夫 選び を 間違え た。 「結婚相手を間違った...」妻が夫選びを間違えたと感じた理由

ちょっと待って!!夫の浮気、相談相手を選び間違えると後悔することに…

夫 選び を 間違え た

恋愛にしても、結婚にしても、女性にとっては自分の人生、そして女性として の幸せを左右するものです。 素敵な男性と出遭い、お互いが人生のパートナーとなり、家族となっていく。 そんな思いで恋をして、結婚をする。 そして、いつまでもその悦びが続く。 素晴らしいことですね。 しかし、そうした思いが「夢」に終わってしまい、悦びもつかの間、「何故、こん なはずじゃあなかった」という女性の何と多いことでしょうか。 そして後悔の念と我慢の日々。 思い切って別れることに。 しかし、次に出遭った男性と、また上手くいかなくな る。 仕事ではそんなことは絶対ないのに、恋愛や結婚では同じ失敗を繰り返 してしまう。 何故なのでしょうか? 女性が男性を好きになる時、先ず重要な要素は、自分の父親です。 良くも悪くも女性というのは、男性を選ぶ時、自分の父親が基準になるので す。 つまり、無意識に自分の父親と比べているのです。 そこで問題となるのが、「どんなお父さんだったのか」ということです。 自分のことを本当に可愛がってくれた、幼い頃スキンシップもたくさんしてく れた、ありのままの自分を全て受け入れてくれた。 そういうお父さんであれ ば、理想の男性(自分を幸せにしてくれる男性)選びの基準にするには、問 題はないわけです。 問題は、そうではないお父さんの場合です。 自分には冷たかった、可愛がってくれなかった、何かと厳しかった、信用され ていなかった。 お父さんに対してこういった不満が心の中にあると、女性は 自分を幸せにしてくれる男性に巡り会える確率が低くなっていきます。 それどころか、本来自分を不幸にするような男性に惹かれていってしまったり、 嫌いだったはずの父親とそっくりの男性に惹かれていってしまったりするので す。 何故でしょうか。 子供というのは親から愛されたいと懇願しています。 親に愛されるためには何で もやります。 もし、父親が自分のことを愛していないと気付いたら、女性というの はそんな父親に自分の方を振り向かせようとあらゆる手段を試みます。 いい子になったり、嫌いなはずのお父さんの背中に抱きついてみたり、とにかく お父さんを喜ばし、お父さんの気に入る子になろうとします。 そんなことを何年も続けていると、ある日、本来なら嫌いなはずの男性に惹かれ ていく自分があるのです。 それは、嫌いなはずだった父親を必死に振り向かせ ようとした、幼い頃の自分そのものなのです。 しかも、その男性は外見はともかく、心の中の肝心な部分が父親とそっくりであっ たりするのです。 しかし、これらの心の動きは無意識のうちにおこなわれるプロセスであるので、 そのことに気付く女性は極めて稀です。 また、こういう心理が働いている女性は、恋人や夫に対して、 「この人は可愛そうな人」と思っていたり、「この人は私が居ないとダメな人なの」 と言ったりします。 これは人を愛するということではありません。 人を愛するというのは、その人を励ます、相手の命を応援する、相手の魂を尊重 するということであって、決してめんどうを見るとか同情をかけるという関係ではあ りません。 これは、その女性の母親が夫である父親に思っていた感情であり、その女性の 両親の夫婦関係そのものだったりします。 こうした幼少期や育ってきた環境要因が、女性の恋愛を狂わせ、夫選びを間違わ せるのです。 そのことを自覚できなければ、そういう女性は次に付き合う男性や 再婚相手とも同じような関係を結んでしまい、同じような辛い目に遭ってしまいま す。 「今度こそは」と強い決意と「この人なら間違いない」という確信をもって一緒にな ったはずが、またしても同じような失敗を繰り返してしまう。 相手の男性が、自分と付き合い始めたり結婚した途端豹変したように感じるので す。 実際に豹変する男性もいますが、男性自身は何も変えていないのに、女性の方 が「あなたは変わった」と言いはじめる場合があります。 それは、嫌いなはずの男性に対して「改造願望」が働いているうちは気付かなか った相手の男性の本質(心のあり方)に、ある日気が付くことになるからです。 「改造願望」とはつまり、「父親と同様自分の嫌いなタイプ、もしくは自分を愛してく れない男性の意識を改造して、自分の方を振り向かせようとする行為」です。 また、そういう女性ほど、本当に自分を幸せにしてくれる男性が目の前に現われ ても、淡白なつまらない男性だと思ったり、自分のコンプレックスを刺激されて自 ら離れていってしまったりするのです。 父親が娘に与える影響の大きさは、はかり知れないものがあります。 女性の恋愛や結婚を狂わせる母親もいるのですが、それはまた改めて考えてみ たいと思います。

次の

初心者が絶対に初めての美容室を間違えない選び方【美容師の本音】

夫 選び を 間違え た

平凡でまっとうな幸福を味わってみたかった。 選び間違えた人生の、正しい方向はどういうものであったか見てみたかった。 人はふたつの人生を生きることはできない。 … 山本文緒『ブルーもしくはブルー』 より引用• 僕も、脚に気持ち悪くまとわりついているスカートを広げながら腰かける。 父さんが選び間違えたミキの私服は超ミニスカートの制服風ツーピースだったから、パッと見には、雨宿りしている二人の女子中学生に見えるだろう。 が、ぬれてぴったり胸にはりついた二人のブラウスを見てみると、実はそうじゃないことがはっきりとわかった。 … 風野潮『僕はアイドル? 02 26』 より引用• 少々言葉を選び間違えたようだね。 そして今の答えに至った推理も話していない。 どうも私には男を見る目がないらしい。 夫も、不倫相手も選び間違えた。 ゴーゴーとすさまじいエンジン音を聞きながら、私はもう一口コーヒーを啜った。 … 山本文緒『ブルーもしくはブルー』 より引用• もうひとつの人生、それも正しい人生が、別の場所で営まれているのだ。 私は選び間違えた。 きれいな見かけに騙されて、私は欠陥車を選んでしまったのだ。 … 山本文緒『ブルーもしくはブルー』 より引用.

次の

バカ旦那

夫 選び を 間違え た

相手のステータスにこだわるのは、父が偉大だから 東海地方で暮らす杉山恵さん(36歳・仮名)は、今から3年前の33歳の時に結婚しました。 結婚相手の男性は、海外から輸入したPC用品や、健康食品などをネットで販売する会社を経営していました。 経営者という相手のステータスに惹かれたため、出会って3か月で入籍をしました。 「彼は私より5歳年上で、出会った時は38歳でした。 『収入も高く、動物好きでいい人なのになぜ独身なのだろう』と思いました」 と疑いのない素直な瞳で語りだす恵さん。 一体、どのような環境で育ってきたのでしょうか。 彼女の両親は、地元で複数の飲食店の経営をしていたそうです。 「私の両親は高齢で私を産んだため、一人っ子でした。 小学生の頃は、漫画もゲームも禁止、厳しかったですね。 母親の意向で、私立の女子校に中学校から通っていました。 周りの同級生も裕福な家庭の子が多くて、ピアノやバレエなど習い事も当たり前でしたね。 私も放課後は習い事に行ったり、母親とデパートで買い物して喫茶店でお茶したり。 そういうのが当たり前の環境で育ちました」 周りの同級生たちは付属の女子大を卒業すると、そのまま系列校の幼稚園で保育士として働いたり、ピアノの先生になったりと就職し始めたそうです。 「あまり将来のこととか考えていなかったので、就職活動も行きたい企業しか受けませんでした。 結局、どこも採用にはならなかったので、親類の紹介で財団法人の事務として入社しました。 入ってみたら、大卒なのに給与が短大と同じ一般職扱いでショックを受けました。 なかなか給与も上がらず、モチベーションも上がらない状況で働いていました。 女子校の同級生たちとは定期的に会っていたのですが、近況報告をしてもいつも『仕事はつまらない』と言っていましたね」.

次の