なんj adhd。 [B!] なんJ ADHD部wwwwwwwww : 凹凸ちゃんねる 発達障害・生きにくい人のまとめ

【悲報】植松聖「私が殺したのは人ではありません。心失者です」なんjでマジ議論

なんj adhd

ADHDは生まれつきの脳機能障害ですが、私が診断されたのは社会人になってから。 ADHDの診断を受けたけど、障害者手帳を申請するか悩んでいる• 障害者手帳を取得したら、就職に支障が出ないか心配• 障害者手帳のメリットが分からない こんな悩みがある人は、ぜひ記事をご覧ください。 私は、ADHD診断前からうつ病や社会不安障害で通院をしていたので、すぐに申請できました。 大人になってから、精神障害者保健福祉を申請しようと思った理由 私は24歳で看護師として就職したもの、業務について行けず、3か月で休職。 元の職場に戻る勇気もない、一人暮らしで生活していくお金もない。 『この先、どうやって生きていけば良いのだろう』と、先が真っ暗の状態でした。 『自分がこの社会で生きていくには、福祉の力を借りるしかない。 』 そんな気持ちで、休職中に障害者保健福祉手帳を申請。 障害者手帳を取得することで、障害者雇用の選択肢も広がることを期待しました。 結局、一般就労のアルバイトに就き、障害者であることは会社に隠して生活しています。 それでも障害者手帳を取得したことで、金銭的・精神的メリットが得られました。 障害者手帳の金銭的メリット 住民税(県市民税)が非課税になった。 障害者手帳を取得すると、障害者控除を受けることができ、住民税が安くなります。 地方税法では下記のように定められています。 障害者、未成年者、寡婦又は寡夫であって前年中の合計所得金額が125万円以下の者については、住民税を課さない。 引用: 合計所得金額は、社会保険料等を差し引いた額。 年収に換算すると200万程度で、住民税が非課税 免除 になります。 私の昨年度の年収は 142万6,427円。 所得は77万6,427円。 障害者手帳を取得していることで、住民税が非課税になりました。 苦しい生活をしているので、とても助かりました。 また、確定申告で障害者控除を受けることで、所得税も安くなります。 関連記事 NHK受信料が全額免除 放送視聴可能なテレビやワンセグを所有していれば、NHKの受信料を支払わなければなりません。 しかし、下記の条件に当てはまれば、NHK放送受信料の全額免除が出来ます。 ・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方がいる世帯 ・世帯構成員全員が市町村民税(特別区民税含む)非課税の場合 参考: 私は市町村民税(住民税)が非課税なので、手帳が交付されてすぐにNHK受信料の免除申請。 それまでは衛星契約+地上契約で6か月ごとに12,730円支払っていたのですが、全額免除になりました。 前払いで支払いをしていた分は、払い戻しがされました。 「テレビを持っていないので契約していない」「インターネットしかしない」という人も多い時代。 しかし、今後はスマートフォンやパソコンでインターネットに接続しているだけで、受信料の対象となる可能性があります。 1 取り立ても厳しくなっているので、きちんと契約して免除の手続をしましょう。 参照リンク 公共施設や運賃の割引 精神障害者保健福祉手帳があれば、公共施設や交通機関の料金が無料・割引になります。 美術館・博物館などの公共施設入場料、娯楽施設の利用料、神社仏閣の参拝料・バスの運賃など。 特に美術館・博物館・神社仏閣は、ほとんどが無料。 当事者だけでなく、付添人1人まで割引が受けられるところが多いです。 障害者手帳の利用は『障害者手帳で行こう!~全国版~』を活用しよう サイト「」には、全国の障害者手帳が使える施設・割引情報が分かりやすくまとめられています。 自分の住んでいる県のページを見て「身近にこんなに使えるところがあったんだ!」とびっくりしました。 私は、休日になると一日家で過ごすことが多いです。 障害者手帳のおかげで、休日に近くの美術館に行ってみたり、Jリーグの試合を観に行くようになりました。 (Jリーグのゲームは当日券が半額で買えます。 ) 障害者手帳を持つことで外に出る機会が増え、社会や人と関わるきっかけにもなり、人生を前向きに生きることにも繋がりました。 障害者手帳の精神的メリット 私は、減税や障害者雇用のために障害者手帳を申請しました。 しかし、実際に手にしてみて得た一番大きいメリットは、精神的なものです。 私は大人になるまでADHDという発達障害があると気付かず、不安障害を抱えながら、健常者として生きてきました。 学校にも社会にうまく馴染めず、留年・休学・休職を経験。 そのたびに 「何で自分はできないんだろう」「自分の努力が足りないからだ、甘えてるからだ」と思っていました。 社会生活に苦しんで、さらに自分を責めて苦しんでいました。 障害者手帳を手にしてからは「自分は障害者なんだ」と思えるようになりました。 わたしが障害者手帳を申請して感じてる一番のメリットは「自分を障害者だと言える」という精神的メリット。 障害者雇用求人・一般雇用求人の両方に応募ができました。 障害者手帳を取得したことで、仕事の選択肢が増えました。 就職するための就労支援サービスが受けられる 最近では、障害者に対する公的な就労サポートだけでなく、民間でも就労移行支援事業所 2 一般就労等を希望する障害者に対して、知識・能力の向上・実習・職場探し等をサポートする事業所が増えています。 発達障害者が利用できる就労移行支援サービス• (東京・首都圏• (全国展開)• (関東・関西・中部地方)• (東京・大阪で就職実績No. 1) 就労移行支援サービスを利用するのは、手帳が無くても医師の診断書があれば可能な事業所もあります。 しかし、手帳を所有することで、障害者雇用において有利になります。 私も、LITALICOワークスの説明会に2回出席しました。 説明会や面談・見学のみなら無料の事業所が多いので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。 障害者手帳のデメリットは全くなかった 障害者手帳を取得することで、社会で生きづらくなったらどうしようかと不安でした。 しかし、実際はデメリットはほとんど感じていません。 障害者手帳とADHDが、会社にバレることは無かった。 障害者手帳を所有していることは申告しなくても良いし、不要だと感じればいつでも返還ができます。 障害をクローズにして一般雇用で働いていますが、障害者手帳を所持したことで、勤務先の会社にバレることはありませんでした。 仮にバレてしまっても、障害者雇用促進等法 3 障害者の雇用の促進等に関する法律。 参照:により、障害を理由にした解雇は禁止されています。 みんな生きづらさを抱えています。 障害者手帳を手にしてからも、悩むことはあります。 仕事では無理をし過ぎてキャパオーバーになったり、やってみてダメで心に傷がついたり、奮起してもすぐに心が折れたり。 どこまで頑張ればいいのか、社会とどう向き合えばいいのか… この先もずっと考え続けると思います。 障害者手帳を持つことで安心感を得られました。

次の

東野幸治とかいうガチのサイコパス芸人wwwwwwwwwww: みじかめっ!なんJ

なんj adhd

00 ID:ifvN6Ybn0. net 【平成の事件】19人殺害の 植松被告 接見19回と手紙34通から見えたゆがんだ正義と心の闇 「事件を起こしたことは、今でも間違っていなかったと思います。 意思疎通のできない重度障害者は人の幸せを奪い、不幸をばらまく存在。 絶対に安楽死させなければいけない」 さも常識であるかのような口ぶりで、彼は笑みを浮かべながらこうも言い放つ。 「私が殺したのは人ではありません。 この耳慣れない言葉は植松被告の造語だ。 事件を象徴するキーワードと言っていい。 日を改めて、語源についても尋ねた。 記者にとっては大きな関心事だった。 彼は「恥ずかしいんですが…」と口ごもりながら、人気ロールプレーイングゲーム「 キングダムハーツ」に登場する敵キャラクター「 ハートレス」に由来することを明かした。 心が闇に完全に支配された漆黒の怪物だ。 「ハートがレス。 つまり、心がない。 心がなかったら倒していい存在なんだ、と」。 あまりの短絡さに拍子抜けしつつも、言い知れぬ不気味さを覚えた。 記者が質問を終えても、彼はしばらく黙ったままだった。 改めて問うた時だった。 「 リンカーンを超えたかな、と」 一瞬、聞き間違えたかと思った。 だが、おうむ返しに繰り返しても答えは同じだった。 「リンカーンは黒人を(奴隷制度から)解放した。 自分は重度障害者を生み育てる恐怖から皆さまを守った、ということです」 恥ずかしそうに語りながらも、彼の表情は誇らしそうに見えた。 41 ID:2Q8P72bGa. >保護者の疲れきった表情、施設で働いている職員の生気の欠けた瞳、日本国と世界の為と思い、居ても立っても居られずに本日行動に移した次第であります。 >世界を担う大島理森様のお力で世界をより良い方向に進めて頂けないでしょうか。 是非、安倍晋三様のお耳に伝えて頂ければと思います。 >作戦を実行するに私からはいくつかのご要望がございます。 >逮捕後の監禁は最長で2年までとし、その後は自由な人生を送らせて下さい。 >心神喪失による無罪。 >新しい名前(伊黒崇)本籍、運転免許証等の生活に必要な書類。 >美容整形による一般社会への擬態。 >金銭的支援5億円。 >これらを確約して頂ければと考えております。

次の

「生きづらい女性」はADHDを疑うべきだ 遅刻が多い、整頓が苦手、妄想癖…

なんj adhd

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• こうした「自分など無価値なのではないか」という気持ち、沈んだ気持ちがずっと続き、さらに夜眠れなくなるとか、食欲がなくなるとか、人に会いたくなくなるといったことが増えてくると、人は徐々にひとりで引きこもりがちになります。 以前好きだったことさえしたくない、意欲がわかないという状態になっていきます。 そして、表情が乏しくなったり、身だしなみを十分に整えなくなったり、うまく物事を決断することができなくなったりします。 これを放置すれば、自分の命を絶つしかないのだと思い込むようになったり、仕事や家事に集中できず社会生活を送ることが難しくなったりしてしまいます。 そう、これらはうつ病の症状です。 実は、うつ病かも、と思って初めて精神科や心療内科を訪れ、そこで初めてADHDが背景にあることを知らされる方が少なくありません。 ADHDは、基本的には「子ども時代から生涯にわたって持ち続ける特性」ですので、その人が物心ついた頃からずっとその特性と一緒にいるわけです。 ずっとそうであるものに対して、人は通常、「これは病気や障害かも!」とは思わずに、「自分の性格なんだ」とかできないことがあると「がんばりが足りないからだ」と考えてしまいがちです。 ですから、ADHDじゃないだろうか?と自分の特性に疑問を持って受診するよりは(それでも近年増えていますが)、最近発病したうつ病のせいで日々が立ち行かなくなって、初めて精神科や心療内科を受診するといった方が多いのです。 このように、うつ病の背景にADHDが隠れている場合がよくあります。 ADHDの人は、うつ病になりやすいのでしょうか? Kessler 2006 の米国の調査では、大人のADHDの方の38. 3%に気分障害(うつ病や双極性障害など)が見られ、47. 1%に不安障害(パニック障害や特定の恐怖症など)が見られました。 うつ病だけでも、18. 3%の人に見られました。 この割合を多いと思いますか? ちなみに日本における12カ月有病率(過去1年間にその病気になった人の割合)は、気分障害が3. 1%、不安障害が4. 8%、うつ病が2. 9%とされています。 この数字と比較すると、ADHDの方は、一般の人と比べて、うつ病や不安障害を患う割合が非常に高いことがわかります。 この背景には、ADHDの方たちが、小さい頃から宿題を提出できなかったり、忘れ物をしたり、大人に注意されたことを忘れてしまって同じ失敗を繰り返したりする中で、叱られたり、自分を責めたり、「自分はできないんだ」と思い込んだりするようになってきたことが原因ではないかと考えられています。 また、思春期以降は、親の手を離れて一人暮らしをしたり、働いたりして、期限内にミスなくこなすことなどに関する社会的要請が増えていくのです。 こうした社会的要請に応えられなくなって、挫折感を味わい、自分を責めて気分が落ち込んだり、上司や友達などの社会が怖くなったりして、気分障害や不安障害といった二次的な問題が発生するというわけです。 ADHDの方はもともと、家事やお決まりのルーチンワーク、じっくり考慮することが苦手という特徴があります。 うつ病で気力が落ちて、やる気が起きない状態が加われば、ますます、部屋の中が散らかったり、苦手な仕事が山積みになったりすることでしょう。 そして山のようにたまった洗濯物や書類を見ながら、「どうして私はこんなにだらしないんだろう」とまた自分を責めて、うつを悪化させることもあるでしょう。 こうした先延ばし行動はうつ状態を悪化させることもわかっています。 また、ベースにADHDのある人が不安障害になると、これまでも幼少期から失敗して叱られることが多かったため、「私はすぐに失敗してしまって、そういうとき相手はたいてい怒る。 それは自分が悪いからだ」といった思考をしがちです。 そのため、たとえば上司に仕事のミスを叱られてしまうのではないかと心配しすぎて、仕事に行こうとすると不安になって動悸(どうき)がして、身体が固まってしまうかもしれません。 また、失敗経験から「私は能力が低い」と思い込み、何か新しいことにチャレンジできる機会があったとしても、「私には無理」と消極的になってしまうこともあるでしょう。 もしくは、大きな仕事を任されると「私にはこんな大きな仕事、とうていできそうにない!」と、自分の能力を実際より低く見積もり、課題の難易度を実際よりも高く見積もってしまうため、なかなか課題に手をつけられず、結果的に先延ばししてしまいます。 こうした消極的でチャレンジできない姿勢や、大きな仕事を先延ばしして最悪の場合締め切りを過ぎてしまうことで、結果的に上司に叱られるという事態に陥る場合もあるのです。 もし、ADHDの他にもなかなか治らないうつや不安を抱えられている方は、ADHDそのものの治療よりも先に、こうした問題を解決されることをお勧めします。 主治医のいらっしゃる方は、まずはうつや不安のことについてご相談されてみてはいかがでしょうか。 こういったうつや不安の二次障害がある場合には、ADHDの症状そのものに対する治療よりも先に、二次障害の治療から始めることが一般的です。 そうしないと、生活が破綻(はたん)しやすく、診察の予約を入れてもキャンセルしてしまうなどして、治療を続けていくことが難しいからです。 まずは服薬や休養、認知行動療法などの精神療法を行い、うつや不安の状態がある程度落ち着いてから、背景となっていたADHDの問題に取り組むのです。 うつや不安の治療を続けているのに、あまりに不調が長引くようであれば、一度自分のADHDの傾向についてこのコラムをさかのぼってチェックされてもよいかもしれません。 診断がつくほどでなくとも、日常的なお困りの点を解決するヒントがあるかもしれません。 American Journal of Psychiatry 2006; 164:716-723 <アピタル:上手に悩むとラクになる・生きるのがつらい女性のADHD>.

次の