せ ックス 次 の 日 出血 妊娠。 【医師監修】性行為後の出血で考えられる原因とは|病気の可能性があればすぐに婦人科へ

妊娠中のセックス、どこまでOK?どうすればいい? |たまひよ

せ ックス 次 の 日 出血 妊娠

この記事の目次• 性交による出血ってどんなもの? 性交時や性交終了後の数日間に出血の症状が出てしまう問題にはどの様な物があるのでしょうか? 性交時や、その直後に発生してしまう膣からの出血の症状についてどの様な物があるのか紹介していきます。 性交による出血について 生理の時以外に見られる出血を、量の多い少ないに関わらず「不正出血」といいます。 鮮血のように赤い血や茶色っぽいおりもの、ピンクっぽいおりものなども不正出血のひとつです。 性交による出血は多くの女性が経験します。 原因や体調にもよりますが、例として次のような状態が見受けられます。 性交後に出血に気づき、1日程度で治るもの• 生理まではまだ1週間くらいあるのにおりものに血が混じってきた• もともと不正出血があって、性交をきっかけに量が増えた• トイレに行くと、ティッシュに微量の血が付く 出血については、赤い鮮血、薄いピンク色、茶色いおりもの、などのように例えられます。 下腹部痛があったり、全く痛くないこともあります。 そのときの体調や生理周期の何日目かによっても症状が違い、原因もいろいろと考えられます。 また、 出血が多い少ないということだけでなく、生理以外で出血があることには注意が必要です。 性交時に出血しやすい場合 性交時や性交後に出血しやすい人や状態などがあります。 自分がこれらの状態に当てはまっている場合は、出血の原因が自分の体の状態にあった可能性があります。 当てはまる状態について確認していきましょう。 女性ホルモンが不安定 初経後〜10代は、粘膜が未発達であったり、 ホルモンのバランスが不安定で生理でなくても出血することがあります。 また、20~30代はホルモンの分泌が盛んで、 活発に活動しすぎてしまうことが不正出血の原因になることがあります。 また半陰陽などの男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが乱れがちで、男性ホルモンの量が慢性的に多く発生してしまう人については性交時以外でも不正出血の問題が多く発生しやすい傾向があります。 また睡眠時間や疲労の蓄積やストレスの影響でも女性ホルモンは乱れやすくなります。 これらの問題によって女性ホルモンのバランスが崩れてしまっていないか確認してみましょう。 更年期 閉経すると女性ホルモンが減少します。 性欲や体力が減り、粘膜の潤いがなくなるなど出血しやすくなるとされています。 この場合も女性ホルモンの影響ですが、特に40〜50代の女性や、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが乱れがちな若い世代でも引き起こりやすい傾向もあります。 初めての性交 最初の性交のときは、いわゆる 「処女膜」が破れ、約半数以上の女性が出血するといわれています。 自慰行為や激しい運動などを既に行っている場合には自然に処女膜が破れてしまうこともあり、既に処女膜が破れてしまっている場合は出血しない場合もあります。 性交に慣れていないとき 性交にあまり慣れていない人や久しぶりにするというときは、 摩擦や刺激が膣を傷つけてしまい、血が出ることがあります。 性交(セックス)回数が少なく、初めての性交の回数が1,2回程度でしばらく性交を行わなかった場合は処女膜がくっついてしまう場合もあり、再び性交の際に痛みや出血が発生する場合もあります。 激しい運動 子宮の粘膜や内膜は、そもそもがとても繊細でもろく、 激しいスポーツや運動などによっても簡単に出血することがあります。 運動ですら出血する可能性があるので、性交によって膣や子宮が直接刺激されると、より出血しやすいともいえます。 頻繁に性交を行っている 激しい性交や、頻度の高い回数で性交を行っている場合も出血が起きやすくなります。 膣内は粘膜になっているので度重なる性交を繰り返すと、粘膜は傷つき傷が回復するよりも前に性交による更なる刺激やダメージを負ってしまうため、出血の問題が発生します。 特に粘膜が傷つくことでの出血が発生しやすく性感染症にもなりやすくなります。 性交で出血する原因 性交によって出血する原因を、子宮の内側と外側に分けて見ていきましょう。 これは女性の半数、多くは8~9割がびらんになっているといわれています。 この「 子宮膣部びらん」は気にするほどのことではありません。 しかし、 性交で直接びらんを刺激してしまったり、 細菌に感染して炎症(膣炎)が起きた場合は、びらんのところから 出血しやすいのです。 びらんからは粘液が分泌されるので、びらんが広範囲になると粘液も増える傾向にあります。 透明なおりものが増えたと感じることがあるかもしれません。 膣部洗浄や抗菌薬の投与などの治療法で完治を目指すことが出来ます。 萎縮性膣炎や細菌性腟炎などの症状がありまう。 次のようなことに注意してください。 排尿や排便後に清潔にできていない• 通気性の悪い下着やストッキング、ズボン• 性交や性交後、不潔なままにしている• 汚れた下着やナプキンを長時間使う• 免疫力が下がっているとき(抗生物質の服用や風邪をひいているとき)• 膣の洗いすぎ 膣炎になってしまっている時は体の免疫力を高めることを意識すると自然に完治することも目指せます。 細菌性の膣炎の場合には原因となる最近に対して有効な成分の薬の投与や軟膏を塗って治癒力や殺菌などで治癒を補助する必要がある場合もあります。 子宮頸管ポリープと呼ばれるもので40代〜50代の女性に多く発生しやいです。 子宮頸管ポリープの症状には性交時の出血の他におりものの増加や普段の生活の中での不正出血などの症状があります。 月経の周期でいうと、28日周期の場合で13~15日目ごろにあたります。 この時期は 女性ホルモンが大きく変化するので、 子宮内膜も不安定になって少しだけ剥がれてしまうことがあります。 また、排卵するために卵巣の表面が破け、そこでも少量の出血があると場合があります。 排卵出血が毎回必ずあるわけではなく、量や時期も人それぞれで、下腹部の張りや排卵痛があったりなかったりと、症状も一定ではないことが多いです。 性交によって感染し、遺伝や体質に関係なく、がん化する可能性があります。 子宮頸がんは初期症状がほとんどないといわれています。 そのため、 生理に関係なく出血が見られたり、性交による出血が増えたり、おりものが増える、血が混じるなど、今まで全くなかった症状が少しでも現れたら、 必ず病院を受診しましょう。 子宮頸がん検診、子宮体がん検査、子宮がん検診について また、定期検診を受けていない場合も、なるべく早く病院に行って検査を受けてください。 子宮頸がん検査は検査自体の所要時間が5分〜10分ほどの短いもので子宮内膜の細胞を摂取するだけなので痛みは伴わない負担の少ない検査です。 粘膜などが傷ついている場合は採取の際に若干の痛みが発生する場合もありますが、基本的には痛みは少ないものになります。 あまりハードルの高くないものですので子宮頸がん検査をタイミングで受けるようにしましょう。 子宮頸がん検査も子宮体がん検査も3000円〜1万円ほどの金額で受けることが出来ます。 金額の差は病院ごとの値段設定や処置の種類でも変わってきますのであらかじめ病院に問い合わせてみましょう。 自治体によって無料で受けられたり、安値で受けられる割引制度などもありますのでそちらを利用してみるのもいいでしょう。 子宮は着床に向けて子宮内膜を厚くして準備していますが、 排卵が起こらないと内膜を維持するために必要なホルモンが分泌されないのです。 そうして子宮内膜が剥がれて出血がみられることがあります。 成人女性の4人に1人がかかるといわれています。 特に生理痛や経血の量が多く、レバーの塊のようなものが主な症状です。 そのため、慢性的に貧血気味になったり、動悸や身体のだるさなども現れることがあります。 性交によって筋腫部分が出血するとは限りませんが、圧迫や刺激によって不正出血が起こることも考えられます。 経膣エコーや場合によってはMRIで診断されます。 場所や大きさ、状態などをよく把握するためにも、躊躇せずに婦人科を受診しましょう。 また、定期的に検査を受けることで成長度合いなどもわかってきます。 性交による出血の対処方法 恋人やパートナー、夫婦で過ごす大切な時間をより良く過ごすためにも、一人で悩まず、お互いによくコミュニケーションを図っていくことが大切です。 性交による出血の問題は、自分の体の異常反応としても起こりますが相手の性交時の配慮が足りないことでも発生してしまうこともあります。 今後更なる出血の問題を起こさないためにもパートナーとの相談、コミュニケーションはしっかり行っていきましょう。 主に相談すべき要点や自分での予防対策方法については以下のようなものになります。 膣や子宮を傷つけないようにする 女性側にとって刺激が強すぎたり、圧迫や摩擦で怪我がないようにしてもらうように伝えてみましょう。 爪を整えたり、身体を清潔にしてから行為をすることも必要です。 また、性交後もシャワーを浴びたり、 身体を洗って清潔にしておきましょう。 特に相手の爪のケアは非常に重要になります。 性交時に膣内を相手が触れる機会も多いため爪を切るだけでなく、ヤスリなどで削るなどの処理を行ってもらうようにしてもらえれば問題に繋がることはなくなるでしょう。 免疫力を落とさない 人間はウイルスや細菌などに感染した場合、自己免疫力を発揮して細菌を退治し、身体を守っています。 しかし、体力が落ちたり身体が弱って風邪をひいたときなどは免疫力が下がっています。 過度なダイエットやストレス、冷え性なども体力や免疫力を奪います。 健康で元気に過ごすためにも、きちんと栄養の豊富な食事をとり、体温を上げて、老廃物を溜めないように、基本的な体調管理をきちんと行うことが大切です。 特に膣内の免疫力を落とさないためには、石鹸などの洗浄力の強いもので洗浄しすぎないことや、腸内の細菌を整えることなどが重要になります。 女性ホルモンを整える 女性は生理などの影響でホルモンのバランスが崩れやすくなっています。 女性ホルモンのバランスが特に崩れやすい生理周期2週間目〜4週間目にかけては何かしらの対策を行うことが問題を引き起こさないために重要になります。 この期間はPMS(月経前症候群)の症状もきつくなる時期でもあります。 有効な方法としては大豆から摂取できる大豆イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするので、このイソフラボンを生理周期2週間目から4週目までの間1日200mlずつ飲み続ける事が有効な方法としてあります。 また普段から睡眠や栄養補給をしっかりして体の調子を整えることでも女性ホルモンのバランスが整いやすくなります。 婦人科を受診する 性交による出血は、いつもあるわけではないし、痛みもなくて見過ごしがちです。 もしも出血の原因が病気によるものだとしたら、なるべく早く治療を始めるほうがいいので、一度検査を受けてください。 女性は特に結婚や出産といったイベントが控えています。 そのためにも自分の身体の健康や状態をよく知っておいて損はありません。 もし不正出血や性交時の出血などが続いているのに放置してしまっていると妊娠しづらくなる不妊症の問題につながってしまったり性感染症を性交を行った人全員に感染させてしまうこともあります。 出血の原因が自分で特定で居ない場合はしっかり病院での検査を行うことを習慣づけていきましょう。 まとめ 性交の出血について、原因や対処法などを中心にまとめました。 いかがでしたでしょうか。 たまに出血してしまう場合や出血の回数が1回の場合、また出血の原因が自分でも明らかな場合は特に心配しなくても良いものになりますが、頻繁に出血を繰り返す場合や、原因が不明な場合についてはなんの病気や症状の問題が起こっているのかわからないのでしっかり検査をすることが重要になります。 病気や炎症が進行してしまうと、治療に時間もお金もかかる問題に発展してしまうので注意しましょう。 ・性交の出血は多くの女性に経験があります。 ・子宮はもともと出血しやすい場所です。 ・女性ホルモンのバランスが崩れていると出血しやすいです。 ・性交時や性交後は、手や身体を清潔にしましょう。 ・通気性の悪い下着やズボンを長時間身につけないようにしましょう。 特にこれらの事には注意していきたいですね、 婦人科は女性特有の病気全般を診ているので、高齢の方から若い人まで様々な人が受診しています。 恥ずかしい気持ちもあって、つい後回しにしてしまいがちですが、検査だけでも受けておきましょう。 女性の医師がいる病院を選んでもいいでしょう。 定期的に通うこともあるでしょうから、話しがしやすい先生や通院しやすい病院というのもポイントになります。 関連記事として、 ・ ・ ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の

出産後の生理再開や妊娠可能な時期まとめ!2人目の妊娠は産後どのくらいの期間をあけるべき?

せ ックス 次 の 日 出血 妊娠

関連記事 ・ ・ 出産後の生理再開はいつから? 出産後の生理再開は人によって差がありますが、 母乳育児をしている人は、出産してから6ヶ月から1年後に再開する人が多く、 人工ミルクで育てている人は産後2~3ヶ月で再開する人が多いようです。 なぜ、母乳育児をしている人は生理再開が遅いのでしょうか?それは、ホルモンバランスの影響です。 生理が来るためには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンがきちんと分泌される必要がありますが、プロラクチンが分泌されていると、エストロゲンとプロゲステロンはなかなか分泌されません。 なぜなら、「エストロゲンとプロゲステロンを分泌せよ!」と指令を出す部位とプロラクチンを分泌する部位は同じ下垂体だからです。 引用: つまり、下垂体は授乳している間はおっぱいを出すプロラクチンの分泌に忙しく、エストロゲンとプロゲステロンを分泌せよという指令を出す余裕がないのです。 だから、母乳育児をしている人は、生理の再開が遅めなんです。 ただ、 出産後の生理の再開は個人差が大きく、母乳育児をしていても、産後2ヶ月で生理が再開する人もいますし、1年半経っても生理が来ない人もいます。 出産後の妊娠可能な時期は?いつから妊娠OK? 出産後に2人目が早めに欲しいと思ったら、いつ頃から妊娠可能なのでしょうか?出産後の妊娠可能な時期について説明します。 生理が再開していなくても妊娠する! 生理が再開していないと、妊娠しないと思っている人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。 生理が再開していなくても、妊娠する可能性はあります。 たとえば、出産後の生理が再開する直前のタイミングだったら、排卵があって子宮内膜も分厚く増えてきていますので、その時に避妊せずに夫婦生活をすれば、妊娠する可能性があるんです。 特に、出産は最大のデトックスと言われていて、出産後は子宮の中が一度きれいになった状態ですので、出産後は妊娠しやすい、着床しやすいとも言われています。 出産後は生理が来ていなければ妊娠しないというわけではありませんので、出産後の夫婦生活は妊娠する可能性を考慮して、必要があればきちんと避妊をしなければいけません。 生理が再開していれば、基本的に準備OK 出産後の妊娠可能な時期の目安は、やはり生理が再開することです。 生理が再開すれば、出産後に妊娠可能なくらいに回復したというサインになります。 ただ、 出産後に生理が再開したばかりの頃は、まだホルモンバランスが乱れていて、生理周期が乱れたり、無排卵月経の可能性がありますので、生理が再開したからといって、すぐに妊娠できるとは限りません。 ただ無排卵性の月経であることも多く、普段の生理よりも少なかったり、長引くこともあります。 引用: 生理再開は、あくまでも妊娠可能であるという目安になります。 帝王切開は1年以上開けて 出産後に生理が再開したとしても、 帝王切開で出産した人は、出産から1年以上妊娠までの期間を開けたほうが良いでしょう。 帝王切開は子宮を切開して出産しているので、自然分娩の人よりも子宮のダメージが大きく、子宮を休ませる必要があるのです。 私は、帝王切開後の方の一ヶ月後健診では、次回の妊娠まで1年以上は空けることをお勧めしています。 これは絶対に一年以内に妊娠してはいけないということではありません。 ただ、次回の妊娠が癒着胎盤になってしまったり、子宮破裂を起こしたり、という頻度が一年以内だと高くなるといわれています。 引用: 帝王切開で出産した人は、たとえ生理が再開していても、次の妊娠は出産後1年以上経ってからにしましょう。 できれば2年はあけましょう 自然分娩の人は生理が再開すれば、妊娠可能な時期になります。 帝王切開の人は、次の妊娠まで最低1年はあけましょう。 でも、「どうしても今すぐに2人目が欲しい!どうしても待てない!」というのでなければ、次の妊娠は出産から2年はあけたほうが良いんです。 その理由はWHO(世界保健機関)のガイドライン「乳幼児の栄養法(Infant and young child feeding)」に記されています。 1人目がスムーズに妊娠・出産できたとしても、2人目はなかなかできないかもしれないことは覚えておきましょう。 妊娠しやすい体作りを 生理が再開しても、出産から2年間は次の妊娠を控えたほうが良いのですが、悩みどころは2人目不妊の可能性があることです。 2人目を望むなら、次の妊娠までの2年間を無駄にせず、妊娠しやすい体作りをしておきましょう。 妊娠しやすい体作りとは、ホルモンバランスを整える ことです。 適正体重の維持 出産後は、なかなか体重が戻らなくて悩む女性は多いですよね。 なかなか体重が落ちないと言って、そのまま何もせずにいると、 肥満が原因で妊娠しにくい可能性があります。 肥満になると、体重あたりの女性ホルモン量が少なくなるので、妊娠しにくくなってしまうのです。 そのため、出産後は無理のない範囲でダイエットをして、適正体重に戻すようにしましょう。 ストレスを溜めない 出産後にホルモンバランスを整えるためには、ストレスをできるだけ溜めないようにしましょう。 出産後は育児と家事に追われてストレスフルな状態が続きます。 慣れない育児は大変だし、夜は授乳で3~4時間ごとに起きなければいけないので、常に睡眠不足になります。 それでも、最低限の家事はしなくちゃいけないので、自分の時間なんて出産後は1時間も取れずに、 ストレスが溜まるというママは多いんです。 ストレスが溜まると、自律神経のバランスが乱れて、ホルモンバランスがなかなか戻りませんから、出産後はできるだけストレスを溜めないようにしましょう。 たとえば、旦那さんやご両親の協力を得て、1週間に2時間だけでも1人で外出できるようにすると、良い気分転換になると思います。 環境的に誰も預かってくれないという場合は、地域の託児所の一時預かりを利用しても良いと思いますよ。 また、疲れたら、家事は手抜きをしてOKです。 1日掃除をしなくても誰も死にません。 どうしても疲れたら、家事代行サービスを利用するのも良いでしょう。 育児に追われて大変だと思いますが、様々な方法で、ストレスを溜めない生活を心がけましょうね。 食生活の見直し ホルモンバランスを整えるには、食生活を見直してみましょう。 出産後は忙しいからといって、食事が適当になっていませんか? 栄養のバランスが偏ると、ホルモンバランスが乱れます。 ビタミン類中心に、しっかり栄養を摂るようにしましょう。 忙しくて自分の食事に気を使っている余裕がないという人は、食材宅配サービスやサプリメントなどを利用したり、週末に旦那さんに赤ちゃんを見てもらって、その間に作り置きをしておくと良いですよ。 冷え性の改善 冷え性の人は、冷え性の改善に努めましょう。 冷え性の人は、血行が悪くなって卵巣機能が低下します。 そうすると、産後はなかなかホルモンバランスが戻らず、ホルモンの分泌が悪くなりますので、出産後は身体を冷やさないようにすると良いでしょう。 基礎体温をつけよう 2人目の妊娠を望む人は、生理が再開したら、基礎体温をつけるようにしましょう。 授乳中は夜も3~4時間ごとに起きなくてはいけないので、基礎体温が正確に測れないこともあると思います。 でも、生理再開後は基礎体温をつけるようにしておくと、ある程度 排卵があるのか、無排卵月経なのかがわかります。 無排卵月経が長く続くようなら、早めに医師に相談して、必要があれば不妊治療を始めるようにしましょう。 出産後の生理再開の時期と妊娠可能な時期についてのまとめ ・出産後の生理再開は、母乳育児で6ヶ月~1年後。 人工ミルク育児は産後2~3ヶ月 ・出産後の生理再開は、個人差が大きいため時期はハッキリと決まってはいない ・出産後は、生理が再開していれば基本的に妊娠が可能 ・帝王切開出産をした人 「1年間あける」「自然分娩の場合は2年あける」「2人目はすぐに妊娠できるとは限らない」 ・生理再開後は、妊娠しやすい体づくりを行うことが大切 ・妊娠しやすい体づくりの方法 「適正体重に戻す」「ストレスを溜めない」「食生活の見直し」「冷え性の改善」「基礎体温を習慣づける」 出産後の生理再開の時期と妊娠可能な時期、2人目の妊娠に適した時期、2人目妊娠までのホルモンバランスの整え方をまとめました。 出産後に生理が再開すれば、身体の機能的には妊娠可能になりますが、ママと赤ちゃんの健康と安全を考えると、出産から次の妊娠までは2年は空けたほうが良いんです。 また、出産後は生理が来ないからといって、避妊せずに夫婦生活を始めると、産後半年以内に予定外の妊娠をしてしまったということもあり得ますので、出産後の夫婦生活はきちんとした家族計画のもとに行いましょうね。

次の

処女でエッチした後の「血」に関する疑問や悩み解決します

せ ックス 次 の 日 出血 妊娠

不正出血は、誰でも不安なものです。 とくに、性行為のあとに出血があると「妊娠?」「病気?」と不安になる人も多いようです。 インターネットに寄せられている不正出血にまつわる不安はとてもたくさんあります。 例えば・・・ ・彼とセックスしたあと2日間ほど出血している。 おりものの様子も少し違うし、触られると少し痛いのだけど、病院に行った方が良いでしょうか。 ・生理予定日の1週間前に茶色のおりものが出ている。 妊娠しているのでしょうか? ・性交渉の経験がないのに、トイレに行った際に少量の血液が付いた。 生理の時期ではないのに、子宮の病気でしょうか。 ・高校生ですが、1週間以上不正出血が止まりません。 何かの病気かととても不安です。 ・1週間ほど茶色いおりものがでます。 これは不正出血なのでしょうか?将来のことを考えると不安です。 といったように、不正出血があると、なにか重大な病気ではないか、妊娠かも?!と、とても不安になるようです。 生理と生理の間の「排卵期出血」 生理と生理の真ん中ぐらいの時期は排卵期といい、エストロゲンの分泌が低下するのに伴い、不正出血を起こすことがよくあります。 この場合の不正出血は1日~3日で終わるのが一般的です。 生理周期が安定している人や基礎体温でホルモンの変動を把握している人であれば、「いつもの不正出血」と慌てることもないかもしれません。 しかし、生理周期や基礎体温をきちんと把握していない場合は、「きっと排卵出血」「ちょっとだから心配ない」と安易に決めつけてしまうのは危険な場合もあります。 生理が止まらない? 排卵期には一時的にエストロゲン量が減少してきますが、排卵がきちんと起こらないとそのままエストロゲン量は減少した状態になり、これが原因で不正出血を起こすことがあります。 場合によってはそのまま不正出血が持続して止まらなくなることもあります。 ダラダラと続く排卵期出血は異常のサインであることもあります。 病気にまつわる不正出血 不正出血のなかには、病気のサインである場合もあります。 病気が原因の不正出血は「器質性出血」といい、膣や子宮、卵巣などに何らかの病気があって起こる出血のことです。 多くは不正出血だけではなく、ほかにも自覚症状を伴います。 また、「機能性子宮出血」は病的な原因がなく、ホルモンバランスの乱れで起こる出血のことです。 ホルモンバランスが不安定な思春期や更年期に多くみられる不正出血です。 性交渉の経験がない中高生でも不正出血が起こる理由の多くが、ホルモンバランスの不安定にあるようです。 子宮内は出血しやすい構造 子宮の出口の部分(膣のなかに顔をのぞかせている子宮の一部:子宮膣部といいます)の表面を覆っている上皮には、膣からつながっている「扁平上皮」と呼ばれる丈夫な粘膜と、子宮の内膜へ続いていく「腺状皮」と呼ばれる粘液を分泌する粘膜とがあります。 子宮膣部の真ん中に子宮口があり、その周囲が腺上皮、そのさらに周囲が扁平上皮というドーナッツのような構造になっています。 腺上皮は扁平上皮に比べて薄くて血管が透けてみえるため、「びらんのようにみえる」状態になります。 びらん自体は病気では無い 「びらん」は、やけどやケガで皮膚がただれたり、めくれてしまった状態のことをいいます。 「子宮膣部びらん」は状態を表す言葉であり、病名ではないため、心配はありません。 しかし、子宮頸がんの前癌段階や、ごく初期の子宮がんと子宮膣部びらんの見た目が似ていることから、びらんがあると子宮がん検査をしましょう、と言われることがあります。 がん検査をして異常がなければ、子宮膣部びらんは心配することはありません。 しかし、びらんがあると、ときに不快な症状が起こることもあります。 びらんの面積が広いほど腺上皮(粘液を出す粘膜)が多くなるので、おりものが多くなります。 「透明なおりもの」が多い状態です。 また、腺上皮は膣などの扁平上皮よりも薄くて傷つきやすいので、簡単に出血をします。 そのため、セックスで亀頭がびらんに直接触れたり、少々荒々しい性行為を行うと出血してしまうこともあります。 「性行為の後に出血がありました。 妊娠でしょうか?」という疑問があるようですが、びらんからの出血によるものが多く含まれるようです。 膣炎と「びらん」による出血 膣炎が起こると、びらんから出血しやすくなります。 膣炎は膣の中に細菌などが侵入したために起こる炎症のことで、幼児からお年寄りまでかかる可能性があります。 膣炎になる原因としては、 ・排便後の便からの細菌感染 ・ナプキンやタンポンの不衛生な使用 ・過度な膣の洗浄 ・きついジーンズや下着によるムレ ・性交渉 ・糖尿病 ・妊娠 ・抗生物質の服用や免疫力の低下 などがあります。 こうした原因から膣炎になり、びらんから出血しやすくなります。 「最近おりものが増えた」と思っていたら出血したという場合、こうした原因も考えられます。 不正出血をみると「病気?」「妊娠?」と不安になりますが、出血する要因はさまざまなものがあります。 普段から身体の状態をよく観察して把握しておくと、出血したときに落ち着いて過ごせるかもしれません。 また、不安なときは自己判断せず、婦人科を受診することが大切です。 不正出血でも慌てない!「心配のいらない」出血もあります 女性は生理以外でも出血することがあります。 出血と言っても、すべて真っ赤な血液が出るわけではなく、ほんのりピンク色になっていることもあれば、酸化して褐色に見えることもあります。 心配のいらない不正出血ってどんなもの? 生理以外での出血はすべて不正出血と言います。 不正出血は子宮がんなどの貴重な初期症状だったりもするので、見逃すことができませんが、日常生活の中で生じる不正出血というものもあります。 生理などの現象は脳の指令も関係して起こるものなのですが、それが乱されてしまう原因が「ストレス」や「体の疲労」です。 ホルモンのバランスが乱れることで、本来であれば生理のときに起こる子宮内膜の剥離がうまく作用しなくなり、予定外に出血してしまうのです。 これは過度なダイエットなども原因になります。 出血は生理のときよりもごく少なく、普通は2、3日で治まり、人によっては軽い腹痛(排卵痛)を伴うこともあります。 特に他に心身の症状が見られていないならば、気にする必要はないでしょう。 特に症状が無ければ治療の必要はありません。 性交時などにこの部分に物理的な刺激が加わると出血をすることがあり、それを不快に感じることがあります。 子宮がんなどの可能性が排除されたら、子宮膣部びらんと診断されますので、医師と相談しながら治療をするかしないか決めていくとよいでしょう。 不正出血に有効な対処法 不正出血は疾患の可能性も捨てきれませんので、有効な対処法としてまずあげられるのが「定期健診」です。 定期健診を受けていれば、不正出血があっても余裕を持って対応できます。 日常の中ではホルモンバランスを乱さないために、時間や心に余裕を持った生活を心がけましょう。 上手なストレスコントロールができれば、ホルモンバランスが安定し、不正出血の症状も改善していくでしょう。 また不正出血?婦人科にかかる前にしておくべきこと 一度不正出血があっただけでは「たまたまかな?」と思っても、何度か生理のとき以外に出血があると「何かの病気?」と気になりますよね。 不正出血は何らかの病気のサインであることもあるので、放置せずに婦人科にかかりたいものですが、病院に行く前に、どのようなことを自分で把握しておく必要があるのでしょうか。 ここでは婦人科にかかる前にチェックしておきたいことをまとめてみました。 基礎体温の記録 月経が不順な人は、出血が生理によるものなのか、不正出血なのか見極めるのが難しいことがあります。 それを見極めるために、まずは基礎体温をつけることをおすすめします。 体温が下がると月経が始まる 月経が始まると、高温期から低温期に体温が下がるので、基礎体温を付けることで月経かどうかを判断することが出来ます。 体温が上がる時期の出血 基礎体温表により月経の周期を把握すると、月経と月経のおよそ中間くらいの時期に、基礎体温が上がる時期があることがわかります。 この時期には排卵が起こり、排卵期出血を起こす場合があります。 症状の記録 不正出血が何らかの病気のサインであった場合、出血以外の症状も伴うことがあります。 そのため、いつごろ、どんな症状があったかも書き留めておくと診察時の参考になります。 生理痛、経血量の増加 ・子宮筋腫 月経期間が長くなり、出血量の多さから貧血を起こしたり、大きくなった筋腫が膀胱や腸を圧迫することでトイレが近くなったり、便秘になったりすることがあります。 性交時の出血 ・子宮頸がん 性交のあとに出血があるほか、なんとなくおりものに血が混じっている、月経ではないのに出血しているなどの症状が現れることがあります。 ・子宮膣部びらん 性交のあとに出血する、おりものが増えたなどの症状が現れることがあります。 よくわからない不正出血 ・子宮体がん 子宮体がんにかかりやすい閉経前後は、月経の周期が乱れたり、月経量にばらつきがあったりしがちで、月経との違いが見分けにくくなります。 なんとなく不安なままで過ごすよりも、基礎体温を付けて月経周期を掴むことで、落ち着いて医師に相談することができるようになるかも知れません。 不正出血から考えられる病気、子宮膣部びらん・子宮筋腫・子宮頸管ポリープ見逃さないで トイレでドキッとしてしまう不正出血。 心配いらない不正出血と、気にした方がいい不正出血があるのをご存知ですか? その不正出血は病気のサインかも... それぞれの不正出血の特徴を知っておきましょう。 心配のない不正出血 排卵のときに起きる「排卵期出血」は、心配ないケースがほとんどです。 生理と生理のちょうど中間ほどの時期に、卵胞ホルモン(エストロゲン)が低下することによって少量の出血がおこるもので、排卵期出血がある人もいればいない人も、いつもある人もいればたまに出血するだけの人もいます。 出産後に排卵期出血するようになったという人もいます。 不正出血が知らせる不調 いっぽう、不正出血が何らかの病気のサインであることもあります。 不正出血が症状として現れる病気には、子宮頸がん、子宮体がん、子宮筋腫のほか、子宮頸管ポリープ、子宮膣部びらんなどが挙げられます。 子宮膣部びらん 子宮の先端の子宮膣部がただれたり、炎症を起こしている状態。 びらん自体は多くの女性に生理的に現れるもので病気ではなく、治療の必要もありません。 しかし、性交のたびに出血する、おりものが増えるなどの症状を伴う場合には治療を行います。 子宮膣部びらんは子宮頸がんの初期症状と似ているため、治療に際してがん検査を行います。 子宮筋腫 不正出血と合わせて、月経量が増える、生理痛が強くなるなどの症状が現れます。 不妊の原因になることもありますが、小さいうちであれば、手術も簡単なため、早めに受診したほうが良いでしょう。 子宮頸管ポリープ スポーツや性交のあとに出血する場合に気になるのが子宮頸管ポリープです。 子宮頸部にポリープができ、子宮口の外に垂れ下がった状態になるとさらに出血しやすくなります。 性交のたびに出血する、生理が重くて辛いなどの症状を伴う不正出血は、体のSOSサインの場合がありますので、我慢せずに婦人科を受診するようにしたいですね。 (photo by: ).

次の