巨大 耳垢。 耳垢が多い2つの原因!病気の可能性はあるの?

高齢者の耳の掃除はどうしていますか?|みんなの介護コミュニティ

巨大 耳垢

あなたのやり方は? さて、 赤ちゃんのいる保護者のみなさん、 お子さんの耳掃除ってどうしていますか? 綿棒で毎日取ってます(キリッ) お風呂上がり時々やってるかなぁ 子供の耳なんて怖くてほぼやれてないわ ハイ。 そんなあなたは 毎日綿棒の人も含めて、早いうちに絶対に耳鼻科に行って耳垢を取ってもらうべきです。 なぜか? 今回MOMOは思い知りました。 子供(特に乳幼児)の耳掃除は、素人には絶対に無理であるということに。 そして、 毎日綿棒で掃除することがどれだけ 危険かも。 では、 我が家のケースからご紹介します。 MOMO家の息子のケース たまーに(2週に1度程度)綿棒でちょいちょい掃除 乳幼児健診で耳の聞こえ問題なしの判定 音や声に反応するし、返事もする こんな状況だったので、耳垢詰まってる意識はなく、 耳鼻科に行こうなんて思ってなかったんですよね。 子供の耳の中って暗くてよく見えないし、 1歳ごろには動きも激しくなって鼓膜でもつついたら怖いのであまり熱心に耳かきしませんでした。 しかし、 ある時、綿棒で 耳掃除中に子供が急に激しく動いたんです。 危ない!と思ってすぐに綿棒を取りましたが、 耳の奥に一瞬当たってしまいました。 その時です。 『ゴリッ』 というような、あり得ない感触があったんですよ。 『えっ、耳の中でゴリってなに??』 と心配になりましたが、息子は 痛がることなく遊び回っていたので鼓膜とかではなさそう。 それに、あまりに一瞬だったので気のせいかな?と思ってその場で忘れてしまいました。 それから2週間。 ママ友さんと話している時に思い出してその事を話すと、『私も子供の耳垢気になってた!』ということだったので、 どうせならと一緒に耳鼻科に行ってみることになりました。 スポンサードサーチ MOMOの探した耳鼻科スペック 先生が優しい 子供の受診率が高い キッズスペースがある 1歳半を超えたやんちゃな我が子が何かと迷惑をかけるのは目に見えていたので、この辺りを念頭にネットで調べて受診しました。 皆さんも 子供の耳鼻科探す時は闇雲に近所の耳鼻科に行くよりは、なるべく周りのお母さんに聞くかネットでチェックして情報収集してから行くといいと思います。 問診票には『左耳の耳かき中に耳の奥にゴリっとした感触があった』とそのまんま記入。 待ち時間はキッズスペースでのんきに遊んでいました。 いざ診察室へ!!! 当然、泣き喚いて暴れる我が子。 しかし先生も看護師さんも慣れたもので、しっかりと抑えて声かけも優しくしてくれていました。 先生の第一声。 「ん?左って言ってたけど右も結構・・・」 そして、 ズザザという音(本当に音がした)とともにとんでもなく巨大な赤黒い塊が息子の耳から出てきました。 まるでミイラとか、へそのと緒か、化石みたいな印象。 2cm以上はありますね。 ええもう、 ぎょええええ!と悲鳴をあげたくなるほどびっくりしましたよ。 写真どうぞ。 こんなモノが まだ1歳の息子の小さい耳から出てきたんです。 私は思わず、 「それ持って帰りたいです!」 と口走っていました。 (おい) そんなアホな要求にも看護師さんは優しく 「分かりました〜いいですよ」と。 しかも左耳に取り掛かっていた先生が、 「お母さん持って帰りたいならなるべく原型のまま(崩さずに)取ろう」 と。 めちゃくちゃ優しくてノリのいい先生。 (笑) そして、案の定 左耳からもごっそりと巨大耳垢が出てきました。 その所要時間は、なんとたったの 1分程度! これだけのモノがこんな短時間であっさり取れるとは…びっくりです。 そして帰りにちゃんとしたケースに入れて持ってきてくれました。 (爆) 親切すぎる耳鼻科。 スポンサードサーチ 耳垢は取りは注射器を使うことも 子供の耳垢はまず 液状の点耳薬を耳の中に垂らして、数十分かけてふやかし、最後はシリンジ(注射器)で吸い取る。 というような方法をとることもあるんですが、時間かかるし注射器見たら子供はビビって暴れるだろうなぁと気が重かったんですが、今回の先生はありがたいことにその場で ピンセットやセッシを使って取ってくれました。 耳鼻科の先生の意見を聞いてみた さて、一つ疑問が残ります。 何故まだ1歳の息子の耳からこんな 何年も蓄積したかのようなゴツい耳垢が出てきたのか? (再掲載) これについて聞いてみましたよ。 先生いわく、 この赤黒さは 胎児の時か出産時に異物(胎便とか胎盤かな?)などが耳奥まで入って乾燥してしまったもので、耳垢ではない。 そのため、 どうガンバっても素人には取れないもので、下手に取ろうとすると むしろ危険。 そして、 こういうケースは めちゃくちゃ良くあるとのこと。 ひええ・・もう完全に 耳鼻科案件だったんですね。 何となく『子供に巨大耳垢がたまるまで気づかなかった親』という罪悪感があったんですが、ちょっとホッとしました。 とはいえ、もっと早い段階で受診してあげればよかった・・・ 息子よ、本当にごめんよ。 スポンサードサーチ 初めて世界の本当の音を聞いた息子 まだペラペラしゃべる月齢では全然ないんですが、 割とおしゃべり上手な1歳児。 耳垢除去後に再び待合室のキッズスペースで遊ばせていると、 車のおもちゃの「キーキー」という甲高い小さな音を聞いて 『ぶーぶ、いいおと』 とつぶやきました。 それにはもうびっくり。 ことばの発達や反応はしていても、 今まで細かい音や小さい音は拾えてなかったのかもしれません。 生まれて初めて世界の本当の音を聞いた息子の感想に涙・・・。 耳鼻科医が推奨する子供の耳掃除方法 更に、先生が子供の耳掃除の方法について教えてくれました。 実は耳垢って、 鼓膜付近(奥の方)ではなくほとんどその手前の耳道から出る垢なんだそう。 だから綿棒なんかで取ると、むしろ 耳道にある耳垢を、奥の鼓膜方面へ押し込んでしまい、結果的に素人では取れなくなるそうです。 そして、 耳には自浄作用があるから 耳垢って自然排出されるそうなんです。 そう、つまり先生の結論はなんと 【子供の耳掃除はしなくていい】 ということ。 出てきた耳垢を拭いてあげる程度でいいそうです。 そして 心配なら半年か1年に1回耳鼻科受診して下さい。 と言われて今回の受診は終わりました。 半年後に絶対に行きますとも!!!! 綿棒で毎日耳掃除すると危険な理由 さて、 耳鼻科で一緒になったママさんからもっと恐ろしいケースを聞きました。 そのママさんは、もともと耳掃除が好きなマニアで、 自分の耳掃除は毎日していたそう。 そのため、子供が生まれたら 当然のように子供にも毎日綿棒で耳掃除していたそうです。 しかし、乳幼児検診の際、小児科の先生に、 「耳垢で鼓膜がよく見えないから、耳鼻科に行ってみて」 と言われたそう。 その時は 『毎日耳掃除してるのに、そんなはずない』と思ったそう。 しかし! 耳鼻科で診てもらったところ、なんと耳垢と一緒に もじゃもじゃした繊維状のものが子供の 耳の奥からごっそり出てきたとのこと! そう、そのもじゃもじゃしたモノ、 綿棒の繊維が大量に絡まったモノだったんです! 先生から言われたのは、お風呂上がりの濡れた耳に綿棒を擦り当てると、当然 摩擦で繊維が取れやすくなるということ。 しかもそれを 毎日繰り返し、結果的には綿棒の繊維と耳垢を奥へ奥へと押し込んでしまっていたと言われたそうです。 恐ろしいですね。 すごくショックを受けていたと言ってました。 それ以来定期的に耳鼻科に連れてきているんですって。 子供のためにしていたことが、子供に悪影響を与えていたなんて本当にショックですよね。 真面目な保護者さんほど注意が必要だということですね。 まとめ 行ったことなければとりあえず耳鼻科に行こう! 子供の耳掃除を毎日綿棒でするのはやめよう 子供の耳掃除はせず、時々耳鼻科で診てもらった方が安心.

次の

全く子供の耳垢が無いように見えても、耳鼻科に行ったら巨大な化...

巨大 耳垢

もうすぐ3歳の子ども、数日前巨大な耳垢が取れてびっくりしました。 (両耳から、4~5mm角の固い耳垢に加え、ペラペラしたのもたくさん) 耳鼻科は混んでいて行きづらいです。 どうすればよいでしょうか。 取れた耳垢は、耳の中を見ても目視できなかったもので、 たまたまふとピンセットを入れたとき、 「カツン!」というので引っ張ってみたら出てきた、というものです。 今思えば危ないですよね・・・。 耳垢を取るのは耳鼻科に行くほうがよいというのは聞いたことがあるのですが、 知っている耳鼻科はどこも非常に混んでいます。 0歳と2歳の子を連れて混雑した待合で2時間待ち、 考えただけでぞっとします。 というより、無理です。 ちなみに耳掃除は時々耳かきでしてあげてる程度です。 そのときにはあまり取れません。 それでもこんなにたまってしまうのは子どもの体質だとしたら、 Q1:定期的な耳鼻科受診が必要なのでしょうか。 Q2:もし、親が、耳垢がたまらないようにできるなら実践したいです。 そういったアドバイスもぜひお願いします。 Q3:耳鼻科で使っているようなピンセットとかで親がやれればと思うのですが、 さすがにそれは無理ですよね?器具の入手も、危険という意味でも。 長くなってしまいましたがぜひ回答お願いします。

次の

耳管開放症(じかんかいほうしょう)!耳づまり病、耳垢、鼻すすり

巨大 耳垢

スポンサードリンク 耳垢がやっかいな場合 ある日突然、赤ちゃんの耳の臭いに気がついたり、気がついたら耳の穴が耳垢で埋まっていたなんてことが実際にあります。 出産後に病院の沐浴指導で体を拭いた後に、毎日めん棒で耳の穴の周りを拭くように指導されます。 そうしていても、ある日突然耳垢を発見することがあります。 耳垢には、黄色、茶色っぽい、赤っぽいなど特徴があります。 巨大だったり、鼓膜に近いときはどうしよう 耳の中を覗くと巨大な耳垢を発見することがあります。 耳は聞こえているのか、などと心配になり取ろうとして押し込んでしまうというケースもあります。 また、鼓膜に近い耳垢の場合、無理にとろうとして鼓膜を傷つけてしまう可能性もあります。 赤ちゃんの皮膚は、大人よりもかなり薄いために少しの摩擦でも傷つきます。 耳垢が巨大な場合は、ベビーオイルをめん棒に湿らせて吸着してとることを試してみてください。 それでも難しい場合は、耳垢水という方法があります。 耳垢水は市販されていないので、耳鼻科で処方してもらい目薬のように液体を数滴耳の中に入れて柔らかく取り出しやすくしていきます。 後日、耳鼻科を再受診した際に簡単にとってもらえます。 耳垢が黄色い 赤ちゃんの耳垢はほとんどの場合、粘度があり湿っています。 赤ちゃんは仰向けに寝ていることが多いです。 そのために汗や涙、よだれなどが耳に入ってしまう場合があります。 その水分とほこり、ごみなどが一緒になって耳垢になっています。 また母乳やミルクを飲む姿勢も口からあふれたときに耳に入りそうな角度になっています。 気をつけてみてあげましょう。 黄色からクリーム色っぽい色は、特に問題のない通常の色です。 耳垢が茶色っぽい(黒っぽい) 耳垢が茶色っぽい、黒っぽい場合は、おなかの中にいたときの羊水が耳の中に残っていて乾燥したということが考えられます。 はじめて大きな耳垢がとれた時に気づくことが多いでしょう。 こちらも特に心配ありません。 耳垢が赤っぽい、または鼻水みたいな状態 耳垢が赤っぽい色の場合、耳の中を傷つけて出血している可能性があります。 耳かきのしすぎかもしれません。 不安な場合は、耳鼻科に相談しましょう。 また、突然緑色などの鼻水のような耳垂れに気づくことがあります。 突然泣き出したり、耳を引っ張るような動作をする場合もあります。 これは、中耳炎や外耳炎が考えられます。 突然ひどく泣き出すのは鼓膜が破れたときの痛みで泣いているのかもしれません。 鼻水のような膿が耳の中にたまり、鼓膜を破って外に出てきたのが耳垂れの正体です。 すぐに耳鼻科を受診しましょう。 スポンサードリンク おすすめの耳かき おすすめの耳かきは、耳かきの売り上げランキングなどでも1位を獲得している、振動と吸引で耳垢をとる小さな機械です。 という名前の商品です。 痛みも感じずに取れるので怖くないです。 ですが、赤ちゃんの耳垢はほとんどが湿っているために、子供や大人のかさかさした乾燥している耳垢よりもとれにくいかもしれません。 少し大きくなって、耳垢が乾燥したら使用するチャンスです。 他には、耳鼻科でも使用されている耳の中をみるも人気があり、おすすめです。 耳鏡をいれてピンセットで耳垢をとるため、直接耳に触れたり痛みを感じることがありません。 変り種として粘着型めん棒のも市販されています。 粘着力で耳垢を掃除するので、擦り取るということがあまりありません。 こちらも痛みを感じにくいでしょう。 耳垢を取る=(イコール)痛いと印象がつかないようにしてあげると、耳かきをしてあげやすいです。 いつ耳かきをすれば簡単か 大量の耳垢が見られない限り、お風呂上りにめん棒で耳の穴の周りをふいてあげる程度で大丈夫です。 赤ちゃんの外耳は大人より短く、まっすぐなために奥までめん棒が入らないように注意が必要です。 また、お昼寝しているときにも簡単に取ってあげられるタイミングですね。 出来れば起こしたくないので優しくとってあげると良いでしょう。 スポンサードリンク 耳鼻科で取ってもらうという方法 突然大きな耳垢を見つけた場合、とってあげたいけど不安な場合は、是非耳鼻科を受診しましょう。 生後2~3ヶ月の赤ちゃんの場合も耳鼻科で大丈夫です。 不安な場合は、事前に電話などで確認するとよいでしょう。 耳鼻科ではどのように耳垢をとるのでしょうか。 多くの場合、安全性を考えてベッドにぐるぐる巻きにされて、頭を押さえて固定されたり、看護師数名で手足、頭を押さえて動かないようにするなど、いずれも動くことの危険性を排除するために動けないようにして診察、耳垢を取り出します。 マイクロスコープなどで耳の中をモニターに映しながら作業することが多いので、子供の耳の中をみることができます。 固定されての診察になるので、赤ちゃんは当然のことながら泣きますし、子供も耳鼻科=痛みと印象づくこともあります。 耳鼻科と痛みが結びついてしまうと、のちのち連れていくのが大変になりますが、心配なときは耳鼻科での受診をおすすめします。 耳垢は水分とほこり、ごみなどが混ざって出来たものということを忘れずに、気をつけて涙、よだれ、ミルクなどを拭いてあげたいです。 また、耳垢があることで耳の中の乾燥を防いだり、虫などが侵入するのを防ぐことが出来るという利点もあります。 デメリットばかりの耳垢ではないのです。 沐浴、入浴後に耳の入り口をふくことを忘れずに、それでも不安な耳垢や臭いがみられたら、耳鼻科を受診してください。

次の