アウトバック フル モデル チェンジ。 【WRX S4、アウトバック、アドレナリン!!】 2021年スバル期待の新型車たち!!!

フルモデルチェンジ版・スバル新型「アウトバック」が2021年3月デビューとの噂が浮上。外観のダイナミックさはもちろん、エンジンや内外装も大幅に進化へ

アウトバック フル モデル チェンジ

新型アウトバックフルモデルチェンジ情報一覧|変更点を一挙公開 北米市場で先行発売となった新型アウトバックの変更点をお伝えします。 新型アウトバック エクステリアはアウトドア色が強めに 先代アウトバックの外観デザインは、都市型クロスオーバーSUVの高級感あるデザインとアウトドア感のあるデザインがバランスよく表現されていました。 今回の新型アウトバックでも先代からのキープコンセプトとなっていますが、ややアウトドア色の強いフォレスター寄りのデザインとなっています。 そんな新型アウトバックの北米仕様のデザインがコチラです。 新型アウトバックのエクステリアでどこが変わったのか、注目ポイントをお伝えします。 新型アウトバック 丸型ではなく縦型3連LEDフォグランプ採用 歴代アウトバックには丸形のフォグランプが採用されてきましたが、新型アウトバックには丸形を廃止して 縦型3連のLEDフォグランプが採用されています。 新型アウトバック アウターミラーはウインドウメッキと連動したデザインに ミラーの下部分とウィンドウフレームのメッキが連続した新たなデザインが採用されています。 新型アウトバック ホイールアーチをブラックアウト化 ホイールアーチがブラックアウト化されたデザインとなっています。 新型アウトバックのリヤコンビランプは内側まで光る 先代アウトバックではリアのコの字型ランプはトランクの外側部分しか発光しませんでしたが、 新型アウトバックでは内側部分まで光るように進化しています。 新型アウトバックに非接触式のハンズフリーパワーリヤゲートを採用 スバル初となる 非接触式のハンズフリーパワーリヤゲートが搭載されています。 新型アウトバック ボディサイズは若干大型化 新型アウトバックのボディサイズは、先代よりも全長40mm、全幅15mm、全高75mm拡大されています。 【新型アウトバックのサイズ】 全長4,860mm、全幅1,855mm、全高1,680mm、ホイールベース2,745mm フロントバンパーからフォグランプ周辺に分厚い黒の樹脂パーツ採用 賛否両論の意見が出そうなのが、 かなり面積の広い黒い樹脂パーツが、フロントバンパーからフォグランプ周りにかけて採用されている所。 これをアウトドアのイメージに合ってカッコいいと思うか、黒が多すぎでダサいと見るか意見が分かれることになりそうです。 フロントグリルはセダンと違ってフレームレスにならず 新型レガシィセダンでは、フロントグリルにフレームのない「フレームレスヘキサゴングリル」が採用されましたが、 アウトバックでは先代に近いメッキフレームのグリルが採用されています。 新型アウトバック 高級感のある内装デザインへ進化 新型アウトバックで大きく進化した注目ポイントとなるのがインテリアのデザイン。 モデルチェンジ前よりも大幅に質感が向上して、高級車に近い雰囲気の内装となっています。 新型アウトバックに11. 6インチFull HD縦型ディスプレイを採用 11. 6インチの大型となる縦型ディスプレイを採用して、最新型インフォテインメントシステムが活用されています。 縦長ディスプレイを使ったナビゲーションシステムは、国産車ではプリウスPHV、海外メーカーではテスラ、ボルボが採用しています。 新型アウトバックは、 最新型インフォテインメントシステムのHMIを活用して、スマホ同様の感覚で快適操作できる所が特徴。 また、「Apple CarPlay」「Android Auto」にも対応しています。 シートベンチレーションとナッパレザー装備 最上級グレードには、 シートベンチレーションとブラウンのナッパレザーが装備されます。 運転席クッション座面長の調整機能やPTCヒーター採用 快適装備として、 運転席クッション座面長の調整機能やエンジン始動直後から車内を素早く暖めるヒーターが採用がされています その他にも、ドライバーモニタリングシステムとアイサイトアシストモニターといったシステムも搭載されています。 新型アウトバックのプラットフォームにフルインナーフレーム構造を採用 プラットフォームには、高剛性化と軽量化の両立を可能とするフルインナーフレームを採用したSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が採用されています。 スバル車でフルインナーフレーム構造の採用は今回のアウトバックがセダンのレガシィと共に初となります。 新型アウトバックのエンジンはターボとNAの2本立て ラインナップされるエンジンには、 FA24型 2. 4L水平対向4気筒DOHC 直噴ターボエンジンと FB25型 2. 5 L水平対向4気筒DOHC直噴エンジンの2つが設定されています。 アウトバックにターボが採用された所は、一つの注目ポイントとなります。 新型アウトバックにアイサイトツーリングアシスト搭載 アウトバックに待望となる 先進安全装備のアイサイトツーリングアシストが搭載となりました。 この外にも、新型アウトバックには安全装備として「後退時自動ブレーキ」「後側方警戒支援システム」「後側方警戒支援システム」「アイサイトアシストモニター」等も搭載されています。 アウトバック フルモデルチェンジでXBREAK相当の「Onyx Edition XT」 北米仕様の新型アウトバックには、 日本仕様ではXBREAKに相当する「Onyx Edition XT」グレードが設定されています。 Onyx Edition XTグレードの内容一覧• ブラック加飾されたフロントグリルとバンパー• レターマークとドアミラーをブラックでコーディネート• 本革のような質感を持つ防水マテリアルStarTexをシート表皮に採用• グレー表皮とイエローグリーンステッチとなるシート配色• 「SNOW・DIRT」、「D. SNOW・MUD」という使用シーンに応じての2つのモードを切り替えられる「新型X-MODE」採用• 18インチアルミホイール採用 アウトバック フルモデルチェンジ日本では2021年頃に実施か 日本では2019年に現行型のF型アウトバックが発売されたため、新型アウトバックの日本導入は2020年以降となります。 で記載しましたが、国内での次期レガシィシリーズはセダンのB4を廃止してアウトバックのみになる可能性が取りざたされています。 また、日本仕様の次期アウトバックの仕様を考えると、e-BOXERやアイサイトver4等の搭載が予想できます。 新型アウトバックA型 日本発売時期を2021年と予想する理由 現行型のF型アウトバックが2019年11月8日発売という事を考えると、次期モデルの日本発売はそこから約一年後と推測できます。 ただ、2020年後半に次期レヴォーグのデビューとなるため、新型アウトバックの日本導入はそれよりも後になる可能性が高い状況。 したがって、新型アウトバックの日本発売時期は2021年以降と予想できます。

次の

スクープ! 三菱 アウトランダー2020年後半にフルモデルチェンジへ! 新型アウトランダーのデザイン・走りを徹底予想

アウトバック フル モデル チェンジ

2020年の新型車・モデルチェンジ予定の車をピックアップ! 2020年にデビューを予定している新型車や、フルモデルチェンジ・マイナーチェンジを行う車種をカレンダー形式でまとめました。 2019年はGRスープラやマツダCX-30など注目度の高い新型車が続々とデビューしましたが、2020年も国産車・海外車を問わず様々なモデルチェンジが行われる見込みです。 ホンダ シビック(セダン・ハッチバック) マイナーチェンジ 2020年1月 改良後のシビックセダンとシビックハッチバック ホンダ・シビックのセダンとハッチバックは2020年1月にマイナーチェンジを実施しました。 0車載器などを装備。 ハッチバックのCVT車にはオプションでトップロードサンルーフを搭載可能です。 ホンダ フィット フルモデルチェンジ 2020年2月 東京モーターショー2019で世界初公開された新型フィット(HOMEタイプ) フィットが2020年2月にモデルチェンジをして4代目に移行します。 新型フィットは、新ハイブリッドシステム「e:HEV」を採用し、BASIC(ベーシック)、HOME(ホーム)、NESS(ネス)、CROSSTAR(クロスター)、LUXE(リュクス)とエクステリアやインテリアが異なる5つのタイプを設定します。 高い評価を得ている安全装備の「ホンダセンシング」も全てのグレードに標準装備。 ホンダ初となる近距離衝突軽減ブレーキやコネクテッド技術「ホンダコネクト」も採用しており、ユーザーに安全で快適なドライブを提供する次世代コンパクトカーとして活躍するでしょう。 トヨタ ヴィッツ(ヤリス) フルモデルチェンジ 2020年2月 新型ヴィッツはフルモデルチェンジのタイミングで車名をグローバルネームの「ヤリス」に変更する トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」が2020年2月にフルモデルチェンジします。 ヴィッツは日本だけでなく世界中で人気のコンパクトカーで、特に欧州ではヤリスという名前でモータースポーツなどを中心に活躍しています。 フルモデルチェンジする新型は日本だけで採用する「ヴィッツ」からグローバルネームの「ヤリス」に変更する予定になっています。 2020年にフルモデルチェンジ予定のホンダ「フィット」とはライバル関係になり2020年はコンパクトカー市場を争う熾烈なライバル対決になることは間違いないでしょう。 三菱eKスペース フルモデルチェンジ 2020年2月 eKスペースとeKクロススペース 三菱eKスペースは2020年2月にフルモデルチェンジを発表。 東京モーターショー2019に出展された「スーパーハイト軽ワゴンコンセプト」がベースとなっています。 今回のフルモデルチェンジで、eKスペースにはSUVテイストのクロスオーバーモデルとして「eKクロススペース」も新設定されています。 eKクロススペースには三菱のアイデンティティであるダイナミックシールドを採用し、アグレッシブなエクステリアとなっています。 安全装備には「衝突被害軽減ブレーキシステム」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などe-Assistを全車に標準搭載。 高速道路同一車線運転支援技術の「MI-PILOT(マイパイロット)」も導入するなど、先進装備も充実しています。 ダイハツ タフト(TAFT) 新型車 2020年6月 アウトドアユーザーにぴったりの軽クロスオーバーの新型タフト ダイハツの新型タフトが2020年6月に発売予定です。 軽自動車では珍しいSUVクロスオーバーで、ライバルのハスラーと販売台数を競い合うと予想します。 東京オートサロン2020で初披露したタフトコンセプトと外観はあまりかわらないため、話題性もある期待の新型軽自動車が遂に登場です。 トヨタ・アルファード ビッグマイナーチェンジ 2020年 トヨタ・アルファードのエクステリア トヨタ・アルファードは2020年にビッグマイナーチェンジを実施すると考えられています。 フルモデルチェンジは2022年に予定されていて、いずれは姉妹車であるヴェルファイアを吸収するとのことです。 現行モデルでも既に完成度の高いアルファードですが、次期型ではミニバン専用のTNGAプラットフォームを導入する可能性が高いでしょう。 エクステリアやインテリアは、今まで通りのラグジュアリー路線を変えることなくキープコンセプトとすると予想。 パワートレインは新型RAV4やヤリスなどに搭載されているダイナミックフォースエンジンを採用する説が濃厚です。 ホンダ・ステップワゴン フルモデルチェンジ 2021年 ホンダステップワゴンのエクステリア ホンダ・ステップワゴンは2021年にフルモデルチェンジするとの情報が浮上しています。 」との表記があることからも、モデルチェンジを実施する可能性は非常に高いでしょう。 ボディサイズは現行モデルと同じく5ナンバーサイズをキープし、標準仕様は親しみやすくも洗練されたデザインに、スパーダはメッキ加飾を多用したスタイリッシュなエクステリアになると予想します。 安全装備も強化され、2019年10月にマイナーチェンジした新型フリードと同等のホンダセンシング(Honda SENSING)を採用するでしょう。 トヨタ アクア フルモデルチェンジ 2021年10月 新型アクアは2013年東京モーターショーで発表されたプレミアクアに近いデザインの可能性が高い トヨタ史上最速で100万台を販売した大ヒットコンパクトカーのアクアが発売以来初めてのフルモデルチェンジを行う予定です。 時期は2021年10月を予定していて、エクステリアは迫力のメッシュグリルを採用する「プレミアクア」のようなデザインに変更されると考えられます。 プラットフォームには導入が進められている「TNGA」を採用して、2018年1月にマイナーチェンジしたフラッグシップミニバンのアルファードやヴェルファイアに採用されている次世代型「トヨタセーフティセンス」を採用する可能性もあります。 日本のコンパクトカー市場を席捲したアクアだけに、大注目のフルモデルチェンジになるでしょう。 レクサスNX フルモデルチェンジ 2022年 レクサスNXのエクステリア レクサスNXは2014年に発表されたコンパクトクロスオーバーSUVです。 2017年にマイナーチェンジを実施しており、5年後となる2022年にフルモデルチェンジするという情報があります。 次期型レクサスNX のヒントとなるのは、2018年のデトロイトモーターショーで発表された「Lexus LF-1 Limitless」。 Lexus LF-1 Limitlessのローandワイドなボディやデザインは新型NXにも反映されると予想されています。 パワーユニットにはダイナミックフォースエンジンや新開発のハイブリッドシステムを採用するでしょう。

次の

スクープ! 三菱 アウトランダー2020年後半にフルモデルチェンジへ! 新型アウトランダーのデザイン・走りを徹底予想

アウトバック フル モデル チェンジ

でも今は少し不思議な状態にあるんです。 それはベースモデルのステーションワゴンがレガシィには無くなりましたが、そのステーションワゴンのボディーを流用した派生車種であるアウトバックは、レガシィとして販売が継続されているんです。 この為に5ドアハッチバッグのワゴンのボディーは、アウトバック専用に開発されたものとなり、デザイン的にもバランスの取れた美しい上質なボディーラインとなりました。 ある意味後出しで考えられたおまけ的な存在だったアウトバックでしたが、ここにきて評価はうなぎ上りで、これには世界市場がクロスオーバーSUVブームとなりアウトバックに今時代が追い付いたと言えると思います。 そして遂には次のフルモデルチェンジでは、レガシィから独立してアウトバックとして発売となります。 今回は、ニューモデルとしてアウトバックの最新情報とここまでの歴史を見ていきたいと思います。 2020年に登場予定の新型アウトバックには、スバルの根幹である新型プラットフォームが他のニューモデルと同じように使用されます。 これからのスバルのミドルクラスモデルは、全てこのプラットフォームが採用されることとなっています。 スバル グローバルプラットフォームは、汎用性に優れた設計となっていてスバルのほぼ全てのモデルで使用することが可能であり、またハイブリッドシステムの搭載を前提として設計されているので、スバル車は事実上全てのモデルでハイブリッドシステムを動力源とすることが可能となります。 更にプラットフォームの基本性能をブラシュアップしているので、高剛性化や軽量化も行われていることで性能が飛躍的に上がっています。 エンジン:FA20型• 0リッター水平対向4気筒DOHC直噴ターボエンジン• 最大トルク 45. 0kgf. スバル新型アウトバックの駆動方式 水平対向エンジンと左右対称(シメントリー)のパワーユニットから生み出されるスバルの独自技術であるシメントリカルAWDシステムが引き続き採用されます。 この駆動方式は、スバル伝統のメカニカル4WDと電子制御式センターデフコントローラーを使い走破性はもとより走行時の安定性に拘った仕様としてあるものです。 現行モデルのアウトバックの2018年の年次改良でも見送られましたが、フルモデルチェンジでは確実に搭載はされます。 そしてアイサイトver5の搭載に関しては早くてもリリースは2020年となるので、新型レガシィ・アウトバックに搭載されるかは微妙なところです。 恐らく新型レガシィ・アウトバックのフルモデルチェンジの時点では、アイサイトver. 現在のスバルのデザインはセダンよりもSUVの方が合っているデザインで、インプレッサもXVの方がカッコいいと思います。 しかし新型アウトバックではレガシィから独立するという事もありますから、レガシィとは異なるボディーの可能性も少ないですがゼロではないかもしれませんが、、、 新型アウトバックは、まだスクープされていませんが、ベースとなる新型レガシィの方は、ロードテストする姿がスクープ写真が撮られてします。 基本的なデザインは現行モデルのキープコンセプトになります。 下の写真が新型レガシィのカムフラージュを施された写真です。 こうしてみると現行モデルと見分けがつかないレベルですね。 org スクープの写真を参考にして海外のメディアでは予想イラストが描かれています。 これは現行モデルを更に純化させた感じで良いじゃないですかね。 新型アウトバックは、新型レガシィがベースとなり、アウトドア仕様に変更されることになります。 carscoops. com VIZIV2 CONPCET もう一台新型アウトバックをイメージする上で参考となるモデルがあります。 このコンセプトモデルは、「安心と愉しさ」を表現した次世代クロスオーバーコンセプトで、走りと環境性能、デザインとユーティリティなど、2つのコンセプトを1つに融合させることに挑戦したモデルです。 このアウトドアモデルは、スバルのクロスオーバーの思想が詰め込まれているだけに、現行XVに反映されていると説明されていますが、間違いなく新型アウトバックにも多くの要素が使われることでしょう。 動画でもVIZIV2 CONPCETを見ることが出来ます。 それは車を購入するのにちょっとしたコツを知っているだけで20万円以上安く買えたりします。 ディーラーとの交渉前の準備や下取り車の売却方法だったりします。 誰にでも出来る簡単な方法ですので、下の記事を読んで参考にしてみて下さい。 スバル・レガシィアウトバックという車は? スバルのレガシィは、日本にワゴンというジャンルを乗用車として認識させた歴史的車種で同時にスバルというメーカーを一般的に知らしめたモデルでもあります。 そのために昔はスバルのレガシィと言ったら、ツーリングワゴンを連想し、販売台数の9割を占めていた時代もありました。 そんなレガシィの中からワゴンをベースとして、オフロード色の強い車を派生車種として造ったのがアウトバックになります。 基本的には、ワゴンのボディーを使い車高を上げることで走破性を高めたうえで、バンパーなどをSUV風に変更したステーションワゴンとSUVの中間というポジションのモデルです。 初期モデルの頃のデザインは、ワゴンに近いエクステリアですが、後期になると開発の段階からアウトバックへの仕様変更を前提にデザインがされているので、SUVとしての収まりの良いデザインが実現しています。 因みにレガシィの意味とは? レガシィとは、英語でLEGACYとなりその意味は伝統を継承するということです。 それは独自技術にこだわりを持つスバルに相応しい名前と言え、実際にレガシィにはスバル伝統の水平対向エンジンと乗用車への4WDシステムの登用を軸としその技術を継承し円熟の技術として世界から称賛されています。 電動パーキングブレーキ 2006年にレクサスLS460が国産車で初採用したこのシステムをレガシィも搭載して、アイサイトとの連動をさせてあります。 アイサイト停止された後に自動で電動パーキングブレーキが掛かる様にチューンされています。 オートビークルホールド AVH 信号待ち等で停車している時に、AVHを作動させるとドライバーがブレーキから足を離してもブレーキが維持される機能です。 他社ではオートブレーキホールドと呼ばれていたりします。 スバル現行レガシィ・アウトバックのボディーカラー レガシィ・アウトバックのボディーカラーは全8色となります。 渋い色合いのカラーが多いですよね。 私的にはタングステン・メタリックが好きですね。 アウトバックの専用色ですしね。 オークブラウン・パール タングステン・メタリック プラチナムグレー・メタリック クリスタルホワイト・パール(32,400円高・消費税8%込) アイスシルバー・メタリック ダークグレー・メタリック クリスタルブラック・シリカ ヴェネチアンレッド・パール(32,400円高・消費税8%込) ラピスブルー・パール ダークブルー・パール スバル現行レガシィ・アウトバックの車両価格 レガシィアウトバックの車両価格は非常にシンプルなものとなり標準グレードと装備を充実させたLimitedの2種類のみとなります。 X-BREAK 特別限定車 3,402,000円 都会的なのにアウトドアも似合うスタイルです。 スバル新型レガシィ・アウトバックの試乗動画 それが気が付けば世界中でSUVブームとなりレガシィ自体が大型化してアウトバックがいつの間にか時代の中心に立っていました。 遂に次のモデルではレガシィの名前は取れて、アウトバックという車種に独立することが確定的です。 実際に今のデザインはアウトバックのデザインを優先しているんじゃないかと思えるほどです。 私の個人的な感想としても、セダンのB4よりもアウトバックの方がカッコいいと思います。 車高を落として引き締めたSUVという雰囲気で、高級感もあり惚れ惚れしますね。 ニューモデルとして登場する新型アウトバックは期待できると思いますよ。 レガシィ・アウトバックやハリアーなどの新車を買おうか考えている人に必ず車が安く買える方法があります。 誰でも出来る簡単に車を30万円以上安く買える方法とは? 車を買うのは基本的に値引き交渉が必要ですが、その交渉にもコツがありますが、事前準備の方がもっと重要なんです。

次の