こんな夜更けにバナナかよ 評価。 こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 の レビュー・評価・クチコミ・感想

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話のレビュー・感想・評価

こんな夜更けにバナナかよ 評価

こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち 著者 発行日 発行元 言語 形態 ページ数 463 コード [ ] 『 こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』(こんなよふけにバナナかよ きんジス・しかのやすあきとボランティアたち)は、による書籍。 全身の筋力が徐々に衰えていく進行性という難病を抱え、に在住していた男性の 鹿野靖明(しかの やすあき、 - )を取材したノンフィクション作品である。 1人では体を動かせないうえ、痰の吸引を24時間必要とする鹿野が選んだ自立生活と、それを24時間体制で支えるボランティアたちの交流が描かれている。 書籍のタイトルは、夜中にいきなり「バナナが食べたい」と言い出した鹿野に対して、ボランティアの一人が心に浮かべた感想から取られた。 鹿野の自由奔放な性格の象徴として紹介されるエピソードであると同時に、と介助者との対等な関係がいかに構築されるべきかという、の本質を問うタイトルとなっている。 第35回、第25回をそれぞれ受賞している。 映画 [ ] こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 監督 脚本 原作 「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」 製作 石塚慶生(企画・プロデュース) 飯沼伸之 寺西史 製作総指揮 吉田繁暁 伊藤響 出演者 音楽 主題歌 「」 撮影 藤澤順一 編集 西潟弘記 制作会社 製作会社 「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会 配給 松竹 公開 上映時間 120分 製作国 言語 興行収入 11. 4億円 『 こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』のタイトルでに公開された。 主演は。 支援作品。 キャスト [ ]• 鹿野靖明:• 安堂美咲:• 田中久:• 高村大助:• 前木貴子:• 塚田心平:• 泉芳恵:• 鹿野清:• 鹿野光枝:• 田中猛:• 野原博子: スタッフ [ ]• 原作:「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(刊)• 監督:• 脚本:• 音楽:• 主題歌:「」()• 製作代表:大角正、• エグゼクティブ・プロデューサー:吉田繁暁、伊藤響• 企画・プロデュース:石塚慶生• プロデューサー:飯沼伸之、寺西史• ラインプロデューサー:阿部智大• 撮影:藤澤順一• 照明:• 美術:三ツ松けいこ• 録音:鈴木肇• 編集:西潟弘記• 衣装デザイン:小川久美子• ヘアメイク:小沼みどり• 装飾:松尾文子• VFX:• 音響効果:• 記録:松村陽子• 音楽プロデューサー:高石真美• 宣伝プロデューサー:櫻糀恵介• 制作主任:堤健太• 制作担当:木村広志• 助監督:茂木克仁• 制作プロダクション:• 制作協力:松竹映像センター• 配給:• 製作幹事:松竹、• 製作:「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会(松竹、日本テレビ放送網、、、、、、、、、、、、、、、) 関連商品 [ ]• (ノベライズ)・(原案)・(脚本)『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』、、2018年12月4日発売、 - 映画ノベライズ• 『』2019年1月号、、2018年12月3日発売 - 映画の脚本が収録されている• 西造(作画)・渡辺一史(原案)・橋本裕志(脚本)『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』、掲載 - 同名映画のコミカライズ版 脚注 [ ].

次の

【映画レビュー】「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」Amazon prime video

こんな夜更けにバナナかよ 評価

全身の筋肉が徐々に衰えていく、進行性筋ジストロフィー、通称:筋ジスという難病に侵されています。 筋ジスと判明したのは12歳の時で、その頃は20歳まで生きるのが難しいと言われていました。 しかし鹿野は好き放題をして暮らし、34歳になってもなお、精力的に生きています。 病は進行しており、今では手の指先と、首から上しか自力では動かせません。 何をするにも、ボランティアの手が必要です。 鹿野はボランティアに、一見すると横柄な態度を取りますが、それはポリシーがあってのことでした。 障害者だからと卑屈になるわけではなく、ボランティアの経験を積むための練習台になる…そのつもりで、鹿野はわがまま放題をしています。 鹿野の病状からすると、本来であれば入院生活を余儀なくされるものです。 しかし病院での生活が窮屈だからと、鹿野は勝手に退院し、ひとり暮らしをしていました。 近くの北海道大学へ自らが行き、自分のためのボランティアを募ります。 鹿野の家にいるボランティアは、すべて自前で用意した「ボラ」でした。 鹿野のわがままぶりは、徹底しています。 ボランティアはそれに振り回されますが、不思議と鹿野は憎めないキャラクターでした…。 その日も鹿野は何人もの女子学生ボランティアに囲まれて、ちやほやされています。 3分の砂時計が落ち切ったのを見て、鹿野は「はーい3分、ふーして」と言い、カップラーメンを食べさせてもらっています。 繰り返しになりますが、自力で動かせるのは首から上と手の指先だけなので、水を飲むのも背中を掻くのも、新聞を読むのも、ボランティアの力を借りないと、鹿野ひとりではできないのです。 一見するとハーレム状態に見えますが、そうではありません。 …いや、「ハーレム状態」のようでした、ベテランのボランティア、前木貴子に言わせると。 実際、そんな風に見えなくもありません。 安堂美咲は、書店に勤めるフリーターです。 玉の輿を狙って合コンをして、現在は北大生の医者のタマゴですが、将来的には田中記念病院の跡取りになるであろう男性・田中久と付き合い始めました。 その際、田中に釣り合おうとして「教育大学生」と嘘をついています。 田中はそれを信じており、美咲は教師になるために勉強をしているのだと思っていました。 田中はこのところ、ボランティア活動だと言って美咲とのデートを日延べすることがありました。 美咲は怪しんで、あるとき田中へ会いに、鹿野の自宅へ押しかけます。 美咲が会いに行ったのは、あくまで田中でした。 しかし鹿野は、ボランティア志願の女子学生のひとりだと思い込み、あれこれ指示します。 筋ジスの鹿野のシンポジウムを聞いて感動した田中は、鹿野のボランティアに名乗りをあげていました。 泊まりのボランティアに欠員が出て、田中は指名されます。 田中が泊まりになったので、美咲も居残りました。 深夜の2時過ぎに、鹿野が「バナナを食べたい」と言い出しました。 こんな気まぐれを鹿野が起こすことは、よくありますが、美咲は「こんな夜中にか」と思います。 田中が買いに行こうとしますが、ほぼ初対面に近い鹿野と2人きりで残されても、会話が続く自信がないので、美咲がバナナを買いに行きました。 深夜まで開いているスーパーにはバナナが品切れで、閉店しているスーパーには、バナナが山盛り置かれていて、美咲は口惜しがります。 それでも必死で走り回り、美咲はバナナを買ってきました。 鹿野の目の前のオセロ盤の上に、腹立ちまぎれに美咲がバナナを置くと、鹿野は飄々とした顔で「うわなんかいま、ぐっときた~」と言います。 鹿野は美咲を好きになりました。

次の

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』あらすじとネタバレなし感想。笑って泣ける【評価/レビュー】

こんな夜更けにバナナかよ 評価

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』口コミ感想ネタバレ 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』あらすじ 公開上映中おすすめ映画 「高畑充希の生き生きとした姿が魅力的!」「大泉洋の演技は流石!!」「人に頼る勇気。 夢を諦めない姿に感動して涙!」 上映中【2018年12月28日 金 公開】 難病で車いす生活を強いられながらも、力強い生き様で多くの人々に影響を与えた実在の人物、鹿野靖明さんを、大泉洋が演じるヒューマンドラマ。 難病・筋ジストロフィーで、人の助けがないと生きていけないのに病院を飛び出して自立生活を始めた鹿野。 そんな彼に振り回されながらも、出会いを機に変わっていく人々の物語が描かれる。 -Movie Walker- あらすじ<STORY> 北海道の医学生・田中(三浦春馬)がボランティアとして出会った体が不自由な鹿野(大泉洋)は、病院を飛び出し、自ら集めた大勢のボランティアや両親に支えられて、風変わりな自立生活を送っていた。 夜中に突然「バナナが食べたい!」と言い出すなど、いつも王様のようなワガママぶりだが、どこか憎めない愛される存在だった。 ある日、新人ボランティアの美咲(高畑充希)に惚れた鹿野は、彼女へのラブレターの代筆を田中に依頼する。 しかし、実は田中と美咲は付き合っていた。 奇妙な三角関係は、鹿野の主治医やベテランボランティアたちを巻き込んで大騒動に。 だが、鹿野の病状は徐々に悪化し、ますます体の自由が利かなくなっていく。 そんな鹿野には、生きているうちに叶えたい夢があった……。 映画「こんな夜更けにバナナかよ~愛しき実話」。 当法人の勤医協札幌西区病院がモデルになっています。 主人公・鹿野靖明さんの主治医だった鈴木ひとみ医師と、長年交流のあった舘野知己医師が鹿野さんとの思い出や、映画製作について... 「生きる」だけで人の力を借りなければいけない鹿野さんとボランティアの日々。 生きることは戦いだ。 笑ったし…泣いた… 感想を言葉にするのがとても難しい… 鹿野さんの言葉で「嘘を本当にすればいい…」私の心に刺さった。 いろいろ考えさせられたました。 2018年最後にとてもいい映画を観ることが出来ました。 助けてもらう勇気は大切。 我儘って正直。 そこからが本音でそれが家族になるって事かも。 息詰まった10代にも観てほしいな。 大晦日まで劇場って幸せだ。 ポルノグラフィティの曲が沁みる。 こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話。 ネタバレしてしまうので詳しくは言えないけど、生きる事の大切さを改めて実感しました。 筋ジストロフィー患者の自立支援を描いた前田哲監督作品。 年の瀬にこれほどチャーミングな映画を公開されるとギリギリまでベストを選べないという贅沢な悩みが。 ジャック・レモンを彷彿させる大泉洋の演技が最高。 すでに今年のベストを選んだ方も必見。 原作今朝読み終えたばかり。 鹿野さんの生きざまをみて、ノーマライゼーションという言葉がやっとすんなり自分の中に入ってきました。 うちにとってこの映画は「ぐっときた!」作品でした。 泣けます!映画を作る人には見習ってほしい一本。 彼ならではの偽らない言葉の数々にハッとする。 元々、「水曜どうでしょう」が好きで、大泉洋さんが出てるから気になったのがきっかけで、 どうでしょうで見る大泉さんと違った大泉さんが見れて良かったです!作品もとても素晴らしいものでした! 人に愛されることは大切だと学んだ作品でした。 心は自由!鹿野靖明、34歳。 筋ジストロフィーで、車いす生活。 ワガママ、おしゃべり、自由すぎ! でも、 まっすぐに生きる彼がみんな大好きでした。 ハンディがあるにもかかわらず前向きに生きる主人公の姿に 心打たれるとともに勇気を貰えた。 この役は大泉洋さん以外、 考えられない。 支え合うことの難しさと素晴らしさを実感する ことが出来た素敵な作品。 5 筋ジストロフィーを患いながらも自分に素直に、 他人に頼ることを恐れない役を面白おかしく、 また素敵に大泉洋さんが演じていて流石... 病気だからとか関係なく、生きるってそういうことなのかもしれません。 ブルーハーツの曲が爽快。 何故か最初よりも心に染みた!命懸けのわがままを貫いて回りを巻き込んでいく姿。 前を向く、出来ない事を認めて人に頼る勇気。 夢を諦めない姿に感動して涙。 実在した筋ジストロフィーの患者をモチーフに、介助するボランティアたちとの気持ちのぶつけ合いを描く。 誰しも人に迷惑をかけて生きていく現実と真っ正面から向き合える力作。 元々の性格と言ってしまえばアレだが、主演の大泉洋ははまり役だね。 実は、自宅からクルマでシネコンに向かう途中で、様々な出来事を思い出してしまって、 クルマを運転しながら涙を流してしまいました。 危ない!無事にシネコンに到着できたから、良かったけど。 思ってたのとちょっと違ったけど、いい意味での裏切りで最高だった。 高畑充希、映画映え女優と呼びたい。 外れないなー。 「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」 良かった😊 泣くの我慢して頭痛い。 過去、現在、未来を理解しながらご利用者様への支援をしていかなくては…と改めて思いました。 頑張ります! これだから舞台挨拶鑑賞はやめられない😍 母校も写ってたので懐かしかった。 生きることになんの迷いもなく前に突き進む様は見てて心地よかった。 感情移入では絶対的にミニシアターですが、役者の表情なんかはアマプラの方がじっくり見れて... 今年というか自分の中の恋愛映画で一位です。 今までみたことない山﨑賢人くんは圧倒... 映画館とAmazonプライム... 明け方の桜並木を自転車を2人乗りして通るシーン、たくさんの思いが詰まりすぎて、涙が流れ続... 最後のシーンが映画ならではという... 沙希ちゃんに感情移入しすぎて 辛い辛いと胸を痛めてました。 永田への想いが1番よく... 宝物にします。 こんなにいい映画、ひとりでも多くの方が見てもらいたい!... 台詞量。 圧巻だった!」「理路整然とした感情のうねりに飲み込まれる!」「今の時代にこんなに刺さるとは。

次の