大阪 観光 大学。 大阪観光大学

大阪観光大学

大阪 観光 大学

大阪観光大学(学校法人明浄学院)とは、どういうところでしょうか。 私のわかっているのは下記のとおりですが、学生数が極端に足りない、学生を無理に集めている、などの事情はないのでしょうか。 子供を入れても、今後、学校経営を理由に、大学が運営できなくなったり、質が悪くなることを懸念しています。 この学校しか受からないくらいなら、浪人させた方がいいでしょうか。 大阪観光大学の簡単な沿革を記載します。 1921年2月 大阪市内日蓮宗寺院団において、日蓮上人降誕700周年事業として、明浄高等女学校が法人・大学として発願された 1921年4月 明浄高等女学校開校 1947年4月 新制による明浄学院中学校を設置 1968年 明浄学院中学校が生徒募集停止・休校となる 2000年4月 大阪明浄大学として開学(共学・観光学部観光学科) 2004年9月 明浄学院中学校が廃止される 2006年4月 大阪観光大学に名称変更 2009年8月 大阪明浄女子短期大学廃止 2013年4月 国際交流学部国際交流学科を設置 WIKIPEDIAより 今年4月の大阪観光大学の入学式で、大阪観光大学を設置した、学校法人明浄学院の理事長の代読が、副理事長の某氏によって行われました。 代読を行った某氏は、NPO法人「総合教育支援グループ・エスエスシー 」の代表者かと思われます。 同NPO法人は、平成28年4月24日現在、東京都に事業報告書等を長らく提出していないため、東京都のHPで、「市民への説明要請」を実施され続けています。 また、この某氏は、写真からも東京都内の労働組合(ソーシャルハートフルユニオンは働く障害者60万人の労働組合)の執行委員長でもあるようです。 写真で確認できたので、同姓同名ですし、同一人物ではないかと思いました。 この組合は、昨年、執行副委員長の甲斐輝彦さんが、約5000万円の脱税幇助で在宅起訴となっています。 何より心配なのは、FACTAという雑誌の報道で、 三流大学を狙う「野蛮な来訪者」 少子化に追いつめられた果てに乗っ取り。 餌食にされる学校法人はますます増える。 2015年12月号 というタイトルで、 「少子化による入学者減少で経営不振に陥る学校法人も続出している。 大阪の学校法人明浄学院もそうした苦境に立たされており、救済支援の手をさしのべてくれる ………」 という記事が出ています。 理事長欠席をきっかけに、入学式で代読を行った某氏の周辺の様子や、学校法人の現状の危うさを感じ質問いたしました。 心配になる情報が多いので、この学校だったら、専門学校や、浪人で他行へ進学の方がいいでしょうか。 大学の評判等、教えていただければ、幸いです。

次の

倒産速報

大阪 観光 大学

大阪観光大学では、建学の精神、学部の目的、教育の目標に基づき、次のような受験生を求めています。 (観光学部)• 観光に深い関心をもつ人。 幅広い視野をもって、観光学を意欲的に学ぼうとする人。 豊かな創造性をもち、いきいきと仕事をしたい人。 観光に関わる分野の高度な専門的能力をもち、リーダーとして活躍したい人• 語学力・情報処理力を高め、国際的に活躍したい人。 異文化理解を深め、世界の人々と協力し、友好な関係を作ろうとする人。 (国際交流学部)• 世界の人々との交流に興味があり、日本や海外で活躍したい人。 自分とは異なる文化や立場の人々を理解し、問題の解決のために協力しようとする人。 英語や日本語など、ことばに興味があり、高等学校までに学んだことばの力をさらに伸ばそうとする意欲のある人。 日本や海外の文化に興味があり、異文化交流の基礎となる教養を身につけようとする意欲のある人。

次の

観光

大阪 観光 大学

HOME 設立趣旨 観光学に関する研究と教育のセンターとして、世界や地域社会を視野に入れたグローカル(グローバル&ローカル)な活動を目指し、2001年11月7日に設立されました。 研究所では、観光と交流という観点のもと、泉南地域、大阪、関西、日本、アジア、そして世界の観光研究に取り組んで行きます。 観光に関する研究と教育活動を実践すると共に、地域社会や世界の国々研究者との交流を積極的に展開します。 諸々の活動については、学生や学外研究員、外部スタッフの方と協力しながら進めていきます。 ミッション• ・広く観光学に関する研究を行い発信する• ・観光ホスピタリティ教育に関する研究と実践を行う• ・観光研究によって大阪の活性化に貢献する• ・アジア地域の観光研究者、観光産業・団体との交流を促進する• ・他の観光学術団体・研究会とのネットワークを広げる ニュース• 2020. 18 を発行しました。 2019. 2019. 2019. 20 を発行しました。 2018. 22 を開催します。 2018. 「中国茶文化体験講座」を開催します。 2018. 2018. 1 観光研究論集執筆募集の開始について• 2018. 3 観光学研究所「研究発表大会」を7月14日に開催します。 2018. 9 「観光研究論集 第16号」を発行しました。 2017. 15 所報「観光&ツーリズム 第22号」を発行しました。 2018. 13 シンポジウム「関西国際空港と観光産業・ひと・まち」を開催します。 2017. 17 「健康・スポーツツーリズムによる地域活性化を考える -ニューツーリズムの観光推進-」を開催します。

次の