インフルエンザ 予防 食べ物 飲み物。 インフルエンザに負けない身体づくりと食事法|森永製菓株式会社

【嘘orホント】紅茶でインフルエンザ予防|砂糖やミルク入りも効果ある?

インフルエンザ 予防 食べ物 飲み物

緑茶のカテキンとテアニンでウイルスに対抗 緑茶に含まれる カテキンとテアニンは、風邪やインフルエンザの予防効果と、万一発症しても症状のある日数が少ない傾向にあるという報告があります。 普段緑茶を飲む習慣がないという方は、この機会に取り入れてみてはいかがでしょうか。 お湯の温度や時間でお茶の成分に変化が出るので注意 お茶を淹れるお湯の温度や時間によって、お茶の持つ成分の溶け出し方が変わります。 カテキンは高い温度で抽出されやすいので、 より高い温度のお湯を用いることでカテキンをたくさん含んだお茶を淹れることができますよ。 そして、ペットボトルは添加物が多く、栄養素が少なめですので、茶葉やティーバックから抽出した緑茶がおすすめです。 緑茶の栄養素を効率的に摂りたいという場合は、茶葉の特性を理解したうえで、目的に合った温度でお茶を淹れましょう。 水出しでさらに免疫力アップ 緑茶に含まれるカテキンには4種類あり、 免疫力をアップさせる働きをするのが「エピカテキンガレート」です。 カテキンは高温で溶けやすい性質を持っていますが、水出しで抽出すると「エピカテキンガレート」が多く抽出されることが研究で発見されています。 水出しをすると旨味も多くカフェインも抑えられるのも嬉しいですね。 紅茶特有の紅茶ポリフェノールで喉の炎症を抑える 紅茶では茶葉に含まれる「カテキン」が醗酵過程で変化し、テアフラビンという有効成分「紅茶ポリフェノール」が生まれます。 紅茶ポリフェノールは醗酵させたお茶である紅茶特有の成分です。 この 紅茶ポリフェノールがインフルエンザの感染力を奪う効果があると言われています。 さらに、紅茶には 喉の痛みを和らげる咽頭粘膜の抗炎症効果も。 風邪やインフルエンザ対策として紅茶を飲む場合は、こまめに飲むとより効果がアップします。 乳酸菌飲料で腸内環境を整えよう 腸の免疫細胞に働きかけることで免疫力が高まる効果があると言われているのが乳酸菌です。 乳酸菌の種類(L. カゼイ・Lc. ラクティス)によっては、 風邪の感染を予防をする効果があるという報告もあります。 メーカーによって含まれている乳酸菌は含有量は様々。 風邪を予防したいという方は、 L. カゼイやLc. ラクティスを含む乳酸菌飲料がおすすめです。 免疫力を高めたい場合は、今回の記事で紹介した 野菜や果物(にんじん・小松菜・りんご・みかんなど)を含んだ野菜ジュースを選択しましょう。 フルーツジュースは手軽に栄養を摂りたい方におすすめ カットフルーツは面倒、時期的に手に入らないという場合にはフルーツジュースでもOK。 特に ビタミンや食物繊維を含むリンゴやみかん(オレンジも可)のジュースがおすすめです。 免疫力を高める食品おすすめ9選 免疫力を高める飲み物や食べ物は、スーパーで簡単に手に入るものがたくさんあります。 日常的に食べる料理に積極的に取り入れてみましょう。 免疫力を高める食品おすすめ9選• 白米よりも玄米や胚芽米で自然免疫力を強化• イワシなどに含まれるビタミンDで免疫を調整• 根菜類は免疫力を高める栄養素が豊富• カロテンが豊富な緑黄色野菜で免疫力アップ• バナナは効率的にビタミンや糖質を摂取できる• 海藻はアルギニン酸やフコイダンなど嬉しい栄養素がたっぷり• 発酵食品の乳酸菌で善玉菌を増やそう• 栄養たっぷりの果物も取り入れよう 1. 白米よりも玄米や胚芽米で自然免疫力を強化 免疫ビタミンと呼ばれているLPS(リポポリサッカライド)は身体の自然免疫力を強化してくれると言われています。 漢方薬などに多く含まれている成分ですが、普段の食事でも摂取できるんです。 その中でも穀類は代表的な食品ですが、精製したお米や小麦などではLPSがとても少なくなってしまっています。 効果的にLPSを摂取したいなら、 精米より玄米や胚芽米、小麦粉より全粒粉やブランを選ぶのがおすめです。 朝食にもおすすめのスープごはん 粗みじん切りにしたキノコをたっぷりと入れた鶏ひき肉を使ったつくねです。 キノコはあらかじめ火を通さなくてもOKなので、材料を混ぜて焼くだけと、手間いらずなのがポイント。 発酵食品である味噌も一緒に摂ることができます。 イワシなどに含まれるビタミンDで免疫を調整 免疫バランスが崩れると感染症への抵抗力が低下します。 ビタミンDは、この免疫バランスを調整する働きがあるとして注目されている栄養素です。 ビタミンDを3~4ヵ月摂取した場合、インフルエンザの発症リスクが軽減したという研究結果もあります。 ビタミンDは、 イワシ、しらす、鮭、乾燥椎茸、きくらげなどに多く含まれています。 イワシ 1年を通して出回っているイワシは手に入れやすい食材の1つのため、 ビタミンDを摂取するのにおすすめの食材です。 さらに、イワシは記憶力を維持する「DHA」や血液の流れを良くする「EPA」を多く含み、生活習慣病予防に役立つといわれています。 圧力鍋等でしっかり煮込めば、丸ごと食べることができ、骨を丈夫にするカルシウムも摂取できますよ。 根菜類は免疫力を高める栄養素が豊富 冬に旬を迎える根菜類も免疫力や抵抗力をアップさせる食材として有名です。 身体の芯から温めてくれる栄養素も豊富。 根菜類を積極的に摂取して、免疫力と抵抗力を高めましょう。 にんじん にんじんは体内の粘膜を正常にする ビタミンAや免疫力を強化するカロテン、腸内環境を整える食物繊維を多く含む栄養たっぷりの野菜。 また、白血球の働きを強化し、 免疫力を高めるビタミンCも含んでいます。 ただし、にんじんには含まれている酵素が自身のビタミンCはもちろん、一緒に調理された食材のビタミンCも壊すという性質が。 ビタミンCを壊さないためには、ジュースやサラダといった生の調理方法は避けた方が無難です。 ビタミンCを壊す酵素を抑えるために、レモンや酢を加えるか、加熱して調理しましょう。 レンコンのおすすめ調理法 レンコンとのおススメの食べ合わせは肉や魚。 これらの動物性食品に多く含まれる「ヘム鉄」とれんこんを組み合わせると、貧血予防や肝機能を強化する効果があるといわれています。 また、レンコンをすりおろしたものに風邪対策に効果的な生姜の絞り汁やはちみつを加えると、効率よくビタミンCが摂取可能です。 じゃがいも 白血球の働きを強化し、 風邪予防に効果的なビタミンCがりんごの5倍と豊富に含まれています。 熱に弱いとされているビタミンCですが、じゃがいものビタミンCはでんぷんに包まれているため加熱してもOK! また、じゃがいもには豊富に炭水化物の1つで、エネルギー源として活用される糖質(デンプン)が含まれています。 じゃがいものおすすめ調理法 皮にも豊富に栄養素が含まれているため、皮ごと食べられる調理方法がおすすめ。 じゃがいもの芽には毒が含まれるため、取り除いてから調理しましょう。 煮物やジャーマンポテトなどしっかり火が通る&味付けが濃い料理だと皮ごとでも食べやすいです。 生姜 生姜に含まれるジンゲロールという成分には血流促進効果があり、体を温めてくれます。 また、ショウガオールという成分は体内の脂肪や糖質を燃焼・体温を上昇させ、 解熱する作用効果を持つため、発熱時におすすめです。 さらに、生姜には 殺菌・免疫力効果の作用があり、昔から肉や魚の臭み消しや、風邪薬として使われてきました。 生姜は調理方法によって発揮する効果が変化するため、調理方法に気を付けることで効果を最大限に引き出せます。 アサリやハマグリなど旨味が詰まったクラムチャウダー。 根菜類をたっぷり入れてボリューム満点で、ご飯やパンにも合うのでスープというより立派なおかずになりますよ。 根菜で身体も温まり、免疫力アップも期待できますね。 カロテンには目や粘膜の健康維持・抗酸化作用・免疫力を高める作用があり、1日120g程度は摂取することが望ましいと考えられています。 こちらでは緑黄色野菜が持つ栄養の効果を詳しく説明しますので、ぜひチェックしてみましょう。 さらに、かぼちゃには体を温める効果や、 細菌やウイルスを撃退する効果があるビタミンA・ビタミンCが含まれています。 また、ビタミンAには、脳卒中やガンなどの原因である活性酸素を除去する働きもあり、様々な病気の予防に役立つ食材です。 小松菜 栄養豊富なイメージが強いほうれん草よりもビタミンC、カルシウム、鉄の含有量が多い小松菜。 洗い物も少なく栄養満点のマスタードマヨグラタン ホワイトソース不要で、洗い物も少なく簡単に作ることができるグラタンメニューです。 かぼちゃやブロッコリー、鮭など免疫力アップが期待できる食材をたっぷり使っています。 鮭に下味をつけておくことで、臭みも少なく、うま味もワンランクアップしますよ。 バナナは効率的にビタミンや糖質を摂取できる バナナはビタミンB6やビオチン、糖質や抗酸化ビタミンなど 栄養満点の食べ物です。 免疫細胞は糖質をエネルギー源としており、免疫力の維持には抗酸化ビタミンの働きが重要。 抗酸化ビタミンは水溶性なので、水や調理過程で流れやすいのですが、バナナなら 皮を剥くだけで簡単に食べられるので、これらのビタミンをしっかり摂取することができます。 牛乳やヨーグルトなどと一緒に食べると、タンパク質も同時に摂取できるので、バランスが良くおすすめです。 ミキサーで簡単に作れるバナナラッシー 前日の夜に材料を密閉容器に入れて混ぜ合わせておき、翌朝は盛り付けるだけでOKのオーバーナイト・オートミールです。 オートミールは低GI食品で、血糖値の上昇が緩やかなだけでなく、食物繊維もたっぷりなので、腸内環境改善に最適。 海藻はアルギニン酸やフコイダンなど嬉しい栄養素がたっぷり 毎日摂りやすい食品の海藻類も免疫力アップにおすすめです。 アルギン酸という食物繊維が多く含まれており、マグネシウムや亜鉛など、免疫力アップにうれしい成分もしっかり含まれています。 煮物や混ぜご飯などで活躍するひじきや、おにぎりやトッピングにも使う焼きのりなど種類も豊富。 さらに、昆布やめかぶ、もずくなどのヌメヌメ成分「 フコイダン」は免疫力アップに効果的と研究が進められています。 発酵食品の乳酸菌で善玉菌を増やそう 人間の腸には様々な腸内細菌が生息しており、 善玉菌が増えると腸の働きが良くなって免疫力がアップします。 そんな善玉菌を増やすために積極的に食べたいのが、 乳酸菌や納豆菌などの善玉菌を多く含む発酵食品です。 こちらでは免疫力アップにおすすめの発酵食品について解説します。 納豆 納豆を作り出す 納豆菌には免疫力を上げる効果があると知られています。 また、股関節骨折予防になるビタミンK2、血糖値上昇抑制効果があるポリグルタミン酸も。 さらに、血栓症抑制効果があるナットウキナーゼも含んでおり、健康に気を付けたい方にぴったりの食材です。 1日の食べる目安 味噌汁1~2杯分程度 9. また、アボカドには豊富なビタミンやカリウムといった栄養素がたっぷり。 こちらでは、みかん・りんご・アボカドの免疫力アップ効果について紹介します。 みかん 手軽に食べることができ、様々な病気の予防効果に注目が集まっているのがみかんです。 また、風邪予防に効果的なビタミンCの1日に必要な摂取量は、みかん3個で補うことが可能。 がん抑制効果のほか、骨粗鬆症、肝機能障害、糖尿病、動脈硬化などの予防作用があると言われています。 免疫力を高める4つの生活習慣• 体が冷えたら温めよう• 運動をする• 楽観的思考でストレス軽減• 睡眠環境を整えて質の高い睡眠を 体が冷えたら温めよう 体が冷えている場合は、湯たんぽなどで体を温めると効果的です。 研究により、 体を温めるとリンパ球が増加することが分かっています。 体の冷えを放置しないようにしましょう。 運動をする 冬期12週間の風邪の症状と運動頻度の研究より、運動する日数が多いほど風邪をひく日数が少なかったという報告があります。 ただし、汗を軽くかく程度の運動にとどめておきましょう。 激しすぎる運動は免疫作用を抑制してしまいます。 楽観的思考でストレス軽減 楽観性に関する、興味深い研究結果があります。 健康的な男女を対象にした以下のような研究です。 ワクチンor生理食塩水を投与• その後、休憩or心理ストレスを与える作業をさせる 免疫刺激のために、ワクチンまたは生理食塩水を投与しています。 楽観性のある人の場合、「心理ストレスを与える作業」をしてもワクチンの抗体価が高まったという結果になったのです。 必要以上に心配したりせず、 楽観的に物事をとらえることで、免疫力のアップにつながる可能性がありますね。 睡眠環境を整えて質の高い睡眠を 睡眠時間が7時間未満の人より、 8時間以上の人の方が感染症になりにくいと言われており、免疫力をアップさせるのに、睡眠はとても大切です。 睡眠環境を整えたり、 睡眠の質を上げるための行動で免疫力のアップにつながりますので、できることから取り入れてみてはいかがでしょうか。 夕食は寝る3時間前までに• 寝る2時間前に温かいお風呂に入る• 眠る1時間前から照明を暗くする• 静かな環境にする• 室温や湿度などを最適に保つ• 寝る前はパソコンやスマホなどは見ないようにする• 日中に運動をしたり、寝る前にストレッチをしたりする• 寝る前数時間はアルコールやカフェインの摂取は控える 免疫力を高める食べ物で風邪予防! 風邪や新型肺炎の予防に有効な習慣と食べ物をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 食事・休養・運動の基本的な生活習慣の他に、免疫力をあげるのに効果のある食べ物が豊富にあります。 免疫力を高める食材は、スーパーで簡単に手に入りますので、しっかりチェックして積極的に取り入れましょう。 こちらの記事も読まれています.

次の

インフルエンザを予防する食べ物と3つの対策!家庭内感染5つの予防方法

インフルエンザ 予防 食べ物 飲み物

毎年冬になると猛威を振るうインフルエンザ。 なってしまうと本当にツライですよね。 特に子どもは重症化が心配ですよね。 「今年はなりたくない!!」 と思っていませんか?? ・周りでインフルエンザが流行っているのでうつらないか心配 ・ウイルスに負けない免疫力を子どもにつけてあげたい ・もしインフルエンザにかかったとしても重症化しない強い身体をつくりたい 我が家の周りでもインフル、めっちゃ流行ってます! 「いつもらってくるか」 とドキドキハラハラしているママも多いですよね。 特に受験生を持つママは気が気じゃないでしょう。 毎年試験日にインフルの子っていますもんね。 「代わりにママがひいてあげたい」 って思っちゃいますよね。 私なら 「パパがひけばよかったのに」 って思っちゃうかも…。 しかしママが出来る事と言ったら 「ウイルスに負けない強い身体をつくってあげること!」 などの後方支援のみですよね。 そのためには、免疫力をUPさせることが大事です。 今回は、そんな免疫UPでインフルエンザを予防する食事について紹介します!! コンテンツ• 今年こそインフルエンザにならない!ウイルスに負けない強い身体を手に入れる、最強免疫UP食材はこの3つ!! 1.納豆などのネバネバ食品を1日1回は食べる ネバネバ食品の粘りの正体は多糖類を主体とした水溶性食物繊維とタンパク質。 この粘りの「多糖類」の一種、ムチンは粘膜を守ってくれる強い味方!! また水溶性食物繊維は腸内環境も整えてくれます。 腸内には免疫細胞が多く集まっています。 腸内環境をよくすることは、免疫力UPに重要なんです。 特に長芋に含まれるたんぱく質には抗インフルエンザウイルス活性に役立つことがわかっています。 メカブや昆布、ワカメなどの海藻類に含まれるフコイダンというネバネバ成分も免疫力を高めてくれます。 ・納豆にメカブを入れる ・ワカメと豆腐の味噌汁 ・長芋と鰹節和え などネバネバ製品を取り入れた食事を心がけましょう。 免疫力を高めてくれます。 2.毎食ビタミン豊富な野菜と朝食後のデザートにフルーツ ・ビタミンB、C、Dは免疫力と抵抗力を高めてくれます。 ビタミンB…レバー、肉、魚介類、玄米、豆類、ナッツ類 ビタミンC…みかん、ピーマン、セロリ、キャベツ、緑茶 ビタミンD…小魚、海藻、ナッツ類、豆類 ・ビタミンAは粘膜を強化し、ウイルス侵入を防いでくれます。 レバー、うなぎ、牛肉、モロヘイヤ、人参など これら栄養素を摂るために、バランスよく肉・魚・野菜・果物を食べるようにしましょう。 出来るだけ、朝昼晩毎食副菜として野菜と肉魚類がある方が好ましいです。 3.夕食後にヨーグルトや乳酸菌飲料を飲む 乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれることは有名ですよね。 腸内には免疫細胞が集まっているので腸内環境を整えることはインフルエンザ予防にも大きな意味があります。 腸内を整えることは、私たちの健康を左右するくらい重要です。 知人にも 『病気がちだった子どもに毎日ヤクルト飲ませていたら風邪をひかなくなった!』 とか 『明治のR-1ヨーグルトを毎日飲んで、ここ数年インフル知らず』 という家庭もあります。 乳酸菌は ・ウイルスへの抵抗力を高める ・感染後の重症化を抑える 感染後に食べるのではなく日常的に食べていると) ・インフルエンザワクチンの効果を高めてくれる などの報告もあります。 を紹介しているこちらの記事もぜひ合わせてご一読ください!! 特に腸のゴールデンタイムと言われているのは夜。 ヨーグルトは夕食後のデザートとして食べるとさらに効果が上がります。 インフルエンザを予防するための食品はこの3種類!!コレを食べて今年の冬を乗り切ろう!! インフルエンザにならないためにはまず免疫力を高めることが大事です。 そのためには睡眠と栄養が重要!! たくさん寝て、たくさん食べる!これが基本です。 特にお勧めしたい食事は ・ネバネバ食品 ・ビタミン豊富な野菜、果物 ・ヨーグルト この3種類です。 バランスよくこれら食品を毎日摂るようにしてくださいね!! 我が家は夕食後の乳酸菌飲料を習慣にしています。 飲み始めてから高熱を出すことが減りましたよ!! ぜひぜひ毎日の食事で免疫力を上げて、インフルエンザにならずに越冬しましょう!!•

次の

インフルエンザの予防方法とは?食べ物や湿度管理で感染対策!飲み物

インフルエンザ 予防 食べ物 飲み物

インフルエンザになぜかかる? 冬の時期にインフルエンザが毎年大流行する理由についてまずは考えたいと思います。 毎年だいたい10月の下旬からインフルエンザの流行予想が発表され予防接種の予約をしたりしますよね、そして春先の3月ごろまでが流行期とされています。 インフルエンザ位はそのウイルスが空気中を浮遊しておりそれを吸い込むことで体内に入りこんで、インフルエンザを発症させます。 通常は口内や鼻にウイルス 異物 が入り込んでも粘膜に付着し侵入を防ぐ事ができるのですが、冬場は通常の時期よりも乾燥が激しく人間の口内や鼻の粘膜が乾燥して傷つきやすくなっています、そんな粘膜がなくなり傷ついた亀裂からウイルスが入り込むのです。 インフルエンザ予防には口内・鼻の潤いが欠かせないということですね。 室内の乾燥を予防するために湿度を40%に保つ努力とやはり水分摂取も忘れがちになるので注意していきたいですね。 インフルエンザ予防の飲み物は? 冬場はどうしても水分補給が怠りがちになりますが、先程も紹介しましたとおり、身体自体が乾燥しないことでインフルエンザは予防することができますので、冬場でもしっかり水分補給をしていきましょう。 ではそんな水分補給、どうせ飲むのならインフルエンザを予防できる飲み物を飲みたいですよね、一般的に知られている飲み物には「緑茶・コーヒー・紅茶」が知られています。 緑茶には豊富な「カテキン」が含まれておりインフルエンザウイルスを不活化にする作用を期待でします。 また紅茶には紅茶ポリフェノールがインフルエンザウイルスの感染性を失わせる作用があることが近年分かっており感染力を奪うことでインフルエンザ拡大を防ぐことができますね。 そしてコーヒーに含まれるカフェインには気管支拡張作用や抗炎症作用があり、1日に3杯以上飲む人は喘息発症リスクが28%低いと言われています、咳をすることで飛沫感染するインフルエンザ菌を抑えることができますね。 それ以外の飲み物では? 緑茶・コーヒー・紅茶にインフルエンザ予防に期待できることが分かりましたが、その他の飲み物でインフルエンザを予防できるものはないのでしょうか? 紅茶のようにポリフェノールを含んでいる「ココア」は冬の時期にホッと一息入れたいときに飲める飲み物、このココアはウイルス細胞を認識して攻撃や破壊をする働き、感染を抑えてくれます。 また体温が1度下がると免疫力も30%下がると言われています、体を温める食材「生姜」を使って「梅ショウガ湯」はいかがでしょうか、生姜には強い殺菌力があり体内に入ったウイルスを退治したり抗炎症作用もあるので感染拡大を防いでくれます。 そして「乳酸菌飲料」です、冬場は体温が下がりやすく免疫力も低くなりがち、体内の免疫力を活性化させるためにはやはり馴染み深い乳酸菌飲料で予防できます、中でも「L -92乳酸菌」はウイルス増殖を防ぐ NK細胞を活性化するのでインフル予防に繋がります。 インフルエンザ予防を飲み物で! 今回は毎年寒い冬になるとその猛威を振るうインフルエンザから家族や自分自身を守るためにできる予防について「飲み物」の観点から調べてみました。 緑茶・紅茶・コーヒーはインフルエンザ予防に効果が期待できるのは有名な話、今回はそれ以外の飲み物で予防できるものはないのかを見てきました。 インフルエンザ予防には体を温めて免疫力を高め、感染拡大を防ぐポリフェノールや強い殺菌力が期待できる生姜湯やココアは飲みやすくてホッと一息入れたいときに飲めますね。 また乳酸菌飲料の中でも「L —92乳酸菌」はウイルス増殖を防ぐ効果があるので免疫力を活性化してインフル予防したいですね。 どの飲み物も手軽に飲むことができるものばかり、冬場のインフルエンザに立ち向かえるよう日々の飲み物で手軽に強い体作りをしていきたいですね。

次の