シロクロ 2話 感想。 シロクロの2話ネタバレ考察!レンとリコは入れ替わり?コアラ男は門田?

シロクロパンダ2話あらすじ!コネとカネの不正入試にレンと直輝が挑む!|drama papillon

シロクロ 2話 感想

ytv. 男は岸本を刺した後、レンに襲い掛かる…。 事件を受けて、東京誠立大学副学長の池渕が記者会見を開く。 池渕は、岸本が意識不明の重体と発表。 犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生だった。 神代(要潤)は、犯人の動機について「あの告発が原因なのでは?」と質問。 東京誠立大学に通う岸本の息子・俊一の入試の成績表がネットに流出。 その得点が大学の合格基準に達していなかったため、俊一は父親の権力によって不正に入学したのではないかと疑われていた。 赤嶺はその疑惑を知り、岸本への怒りから犯行に及んだとみられた。 池渕は神代の追及に対し、入試で不正があったことを認める。 さらに、第三者委員会を設置して徹底的に調査すると宣言する。 直輝はMr. ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、不正入試問題にシロクロをつけるようにと告げられる。 レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。 パンケーキにかけられるシロップを見つめるうち、レンの意識は遠のいていく…。 そして、ミスパンダが出現。 直輝の指示を受けたミスパンダは行動を開始する。 全日テレビでは、神代とあずさ(白石聖)が東京誠立大学不正入試問題を番組で取り上げることを提案。 しかし、チーフプロデューサーの飯田(福田転球)と、プロデューサーの田中(永山たかし)は、取り上げることを渋る。 そんな中、東京誠立大学で第三者委員会が開かれる。 そこにミスパンダが駆け付け…。 その後レンのことを知りたくなり、レンの診察記録を見た。 その後一緒にパンケーキ屋に行き、催眠をかけレンはミスパンダとなった。 直輝「 でもこのとき僕は気付いていなかった。 レンのもとに行こうとすると、近くで騒ぎが起こる。 学生服を着て刃物を持った男が大学の学長を刺したのだ。 興奮したその男は近くにいたレンを見て、「 お前もコネで入ったのか」と言いながら切りかかる… 寸前のところで直樹が間に入り、素手でナイフを掴み、相手を倒す。 その後副学長により記者会見が開かれ、 刺した男は大学に落ちた岸本という男で、 最近学長の息子がコネ入学したという噂が出たことで学長に対し腹を立てたということが判明した。 神代が不正入試問題は本当なのか聞くと、副学長はそれを認め謝罪する。 第3者委員会を設置し調査するという。 全日テレビで神代はこのもんだいを取り上げようと提案するも、 OBのCPやPは無理やり他のニュースに変えさせた。 ノーコンプライアンスからの指令 直輝は再びMr. ノーコンプライアンスから指令を受ける。 指令の内容は不正入試問題にシロクロつけろというものだった。 レンがコーヒーを淹れるためライターで火をつけると、 火事の中女の子が叫ぶ姿を思い出し息を荒げる。 レン「 お姉ちゃんが燃えて…」 家に帰ったレンは、 家族3人で写った写真を見ながら(黒く塗りつぶされていない方の女の子)、 「 リコ、ごめんね私だけが生きていて」と言い涙を流す。 直輝の父親は死ぬ前に直輝にプレゼントしたパンダのぬいぐるみの目を呑み込んでいた。 そこから直輝はパンダのぬいぐるみの目に隠されたUSBを見つけ、 中に入っていたコアラ男による脅迫動画や、佐島(Mr. ノーコンプライアンスがテレビで「娘を返してください」と叫ぶ動画を見つけた(動画はあともう一つある)。 直輝は再びレンに催眠をかけミスパンダと変身させる。 しかし再び火事の中の少女の姿を思い出し頭を抱えるミスパンダだったが、気にせず現場へ向かう。 その頃、神代は喫茶店で学長の息子にインタビューを行っていた。 ミスパンダは第三者委員会に乱入し、その場にいた熊谷という男を犯人扱いする。 しかし理由が犯人顔だったことから、副学長と柳本は笑いだす。 ノーコンプライアンス)と食事をおこなう。 佐島は直輝と久しぶりに会ったふりをする。 話題は昔あずさを誘拐したコアラ男の話になり、 コアラ男はまだ逮捕されていないという。 ミスパンダは暇だったと話す。 そしてミスパンダは第三者委員会の盗聴データを直輝に渡す。 その後直輝は一人ダーツBarに行き、女子3人のグループに接触する。 黒幕はこの2人だったのだ。 その後2人は記者たちを集め事件に関する中間報告を行う。 不正入学を認めると話す中、急にスクリーンにミスパンダが現れる。 そこには直輝(後ろ姿)が女子3人組と話している姿が写されていた。 実はその女子3人はダーツBarで会った3人で、柳本の娘だった。 そこでは娘によって柳本が不正入学をおこなっていることが暴露される。 その後副学長室に戻りもめる副学長と柳本。 そこにミスパンダが現れ、全ての真相が明らかになる。 副学長は学長になるため、柳本は不正入学で学生をいれ金を貰うため、学長の息子を不正入学させたことにし学長を追い出そうとしたのだった。 そして学長は生きていた。 息子が首を絞めようとした瞬間、病室に潜んでいたミスパンダが止めに入ったのだ。 そして直輝が2人が怪しいと感じたのは、第三者委員会の音声データを聞いたからだという。 ミスパンダがわざと犯人を間違えた後、2人が口数が現れ声のトーンが上がっていたのだった。 事件が解決し、中間報告が行われたホールで撮った写真に直輝が映っていたことを確認した神代は、 前回の葬儀のときにも直輝がいたことに気付くのであった… 一方で、喫茶GOBANではマスターの加賀と精神科医の 門田が話していた。 加賀 「10年前の記憶に怯えているみたいで…今までそんなことはなかったんですが…」 門田 「毎週お薬も出していますし、そんな症状が出るはずはないんですが…何か外部から別の力が加わっているのかも」 また、病室でレンの母親・麻衣子はタバコを吸おうとするも看護師に止められる。 そして麻衣子は写真の左側の黒く塗りつぶされた女の子の方を指でかきながらこう話した。 麻衣子 「私にはね、もう一人娘がいたのよ。 ほんとうリコがしんでくれてよかった」 その姿を廊下から見ていたレンは、 遠くからママと呼びバナナを投げられる少女の姿を思い出す。 その 少女は檻に入れられていた… シロでもクロでもない世界でパンダは笑う3話に続く。 スポンサーリンク シロクロの2話の考察や感想 シロクロの2話の放送が終わりました。 詳しくは後述しますが、レンの亡くなった姉妹の名前はリコというようですね。 しかし今回の話でますます入れ替わり説が濃厚になりました。 そして佐島(Mr. ノーコンプライアンス)と直樹の彼女のあずさが親子であることが判明しました。 なぜ直輝は佐島から指令を受けるのか? 謎は深まりますが、コアラ男の正体が少しわかったかもしれません(詳しくは後述)。 そして直輝とレンによるバトル! 短かったですがこれぞ視聴者の見たかったアクションシーンではないですかね。 お二人ともキレッキレな動きで圧巻でした! それではシロクロ3話の考察を順番にしていきます! レンとリコの入れ替わり説が濃厚に? 1話から出た レンとリコの入れ替わり説。 リコは檻に入れられていた子の方で、リコは10年前の火事?で死んだようです。 現在のレンですが、度々思い出す幼いころの回想は完全に檻に入れられていた リコの目線なんですよね。 おそらく10年前の事件で亡くなったのはレンでしたが、リコが入れ替わっておりリコ自身そのことに気付いていないのではないでしょうか? 二重人格的なもので、ミスパンダのときはリコの性格が出ていたり? そしてどちらが姉かわかりませんが、 喫茶店で火事のことを思い出した時レンは お姉ちゃんと言いましたが、 家に帰り写真を見つめながら話した際は リコと呼んでいました。 入れ替わっていたとすれば、おそらく溺愛されていたレンが姉で、檻に入れられていたのが妹のリコで、 レンは自分をリコと思い込んでいるが、火事のことを思い出した時はとっさにリコと発したのでしょう。 また、2話冒頭に直輝が最初にレンを見た際、「 私をおりから出して」という声が聞こえた気がしたと言っていました。 レンではなく 本当は檻に入れられていたリコの潜在的な叫びを感じ取ったのではないでしょうか。 また、余談ですがパンダは双子を生むと片方しか育てない習性があるようで、 レンの母親の麻衣子がレンだけを育てたのはその習性をもとにした設定なのではないでしょうか。 コアラ男の正体は門田?チェインストーリーでも怪しい動き? 今回も脅迫動画で出てきたコアラ男。 前回はあずさの足元がぎりぎり映っていなかったのでわかりませんでしたが、 2話の動画であずさの膝が地面に接している部分が映っていました。 このあずさの身長、つまり 白石聖さんの身長158㎝からコアラ男の正体を考察してみました。 下のツイートの画像のように、 白石聖さんの身長からおそらく コアラ男は160㎝~170㎝とそこまで身長は高くないように見えます。 そして画像のように主要キャストの俳優さんたちの身長を見ると、 165㎝の精神科医の門田が最も近いように見えます。 考察 門田がコアラ男? 白石聖さんの身長(158㎝)からコアラ男の身長と正体を考察。 そしてチェインストーリーでは、直樹と笑顔で話し別れた後急に真顔になるなど怪しい点がありました。 以上のことから、現時点ではコアラ男の正体として最も怪しいのは門田であると考えます。 ただ、次に記載しますがコアラ男には佐島(Mr. ノーコンプライアンス)も関与していそうなんですよね。 直輝の父親が直樹に託した理由は?佐島はコアラ男に関与? 直輝の父親はパンダのぬいぐるみの目を呑み込み、 直輝にだけパンダのぬいぐるみに隠されたUSBが見つかるようにしました。 つまり、あの コアラ男の脅迫動画などは直輝に託したかったということ。 正直佐島がテレビで犯人に向け訴える姿の動画も入っていたことから、上に提出するための捜査資料というわけではなさそうです。 例えば、 直樹の父親は佐島がコアラ男に関与していること情報を掴むも、上層部はは議員である佐島の手が回っており、独自に捜査していたのではないでしょうか。 そして 自分の命が狙われていることを知りそれを直輝に託したのでは。 そしてその捜査をしている中で、消されてしまった。 また、USBに入っていた3つ目の動画には佐島とコアラ男の繋がりを匂わせる動画が入っているのでは? だからこそ 直輝は佐島とコアラ男の関係を探るため佐島に近づき指令を受けていると考えます。 たとえば 2話で不自然に感じたのは直輝と佐島とあずさが食事をしているシーンです。 直輝がコアラ男の話題を出しましたが、普通彼女の目の前で彼女を誘拐した犯人の話題を出すでしょうか? 名前を出せば確実にあずさが嫌な思いをすることは確かです。 それをあえて 佐島に向けコアラ男の名前を出したのは、佐島とコアラ男の関係を探るためではないでしょうか。 まぁ 直輝の父親がコアラ男に関与していて、直輝にだけは本当のことを伝えようとUSBを託した可能性もあるわけですが… いずれにせよ、佐島と門田の動きは要チェックです。

次の

【シロクロパンダ 】ネタバレ第7話あらすじ紹介!!門田殺しの犯人がまさかの人物だった!?

シロクロ 2話 感想

かわいいだけ、かっこいいだけ、じゃあなぁ。 ダブル主役も完全にコケたな。 キャストが逆の方がいいとおっしゃってる方もいるけど、主役だから派手目がいいってキャラ無視のステレオタイプの意見ではないかなぁ。 オマージュが散りばめられててじわじわ来るのに、視聴率低いとか言われて悔しいわって思ってたら1%上がってよかったw ハメられて絶体絶命の2人がどう切り抜けるのか気になってましたが、ゴリラ男やハブとマングースを捕獲してのパンダのあの解決法笑っちゃいました。 爽快感あったわ。 土下座した直輝のニヤリも良かったし、飼育員さんのフード姿も素敵。 直輝がけはミルクでもできるのかw相変わらずのミスパンダの可愛さと面白さもあってハマるわw 佐藤二郎さんがツイッターで、シロクロのトップギアはこれからだ!っておっしゃってましたよw 犯人や誰が黒幕か? レンとリコ、飼育員との関係の行方気になるところがたくさんあってほんと楽しみ。 今や月9でも10%時代。 22時半からの遅い時間帯なら視聴率良い方と思うよ。 1~4話までとガラッと変わって5話6話でかなり内容が深まりましたね。 アツアツおでんとか紅茶のミルクでミスパンダになっちゃうとことか、いい意味でなんだよそれって笑っちゃうんですけど、ストーリーの核となる部分は結構深くて引き込まれます。 横浜さんが土下座したときに一瞬見せた悪い顔とか、ミルクがけのとこの目がゾクッとしました…。 続きが気になります。 497-61 kkkkkk 結構辛口なコメントもありますが、この時間枠・読売制作で低予算であることを考えるとそんなに悪い数字じゃないと思います。 脚本が荒い部分もあるので、好みが分かれると思いますけど、私は結構ハマっちゃってTverとかで何回か見直してます。 主演のお二人も脇を固める役者さんも、登場人物は皆さん一筋縄ではいかない役どころなんですが、上手く演じていると思います。 467-73 観たいのに時間の都合がつかなかったり、録画を忘れたら… 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』を見逃したら 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』を見逃しても、動画配信サービス(VOD から観ることができます。 期間限定になりますので、注意してください。 日本テレビの無料配信サービス《日テレ無料》でも、『シロクロ』を無料で観ることができます。 こちらも期間限定になりますので、注意してください。 紹介している作品は、2020年2月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』6話のあらすじと予告 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』6話の視聴率 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』6話の感想 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』6話を見逃したら 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』7話の予告 について紹介しました。

次の

【シロクロパンダ】2話のあらすじとネタバレ感想!見逃し無料配信も!

シロクロ 2話 感想

『シロクロ』見逃し動画配信先• (チェインストーリーの配信あり) 最終回は 3月22日 日 22:29まで視聴できます。 配信期間が終了してしまっている場合でも、以下の方法で無料で視聴することができます。 ドラマ『シロクロ』の動画を無料視聴する方法 『シロクロ』はにて視聴することができます。 こちらではhuluを無料で視聴する方法やおすすめポイントを紹介します。 『シロクロ』は1話~全話huluで配信 huluは、ヒット映画やテレビ番組を豊富に取り揃えたオンラインビデオ配信サービスです。 月額1,026円 税込 で全コンテンツ見放題!さらにマルチデバイス対応なので、いつでもどこでも視聴可能です。? はじめてhuluを利用される方は、 2週間無料のおためし期間があります。 期間内に解約手続きをしておけば、うっかり解約するのを忘れて請求されるということがないので安心してご利用になれます。 huluおすすめポイント• 人気映画はもちろん、海外・韓国ドラマ、バラエティー番組が充実!• PC、テレビ、スマートフォンなど、様々なデバイスに対応!• まるで映画館!驚きの高画質!• 無料お試し期間が終わっても、月額1,026円 税込 で全て見放題!追加料金はなし! huluで配信中の横浜流星出演作品 huluでは横浜流星さんが出演しているドラマや映画も以下のようにたくさん配信されています。 『でぶせん』(森田甘路主演)2016年ドラマ• 『シュウカツ[就職活動]』(桜田通主演)2016年映画• 詳細はでご確認下さい。 ドラマ『シロクロ』のあらすじ 「ー闇に隠された真実を忖度なく暴け!」 囲碁棋士の川田レン(清野菜名)が、アルバイトをするのは囲碁喫茶GOBAN。 アルバイト先で目にしたのは、上坂という国会議員が竹やぶに吊るされた姿で発見されたというニュース。 この犯人は、裏で悪人たちを懲らしめて世間を騒がせるミスパンダではないかと世間は騒いでいます。 そんなニュースを目にしたレンは、ミスパンダのように生きることはできないと思いながらも、どこか羨ましく思うのでした…。 レンはある出来事をきっかけに精神科医・門田(山崎樹範)の診療を受けています。 そんなレンの楽しみはたまに「パンケーキを食べに行こう」と誘ってくれる医学生・森島直輝(横浜流星)に会うこと。 そんな直輝は、恋人・佐島あずさ(白石聖)に頼まれて「メンタリストN」という名でバラエティ番組に出演することになります。 直輝が出演者たちの思考を操るようなパフォーマンスを披露し、無事番組を終えた後、あずさからIT企業に勤める女性・愛菜が不審な自殺をした話を聞きます。 どうやら、愛菜は自殺直後に顔に包帯を巻いた姿で「醜い私、さようなら」と言い残した遺書代わりの動画をインターネットにアップし、自殺した模様。 その衝撃的な愛菜の死に、ネット上では様々な噂が広まっていきます。 コンプライアンス(佐藤二朗)からの指示を受けたあと、レンに「これからパンケーキ食べに行かない?」とメールを送る直輝。 その後、レンと直輝はパンケーキ店で会いますが、直輝がパンケーキにかけたシロップを見ていたレンは意識を失ってしまいます。 その後、ビルの屋上で「グオオォォォーー!」と吠えるミスパンダ。 彼女を操る飼育員さんこと直輝が「さぁ出番だよ、ミスパンダ」と告げると、ミスパンダはその場を後に、愛菜の葬儀場へと向かいます。 「アタシがシロクロつけるから!!」 と言い放ったミスパンダが愛菜の死の真相に迫ります。 ドラマ『シロクロ』の原作はある? 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』は原作がなく、完全オリジナル脚本となっています。 脚本を担当したのは、「THE LAST COP/ラストコップ」や「ブラックスキャンダル」の佐藤友治さんや「これは経費で落ちません」の蛭田直美さん。 佐藤さんの痛快な展開を生む脚本や、人間模様を面白く描く蛭田さんの脚本が合わさった今作。 ytv. かつては天才美少女棋士とまで言われたが、10年前のある事件がきっかけで、ネガティブで弱気な性格になり、囲碁も負けてばかりいます。 そんな彼女にはもう一つの顔があります。 それが「 ミスパンダ」。 ミスパンダは世の中にはびこるグレーゾーンにシロクロつける謎の存在で、動物的な直感から生まれる予期せぬ行動と驚異的な身体能力で、クロと決まった相手を公開処刑にします。 闇に潜む真実を暴くヒーロー性とエキセントリックな風貌に熱狂的ファンも多くいます。 しかし裏では、Mr. コンプライアンスの指示で世の中のグレーゾーンにシロクロつける活動を行なっているのです。 卓越した記憶力・観察力・洞察力・推理力で、ほんの少しの動揺や思考を瞬時に読み取ることができます。 その他にもその人に眠っている記憶や力を呼び覚ましたり、別人格を刷り込ませるなどのこともできます。 ミスパンダには自分のことを飼育員さんと呼ばせていますが、自由気ままなミスパンダに手を焼いています。 そんな直輝ですが実は、8年前に突然失踪し、遺体で見つかった父の謎の死を抱え、復讐を果たそうとしています。 ノーコンプライアンス/佐藤二朗 直輝の能力を認め、グレーな事件にシロクロつける指令を出す謎の人物です。 法律では裁けない事件の真相を追求しようとするいき過ぎた正義感を持っていますが、それは過去に下したある決断が関係しています。 川田麻衣子/山口紗弥加 レンの母親で、10年前のある事件がきっかけで病気療養中です。 若くして産んだレンを天才囲碁少女として育てたやり手の母親でもあります。 【全日テレビ関係者】 佐島あずさ/白石聖 「自分の言葉で真実を伝える」という信念を持っている全日テレビの報道記者で、かつ直輝の恋人です。 かつてコアラ男という謎の人物に誘拐された過去を持ちます。 神代一樹/要潤 直輝の正体を怪しんでいる、全日テレビに出入りするフリーのディレクター。 「真実よりもグレーの世界の方が金になる」という信条を持っているので、視聴率を稼ぐためならば、どんな手でも使います。 飯田兼一/福田転球 全日テレビ・夕方のニュース情報番組「情報ワイド・イブニングVIEW」のCP(チーフプロデューサー)。 現在は出世のために超保守的な組織人として働いています。 田中三太/永山たかし 全日テレビ・夕方のニュース情報番組「情報ワイド・イブニングVIEW」のプロデューサー。 どんな関係者にもいい顔をする風見鶏です。 伊藤健人/坂東龍汰 全日テレビ・夕方のニュース情報番組「情報ワイド・イブニングVIEW」のAD(アシスタントディレクター)。 こき使われながらもディレクターを目指し、日々奮闘しています。 【東京誠立大学関係者】 門田明宏/山崎樹範 直輝の指導教官の精神科医。 10年前のある事件以降、レンの担当医として診療しています。 前川雪乃/祷キララ 直輝の大学のゼミ仲間です。 小園武史/中田圭祐 直輝と雪乃の共通の友人でゼミ仲間です。 【囲碁喫茶GOBAN関係者】 東山楓/吉田美月喜 自称・天才美少女囲碁少女。 ミスパンダに憧れている中学生で、囲碁界では同年代で敵無し。 レンをライバル視しています。 加賀春男/升毅 レンがアルバイトしている囲碁喫茶GOBANの店主。 元・プロ囲碁棋士なので、持てる技術はすべてレンに託した師匠です。 近所に住むレンを幼い頃から可愛がり、レンの過去を知る数少ない理解者です。 加賀佳恵/椿鬼奴 レンがアルバイトしている囲碁喫茶GOBANのママ。 春男とともに親代わりとしてレンを可愛がっています。 菊池勘平/水澤紳吾 囲碁喫茶GOBANの常連客。 中島きよし/松浦祐也 囲碁喫茶GOBANの常連客で、近所で電気店を営んでいます。 小林孝雄/スチール哲平 囲碁喫茶GOBANの常連客で、オタク風の青年です。 並木しげる/浅見小四郎 囲碁喫茶GOBANの常連客で、仕事はリタイアしています。 ドラマ『シロクロ』の主題歌 主題歌は、驚異的な表現力の高さで話題を呼んだBillie Eilish。 曲は「bad guy」。 この曲は、全米シングル・チャートで1位を獲得していて、2000年以降に生まれたアーティストとして史上初の快挙となっています。 4% 関東地区・ビデオリサーチ調べ ドラマ『シロクロ』の見どころは? 今作は「あな番」のような視聴者も巻き込んだ謎解きになることが予想されています。 視聴者一体型の謎解きドラマは「あな番」に引き続き、盛り上がること間違い無し! 謎解きが好きな方も含め、横浜流星さんのメンタリストぶり、清野菜名さんの過激なアクションが期待されるミスパンダと言い、見所は盛りだくさん! 新時代の新たなミステリードラマとなる今作は、どんな人が見ても楽しめます。 ぜひ、新しいがたくさん盛り込まれたドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 」ご覧ください! ドラマ『シロクロ』第1話あらすじ・感想 女流囲碁棋士の川田レンは、悪いことばかり考えて囲碁でも勝てない。 ある日、性的暴行疑惑の議員が竹林で発見され「ミスパンダ」の仕業かと捜査が始まる。 レンはカウンセリングを受けている病院で医学生の森島と出会い、パンケーキを食べることを楽しみにしている。 ある日、IT企業に勤める横山愛菜が「醜い私、さようなら。 」という動画を公開した後、遺体で見つかる。 ミスターノーコンプライアンスの佐島法務大臣は森島に真相を探る指示をし、森島は「飼育員さん」としてミスパンダに指示する。 ミスパンダは通夜で動画の続きを見せると、愛菜は「美しくなりました。 」とうれしそう。 その後、会社に現れた社長に、森島が動画の続きを見せて真相を聞き出す。 愛菜は社長からのひどいセクハラを世間に公開しようとしたが、逆上した社長に殴られ、窓から転落したのだった。 ミスパンダは社長の顔に手術しようとしたが、急に様子が変わり刺そうとしたところを森島が止める。 「お疲れ様」と抱きしめるとミスパンダは意識を失う。 家に帰った森島は、白骨死体で発見された父から以前もらったパンダのぬいぐるみを抱きしめる。 パンダに隠してあったUSBにはコアラと縛られた女性が映った動画が。 一方、昨夜の記憶がないレンは入院中の母のお見舞いに行く。 母とレンの写った写真には黒く塗りつぶされたもう一人が写っているようだ。 第1話感想 展開が早く、内容も盛りだくさんであっという間の1時間でした。 秘密が多く、レンはなぜ弱くなったのか、母との関係は、写真のもう一人は誰か、森島は何をしたいのか、父親はなぜ死んだのか、USBの意味は、映っていたコアラの正体は、佐島のねらいはと、きりがないほどです。 これから少しずつ解明されると思うので、見逃さないようにしたいと思います。 今回は、自殺したと思われた愛菜の死の真相を見事に暴きました。 社長は、セクハラのつもりはなかった、愛していたと、自分勝手な考えで人を追い詰めました。 このドラマでは、ゆがんだ見方でクロと断定できないグレーな事件を追及していくのだと思いました。 弱い人の味方として、これからもミスパンダが悪者を痛快に退治するのを楽しみにしたいです。 岸本の息子の入試の点数が合格基準に達していないことがネットに流失し、不正入学を疑われたからだ。 副学長の池渕は入試で不正があったことを認め、第三者委員会を設置した。 直輝はミスターノーコンプライアンスに不正入試問題にシロクロつけるように言われ、レンを呼び出す。 レンは意識を失いミスパンダが現れる。 そして、第三者委員会に行き、副学長らの声を録音する。 直樹は、池渕と元文科省の役人がかかわっていると見抜き、記者会見の場で役人の娘が「パパはどんな大学にでも入れてあげられる。 」と話している動画を流す。 不正入試は池渕と役人の企みで、学長のせいにしたのだった。 全てが明かされ解決した。 今回、レンが火事で姉?を失ったこと、少女が檻に入れられていたことの記憶を思い出してきて、それを主治医が気にしていることがわかった。 また、直樹の父が残した動画に「娘を返してくれ。 」と言う佐島が映っていたこと、佐島の娘のあずさは直樹の恋人で、以前コアラ男に誘拐されたことがあり、コアラ男は捕まっていないこともわかった。 第2話感想 今回は、不正入試を企んだ犯人を暴く内容でした。 佐島が命じ、直樹が全て考えて準備を行い、ミスパンダが犯人を追いつめて白黒つけるという流れがわかりやすかったです。 直樹がとても冷静で計画的なので、感心するというより少し怖さを感じます。 レンが過去を思い出してきたので、直樹の言うとおりに今後も動くかも心配になりました。 さらに、レンの火事で姉をなくしたという記憶に秘密がありそうで、姉妹のうちどちらが檻に入っていたのもまだよくわかりません。 直樹の父と佐島の関係性や娘のあずさのこともはっきりしないので、今後はその解明が中心になっていくのではないかと期待しています。 ドラマ『シロクロ』第3話あらすじ・感想 スピードクライミングの宮澤沙奈恵は練習中にロープが切れけがをし、世界選手権を辞退する。 レンは沙奈恵が同級生と気づきお見舞いに行くが、リコの話をしたためフラッシュバックが起こる。 直輝はミスターノーコンプライアンスに事件を調べるように言われ、ミスパンダと一緒に、沙奈恵のライバルの北里亜香里の練習場に行く。 そして報道陣とライバルのコリーナとコーチのミルコビッチの前で、犯人は亜香里だと挑発する。 レンは直樹に、10年前、母と姉のリコとバンガローに泊まった時、火事になり、リコを見捨てて逃げたことを後悔していたことを話した。 直樹は「ぼくも同じ。 過去の苦しみを自然に忘れる事はできない。 」と言って抱きしめる。 ミスパンダが、練習中の亜香里のロープを切り、落ちる様子を配信する。 その後、沙奈恵のコーチの鹿野とミルコビッチが犯人だと配信する。 直樹が真相を見抜き、亜香里の協力も得て、2人を退治した。 ミスパンダは母に檻に閉じ困られた記憶がよみがえる。 神代はあずさの携帯を見て直樹の存在に気づく。 直樹は、門田医師に「川田レンはレンじゃないですよね。 」と聞く。 第3話感想 今回は、スピードクライミングに関する事件でした。 犯人は意外でしたが、解決の流れがわかってきたので、安心して見られました。 レンと直樹の過去に関することが気になりました。 門田医師が真相を知っていて、直樹もレンがリコではないかと気付いたこと、レンはミスパンダの時も自分が檻に入っていたことを思い出すようになったこと、佐島が直樹の父をよく知っていること、神代が直樹の存在に気づいたことが分かったからです。 今後、レンが真実に気付いた時、どうなるか心配です。 ミスパンダとして活動できるのでしょうか。 直樹が真実を追求する気持ちが強すぎるのも気になります。 ドラマ『シロクロ』第4話あらすじ・感想 直輝は門田医師から、レンとリコのことを聞く。 火事で死んだのはレンで、親子を救うためにリコに催眠をかけたのだった。 ある中学校で翔太が涼介を人質にとって立てこもった。 涼介にいじめられたと言うが、涼介はいじめていないと言う。 翔太はミスパンダを呼べと要求する。 直輝はミスターノーコンプライアンスにそれを伝えるが、ミスパンダを呼ぶのは許されない。 直輝は一人で学校に潜入しパンダの人形を使い、ミスパンダのように話しながら真実を突きとめた。 そこへミスパンダも来た。 翔太は涼介からのメールで脅され春香に相談したらさらに脅され、死ぬしかないと思った。 メールがなりすましだとわかり、2人で自作自演して犯人を見つけようとしたのだ。 直輝は、悩んでいる生徒をタイミングよく救う春香が犯人だと突きとめた。 そのころ、何者かが直輝とレンが親しくしている写真をあずさに送る。 直輝は神代に「飼育員さん。 」と呼びかけられる。 第4話感想 今回は自分の満足のために、なりすましのメールで生徒を脅し助けるふりをするスクールカウンセラーが犯人でした。 しかも繰り返していたので、解決できて良かったです。 ミスパンダを呼べないため、直輝がパンダの人形を使ったのは意外でしたが、中学校の校内を逃げ回りながら、事件を解決するという技も見せてくれました。 さすがに動きがいいです。 レンがリコだということがはっきりしましたが、さらにレンがミスパンダだと言うことを周りが気付き始めています。 神代も直輝の正体を掴みました。 シロクロつけにくくなるので、どうするのか気になります。 ドラマ『シロクロ』第5話あらすじ・感想 直輝は神代に、コアラ男を探してくれたらミスパンダの正体を教えると言う。 7年前に爆破事件を起こした死刑囚の浜口が護送中に偽パンダと飼育員に連れ去られた。 浜口は無罪を主張し、再審請求が認められるはずだった。 偽パンダの動画で、浜口の罪は国民投票でシロクロつけると言う。 直輝は佐島に、偽パンダの事と、あずさの誘拐の手口と似ていると伝えた。 門田はレンとリコの実験の論文を書いていて、レンに直輝に会うなと言う。 でも、レンは一緒にいたいと言って、直輝に好きだと告白する。 直輝は催眠術をかける。 神代が、爆破事件で弟を亡くした兄と姉に話を聞くと、浜口を殺してほしいという。 偽パンダの動画で国民投票はクロに決定と伝えた。 直輝は場所を特定し、ミスパンダと向かう。 2人が偽パンダと飼育員と闘っていると、浜口が刺されて死んでいた。 偽パンダはナイフをミスパンダに握らせて逃げる。 偽物にはめられた2人は警察に囲まれるが逃げる。 翌日、門田が何者かに殺された。 第5話感想 話が複雑になってきました。 偽パンダたちにだまされ、ミスパンダと飼育員は警察に指名手配され、動きづらくなりました。 神代と直輝が利害関係で協力することは良かったと思います。 が、佐島は何かたくらみ、門田はひどい人だと思ったら、何者かに殺されました。 コアラ男と直輝の父の事もまだ全くわかりません。 それにしても、レンは多くの人に利用されてかわいそうです。 加賀夫妻だけは本当にレンのことを心配していますが。 せめて、直輝は、レンを裏切らずに、父の事件を解決してほしいと思いました。 偽パンダと飼育員との闘いは、迫力がありました。 ドラマ『シロクロ』第6話あらすじ・感想 ミスパンダが殺人容疑で指名手配された。 神代は、7年前の爆破事件で弟を亡くした中延兄と姉の情報を直輝に伝える。 直輝は2人に会い、犯人ではないことに気付く。 その直後、中延兄と姉が捕まった。 直輝は、2人がはめられたと思って調べると、爆弾事件後、警官の岩城が服毒自殺していたことが分かる。 直輝は佐島に最後だから助けてと頼み、神代は、岩城の母に真相を聞く。 実は、岩城が爆弾事件を起こし、遺書を残し自殺した。 母は遺書を警察に渡したが、もみ消され、浜口は犯人にされた。 が、再審請求されたので、一課長が刑事の三津谷と坂下に浜口を殺させたのだった。 直輝はレンに催眠術をかける。 ミスパンダは警察をおびき出すために、佐島大臣を誘拐したと配信する。 すると、三津谷と坂下が来たので、捕らえ、真相を暴き、警察に渡した。 ミスパンダが持っていた浜口殺害の証拠のナイフを佐島に預けたが、恩があると言って一課長に渡してしまう。 ミスパンダは炎を見たため、自分はリコだと言い、直輝のこともわからない。 第6話感想 直輝と神代の活躍で、7年前の爆弾事件と浜口殺しの真相がわかり、ミスパンダたちの容疑も晴れてよかったです。 でも、証拠のナイフを佐島が一課長にわたしたので、またもみ消されるのではないかと心配です。 佐島が一課長に恩があると言いましたが、あずさ誘拐に関わることのようでとても気になります。 ミスパンダが催眠術から覚めた時に、リコになっていて驚きました。 レンの中の記憶が戻ったことは良いことかもしれませんが、さらに複雑になりそうです。 ドラマ『シロクロ』第7話あらすじ・感想 リコは、長い催眠から覚めた。 リコは門田に頼んでレンになったのだ。 ミスパンダになっている訳を知ったリコは、門田を殺した犯人を見つけてほしいと直輝に頼み、再びレンになる。 神代は、あずさがコアラ男に誘拐された事件を調べた。 あずさは無事に発見されたが、コアラ男は捕まっていない。 捜査したのは直輝の父だった。 神代は、佐島がこの事件に関わっていると考える。 直輝がレンに催眠術をかけると、リコがミスパンダとして現れた。 心霊スポットで配信すると、レンの母の麻衣子が来た。 麻衣子は門田が論文を発表することを知り殺したのだ。 麻衣子は真実を話した。 双子を育てるのが大変で、リコを殺そうと火をつけた。 が、レンがリコを助けようとして、死んでしまったのだ。 リコは直輝に自分を消してと頼む。 直輝は、「ミスパンダは愛されている。 力を貸して。 」と言うと、リコは「復習に付き合うから、レンを幸せにしてあげて。 」と言う。 麻衣子は自首をした。 翌日、直輝の父の遺書がみつかり、コアラ男だったと報道され、直輝は混乱する。 第7話感想 悲しい真実がわかりました。 門田を殺した犯人はレンの母でした。 しかも、火事でリコを殺そうとして、レンが死んだのでした。 リコは、そんな母でも喜ばせようと、自分をレンの代わりにしたのです。 リコは直輝の復習が終わったら、消えるつもりでいますが、他に良い方法はないのでしょうか。 直輝の父がコアラ男だったと、報道されましたが、これには、神代と佐島が関連していると思います。 直輝の父が犯人であるはずはありません。 直輝が惑わされずに、真実を突き止めてほしいです。 ドラマ『シロクロ』第8話あらすじ・感想 直輝の父がコアラ男だと言うことは、神代が佐島から得た情報だった。 直輝が確かめると、佐島は自分でシロクロつければいいと言う。 直輝は真犯人の証拠を探すため、あずさに「利用するために近づいた。 佐島が父を殺した。 」と言う。 あずさは直輝を手伝うと決め、佐島の部屋で3つの座標の数字を見つける。 それは、父が埋まっていた場所とあずさが見つかった場所ともう1つ。 そこを捜すと、コアラ男誘拐事件の資料とパンダのマスクが入った鞄があった。 直輝はレンに、もう一度力を貸してほしいと頼む。 ミスパンダが現れ、お宝捜しの配信中、パンダのマスクと事件の資料を見つける。 直輝は、あとは自分がやると言い、リコはレンをよろしくと言う。 直輝のところに佐島が来た。 資料には、佐島の部下がコアラ男で、好感度を上げるために佐島が自作自演したとあった。 父はそれを知り殺されたのだ。 佐島は罪を認めるが、直輝は何か隠していることに気付く。 が、佐島は毒を飲む。 直輝は、父の手帳の写真にUSBのパスワードを見つけ、動画を見ると、真実を話す父の姿があった。 そのころ、レンは誰かに連れ去られる。 第8話感想 今回は話が急展開しました。 直輝の父が多くの証拠を残していたので、真実がわかりました。 佐島が、好感度のために部下に命じて偽装誘拐をやり、それを知った直輝の父を殺したと認めたのです。 やはりそうかと思っていたら、まだ、何か隠されているようです。 父が残した映像に何が映っていたのか、レンはだれに連れ去られたのか、わかっていません。 レンは自分がミスパンダになっていたことを知りましたが、リコだということは知りません。 レンとリコ、どちらとして生きていくのか、とても辛い選択です。 ドラマ『シロクロ』第9話あらすじ・感想 直輝の父の遺言は「USBを警察に渡し、復習はするな」と言うことだった。 佐島は犯人ではなく、何かを隠していた。 その頃、レンは連れ去られた。 コアラ男から映像が来て、あずさが監禁された場所でレンに銃を向けていた。 直輝とあずさは廃屋に行ったが、いなかった。 次は直輝の部屋。 移動中、あずさも連れ去られる。 入院していた佐島は自殺を図るが、神代に止められ真実を話す。 直輝が部屋に着くと、次は地図の場所へ。 着くと、レンもあずさもいた。 コアラ男は殺す方を選べと言い、直輝が選べないでいると、あずさを撃つ。 その時、直輝はレンに催眠術をかける。 直輝とミスパンダはコアラ男を倒す。 コアラ男はあずさの兄だった。 兄は全てやったと言って自殺した。 直輝は、復讐は終わっていないと言う。 実はあずさは撃たれていなくて、首謀者だった。 あずさは、父を試すために8年前の誘拐を兄にさせ、それを知った直輝の父を兄に殺させた。 さらに、レンの誘拐を兄に頼んだ。 佐島は事実を知り2人をかばっていた。 直輝は父の言葉を思い出して迷うが、あずさを刺そうとする。 そこにリコが飛び出し、刺されてしまう。 第9話感想 やっと真実が分かりました。 佐島がかばうのはあずさの兄だと思っていたら、あずさが首謀者でした。 まさかと思いましたが、兄を言いなりにし、誘拐や殺人までやったのに、それでも直輝が好きと言ったのには、狂気を感じました。 直輝は、復習をするなと言う父の言葉はわかっていましたが、8年間復讐を思い続けたので、やめることはできませんでした。 でも、その結果、リコが刺されてしまいます。 リコはどうなってしまうのかとても気になります。 ドラマ『シロクロ』最終回あらすじ・感想 直輝は、復讐のためにレンを利用した責任を感じていた。 レンは入院し、1ヶ月目覚めない。 佐島は、自分の過ちを背負って生きていくと言い、直輝は自分自身に決着を付けると言う。 直輝が自殺を考えた時、突然、ミスパンダの配信が始まる。 神代が捕まり、ミスパンダは「アタシが嫌いなグレーなヤツをボコボコにしていきます。 」と言う。 神代は、ミスパンダがリコだと知り協力していた。 ミスパンダは春夫に会いに行き、リコだと言って、2人で囲碁をやる。 お別れに来たようだ。 リコは直輝に本心と違い、レンに戻らないと言う。 2人で闘うが、リコは「レンに戻る。 夢がかなった。 催眠術をかけて。 さようなら。 」と言う。 母から、ごめんなさい。 娘でいてくれてありがとうと言われたからだ。 レンは夢でリコに会う。 リコはお別れを言いに来て、レンのそばにいると言う。 レンは目覚めたが、直輝はミスパンダと自分の記憶をレンから消していた。 さらに、直輝は自分に催眠術をかけて、レン達の記憶を消す。 囲碁大会が開かれ、レンが勝つ。 レンはパンケーキのお店に行くと、偶然、近くの席に直輝がいた。 パンケーキにシロップをかけると2人は目が合う。 最終回感想 リコは、レンになることを決心していました。 母から、娘でいてくれてありがとうと言われたことで満足したのです。 レンたちは2人で1人と言うことなのでしょう。 直輝は復讐したけれど、むなしくなるばかりでした。 でも、リコからありがとうと言われて、救われました。 ミスパンダのリコは、母もレンも直輝も救った本当のヒーローだったと思います。 直輝がレンと自分の記憶を消したのは、新しく生まれ変わって生きるために必要だったと思いますが、最後に新たに2人が出会い、良かったです。 タイトルに不思議さを感じた方も多いと思いますが、実はグレーゾーンが溢れる世の中をうまくタイトルに盛り込んでいますよね。 インパクトのあるタイトルからすでに面白い予感がする「シロクロ」は、完全オリジナル脚本ということで、最後の展開にも自由さがあるという今の流行りに乗ったドラマにもなっています。 どんなドラマになるのか、皆さんで期待して待ちましょう!.

次の