秋元 司 衆議院 議員。 自民秋元氏の事務所捜索 特捜部が狙う本命大物議員の存在(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

秋元司の経歴や派閥!出身大学や高校はどこ?結婚した妻(嫁)や子供を調査!

秋元 司 衆議院 議員

カジノを含む統合型リゾート(IR)をめぐり、自民党の秋元司衆院議員(48) 東京15区=が中国企業側から現金200万~300万円を不正に 受け取っていた疑いが強まったとして、東京地検特捜部は秋元氏を 逮捕する方針を固めた。 24日に逮捕状を請求しており、25日にも秋元氏を取り調べる。 秋元氏は2017年8月から内閣府副大臣を務め、昨年10月まではIR担当だった。 特捜部はこれまでにIR参入をめざしていた中国企業の日本法人と 秋元氏の議員会館の事務所や元秘書宅を捜索。 押収した資料を分析するなどした結果、秋元氏が中国企業側に 便宜を図る見返りに現金を受け取った疑いが浮上し、24日に逮捕状を請求した。 秋元氏は朝日新聞の取材に対し、中国企業側からの現金などの 利益供与については「100%ありません」と否定。 「中国企業やその他のIR事業者に便宜を図ったことはない」と説明している。 秋元司の事務所や自宅を捜査で事件の全貌は? 警察は、秋元司氏の事務所や自宅を捜査し 中国企業側から現金200万~300万円を不正に受け取っていた 疑いが強まったとして逮捕の方針を固めたという事です。 ですが、事件の全貌がよくわからないという方も多いと思うので 事件の全貌を簡単に説明しておきたいと思います。 当初は、秋元司氏の元秘書に捜査のメスが入っていました。 外為法違反容疑の関係先としての捜索。 海外からの不透明な資金の流れがあった疑いがあるとして、秘書の一人だったA氏らを 任意で事情聴取して慎重に捜査を進めている。 A氏は2014~18年に秋元氏のもとで働いていた。 昨秋ごろに病気を理由に辞めたが 在職中は企業からの陳情などの対応を事務所内で一手に引き受けていたという。 また、登記簿などによると東京都内のコンサルタント会社で17年6月まで代表取締役を務めた。 同社はタレントのマネジメントや企業経営のコンサルティング業務などを目的に 11年7月に設立。 秋元氏も一時期、顧問だったほか、同氏の妻も17年6月末まで監査役だった。 秋元氏は9日、永田町の国会事務所で写真撮影NGを条件とする異例の会見を開いた。 同コンサルタント会社の代表取締役は、別の元私設秘書B氏に代わった。 (顧問料は)初年度は100万円。 こうした日本製品は中国や韓国でウケる。 カレンダー事業の収入は大きい」と説明した。 同社はタレントのカレンダー製作事業を行う際、芸能事務所との出演交渉や ギャラ交渉などの役割を果たしている。 芸能関係者は「芸能プロダクション側からすれば 現職の自民党議員とはパイプを持ちたい。 トラブルが起きたら相談できますからね。 今後、特捜部の捜査で、秋元氏と芸能界の間の闇が出てくる可能性があります」と話している。 tokyo-sports.

次の

“IR汚職”なぜこのタイミング? 秋元司議員を収賄容疑で逮捕

秋元 司 衆議院 議員

東京地検特捜部が、自民の秋元司衆院議員(48)の元秘書の関係先を外国為替及び外国貿易法(外為法)違反の疑いで家宅捜索していたことが、関係者への取材でわかった。 容疑は海外から資金を無断で国内に持ち込んだというもの。 特捜部は押収資料を分析し、国内に持ち込まれた疑いのある資金の流れについて実態解明を進めるとみられる。 捜索は8日までに行われた。 元秘書は政策秘書などを務め、昨年辞めた。 外為法は国外から100万円を超える現金を国内に持ち込む際には税関への届け出を義務づけている。 違反すれば6カ月以下の懲役か50万円以下の罰金が科される。 家宅捜索について一部の報道機関が9日、「秋元氏が関係する企業を特捜部が家宅捜索した」と報じた。 これを受け、秋元氏は同日、国会内で記者団の取材に応じ、不正を否定した。 秋元氏によると、この企業は、秋元氏が参院選に落選した後の2011年、元秘書が代表取締役となり、設立した。 カレンダーや化粧品、玩具の販売などの事業を展開。 13年ごろまで秋元氏が顧問、17年まで妻が監査役を務めていたが、「(13年以降は)経営に口出しをしていないし、事業の中身も分からない」という。 家宅捜索については「事実確認ができていない。 (報じられていることを含め)不正に関わったことはない」と強調した。 秋元氏は衆院東京15区選出で当選3回。 衆院内閣委員長などを経て、国土交通省や環境省、内閣府の副大臣を歴任した。

次の

秋元司の妻や子供・家族と中学高校や経歴・自宅と年収は?評判も!

秋元 司 衆議院 議員

カジノを含む統合型リゾート(IR)をめぐり、自民党の秋元司衆院議員(48) 東京15区=が中国企業側から現金200万~300万円を不正に 受け取っていた疑いが強まったとして、東京地検特捜部は秋元氏を 逮捕する方針を固めた。 24日に逮捕状を請求しており、25日にも秋元氏を取り調べる。 秋元氏は2017年8月から内閣府副大臣を務め、昨年10月まではIR担当だった。 特捜部はこれまでにIR参入をめざしていた中国企業の日本法人と 秋元氏の議員会館の事務所や元秘書宅を捜索。 押収した資料を分析するなどした結果、秋元氏が中国企業側に 便宜を図る見返りに現金を受け取った疑いが浮上し、24日に逮捕状を請求した。 秋元氏は朝日新聞の取材に対し、中国企業側からの現金などの 利益供与については「100%ありません」と否定。 「中国企業やその他のIR事業者に便宜を図ったことはない」と説明している。 秋元司の事務所や自宅を捜査で事件の全貌は? 警察は、秋元司氏の事務所や自宅を捜査し 中国企業側から現金200万~300万円を不正に受け取っていた 疑いが強まったとして逮捕の方針を固めたという事です。 ですが、事件の全貌がよくわからないという方も多いと思うので 事件の全貌を簡単に説明しておきたいと思います。 当初は、秋元司氏の元秘書に捜査のメスが入っていました。 外為法違反容疑の関係先としての捜索。 海外からの不透明な資金の流れがあった疑いがあるとして、秘書の一人だったA氏らを 任意で事情聴取して慎重に捜査を進めている。 A氏は2014~18年に秋元氏のもとで働いていた。 昨秋ごろに病気を理由に辞めたが 在職中は企業からの陳情などの対応を事務所内で一手に引き受けていたという。 また、登記簿などによると東京都内のコンサルタント会社で17年6月まで代表取締役を務めた。 同社はタレントのマネジメントや企業経営のコンサルティング業務などを目的に 11年7月に設立。 秋元氏も一時期、顧問だったほか、同氏の妻も17年6月末まで監査役だった。 秋元氏は9日、永田町の国会事務所で写真撮影NGを条件とする異例の会見を開いた。 同コンサルタント会社の代表取締役は、別の元私設秘書B氏に代わった。 (顧問料は)初年度は100万円。 こうした日本製品は中国や韓国でウケる。 カレンダー事業の収入は大きい」と説明した。 同社はタレントのカレンダー製作事業を行う際、芸能事務所との出演交渉や ギャラ交渉などの役割を果たしている。 芸能関係者は「芸能プロダクション側からすれば 現職の自民党議員とはパイプを持ちたい。 トラブルが起きたら相談できますからね。 今後、特捜部の捜査で、秋元氏と芸能界の間の闇が出てくる可能性があります」と話している。 tokyo-sports.

次の