう」欠点が指摘されている。 そのため欧州の戦闘機においては、20mm台~30mm口径のリヴォルヴァーカノンが現在も採用されている。 ミサイル万能論と「バルカン」 [ ]• の開発から10年ほど経過していた当時には、の戦闘機にガトリング形式のが搭載された機は少なかった。 また、当時製造されたをはじめ一部の戦闘機は初期設計では機関砲の類が搭載されていなかった。 これは当時流行した「航空機は高速化して機銃を撃つ機会はなくなり、高精度化したミサイルによりその必要もなくなる」という戦術思想に基づくの影響によるもので、航空機に積まれる・は対地攻撃用兵器として捉えられるようになっていた。 だが、実戦が始まると、ミサイル万能論が楽観的であったことが以下のような事例で確認された。 ミサイルの命中率・信頼性の低さ 技術的な過大評価とベトナムの高温多湿による品質の低下。 実際に携行されるミサイルの少なさに加え、運用コストの高さ 最大8発のミサイルを搭載できる機でも、戦術上の都合と未使用ミサイルがコスト増を招くなどの理由もあって最大積載量まで満載されることはまずなく、精々4〜6発しか搭載されていなかった。 戦闘で使用しなくても、出撃に用いられたミサイルは帰還後の整備を要するためである。 またミサイルは重量があるため多く積載すればそれだけ航空機の運動性能が低下したほか、より多くの燃料を消費した。 更にでは、の場合狭い飛行甲板上での事故防止のため未使用のミサイルを着艦前に投棄せねばならなかった。 の当初の交戦規定では「視程外攻撃」を禁止 目視前のレーダー捕捉のみによる攻撃が許されなかったため、結果、敵機による目視・回避される機会を増やした。 任務上の問題 制空戦闘・の護衛が任務である以上、その場に留まることが要求された。 側はミサイルを全弾発射した後、逃げ帰ることができたが、アメリカ側にはそのような作戦行動は許されなかった。 機関砲の有効性 実際には機関砲用の照準装置も飛躍的に進歩しており、高速化した戦闘機同士の戦闘でも、十分、能力を発揮できた。 が搭載する機関砲ですら、対戦闘機の自衛戦闘で予想外に大きな効果を上げたことが確認された。 戦術想定の誤り 想定と異なり実際の時は、飛行はあまり行われず、やそれ以下ので行われている。 こうして高い連射性能を持つガトリング形式の自動火器は空対空兵器としての地位を取り戻した。 アメリカ空軍最新鋭のにも、砲身の延長と機関の改良が行われたM61A2が搭載されている。 航空機搭載に際する携行弾数は、全力で撃てば1分も経たずに撃ち尽くす程度の弾数、約600〜700発程度(、、、、、F-22等)だが、ごく一部の機体は約1,000発を搭載できた(F-105、F-15C)。 旧でも以降は 30mmガトリング式航空機関砲が用いられたが、対地ロケット弾や対地ミサイルを補う対地掃射用であり、これは現在でもある程度継続使用されているが、搭載している機種は減少している。 空対空機関砲としては半ばまでは23〜37ミリの大口径機関砲2〜3門(装弾数は各100発程度)を搭載、それ以降の機関砲は一貫して30ミリ単砲身の(搭載数一門。 携行弾数は100〜150発)が用いられており、MiG-31を除いては空対空用としてガトリング砲を用いることは無かった。 今日のガトリング式機関砲は、前述の空対空機関砲としての用途に加え、その速射性から、海上対空兵器としてのや、空対地兵器としてやなどにも搭載され、活用域は再び拡大している。 種類 [ ] アメリカ合衆国 [ ] 口径30mm - 7銃身。 対戦車攻撃用に開発され、攻撃機に搭載。 の一種であるにも使用。 口径25mm - 5銃身。 等に搭載。 口径12. 7mm - 3銃身。 に搭載されたGAU-17ミニガン GAU-17 ミニガン 口径7. 62mm - 6銃身。 ヘリコプターのドアガンや車載機銃として使用される。 歩兵による運搬や運用を目指して、より小型のXM214「ミニミニガン」または「マイクロガン」と呼ばれる版ミニガンも試作されたが、銃本体だけで12. 25kg、弾薬込み装備重量では30kgを超えるものであった。 本来2名で運搬し銃架に据え付けられてとして運用される火器であり、また弾薬以外に駆動用の大型バッテリーが必要で、映画のように個人が手持ちで保持射撃するのは不可能である。 等に搭載。 口径20mm - 6銃身。 戦闘機用に開発され、後に海軍のであるにも使用。 口径20mm - 3銃身。 等に搭載。 M61の系列機。 ソビエト連邦・ロシア連邦 [ ] 口径30mm - 6銃身。 に搭載。 また、海軍のCIWSであるやに用いられているAO-18機関砲のベースにもなっている。 口径23mm - 6銃身。 やに搭載。 口径12. 7mm - 4銃身。 やMi-24Vに搭載。 () 口径7. 62mm - 4銃身。 に装備。 ソ連・ロシア製のガトリング砲は銃身回転の動力源に、発射時に発生する高圧ガスを利用している()。 登場作品 [ ] ガトリング砲は多くのや、などで使われるガジェットとなっている。 高速で大量の弾丸を連射することからその反動はきわめて大きく、 後半に登場した一部のもの [ ]を除けば手持ちでは扱えないため、本来なら銃架に固定して使用するものであるが、多くの作品ではその点は無視され、単に高い連射性能で広範囲を掃射できる武器として描かれている。 その派手さからアクション映画などにおいてはたびたび登場しており、映画撮影用の空砲ではあるがアメリカGE社の(GAU-2A:本来は車両や航空機などに搭載される。 重量15. 5kg、口径7. もっとも、これらは撮影用に製作された(小道具や大道具)に過ぎず、モーターの作動に必要な大重量の12ボルト2個を離れた位置に設け、役者にコードで接続して発砲開始も遠隔操作するものである。 現実には携帯型は存在しないうえ、実用困難である。 これはファンに大いに喜ばれ、これを模したも発売された。 M134のエアソフトガンを発売したメーカーはとの2社で、現在は社がトイテックのものをリニューアルしたものを残すのみである。 前述の通り、現行のガトリング砲は実際に抱えて撃てるようなものではないが、のにも高速連射のできる威力の大きな武器として登場している。 また、『』など近未来を描いた作品では、により増強された筋力で支えるという設定も見出せる。 なお、前述のでは、のような強靭で強力なが使用する火器として登場している。 歴史上、手で抱えて使用することを想定された多銃身型の銃としては、第二次世界大戦時に考案されたがあるが、作動方式は自動回転式拳銃から発展したもので、ガトリング砲とは異なっていた。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 陸軍省大日記 日清戦役 明治27年9月12日至明治28年4月2日 「第1軍 戦闘詳報」 「分捕兵器弾薬取調明細表 名称 個数 七珊知米突克慮伯野砲 同山砲 小口径克慮伯式山砲 ガットリング@発砲 同 蜂巣砲 七珊知米突野山砲榴弾 同榴発弾 同霰弾 小口径山砲榴弾 小口径山砲尖弾 火薬」• 『歴史を動かした兵器・武器の凄い話』149頁• 『河井継之助の生涯』、pp. 175-176• 河井継之助記念館 2018. 3アクセス• 福島県観光交流局観光交流課 2018. 3アクセス• 産経ニュース 2018年4月30日 -2018年9月26日閲覧• 『長岡歴史事典』、p. 「鈴木総之丞日記」慶応4年5朔日の條 『河井継之助伝、p. 278』• 『歴史への招待14』、pp. 8-9、p. 17、p. 単行書・処蕃始末・甲戌四月之一・第五冊 蕃地事務局 明治7年4月7日 「陸軍省御中 開拓使 カツトリンク砲二挺附属品トモ代価別紙ノ通リ洋銀七千七百二十五弗五十二セント外ニ右買入方ニ付御入費金十七円九十九銭洋銀十弗七十五セント相掛リ候儀ニ有之尤モ前書七千七百弗余ノ分ハ買上ケ約定致シ候マデ@テ未払出不相成候間御省ヘ御買相成候ハ丶直ニウオルスフオール商会ヘ御払下相成候様存シ候当使ヘ御差越候テモ差支無之候此段及御掛合候也 カツトリング砲二挺砲台大薬価付精算 一インチ弾丸カツトリング砲一挺并附属品 代価二千弗 四十二カリブル弾丸直径カツトリング砲一挺同断右十二函入 代価千五百弗 四十二カリブル針打銅製弾丸一万発 捨函 代価三百九十弗 〆三千八百九十弗 相場違ニ五分減 百九十四弗五十銭〜」 単行書・処蕃始末・甲戌四月之三・第七冊 蕃地事務局 明治7年〜明治8年 「明治七年四月十七日横濱鈕育船ニテ結約 日本政府之名代トシテ同政府ノ為ニ極上品早合ガットリング炮実丸カリブル数十五万ガットリンク早合十万ヲ取寄ヘキ旨ヲシ、エ、ジファウルブラント商社一命シタリ早合之価ハ米國元価ニ船積料運送手数料并海上危険料ヲ加ヘ其上シエジファウルブラント商社ヘ口銭トシテ合価之五分ヲ与フヘシ 前記早合ハ非常事件アルノ外ハ約書調印之日ヨリ約ソ二ケ月之内横濱ニテ引渡スヘシ 前記早合注文スルニハ電信ヲ用フルニヨリ電信料ハ日本政府ニテ払戻スヘキ事 シエンファーウルブラント 大蔵卿大隈氏ノ命ニ因テ シダップリユリゼンドル 証人 イエムヒライ」• 陸軍省大日記 「大日記 砲工の部 3月木 陸軍省第1局」 陸軍省 明治10年3月4日 砲第九十八号 カットリング弐門以下福岡エ差送ノ儀ニ付伺 南ノ関出張先福原大佐ヨリ別紙ノ通電報有之候ニ付申越ノ通可差送候哉此段相伺候也 明治十年三月四日 砲兵本廠提理陸軍大佐大築尚志 陸軍卿殿代理陸軍少将西郷従道殿 伺ノ通 但臼砲二門榴弾百発焼弾百発木管属具共並ニカットリング砲二門弾薬六千五百発至急送達可致事 三月五日 陸軍省大日記 「大日記 砲兵工兵方面 5月木 陸軍省第1局」 陸軍大佐 大築尚志 明治10年5月 陸軍省 「陸第千百七十五号 甲第七十四号 至急砲弐百六十八号 大坂支廠ヨリ電報之儀ニ付伺 別紙之通昨夕大坂支廠ヨリ電報有之候ニ付当廠在庫品取調候処一舶用ブロートヱル属品共弐門一同弾信管共四百発一ガットリング車台属品共壱門同弾弐万発クルツプ榴弾信管共弐千発右之通有之候ニ付申越之通船便次第送方取計可申哉此段相伺候也 明治十年五月廿一日 砲兵本廠提理陸軍大佐大築尚志 陸軍卿殿代理 陸軍少将井田譲殿 追テ猶又只今別紙乙印之通ヱンヒール火門針及ヒ換壱門之儀モ申越候是又申越之通相送可申哉此段モ添テ申進候也 伺之通 五月〜」• 陸軍省大日記 密大日記 明治39年 内務次官 吉原三治 明治39年3月22日 陸軍省 内務省 「密受第一〇四号 内務省 ガツトリシグ機関砲弾藥貸与ノ件 砲密第七五号 回答 次官ヨリ内務次官ヘ 蕃界警備用トシテ半吋ガツトリング機関砲弾藥ヲ台湾総督府ヘ貸興ノ儀ニ付台甲第三一号照会ノ趣了承右ハ来意ノ通該弾藥二萬発ヲ兵器本工廠ヨリ同総督府ヘ送達セシメラレ候条承知相成度 兵器本廠ヘ達 半吋ガツトクング機関砲弾藥 右蕃界警備用トシテ台湾総督府ヘ支給方取計フヘシ 但本費ハ軍事費兵器弾藥費ヨリ仕拂フヘシ 密発第五九号 内務省台甲第二一号ノ内 客年十月二十六日付密発第八一号ヲ以台湾総督府ヘ御貸興相成度機関砲及同弾藥ノ内ガツトリング半吋十連機関砲ハ蕃界@@上日取適@ノモノヘ@ニ有之候処尚等貸与セラレタル同弾丸ハ弾ニ五千発ニ止マリ爾来@@上該砲使用スルニ@@弾丸ニ差支〜」• 陸軍省大日記 明治27年「秘27、8年戦役戦況及情報」 作成者名称 大本営 児玉少将 9月26日 陸軍省 「九月二十六日 九月二十四日午後三時十五分平壌発野津師団長ヨリ左ノ報アリ 平壌ニテ分捕ノ大砲四六門(四〇ノ誤ナラン)内克処普野砲四、山砲二六門ガットリング砲六、外ニ敵ノ案州ニ残シ置ケル野砲四門ヲ合シ〜」 陸軍省大日記 明治35年「参大日記 1月」 砲兵会議議長有坂成章 明治35年1月9日 「参第七号 砲兵会議 ガツトリング機関砲下渡ノ件 大臣 総務長官 機密課長 主務課員 庶務課長 主務課局 決裁 参事官 主務局長 主務課長 主務課員 受領 一月十四日 結了 一月十五日 提出年月 明治 年十一月 日 立案局課番号 砲三第七号 連帯局長 連帯課長 立案局課ノ校合者 御指令案 伺之通 一月十五日 兵器監部ヘ御達案 一米国製口径十一密五 ガツトリング(有被筒)機関砲 一門 但戦利兵器第一次審査報告第二@表中第六項ノモノ 右砲兵会議ヘ下渡方取計フヘシ 陸軍省送達 送乙第四九号 一月十五日 参第七号」• 陳抜談、陳鐸記、伊藤秀一和訳『ニコラエフスクの回想』ロシア史研究23 (1975年)収録• 『プレデター』日本劇場公開時のパンフレットP. 16 参考文献 [ ]• 収蔵資料• 収蔵資料• 収蔵資料• 月刊アーマーモデリング創刊号 『イラスト通信 日本最初の機関銃』(著:高荷義之)• 小林良夫・関野邦夫『ピストルと銃の図鑑』• 今泉鐸次郎『河井継之助伝』 目黒書店、1931• NHK「火を噴くガトリング砲」『歴史への招待14』 1981• 安藤英男『河井継之助の生涯』(新人物往来社、1987年)• 長岡市教育委員会、長岡市立中央図書館『長岡歴史事典』 長岡市、2004 関連項目 [ ].

次の

【ゼロワン ネタバレ】この玩具情報、真偽の程は怪しいけど…

ラン ページ ガトリング

で登場した。 ・のをし、・のをするを持つ。 が可能なので、予めをしておけば1枚でが可能。 特には、の数に比例してと回数が上がる特性を持つため、クラスのによる1発逆転も狙える。 さらにと組み合わせれば、瞬時にしてが可能。 これに特化したのが往年のであるが、がによってしたため、次のまで維持しなければ事が出来ないため、他の手段も用意しておきたい。 他の対象としては、での、での、での・が挙げられる。 他の系と同じく、するを選ぶのも、するを選ぶのもである。 にしかこので出せるがおらず、にが1体しかいない時に、等でをされると不発になる。 に存在するをされた場合など、にがかにいない場合も同様である。 なお他にできるの組み合わせが存在する場合は、そちらをする事になる。 できるのは、「もしくは」のではない。 「かつ」ののみである。 ・を擁するにおいて、このはを容易としてしまう存在であった。 特に前のはのタイムラグが無かったため、1で上述の必殺が成立した。 このに特化したが当時のである。 そのため、ではに半年遅れる形でに指定された。 そのまま長らくに留まっていたが、使用率の低下を受けてかに緩和され、にはされた。 と同時にこのが登場する以前、・のはとの2種類しか存在しなかった。 「オーバーロード overload 」とは(過剰な程に)「荷物を積む」、「負担をかける」などの意味を持つ英単語。 しかし、このは負担をかけるどころかを軽減している。 に眠る(はずの)をなお、叩き起こしてにするという意味で「(過剰に)負担をかける」なのだろうか。 長らくとなっていたがではで再録されていたことも相まって、そこまで入手には苦労しないだった。 後ににてと共に再録され、より容易に入手できるようになっている。 ちなみにではで相性の良いも収録されており、併せて入手しやすくなった。 でし、《酸のラスト・マシン・ウイルス》によって受けた壊滅的打撃を逆手に取って6体のをにをした。 この時、理由は不明だが亮はを「生け贄」と呼んでいる。 その後、「ヨハンvsヘルカイザー亮」戦で使用。 ・・をにし、1からをした。 「ヘルカイザー亮vsヨハン()」戦でも使用し、(アニメ)をした。 アニメでは以外のもが可能だった。 また、は爆発の雲の模様が異なっており、飛び散っている機械のようなものも存在していなかった。 アニメARC-Vの116話では、アカデミアの授業においてスクリーンに映し出されており、「本校の伝説のデュエリストが使用」と解説されている。 また、アニメDMにおいて、このとが類似している《屑鉄再生工場》というが登場している。

次の

メタルスランページ(ビーストウォーズメタルス国内版)|BEAST WARS COMPLEX ビーストウォーズコンプレックス

ラン ページ ガトリング

この日ミューテイトの口から発せられた言葉にデストロン基地が揺れた。 「らん、ページ、と、いん、フェルノ」 「なんじゃミューちゃん」 「ご?」 「えっち、する、ナカ、よし?」 子供の疑問にきちんと答えるのも大人の役目です。 「インフェルノ、おどれかミューちゃんにおかしな事吹き込んだんわ」 「ちっ違う違う!とりあえずそのガトリングは仕舞え!ごっつんこ!」 ランページは額に青筋を浮かべながらインフェルノの頭にガトリングを構えたが、自分の後ろで幼子が無垢な瞳で疑問への答えを待っていた為に肩を揺らして盛大に排気を漏らした。 「ふた、り、えっち、する、ナカ、よし、チが、う?」 キョトンと首を傾げて訊ねてくる幼子にいよいよもって二人は困る。 大体どこからこんな言葉を仕入れたのか、意味を分かって聞いているのだろうか。 「あーと、ミューちゃん、とりあえず言うとくとな、ワシとこいつは別にそう言うんとちゃうよ?」 やんわりと否定するランページにミューテイトはますますわからないと言った具合に首を傾げる。 インフェルノは普段使わない思考回路をフルスロットルさせて上手い言い逃れを考えるが、余計な事を口走る事しか思い付かない。 「ミューテイト、どこからそんな言葉聞いた、ごっつんこ」 「たら、んス」 二人はただでさえ凶悪な顔を更に凶悪に歪めてとりあえずタランスの抹殺を決定した。 だが、ミューテイトは純粋に二人から答えを聞きたいらしい。 二人の心はさながら我が子に赤ちゃんは何処から来るの?を訊ねられた親の心境だ。 「そ、うじゃなぁ…」 「俺、とりあえず甘い物探してくる」 「ダメじゃ、おどれも一緒に考ええ」 逃げようとするインフェルノの首根っこをひっつかみ、とりあえず留まらせる。 ランページはとりあえず、正直に彼女の疑問に答える事にした。 「ミューちゃん、あんな、とりあえずワシとこのアリンコは確かに、その、なんじゃ、接続はしとるわ、それは認めるわ」 「接続って言うな、余計生々しいぞ、ごっつんこ」 「せ、つ、ゾク?」 彼女の頭に再び新たなクエスチョンが浮かんでしまい、ランページはこめかみを抑えて再び排気を漏らした。 心なしか、体温も上がっている気がする。 「そうじゃなぁ…ワシとこいつはとりあえず、仲エエからしとるんとちゃうよ? 単なる気まぐれ言うか」 「気まぐれであんな際どいことしてんのかお前は」 「おどれは黙っとれ!!!」 さっきまで一緒に言い訳を考えていたと言うのに、羞恥で真っ赤になったランページは思わず隣のインフェルノを思いっきり殴っていた。 勢いで数メートル吹っ飛んだインフェルノをミューテイトはおろおろと見ている。 「ミューちゃん、ワシとミューちゃんがこう、手繋ぐのと同じ言うかな」 ミューテイトの細い手に自分の手を重ねて優しく握ると、彼女はわかったようなわかっていないような感じで首を傾げたが、直後に。 「ボクと、らん、ページ、て、つなぐのと、イッショ?」 彼女の中でとりあえずの結論がつきそうだった為、ランページはぶんぶんと首を上下に振った。 「わ、カッタ。 らん、ページ、と、いん、フェルノ、ナカ、よし」 ミューテイトはそう言うと。 「らん、ページ、すき」 そう言って彼の大きな胸にパッと抱きついた。 思わず固まり、その細くて壊れそうな肩を優しく掴む。 その後。 「あれ?タランスいないぶ~ん」 「ああ、あいつなら」 「とりあえず、後数日は戻らん思うわ」 基地の外でランページとのファーストコンタクト以上にバラバラのぼろぼろになったタランスをワスピーターが見つけて大慌てで再生プールに放り込んだのは、また別の話。 …落ちなくてすいません!.

次の