琵琶湖 バス 釣り 現状。 琵琶湖バス釣りの現状ってどう?セコ釣りワームで爆釣必死?

【琵琶湖の藻刈り(水草)問題】滋賀県よ、何故そこに金をかける?

琵琶湖 バス 釣り 現状

外来魚と琵琶湖 まずはこちらをご覧ください。 これは「外来魚回収ボックス」と言い、琵琶湖にある釣りスポットの多くにはこの箱が設置されています。 琵琶湖での釣りのルールに 「外来魚のキャッチ&リリース禁止」というものがあり、外来魚 ブルーギルやブラックバス は、釣ったら放流することが禁止されています。 というのも、琵琶湖は1960年代の後半から外来魚が放流されはじめ、琵琶湖の生態系が崩れ始めたことがきっかけです。 1990年代にはブルーギルやブラックバスなどが爆発的に増加し、モロコやフナ、スジエビなどと言った元々琵琶湖に生息していた在来魚が大幅に減少し、ほとんど姿をも見ることがなくなりました。 その対策として滋賀県では2003年から外来魚の再放流を禁止する条例ができ、かと言って釣った魚を持って帰るわけにもいかないので、その受け皿として「外来魚回収ボックス」が設置されたというわけです。 この外来魚問題が個人的にものすごく胸に引っかかっているんです。 ぜひ皆さんも一緒に頭を悩ませていただければと思います。 琵琶湖を戻す会 まずは、外来魚問題と17年間向き合い続けている「琵琶湖を戻す会」の代表にお話を聞きに行きました。 「琵琶湖を戻す会」代表の高田さん いえ、そんなことはありません。 一人一人の力は小さいですが 知ってもらうことが大切なんです。 実は高田さんは、琵琶湖を戻す会の代表をしておられるだけでなく、他にも様々な団体の要職を務めておられます。 その中でも「淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワーク」という淀川で活動している団体ではその成果が表れているそうです。 高田さんの名刺 外来魚問題と言えば琵琶湖ばかりに目が行きがちですが、日本全国各地の問題です。 淀川もその一つで、外来魚の放流・繁殖が原因で、 日本国指定の天然記念物であり、国内希少野生動植物種でもある「イタセンパラ」という淡水魚が淀川から姿を消しました。 しかし、高田さんたちの呼びかけで、企業や大学などと連携して外来魚駆除を行い、なんと 「イタセンパラ」が淀川に帰ってきたのです! やっぱり僕たちだけでは限界があるので、まずは皆さんにはこの現状を知ってもらいたいですね。 「琵琶湖を戻す会」では、定期的に外来魚駆除を目的とした釣り大会が開催されています。 少しでも興味を持たれた方はぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。 命をどう扱うか 高田さんのお話を伺って、外来魚を何とかしなければならない。 そのために自分も何かできることをしたい。 と思ったのですが、琵琶湖一周釣り対決をしている最中に、 釣り人の方から聞いた話にも、無視はできないものがありました。 僕たちは放流する。 琵琶湖での外来魚の放流は条例によって禁止されています。 しかしそれを知った上で、 「僕たちは釣った魚は放流する。 」と、はっきり言い切る方々がおられました。 1人や2人ではありません。 もちろん全員ではありませんし、条例をきっちり守っておられる方もいました。 それでも、琵琶湖の釣り人にはそういう方々が少なからずおられます。 しかし、彼らの話がただの身勝手な意見ではないような気もするのです。 最初にお見せした外来魚回収BOX その中身です。 おわかりでしょうか? 外来魚回収BOXは、言ってしまえばゴミ箱と同じ構造です。 マナーの悪い方が捨てたであろうペットボトルが入っているような場所もありました。 (滋賀県として英語表記や日本語表記で『ゴミを捨てないでください』という旨を記していても、ゴミは捨てられるそうです。 回収ボックスはゴミ箱ではありません。 絶対にゴミを入れないでください。 ここにブルーギルを入れるのですが、当然生きているので中でビチビチと跳ねるのです。 正直この行動に違和感を感じていました。 そんな中で釣り人の方に言われました。 僕には子どもがいるんだけど、生き物をゴミみたいに扱うような教育はしたくない。 ……確かにわかるんですよね。 じゃあ針を食わせて生き物を釣り上げる行為そのものはどうなんだ。 とか、 普段魚食ってるだろ?それだって殺してるじゃないか。 とか、 まぁそういう考えもわかるんですけど、本音と建て前っていうか、子どもの前では、みたいなのってあるじゃないですか? 例えば僕なんかは、こんなとこ車通らないし信号機いらないだろ!みたいな信号は無視しちゃうんですね。 (みんなそうだよね?ここで批判とかしないでね。 ) でもランドセル背負ってるような小学生が近くにいたら赤信号は待ちます。 回収BOXにしたって、僕が利用する分にはそこまでの嫌悪感は無いけど、子どもにはそういうのして欲しくないんですよね。 生き物は大切にしなきゃいけないんだよ。 命は粗末にしちゃいけないんだよ。 って言いたい。 矛盾してるような気もするんですけど、大人的にOKだから子どももOKってのはまた違うと思うんです。 それと同時に、ルールは守らなきゃいけないよ。 とも言いたいんですけど。 だから、外来魚を駆除しようってことは個人的には賛成ですが、 外来魚回収BOXに子どもが生きた魚を投げ入れてる姿を想像すると、何ともモヤモヤしてしまう。 高田さんに聞いてみた。 このモヤモヤした気持ちを高田さんにもそのまま伝えてみました。 協力はしたいけど、でもどうやって処理したらよいかわからない。 という人への受け皿なんですよね。 話はわかります。 それはすごくわかる。 ただ、リリース禁止を守ろうとしたらどうしても回収BOXを利用せざるを得ないのが現状です。 高田さんもおっしゃられるように、生き物を殺すことを強要したい。 と思っておられるわけではないのはものすごく伝わるのですが、それ以外に選択肢が少ない現状では、その声が上がるのもわかってしまうんですよね。 実はこんなものもあります。 『外来魚回収いけす』です。 ここなら、違和感なく放り込めたんですよね。 もちろん最終的には駆除されるから、結果は一緒なんですけど…… ただ、この『回収いけす』は、『回収BOX』の数に対してものすごく少ないんです。 回収する手間を考えたら、袋を交換するだけですむ回収BOXの方がどう考えても楽ですもんね。 釣り対決の前編でちらっと紹介した子ども連れの方々はどちらも『回収いけす』がある数少ない釣り場で出会いました。 なぜこの場所で釣っていたのかは聞けなかったので、偶然かもしれませんが、もしかしたらご両親は、『回収いけす」がある場所を選んで子どもを連れてきていたのかもしれません。 僕なんて滋賀県民ですらないですから、そこは滋賀県庁に聞かないとわからないところですね。 余談ですが、「琵琶湖を戻す会」は、利益などは全くなく、外来魚駆除の釣り大会の参加費と、たまにご厚意でいただくという寄付金だけで運営しておられます。 もし気持ち分を寄付したいという方がおられればこちらのアドレスからお問い合わせください。 E-mail: masahiko. takada nifty. jp 滋賀県庁に話を聞きに行ってみた さて、回収コストだったり、そもそもどうやって回収しているのか、などがわからなかったので、滋賀県庁に行ってみました。 場違い感がすごい。 回収BOXなどを設置している『琵琶湖環境部 琵琶湖政策課』でお話を伺ってきました。 担当の粟津さん さっそくですが、滋賀県としてのこれまでの外来魚問題に対する取り組みについて教えてください。 外来魚回収BOX、回収いけすの設置• 外来魚釣り上げ名人事業• びわこルールキッズ など様々な取り組みをしておられる『琵琶湖環境部 琵琶湖政策課』。 その内容について簡単に説明します。 普段から外来魚を釣り上げて回収BOXに入れてくれているような方たちに、滋賀県として何かできないかということで始まった 『外来魚釣り上げ名人事業』。 一年間で釣り上げた外来魚の量によって滋賀県から段位認定がされるというもの。 これで駆除された外来魚の量は、平成27年度で 3. 7トンもあったらしい! 恐るべし滋賀県の釣り人! こちらは、 外来魚対策はまず子どもたちの意識を変えるところから。 という考えのもと10年間続けられている『びわこルールキッズ』。 期間中にたくさん釣った子どもには、知事からの表彰と、在来魚飼育セットが送られます。 そうですね。 琵琶湖の外来魚問題については色々な方が努力してくださっていますが、まだまだ私たちだけの力ではなんともなりません。 まずは知ってもらうことからだと思うので、少しでもこの問題や、琵琶湖について興味を持っていただけたら嬉しいです。 琵琶湖を戻す会の高田さん。 琵琶湖環境部 琵琶湖政策課の粟津さん。 二人が口をそろえておっしゃっていたのが、 自分たちの力だけではどうにもならないということ。 それだけ琵琶湖は大きく、この問題の根は深いのだと思います。 しかし、淀川にイタセンパラが戻ってきたように、もっともっと多くの人が協力すれば琵琶湖もいつの日か在来魚が帰ってくると思います。 僕たちも少しでもその力になりたい…… 「ロカフレで釣り大会とか開いてみたいんですけど……」 はい。 ぜひお願いします。 というわけで、 秋頃に、外来魚問題を知ってもらうことを目的とした 『ロカフレ釣り大会 in琵琶湖』を本当に開催します!! 外来魚問題を知ってもらうことが目的なので、できるだけ多くの方に参加していただきたいです! 詳細は決まり次第、ロカフレ内とtwitterで報告させていただきます!• 外来魚問題と生命の話 さて、ロカフレで釣り大会を開催することは決まりましたが、外来魚問題と生命の話はまだ自分の中でモヤモヤしたままです。 それなのに釣り大会はするのかよ、と言われてしまいそうですが、僕自身『外来魚駆除』に関しては賛成です。 全て『回収いけす』にすれば僕のモヤモヤは晴れるかもしれませんが、現実問題としてそれは難しそうです。 釣りをしなけりゃいいじゃないか。 ってのもなんだか野暮ですよね。 ルールを守りましょう。 命を大切にしましょう。 あなたが子どもに伝えるとき、どうしますか? 釣り大会イベントレポートはこちら.

次の

【動画】GW初日の琵琶湖の現状

琵琶湖 バス 釣り 現状

この後、さらにババ荒れになって身の危険を感じる。 怖いーーーーーー!! 一時的に赤野井湾に避難。 赤野井最高! そこで1時間くらい待機。 ちょっとましになったと思ってまた下物に。 そしたら全然ましじゃなかったw 途中マザーレイクの2馬力が走るたんびに真正面から水が入ってきて沈没しそうに・・・必死になってバケツで水汲んでた。 沈没したら助けにいかなきゃ!と思って近くに行ったら、大丈夫そうな合図くれたので離れる。 よかったー。 そしたら今度は違う2馬力が、エンジンかからずどんどん流されて石にぶつかりそうに。 そしたら直前でエンジンかかってなんとか回避。 なんなんだ今日は。 南は比較的まし ISMポイントから通称「貝捨て場」あたりに行くと風は比較的ましに、あと船団多すぎ。 風強い日は南の方に行くとましなのかな。 ただどっちにしても風強くて雨の日はダメダメ。 結局10時過ぎには帰りました。 結局朝一下物で スパテラネコリグで30㎝くらいのをバラしただけでした。 このばらし方がえぐい。 ベイトのドラグがなぜかユルユルで締めてる間にハネて逃げられた・・・ なんでユルユルだったんだろう。 これからは釣りする前に確認しないといけませんね。

次の

滋賀県発!堅田店スタッフブログ: バス釣果情報

琵琶湖 バス 釣り 現状

ただのヘタレブロガーが、ちょっとビビリながら滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖政策課さんに問合せをし、非常に誠実に対応して頂けましたので、それをそのまま記事にします。 目的とアプローチについて 目的 他府県から遊びに来られた方々が落としていったお金、あるいは住民から集めた税金、その一部を利用して「藻刈り」という仕事を作り、琵琶湖で漁業を営む方々へ利益が還元されてます。 バス釣りをする人たちからしたら「藻刈りに何の意味があるんだ?バスが釣れなくなるだけだから止めてくれ。 」といった意見をお持ちの方も多いでしょう。 いや、大半がそうかもしれませんね。 僕もそう思ってたし。 で、琵琶湖でバス釣りをするため藻刈りのスケジュールを調べる為、WEBをあちこち検索してたときにたまたま目に付いた言葉がありました。 かつて、琵琶湖の水草は、農地への肥料や土壌改良材として利用されていた。 その歴史は古く、万葉集にも「玉藻刈る」という言葉が出てきており、「玉藻刈る」とは、藻取りのことであると考えられている。 その後、古今和歌集などにもずっと見られることから、刈り取った藻は肥料に利用したと推測されている。 江戸時代には、水草採取の権利を巡って各地で藻取り紛争が起きており、数多くの文書が残されている。 といったものです。 「農地への肥料や土壌改良材として利用?、有効利用する道だってあるんじゃん。 」そう思うのは、わりかし自然かなと思います。 釣り人からしたら、何のためにやってるかわからない、税金の無駄に見えてしまう藻刈りでも、何かしら良いこともあるなら、それらも知った上で「賛成」or「反対」を考えるべきじゃないか?と思ったわけです。 アプローチ 本来、皆さんが気になるところとしては「藻刈りをしたことによる琵琶湖の水への効果がどれほど出てるのか」を調べるべきと思いました。 が、実際それを調べてわかりました。 生物学や水質調査に詳しい人向けのレポートは多々ありましたが、読んでも素人では意味不明です(笑) 天才と名高い僕でさえ、紙一重で意味不明という始末です。 ということで、もっとわかりやすいところからのアプローチが必要であると判断し、 藻刈りされた水草がどれだけ有効に活用されてるか?についてを調べ、わかりやすくまとめる事にしようと考えました。 思い立ったら即行動で名高いykですので、即座に滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖政策課さんへ問合せをしてみました。 んで、やり取りが長くなってしまったので滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖政策課さんからの返答を先に総括します。 障害と対する取り組み 水草が多く繁殖してしまうことでの障害 漁業障害 漁業操業への障害 ・水草が異常繁茂すると漁船の航行に支障をきたす(夏季) ・エビタツベや刺網、貝曳き網が操業できない(夏季) ・漂流した水草はエリや刺網等に付着し、著しい障害となっている(~秋季) 漁場の減少(貝類) ・枯死した水草が堆積した水域では、セタシジミ、ドブガイ等の貝類が生息しにくい環境にある(周年) ・水草が障害となって、貝曳き網漁業自体が操業できない(周年) 生活への悪影響 臭気の発生 ・漂着した水草の腐敗により悪臭が発生する 湖沼環境への悪影響 湖底直上の溶存酸素濃度(DO)の低下 ・水草の現存量が大きな場所では、しばしば底層付近の溶存酸素濃度が低下する 生態系への影響 ・繁茂しすぎた水草は、ブルーギル等の外来魚の優占に寄与する一方、在来魚の個体数を減少させているおそれがある。 セタシジミ、ドブガイ等の二枚貝類については湖底環境の悪化(泥化、貧酸素化)や植物プランクトンの減少によるエサ不足によって、個体数が減少していると考えられる。 このように、琵琶湖南湖の生態系は大きく変化し、在来生物の多様性に深刻な影響を及ぼしている可能性がある。 とまあ、上げたらキリがないほどネガはありますね。 水草を取り除いて、どう活用する? 冒頭でも少し触れましたが、除去した水草は堆肥として有効活用ができます。 以下は滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖政策課さんからの回答を簡単にまとめたものです。 水草から作った肥料の生産量 水草の肥料は、平成28年度には641t、平成29年度には592tが生産され、ほとんどが県民の方に無料配布された。 県内で生産された「特殊肥料」のうち、水草の肥料が占める割合は平成28、29年度ともに、約1%であり、水草の肥料が農業等に利用されている量はまだまだ少ないのが現状かと考えている。 平成29年度に水草の刈取除去したものから取り除いたゴミの量は、3. 7tでそのうち2. 2tがプラスチック、1. 2tががれき類(瓦や陶器片など)、その他は金属くずや木くずなどでした。 ゴミを完全に除去することは難しく、取りきれなかったゴミが混ざっていることを了解の上、県民の方へ水草の肥料を配布しています。 問合せ開始から返答まで 以下はブログ主ykと滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖政策課さんとのやり取りです。 com この度、お忙しい中とは思いますが「水草除去」について、ブログでの記事にしたく、いくつか教えていただきたいことがあり、メールをさせていただきました。 ・ブログ記事を書くにあたっての目的 琵琶湖でバス釣りをして、ブログを書いたりSNSを利用していると、他府県のバサーの方とも交流ができます。 また、琵琶湖を利用してバス釣りをするたくさんの人が当ブログを見に来てくれてます。 ゴミ問題やマナー問題など、同じバサーとして、ブログという媒体を通して、何か私に出来ることがないかと考えてます。 さて、バサーのほとんどのは「藻刈り」に対し否定的な意見を持っており、滋賀に住む住人の一人としては、いつも悲しい思いをしております。 バサーが否定的になる理由の大半は「バスが釣れなくなるから」という考えであり、「税金の無駄」と考える人が多く、藻刈りについてのちゃんとした知識を持ってる人は少ないです。 私もその一人です。 否定するにも、肯定するにも、ちゃんとした知識が必要と考え、今回はいくつか教えていただきたいことがあり、メール致しました。 そして、ブログ記事を公開し、読みに来てくれたバサーの方々には、「否定的な意見を持つ前に、まずは知識をつけ理解してから、否定なり、肯定なりして欲しい」ということを書きたいと考えてます。 ・知りたいこと 外来種である水草や、異常繁殖した水草を除去して、琵琶湖の環境改善を目的としてることはホームページ等で読ませていただきました。 それに伴い、湖底では貝類の復活が見られ、回復傾向にあると言う事も読ませていただきました。 これについてはそのまま記事に書かせていただこうと考えてます。 そして、滋賀県の狙いとして「除去した水草を農業用の肥料とし、田畑から琵琶湖へと流れ出る窒素やリンが、また琵琶湖内の水草を育て、それをまた肥料として循環をはかりたい」というのがあるのかなと感じてます。 これは個人的に感じたという意見です。 そして、化学肥料に頼らず、もし循環が上手くいくなら、これは素晴らしいことだと感じてます。 これについて、質問です。 実際、役場の外部からでは上記の取り組みが、どの程度まで浸透し、農業に活かされてるかが不透明なのです。 いくつかイベント等で広める活動をされてることも調べさせていただきわかりました。 そこで、実際にどれほど水草除去で作られた肥料が利用され、循環の一助になっているのかを知りたいと考えてます。 農家の方が利用する肥料が、大半は化学肥料だろうなということは想像がつきますが、どの程度、水草の肥料が利用されてるか数値化されたものがあれば教えていただきたいと思っております。 また、釣り人や琵琶湖をレジャーで利用する方々に対し、水草から「釣り糸」や「ペットボトル」などのゴミの除去が大変であることも、合わせて書き、利用者に対してマナー啓発等も織り込みたいと考えてますので、このゴミに関しても数値化されたものがあれば、教えていただきたいと思っております。 長々と書きましたが、暇なときで結構ですので、お返事いただけましたら幸いです。 また、もし、滋賀県として「こういったことを広めていきたい」といった展望のようなものがありましたら、教えていただければ幸いです。 水草対策について担当しています。 滋賀県で取り組んでいる水草除去について、お問い合わせいただきありがとうございます。 水草の刈取りに関して、バス釣りをされる方の中に否定的な意見を持っておられる方がいらっしゃることは存じています。 県としても、バス釣りをされる方を含めて、県民の方や琵琶湖を利用される方の理解を得て、水草対策を進めていきたいと考えています。 問い合わせいただいた内容については、少し時間をいただき、調べてからお返事したいと考えています。 また改めてメールしますのでしばらくお待ちください。 よろしくお願いいたします。 お忙しい中でのご対応ありがとうございます。 また、追加の注文をして大変失礼であり、申し訳ないのですが、「水草肥料の無料配布」をされ、農家の方からアンケートを取っているという記事を見ました。 もし可能なのであればアンケート結果の集計なども合わせていただけるとありがたく思います。 お返事の方は急ぎませんので、お暇なときで結構ですので、何卒よろしくお願い致します。 先日、お問い合わせいただきました滋賀県で行っている水草対策と有効利用に関して、遅くなりましたがお答えします。 数字としてお示しできるものは、肥料の生産量です(使用量ではありません)。 水草の肥料は、平成28年度には641t、平成29年度には592tが生産され、ほとんどが県民の方に無料配布されました。 肥料の分類上、水草の肥料は「特殊肥料」のうち「堆肥(たいひ)」にあたります(肥料の分類については「独立行政法人農林水産消費安全技術センター(FAMIC)」のページ()に載っています)。 県内で生産された「特殊肥料」のうち、水草の肥料が占める割合は平成28、29年度ともに、約1%です。 肥料は県内外を問わず広く流通し、はっきりとはわかりませんが、水草の肥料が農業等に利用されている量はまだまだ少ないのが現状かと考えています。 7tでそのうち2. 2tがプラスチック、1. 2tががれき類(瓦や陶器片など)、その他は金属くずや木くずなどでした。 刈取除去した直後の水を含んだ水草の重量が約7,000tで、水がある程度抜けると半分程度になり、刈取除去した水草のうち重量で約0. 1%がゴミだったことになります。 ゴミを完全に除去することは難しく、取りきれなかったゴミが混ざっていることを了解の上、県民の方へ水草の肥料を配布しています。 「Q8 また利用したいですか」の回答として、「ぜひ利用したい」と「機会があれば利用したい」の合計が99%であり、好評をいただいている結果となっています。 水草の大量繁茂による悪影響としては、漁業障害や船舶の航行障害、生活や湖沼環境への悪影響などがあり、大きな問題となっています(「水草繁茂に係る要因分析等検討会 検討のまとめ」P5参照)。 これらを解決するために滋賀県では試験研究機関を含めて、様々な部局が水草対策を行っているところです。 不明な点等ありましたらご連絡ください。 よろしくお願いいたします。 まとめ 上記やり取りをして思ったこととして、やっぱり税金を使って行う事業ですので、滋賀県琵琶湖環境部琵琶湖政策課さんの 「バス釣りをされている方の水草対策への理解につながれば」という思いを強く感じました。 これを見た皆さんも、この記事だけで「賛成」や「反対」といった意見にはならないでしょう。 が、少し調べただけ、ほんの1通メール送っただけで、これだけ情報が出てきます。 簡単に「釣れなくなるから反対」というのも、こうして見えないところで頑張ってる職員さんに対し失礼があるかなと思います。 僕も情報を発信する立場のブロガーですので、「釣れた」「釣れなかった」だけではなく、こういったことを紹介する機会をもっと増やしたいなと感じました。

次の