無印良品 株価 掲示板。 良品計画[7453]2ch掲示板 株価の反応/市況まとめ

無印良品の家の評判ってどうですか? (総合スレ)|注文住宅 ハウスメーカー・工務店掲示板@口コミ掲示板・評判(レスNo.1

無印良品 株価 掲示板

今回は、国内外で「無印良品」やMUJIブランドの商品・店舗を展開する良品計画の株価と業績についてみていきます まずは無印良品を展開する良品計画という会社について説明します。 株式会社良品計画とは? 株式会社良品計画とは、無印良品やMUJIブランドの商品、店舗を展開する小売企業。 家具、雑貨、衣料品、食品など幅広い商品を国内外のショッピングセンター内実店舗「無印良品」で扱うほか、海外では「MUJI」ブランドの店舗を展開。 1983年に第一店舗目を東京青山に無印良品の直営店舗を出店して以降、西友の店内で出店拡大。 店員向けのわかりやすい図解式の業務マニュアル MUJIGRAM を作成しており、無印良品の生産性向上に役立っているとして、メディアなどでも取り上げられたりしてきました。 0%増、営業利益11. 5%増、経常利益9. 1%増、四半期純利益24. 1%増、潜在株式調整後の一株あたり四半期純利益688. 19円、一株当たり純資産7000. 33円 となりました。 細かく見ていきましょう。 1ポイント上昇しているとのこと。 上が前年、下が今年です。 比較すれば一目瞭然ですが、国内の利益が前年比で減少しています。 100円ショップなどと売っているものの質に大差がないにもかかわらず高い価格水準となっており、顧客離れを起こしていました。 つまり、「客単価を下げて客数をあつめる」という戦略です。 既存店売上はこの間、おおむね前年比10%増を挟んで推移しています。 しかし、人件費増などの影響もありますが、利益は逆に落ちている。 もう少し経過をみる必要がありますが、あまりポジティブではないようにみえます。 第一四半期が前年比101. 8%、第二四半期は前年比97. これが同社の業績の下押し要因となる可能性があります。 中国では景気が減速傾向を示しております。 その点についてはよくよく見ていった方が良いと思います。 5倍となっています。

次の

良品計画、株価下落の原因は? 今後どうなる?

無印良品 株価 掲示板

【2020. (金)にアップデートした記事です】 良品計画は、無印良品というブランド名で衣料や雑貨・食品を展開している卸売、小売を行っている企業です。 日本のほか中国などの海外にも多数店舗を保持しています。 その良品計画の業務に影を指すようなニュースが出ています。 特に、今年の1月10日の2019年2月期の営業益の下方修正を皮切りに1月23日の中国需要の低下による影響、1月30日のファミリマートでの無印良品の取り扱い終了というニュースが軒並み出てきました。 そして、そのニュースの真実を裏付けるかのように良品計画の株価も大きく落ち込んでいます。 今回、2019年1月18日の23,000円の株価から4月には28,000円をつけましたが4月10日の決算発表後大きく値段を下げました。 株価の推移と現状、そして2019年4月10日から2020年1月の決算について書いていきたいと思います。 2017年末からの推移について 2017年はじめから 2018年 6月まで順調に株価を上げ続けていました。 2017年はじめには 22,000円前後で推移していました。 そして、 2018年 6月 18日には 4万円超の株価を記録しました。 その後株価が下げはじめましたがこの下げの環境には日経平均全体の下げと同タイミングでもありました。 つまり、業績などのファンダメンタル面での下げというよりは相場全体の地合いが悪くなったことで株式の売り圧力が強くなったことによる下げ、つまり短期的な下げが考えられました。 日経平均は今年に入り少しづつではありますが回復しています。 しかし、良品計画は多少の上げ下げはあるものの下げが続いている状況で 2月 4日の段階では 27,000円ほど、 3割ほど株価を下げている現状です。 業績やニュースから見られる下落要因について 連結の業績は 2014年 2月から 2018年 2月間での連結決算では売り上げから純利益までのいずれの項目も前年同期比よりもプラス、もちろん黒字を続けています。 そして、業績予想についても 2019年と 2020年の連結もすべてプラス、そして配当についても毎年増配を続けています。 これだけのプラス要因ばかりの銘柄ではありますが、いや、優良銘柄だからこその下げ要因もあります。 それは上昇期待が裏切られたとき、いわゆる失望売りが考えられます。 それは、好業績だからこそ下方修正時に起こる株価暴落が激しいのです。 株価は業績などのファンダメンタル要因のほかに相場参加者である投資家達による株式売買によっても相場は上下します。 短期的にはむしろテクニカル面での変動のほうが影響が大きいといえるでしょう。 当初、短期的な下げと思われていた株価ですがさすがに 1割以上下げていくことによるインパクトは大きく売りが売りを呼ぶ状態ではありますが、それが長期化するにはやはり業績にダメージを与えるようなマイナス材料が考えられます。 今回出ているニュースでは業績の下方修正です。 2019年 2月の営業利益を 500億としていたのを 30億円下げた 470億円にしたというのです。 このニュースの影響単純な数字だけではなく下方修正の原因にもあります。 というのは国内の営業不振に夜だけではなく中国の景気減速による影響にも言及していたからです。 さらに追い討ちをかけたのがファミリーマートでの無印良品の販売の終了です。 このニュースにより業績下方修正という知らせに対してより現実味を帯びた結果になり当然ながら株価も下落を続けている状況です。 2019 年 4 月 10 日発表の「 平成 31 年 2 月期連結決算」 について 2019年 4月 10日、今までの不安材料が顕現されたかのごとく決算発表がされ、その翌日から株価が大きく下げました。 26 ,000円ほどの終値から 22 ,000円台に 15%ほどの下落です。 4月 18日現在は 21,540円となっています。 さらに下げ続けているのが現状です。 これは、事前に発表された決算予想下方修正結果よりもさらに下がっていたからです。 営業利益は前期比 1. 前期比から比べてそれほどの下げではないかと思われるかもしれませんがいずれも下方修正後の予想 営業利益 470億円、経常利益 473億円 よりも下がっているのが大きく価格を下げている要因といえるでしょう。 4、2019年10月から2020年1月の価格推移 2020年に入り、日経平均も24,000円あたりを頭打ちに行ったり来たりの様相を呈しています。 良品計画は1月10日決算発表と同時に下方修正を発表しました。 さらに追い打ちをかけたのがネット通販サイトのシステムメンテナンスの再延長でした。 1月1日にメンテナンス終了すると言われていましたが再開できず、さらに1月13日に1月上旬に予定していたメンテナンス終了を1月下旬にすると発表しました。 通販サイトに占める売り上げの比率は少なくありません。 それが一時的とはいえ使えない状態が続いており、終了期間もあいまいです。 これは投資家にとってはマイナス的な意味で大きな発表だと言わざるを得ません。 これらの出来事から1月14日の暴落につながったのではないでしょうか。 株価はとどのつまり買いたい方と売りたい方の株式の約定により値段が決まります。 よって、売りよりも買いが多ければ株価は上がり売りよりも買いが少なければ株価は下がります。 今回の決算発表で本格的に市場参加者が良品計画の業績が悪化していると考えているということです。 1月10日の終値は2,628円でした。 それが翌営業日14日は特別売り気配という売りたい方が多く買いたい方がいない、あるいは少ない状態で売買が成立しない状況から始まり値段が寄り付いたのは2,128円でした。 約23%の下落です。 その後ももみ合いながら下がり1月22日の終値は2,057円です。 5、2020年1月の決算発表について 2019年10月から上げていた株価が大きく下げた1月14日。 この日の株価への営業は前営業日の決算発表が大きく関係しています。 その原因は決算の下方修正でした。 それも、ただの決算発表ではありません。 東アジア事業による情勢不安による点です。 良品計画は東アジアで大きな販売を行っております。 しかし、最近、香港、中国などで政情不安がありその影響があるということです。 これは、良品計画という1企業に対する経営問題と東アジアの政情不安によるダブルパンチです。 そして今回の下方修正ですが決して良い予想からの転落ではないのです。 もともと2020年2月の連結純利益は13%減の294億円でした。 つまり、悪い予想をしていたので市場ではこれ以上悪くはならない。 あるいは予想に反して良くなる可能性も十分考えられる状況だったのです。 これには多くの投資家の売りを誘ったことでしょう。 現に1月14日にはストップ安から始まりました。 今後の株価について 株価の節目については、市場参加者の心理的指示価格と呼ばれる価格があります。 根拠があるわけではないのですが、 2万円台の株価であれば 2万円が節目になることがあります。 これはテクニカル的な意味合いが強いのですが、いったん崩れると特に理由もなく需給バランスが崩れることがあり暴落の引き金になることがあります。 しかし、今回は良品計画の本業の利益による不振がその根底にあります。 そうなるとより大きく値が下がる可能性があります。 まとめ 株価の長期的な下落には業績による不調が背景にあります。 業績の不調は株の需給バランスが崩れたことによる下落では収まらない会社の存続にかかわる内容に発展するからです。 2019年4月10日に発表された2019年2月期の通期決算の内容は黒字ではありますがその結果は株価を下落させるには十分なインパクトがありました。 よほどのことがない限りいきなり赤字に転落するということは少ないです 企業が意図的に粉飾決算をするなりすれば別ですが。 ただ、株価が下がる要因として決算が絡んだ結果となればそれはただ需給バランスによって下げられるのではなく、正当な理由のある価格の下げということが言え、株価下落が長期化される可能性があります。 これらの状況を打開するには新たな戦略が必要になります。 2019年秋には新たにヨーロッパへの展開を予定でスイスとフィンランドに初出店を行うようです。 ヨーロッパにブランド力が浸透することで新たな活路になるかもしれません。 2020年1月14日の下げは下方修正の発表により起こりました。 原因は東アジアの情勢のほか消費税増加と物流コストの増加と言われています。 東アジアの情勢不安であれば収まることも考えられますが消費増税と物流コスト増は恒常的なものでこれからも良品計画の業績に暗い影を落とし続ける可能性があります。

次の

無印良品の家の評判ってどうですか? (総合スレ)|注文住宅 ハウスメーカー・工務店掲示板@口コミ掲示板・評判(レスNo.1

無印良品 株価 掲示板

決算年月日 2016年2月29日 2017年2月28日 2018年2月28日 2019年2月28日 2020年2月29日 現預金等 43,692 38,555 50,875 55,444 38,814 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 75,855 92,880 98,454 112,078 132,465 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 37,712 38,613 41,225 46,167 82,463 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 13,841 13,528 14,200 16,479 24,330 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 29,819 31,129 33,559 28,141 28,440 総資産 資産合計。 200,919 214,705 238,313 258,309 306,512 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 53,275 61,332 66,376 66,631 75,577 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 7,913 0 1,614 617 26,139 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 139,731 153,373 170,323 191,061 204,796 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 112,078 125,095 130,510 148,747 132,465 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 46,167 - - - 82,463 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 16,479 18,518 20,366 22,723 24,330 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 28,141 98,337 98,453 106,538 28,440 総資産 資産合計。 258,309 286,290 292,753 317,191 306,512 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 66,631 59,878 63,857 79,251 75,577 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 617 28,562 28,048 34,657 26,139 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 191,061 197,850 200,848 203,283 204,796 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 157,080 167,420 187,731 198,317 221,084 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 50,770 55,920 50,132 57,362 57,670 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 26,132 19,741 46,982 23,679 24,451 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -8,647 -9,856 -14,290 -5,492 -31,435 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -6,520 -14,361 -21,759 -9,505 -11,467 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 9,006 - 10,328 - 14,123 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -1,741 - -15,534 - -15,901 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -4,640 - -7,114 - -4,353 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 396位 492位 264位 417位 総資産 資産合計。 632位 628位 616位 597位 現預金等 457位 536位 454位 442位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 482位 469位 447位 424位 現預金等増減 231位 3,486位 231位 289位 3,647位 1969年1月25日生 1993年4月 マッキンゼー・アンド・インク・ジャパン入社 1998年9月 株式会社ファーストリテイリング入社 1998年11月 同社取締役 1999年7月 同社常務取締役 2004年11月 同社取締役副社長 2005年11月 同社取締役 2008年11月 同社上席執行役員 2008年12月 FASTRETAILINGFRANCES. President 2010年8月 FASTRETAILINGUSA,Inc. CEO 2016年6月 株式会社ディー・エヌ・エー社外取締役 現任 2016年6月 マネックスグループ株式会社社外取締役 現任 2019年2月 当社上席執行役員営業本部長 兼 情報システム部、流通推進部、商品計画部管掌 2019年5月 当社専務取締役 兼 執行役員営業本部長 兼 情報システム部、流通推進部、商品計画部管掌 現任 1956年5月8日生 1979年4月 三菱電機株式会社入社 1988年10月 ボストン・コンサルティング・グループ入社 1992年10月 アンダーセン・コンサルティング 現アクセンチュア株式会社 入社 1996年10月 同社パートナー 1997年9月 日本ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン株式会社 現Pw Cコンサルティング合同会社 パートナー兼取締役 2000年5月 株式会社ローランド・ベルガー代表取締役社長 2006年4月 同社会長 現任 2011年5月 当社社外取締役 現任 2014年6月 SOMPOホールディングス株式会社社外取締役 現任 2014年6月 日新製鋼株式会社 現日鉄日新製鋼株式会社 社外取締役 現任 1954年4月7日生 1978年4月 野村證券株式会社 現野村ホールディングス株式会社 入社 2000年6月 同社取締役米州本部担当 2002年4月 同社取締役企業金融本部担当 2008年4月 野村アセットマネジメント株式会社取締役 兼 執行役社長 2011年6月 野村ホールディングス株式会社専務執行役員米州地域CEO 2013年6月 同社取締役代表執行役COO 兼 ホールセール部門CEO 2016年6月 野村ホールディングス株式会社顧問 2017年4月 野村不動産株式会社取締役 現任 2017年6月 野村不動産ホールディングス株式会社取締役会長 現任 2018年5月 当社社外取締役 現任 1948年4月4日生 1971年4月 株式会社リコー入社 1993年4月 同社経理本部財務部長 1998年4月 同社経理本部本部長 1999年6月 リコーリース株式会社常務取締役営業本部長 2000年4月 同社代表取締役社長 2000年6月 株式会社リコーグループ執行役員 2004年6月 同社常務取締役ファイナンスソリューション担当 2005年6月 リコーリース株式会社代表取締役社長執行役員 2009年6月 株式会社リコー常任監査役 常勤 2014年6月 インフォテリア株式会社 現アステリア株式会社 社外監査役 2015年6月 アンリツ株式会社社外取締役監査等委員 2016年5月 当社社外監査役 現任 2017年6月 アンリツ株式会社社外取締役 現任 協和発酵キリン株式会社社外監査役 現任 2018年3月 決算年月日 2016年2月29日 2017年2月28日 2018年2月28日 2019年2月28日 2020年2月29日 従業員数(単独) 1,646人 1,808人 2,035人 2,234人 -人 従業員数(連結) 5,653人 6,992人 8,128人 9,137人 -人 平均年齢(単独) 36. 4歳 35. 4歳 36. 4歳 37. 1歳 -歳 平均勤続年数(単独) 7. 4年 7. 2年 6. 9年 6. すべて• powered by 訂正有価証券報告書や大量保有報告書等の内容を確認するにあたっては、当サイト内の「EDINET提出書類一覧」ページ、あるいはをご参照頂きますようお願い致します。 『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。 当サイトを利用しての情報収集・投資判断は、利用者ご自身の責任において行なって頂きますようにお願いいたします。 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

次の