青二塾大阪校。 地方でも通える声優養成所

青二塾

青二塾大阪校

aoni. html 青二塾の特徴 週1日~3日の授業回数で平均2年間。 これが多くの養成所が採用しているカリキュラムです。 しかし、青二塾は1年間週5日、授業は午前10時~午後5時までとみっちり詰まった密度の濃い授業を展開。 入学の倍率も高く、その後の プロダクション所属への道のりも厳しいですが、 本格的な実力派声優になるには、挑戦する価値のあるところと言えるでしょう。 因みに青二塾では、 秋に旅行会という行事があります。 入塾後、必死に努力を重ねてきた生徒の皆さんへの、一泊旅行のご褒美。 そこには青二プロダクションのスタッフの方も参加されるそうです。 卒業後についてのレクチャーも受けられるそうなので、現場について知るのに良い機会と言えそうです。 青二塾の評判• 肉体的には辛かったけれど、仲間や先生に恵まれ、多くを学ぶことができました。 がむしゃらにやった1年間は自分にとって宝物。 役者として必要なマナーや社会性を学ぶことができました。 厳しい指導でしたが、これからを考えたら非常に役立ったと思います。 プロダクション所属のオーディションはやはり厳しい。 それでもここで勉強する価値はある。 プロダクション所属への道のりは高倍率! 青二塾の母体プロダクションとなっているのは青二プロダクション。 声優業界の最大手プロダクションといっても過言ではありません。 古谷徹さんや 柴田秀勝さん、 青野武さんなどのベテラン声優から、 神谷浩史さんや 緑川光さん、 野中藍さんといった人気中堅~若手声優まで、多数所属しています。 養成所の入学倍率も高い青二塾ですが、 プロダクション所属のためのオーディションも非常に競争率が高いと言われています。 「険しい道のり」というイメージが強い青二塾ですが、卒業生は貴重な、素晴らしい経験をすることができたという意見がたくさん。 挑戦を検討するのも良いかもしれません。

次の

地方でも通える声優養成所

青二塾大阪校

声優を目指している高校三年生です! 私は今進路で迷っています。 大学に行きたいけど、バカすぎるので試験がAO、推薦の道しかありません。 声優の養成所に通い始めて2年目になります。 1年目で演技の基礎、身体で表現することがいかに大事かを思い知り進学先でもそのことをもっとよく学びたいと思い演技系のある大学を探しています。 ・日本大学芸術学部演劇学科 ・桜美林大学 ・玉川大学 ・桐朋学園芸術短期大学 ・多摩美術大学 この5つの大学は東京演劇大学連盟があるそうで、そのような連盟を組んでいるということはよほど凄く演技について本気で取り組める環境があると思いこの5つに絞っています。 ですが、日藝は学費が高すぎるのでほぼほぼ諦めています。 今のところ桐朋の芸術科演劇専攻の総合型Aで志望しています。 大阪の芸術大学は声優のコース?があると聞きました。 大学でそのようなことがあるのは珍しいと見ました。 総合型A、Bで40名とありますが、実際のところ総合Bで受かる割合の方が多いのでしょうか? また、他の大学のいいところなどを聞けたら幸いです。 順番に説明していきますね。 東京に近い所の高校生か、関西など西日本側かで違いますが。 大阪芸術大学 大阪芸大 だと、何年か前から、 「 声優コース 」の学科などを、実際に作っています。 青二の声優さんが、大阪に講師にしに行って、教えてるくらい本格的です。 大阪芸大の、4大と短大で、それぞれ、声優系のコースになってます。 デビュー実績の例としては、 大阪芸大の、4大から、春に、青二の新人声優さん2名所属くらい、 大阪芸大の、短大から、春に、青二の新人声優さん1名所属くらい、 これくらいの年が、何年か前の実績で、あったほうでした。 これくらいの若干名なら、青二の所属枠をもってるみたいなものです これは、毎週の月曜夜に放送の、文化放送の ラジオ番組の、 「 青山二丁目劇場 」のスポンサーを、大阪芸大がやってるという、 ビジネス関係もある影響が考えられます。 質問文で、日大の藝術学部でも、お金で大変と書いてるとなると、 大阪芸大も、キツイのではないかなと、思いましたけどね。 西日本のほうの高校生さんで、大阪芸大の短大あたりにするかは、 親や、高校の先生にも、よく聞いてみてはどうかなという感じですが。 もう1つ、質問文の大学名の並びより、レベルが高すぎますけど、 神奈川県川崎市に、洗足学園音楽大学 もあるわけです。 洗足の「声優アニメソングコース」が、4年前に始まっていて、 ちょうど 2020年春、今年から、第1期の卒業生も出ました。 さっそく、マウスプロモーションの新人さんが1人、 洗足の、声優アニソンコースの人でした。 以前に、オフィスアネモネ:井上喜久子さんの事務所 にいて、 そっちを退所して、洗足で勉強し直したのか、今年の春に、 卒業してきて、マウスの新人さんにいきなり所属の人ですが 洗足だと、堀江美都子さんが、アニソンの講師をされています。 他の、名のあるアニソン歌手の皆さんもかなり、洗足に来て教えます。 そして 81produce 俳協 青二 マウスプロモーション など、 声優事務所の声優さんも、洗足の講師で教えています。 堀江美都子さん自身が、長年、青二 に所属の、 アニソン歌手&声優さんですし。 洗足の、声優アニメソングコースのページも、参考に見るといいかも。 音大の4年間なので、学費が高くて大変じゃないかとは思いますが 質問文にあるように、演劇系の学科のある大学だとなると、 桐朋学園芸術短期大学 だったら、短大ですむのかなとも 考えてしまいますけどね。 ただ、ここは、入試で実技試験をやりますし、 体育館か講堂みたいな場所で、平均台や何か並べて、 体の動きを見る実技もあったはず カモミール社 という出版社が発行している、 「 テアトロ 」という雑誌で、年1回くらい、 「 テアトロ増刊 俳優タレント養成ガイド 」というのも出るので、 桐朋学園など、演劇系の所の、入試課題の記事なども出ていました。 演劇系などに詳しい、学校の先生や誰かに聞くほうがいいかも。 玉川や桜美林など、演劇系の学科のある所が質問にありますが、 さすがに、アドバイスはしづらいですね、、。。 ほんとに、そういう所で、大学4年間でいいのかどうかと。 ずっと、演技や芸能系で生きていく人でないと、大変ですよ。 普通の就職も考えて、自分で給料かせいで、 食っていくことは考えなくていいのだろうかと、思いましたが。 念のため、他の大学の例も付けておきますね。 城西国際大学の、メディア学部 メディア情報学科 だったら、 声優の、松野太紀さんが、講師されてますけどね。 かなり以前の年から、講師されてたような。 大阪芸大 や 洗足 のコースは、わりと近年のほうになります。 偏差値が下のほうの大学を、こうやって書いていいのかと、 さすがに心配になりますが、引用はしておきますね。 城西国際大学のページから 松野太紀さんの、講師紹介ページ 質問文の各大学のように、モロに演劇系の学科などより、 少しは、メディア業界系の大学の学科にしてると考えられますが。 アナウンサー経験者の人なども、城西で講師されてるようです。 このあたり、親や高校の先生にも、よく聞いてみてはどうですか。 あと、さすがに、学力面などで自信がないほうだとしたら、 大学進学でなく、専門学校も選択肢かもしれないですけどね。 専門学校だったら、高卒後2年間ですし。 費用面で、4年制大学が心配なら、どう考えるかですから。 東京アナウンス学院 東放学園 の、放送声優科なら、 かなり有名な、伝統校の専門学校ですけどね。 質問者さんも、この、通称で「アナ学」の卒業生の声優さんは、 名前を知ってる声優さんが、いそうに思います。 あるいは、日本工学院なども、声優コースは知られてるほうでした。 東京アナウンス学院 東放学園 や 日本工学院 なら、 認可校の専門学校ですし、いちおうは、専門卒の学歴にはなります。 AMG アミューズメントメディア総合学院 東京校 が、 2000年代の最近の十数年は、新人声優さんが多くて知られてますが、 さすがに、無認可校の芸能スクールみたいなもので、 電車の定期券が高くなる 学生じゃないから、通学定期にならない し、 学歴になりませんので、選択肢にできないでしょうね。 なんか、本当に、高卒後が、演技関係の学校でいいのかどうか、 心配になってしまいますけどね。 いっそのこと、高卒後の1年間は、 青二塾東京校に、1年間行くだけでいいと、親が許可するなら、 青二塾東京校を、受けてみますか?、とでも書きたいケースです。 青二塾は、さすがに、学歴にはなりませんし、 高卒後に、運よく1年間通えたとしても、 その間は、そういうことしかしてない人にしかなりません。 デビュー率の傾向は、運よく、青二塾に入れた同期の生徒だとして、 ざっと、1割くらいが、青二塾の新人さんに上がる、近年の傾向でした。 青二塾の、東京校と大阪校で、各2クラス 東京大阪で計4クラス で、 それぞれ、8~9名くらい、新人所属が近年の傾向でした。 1クラス 40名くらいだとして、4名の新人さんの割合いです。 東京大阪の青二塾から、計20名弱の新人さんが近年いたので。 青二の春の新人さんは、近年は多めだったので、 2020年春の新人所属の人は、合計 38名もいましたが。 たぶん、この半分くらいが、青二塾からだったのが、近年の傾向 青二塾に行っても、9割はアウトで、新人になれないので、 成功率がかなり不利な、賭けごとになってしまいますけど。 1年間で、学費100万円で済むくらいが、利点ですが、成功率が問題すぎ まあ、これを認めてくれる親も、少ないのでしょうね。 國府田マリ子さんが、青二塾を受けた時は、おそらく、 玉川大学の、通信制の学科を受けておいて、 スベリ止めにしてあったと考えられます。 青二塾に受かったので、そっちにした人じゃないかなと。 まだ、質問のような進路検討は、これから十分に調べて、 考えていったほうがいいでしょうね。 金を出してくれる親の考えは、くれぐれも、よく確認しましょうね。 名古屋が近い、中部圏の高校生さんだったら、 名古屋の、あそこの芸大が、声優アクティングコースを作ったし、 以前からあった、名古屋の、あそこの短大が、 以前からの、アナウンス系の短大の学科を組み替えて、 声優系に、近年に作り直していたようでした。 さすがに、名古屋の、この2校では、 声優デビュー実績は難しいでしょうから、 すすめる気にもならないと思ってますが。 大阪芸大みたいに、本気で講師を呼んでるとは言えないし、 洗足みたいに、非常に充実した講師陣を、そろえたわけではないから.

次の

青二塾について語るスレ part8 | ラブチカ速報

青二塾大阪校

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年2月) 株式会社青二プロダクション Aoni Production Co. Ltd. 市場情報 非上場 略称 青二プロ 青二 本社所在地 〒107-8572 3-1-2 青山セント・シオンビル5階 設立 () 事業内容 のマネージメント 他 代表者 竹内健次郎 資本金 2,600万円 純利益 2億8198万1000円(2018年08月31日時点) 総資産 42億3327万7000円(2018年08月31日時点) 従業員数 65名(所属声優を除く) 主要子会社 株式会社青二音楽出版 株式会社青二エンターテインメント 関係する人物 久保進(創業者・元) 外部リンク 株式会社青二プロダクション(あおにプロダクション)は、の。 略称は「 青二プロ」「 青二」。 名称の「青二」とは、当初の本社の所在地がの「 2丁目にあることから付いた」という説が有力であるが、その他にも「 青二才」から採ったという説もある。 事務所の所在地は創業以来南青山2丁目から離れていなかった が、2019年3月に3丁目に移転している。 会社のロゴデザインは設立当時からのメンバーである声優のが手がけた。 概要 [ ] (俳協)の(組合員)だった (出身 )が(44年) 、日本で初の専門のとして設立。 1976年9月にから株式会社に開祖。 基本理念は「 優れた声優は優れたでもある」。 (設立時のメンバー)、日本商品化権協会などに加盟。 声優部門を維持し、などの他分野にも拡大・進出により、近年 [ ]では、、も所属。 創業の経緯は、久保進が東映動画(現:)の仕事を中心にしていたため、その仕事中心の会社を設立したかったというもので 、設立当初のより東映動画との関係が深く、半ばまで東映動画の作品に声をあてた声優の大半が青二プロダクション所属声優で占められていた。 東映動画作品の声の出演者のには「協力:青二プロダクション」が必ずと言っていいほど表示されており、キャスティング業務を行っていた。 しかし、()頃より東映の関連プロダクションである(2011年3月までは)も東映アニメのキャスティングを行うようになったために、それ以降は青二プロの独占ではなくなった。 なお東映アニメ以外でも、、、、、制作アニメのキャスティングを行っていたこともある。 では、、製作のゲームに青二プロ所属声優が数多く声をあてている。 夏に18名のメンバーが離反して、青二プロは分裂。 を中心とした脱退組はを設立した。 以降、青二プロがキャスティングする番組には長くバオバブ所属声優が出演することはなかった。 9月から付属養成所としてをオープン。 、古市利雄が社長に就任。 、とタッグを組み「全日本美声女コンテスト」を開催。 これにより選ばれた数名が、ジャンル毎のマネジメント分担により青二プロとオスカープロとの同時所属となる。 、本社所在地を東京都港区の青山セント・シオンビルに移転した。 、体制変更。 竹内健次郎が社長に就任。 前社長の古市利雄は相談役として残る。 所属声優 [ ] 男性 [ ] あ行• 女性 [ ] あ行• ジュニア所属 [ ] あ行• かつて所属していた声優 [ ] 在籍中に死去した人物については公式サイトで「In Memoriam」枠で掲載されている。 男性 [ ] あ行• (在籍中に死去)• (現所属:)• (在籍中に死去)• (在籍中に死去)• 在籍中に死去• (現所属:)• (フリー)• (現所属:)• (引退)• (在籍中に死去)• (現所属:)• (フリー)• (現所属:)• (現所属:81プロデュース)• (在籍中に死去)• (フリー)• (現所属:)• (現所属:)• (に移籍後死去)• (現所属:)• (フリー) か行• (現所属:)• (に移籍後死去)• (現所属:)• (在籍中に死去)• (在籍中に死去)• (現所属:81プロデュース)• (現所属:代表)• (に移籍後死去)• (81プロデュースに移籍後死去)• (現所属:ユンカース・エージェンシー)• (現所属:)• (81プロデュースに移籍後死去、主宰)• (現所属:)• (現所属:)• (現所属:)• (現所属:プロダクション・エース)• (在籍中に死去)• (引退) さ行• (フリー)• (シナリオライターとして活動)• (現所属:ギュラ)• (現所属:)• (在籍中に死去)• (現所属:、としても活動)• (現所属:代表取締役会長)• (在籍中に死去)• (現所属:)• (引退)• (現所属:ブックスロープ)• (引退後死去) た行• (フリー)• (在籍中に死去)• (在籍中に死去)• (在籍中に死去)• (に所属後引退)• (に移籍後死去)• (現所属:)• (在籍中に死去)• (現所属:)• (現所属:)• (在籍中に死去)• (フリー)• (現所属:)• (現所属:ぷろだくしょんバオバブ)• (ぷろだくしょんバオバブに移籍後死去) な行• (在籍中に死去)• (現所属:)• (在籍中に死去)• (現所属:)• (現所属:フォルトォナプロモーション)• (設立後死去)• (現所属:) は行• (フリー転向後死去)• (引退)• (現所属:代表取締役)• (在籍中に死去)• (フリー)• (初代塾長、在籍中に死去)• (フリー)• (現所属:代表取締役)• (フリー)• (現所属:アクロス エンタテインメント)• (現所属:アクセント)• (現所属:代表取締役) ま行• (設立後死去)• (現所属:)• (現所属:プロダクション・エース)• (現所属:)• (在籍中に死去)• (現所属:代表)• (現所属:プラスワンカンパニー) や行• (フリー)• (在籍中に死去)• (OYSプロデュース設立後死去)• (現所属:代表取締役)• (現所属:ケースエンターテイメント)• (現所属:) わ行• (在籍中に死去)• (現所属:) 女性 [ ] あ行• (現所属:)• (フリー)• (現所属:アクセント)• (フリー)• (引退)• (現所属:)• (現所属:)• (現所属:ちひらぼっ! 取締役)• (在籍中に死去)• (フリー)• (フリー)• (引退)• (現所属:)• (現所属:)• (現所属:)• (現所属:)• (フリー、(業務提携))• (フリー)• (現所属:アクロス エンタテインメント)• (引退)• (現所属:)• (引退)• (引退)• (現所属: 81プロデュース)• (現所属: アクターズ・セブン) か行• (現所属:アクロス エンタテインメント)• (フリー)• (引退)• (フリー)• (現所属:アニモプロデュース)• (現所属:)• (現所属:)• (現所属:VOICEプロ アルカンシェル)• (引退)• (現所属:)• (現所属:)• (現所属:81プロデュース)• (フリー)• (旧名:伊藤マリ江、引退)• (現所属:81プロデュース)• (フリー)• (現所属:81プロデュース)• (現所属:取締役)• (に移籍後死去)• (フリー)• (現所属:)• (在籍中に死去)• (現所属:ワイズビジョンアンドクロス)• (現所属:RME)• (引退) た行• (引退)• (フリー)• (現所属:)• (引退)• (引退)• (フリー)• (現所属:)• (現所属:ピクニック)• (現所属:81プロデュース)• (在籍中に死去)• (在籍中に死去)• (フリー)• (在籍中に死去)• (現所属:賢プロダクション)• (現所属:ルックアップ)• (フリー)• (現所属:アクロス エンタテインメント)• (現所属:)• (現所属:アクセルワン) な行• (フリー)• (現所属:)• (引退)• (現所属:)• (現所属:ケッケコーポレーション)• (現所属:劇団森羅万笑、劇団夏の大三角形、劇団tea for two)• (在籍中に死去)• (現所属:アクロス エンタテインメント)• (現所属:)• (フリー)• (現所属:)• (フリー)• (フリー)• (フリー)• (現所属:賢プロダクションゼネラルマネージャー) は行• (現所属:(おはよーサンフランシスコ))• (フリー)• (現所属:ぷろだくしょんバオバブ)• (現所属:東京俳優生活協同組合)• (現所属:)• (現所属:)• (引退)• (現所属:主宰)• (引退)• (フリー)• (在籍中に死去)• (現所属:コスモスペース)• (フリー)• (引退)• (引退)• (現所属:トルバドール音楽事務所)• (在籍中に死去)• (現所属:)• (在籍中に死去)• (現所属:)• 現所属:81プロデュース)• (在籍中に死去)• (現所属:アクセント)• (フリー)• (フリー)• (現所属:)• (現所属:プロダクション・タンク)• (現所属:アーツビジョン)• (現所属:81プロデュース)• (現所属:81プロデュース)• (現所属:)• 現所属:• (現在はプロ雀士として活動)• (引退)• (引退、マネージャーとしてディーカラーに在籍)• (フリー) 青二ミュージアム"Voisphere" [ ] 創立30周年を記念して8月から3月まで・付近にあった、分室の1階を利用して設置された資料館。 名前は「ヴォイスフィア」で、「声の殿堂」を意味するVoiceとSphereの造語。 所属声優の関連グッズショップとイベント会場を兼ねており、朗読会や所属声優のファンクラブのイベントが開催されたほか、に放送されたラジオ番組「」(パーソナリティ:と、放送は)の収録はここで行われていた。 青二塾を卒業したばかりのジュニアメンバーが日替わりで来店してトークショーを行っていたこともあった。 さまざまなグッズが企画・販売されたが、中でも人気声優の声を録音した(製造は)は目玉商品の一つだった。 ミュージアムのイベントが開催される度に声優と台詞のバリエーションが増え、ミュージアムへ時計を持ち込んで別の声優の声と台詞を録音してもらって楽しむことができた。 系「」の神楽坂の回でこの時計が紹介されていた。 入口に鎮座していた黒いマスコットキャラクター「アミュー」は来館者やファンから名称を公募、娯楽を意味する「 アミューズ」(Amuse)と「 あおに ミュージアム」を掛け合わせて命名された。 ミュージアム末期には「マミタケじゃナイト」(パーソナリティ:・)にも登場し、非公式ながら女性バージョンの「アミュ子」も設定されていた。 関連会社 [ ]• (附属養成所)• 青二企画• 青二音楽出版• 青二エンターテインメント 東映アニメーション キャスティング協力作品 [ ]• (1971年)• (1972年)• (1972年)• 第1作(1973年)• (1973年)• (1973年)• (1973年)• (1973年)• (1974年)• (1974年)• (1974年)• (1974年)• (1975年)• (1975年)• (1975年)• (1975年)• (1975年)• (1976年)• (1976年)• (1976年)• (1976年)• (1977年)• (1977年)• (1977年)• (1977年)• (1978年)• (1978年)• (1978年)• (1978年)• (1979年)• (1979年)• (1980年)• (1980年)• (1981年)• (1981年)• (1981年)• (1981年)• (1982年)• (1982年)• (1982年)• (1982年)• (1982年)• (1982年)• (1982年)• (1983年)• (1983年)• (1983年)• (1983年)• (1983年)• (1984年)• (1984年)• (1984年)• (1984年)• (1984年)• (1985年)• (1985年)• (1985年)• (1986年)• (1986年)• (1986年)• (1986年)• (1986年)• (1987年)• (1987年)• 北斗の拳2(1987年)• (1987年)• (1987年)• (1987年)• (1988年)• (1988年)• (1988年)• 第2期(1988年)• (1988年)• (1989年)• (1989年)• (1989年)• (1989年)• (1989年)• 第2作(1989年)• 第2作(1990年)• (1990年)• (1991年)• (1991年)• (1991年)• (1991年)• (1992年)• (1992年)• (1993年)• (1993年)• (1993年)• TV版(1993年)• (1993年)• (1994年)• (1994年)• (1994年)• (1995年)• (1995年)• (1995年)• (1995年)• ゲゲゲの鬼太郎 第4作(1996年)• (1996年)• (1996年)• (1996年)• (1997年)• (1998年)• 第1作(1998年)• (1999年)• (2000年)• (2000年)• (2001年)• (2001年)• 第1作(2002年)• (2002年)• (2002年)• (2003年)• (2003年)• キン肉マンII世 ULTIMATE MUSCLE(2004年)• (2004年)• (2004年)• (2005年)• (2005年)• 冒険王ビィトエクセリオン(2005年)• (2006年)• キン肉マンII世 ULTIMATE MUSCLE2(2006年)• (2006年)• (2006年)• (2006年)• (2006年)• (2006年)• (2007年)• 第5作(2007年)• (2007年)• (2007年)• (2008年)• (2008年)• (2009年)• (2009年)• (2010年)• (2010年)• デジモンクロスウォーズ 〜悪のデスジェネラルと七つの王国〜(2011年)• デジモンクロスウォーズ 時を駆ける少年ハンターたち(2011年)• リングにかけろ1 世界大会編(2011年)• (2012年)• (2012年)• (2013年)• (2014年)• (2014年)• (2014年)• (2015年)• (2015年)• (2016年)• (2016年)• (2017年)• ゲゲゲの鬼太郎(、2018年)• (2018年)• (2018年)• (2020年) 国際映画社 キャスティング協力作品 [ ]• (本社)• (1973年)• (1973年)• (1974年)• (1975年)• (1976年)• (1976年)• (1977年)• (1978年)• 第2作(1979年)• (2001年)• (1972年)• シリーズ• 宇宙戦艦ヤマト(1974年、1977年)• (1978年)• (1978年)• (1979年)• (1980年)• (1980年)• (1983年)• (1979年)• (1980年)• (1985年)• (1983年)• (1984年)• (1985年)• (1990年)• (1977年)• (1978年)• (1979年)• (1980年)• (1980年)• (1981年)• (1981年)• (1981年)• (1985年)• (1987年)• (1988年)• (1989年)• (1991年)• (1992年)• (1992年)• (1994年)• (1991年 - 1992年)• (1993年)• (1996年 - 1997年)• (1997年 - 1998年)• (1998年 - 1999年)• (2001年 - 2002年)• (2004年 - 2005年)• (2005年 - 2006年)• (2006年 - 2007年)• (2009年)• シリーズ• (1971年)• (1977年)• (1984年)• その他• (1971年)• (1972年)• (1973年)• (1973年)• (1976年)• (1976年)• (1977年)• (1977年)• (1977年)• (1979年 - 2005年)• (1980年)• (1981年)• (1984年)• (1986年)• (1987年)• (1989年 - 1993年)• (1990年の第1期から2005年の第8期まで)• (1993年)• (2006年 - )• (2006年 - )• (2007年)• (2012年 - )• (2013年)• (2014年) ゲームのキャスティング協力作品 [ ]• (2009年)• 仮面ライダー クライマックスヒーローズW(2009年)• 仮面ライダー クライマックスヒーローズ オーズ(2010年)• (2011年)• 仮面ライダー クライマックスヒーローズ フォーゼ(2011年)• オール仮面ライダー ライダージェネレーション2(2012年)• 仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ(2012年)• (2013年)• 仮面ライダー バトライド・ウォーII(2014年)• (2014年)• シリーズ• ゴッドイーター(2010年)• ゴッドイーター バースト(2011年)• ゴッドイーター2(2013年)• ゴッドイーター2 レイジバースト(2015年)• ゴッドイーター3(2018年)• (2012年)• (2012年)• (2013年)• (2013年)• スーパーロボット大戦OG ダークプリズン(2014年)• (2014年)• (2015年)• (2015年)• (2016年)• (2017年)• (2018年)• (2019年)• (2002年)• (2004年)• シリーズ• (1989年)• (1992年)• (1993年)• (2005年)• (1997年)• (2005年)• (2008年)• (2012年)• (2014年)• (2015年)• (2018年)• シリーズ• (2000年)• (2010年)• 北斗無双 International(2010年)• 真・北斗無双(2012年)• (2018年)• シリーズ• メルティランサー Re-inforce• メルティランサー The 3rd Planet• シリーズ• (2008年)• (2009年)• (2010年)• (2011年)• (2012年)• (2014年)• (2016年)• (2020年)• その他• (1992年)• (1993年)• (1995年)• (1997年)• (1999年)• 新天魔界ジェネレーションオブカオスIV(2004年)• (2010年)• (2011年)• (2011年)• (2015年)• (2015年)• BLADE XLOAD -ブレイド エクスロード-(2019年)• (2019年) 音響制作作品 [ ]• (テレビ版)• 金色のコルダ〜secondo passo〜• プロモーションアニメ• (サウンドチーム・ドンファンと共同)• (サウンドチーム・ドンファンと共同)• 青二企画名義 [ ]• プロデュース公演 [ ]• 青二プロダクション30周年記念Voice to Festival2000• Voice Fair2004• Voice Fair2006• Voice Fair2007• Voice Fair2008 青二プロダクションから独立した声優事務所 [ ]• ( - )• ( - )• () 脚注 [ ] []• 「青二才」という言葉には「未熟者」という意味が在り「常に初心を忘れずに未熟者のつもりで日々精進する」といった想いが込められているとされる。 野沢雅子著「ボクは声優」に事務所名選定のエピソード。 また所在地の変遷は青二ミュージアムで頒布されていた所属声優一覧の年表から。 2019年3月18日. もぎたてのkanako. 2019年3月18日閲覧。 本がすき。 2018年8月24日. 2019年11月30日閲覧。 日刊スポーツ 2018年2月8日. 2019年11月30日閲覧。 2019年11月30日閲覧。 アニメハック 2018年3月28日. 2019年11月30日閲覧。 2019年11月30日閲覧。 野沢雅子「第2章 声優『野沢雅子』誕生!! 蒼二プロダクション誕生」『ボクは、声優。 』オプトコミュニケーションズ、1995年11月19日、、64頁。 「 2011年1月17日 - 」公式サイト。 『鉄腕アトムと共に生きて 声優が語るアニメの世界』さきたま出版会、2015年、p. 188• 『昭和声優列伝 テレビ草創期を声でささえた名優たち』駒草出版、2017年、p. 179• 古谷徹『ヒーローの声 飛雄馬とアムロと僕の声優人生』角川書店、2009年、p. 読売テレビ. 2019年1月30日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年7月9日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年7月9日閲覧。 青二プロダクション. 2018年2月17日閲覧。 青二プロダクション 2019年3月18日. 2019年11月30日閲覧。 2019年10月開始の第8期からは、個人事務所所属やフリーの声優にも門戸を広げている(従来は、番組ナビゲーターのが朗読を担当する回以外は青二勢が独占していた)。 外部リンク [ ]• - チャンネル(青二プロダクションによる公式チャンネル).

次の