ヴォクシー キャンピングカー。 新型VOXY&NOAHベース車中泊仕様車「MR」。ハイブリッド設定にも対応できます!

ライトキャンパー・フルセット(VOXY/NOAH/ESQUIRE)

ヴォクシー キャンピングカー

普段使いも可能な車中泊仕様「ミニバン」 ミニバンがベースのキャンピングカーの魅力は、通勤・通学や買い物など普段使いができる一方で、アウトドアで快適な車中泊も楽しめること。 ジャパンキャンピングカー2020(1月31日〜2月2日・幕張メッセ)には、そんなオールマイティなクルマが大挙集結! 特に、今回はルーフテント付きモデルが数多く展示されていたので、注目モデルを紹介しよう。 ホンダ・ステップワゴン スパーダ ステップワゴンがベースのDECK ONE(デッキワン)は、5人乗車が可能で普段使いもできる上、最大3名の車中泊が可能なキャンピング仕様車。 製作は「ホワイトハウス」だ。 最大の特徴は、大人2人がゆったりと横になれるポップアップ式ルーフテント。 また、室内には2列目シートを倒してセットするフラットベットも装備。 1列目シートは回転させて2列目シートと対面式にすることも可能で、アウトドアで家族や友人などと楽しい談話に花を咲かせることもできる。 リアゲートには、シンクや収納式のコンロも装備するため、屋外での調理も可能。 大容量の積載性を確保しつつ、実用的な装備にも気を配った仕様だ。 トヨタ・ヴォクシー ヴォクシーのハイブリッド仕様がベースのキャンピングカーが、VOXY DAYS POP WEEKENDER(ヴォクシー デイズ ポップウィークエンダー)。 こちらも製作は「ホワイトハウス」で、ステップワゴンと同様、ポップアップルーフを装備して、ルーフを挙げれば大人2名が就寝できるロフトに早変わりする。 室内は、2列目シートとベッドマットを組み合わせることで、大人2名がゆったりと横になれるベッドスペースとなる。 また、オリジナルの2列目シートはセパレートタイプで、自在なアレンジが可能。 3列目シートも使用可能なため、2列目と3列目を対座式にし快適なリビング空間を作ることもできる。 ほかにも、給排水10Lタンクを装備したキッチンスペースには、収納式テーブルや電子レンジなども搭載。 ホワイトウッド調の家具が、室内を華やかな印象を与えてくれる。 ホンダ・フリード+ 愛犬と楽しく過ごすためのキャンピングカーとして開発されたのが「FREED+DOG LOVER(フリードプラス ドッグラバー)」。 ベースは、2列シート5人乗り仕様のフリードプラスで、製作はやはり「ホワイトハウス」だ。 テールゲートには、ゲートを開けた際に愛犬が飛び出さないようにネットを装備、後部にはスライド式収納スペースもあり、愛犬のおもちゃなどを入れることも可能だ。 キャンピングカーとしての装備も充実で、クッションマットにより2列目以降のスペースがベッドスペースに早変わり。 ポップアップ式ルーフテントと合わせ、計4名の就寝が可能だ。 また、1列目シートは回転式で、2列目と対面式にできるほか、革のような風合いのシートカバーは、高級感と座り心地の良さを両立している。

次の

ヴォクシー・キャンパー :ホワイトハウス キャンパー

ヴォクシー キャンピングカー

普段使いも可能な車中泊仕様「ミニバン」 ミニバンがベースのキャンピングカーの魅力は、通勤・通学や買い物など普段使いができる一方で、アウトドアで快適な車中泊も楽しめること。 ジャパンキャンピングカー2020(1月31日〜2月2日・幕張メッセ)には、そんなオールマイティなクルマが大挙集結! 特に、今回はルーフテント付きモデルが数多く展示されていたので、注目モデルを紹介しよう。 ホンダ・ステップワゴン スパーダ ステップワゴンがベースのDECK ONE(デッキワン)は、5人乗車が可能で普段使いもできる上、最大3名の車中泊が可能なキャンピング仕様車。 製作は「ホワイトハウス」だ。 最大の特徴は、大人2人がゆったりと横になれるポップアップ式ルーフテント。 また、室内には2列目シートを倒してセットするフラットベットも装備。 1列目シートは回転させて2列目シートと対面式にすることも可能で、アウトドアで家族や友人などと楽しい談話に花を咲かせることもできる。 リアゲートには、シンクや収納式のコンロも装備するため、屋外での調理も可能。 大容量の積載性を確保しつつ、実用的な装備にも気を配った仕様だ。 トヨタ・ヴォクシー ヴォクシーのハイブリッド仕様がベースのキャンピングカーが、VOXY DAYS POP WEEKENDER(ヴォクシー デイズ ポップウィークエンダー)。 こちらも製作は「ホワイトハウス」で、ステップワゴンと同様、ポップアップルーフを装備して、ルーフを挙げれば大人2名が就寝できるロフトに早変わりする。 室内は、2列目シートとベッドマットを組み合わせることで、大人2名がゆったりと横になれるベッドスペースとなる。 また、オリジナルの2列目シートはセパレートタイプで、自在なアレンジが可能。 3列目シートも使用可能なため、2列目と3列目を対座式にし快適なリビング空間を作ることもできる。 ほかにも、給排水10Lタンクを装備したキッチンスペースには、収納式テーブルや電子レンジなども搭載。 ホワイトウッド調の家具が、室内を華やかな印象を与えてくれる。 ホンダ・フリード+ 愛犬と楽しく過ごすためのキャンピングカーとして開発されたのが「FREED+DOG LOVER(フリードプラス ドッグラバー)」。 ベースは、2列シート5人乗り仕様のフリードプラスで、製作はやはり「ホワイトハウス」だ。 テールゲートには、ゲートを開けた際に愛犬が飛び出さないようにネットを装備、後部にはスライド式収納スペースもあり、愛犬のおもちゃなどを入れることも可能だ。 キャンピングカーとしての装備も充実で、クッションマットにより2列目以降のスペースがベッドスペースに早変わり。 ポップアップ式ルーフテントと合わせ、計4名の就寝が可能だ。 また、1列目シートは回転式で、2列目と対面式にできるほか、革のような風合いのシートカバーは、高級感と座り心地の良さを両立している。

次の

新型VOXY&NOAHベース車中泊仕様車「MR」。ハイブリッド設定にも対応できます!

ヴォクシー キャンピングカー

普段使いも可能な車中泊仕様「ミニバン」 ミニバンがベースのキャンピングカーの魅力は、通勤・通学や買い物など普段使いができる一方で、アウトドアで快適な車中泊も楽しめること。 ジャパンキャンピングカー2020(1月31日〜2月2日・幕張メッセ)には、そんなオールマイティなクルマが大挙集結! 特に、今回はルーフテント付きモデルが数多く展示されていたので、注目モデルを紹介しよう。 ホンダ・ステップワゴン スパーダ ステップワゴンがベースのDECK ONE(デッキワン)は、5人乗車が可能で普段使いもできる上、最大3名の車中泊が可能なキャンピング仕様車。 製作は「ホワイトハウス」だ。 最大の特徴は、大人2人がゆったりと横になれるポップアップ式ルーフテント。 また、室内には2列目シートを倒してセットするフラットベットも装備。 1列目シートは回転させて2列目シートと対面式にすることも可能で、アウトドアで家族や友人などと楽しい談話に花を咲かせることもできる。 リアゲートには、シンクや収納式のコンロも装備するため、屋外での調理も可能。 大容量の積載性を確保しつつ、実用的な装備にも気を配った仕様だ。 トヨタ・ヴォクシー ヴォクシーのハイブリッド仕様がベースのキャンピングカーが、VOXY DAYS POP WEEKENDER(ヴォクシー デイズ ポップウィークエンダー)。 こちらも製作は「ホワイトハウス」で、ステップワゴンと同様、ポップアップルーフを装備して、ルーフを挙げれば大人2名が就寝できるロフトに早変わりする。 室内は、2列目シートとベッドマットを組み合わせることで、大人2名がゆったりと横になれるベッドスペースとなる。 また、オリジナルの2列目シートはセパレートタイプで、自在なアレンジが可能。 3列目シートも使用可能なため、2列目と3列目を対座式にし快適なリビング空間を作ることもできる。 ほかにも、給排水10Lタンクを装備したキッチンスペースには、収納式テーブルや電子レンジなども搭載。 ホワイトウッド調の家具が、室内を華やかな印象を与えてくれる。 ホンダ・フリード+ 愛犬と楽しく過ごすためのキャンピングカーとして開発されたのが「FREED+DOG LOVER(フリードプラス ドッグラバー)」。 ベースは、2列シート5人乗り仕様のフリードプラスで、製作はやはり「ホワイトハウス」だ。 テールゲートには、ゲートを開けた際に愛犬が飛び出さないようにネットを装備、後部にはスライド式収納スペースもあり、愛犬のおもちゃなどを入れることも可能だ。 キャンピングカーとしての装備も充実で、クッションマットにより2列目以降のスペースがベッドスペースに早変わり。 ポップアップ式ルーフテントと合わせ、計4名の就寝が可能だ。 また、1列目シートは回転式で、2列目と対面式にできるほか、革のような風合いのシートカバーは、高級感と座り心地の良さを両立している。

次の