タブレット 学習 口コミ。 幼児向けタブレット学習・タブレット教材を比較|働くママプラス

タブレット学習『すらら』の評判や口コミ、おすすめはこんな人!!

タブレット 学習 口コミ

この記事では、今話題の 『』タブレット学習を小学1年生が実際に試してみた感想を口コミレビューさせていただきます。 うちの子も、小学校に入学してそろそろ半年。 学校にも慣れてきて色々と要領がわかってきた今日この頃。 勉強の方も、最初の頃は張り切っていたけど、今はどうなんだろう?! 子どもに聞いたら、最近は 「ひきざん、むずかしいからヤダ・・・」と言うようになってきました。 「タブレット学習って実際どうなんだろう?」とずっと気になっていた私。 この機会におためしすることにしました! 実際に『』というタブレット学習教材を使った感想・口コミ(メリットやデメリット)をお伝えします! 「タブレット学習ってどうなの?」と迷われている方の参考になれば幸いです。 『RISU(リス)算数』タブレットとは? 『』は、 「算数」に特化した他にはないタブレット学習。 (特許取得!) 学年に関係なく(無学年制)その子の実力・理解度に合わせて先取りで学習を進めていくことができるだけでなく、 東大生や早稲田大学の 大学生の先生からのメールや動画による個別フォローがついてくるという、なんとも画期的なシステム。 こちらが届いた時の『RISU(リス)算数』タブレット。 青いカバーにくっきりと「RISU」のロゴが印字されています。 中身を出します。 たったこれだけ、シンプル! 内容物:RISU算数用タブレット、タッチペン、充電器、説明書・注意事項 まず届いた際のうちの子の第一声が、 「おっきい!!」 タブレットの大きさにびっくりした様子(笑) いつも家でゲームに使っているタブレットより一回り程大きめのタブレットです。 そして、タブレット用のタッチペン。 先を触ると「ぷにぷにしてる~」。 実際に画面をタッチしてみると、先っぽが硬くないからカチャカチャとペンの当たる音も鳴らず、タッチしやすいです。 画面も傷つかなくていいですね。 タブレットを起動したら、まず Wi-Fi設定をし、お好みで音の大きさ、画面の明るさなども調整して、いよいよスタート! まず最初に「実力テスト」で実力を測ります アプリをスタートさせたら、操作の仕方のチュートリアルがあります。 それが終わったら、今の実力を測るための「実力テスト」をしていきます。 この実力テストの結果によって、これから学習していく内容が決まります。 (実力テストは最初の1回のみ。 やり直しナシ) いきなり連立方程式というのが出てきて、唖然とするわが子(笑)。 すかさず、「ここに『ならってません』てかいてあるからここタッチすれば大丈夫だよ。 全然わからない問題・ならっていない問題は、画面左下に『ならってません』のボタンがあるから、無理に答えずにそのボタンを押して次に進みます。 「あ、これもう習った」とだんだん見覚えのある問題が出てくるようになり、ポンポン次に進んでいきます。 この実力テストで理解できていると判断されたステージは、最初から飛ばして進めることができます。 うちの子の場合も、もう習ってわかっている部分はステージクリア済みになった状態でスタートとなりました。 ) 『RISU(リス)算数』の感想(小学1年生) 実力テストが終わった後は、放っておいても一人でしばらくステージ内の問題を解いていました(30分程)。 その後、感想を聞いてみたら・・・ 「おもしろかった!」 「早く明日もやりたい」 「早くボスステージにいきたい」 と、次やるのが待ちきれない様子。 飽きない工夫がしてある 『RISU(リス)算数』を試してみて思ったのが、「こどものことわかってるな~」。 うちの子は飽きっぽいので、冒頭でも書きましたが通信教育の教材もキレイに本棚に並んでいる状態・・・ だから、タブレット学習もすぐ飽きてしまうだろう・・・ と思ったらとんだ見当違い! 『RISU(リス)算数』のタブレット学習は私がとやかく言わなくても自分から「やる!」と、嫌がるそぶりも見せずに始めてくれます。 (嬉!) それもそのはず、RISUでは問題を解くごとに「がんばりポイント」が貯まっていくシステムや、問題のどれかをクリアすると鍵🔑をGETできてそれを集めると「スペシャル問題」が解けるなど、 子どもが飽きない・もっとやりたいと思えるように工夫されています。 わが子も、がんばりポイントと鍵🔑欲しさにどんどん問題を進めていきます。 ポイントを集めると、スペシャル問題を解ける鍵🔑と交換できたり、さらに集めるとステキな商品と交換できます。 紙ベースではやる気が起きないことでも、タブレットに関連付ければ途端に目が輝きます。 (現代っ子だな~) 『RISU(リス)算数』では、正解すると 効果音付きで「100点」と大きく表示され、問題リストにそれぞれ点数が記録されます。 やはり「100点」は嬉しいようで、問題リストに「100点」がずらりと並んでいるのを眺めて、満足げでした。 また、1つのステージをクリアするには最終問題をクリアする必要があるのですが、「時間制限」があるのでハラハラしながら解いていました~。 ドキドキ感があって面白かった様子。 時々急に現れる「鬼チャレンジ」などもスリルあり!いきなり出てくると「え~!」と言いながらも嬉しそうにチャレンジしていました(笑) さらに、前述のように問題を解くごとにポイントや鍵🔑をGETでき、これ欲しさに問題をクリアしているところもあるので、うちの子にしたら 「勉強してる」というよりも「ゲーム感覚」なのかもしれません。 ゲーム好きな子には、『RISU(リス)算数』のタブレット学習がハマる確率・大! 『RISU(リス)算数』の良い点・特長 『RISU(リス)算数』で学習するメリット・特長は以下のようにあります。 ・学年関係なく子供1人1人の理解度にあわせて進める。 RISU生徒の平均学習スピードは学校の1. ・子どもの学習データをAIが自動的に分析、苦手をなくし算数好きな子になる! ・東大生ら大学生チューターがメールやレッスン動画で個別フォロー。 ・前例のないユニークさで特許取得! 以下、詳細です。 学年関係なく子供1人1人の理解度にあわせて進める。 平均学習スピードは学校の1. 他には聞いたことがありません。 東大卒の方に小さいころどんな勉強をしていたか聞くと どの人も共通して「1学年以上先の学習をしていた」と仰っていました。 RISU生徒の 平均学習スピードは学校の1. 7倍という結果が出ており、集団学習よりも格段に効率がよく学習できるというのが感じられました。 実際、うちの子の場合は、RISUをスタートして2週間ほどで小学校3年生のステージ(一部)まで来ました。 うちの子は「まだ1年生なのに3年生の問題ができる」ということに大興奮!(私もびっくり!) ステージの最初には問題を解くための解説があるので解き方を詳しく学べるし、難しい問題には 「ヒント」がついているから初めて取り組む問題でも大丈夫。 初めて出合う問題は、最初こそ「これわかんない」と言っていますが、解説などを見つつやったら割とすんなり次に進んでおりました。 先取り学習で目指すは一流大…?!(妄想…笑) 子どもの学習データをAIが自動的に分析、苦手がなくなる 以前解いた問題&間違えた問題を定期的に再出題してくれます。 RISU(リス)算数では、 以前解いた問題を忘れそうなタイミングで出す復習問題と、間 違えてしまった問題を、 ミックスして再出題してくれます。 これで、学んだことをしっかり定着していけるというわけです。 いつの間にか算数が得意な子になるというのもうなずけるシステムですね。 東大生ら大学生チューターがメールやレッスン動画で個別フォロー 一流大学の学生の先生からの動画レッスン付き 学習を進めていくと、「せんせいどうががとどいているよ」といったポップアップが出てきます。 それをクリックすると、東大や早稲田大学など一流大学の大学生からのメッセージや、授業を解説している動画が配信されます。 しかも、子どもの学習進度や理解度を把握しているから、 ちょうど学習した部分やちょっと苦手な部分の説明が良いタイミングで届きます! そして、先生の話がこれまた わかりやすい。 ゆっくり丁寧に話してくれます。 私の話は聞こうとしなくても、大学生のお兄さんお姉さんの話しならすんなり入っていくようなので、私があれこれ言わなくてもいいので私としてはラクだな…と思いました(笑) もうひとつ嬉しいのが、私のメールアドレス宛に定期的に学習状況を伝えてくれるメールが届くところ。 親がどこにいても何をしていてもちゃんと子どもがどこまで進んだか、学習の進捗を把握できるのはありがたいシステムです! 前例のないユニークさで『特許』取得! RISUは特許取得! 2017年、『RISU(リス)算数』は 前例のないユニークさと仕組みで、なんと正式に特許認定されたんだそう! 2017年11月2日付けにて、RISU算数学習方法の新規性(ユニークさ・前例なし)とその仕組みが正式に特許として認定されました。 先日も、半径や直径の計算をする際に、画面に図を描きながら解きたかったようなのですが、図(円など)を描こうとするとなかなかうまく絵がかけなかったようで「これっっ、かけないっっ!」と苦戦していました。 問題を見てみると、図を書かなくても頭の中で計算できそうな問題だったので、「書かなくてもいいんだよ~」と言ったら図なしでどうにか解いていました。 ちょっとした計算程度に使うのなら大丈夫でも、図を描くのは本来の使い方ではないのかもしれませんね。 月額に換算すると基本料は意外とリーズナブル。 しかも 入会金・教材費・タブレット代・送料ともに無料! ただし、月1ステージ以上のペースで学習が進んでいる場合のみ、学習速度に応じた利用料が発生します。 逆に、学習があまり進んでいなければ、利用料はかからないシステム。 一度クリアしたステージは何度でも利用料0円で復習することができるので、先にどんどん進んでしまってからあとは復習!というのでもいいかもしれません。 さらには、早くも小学3年生で習う問題にも挑戦する姿も・・・(感涙) 『RISU(リス)算数』のタブレット学習効果を目の当たりにして、驚きを隠せない私なのでした! さいごに 小学校1年生の『』の体験レビュー・特長などをお伝えしました。 今もこれからも、ますます当たり前な時代になってきたタブレット学習。 小1と年少の子どもがいます。 このブログでは、 子どもを「英語好きに」「かしこく」育てたいママが、 おうちで出来る子ども英語のことや、 かしこく育てるための知育・教育について書いています。 こども英語学習やオンライン英会話、知育教材、タブレット学習、プログラミングのことなど。 良い教材を求めて日々情報を集めたり発信したりしています。 2 スポンサーリンク.

次の

小学生のタブレット学習は効果があるか?ないか?使った人の感想や口コミ、メリットとデメリットを紹介。

タブレット 学習 口コミ

高校受験(公立レベル)、大学受験(センターレベル) すららの大きな特徴は? 2005年に研究が開始し、ゲームの要素をゲーム以外で応用する技術「ゲーミフィケーション」を取り入れた教材です。 教科の講師だけでなく、eラーニングの研究で実績を残す大学教授などもプロジェクトに参加し、 従来のタブレット学習の進化型として展開しています。 運営しているのは上場企業なので安心感もあり、毎日新聞や日本経済新聞、AERAdot. 、Visons Labなど様々なメディアでも取り上げられている事業・教材です。 すららを使うとどんな良い事がある? 年齢・学年を問わないから、自分のペースで学べる 一般的なタブレット学習やオンライン教材は、今の学年の内容を学ぶタイプが多いですが、すららは 学年を問わずに学べる無学年式教材です。 「国語」「算数・数学」「英語」の3教科のみの提供にはなりますが、小学校1年生から高校3年生までの全ての内容を学習でき、 遡り学習から先取り学習まで、自分のペースで取り組めるのが特徴です。 たとえば、中学1年生の数学の「関数」でつまづいた場合、小学生の算数の分かる単元まで戻って学習できるので、しっかりと基礎を積み重ねながら1歩ずつ解決でき、自然な成績アップや無理のない苦手克服につながります。 勉強嫌いな子供以外でも活用可能! 勉強が苦手なお子さんはもちろん、 不登校児や帰国子女、自分のペースで進めたい発達・学習障がい児の教材としても最適です。 進度の早い中高一貫校生や、先取り学習を行いたい優秀なお子さんも、無学年式だからこそ自分の取り組みたい内容まで進められ、学習の機会を逃すことがありません。 また、小学生から高校生までの年齢だけでなく、 学び直しを行いたい大学生や社会人の方、高卒認定試験を控える方の学びにも活用できます。 レクチャー&ドリルでより分かりやすい これまでの教材は「映像授業型」「ドリル型」「ゲームアプリ型」など、教材の種類によって分けられており、それぞれに一長一短がありました。 この点すららでは、それぞれの要素を取り入れつつ短所を補って長所を伸ばすことで、より 体系的な学習が効率良く行えるように開発されています。 対話型レクシャーと問題を効果的に組み合わせるとともに、 子供自身が参加意識を持って学べるので、飽きずに継続しやすいのも特徴です。 難易度は自動調節だから安心 各単元の問題は、子供の正答率・理解度にあわせて難易度が自動的に調節されるため、コースは設けられていません。 「急に難しく感じるようになった」「簡単すぎて身にならない」という事もなく、 常に自分に合ったレベルで取り組めるのが魅力の1つです。 その他にも、各単元の小テストや定期試験の対策、学力診断テストも用意されており、各単元の振り返りから現在の学力分析まで、 常にシミュレーションしながら勉強を前向きに進められます。 「生徒」「保護者」「コーチ」の三人四脚 すららを受講すると、専任の「すららコーチ」が見守り・サポートの担当者として対応します。 すららコーチは現役の塾講師が行っており、 学習ペースから勉強方法、分からない問題の解き方まで何でも相談できるので、オンライン学習で不安要素となる孤立・孤独感を与えることがありません。 また、すららコーチは 保護者に対するアドバイスも積極的に実施しており、生活や子供の様子、成績などを報告することで、的確な提案や助言をもらうことが可能です。 もちろん、保護者の方の見守り方法や励まし方など、親子の関りについてもサポートしてもらえますので、「つい怒ってしまいそう」「どう声をかけたら良いか分からない」という方も安心です。 努力が見える学習管理機能も すららコーチが設計する学習計画は、学習履歴や子供自身の特性から、毎週何をすれば良いかを 子供に合わせてオーダーメイドで組み立てます。 自分に合ったボリュームで無理なく進められるとともに、今何をすべきかが一目瞭然なので、継続しやすいのが嬉しいところです。 また、ログインページでは現在の進捗、毎日のログイン状況、取組み記録などが可視化されており、 勉強すればするほど達成感を感じられる仕組みになっています。 ハイレベル教材の様に結果に着目するのではなく、子供の努力にフォーカスを当てているので、勉強が得意でないお子さんや家庭学習の習慣がまだついていない学生にも向いています。 子どもが飽きない対話式教材 家庭用の学習教材は、最初は興味をもって取り組んでいてもそのうち飽きてしまい、続かなくなってしまったというご家庭も多くあります。 すららは、オリジナルキャラクターを使った対話型教材で、「問題を解くだけ」「解説を聞くだけ」といった従来の一方通行の学びではありません。 理解しやすいうえに、ゲーム感覚で楽しみながら学べるので、毎日しっかりと続けられるよう工夫されています。 家庭学習が習慣になっていないお子さんにも 学力を高めるためには毎日しっかりと家庭学習に取り組むことが大切ですが、子供の興味はどうしても楽しい遊びに引き付けられやすくなります。 ゲーミフィケーションを取り入れているすららなら、遊びながら学ぶような感覚で行えるので、 自然と家庭学習を習慣づけることが可能です。 テスト対策・診断テストも利用OK すららの教材内容は、毎日続けて学ぶドリルやまとめプリントのほかに、単元ごとの小テストや定期テスト対策機能も無料で付属しています。 定期テスト機能は、学校で使用している教科書とテスト範囲を指定すると模試が実施され、何度でも受けることが可能です。 また、小学4年生以上の範囲になると学力診断テストも設けられており、「何ができなかったのか」「どこのドリルを復習すれば良いか」が明確になります。 ドリルだけでは本当に実力がついているか不安に感じますが、 復習以外の確認手段が設けられているので、より着実なステップアップが可能です。 英検、数研・SPI、漢検コースも追加料金不要! 英語内には「英検対策コース(5~2級対応)」が設けられ、試験対策もすらら1つで行うことができます。 また、数学内には「数学検定対策コース(8~2級対応)」と「SPI対策コース」の2種類が用意されており、目標をもって段階的にステップアップすることが可能です。 さらに、2019年9月から新たに「漢字コンテンツ」のサービスが開始され、漢検7~3級相当の問題を学ぶことができるようになりました。 書き問題もあることからタブレットとタッチペンの用意が必要になりますが、よ り幅広い勉強に対応できるようアップデートされ、充実度が高まっています。 これらの対策コースにも追加料金は一切かからず、基本料金だけで利用することができるので、かなりコスパの高い教材と言えるでしょう。 無料の学習体験があるから安心 すららでは、全教科分の学習体験を無料で行っているので、受講を決める前にお試し体験をすることができます。 子ども自身が実際に学習することで、解説の分かりやすさや操作性が分かり、 必要かどうかを事前に判断することが可能です。 また、続けやすいサービスなのかを保護者・子ども双方が把握できるので、より安心して導入することが可能です。 退会・休止もスムーズで違約金なし 入会後にもし続けられなくなってしまった場合、退会することもできますが、すららでは 違約金や事務手数料といった余計な費用は一切かかりません。 退会する時は月末までに手続きをすれば当月末で解約できるので、不要な加入期間の発生もなく、ユーザーに優しい教材となっています。 また、一時的に利用できない時にはサービスを休止することも可能ですが、休止中も料金負担はないので、体調不良などで利用できない期間があっても安心です。 料金体系がわかりやすい すららは学習範囲に応じて3つのコースが用意されていますが、「小中コース」「中高コース」は各8,000円、「小中高コース」は10,000円と月額料金が明朗です。 知能検査や保護者向け学習支援プログラムといった別サービスを申し込まない限り、 学習に関してはすべてこの料金内で利用できます。 「細々と料金がかかり、総額で見たら割高だった」「基本料金では一部サービスが受講できなかった」というトラブルも生じず、保護者の方にとっても使いやすいでしょう。 初月の受講料は日割り計算してくれる 基本的に、すららの費用は1ヶ月ごとの月額徴収ですが、入会した月は申込日から起算した日割り計算になります。 月の中旬~下旬に入会しても無駄な料金がかかることはないので、 いつでも導入しやすいサービスです。 他の学習教材から乗り換えたい方、今使っているタブレット学習が合わないと感じている方も、最適なタイミングで開始することができます。 口コミ調査でわかった!すららのメリット・デメリット ゲームの要素が強いので、子供が勉強をしているという感覚があまりないようで、その点だけ少し心配です。 毎日30分から1時間ほど、勉強する習慣がつきました。 親が声をかけてもダメだったので、自然とできるようになって嬉しいです。 解説は丁寧なように思いますが、問題数が少ないように感じます。 もっと子供が実践的に学べたらと思います。 すららで学力は上がるの?子供への影響は? 楽しくベースアップできる教材!勉強の基礎を身に付けたい方向け すららは勉強の 基礎・基本をしっかり学び、家庭学習の習慣を身に付けるための教材と言えます。 ゲーム感覚で楽しめる要素が多く、勉強が苦手なお子さんも取り組みやすく、着実なステップアップが図れそうです。 実際に、成績や偏差値の低かった生徒が すららを始めて学力が上がったケースも多数あり、応用レベルの前段階をしっかり学ばせたいご家庭では、有意義に活用できる教材です。 他教科の学習・レベルアップは副教材が必要に すららは3教科しかサービスを提供していないため、理科や社会などの 他の教科については、別の教材でフォローする必要があります。 すらら自体は高額な教材ではありませんが、これ1つで全教科学べるわけではないため、他教材に比べるとトータルコストは少々高めになる事が多いようです。 また、基礎より高い学びのレベルを求める場合、すららの内容では物足りなさを感じるため、応用・発展レベルの勉強や受験対策としては不向きと言えます。 あくまでも 基礎の学びを重視した教材であることを理解して、導入することが大切です。 不登校の生徒も、すららなら出席扱いにできる 何らかの原因で学校に行けなくなってしまった不登校児は、出席日数が足りないと内申に響いてしまうなど不利な状況が心配されます。 これまで、出席日数を満たすためにフリースクールなどが活用されてきましたが、実はタブレット学習など ITを活用した学習教材でも、出席扱いにすることができるようになったのです。 2019年10月25日の文部科学省の通知に出席扱いにできる要件が書かれていますが、 一部学校側と相談する必要はあるものの、すららは要件を満たせる教材です。 高校生は対象外なので注意 ただし、この出席扱いに関する要件は、義務教育である小学生・中学生を対象にしたものです。 すららでは高校の範囲も学習することはできますが、残念ながら出席日数の補填にすることはできません。 高校で不登校になっている生徒には、学習の遅れをカバーする教材として活用しましょう。 すららのコースと費用.

次の

幼児向けタブレット学習・タブレット教材を比較|働くママプラス

タブレット 学習 口コミ

こんにちは元塾講師TSUTOMUです。 今回は小学生向け タブレット学習「 天神」を 口コミレビューしようと思います。 元塾講師という経験と、これまでに20社以上のタブレット学習(紙学習)を探ってきた知識から詳しくご紹介できるかと思います。 タブレット学習「天神」の詳しい口コミが知りたい。 小学生にタブレット学習「天神」ってどうなの? そんな疑問をお持ちでしたらきっとお役に立てるかと思います。 ただ実際にタブレットで天神を体験したわけではなく、パンフレットやホームページからこれまでの知識と照らし合わせて感じた口コミになります。 ですが記載されている内容を見れば「どんなタブレット学習か?」がだいたいわかるので、天神の口コミに対して期待を裏切ることはないと思います。 私がタブレット学習「天神」を探ってみた結果、とくに気になった「システム・機能・サポート体制・教科書準拠・料金」についてピックアップして口コミします。 タブレット学習「天神」のシステムは「ハードディスクを取り付けて学習ソフトを読み込むタイプ」になります。 したがって一般的なタブレット学習はインターネットを通じて情報の相互伝達をしますが、タブレット学習「天神」の場合はインターネット環境がなくても勉強できるというシステムが大きく異なる点です。 良くいえば「ネット環境が必要ないので場所を選ばない」、悪くいえば「情報量に限りがある」という事になるかと私は感じます。 したがってタブレット学習「天神」はネット教材ではなく正式には「デジタル学習教材」になります。 私はタブレット学習に必ず必要と感じているのがこの「動画授業」で、この機能があるかないかでは学習効率に雲泥の差が生じると思っています。 動画授業があることで学校と同じようにわかりやすく知識を得ることができて、さらに過去や未来の授業も見られるため「予習・復習」にもかなり役立つ機能になります。 このタブレット学習「天神」には動画授業があるため、少なくとも「わかりやすく知識が得られる教材」といえます。 1つは小学生向けの勉強面でのサポート、もう1つは学習面全体に対する親へのサポートです。 この「サポート体制」というのも家庭学習でつまずきやすい問題を解決できる機能として重要で、タブレット学習「天神」には2つのサポートがあることで安心して家庭学習に取り組める教材という事がわかります。 私も小学生のタブレット学習をいろいろと探ってきましたが、こうした「2つのサポート」という教材はあまり見かけることがなく貴重な存在です。 教科書準拠といってもより細かく「出版社レベル」で合わせることができるため、まず学校と合わないといった悩みもなく家庭学習を進めることが期待できます。 タブレット学習で細かな教科書準拠に対応している教材はいくつかありますが、この「天神」はその中の1つといえます。 私も「天神」の費用を確認しようと思いましたがホームページなどに掲載されておらず、無料の資料請求をしてすべてが明確になりました。 ザっと、天神の価格をご紹介すると以下の通りです。 タブレット学習というのは月謝制で契約をするのが一般的ですが、この「天神」の場合はハードソフト内の学習ソフトをインストールするタイプなので買取になります。 したがって表示した価格は「買取価格」になります。 料金は変更になる場合がありますので公式サイトでチェックなさってみてください。 インターネット環境が子供部屋に整っていない。 1つのタブレット学習で必要機能をすべて賄いたい。 しっかりと苦手対策まで徹底したい。 動画授業でわかりやすく家庭学習をさせたい。 しっかりとしたサポート体制で安心して取り組みたい。 できるだけ簡単な操作で勉強させたい。 パソコン・タブレットどちらでも取り組める教材を探している。 この中の1つでも当てはまればタブレット学習「天神」はおすすめです。 今の悩みや疑問が、きっと解消できる選択となるはずです。 タブレット学習「天神」はいきなり契約することはできません。 まずは「無料の資料請求」をすることから始める必要があります。 無料の資料請求やさらに詳しい内容は公式サイトでご確認ください。

次の