川崎 市 課税 証明 書。 川崎市:市税の証明書などの発行開始日について

税証明書の申請・閲覧/藤枝市ホームページ

川崎 市 課税 証明 書

郵送による税の証明書の請求 納税証明書や市道民税の所得証明書、固定資産評価証明書など税関係の証明は、郵送でも請求できます。 請求の方法 1. 次のものを用意します。 必要事項を記入した「市税証明書交付(閲覧)申請書 」• 請求者の身分証明書(免許証等)の写し• 返信用封筒(住所と氏名を記入し、切手を貼ってください)• 手数料(郵便局の定額小為替を 無記名でご送付ください) 手数料は、 のページでご確認ください。 帯広市役所市民税課税証明窓口あてに、用意したもの(上記1)を郵送します。 請求書を投函してから証明書が到着するまで、1週間程度かかります。 代理人が請求する場合は、本人の署名・捺印のある委任状と代理人の身分証明書 免許証等 の写しを添付してください。 車検用納税証明を請求する場合は、車検証のコピーを添付してください。 上記以外にも必要に応じ必要書類が発生する場合があります。 指名願(小規模修繕契約)専用様式 より、完納証明書交付申請書をダウンロードしてください。

次の

千葉市:よくあるご質問(FAQ):「市民税・県民税所得証明書」と「課税証明書」は別のものなのですか。

川崎 市 課税 証明 書

「市民税・県民税所得証明書」と「課税証明書」は別のものなのですか。 「市民税・県民税所得証明書」と「課税証明書」は別のものなのですか。 一般的に「所得証明書」とは、前年の1月1日から12月31日までの1年間の所得(収入)金額を証明したものです。 証明書の発行は証明書取得年度の1月1日現在にお住まいの住所地の市区町村で発行しています。 本市では、H27年12月まで「市民税・県民税課税証明書」にて市民税・県民税の税額及び所得(収入)金額を証明しておりましたが、H28年1月以降「所得証明書」の名称で同様の証明を発行いたします。 詳しくは、各市税事務所市民税課管理班 下記問い合せ先参照)へお問合せください。 本人及び委任を受けた代理人になりすました虚偽の申請などによる税務関係証明等の不正取得を防止するため、次の書類等の提示が必要です。 ((ロ)+(ロ)は不可)。 (ただし、生計を一にする同居の親族の方が請求する場合は、委任状は省略できます。 千葉税務事務センター 電話:043-245-5109 住所:〒260-8722 千葉市中央区千葉港1-1千葉市役所内.

次の

川崎市:市税の証明書などの取得方法について

川崎 市 課税 証明 書

本人確認書類など必要なものを持参して窓口で申請いただくか、郵送で申請してください。 ここでは、窓口で申請いただく場合についてお答えいたします。 詳しくは、下の関連するページ「市税の証明書などの取得方法について」をご覧ください。 また、郵送の場合は、「郵送による市税の証明書などの取得方法について」をご覧ください。 1 証明書の種類: <市民税・県民税(個人)> ・納税証明書・課税額証明書・非課税証明書・免除証明書 <固定資産税・都市計画税> ・納税証明書・課税額証明書 ・固定資産課税台帳記載事項証明書(評価・公課証明書) ・課税(補充課税)台帳の閲覧・課税台帳に記載されていないことの証明 <軽自動車税(種別割)、法人市民税、その他> ・納税証明書 2 申請できる方: 1 納税者本人・相続人・納税管理人(法人からの申請は、申請書に代表者の押印が必要です。 ) 2 納税者本人の委任状(代理人選任届、同意書)を持参された方 3 同居の親族 4 法令等に定めのある方(借地借家人などの方も、関係する土地・家屋について課税台帳の閲覧や記載事項の証明を請求いただけます。 賃貸借契約書など請求の根拠となる権利を確認できる書類をお持ちください。 ) 3 必要な書類など: 1 申請書(窓口に備置) 2 窓口に来られる方の本人確認書類(免許証、パスポート(旅券)など) 3 手数料(1件につき300円・ただし軽自動車税(種別割)の継続検査(車検)用の納税証明書は無料) 4 納税者本人(個人)、同居の親族以外の方からの申請には、委任状・納税者本人との関係を確認できる書類など <申請書のダウンロード> 申請書は窓口にありますが、代理人や法人からの申請には、納税者本人(代表者印)の押印をお願いしております。 あらかじめ申請書や委任状が必要な場合は、下の関連するページ「市税申請書ダウンロード(証明書)」からダウンロードすることができます。 4 本人確認書類について: Aの書類から1種類を提示してください。 Aの書類がない場合、Bの書類を2つ又はBの書類とCの書類を1つずつ提示してください。 Cの書類を2つでは、申請できません。 <A 官公署が発行した書類(顔写真付き)> 例)運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの)、パスポート(旅券)、マイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カード(顔写真付き)、宅地建物取引士証、官公署が発行した職員証、その他これに準じる書類 <B 官公署が発行した書類(顔写真なし)> 例)健康保険証、国民年金手帳、住民基本台帳カード(顔写真なし)、川崎市税の納税通知書、母子健康手帳、敬老手帳、その他これに準じる書類 <C 申請をされる方名義の書類> 例)公共料金領収書、川崎市税以外の納税通知書、社員証、キャッシュカード、クレジットカード、その他これに準じる書類 (注意)マイナンバーの通知カードでは本人確認は行えません。 5 申請窓口: 1 各市税事務所市民税課管理係及び市税分室管理担当 2 各区役所(支所)市税証明発行コーナー(申請時から5年度以上前の証明書等一部を除く) なお、最新年度の市民税・県民税(個人)の課税額証明書、非課税証明書及び免除証明書に限り、出張所・行政サービスコーナーあるいはコンビニ交付でも取得できます(扶養に入っているなどのため申告されていない方、川崎市から転出された方(予定転出の届出をされた方を含む)等は除く)。 コンビニ交付の利用にはマイナンバーカード(個人番号カード)が必要です。 詳しくは、下の関連するページ「行政サービスコーナーのご案内」、「コンビニ交付のご案内」をご覧ください。 (お知らせ) 行政サービス端末は、平成29年12月28日をもって廃止しました。 詳しくは、「行政サービス端末廃止のお知らせ」をご覧ください。 6 受付時間: <市税事務所・市税分室、区役所、支所、出張所> 月~金曜日 午前8時30分~午後5時 (祝休日・12月29日~1月3日を除く) <行政サービスコーナー> 月~金曜日 午前7時30分~午後7時 土曜日・日曜日 午前9時~午後5時 (祝日・12月29日~1月3日、保守点検日などを除く) 川崎行政サービスコーナーは、祝日(午前9時~午後5時)も開設。 7 手数料: 1件につき300円です。 ただし、軽自動車税(種別割)の継続検査(車検)用の納税証明書は無料です。

次の