埼玉 コロナ 感染。 企業の皆さまへ

新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(県内66~70例目、県発表43~47例目)

埼玉 コロナ 感染

本県において感染が確認されたのは66~70例目です。 なお、これまで本県で陽性が確認された方のうち、20名の方が回復し退院されています。 本件の濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査を確実に行ってまいります。 概要(66例目) (1)年代:未就学児 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)職業:保育園児 (5)居住地:戸田市 (6)通園:3月17日以降登園なし (7)症状、経過: 3月24日(火曜日) 38. 3度、頭痛、登園なし 25日(水曜日) 37度、頭痛、登園なし 父が陽性となったため、帰国者・接触者相談センターが県内医療機関Aを案内し、受診【マスク着用、自家用車】、検体採取 26日(木曜日) PCR検査の結果 陽性 (8)その他 ・同居家族:3名(うち1名は3月24日埼玉県記者発表59例目) ・濃厚接触者は調査中 概要(67例目) (1)年代:50代 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)職業:会社員(県外勤務) (5)居住地:白岡市 (6)通勤:公共交通機関利用(2月22日以降は出勤なし) (7)症状、経過: 3月21日(土曜日) 夜38度、出勤なし 22日(日曜日) 38~39度、出勤なし 23日(月曜日) 38. 3度、ふしぶしの痛み、出勤なし 県内医療機関B受診【マスク着用、徒歩】、医師の勧めで本人が帰国者・接触者相談センターに相談、帰国者・接触者外来を紹介され受診【マスク着用、自家用車】、検体採取 24日(火曜日) 38度、声がかすれる、出勤なし 25日(水曜日) 37. 5度、出勤なし、PCR検査の結果 陽性 26日(木曜日) 37度、出勤なし、県内医療機関C入院【マスク着用、自家用車】 (8)その他 ・3月2日~3月17日までブラジル滞在(シカゴ経由) 帰国19日(成田空港) ・同居家族:3名(現在症状なし) ・濃厚接触者は調査中 概要(68例目) (1)年代:30代 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)職業:会社員(県外勤務) (5)居住地:和光市 (6)通勤:自家用車(3月20日以降通勤なし) (7)症状、経過: 3月22日(日曜日) ~24日(火曜日) 38~39度台、倦怠感、出勤なし 25日(水曜日) 39度、倦怠感、痰、出勤なし 本人が帰国者・接触者相談センターに相談、県内医療機関D(帰国者・接触者外来)を紹介され受診【マスク着用、自家用車】 検体採取 26日(木曜日) PCR検査の結果 陽性 (8)その他 ・同居家族:3名(現在症状なし) ・濃厚接触者は調査中 概要(69例目) (1)年代:40代 (2)性別:女性 (3)国籍:日本 (4)職業:医療従事者(県内勤務) (5)居住地:春日部市 (6)通勤:自家用車 (7)症状、経過: 3月21日(土曜日) 37. 9度、出勤【マスク着用、自家用車】 22日(日曜日) 36度台、夜37. 1度、ほんのわずかに咳、鼻水、出勤なし 23日(月曜日) 37. 1度、たまに咳、鼻水 県内医療機関E受診後、出勤【マスク着用、自家用車】 24日(火曜日) 36. 5~37. 1度、たまに咳、悪寒、出勤なし 25日(水曜日) 36. 5度、たまに咳、出勤なし、 県内医療機関E受診【マスク着用、自家用車】、医師が新型コロナを疑い、帰国者・接触者相談センターに相談、検体採取 26日(木曜日) PCR検査の結果 陽性 (8)その他 ・業務中は常にマスク着用 ・同居家族:3名 ・濃厚接触者は調査中 概要(70例目) (1)年代:60代 (2)性別:男性 (3)国籍:日本 (4)職業:会社員(県内勤務) (5)居住地:ときがわ町 (6)通勤:自家用車 (7)症状、経過: 3月19日(木曜日) 出勤、夜発熱39. 1度、倦怠感 20日(金曜日) 38. 6度、出勤なし、県内医療機関F受診 21日(土曜日) ~22日(日曜日) 37度前後、出勤なし 23日(月曜日) ~24日(火曜日) 36. 8度、出勤【マスク着用、自家用車】 25日(水曜日) 37. 9度、倦怠感、出勤(午前のみ)【マスク着用、自家用車】 県内医療機関Fに連絡、医療機関の勧めで本人が帰国者・接触者相談センターに相談、再度県内医療機関Fを受診【マスク着用、自家用車】、検体採取 26日(木曜日) PCR検査の結果 陽性 (8)その他 ・同居家族:3名(現在症状なし) ・濃厚接触者は調査中 県民の皆様へ• 是非ともご協力をお願いします。 曜日や時間帯によって異なる相談先を一本化し、一般的な相談のほか、感染が疑われる場合には、帰国者・接触者相談センターを御紹介しています。 なお、現場での取材は、患者の方のプライバシー保護の観点からも、お控えください。 参考 感染確認状況や関連情報(保健医療政策課ホームページ) 新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)【外部】 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(内閣官房)【外部】 Coronavirus(WHO)【外部】.

次の

新型コロナウイルス関連情報 所沢市ホームページ

埼玉 コロナ 感染

曜日や時間帯によって異なる相談先を一本化し、一般的な相談のほか、感染が疑われる場合には専門外来につなぐ帰国者・接触者相談センターを御紹介するなど新型コロナウイルス感染症に関する御相談に一元的に対応しています。 ただし、学校の臨時休業等に伴う相談を除きます。 (ファックスによる御相談の場合、回答までにお時間をいただく場合があります。 ) 保健医療部保健医療政策課 ファクシミリ:048(830)4808 保健所 ファクシミリ:各保健所の をご使用ください。 048-833-3296 外国人向け相談 がいこくじんむけそうだん 毎日 まいにち 24時間 じかん 048-711-3025 離職者等への県営住宅入居相談 月曜日から金曜日 9時00分から17時00分 048-830-5564 学校教育に関する相談 毎日24時間 (子供用) 7300 または0120-86-3192 (保護者用)048-556-0874 児童虐待通報 毎日24時間 189(児童相談所虐待対応ダイヤル) 7171(埼玉県虐待通報ダイヤル) 子供に関する相談(いじめ・子育て等) 毎日10時30分から18時00分 (祝日・12月29日~1月3日を除く) 048-822-7007 4 生活困窮者総合相談窓口 生活上のお困りごとに関する相談窓口は、下記リンク先でご確認ください。 5 LINEでの情報提供等 LINEを活用し、一人一人の状態に合わせた情報やサポートの提供、県民の皆様からの問い合わせに対して適切な相談先等をご案内します。 是非ご活用ください。 上記ボタンから友だち追加していただくか 二次元コードをスマートフォンで読み取ってください。 2 厚生労働省 LINE公式アカウント 友達追加はこちらから 友達追加はこちらから 公式アカウント内に「スマホでお医者さん相談」(提供:LINEヘルスケア)へのリンクがあります。 新型コロナウイルスに関する相談(30分まで無料)も選べます。

次の

企業の皆さまへ

埼玉 コロナ 感染

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。 重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。 特に ご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。 新型コロナウイルスは 飛沫感染と接触感染により感染します。 空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。 飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを 口や鼻などから吸い込んで感染します。 接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。 他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。 まずは 手洗いが大切です。 外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、 咳エチケットを行ってください。 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ 人込みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。 正しい手洗いの方法、マスクの付け方については、季節性インフルエンザと同様の方法が効果的です。 ビデオ・ポスターもあわせてご参照ください。 (出典:政府インターネットテレビ、首相官邸HPより) 少なくとも以下のいずれかに該当する方はすぐに「埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター」にご相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。

次の