きのこ レシピ。 きのこ

きのこ

きのこ レシピ

「きのこ+調味料だけ」で作る副菜のレシピを5つ、料理研究家の吉田瑞子先生に教えていただきました。 4日ほど冷蔵保存ができるので、作り置きしておけば、あと一品欲しいときやお弁当おかずとしても大活躍します。 きのこは何でもOK! 組み合わせも自由 今回紹介するレシピは、スーパーなどで手に入る一般的なきのこであれば、お好きなもので作れます。 数種類混ぜると味わいに奥行きが出ますので、ぜひさまざまなきのこで試してみてください。 【きのこのマリネ】マスタードの酸味でさっぱり 粒マスタードのほどよい辛さと酸味がアクセントのさっぱり味。 肉料理の付け合わせにもぴったり。 たっぷり作って冷蔵庫に常備しておくと便利です。 材料(2人分)• しめじ…1パック(約120g)• えのきだけ…1袋(約185g)• オリーブ油…大さじ4 A• 白ワインビネガー(または酢)…大さじ3• 水…大さじ2• 粒マスタード…小さじ2• こしょう…少々 作り方• しめじは石づきを除いて小房に分ける。 えのきだけは根元を切り落としてほぐす。 ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で2分30秒加熱する。 オリーブ油を回しかけてよく混ぜ、そのまま冷ます。 4〜5日間保存可能。 きのこは数種類使うのがおすすめ。 できたてはもちろん、冷めても美味しいおかずです。 材料(2人分)• エリンギ…1パック(約110g)• しめじ…1パック(約120g)• 舞茸…1パック(約100g)• バター…大さじ2• にんにく(みじん切り)…1片分• 赤唐辛子(輪切り)…1本分• 塩・こしょう…各少々 作り方• エリンギは縦2〜4つ割りにし、長さを半分に切る。 しめじは石づきを除いて小房に分ける。 舞茸は食べやすい大きさにさく。 フライパンにバターを入れて弱火で溶かし、にんにく、赤唐辛子を加えて炒める。 しんなりとしたら塩・こしょうで味をととのえる。 3〜4日間保存可能。 【エリンギのごま和え】ごまの香りがGood! レンジでささっと作れるのがうれしい小鉢。 甘辛い味付けについつい箸が止まらなくなります。 きのこは大きめにカットして食感を楽しみましょう。 材料(2人分)• エリンギ…1パック(約110g) A• 醤油、すりごま(白)…各小さじ2• エリンギは縦4〜6つ割りにし、4㎝の長さに切る。 ボウルにAを合わせておく。 3〜4日間保存可能。 【きのこの佃煮】甘辛い味付けがごはんに合う ごはんのお供やお酒のあてにもなる一品。 生姜を効かせることで、味わいに奥行きが出ます。 しっかり醤油色になるまで煮詰めて。 材料(2人分)• しめじ…1パック(約120g)• えのきだけ…1袋(約185g) A• 生姜(せん切り)…1片分• 醤油…大さじ3• 酒、みりん…各大さじ2• 砂糖…大さじ1 作り方• しめじは石づきを除いて小房に分ける。 えのきだけは根元を切り落として長さを半分に切り、ほぐす。 4〜5日間保存可能。 【きのこの天ぷら】揚げ焼きだから簡単! 面倒な揚げ物も、フライパンで揚げ焼きにすれば少ない油でスピーディに調理できます。 きのこの旨みを楽しみたいので、塩とレモンでさっぱりとどうぞ。 材料(2人分)• えのきだけ…1袋(約185g)• 舞茸…1パック(約100g)• 揚げ油・塩・レモン(スライス)…各適量 A• 天ぷら粉…1カップ• えのきだけは根元を切り落として軽くほぐす。 舞茸は小房に分ける。 ボウルにAを入れ、さっくりと混ぜる。 フライパンに油を深さ1㎝ほど入れて中火で熱する。 1〜2分揚げ焼きにしたら裏返し、カリッとするまで揚げ焼きにする。 器に盛り、塩をふり、レモンを添える。 3〜4日間保存可能。 きのこは冷凍しておくと便利! 今回紹介したレシピは冷凍きのこでも作れます。 きのこは凍ったまま調理してOK。 電子レンジ調理なら追加で30秒〜1分(600W)、ガス調理なら追加で1〜2分長めに加熱してください。 調理する量や冷凍庫の設定温度などによって加熱時間は変わりますので、様子を見ながら調整してください。

次の

人気の「きのこ」レシピ20選(つくれぽ100人以上)

きのこ レシピ

「きのこ」の基礎知識 「きのこ」って野菜じゃない? もちろん「きのこ」は野菜ではありませんが、植物でもありません。 では何なのかというと、実は菌類という、かびの仲間。 つまり、小さな菌が集まって大きくなったのが「きのこ」です。 世界には約1000種もの食用きのこがあり、世界中で食べられています。 カロリーはゼロに近く、食物繊維がたっぷりと含まれている健康的な食材です。 おいしい時期と目利きのポイント しいたけ 春は3月〜5月、秋は9月〜11月がおいしい時期。 肉厚でしっかりしたもの、カサが開きすぎずしっかり巻き込んでいるもの、軸が太くて短いものを選びましょう。 しめじ 9月〜10月がおいしい時期。 袋の上から軽く押したとき弾力があるもの、カサが開きすぎず、軸の長さがしっかりしているものを選びましょう。 えのきだけ 通年おいしくいただけます。 しっかりと軸にハリがあってきれいな乳白色のもの、カサの粒がそろっていて小さめなものを選びましょう。 まいたけ 秋冬の季節がおいしい時期。 パリッとしていてさわると折れそうなものが新鮮です。 カサにしっかりとハリがあって肉厚なものを選びましょう。 マッシュルーム 10月〜12月がおいしい時期。 カサが開きすぎず、軸が太いものを選びましょう。 エリンギ 通年おいしくいただけます。 カサのすぐ下の白いヒダがはっきりとしているものが新鮮。 カサが開きすぎず、軸が太くてしっかりとした弾力のあるものを選びましょう。 調理のポイント なるべく水では洗わない! きのこは水洗いすると水分を吸収しておいしくなくなりますので、水洗いはなるべくさけるようにしましょう。 ふきんやペーパーでさっと拭くことでたいていの汚れは落とせます。 どうしても洗いたい場合には、手早く流水の下で洗いすぐに水気をふき取るようにしましょう。 炒めるときは強火で手早く! きのこ類を炒める際は強火で手早く加熱するのがポイント。 弱火で加熱すると水分が出て水っぽく仕上がってしまい、旨みも流れ出てしまいます。 また、油の吸収がよいので、使う油脂はなるべく上質なものを。 きのこは冷凍保存がおすすめ! けっこう傷みやすく、保存のしづらいきのこ類。 実は冷凍保存がおすすめです。 「しいたけ」は、買ってきた状態そのままで冷凍が可能。 冷凍してもカチカチに固くはならないので、凍ったまま石づきを切り落としたりスライスすることができます。 「しめじ」や「えのきだけ」は、石づきを切り落とし、小分けにして冷凍。 使うときは凍ったまま加熱調理できます。 「なめこ」は、袋入りのまま冷凍できます。 使うときも凍ったまま加熱調理すればOK。 そのほかのきのこ類もたいていは冷凍保存することができます。 きのこは色々な種類のものを食べやすい大きさに切って、ジッパーに入れて冷凍保存しておきます。 煮物や炒め物など使いたいときに冷凍庫からササット出して使います。 きのこミックスって美味しくて見栄えもよくお薦めですよ。 干し・生しいたけ共に使用する前に日光に当てるとビタミンDが増えてカルシウム吸収に役立ちま〜す。 我が家では、ハンバーグにいろんなキノコ類を細かく刻んで、豆腐と一緒に入れて、ボリュームアップして作ってます。 経済的だし、ヘルシー!• きのこ類大好き一家です。 歯ざわりが残るように、短時間でさっと仕上げるようにしています。 母から教わったオリジナル下ごしらえは最初にさっと氷水に浸すことです。 秋と言ったら、マツタケですよね。 とは言うものの、高くて食べれない我が家では、なんちゃってマツタケご飯をたのしみます。 まず、マツタケの代わりに、エリンギをマツタケっぽくきり、炊飯器で普通にご飯を炊くようにセットします。 そこに、マツタケ味のお吸い物の素、切ったエリンギを加え、ご飯を炊くと、あら不思議、なんちゃってマツタケご飯の出来上がり。 香りはマツタケ、エリンギの歯ごたえがよく美味しくいただけます。 炊き上がったときに、三つ葉をくわえると見た目もいいですよ。 我が家ではブナピー(白しめじ)を使ってグラタンをつくります。 材料はいつものグラタンの材料のマカロニのかわりにブナピーを入れてチーズを載せてこんがり焼きます。 ブナピーのプルンとした食感がホワイトソースとチーズにぴったりできのこを食べていると思えないほど美味しいですよ!• カレーにエリンギを入れると最高に美味しくなりますよ!• きのこは「バター」との相性がいいですよ。 しいたけ、しめじ、マッシュルームなど、きのこ類その他お好きな具を適当な大きさに切って炒め、ゆでたパスタとからめて、塩こしょうする。 皿に盛ってその上にミートソースをかける。 チーズはお好みで。 きのこの保存する場合、「かさ」部分を上にして保存すると、栄養分の損失が少ないですよ。 鶏の唐揚げを作るとき、残った衣に小麦粉としょうゆを足し、ありあわせのきのこ(舞茸がおすすめ)を揚げる。 そのままで食べられるし、お弁当のおかずにもよい。 キノコ料理といえるかどうかですが、簡単炊き込みご飯です。 なめたけ(キノコです)の瓶詰めとシーチキンの缶詰(油も一緒に)をお米3合と一緒に炊くだけ。 水加減は普通に。 これだけで、ちょっとつやつやのピラフっぽい炊き込みご飯になります。 超簡単!!• きのこの王道を行くのは、やっぱりシイタケ。 シイタケは洗わずに、濡れ布きんでさっと拭いてから、火であぶって食べます。 シイタケ本来の味がしっかり味わえ、ビールのおつまみには最高です(カロリーも低いので二重に嬉しい)。 山に住む友人から採れたてのしいたけをよくいただきます。 さっと汚れを落としよく熱したオーブントースターに並べお醤油をちょろ、マヨネーズをぐるっとで5分ほど焼きます。 おつまみでもおかずでもどちらでもOK!• 【豆知識】とまでは行きませんが、椎茸やシメジなどは日干しにして乾燥させますと、コリコリした食感が楽しめ、大変美味しく頂くことができます。 天気のいい日に直射日光を浴びるようにしますときのこ菌が発酵しますので健康にも良いと思います。 皆様も是非、お天気の良い日は試してみて下さいね。 瓶詰めになっているエノキ茸が味付けされたもの(なめたけ)を丸ごと炊き込みご飯に入れて炊くとおいしいです。 その他の具材はお好みのものを入れます。 最近、「エビマヨ」が流行っていますが、きのこ類をマヨネーズで焼く「きのこマヨ」も美味しいですよ。 バター、ニンニク、塩コショウでソテーするのが一番好きです。 キノコは色々な種類を混ぜるとおいしい。 鮭と一緒にホイル焼き!バターと醤油でいいおつまみになります。 きのこ炒めにバルサミコ酢はとてもあいます。 まいたけはお味噌汁にするのがイチバン味がでておいしいと思います。 きのこはいろいろな野菜、ソースと相性が良いので重宝しています。 豚肉&しめじ(もしくはえのき)&玉ねぎを塩こしょうで炒めて仕上げに市販の焼肉のたれで味付けするのが我が家のスピードメニューです。 しょうゆ味の焼きうどんの具としてしめじを入れるのも好きです。 えのき茸のてんぷら、おいしいですよ。 束のまま根のほうだけ少し切って広げててんぷら粉をつけて揚げます。 ビールにぴったりです。 やっぱりきのこ鍋でしょう。 ありったけの種類のきのこを鍋に、様々なきのこのだしが出て絶対おいしいはず。 何種類入れられるか、さあ挑戦。

次の

「腸をデトックス」する「きのこレシピ」でむくみをすっきり解消!(FRaU編集部)

きのこ レシピ

家篭りが続くなか、食事の偏りや食べ過ぎ、寝不足などでカラダがむくんでいませんか? そんなときは、 食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれるデトックス食材の「きのこ」がおすすめ。 不要なものを排出してこそ、栄養を吸収できるから、おいしい「きのこ料理」で、今こそカラダの大掃除を! 料理研究家のウー・ウェンさんによる、 芳醇な香りをとろみで閉じ込める「きのこのスープ」と、シャキッとした歯ごたえを活かす「きのこの黒酢炒め」のレシピをご紹介します。 お財布にもやさしい食材なのでぜひお試しを! ウー・ウェン 中国、北京で生まれ育つ。 料理上手な母から受け継いだ料理が評判となり、料理研究家に。 「料理を通じて日本と中国の懸け橋になりたい」との想いから、東京と北京でクッキングサロンを主宰。 少ない材料や調味料、道具で作れる、医食同源の知恵にあふれた料理が人気。 きのこで腸をデトックス 「 からだの中を掃除するには、きのこがいちばん。 食物繊維が豊富なきのこをたっぷり食べることは、腸をブラシで掃除する感覚なんですよ」とウー・ウェンさん。 「きのこはほとんどが水分なので、その水分をどう生かすかが料理の腕の見せどころ。 しめじやえのき、なめこといった細かい形にばらけやすいきのこは、そのままスープにするのがおすすめです。 きのこの水分がだしになるし、芳醇な香りも無駄なくいただけますよ」 一方、 しいたけやエリンギといった大きな形のきのこは、歯ごたえが楽しめる炒めものにするといいそう。 「 切り口から油と熱を吸収するので、丸ごとではなく、 大きめに切るほうがいいですね。 弱火にかけて少しずつ内側を温め、きのこが汗をかき始めたら、すぐに火からおろすこと。 こうすれば、水分を保ったまま縮むことなく、ぷりっとみずみずしい食感に仕上がります」 どちらの料理法にしても、きのこの旨みのおかげで、調味料は少なくても、味を決められるのがうれしい。 「 ポイントは黒酢づかい。 しょうゆの量が減るので、塩分が抑えられます。 きのこの土くささを消して、旨みを引き出してくれるのもいいところ。 ただし味つけは、素材によって調整して。 だって昨日のきのこと、明日のきのこは別のものですからね」 「きのこのスープ」レシピ 桜えびとごま油の旨みがカギ.

次の