カンジダ 市販 薬 ドラッグ ストア。 【楽天市場】【第1類医薬品】【☆】 佐藤製薬 エンペシドL (6錠) 膣カンジダの再発治療薬 【セルフメディケーション税制対象商品】 【送料無料】 【smtb

【薬剤師監修】膣カンジダに効く市販薬|おすすめの膣錠と塗り薬

カンジダ 市販 薬 ドラッグ ストア

2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。 沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。 産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... デリケートゾーンのトラブルの一つに「膣カンジダ」があります。 皮膚や口、膣の中などに存在する真菌(カビ)の一種「カンジダ」が異常増殖し、膣内の炎症を引き起こす病気です。 膣カンジダは体調が悪くなったりすると再発しやすく、市販薬を使って症状をやわらげることもできます。 今回は、膣カンジダに効果的な市販薬の種類や値段についてご説明します。 膣カンジダは市販薬で治せるの? 膣カンジダは、免疫力の低下などが原因で膣内の細菌バランスが崩れ、カンジダが異常増殖することで発症します。 「デリケートゾーンがかゆい」「ボロボロしたおりものが出る」など、膣カンジダが疑われる症状が現れたときは、まず婦人科で診察を受けたうえで、治療薬を処方してもらいましょう。 膣カンジダに効く市販薬を薬局やネットストアで購入することも可能です。 ただし市販薬は、過去に膣カンジダの診断を受け、治療を受けた経験のある人のためのもので、症状が再発したときに使うのが基本です。 素人目には、自覚症状だけで「膣カンジダ」と判断するのは難しく、勘違いをして市販薬を使い続けた結果、性感染症などほかの病気が進行してしまっていた…ということもありえます。 初めて膣カンジダを発症したときは、自己判断で市販薬を使わず、必ず婦人科で診断してもらってください。 関連記事 膣カンジダの市販薬の種類は?膣錠、軟膏(塗り薬)がある? 膣カンジダが再発した場合に使える市販薬には、膣錠と軟膏(塗り薬)の2種類があります。 膣錠は、基本的に1日1錠を膣内に入れて数日間使い続けます。 挿入後、膣内で薬が溶けて広がり、炎症を元から鎮めます。 一方、軟膏タイプの市販薬には、膣カンジダによる外陰部のかゆみや発疹、ただれなどをやわらげる効果があります。 1日に2~3回患部に塗り、症状が治まるまで数日間使い続けます。 これらの薬を使い続けても効果が現れなかったり、症状が悪化したりした場合、ほかの病気が隠れているか、薬が体に合っていない可能性もあるので、再度婦人科を受診しましょう。 膣カンジダの市販薬の選び方は? 膣カンジダが再発した場合、症状に合わせて薬の種類を選びましょう。 膣の入口の狭い範囲に症状が現れていて、おりものなどにも膣カンジダ特有の異常が見られる場合は、膣錠を選びます。 逆に、おりものなどの異常が見られず、外陰部だけにかゆみや痛みが現れている場合は、軟膏を使います。 ただし、膣内と外陰部のどちらにも症状が現れている場合は、膣錠と軟膏を併用する必要があります。 「直近6ヶ月以内に2回以上感染した人は使用しないこと」など、各メーカーごとに使用上の注意が異なるため、購入前に必ず詳細を確認するようにしてください。 不安があるときには、薬局で薬剤師に相談しましょう。 膣カンジダの市販薬って、通販で買えるの? 膣カンジダの再発に効く市販薬は、様々なメーカーから販売されています。 ここでは、ネット通販で購入できるものをご紹介します。 膣錠タイプ• フェミニーナ 膣カンジダ錠(小林製薬) 出典: サイズが小さく、膣に挿入しやすいスリムタイプです。 税込価格 2,317円.

次の

口唇ヘルペスに効くドラッグストアで買える市販薬のご紹介!

カンジダ 市販 薬 ドラッグ ストア

2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。 沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。 産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... デリケートゾーンのトラブルの一つに「膣カンジダ」があります。 皮膚や口、膣の中などに存在する真菌(カビ)の一種「カンジダ」が異常増殖し、膣内の炎症を引き起こす病気です。 膣カンジダは体調が悪くなったりすると再発しやすく、市販薬を使って症状をやわらげることもできます。 今回は、膣カンジダに効果的な市販薬の種類や値段についてご説明します。 膣カンジダは市販薬で治せるの? 膣カンジダは、免疫力の低下などが原因で膣内の細菌バランスが崩れ、カンジダが異常増殖することで発症します。 「デリケートゾーンがかゆい」「ボロボロしたおりものが出る」など、膣カンジダが疑われる症状が現れたときは、まず婦人科で診察を受けたうえで、治療薬を処方してもらいましょう。 膣カンジダに効く市販薬を薬局やネットストアで購入することも可能です。 ただし市販薬は、過去に膣カンジダの診断を受け、治療を受けた経験のある人のためのもので、症状が再発したときに使うのが基本です。 素人目には、自覚症状だけで「膣カンジダ」と判断するのは難しく、勘違いをして市販薬を使い続けた結果、性感染症などほかの病気が進行してしまっていた…ということもありえます。 初めて膣カンジダを発症したときは、自己判断で市販薬を使わず、必ず婦人科で診断してもらってください。 関連記事 膣カンジダの市販薬の種類は?膣錠、軟膏(塗り薬)がある? 膣カンジダが再発した場合に使える市販薬には、膣錠と軟膏(塗り薬)の2種類があります。 膣錠は、基本的に1日1錠を膣内に入れて数日間使い続けます。 挿入後、膣内で薬が溶けて広がり、炎症を元から鎮めます。 一方、軟膏タイプの市販薬には、膣カンジダによる外陰部のかゆみや発疹、ただれなどをやわらげる効果があります。 1日に2~3回患部に塗り、症状が治まるまで数日間使い続けます。 これらの薬を使い続けても効果が現れなかったり、症状が悪化したりした場合、ほかの病気が隠れているか、薬が体に合っていない可能性もあるので、再度婦人科を受診しましょう。 膣カンジダの市販薬の選び方は? 膣カンジダが再発した場合、症状に合わせて薬の種類を選びましょう。 膣の入口の狭い範囲に症状が現れていて、おりものなどにも膣カンジダ特有の異常が見られる場合は、膣錠を選びます。 逆に、おりものなどの異常が見られず、外陰部だけにかゆみや痛みが現れている場合は、軟膏を使います。 ただし、膣内と外陰部のどちらにも症状が現れている場合は、膣錠と軟膏を併用する必要があります。 「直近6ヶ月以内に2回以上感染した人は使用しないこと」など、各メーカーごとに使用上の注意が異なるため、購入前に必ず詳細を確認するようにしてください。 不安があるときには、薬局で薬剤師に相談しましょう。 膣カンジダの市販薬って、通販で買えるの? 膣カンジダの再発に効く市販薬は、様々なメーカーから販売されています。 ここでは、ネット通販で購入できるものをご紹介します。 膣錠タイプ• フェミニーナ 膣カンジダ錠(小林製薬) 出典: サイズが小さく、膣に挿入しやすいスリムタイプです。 税込価格 2,317円.

次の

フェミニーナ腟カンジダ錠 6錠 【第1類医薬品】 / ディスカウントドラッグ コスモス オンラインストア

カンジダ 市販 薬 ドラッグ ストア

第1類医薬品はご注文後、【購入履歴】より弊社薬剤師からの【問診メッセージ】を確認して頂き、 問診内容を承諾して頂くことでご注文確定となります。 下記、 「第1類医薬品の購入についてのご注意点」と 「第1類医薬品を含むご注文後の流れ」を 必ずお読みくださいませ。 【必ずご確認ください】• ご注文内容に第1類医薬品が含まれる場合はご注文は確定されません。 ご注文後、購入履歴の詳細画面より服用に関する注意事項をご確認の上、 承諾していただく必要がございます。 承諾していただくことでご注文確定となります。 薬剤師が第1類医薬品をご使用いただけないと判断した場合は、第1類医薬品を含むすべてのご注文がキャンセルとなります。 あらかじめご了承くださいますようお願い致します。 >>第1類医薬品を含むご注文後の流れについてをご覧ください。 お買い上げいただける個数は3個までです リニューアルに伴いパッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。 予めご了承ください。 効能・効果 腟カンジダの再発(過去に医師の診断・治療を受けた方に限る) 用法・用量 次の量を腟深部に挿入してください。 6日間毎日続けて使用してください。 成人(15歳以上60歳未満)・・・1回使用量1錠、1日使用回数1回(できれば就寝前) 15歳未満及び60歳以上・・・使用しないでください ただし、3日間使用しても症状の改善がみられないか、6日間使用しても症状が消失しない場合は医師の診療を受けてください。 膣錠の使い方 1.ご使用の前に入浴するか、ぬるま湯で患部を清潔にしてください。 2.手指を石けんできれいに洗い、腟錠を指先で腟内の最も深いところに挿入してください。 3.挿入後、患部に触れた手指は石けんでよく洗ってください。 (2)この薬は腟内にのみ使用し、飲まないでください。 もし、誤って飲んでしまった場合は、すぐに医師の診療を受けてください。 (3)アプリケーターは使用しないでください。 (4)途中で症状が消失しても、使用開始から6日間使用してください。 (5)生理中は使用しないでください。 使用中に生理になった場合は使用を中止してください。 その場合は、治癒等の確認が必要であることから、医師の診療を受けてください。 成分・分量 1錠中 クロトリマゾール・・・100mg (腟カンジダの原因菌であるカンジダ菌に対して強い抗菌作用をあらわします。 ) 添加物として、乳糖、トウモロコシデンプン、アルファー化デンプン、アジピン酸、炭酸水素Na、ステアリン酸Mg、ステアリン酸、ポリソルベート80、無水ケイ酸を含有します。 (初めて症状があらわれた場合は、他の疾病が原因の場合があり、その場合は医師の診療を受ける必要があります) (2)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (本剤の使用により再びアレルギー症状を起こす可能性があります) (3)15歳未満又は60歳以上の人。 (15歳未満の人は初めて発症した可能性が高く、60歳以上の人は他の疾病の可能性や他の菌による複合感染のリスクが高まることを考慮する必要があり、自己判断が難しいため) (4)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (薬の使用には慎重を期し、医師の診療を受ける必要があります) (5)発熱、悪寒、下腹部痛、背中や肩の痛み、色のついた又は血に染まったおりもの、魚臭いおりもの、生理の停止、腟からの不規則又は異常な出血、腟又は外陰部における潰瘍、浮腫又はただれがある人。 (他の疾病の可能性がありますので、医師の診療を受ける必要があります) (6)次の診断を受けた人。 糖尿病(頻繁に本疾病を繰り返す可能性が高いので、医師の診療を受ける必要があります) (7)本疾病を頻繁に繰り返している人。 (1〜2ヵ月に1回又は6ヵ月以内に2回以上) (8)腟カンジダの再発かわからない人。 (自己判断できない場合は医師の診療を受ける必要があります) 2.次の部位には使用しないでください 腟内以外の部位。 (本剤は腟内のカンジダ菌による感染のみに効果があります) 3.本剤を使用中に次の医薬品を外陰部に使用しないでください カンジダ治療薬以外の外皮用薬。 (医師から処方されている薬に影響したり、本剤と同じ薬を使用している可能性もあります) (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (薬などでアレルギーを起こしたことがある人は、本剤でも起こる可能性があります) (3)授乳中の人。 (薬の使用には慎重を期す必要があります) 2.使用後、次の症状の持続・増強又は発現がみられた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください 【関係部位:症状】 腟:局所の熱感、刺激感、かゆみ、発赤、痛み 皮膚:発疹 3.3日間使用しても、症状の改善がみられないか、6日間使用しても症状が消失しない場合はこの文書を持って医師の診療を受けてください。 (2)小児の手の届かないところに保管してください。 (3)他の容器に入れ替えないでください。 (誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります) (4)使用期限をすぎた製品は、使用しないでください。 6日間毎日続けて使用してください。 成人(15歳以上60歳未満)・・・1回使用量1錠、1日使用回数1回(できれば就寝前) 15歳未満及び60歳以上・・・使用しないでください ただし、3日間使用しても症状の改善がみられないか、6日間使用しても症状が消失しない場合は医師の診療を受けてください。 膣錠の使い方 1.ご使用の前に入浴するか、ぬるま湯で患部を清潔にしてください。 2.手指を石けんできれいに洗い、腟錠を指先で腟内の最も深いところに挿入してください。 3.挿入後、患部に触れた手指は石けんでよく洗ってください。 (2)この薬は腟内にのみ使用し、飲まないでください。 もし、誤って飲んでしまった場合は、すぐに医師の診療を受けてください。 (3)アプリケーターは使用しないでください。 (4)途中で症状が消失しても、使用開始から6日間使用してください。 (5)生理中は使用しないでください。 使用中に生理になった場合は使用を中止してください。 その場合は、治癒等の確認が必要であることから、医師の診療を受けてください。 ) 添加物として、乳糖、トウモロコシデンプン、アルファー化デンプン、アジピン酸、炭酸水素Na、ステアリン酸Mg、ステアリン酸、ポリソルベート80、無水ケイ酸を含有します。 (初めて症状があらわれた場合は、他の疾病が原因の場合があり、その場合は医師の診療を受ける必要があります) (2)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (本剤の使用により再びアレルギー症状を起こす可能性があります) (3)15歳未満又は60歳以上の人。 (15歳未満の人は初めて発症した可能性が高く、60歳以上の人は他の疾病の可能性や他の菌による複合感染のリスクが高まることを考慮する必要があり、自己判断が難しいため) (4)妊婦又は妊娠していると思われる人。 (薬の使用には慎重を期し、医師の診療を受ける必要があります) (5)発熱、悪寒、下腹部痛、背中や肩の痛み、色のついた又は血に染まったおりもの、魚臭いおりもの、生理の停止、腟からの不規則又は異常な出血、腟又は外陰部における潰瘍、浮腫又はただれがある人。 (他の疾病の可能性がありますので、医師の診療を受ける必要があります) (6)次の診断を受けた人。 糖尿病(頻繁に本疾病を繰り返す可能性が高いので、医師の診療を受ける必要があります) (7)本疾病を頻繁に繰り返している人。 (1〜2ヵ月に1回又は6ヵ月以内に2回以上) (8)腟カンジダの再発かわからない人。 (自己判断できない場合は医師の診療を受ける必要があります) 2.次の部位には使用しないでください 腟内以外の部位。 (本剤は腟内のカンジダ菌による感染のみに効果があります) 3.本剤を使用中に次の医薬品を外陰部に使用しないでください カンジダ治療薬以外の外皮用薬。 (医師から処方されている薬に影響したり、本剤と同じ薬を使用している可能性もあります) (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 (薬などでアレルギーを起こしたことがある人は、本剤でも起こる可能性があります) (3)授乳中の人。 (薬の使用には慎重を期す必要があります) 2.使用後、次の症状の持続・増強又は発現がみられた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください 【関係部位:症状】 腟:局所の熱感、刺激感、かゆみ、発赤、痛み 皮膚:発疹 3.3日間使用しても、症状の改善がみられないか、6日間使用しても症状が消失しない場合はこの文書を持って医師の診療を受けてください。 (2)小児の手の届かないところに保管してください。 (3)他の容器に入れ替えないでください。 (誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります) (4)使用期限をすぎた製品は、使用しないでください。

次の